(汚い話ではないので、ご安心を) 僕だけが気付いていることなのだろうか? トイレでの不思議な現象。

行儀が悪いのだが、紙がなくなったトイレットペーパーの芯を床に放ると、結構高い確率(感覚では1/6くらい)で立つ。最初はまぐれと思っていたが、立たせる気がなくても立つ。何度も見ているので、今では、「立たないよな」と思いながら放っているくらいだ。

使っているトイレットペーパーの芯固有の現象なのか、それとも、一般的なトイレットペーパーの芯が立ちやすい形状をしているのか。落とす高さや芯や床の材質も関係しているのか。

なかなか興味深い問題だが、あいにく、僕は力学とか構造学や材料学的な話には滅法弱いので、これ以上は考えられない。が、検索してみたら、他にも気付いた人とか考えた人が居た。

「良く立つ」という人は余り居ないようだが、最初のリンク先の回答5に確率が試算してあり、(芯を床に垂直にして)向きが変わらないように地面に降ろした時、20回に1回弱くらいとあり、無意識に落としたらもっと低いとのことだ。

ただ、立つ状況を見ていると、芯は床に横に落ちてから、跳ね返って回転して立つので、上の計算の前提は違うように思う。また、その回答のコメントには、質問者は「それこそ適当に投げてここ最近2回も立った」とあるので、やっぱり、立つ確率は高いのではないか。

そして、3番目のリンクには、長さを短くしているが、実測値と確率の計算が載っている。長さが5cmの場合、約1/5(約21/100回)のようで、実測値と理論値がほぼ一致している。実際の芯の長さは約11cmと2倍以上なので、その分確率は低くなるから、1/12くらいかも知れない。

それにしても、上のような計算ができる(考えが導ける)人っていうのは、さすがだと思う。そして、これはイグノーベル賞のネタになるかも知れないねw

PS. 上の教えて!gooの、「ベストアンサー」の人の回答はいかにももっともらしいが、政治家の発言のように思考停止していて、全然有益でない。というのは、確かに、さまざまな条件が関係しているだろうし、最後は実験で確かめる必要はあるが、その前に、理論的に法則を考えることは可能だし、意味がある。そうでなかったら、世の中の現象は、すべて「難しいね」で終わって、何も考えられない(予測できない)ことになり、技術の発展なんてなかったのではないか。例えば、天気予報なんてしようとすること自体が無意味なことになる。

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. naoki:

    体感にしても,1/6なんて,結構な確率で立つものですね。全く知りませんでした。

    (振り返ってみたら,私は芯を置いてましたw)

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●そうなんですよ。行儀悪いので、お子さんたちには内緒でお試し下さいw ただ、芯の材質やサイズによるのかも知れませんね。

    •   1
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL