邦題は「アディオス・ノニーノ」だが、英語のタイトルは "Juanjo Dominguez"。「来日記念盤」とあるので、ベスト盤なのだろうか。それとも、デビュー作なのだろうか。何曲か、聞いたことがある曲があるので、前者かも知れない。

全体的に音が硬くて細くて、彼らしくない感じ。初期の頃の作品が多いのだろうか。単に音が悪いのか。このアルバムは、パスタや白ワインには合わない感じだ。寒い雰囲気なので、ホットワインやウォッカとかが必要だ。

これで、彼のアルバムはひとまず打ち止めだ。もちろん、新作が出れば買うが。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL