押入れから取り出して設置し、ディジタルでは持ってないアルバム、Styx "Cornerstone"を掛けてみた。そうしたら、1曲目の2-3分経過後にアームが左に進まなくなって、無限ループに。。。さすがに、30年以上も経過すると壊れるものだな。

IMG_9494_resize

はて、どうしたものやら。

  1. 修理する
  2. 新しいプレーヤーを買うw
  3. インテリアにする。
  4. オークションで売る。

1番のリンク先やその他のサイトを見ると、アームを動かすベルトがダメになったようなので、それらを参考に、ダメ元でちょっと試してみたら、30分くらいでベルトを交換できた(もちろん、スペアのベルトはないので、たまたま手元にあった小さ目の輪ゴムで代用)。やったー!?

IMG_9498_resize

しかし、やはり盤の半分辺りから左に進まなくなってしまう。ゴムが悪いのか、モーターがダメになっているのか、それ以外か。。。(10:17)

とりあえず、ちゃんとしたベルトがヤフオクで500円と安かったので、注文した。それでもダメなら、インテリアにしよう。(12:08)

PS. レコードって、ちょっと聴いただけでも、埃によるノイズがすごくて、今となっては実用には難しい気がした。なので、ベルトを替えたとしても、インテリアがいいところなのかもしれないな。(20:17)

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. jaguarmen_99:

    > 今となっては実用には難しい気がした。

    結局私もターンテーブルが1台残ってますが、あまり針を落とさないのでそれは気持ちがワカりますねぇ。結局スピーカーやら全てにおいて凝らないとその質は分かりづらいんだけど、音楽が好きって大抵はその曲を楽しみたいだけだったりする。その妥協点ってデジタル寄りになっちゃいますよね。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●そうなんですよ。聴く前にレコードや針の掃除をしなければならず、してもやっぱり、プチプチノイズがするのでは、楽しめないですね。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL