先日はユジャ・ワンに感心したので、今日の昼は彼女と同じ国のラン・ラン(Lang Lang)のモーツァルト ピアノ協奏曲 第24番 (2014)を聴いてみた。

イントロのオケ(指揮: アーノンクール、ウィーンフィル: ジャケットにはそのように書いてあるが、オケについては別の情報もあった)がすごく良かった。

ピアノも、意外に繊細で良かった。「意外」というのは、先入観があったということだ。何かがわずかに足りない気はするが、レベルは高い。すごく乗れて、「普通にいい」。ただ、それはオケが良過ぎたからかも知れない。

カデンツァはちょっと良くなかった。そして、段々、ピアノが、どことなく説明的な気がして来た。そのためか、滑らかさが少し不足している印象を受けた。

昼休みに聴き終わらなかったので、帰宅してから残りの第3楽章を聴いた。残念なのは、ここに来て、オケがわざとらしくなってしまったことだ。。。

この曲の後で、ラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番 (2005)を聴いた。イントロはすごく遅かった。オケ(指揮: ゲルギエフ)は良かったが、ピアノは、やっぱり説明的だった気がする。決して悪くはないのだが・・・

そして、第3楽章の頭は、特に説明的で興ざめだった。だから、最終的には、僕には彼はユジャ・ワンよりは良くない印象だ。

それから、同じアルバムの「パガニーニ狂詩曲」を聴いた。この曲は余り好きでないから聞き流したので、特に書くことはない。

ただ、GPMDPからGMBに曲を渡す処理の実用性が確認できた(正確には、そのためにこの曲を掛けた)。今朝、先日見つかった、曲が勝手に次々とGMBに追加される問題を修正し、当初の想定どおり、再生中の曲の次の1曲だけが追加されるようにした。一方、この曲はそれぞれの長さが短い(数秒の曲もある)ので、処理が遅いと、次の曲の開始に間に合わない可能性があるので、ちょっと冷や冷やしなから聴いたのだが、ほとんど問題なかった。1-2曲、頭の音量が小さく、間に合わなかったかなというのがあった程度だ。ただ、問題が起こるとすれば曲間の長さで、音量は関係ないはずなので、マスタリングの問題だったのかも知れない。

ところで、上に書いた、「説明的」という言葉は、聴きながらふと頭に浮かんだので使ったのだが、自分でも何を指すのか分からない。さっき聴きながら考えたら、くどいとか、わざとらしいとか、その結果、滑らかさに欠けているということなのかも知れない。

こういう表現は、オーディオマニアの「アーティストの息遣いが聞こえる」のようなのに似ているが、そっちほどは眉唾でない気がする。というのは、こっちは感じたままを(伝わるかどうかは別として)文字に変換して書いているのだが、向こうは、聞こえるはずのない音が聞こえたと思い込んで(そうしないと、立つ瀬がないので)書いているのだから。でも、やっぱり同じこと??w

ラン(名字はこれで正しいのか? なんかおかしい感じだ)は前の会社に居た中国の人に似ている。顔はもちろん、若いし、本人に会ったことなどないが、性格がすごく明るそうで、その点でも似てそうだ。

 

PS. ラン・ランの名前から、「留園行って幸せ食べよ」のCMを思い出した。ここの読者の方にはお馴染みとは思うが、今の若い人たちに言っても、きっと「なにそれ??」状態であろう。このお店は、今もやっているようだ。

店の名前は「龍園」だと思ったのだが、検索したら違っていた。この字は留年を連想させるのでw、イマイチの印象だ。おどろくべきことに、リンリン・ランランのアルバムがGPMにあった。もちろん聴かない。でも、中に「恋のパッコンNo.1」とかいう妙な題の歌があって、ちょっと聴きたくなった。何がパッコンなのか?w

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL