半年くらい前から、LinuxでのテキストエディタにはAtomを使っていたのだが、全然良くないことに気付いた。僕の使い方(変なプラグインを入れたせい?)が悪いのか、頻繁に遅くなる。開いているファイルが多いと、ひどい時には数分間固まるし、そうでなくても、文字を打ち込むだけでも遅いから、GPMDBの改良作業の足かせとなって、大変イライラしていた。更に、それ以外に、山ほどプラグインを入れないと普通のエディタのようには使えない(まだ普通のに劣ることがある)など、基本的な機能が劣っている。

それで、前に使っていたjEditに戻ろうかとも思ったのだが、日本語のインライン入力ができないので(いろいろやればできるとは読んだが、面倒なのでしない)却下し、いろいろ試した結果、Kateにすることにした。忘れていたのだが、インストール済みだった。

が、KateでなくjEditにした時の記事を読んだら、Kateは「ハングした」とか書いてあったので、やっぱりjEditに戻ろうと思う。ありがたい、これも消していなかったので残っていた。今度は日本語のインライン入力の設定をしてみようか。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL