術後から退院までの話の最後は、余った細々としたことを書く。なお、入院中にGPMで見つけた好みの演奏者については、別途書きたい。

リハビリ

医学の常識が変わったのか、今は、手術の翌日から積極的に身体を動かすように指示される。そうすることで、傷の治りが早くなるそうだ。

僕の居た病棟では、その階を歩いて周回することになっていた。術後しばらくは点滴が付いたままなので、キャスターがキーキーいう点滴の台を引きながら高速に周回する人が多かったから、なかなか賑やかだった(というか、うるさく感じることもあった)。

僕も点滴が外れるまではそうしていたのだが、一周30秒程度なので、飽きるうえに全く物足りなかった。それで、点滴が外れた後は、階段で一階まで降り、外来や受付の辺りまで徘徊していた。そして、途中の売店でお菓子や飲み物(例: チョコやコーヒーやポテトチップ)を買うのが楽しみだった。もちろん、戻る時は階段を昇った。その際、転倒・転落して本末転倒にならないように、細心の注意を払ったw

余談: 小学生の頃、虫垂炎で入院した時も、術後数日したら暇を持て余していたので、院内を徘徊していた。ただ、地下の階に行ったら、霊安室のような部屋があって、(ほとんど予備知識がないのに)ただならぬ雰囲気を感じたのを覚えている。だから、今回はそのような領域に近寄らないように、結構注意していた。

看護師さん

いつも忙しそうにされていて実際そうだし、ミスは許されないし、夜勤もあって体力的にも過酷だから、とても僕などにはできないと思う。そして、彼女/彼らの置かれた微妙な立場に少し考えるものがある。

日本だけなのかも知れないが、彼女たちは、(仮に自分が正しくたって)医師の指示には逆らえないし、患者にも厳しくできないし、事務の人からもいろいろ指示されるだろうから、いろいろなものの板挟みになって、辛いものがあるだろう。

更に、法的に医師の指示がないと何もできないから、能動的に仕事ができないのも辛そうだ。確かに、学校では医師ほど詳しい知識は学んでいないだろうが、中には独学や経験で詳しくなった人も居るだろう。そういう人には、「しょうもない医師」の誤りを(言われるままにする方向もあるだろうけど、)どうやって角を立てずに修正するかの技術も要りそうで、やっぱり大変だと思う。個人的には、看護師が医師と議論できない(これは僕の想像)世界は無理があると思うし、良い方向には進まないと思う。

苔むした車

リハビリ兼徘徊の時、ちょっと外(病院の玄関の前)にも出たのだが、駐車場の一台の車に目をひかれた。びっしりではないが苔が生えていて、部分的に薄茶や緑色になっていた。その持ち主は一体どうしたのだろうか? 長く入院しているのか、この世にいないのか、ちょっと気になった。廃車するのが面倒で放置した可能性もあるが、ナンバーが付いていたから、それはないだろう。

あるといい物

大抵の物は旅行の要領で準備すればいいし、必要なものは入院の手引きに書いてあるのだが、事前には気付かないものもあった。以下にそんな物を列挙する。

  • 針金のハンガー: 床頭台の後ろの方に服を吊るして入れられる場所があるのだが、横棒だけでハンガー自体はなかったため、母に持って来てもらった。
  • 縦長のコップ: 普通のコップである。最初は、幅広の浅い物を持っていたのだが、それだと箸や歯ブラシを洗った後に立てておけないので、普通の深い物の方が便利だ。
  • ペーパータオル: なくてもいいが、食後に箸などの食器を洗った後、これで拭くと乾きやすい。
  • バスタオル: 通常のシャワー用以外に、手術後に身体をベッド間で移動させたり(看護師さんが引っ張る)、術後は血が出る可能性があるので、シーツを汚さないように身体の下に敷くのに使った。病院に依るだろうが、前のところでも要ったので、ほぼ共通のようだ(本来、入院の手引きなどに書かれるべきなのだが、なぜか書いてなかった)。
  • ストロー: 腰に麻酔をしたため、手術直後は頭や上半身を起こさないように指示される(頭痛の原因になるため)。が、水分を飲むことは可能なので、寝たまま飲むための道具が必要になった。何を使っても難しいのだが、ストローをペットボトルに挿して飲んだ。個人的には、飲むくらいの短時間なら起こしても問題ないと思うし、持ち上げないように注意していても軽い頭痛になったから、余り重要ではないように思う。

また、ウェットティシュー(除菌タイプ)があると、術後動けない時には、食前・食後に手や箸などを拭くなどに便利だ。今回はすぐに動けたので、余り使わなかった。ちなみに、これでスマフォの画面を拭いたら、ピカピカになった(ただし、材質によっては、曇ったりコーティングが取れたりすることがあるので注意)。

他には、スマフォの予備の充電ケーブルとACアダプタを持って行った。ケーブルやアダプタが壊れてスマフォが使えなくなったら、万事休すの時代なので。同様に、災害時に要りそうだったので、モバイルバッテリーも持って行った。また、電気カミソリのアダプタも持って行った方が安心だ。

なお、電熱器具の持ち込みが禁止されていたので、ドライヤーは持って行かなかった。そうでなくても、物を減らすために持って行かないつもりだった。実際には、洗面室に共用のがあったし、そもそも、手術の前の日しかシャワーの案内がなく、他の日は蒸しタオルで身体を拭くだけだったので、持って行っても無駄だった。

体重の変化

退院後は、入院前に比べて約1kg減った。食事のカロリーが最適だったからか、疲れたのか、両方かは分からないが、それほどお腹が空かなかったので、味はともかくとして、病院の食事は良く考えられているのだろう。なお、体脂肪率はほとんど同じだった。

GPMのデータ使用量

5日間(実質4日間)で約2.2GBを使用したので、1日辺り約550MBだった。繰り越しのおかげで使用可能データ量はまだ余っていたし、低速モードも使えることが分かったから、聴こうと思えばもっと聴けたのだが、ヘッドフォンは耳が疲れるので、これ以上は体力的に無理な感じだ。あと、ヘッドフォンは横臥して聴けないのが不便だった(これはイヤフォンでも同様)。

やっぱりSpotifyはクソ!

前にも書いたように、Spotifyの通知メールを全部offにしたにも関わらず、なおも「あなたのためのプレイリストがあります」のような余計なメールが来てムカついたので、入院中ではあったが、退会した。あそこは、そのうちシステム的に破綻すると希望予想している。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL