何かのついで(何だったか忘れたw)にクローゼットの中の貴重品箱の中を見たら、もうずっと使っていない、昔の通帳やキャッシュカードが沢山あったので、整理することにした。すると、雑多な「思い出の品々」に混じって、思わぬ物が出て来た。 トラベラーズチェック(TC)だ。

発掘したTCとドル紙幣など (右上はUSの切手、右下はTCの控え)

20年以上前(1994年)にUSに遊びに行った時に買ったものの残りだ。意外に多くて、200ドル分もある。他に、現金も10ドルちょっとあった。

そういえば、どうしてか、以前にも調べた(今日のように見つけたが、「あとで整理しよう」と思ったまま忘却したのだろうw)気がするが、TCを換金できる場所はほとんどないようだ。そもそも販売が終わっているし、海外でも使えるところは少ないようだ。まあ、今は仮想通貨の時代だしw、TCなんてクレジットカードに比べて使い勝手が悪く※、時代遅れもいいところだが、もうほとんど使えないということを知った時はちょっと驚いた。当時は、「AMEXのTCなら(絶対)大丈夫だ」という定説だったのだが・・・

※当時でもクレジットカードで充分だったのだが、なぜか、TCも持って行った。理由は忘れたが、カードをなくした時の予備だったのか? あるいは、ちょっとした現金を持つよりは安全ということだったか。

TCは現金(通貨)ではなく、商品券のようなものなので、発行者や取り扱い者が「やーめた」と言えば終わりなのだ。記載された額に変化はないけど(意外にも、今でも価値は下がってない)、消費期限はあった。「じゃあ、仮想通貨もそうかもね」、と、今ふと思った。

なお、検索したところ、わずかながら、今でもTCを換金できそうな店(トラベレックスなど)があるようなので、都内や大宮辺りに行ったついでにさっさと換金したい。お金には思い出はないので。

ちなみに、その貴重品箱はすっかり片付いてしまい、今は実印などハンコ3本だけがぽつんと入っているだけだ(実際には、ほとんどを「あとで整理」という箱に移しただけだがw)。ハンコも、いつか不要になって欲しいが、いつになるかなあ・・・

 

PS. 海外のお金といえば、ソ連に行った時(1989年)のルーブル紙幣や硬貨もあった。TCじゃなくて本物の通貨だけど、消費(賞味)期限が過ぎてしまったのだろうか?? (2/5 21:09 写真を追加)

PS2. あ、ドクのアタッシュケースに入れてもらおうか?w

  •   0
  •   0

4件のコメント

  1. Phedre:

    TC懐かしい!200ドルですか。いいですね。
    ソ連ルーブル素敵!見たいです!さすがに、もう使えないですよね~(^^;
    日本は懐かしの500円札でも使えますけど、国によっては旧札廃止後に数年したら使えない場合もあって、私はベトナムの小さいお札を無効にしてしまいました。といっても、10円札とかそういうレベルです。

    カード払いも国によっては「カードで払うなら手数料取るよ」って言われることもあって、じゃあ現金をATMでキャッシングしよう!でも手数料が何ドルか取られたりして、どっちがいいんだよー!?って迷うことも・・・

    基本ドルとユーロの現金は日本で両替して、後は現地調達しています。

    •   0
    •   1
  2. PiuLento:

    ●そう、200ドルっていうと、ちょっと「おおっ」てなりますよね。それが何十年も前からずっとですから、やっぱりドルは強いですね。

    ルーブルは、調べたのですが、そのお札が今でも使えるかは不明でした(いつ変わったかすら分からないので・・・)。そもそも、当時から価値が1/100-200になってます(うろ覚えですが、当時は1ルーブル100-200円だったのに、今は1円程度です・・・)ので、換金する意味はなさそうで、まさに賞味期限です^^

    ※ソ連関係の写真を追加しておきました。

    それから、まさに偶然ですが、500円札も一緒に入ってたんですよ。当時(子どもの頃)、終わっていたか終わりそうだったかで、(子どもなのに、)貴重だから取って置こうと思ったんでしょうw

    なるほど、国によって最適な支払い方法が違うんですね。おもしろいけど結構面倒ですね・・・

    •   0
    •   0
  3. Phedre:

    ルーブルとお土産の写真、ありがとうございます♪
    古いお札かっこいいですね!
    そしてお土産のホテルのカードなど、宝物ですね。素敵。

    そういえば私も500円札を持っています、取っておいてもな~・・・ってずっと、ずっと思っているのに、今更使うのも・・・。

    •   1
    •   0
  4. PiuLento:

    ●どういたしまして。

    ソ連のお札、格調高いというのでしょうか、デザインや色調が落ち着いていてかっこいいですね。一方で、「こんなに小さかったっけ?」ってほど小さいです(5ドル札と比べると分かります)。おもちゃみたいです。なんでこんなに小さかったんでしょうね。あと、今のお札はどうなのかとか、気になることは多いです^^

    ホテルのカードも、あることすらすっかり忘れていたので、懐かしいです。全然読めない文字のカードを持って友人と市内をぶらついて、ちゃんと戻れたんですから、今となっては奇跡ですw

    レシートも、いっぱい打ってありますが、一体何を買ったのか全く不明です。

    こう書いてたら、なんかまた行きたくなりましたが、もうあの頃とは違うんですね・・・

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL