昨日、ようやく、秋頃からずっと苦労して来た仕事(これが高血圧の原因では?)が峠を越え、お客さんに見せたら褒めて頂き、ほっとした気分で帰宅したら、郵便受けにこんなものが入っていて、一気に気分が悪くなった。

NHKからの契約の催促

TVなどの有無を申告させるのだろうかと思い、それと一緒に名前や住所などの個人情報を出す義務なんてあるのかなどと思って嫌々ながら開けたら、それ以上にひどくて、ほとんど無条件の契約の催促だった。紙には、「NHKの放送を受信できる受信機をお持ちで」とはあるが、封筒の文言からは、返送(=契約)しないと大変なことになるような印象を受ける。これでは、TVを持っていなくて何も知らない人(まあ、余り居ないだろうが)や弱気の人はうっかり契約してしまうだろう。最高裁のお墨付きを得て、強気になったのか。

笑わせる(というか怒り心頭だ)のは、その紙に書かれていた、以下のような文言だ。

NHKからの契約の催促の紙より

誰も頼んでいない、「豊かで多様な番組」や「放送文化」(たまに実家で目に入る、愚にも付かない鬱陶しいだけの番組が、「豊か」さや「文化」の一部とは片腹痛い。そもそも、公共放送には多様性なんて不要で、ニュースの類で充分だ)だのは推し進めるけど、観ない・観たくない人が不利益を被らず、気分を悪くしないためのケアを一切行わないのは、強欲な利権の権化としか言いようがない。下らない番組のための開発は民間でやればいいし、「公共」放送に良心は不要なのか。

僕は「NHKの放送を受信できる受信機」を持っていないので、こうしてネタにするための写真を撮ってすぐゴミ箱に放り込んだ。ゴミからの紙はゴミ箱がお似合いだ。今度来たら、郵便ポストに入れて「返送」しようかw 何か書けとは書いてないからな。

そして、3/1を過ぎたら徴収員が来るのだろう。また気分が悪くなるな・・・ 本当に、なんとかして欲しい。

PS. その時のために、どう対応するかを考えてしまう。例えば、「早く帰らないと警察に電話しますよ」と言って本当に110番するとか、危ない人(狂人や脳味噌のない人やラリっている人。例: 「NHK?、ここはNHKじゃないよー」)を装うとか。あとは、玄関のチャイムが鳴って、「出る」と言ってから10分くらい放置するとか。それはそれでおもしろいが、準備して来なかったら無駄になるなw

PS2. 彼らの無能さは、この時期にこんな一斉展開をすることからも分かる。これから引越しシーズンで、契約してもすぐ転出したり転入して来るから、そういうのが落ち着く4月以降の方が得策でないだろうか。どっちにしても国内が多いから、関係ないのか。でも、これから引っ越す人は、住所変更手続きが面倒だから契約する気にはならないだろう。僕は払ってないから、別になんだっていいけど(でも、税金は入っている?)。

あっ! 引越す前(しかも年度内)に契約をもぎとって荒稼ぎして、自分たち(支所)の成績を上げて夏のボーナスをせしめる魂胆か。なるほどゴミだ。

  •   1
  •   0

3件のコメント

  1. JS:

    放送法64条1項があるから払え、という話ですね。一方、放送法4条では偏向報道しないことが事業者に課されています。国民に放送法を守れと言う前に、NHK自身が放送法を守る必要があるようです。

    いつも思うんですが、電気・ガス・水道代のような「公共料金」を滞納したら供給が停止されますので、NHKも「公共放送」だと自負しているなら、支払わない人にはスクランブル画面で対抗wするだけですけどね。

    •   0
    •   2
  2. PiuLento:

    ●おっしゃるとおりです。「公共放送」というのであれば、本当に公平・中立な放送をしてから出直してこいって感じです。

    そして、本当にスクランブル画面で対抗して欲しいですね。その方が、お互いにいいことずくめだと思うんですが、なんでしないんでしょうねw

    •   0
    •   1
  3. naoki:

    ナイスです!JSさん!

    •   0
    •   2

コメントを書く

名前    

メール 

URL