あれから更にいろいろ試したが、結論(どういう訳か、「Steve HarrisのMultiband Eq. (以下、mbeq)が最適」)は余り変わっていない。「余り」というのは、一つだけ、新たにいいものが見つかったのだ。それは、FIL-plugins(またはfil-plugins)の4バンドPEQ(以下、PEQ4)だ。

PEQ4はwebでの情報が少なく、バンド幅の設定もおかしい(オクターブでもQでもない)ので期待していなかったのだが、比べてみると、mbeqと同じくらいいい(耳に痛くない)。mbeqは超低域をカットしてしまい、たとえそれが聴感上問題ないとしても(趣味的に)好ましくないので、PEQ4で問題なければ使いたいと思って、しつこく試している。

PEQ4はバンド幅の設定の仕方がおかしいので、パラメタの調整には苦労したが、元の特性とそっくりにできた(グラフの形状が同じなので、今回は載せない)。試してみると、いつも使っているRushの"Power windows"はキツかったものの、その他ではほとんど問題ない。ただ、mbeqが最高なのはどうしても否定できなかった。

現在までに試したイコライザと評価は以下のとおりである。○△×などは評価で、基本的に上が良い。その次は僕が設定に使っている識別記号で、()内がイコライザの名前や説明である。

  1. ○ jr-mbeq-2 (Steve HarrisのMultiband Eq, "mbeq")
  2. △+? jr-PEQ4-1 (FIL-pluginsの4バンドPEQ, "PEQ4")
  3. △ jr-DSP-EQ-4 (bmc0のdspのDouble-pole peaking filterのeq, "DSP")
  4. △- calf-butty-PEQ+HPF-1 (Calf Jack Host(以下Calf)の5バンドPEQと高域通過フィルタ)
  5. △- calf-butty-PEQ+LS-2 (Calfの5バンドPEQとLowshelfフィルタ)
  6. ? jr-mbeq-3 (mbeq-2で6kHz付近を落としたもの)
  7. ? jr-PEQ4-2 (PEQ4-1で6kHz付近を落としたもの)
  8. ? jr-DSP-EQ-3 (DSP-EQ-4で6kHz付近を落としたもの)
  9. × butty-hpf-2 (calf-butty-PEQ+HPF-1を若干変更したもの)
  10. × calf-butty-PEQ+HS-12 (Calfの5バンドPEQとHighshelfフィルタ)
  11. × jr-tap-eq-bw-1 (TAP-pluginsの8バンドPEQ, バンド幅指定付き)
  12. × Calf EQ30 (Calfの30バンドEQ)
  13. × jr-TBWS-1 (Steve Harrisの3バンドPEQ)
  14. × jr-tap-eq-2-1 (TAP-pluginsの8バンドPEQ, バンド幅指定なし)
  15. × Calf EQ5 (Calfの5バンドPEQ)
  16. × EQ4Q (EQ10Qの4バンドPEQ)
  17. × jr-DSP-EQ-1 (dspで200Hzだけ幅広く落としたもの)
  18. × jr-DSP-EQ-2 (DSP-EQ-3で最初に全体を-3dB下げたもの)
  19. × carla-x42-1 (x42の4バンドPEQ)
  20. × jr-ls-1 (dspでLowshelfフィルタだけにしたもの): 耳は痛くないが、低域が不足して駄目だった。

DSPが意外に良く(dspのパッケージはいろいろな処理ができて便利なので、機会があれば活用したい)、Calf Jack Hostは手軽なのだが駄目だった。EQ10QもTAP-pluginsも駄目だった。

いろいろなイコライザを試すのと同時に、なぜそれらで音(耳の痛み)に違いが出るのかを考えた。結論は出ていないが、以下の点を疑っている。

  • イコライザ(PEQ)の使い方が良くない。
  • 混変調(正しくは「相互変調」とのこと)歪み(IMD)が生じている。
    • 6kHz付近に出る?
    • 超低域によるもの?
    • イコライザの作りによって生じる?
  • イコライザの作り(計算式またはプログラムの実装)が悪い。

PEQの使い方については、設定図を見ると分かるように、低域(右チャネルの80Hz付近)で2つのフィルタが重複している。このように使うと、(イコライザの作りによるだろうが)歪むのかも知れない。あるいは、図の低域(200Hzが中心)のように幅広く使うのが良くないのかも知れない。そして、それらに起因する歪みが6kHz付近に出る(だから、そこを下げると痛みが減る)のではないか。

その証拠に、mbeqはグライコタイプでフィルタが重複しない(実際には隣り合うフィルタは重なっているはずだが)ので、音が悪くないのではないかと思っている。

が、どちらも、検索した限りでは、「悪い使い方」として出て来なかった。もしかしたら、イコライザの常識なのかも知れない。

混変調歪みについては、超低域をそのまま出すと、イコライザかスピーカーで歪みが生じるのではないかと考えた。ただ、グライコ(DEQ2496)のPEQでも同じ条件なのに問題なかったので、スピーカーは関係なさそうで、イコライザの作りによりそうだ。

その証拠に、mbeqはたまたまにせよ超低域をカットしているので、音が悪くないのではないかと思っている。

そのイコライザの作りによる音の違いについては、あるとしかいいようがない。使っている計算式(この辺りは難しくて苦手で、全然知識がない)が適切でないのか、それをプログラムにする仕方が適切でないことが考えられる。後者の気がする(ほとんどのイコライザはオープンソースなので、プログラムを見られるが、面倒そうなので止めておく)。

ただ、誰も文句を言っていないので、すごく微妙なことなのか、僕がしているような特定の使い方で発現するのではないか。なお、イコライザの処理中のオーバーフローを疑って入力レベルを下げてみたが、効果がなかった。内部では浮動小数点で処理しているから、計算自体に問題はないのだろう。

という訳で、DACやフィルタやデジタルアンプを変えたら音が変わる現象は「ありまーす」になるw ただ、それは全然褒められることではなく、単なる処理の違い、しかも、処理が良くないために起こるのであって、何を使っても音が変わらないのが当たり前のことだと思うのは、変わりない。

だから、DACなどでフィルタを選べるのを売りにする会社なんて、単なる優柔不断な腰抜けだと思う。男なら(女でも)、最高の一個で勝負して欲しい。

追って、スピーカーの音を実測して各イコライザの「音(特性)の違い」を調べ(果たして測定できるのだろうか?)、最適なもの(mbeqかPEQ4)を決め、実測値に基づいて微調整をしたい。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL