一週間くらい前の昼に、GPMでK. 488を探して、サイ(Fazil Say)という人の(2004)にしてみた。少し速かったが、辛うじて許せた。止めるほどでもなかったので聴いていたら、キビキビしていて乗れた。ビアノは悪くなく、それはそれでいい感じだった。

それで、彼に興味を持って他のアルバムを見たら、4手ピアノ版「春の祭典」  (2000)があったので聴いてみたら、なかなかすごかった。

最初の曲はそれほどでもなかったのだが、2曲目の音の鋭さにかなり惹かれた。この曲のピアノ版の演奏は今ひとつ軟弱なのばかりで、期待して聴くとがっかりすることが多いのだが、この演奏は満足できた。

昼休みでは終わらなかったので、帰宅してから続きを聴いたのだが、やっぱり見事だった。あの鋭い音が大好きだ。最後も音が綺麗で素晴らしい。この曲は聴いているうちに飽きることがあるのだが、これは全然そんなことがなく、あっという間に終わった。

ところで、その時はこの人について全く知らなかったので、聴いているうちにいくつかの疑問が出て来た。

  • ピアノ以外の楽器も使っているようだが? (それも曲に合っていていいけど)
  • そもそも、これは何人で弾いているのだろうか? 2人? 1人?

どちらも、GPMで見られる範囲では分からなかった。ジャケットには彼がピアノを弾いている姿しかなく、4手版なのに他の演奏者の名前はなかった。それで調べたら、彼が一人で多重録音したとのことだ。楽器は、「ひょっとして?」という想像が当たって、プリペアドピアノだった。彼はそういうアルバムを他にも出しているようだ。

なるほど。おもしろいと思う。「クラシック音楽」の曲だからといって、伝統的な方法・楽器で演奏する必要はない(そもそも、現代のピアノやオーケストラなんて、作曲当時と違うことが多いはずだ)と思うので、邪道という意見もあるようだが、僕は賛成だ。

もちろん、普通のピアノが大好きだけど、「プリペアドピアノ」という、新しい別の楽器での演奏として捉えれば全く違和感はない。それで曲のうまみを完全に引き出せているのだから、全く問題ない(悔しいことだが、普通のピアノではここまでは無理だと思う)。

彼は普通の(伝統的な)演奏もしていて、それが上に書いたK. 488だった。他に、「春の祭典」のあとに「月光」 (2014)を聴いてみたが、今一つだった。第1楽章は滑らかさや音の微弱さが足りなかった(「微弱さが足りない」というのはおかしな表現だが、他に適切な言葉が浮かばない)。もっと、聴こえるか聴こえないかギリギリの、かすかな音でないと、月の光ではない・・・

そういう訳で、彼は何でもすごい訳ではないが、「春の祭典」はすごい。それで、GPMだと曲間が切れて興ざめになってしまうので、久しぶりにCDを買いたくなった(MP3のようなダウンロード販売の方が場所を取らなくていいのだが、以前、曲間が駄目だった場合があって、GPMで切れるならMP3でも切れるはずだから、期待できない)。

 

それから、ここ数日は、もう数人のいい演奏に出会った。とりあえずここでは、ヨルム(Yeol Eum Son)を挙げたい。昨夜、JACKのテストでYouTubeを開いたら、たまたま彼女のモーツァルトのピアノ協奏曲第21番(2011)が出ていたので掛けたら、予想外に良かった。その時はテストだったので、音がちゃんと出るのを確認したらすぐ止めるつもりだったのだが、全部聴く羽目になった。チャイコフスキー国際コンクールでの演奏だった。

出だしはテンポがわずかに速くて気に入らなかったのだが、ピアノが歌っていたので、思わず聴き入ってしまった。そのうちに、彼女の解釈とか思いが伝わって来た気がした。だが、第2楽章の音の繋げ方(切り気味)は気に入らなかった(僕としては、もう少し滑らかに繋げて弾いて欲しい)。でも、それ以外は良かった。美しい音だった。そして、第3楽章は見事だった。音の出し方が良かった。

僕の好みでない弾き方があったり、好みでないカデンツァだったにも関わらず、なぜか許せた。当たり前のことだが、演奏技術は高い(いかにもさらっと弾いていて、全く危なげないし、聴いていて分かりやすかった: 楽譜なんて見たことないが、「ここはやっぱりこうだよな」って思った)。その上で、表現力がすごいと思った。しかも、場慣れしていて、演奏がとても滑らかというか自然体(自宅で弾いているような感じ)だった。そんな訳で、とても乗れる。

彼女は、一見、ワン(Yuja Wang)のようにパワフルで体育会系の雰囲気なのだが、(良く居る演奏者のように)ラフマニノフを豪快に弾くタイプでなく、モーツァルトを綺麗に弾く感じなので、かなり新鮮だ。そして、「内田に匹敵する・超える(かも)」という表現も浮かんだのだが、それはどうもしっくり来ない。どうとは書けないが、内田とはタイプが違うように思う。「モーツァルト一筋」ではないような感じなのかも知れない。

だから、そのYouTubeで多くのコメントが好意的なのも、納得できた。GPMには彼女のモーツァルトのアルバムがまだないのが残念だ。

最後に、そのオケもなかなか良かった。指揮者は不明だが、時々、他にはない演奏のし方(例:第2楽章の出だし)をしていた。あと、小編成(だけど決して室内楽ではない)なのも好きだ。

 

(3/14 21:50追記) 今日の昼に、演奏自体ではなく、経歴がすごい人を見つけた。なぜか昼前からすごく聴きたかったので、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番を探した。最初に試したスー・へイキョンという人の(2016)は、全然悪くなく、ちゃんと乗れるのだが、何か物足りなかった。コクとか「あく」(今考えれば、この曲のどろどろとした重苦しさなのかも知れない)がないような気がした。その次は、Ingrid Jacobyという人の(2016)だったが、やっぱり物足りなかった。その次に、小菅優という人の(2012)を見つけ、ダメ元で聴いてみた。テンポは速い(それは僕には良くない)のだが結構良く、速いせいでキレがあった。

それで興味を持って調べてみたら、小さい頃からピアノが好きで、10歳でドイツでピアノをやりたくて自分から行ったそうだ。これはかなりすごい。10歳っていったら、僕なんて普通のガキだった。それなのに、彼女はドイツ語を勉強してまで行ったのだ。それからずっとドイツに居るようだ。彼女は、コンクールでの入賞なしで演奏活動をしているとのことで、それもなかなかすごいことだ。

ただ、日頃書いているように、経歴と演奏は別物だ。彼女の演奏が良くないとは言わないが、何かひきつける力が少ないように感じたから、(僕にとっては、)上に挙げたようなすごい演奏者ではない。

それでも、さっき聴いた、同じアルバムのモーツァルトのピアノ協奏曲第22番は普通に良かった。僕はこの曲は(大げさで、さらっとしていないので)余り好きでないのだが、ちゃんと聴けたという点で、いいピアニストだと思う。ピアノの音は良かったし、第1楽章終盤のカデンツァがなかなかすごくて(この曲には似合わないはずの重さや暗さだった)良かった。初めて聴くものだったが、違和感はなかった。オリジナルだろうか?

 

PS. 今も、この投稿のチェックがてら彼女のその演奏を開いてしまい、聴き出している。。。

PS2. 彼女のそのコンクールの決勝のラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を見つけて聴いているのだが、もたつき気味なのと、広がりや深みやパワーが不足していて、今ひとつな感じだ。やっぱり、合ってないのかも知れない。あるいは、この曲には未熟だったのか。。。 あるいは、奇しくも、上に書いた「ラフマニノフを豪快に弾くタイプでなく」が当たっていたのかも知れない。ちなみに、調べたら、この時の1位は、あの、僕の好きでないトリフォノフだった。複雑な気分だ。

PS3. すっかり忘れていたが、13日の朝に聴いた、サイの「展覧会の絵」(2011)も良かった。これもプリペアドピアノでの演奏だったかは定かでないが、「春の祭典」と違って普通で落ち着いていた。上に書いた、「もう数人のいい演奏」というのには、この演奏も入っていた。 (3/14 21:36)

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL