JACK(Linuxのサウンドシステムの一つ)への移行が軌道に乗ってから約2週間経ったが、大きな問題はなく、満足している。また、耳が痛くなる問題は再発していないので、解決したようだ(結局、PEQの使い方が悪かったようだ → PSも参照)。以下に、利点と欠点とその他を書く。

利点

  • 使用しているサウンドカード(ASUS Essence STX II)とアンプ(SAYA SP192AB)の機能・仕様により、システムの電源を切る前にアンプの電源を切ったり音量を絞ったりしなくても雑音が出なくなった(グライコ(Behringer DEQ2496)は電源on/off時に雑音を出す)。
    • ただし、ボリュームを全く動かさないと(摺動面の状態が悪くなって)雑音が出やすくなると聞いたことがあるので、寝る前は絞り、朝は何回か動かすようにしている(が、それでもこのアンプは雑音が出ることがある)。
  • 他のシステム(PulseAudioやALSA)と違い、(仮想的な)音の配線を(設定ファイルなどでなく)マウスでできるので、とても便利。
  • 音の処理や配線を自由に変更できるので、思い付いたことを簡単に試せるようになった(PluseAudioやALSAでやろうとすると、設定ファイルに書く必要があるので、かなり面倒)。が、ここは研究室ではなく、音楽を聴くのが目的なので、そんなに頻繁に音の実験をする訳ではない。
  • プログラム(スクリプト)との親和性が高いので、ちょっとした処理は自分で作れる。
  • イコライザの調整が楽になった(グライコの小さいディスプレイを見ながらつまみを回すのでなく、キーボードで数値を入力でき、設定をファイルに保存できる)。ただし、最終的には実特性を測定して調整する必要があり、そのためにはマイクを立てる必要があり、それはやっぱり面倒なので、ものすごく楽になった訳ではない。
  • 外部のグライコ(DEQ2496)が不要になったので、システムをコンパクトにできた(そのうちDEQ2496は片付けたい)。また、DEQ2496が壊れた時のことを心配する必要がなくなった。ただし、サウンドカードやPCが壊れた時の心配は要る。
  • PCから外部に(光や同軸やUSBで)音の信号を出さなくてもいいので、その分、(ジッターが減るなどして)音質の劣化が減るはずだ。が、実際にはそういう経路の寄与は微々たるものだろうから、分からないと思う。
    • 逆に、サウンドカードはPCの雑音や電源変動の影響を受けやすいが、聴いた感じでは全く分からない。

欠点

  • JACKの扱えるサンプリングレートは固定で、単一の値である(それ以外は変換される)。僕はCD系(44.1kHz)がほとんどなので問題ないが、DVDなど(48kHz)の音も良く聴く人やいろいろなハイレゾ(JACKが対応しているかは不明)を聴く人には余り良くないだろう。
  • 音の処理(信号処理)をソフトで行うので、その分、CPU負荷が高くなる。ただし、普通に再生している場合は、OSのload average(平均待ちプロセス数)は0.5以下、JACK関連プロセスのCPU使用率は4%程度なので、全く実害はない。
  • 間違ってウィンドウを閉じるなどして、JACKの各プログラムを終了させると、音の経路が切れて音が出なくなってしまうので、注意が要る。同様に、イコライザの設定を間違って変えてしまうと音がおかしくなる。また、JACK関連のプログラムが多くなると、アイコンが増えて表示領域がいっぱいになってしまう。
    • → 滅多に設定を変えないプログラムは、アイコンを非表示にするといいのかも知れない。
  • ごくたまに、重い処理(例: 外部HDDの取り外し)をすると音が飛ぶことがある。ただし、原因となった操作をするといつも起こる訳ではないので、JACKには関係ない可能性が高い。
    • → 音飛びを防ぐため、JACKとgmusicbrowser(以下、GMB。実際にはGstreamer)のバッファサイズを大き目にした。
  • JACK関連の詳しい情報が余りなくて(あっても誤りだったり古かったりして)、自分なりに理解して使えるようにするのに結構苦労した。更に、「これだけでいい」というソフトがなく、取捨選択や自分で作る必要があった。また、JACK自体が古く、更新がされていないようなので、将来性に不安がある。
    • が、JACKは信号処理の枠組み程度のものなので、もっといいものができれば、それで既存の(LADSPAやLV2の)イコライザは使えるだろうから、大丈夫ではないか。
  • 当たり前ではあるが、間違った配線をすると、音がおかしくなったり、出なかったり、ハウリングなどが起こったりするので、注意する必要がある。

その他

  • (グライコのAUX出力が壊れたため、代わりにオンボードのサウンド出力を使うようにしたために)ヘッドフォンの音量が不足することがある件は、jack_mixerというソフトで音量を大きくすることで解決できた。複数の出力が出せるので、スピーカーで聴く時にも(アンプの音量を変える代わりに一時的に)調整できるし、音量メーターもあるのでちょっと便利だ。
  • GMBをJACKで使うと音量が不安定になる問題があったが、Gstreamerのplaybin(これが何かは分かってない)を作る時に"soft-volume"というフラグを指定しないようにしたら直った。この意味や、これで本当にいいのかは、良く分からない。ただ、基本的に、GMBの音量は変更しない(常に100%にしている)ので、問題はなさそうだ。
  • GMBはJACKへの接続を自動では行えないようで、それで手で接続しても再生を停止すると切れてしまうので、jack-plumbingというソフトで自動接続するようにした。
  • GMBの音を(PulseAudio経由でなく)直接JACKに出すメリット(音質がいい?)があるのかは全く不明だが、余計なものを通さないので(何かしら)良いと考えて、そうしている(はっきり言って、気分の問題であるw)。
  • 以前も書いたかも知れないが、JACKの接続状態を自動的に保存するプログラムを作った。ログイン時には、JACKの各プログラムの起動後、その保存された配線を復帰させるようにしている(qjackctlは僕には使いにくいため)。
    • なお、上記のjack-plumbingと接続保存プログラムは競合するので、jack-plumbingで自動接続した接続は保存しないようにした。
  • JACKにしたのではあるが、下位(ドライバ)にはALSAが使われているので、alsamixerというプログラムでサウンドカードの設定をする必要がある(そうしないと、音が出なかったり録音できなかったりする)。分かりにくいし、煩雑な点だ。
  • JACKにしたことで音質が良くなったということはないと思う。何となく、音がいい(低音や高音が良く出ている)ように感じることがあるが、気のせいか、音量が大きくなったせいか、イコライザを調整し直したためだと思う。
  • 昔、スリープからの復帰後にJACKの音が出ないことがあったのは、使っていたプログラム(qjackctl?)が悪かったのか余計なことをしたためなのか、分からない。今は、特に何もしなくても、スリープからの復帰後にJACKの音は出る。
  • JACKはWindowsでのASIOのような位置付け(仕組みは全然違うだろう)のように感じる。

画面

 

PS. 耳の痛みは、PEQの使い方(設定)以外に、PEQの仕様(中の作り?)にもよるようだ。というのは、さっき、いくつかの別なイコライザ(Calf EQ8, LADSPA DSP, TAP Eq/BW, Triple/Single band para. with shelves)を同じ特性にして試したところ、短時間しか聴いていないのだが、どれも耳閉感があったのだ。依然として謎は解けていない。 (3/25 15:05)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL