血圧を測り始めてから早くも2か月。思わぬ展開になった。

まず、今通っている医者は駄目なことが分かった。確かに親切ではあるのだが、大切なところがずさんだ。最初にピロリ菌の除菌を依頼した時、全く診察せずに、いきなり内視鏡検査をすることになった時からそんな予感はしていたのだが、全般的に事前の説明が足りないので、どうも信頼できなくなった。

ピロリ菌については、除菌処置後、約3か月間、(それまで胃酸を弱めていたピロリ菌がいなくなった結果、胃酸が強まるため)胃酸を抑える薬を処方され続けている。いつまでかは聞いてはいないが、死ぬまで飲むことになるのかも知れない。そういうことだったら、事前に除菌のリスクとかデメリットの説明をして、どうするか考えさせて欲しかった。

高血圧については、先月の再診時に、それまでの平均値(150/100程度)を見て、早くも降圧剤を処方された。もう少し様子を見て欲しかったし、血液や動脈硬化などの検査もしてから方針を決めるべきではないかと思ったが、何もせずに決めた(専門外だからか)。そして、こっちも死ぬまで薬を飲むのだろうが、やっぱり、それについての明確な説明はなかった。

どちらも医師には常識なのだろうし、世間の常識なのかも知れないが、(僕がその「常識」を知っているかどうかは彼は知らないはずだから)一応、説明すべきだと思う。いつもは親切なのに、こういうことを教えてくれないのは、やはり、定常的な収入を確保したい気持ちがあって後ろめたいのか。そういうのを忖度しろってことか?

胃酸を抑える薬については、飲み続けても、対症療法的な効果以外に(胃酸を出す器官の性質が変わって)胃酸の分泌が減ることはないだろうから、飲むのは止めることにした。それで炎症がひどくなって「何か」になったら、仕方ない。

血圧は、一週間薬を飲んでも下がらなかったし、ずっと飲み続けるのは嫌なので、止めてみることにした。すると、ばらつきはあるものの、最初(上は160を超えていた)よりずっと下がり、最近の2週間の朝の平均値は146/102(mmHg)だった。当時は疲れやストレスがひどく、更に測定に慣れていなかったために高かったのではないか。

血圧の変化 (3/1-): 3/10の夜から服薬、3/16の夜から服薬中止

とはいえ、今でも決して低くはない。それで、調べてみたら、「高血圧治療ガイドライン2014」では、上は「I度高血圧」(140-159/90-99)、下は「II度―」(160-179/100-109)に相当し(下はギリギリI度になる可能性・期待はある)、I度高血圧は「低リスク」とのことだ。「低リスクの場合は治療は要らない」という意味ではないと思うが、僕だったら、「死ぬまで薬」よりも小さいリスクを取りたい。それに、降圧剤にも副作用はあるから、飲むことのリスクがない訳ではない。

他に、一般的な指針ではないが、「薬物治療は180/110mmHg以上」という、独自の調査に基づく見解もあった。それ以外にも、いかにも民間療法とかTV・週刊誌的情報で怪しいのだが、偶然にも上と同じ「上は180、下は110まで大丈夫」や「上は年齢プラス90を大幅に超えた状態が続かなければ大丈夫」(大意)という説もあった。他に、(うつ病の薬と同様に)製薬会社の差金で高血圧の基準が引き下げ続けられているという説もある。

以上の情報から検討した結果、ガイドラインだけを採ったとしても「低リスク」と明記されていることから、降圧剤を飲むのは止めることにした。ただし、血圧の測定は継続し、更に上がるようなら診てもらうことにした。

なお、上記のように、今の医者はずさんで漫然と投薬し続ける傾向があるので、(スタッフは親切でいいのだが)もう行かないことにした。次に行くなら、患者の顔は余り見ないしガキも多くて混んでいるけど、余り薬に頼らない医院(そういうところに、医師が患者にとって最良は何か考えているとか、最新の情報を収集しているかとか、その人の経歴が効いて来るのだろうか)にしようと思っている。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL