居るじゃないですか、気心の知れた少人数の仲間で遊んでいたのに、どこからか大勢引き連れて入って来て我が物顔して、いつの間にかリーダー面する奴。当然、それまで楽しかったのが苦痛になってしまうという(そして、いつの間にか、オリジナルメンバーは居なくなっている)・・・ 要は乗っ取りだ。近年のMicrosoftのLinuxへの接近は、これを予感させて大変「いやー」な感じである。

前の投稿では「全部Linuxでいいじゃん!」と書いたが、それは撤回する。個人的にはLinuxでいいのだが、だからこそ、Microsoftには永遠にWindowsの底なし沼に嵌って居て欲しい。そうでないと、Linuxが汚染されて台無しになると思うのだ。

彼らにはお金もパワー(人数)もあるから、その気になれば何でもできてしまう。最初は「コミュニティへの貢献」とかいう羊の顔をしているが、そのうちに本性を現すだろう。例えば以下が考えられる。

  • Windowsのように質の低い(バグが多い、効率が悪い、肥大化した、美しくない)プログラムの混入
    • 余談: 今のLinuxは充分肥大化して美しくないとは言えるが、バグが少なく効率もいい点で、Windowsよりはマシだ。
  • プロプライエタリな(非公開の、オープンソースでない)モジュールへの依存
    • 例: 最初はそれなしでも大丈夫なのだが、時間が経つと、MSのモジュールなしにはLinuxがまともに使えなくなってしまう事態になる。そうなった時に、奴らはお金をせびりだすのだ。

こうなると、Linuxのメリットの安定性や自由や柔軟性が損なわれ、まさにWindows化してしまう。だからMSはこっちに来なくていいよ。Linuxが少しくらい不便だっていいから、あっち行っててくれ!!

No "MS Linux", "Linux.NET",  or "Linux 365"!

 

PS. でも、乗っ取られて腐ってしまったら、今までの歴史から考えると、誰かが新しいOSを出してくれる気がする("A new hope"や"Return of Linus"?)。Linuxはもう古くて、いろいろぐちゃぐちゃになっているから、それもいいかも知れない。

(5/23 6:59追記) 今が"A new hope"の状態で、そろそろMSが"Strikes back"するとしたら、その次は"Return of Linus"かw

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL