先日、暇つぶしにスイフトのアクセサリーカタログ(オンライン版)を見ていたら、思わぬ収穫があった。「普通のスイフトはいいよな。スイフトスポーツには載らないからなあ」と思いつつ、スペアタイヤの項を見ていたら、あったのだ。「スイフトスポーツ」の記述が。意外なことに、新型(ZC33S)には載るのだ!

去年の夏の新型発表時に送ってもらった、紙のアクセサリーカタログには載っていなかった記憶があるのだが(→ 確かにない)、その時の情報が古く、その後準備できたのだろう。

そういえば、新型のマフラーのサイレンサー(膨らんだ部分)は前の(ZC32S)より小さくなったから、ZC32Sで半ば潰してしまっていたスペアタイア用の空間が空いたのだろう(個人的には、コンパクトにしたのだったら、ついでに排気口を1個にして欲しかった)。

僕は今でも、車に乗っている時に、たまに、パンクしたらあの「修理キット」で難儀する(タイヤの交換ではないから、オートサービスはやってくれないはず)ことが確実で、不安になったり緊張したりするので、スペアタイヤが載るのは本当に朗報だ。

もちろん、それだけのために乗り換えることはないが、カタログを見ていた時は、「次は、(スペアタイヤが載る)普通のスイフトでいいかなぁ・・・」と思っていただけに、スイフトスポーツが次の有力候補に返り咲いたのは、言うまでもない。

 

PS. タイヤの他にもいいことがあった。スイフトスポーツの内装(インパネの前面など)がやけに赤いのが派手過ぎて嫌だったのだが、それを黒とか白に交換するパーツがあるのだ。これも以前のカタログにはなかった気がする。全部交換すると結構お金が掛かるが、赤よりはいいし、目立つところだけ交換するのでもいいだろう。それに、マイナーチェンジの時や特別版などで、「黒バージョン」(メーターも落ち着いた色調にする)も出そうではないか。スズキはなかなかやる気があっていい感じだ。

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. jaguarmen99:

    買ったノーパソにCDスロットが無いだけでも驚く旧型なので、まさか車にスペアが載ってないなんて想像すらしませんでした。ところで修理キットって使ったことないんですけど
    ttp://www.fujita-energy.jp/blog/archives/2469
    ははぁ、なるほど、これ確かにスペア交換より早いのかもしれない。エアのコンプレッサーとか普段も使えるのかな、と。詳しくない方でもできそうですし。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●そうなんです。今は、「普通の」大衆車スイフトすら、スペアなしでキットみたいですよ。

    そして、じゃがさんはさすがです。僕だったら、そのキットで修理できる自信がないんですw やる気の問題かも知れませんが。確かに、まともにやれば、交換より速いのかも知れませんが、例えば、タイヤに刺さっている物を抜くとか、ポンプの電源を引っ張って来るとか、僕にはハードルが高そうですw つい、冬の寒い雨の夜とかを思い浮かべるのです。心配し過ぎでしょうかw

    ただ、おっしゃるとおり、サービスを呼んで、来るのを延々待つよりは速いかも知れないなあと、今思いました。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL