(題は英語ではない。「力技はいいよね(いや、本当は駄目なんだけどさw)」のような意。 たまたま"Power of love"が掛かっていたので思い付いた。)

先日のSpotify制御ツールV2はその後も止まらずに進化を続けて、今日、概ね、今までの不満が解消できた(内部的にはとんでもないことになっているのだが、それでもちゃんと動いて問題なく使えているので、暫定的に良しとしている)。とりあえず、外観を。

大幅改良後のSpotify制御ツール V2 (別名: 「Spotifyミニプレーヤー」?)

もう、「Spotifyミニプレーヤー」と言ったほうが適切かも知れない(が、名前を変えるのが面倒で、そのままにしている)。いったい、前回から何を変えたのかすっかり忘れているのだが、調べてみると、以下だった。

  • 細かい見栄え(例: 行間、文字サイズ、ウインドウサイズ)の調整
  • 起動時にSpotifyアプリが起動してなかったら、自動で起動する。
  • ジャケット画像をクリックすると、Spotifyアプリを前面に表示する。
  • (リモコン経由でなくても)アイコン(ウインドウ内のボタン)を押せば、「この曲の後に停止」を設定できるようにした。
  • 曲情報欄の高さが狭いことがある問題の修正。
  • ウインドウの表示位置を起動時に指定できるようにした。
  • 「正しい演奏者名」の表示
  • 再生位置(時間)の表示

今日までは、ずっと細かい調整が主だった。そして、今日、最後の2つをなんとか実装できた。

その前に、外観(UI)について少し書く。(画像中央右辺りを)ちょっと見ると、ESPカードを思い浮かべそうだが、かなりの試行錯誤の結果だ(もちろん、苦労したから結果がいいと言うつもりは毛頭ない。駄目なら駄目で仕方ない)。この辺りは、再生状態("♪")と、「この曲の後に停止」("∥")と、音量正規化("≂", 従来は"RG"だった)のインジケーターとボタンがある。

音量正規化のボタンは、ON/OFFの区別がしやすいように色を付けていた(→ )のだが、その色が問題だった。どんな色も気に入らない(しっくり来ない)のだ。その理由は分からないのだが、ウインドウ全体がモノトーンなのに、一箇所だけ色が付いているのと、アルバムのジャケットの色とかぶったりするからかと思う。さまざまな淡色を試したのだが、これという色がなかった。が、「この曲の後に停止」をボタンにする時に、ふと気付いた。色は不要だ(黒の濃さにすればいいのだ)と。

同様に、ボタンの外観は、最終的に、画像(アイコン)ではなく、文字にした。Linuxに入っているいろいろなアイコンを試したが、これというのがなかった。作ればいいのだが、それは面倒だったので、文字を探した。Unicodeの文字コード表でさんざん探して、押した時の動作、あるいは、現在の状態を予想できそうなものにした。

意図せず林檎系の意識高さを醸し出してしまっているのが悔しいが、我ながら、まずまずだと思っている。

ついでに、曲情報欄の高さが狭いことがある問題とその解決方法について書いておく。曲情報(題名、演奏者名、アルバム名、年)は、転載する時に全部を一度にコピーしたいので、一つの領域(textウィジェット)に書いている。そして、読みやすくするために、タイトルの文字の大きさを大きくしたり、行間を増やしたりしている。各テキストを書き込んだあと、曲情報欄の高さを丁度良くするために、実際に表示されている高さを求めて設定する。ところが、文字の修飾(特に行間)は高さの計算に含まれないようで、普通に高さを求めても低くなってしまう。それが狭くなった原因だった。それを解決しようと、ちょっと高目にしようとしても、textウィジェットの高さは行数でしか設定できないので、丁度良くはできない。1行多くするといい時もあるが、高くなり過ぎる場合もある。

そこで、苦肉の策を生み出した。textウィジェットのデフォルトのフォントサイズを1px(またはpt。どちらかは不明)にしたのだ。そうすると、1行の高さは1画素程度(とにかく小さい値)になるので、高さを細かく指定できるようになる。もちろん、そのままでは読めないが、書き込む都度、本来のサイズを指定すれば良いのだ。これも一種の力技だろう。表示に使っているTck/Tkの内部のことを考えると、極小フォントに対応させるために何か無駄な処理が起こっていそうだが、とりあえず、大きな問題は起こっていないので、良しとしている。

「正しい演奏者名」の表示は、Spotifyの数少ない問題点の一つへの対処だ。どういう訳か、Spotifyがクラシックの曲の作曲者をその演奏の演奏者にしてしまうのが、ずっと気に入らなかった。例えば、モーツァルトのピアノ協奏曲の演奏者を"Wolfgang Amadeus Mozart"にしていたりするのだ。涼しい顔して! これだけは全く許せない。

さっき思ったのだが、SpotifyのDBには「作曲者」の格納領域(フィールド)がないからこうなっているのかも知れない。今からでもいいから、直して欲しい!

それをどうにかしてみた。細かい話は飛ばすが、最後は力ずくでやった。まず、前回も書いた、"xesam:url"というプロパティから取得できる曲情報ページで、その曲の演奏者リストを取得してみた。当然、その最初も作曲者になっていることが多かったので、それを何とかするためにいろいろ考えたのだが、次のようにした。

演奏者が「(有名なクラシックの)作曲家」なら、無視する。

噴飯物ではあるが、まあ、他の方法(例: アルバムアーティストを使う)よりはましだと思う。そして、ある人が「(有名なクラシックの)作曲家」かどうかは、あるwebページに列挙されていた作曲家一覧からデータを作った。

道義的にどうかとは思うが、確か、データ自体には著作権はないので、法的な問題はないだろう。

正しい演奏者を調べる(推測する)手順は、以下である。

  1. その曲の曲情報ページから演奏者リストを取得する。
  2. 演奏者リストの最初の人から順に(有名なクラシックの)作曲家一覧内にあるかを調べ、あったら、その人は無視する。
  3. 最初に残った人が、その曲の「正しい演奏者」だとみなす。

この方法だと、作曲も演奏もする人(例: ラフマニノフやバーンシュタイン)が演奏した曲の結果がどうなるか恐ろしいものがある(「想定外」)のだが、それよりも、僕が普通に聴く曲(演奏)で演奏者が正しくなる確率の方が圧倒的に高いはずなので、この方式を使ってみることにした。やっぱり実装には苦労したが、以下のようにうまく動いている(赤枠内を比較すること)。

正しい演奏者名を表示するようにした。(左: 本ツールでの修正後("Richard Goode")、右: Spotifyアプリ("Ludwig van Beethoven"))

 

最後の、再生位置(時間)の表示は、一見、飾りのように思えるのだが、僕には意外に重要だ。「この曲の後に停止」を作ったのと関係があるが、例えば、曲を聴きながら何か(例: 出勤、家事)をする必要が起こった場合、残りの長さに応じて、最後まで聴くかすぐに止めるかを判断するのに必要なのである。

実装は面倒だった。しかも、大変醜くてものすごく気に入っていないのだが、曲がりなりにも動いているので、「今は良し」としている。が、いつか、問題が起こりそうなので、あとでちゃんとしたいと思っている。

何が良くないかというと、Spotifyのアプリは、Dbus(MPRIS)経由では、現在の再生位置(時間)を取得できない(いつも0が返って来る)ので、別の方法でそれを取る必要があって、その方法が汚いのである。

いろいろ調べて、Spotifyのアプリに含まれている、HTTP(web)での制御機能を使って、現在の状態(その中に、現在の再生位置(時間)も含まれている)を取得することができることが分かり、実際に取れた。が、制御ツールはシェルスクリプトなので、再生位置(時間)を更新するたびに、wgetという、webコンテンツを取得する外部コマンドを呼び出すのである。今は1秒に1回呼んでいる。それがとてもおぞましい。。。 (が、そもそも、シェルスクリプトなんて外部コマンドを呼びまくりなのだから、この程度で苦しくなったら即座に窒息してしまって生きて行けないだろうから、気にしなくていいのかも知れないw)。

その点では、本体をシェルスクリプトで書くのを止めて、PHPに移行したい気持ちもある。上の件以外にも、JSONなどの解析を全くテキトーにやっているし、大規模になったせいもあって、プログラム自体を書くのにも結構手間が掛かるので、僕としては心苦しいことだらけなのだ。PHPを使えば、HTTPでの通信は自分でできるし、外部コマンドの呼び出しはかなり減らせるし、文字列の解析・処理はお手のものだし、プログラムだってかなり書きやすくなるから、いいことずくめだ。が、今動いているものを作り直すには結構な勇気とパワーが要るので、なかなかできないだろうな・・・

てな訳で、最初や下の画像のように、プログレスバーで再生位置を表示することができた(数値(現在位置/全長)でも表示したいが、標準の機能ではできないし、今は疲れてしまったので、あとでやりたい)。めでたしめでたし。

再生位置はちゃんと合っているよ。

再生位置の数値も入れられた。ただし、文字の背景を透過にするのは面倒なのでやっていない。そこがちょっと不満ではあるが、まあいいことにする。

再生位置(時間)の数値も入った。

余談: 「ゴールデン・ハーフでーす」って題は今でも古く感じない(今の若い人も言いそう)のだが、彼女たちが先進的だったのか、まあ世の中なんてそんなものなのだろうか?w そもそも、当時、こんなふざけた題のレコードなんて出して、風当たりがすごくなかったのか、ちょっと心配になるw

いろいろ調べたら、丁度いいプログラム(リンク先の"Based on frame and label"の"a progress meter")が見つかり、ちょっと改造して使ってみたら、すごくいい感じになった。

再生位置(時間)の文字の背景を透過にできた!

それにしても、そのプログラムも「力技」でやっているのだが、ほんのちょっとしたものなのにすごく良く働くので、感心している。 (6/17 19:55)

 

(6/17 8:06 加筆・修正, 10:37 再生位置の数値を入れられた件を追記, 19:55 再生位置の文字の背景を透過にできた件を追記)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL