復興に水を差したくはないが、そして、確かに大地震で全く問題なかったところは多いんだろうが、でも、次にどこがどうなるか(本当にもう安全なのか)、分かる人は居るのだろうか? 地震(火山の噴火なども同様。以下、そういう自然災害(= 天災)を意図している)は予知できないので、大きいのが起こったら、また起こるかも知れないと思うのは当たり前ではないか。そもそも、気象庁だって、まだ余震に気を付けろと言っている(あるいは、「もう安全です」とは言っていない)はずだ。それなのに、「(もう大丈夫だから、)どんどん来てくれ(行こう)」ってのは、ちょっと無責任ではないかと思う。

ただ、地震は予知できないという観点では、日本のどこでも同じようにリスクがあるから、地震が起こったところとは全く別のところに行っても、あるいは、どこにも行かなくても災害に遭う可能性はあるだろう。ただ、上に書いたように、(経験則あるいは本能で、)直前に大きな地震があったところでは、続けて大きいのが起こる可能性は他の場所に比べて高そうだと考えられるから、やはり、直近に地震が起こっていないところに行くほうが、確率的なリスクは低そうではないか。そして、飛行機などで行くような遠い場所は、災害が起こったら帰れなくなってしまうのだから、遊びで行くのをためらう・ためらわせるのは自然だと思う。

具体的な話になるが、先日の大地震では信じられないくらい大規模な停電があった。それは、その地域の電源システムがとても脆弱だという証拠である。僕としては、それが解消されない限り、安心して遊びに行けるとは思えないが、どうだろうか? もう大規模停電は起こらないようになったのか、今度大きな災害や大規模停電があったとしても、前回のように旅行者を暗い夜に露頭に迷わせることはないと保証してくれるのだろうか?

こういうのを「風評」と言うのであれば確かにそうで、それで減収のような「被害」はあるだろうが、僕はこのように考えている。逆に、確たる証拠もなしに「安全」とうたうのも、一種の風評ではないか?

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL