あれからずっと、文字通り「1秒」に苦しめられて来て、今日の夕方に漸く目途が立った。

結局、日時処理を自作することにした。基本的にはうまく動いたのだが、うるう秒に苦しめられた。そして、最後の難関は、タイムゾーンの処理(UTCとローカル時刻の変換)だった。どうしても、計算結果が1秒合わない場合が発生して、難儀した。結局、UTCとの時差を秒単位でなく、分単位で加算することにして、解決した(秒でも分でも同じ処理だと思いきや、実は違う)。前からそうした方が簡単になる気がしていたのだが、美しくないので(加算の処理が複数できてしまうから)、秒単位で頑張っていたのだ。

まあ、美しくても動かなければ仕方ないし、秒単位の時差はあり得ないので、当面はこれで我慢しよう。明日の朝、動作確認結果のログにエラーが出て居なければ、まあ、問題無さそうだ。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL