Archive for the ‘車’ Category

すごく久し振りに、本格的※ドライブに行った。調べたら、去年11月の浦山ダム以来だった(ただ、僕の中ではもっと長く、夏頃から行ってなかった気がしていた)。

※実は、ちょっとしたドライブは先々週にしていた。久し振りにnaokiさんと会うために、足利のデニーズに行ったのだ。

去年の後半から調子がすぐれず、全然ドライブに行く気がせず、週末はほとんど家に篭っていた。その時は余り自覚していなかったが、(スマフォを買い換えたり、Spotifyなどのようなおもちゃのせいもあったが、)それだけでも、どこかおかしかったのだと思う。それが、苦痛の園から脱出してしばらく経ったら、ドライブに行く機運が高まって来た。ただ、近頃は余りにも暑くて、それで調子が良くなくて、なかなか出られないでいた。が、昨夜辺りから、今日行けそうな気がしていた。そして、今朝起きたら大丈夫そうだったので、出ることにした。

7:30頃出発した。車に乗った時に、久し振りなので室内の空気を入れ替えようと窓を開けたら、蚊が入って来たようで、少し乗ってから刺されて痒かった。叩き潰すチャンスを逃してしまい、飛蚊症のせいで本物の蚊と偽物が区別できなくて難儀したがw、福島に入った頃に丁度窓際に来たので、ガラスを少し開けて追放した。

9時頃、湯西川の道の駅に寄った。道が空いているうえに車が調子良くて、運転が快適過ぎて、眠くなってしまうくらいだった。ただ、標高が高いせいで(GPSでは646mだった)耳が詰まった(今までは大丈夫だったのに、どうしたのだろう?)。気温は26℃と低いのだが、蒸し暑かった。

季節のせいか(実際には、今は辛い時期なのだが)、バイクが多かった。近頃は図体のでかい大型バイクやスクーターばかりだ。てことは、50-60代のおっさんが多いのだろう。歳のせいで運動能力が低下しているから、気を付けて乗って欲しい。と、他人事のように書くw

お腹が空いたので、10:20頃、会津田島の7-11で散々迷った挙句に、プリングルスのハラペーニョ・オニオンを食べた。プリングルスやチップスターのようなのは、じゃがいもを一度粉にしているので、(僕に言わせれば)ポテトチップとしては邪道なのだが、なぜかたまに(ジャンクフードとして)食べたくなる。そういう意味では、チップスターでなくてプリングルスになったのは真っ当だ。選んだのは蓋ができることもあったが、その場で全部食べ切った。休みかつ暑いせいか、ゆったりしたワンピースなど、リゾート的な服装の女性が多かった。

11時頃、目的地に着いた。途中の道は「こんなに気持ち良くていいのか?」と思うほど快適だった。が、車を降りると、外は、うだる「ような」でなく、うだる暑さだった。気温は30℃で、そんなに高くはないのだが、日射しが強いせいだろうか。事前に予報を調べていたところでは、今日辺りは少し(数℃)涼しいはずだったのだが、実際には全然そんなことはなかった。公園ではおじさんたちが草刈りをしていた。一人、いかにも漢(この文字の由来は知りません)な車の人が居た。

三彩館という休憩所兼食堂の室内は冷房が掛かってなくて、暑かった。窓が開いていたので、「慣れれば風が気持ちいいな」と思った。が、やっぱり、暑くて頭がぼーっとした。。。

室内を見回すと、おもしろいものがあった。先日問題を起こした某メンバーの属していた元5人組アイドルグループのポスターが貼ってあるのだが、見事に一人減っているのだ。そのメンバーの名前すら定かではないが、減ったのは分かったw こんな辺境(済みません)でも、不祥事を起こしたらそのままでは駄目なようで、素早く更新したようだ。ところで、これは新しく作ったのだろうか。そういう感じだったのだが、今良く見ると、何となく文字の左右のレイアウトが非対称で、左側が切れているように見えるのは気のせいだろうか? もしかして、左端にもう一人が居たのだろうか? いや、彼らの身体の寄せ方からして、これは4人で撮ったのだろう。まあ、それはどうでもいい、全く余計なことだw

ここは、去年の今頃に見つけて行こうと思っていたのだが、実は、この時期には何もない。だから空いていて(客は僕しか居なかった(→ 題につながる: 参考1, 参考2))良かったから、まあ仕方ない。春だったら、きっと綺麗なのだろうが、今日は暑さのせいで、ただでさえ数少ない花は元気がなかった。が、少しだけ綺麗なものはあった。蓮の花(ほとんど咲いてなかった)は、日射しが強過ぎたせいか、その場ではそれほどではなかったが、今見るとすごくいい。

12時頃、そろそろ帰ろうと思って車内で座っていたら、草刈りの人が、三々五々、帰って行った。家で昼食なのだろう。

13時頃、西郷村の7-11に着いた。道は行きと同様に快適だったが、甲子トンネル辺りから、暑い、眠い、空腹、トイレの四重苦に襲われて辛かったw 昼食は、肉うどんと迷ったが、バジルとトマトの冷製パスタがおいしかった。店内で食べられればいいのにと、いつも思う。

14:30頃、無事帰宅した。行きは一般道だったが、帰りは高速を使った。途中、自分が遅いのに、自分より少しだけ遅い普通車を抜こうと、わざわざ追い越し車線に出て来て延々と居座って後ろに車を滞らせる大型車が数台居た(全部同じ会社のタンクローリーのような車)。何を考えているのか分からなかった。会社ぐるみでそういう教育なのだろうか。まあ、馬鹿には勝てないので、無視するしかない。宇都宮の近くで混み出した。

意外なことに、普通に運転していただけなのに、結構疲れた。体力の低下はあるだろうが、暑さのせいもあるのだろう。気温は34.5℃だった。このところ、暑さのせいで、注意力が落ちているようで、昨日、ガソリンのカバー(外側)が閉まってなかったのに気付いた(近頃は乗らないので、一週間以上もそのままだった!)。そんなことがあったので、運転には注意した。

今日も車の調子は絶好調で、エンジンはモーターのように静かに滑らかに回っていたし、カーブではシュッとコンパスで描いたように曲がれた(と、書きたかっただけですw)。新車の頃より良くなった感じなのは、気のせいだろうか?

250km、7時間。
IXY Digital 3000ISとAQUOS sense liteで撮影。

(8/6 2:36 一部の重複した記述を削除、わずかに修正・加筆)

 

PS. 今回は、naokiさんにご紹介頂いた、WriteNoteというAndroidアプリでメモしていした。これは、入力した文章を指定したEvernoteのノートに日時付きで追記してくれるもので、僕の使い方にはもってこいだ。ただ、サーバとの問題があるらしく、既存のノートには追記できず、かならず新規になってしまうのが惜しい。でも、あとでマージすればいいし、今回は、新しくできたノートをドライブ記にしたから、問題ない。

  •   0
  •   0

恒例の、車の点検をしてもらった。早くも6年くらい経ち、走行距離は52000kmくらいになったが、信じられないくらい問題がなかった。それ以前に、ディーラーに行くまでの運転(実に10日以上ぶり)が死ぬほど気持ちよかった(いや、死ぬ手前の状態が果たして気持ちいいか分からないがw)。

交換したのは、オイル、オイルフィルタとワイパーのゴム(3本)だけだった(他に、自分で鍵の電池を交換する程度)。それからタイヤのローテーションをしてもらった。料金は1.7万円程度でリーズナブルだった。前にも書いたが、昔は、(今はおフランスと化した、ドラスティックに決まりを破るところが尊敬の的である)Nや(お金持ち御用達の)Yといったディーラーにさまざまな物をふんだんに交換されて、今の数倍の額が掛かっていたが、結局、この程度で充分なのだろう。それは、今の車の質が向上したからなのかも知れない。一方で、今のディーラーが「超ザル」という可能性もあるが、今までの実績や今の状態からは考えにくい。

実は、点検で一番ありがたいのは、洗車してもらえることだ。自分では全然する気にならないので、洗車したい時はオイル交換や点検が待ち遠しいw ただ、無料では限界があり、少し前からボディーに少し汚れ(小さいけど頑固なもの)があって、水で拭いても落ちなかったので、ちゃんと掃除しなくちゃと思っていて、今回落ちるかと少し期待していたが、駄目だった。これは気が重い。

といいつつ、2つだけ意外だったことがある。まず、タイヤのローテーションは、「どうせ点検でタイヤ(ホイール)を外すのだから、無料でやってくれるよね」と思っていたのだが、実際には明細に工賃が書かれていた。それを見た瞬間、目の前が真っ暗になった(というのは盛り過ぎだw)。

まあ、僕も技術者なので、プロが何か作業をしたらお金が掛かるのは分かっているが、勝手な思い込みが外れてがっかりしたのは確かだ。病院で、病気じゃない時の治療(これは治療というより「作業」という気がする)とか検査に保険が効かないのと似ているか? いずれにしても、今までだって請求されていたのだから、当たり前のことで、何も問題はない。

次に、いい方に意外だったのは、ブレーキパッドがまだ半分くらい残っていて、交換不要だったことだった。普通は5万kmも走ったら交換だろうから、(今まで全然交換していないので)今回は覚悟していたのだが、大丈夫だった。随分長持ちだ。自慢になるが、おそらく、僕の運転がスムーズだからなのだと思う。MTなので、車間を詰めたり、小刻みなスピード調整は疲れるから、車間を空けて、なるべくアクセルを変化させず、ブレーキも余り踏まず、信号の手前などは可能な限り惰性で走っている。結果的にブレーキを踏む回数(量)が減って、パッドも減っていないのだと思う。

ところで、ブレーキパッドの減りは、減速させるエネルギーに比例するのだろうから、スピードの2乗に比例するのだろう。だから、少しでもゆっくり走るのは、ブレーキを踏まないのと共に効果的なのだろう。

いわゆるひとつの「堕落した運転」である。「無駄だ! 何のためのスポーツ車だ!」というそしりもあろうが、今の僕はこれでも意味があると思っている。目的は、「楽しく走ること」なので、スピードを出しても出さなくても関係ない。気分が良ければいいのだ。そして、今の車は、車体がかっちりしているせいか、安定感(うまく書けないが、「どっしり」ではない。軽量だから、「かっちり」が一番近い)がすごいせいか、ゆっくり走っても楽しいのだ(もちろん、周りが見えない馬鹿みたいに、流れを滞らせてまで遅くは走らない)。ごくたまに、アクセルをガッと踏むこともあるが、それももちろん楽しい(正直書くと、結構すごくて焦る)。

「何のためのスポーツ車だ!」と言われたら、逆に返したい。「お前は車のために運転しているのか?」と。別にいいじゃん、車の性能をフルに発揮させなくたって。それに、何も考えずにいつでもどこでもスピードを出すのが格好いいとは言えない。僕も若い頃はフルに発揮させなくちゃならないと思っていたが、そもそも公道じゃ無理だし、全くおもしろくない。そして、そう思っているうちは、車に乗られている・操られている・負けているのだと思う。外見じゃなくて中身が本物の車に乗って、それに余裕で乗っている方がいいじゃないか。

と、書いたら、僕が「新人」の頃、先輩と話してムカついたのを思い出した。その時は、電車の中でコンピュータの話をしていた。僕が「(コンピュータの)性能をフルに発揮する必要があるんです! (それが難しいんです!!)」などと熱弁したら、彼は「別に、適当に(余裕を持って)使って、そこそこ速ければいいんじゃない? (速いコンピュータなんて、お金を出せばいくらだって買えるんだから)」のようなことを言った。大変ムカついて顔が真っ赤になったかも知れないがw、今となっては彼は正しかったと思う。妙に偉そうなので好きではなかったが、まあ、大人ではあったw

いつものように余談が長くなってしまったw という訳で、僕の車はまだまだ調子がいい。これ以上何を望めばいいかという程だ(僕がここまで気に入る物って、他に何かあるだろうか??)。しばらくは収入がないから新車は買わないけど、そのほうが余計なことを考えなくて済むし、手間もなくて好都合だ。調子が良くて、買い換える必要が当分なさそうなのはありがたい。

PS. 当たり前のことだが、鍵の電池は、使わなくてもなくなる。2個のうち1個は、納車されてから全然使ってなかったので、中学生のような根拠のない自信で、「きっと使える」と思って試したら、全然使えなかった(もう片方の電池は3年目に交換した)w

  •   0
  •   0

先日、暇つぶしにスイフトのアクセサリーカタログ(オンライン版)を見ていたら、思わぬ収穫があった。「普通のスイフトはいいよな。スイフトスポーツには載らないからなあ」と思いつつ、スペアタイヤの項を見ていたら、あったのだ。「スイフトスポーツ」の記述が。意外なことに、新型(ZC33S)には載るのだ!

去年の夏の新型発表時に送ってもらった、紙のアクセサリーカタログには載っていなかった記憶があるのだが(→ 確かにない)、その時の情報が古く、その後準備できたのだろう。

そういえば、新型のマフラーのサイレンサー(膨らんだ部分)は前の(ZC32S)より小さくなったから、ZC32Sで半ば潰してしまっていたスペアタイア用の空間が空いたのだろう(個人的には、コンパクトにしたのだったら、ついでに排気口を1個にして欲しかった)。

僕は今でも、車に乗っている時に、たまに、パンクしたらあの「修理キット」で難儀する(タイヤの交換ではないから、オートサービスはやってくれないはず)ことが確実で、不安になったり緊張したりするので、スペアタイヤが載るのは本当に朗報だ。

もちろん、それだけのために乗り換えることはないが、カタログを見ていた時は、「次は、(スペアタイヤが載る)普通のスイフトでいいかなぁ・・・」と思っていただけに、スイフトスポーツが次の有力候補に返り咲いたのは、言うまでもない。

 

PS. タイヤの他にもいいことがあった。スイフトスポーツの内装(インパネの前面など)がやけに赤いのが派手過ぎて嫌だったのだが、それを黒とか白に交換するパーツがあるのだ。これも以前のカタログにはなかった気がする。全部交換すると結構お金が掛かるが、赤よりはいいし、目立つところだけ交換するのでもいいだろう。それに、マイナーチェンジの時や特別版などで、「黒バージョン」(メーターも落ち着いた色調にする)も出そうではないか。スズキはなかなかやる気があっていい感じだ。

  •   0
  •   0

スマフォなどの、メーカーのプリインストールアプリは、大抵、「(今ひとつ)使えないもの」(しかも、機種によっては山ほど入っている)というイメージだ。

今使っているAQUOSのカメラアプリは、画素数の調整範囲が狭い(4:3の場合、最低で8M画素までにしか減らせない: 僕は2Mで充分なのに!)など、その典型のような印象だったので、いろいろ試してみて、HedgeCam 2というのに落ち着こうとしていた。が、先日、思わぬことが起こった。

雨の朝だったか、暗い時に車のメーターを撮影しようとした(距離が51000kmとキリが良かったので)。が、メーターの距離などの表示部が明るくて、飛んでしまって文字が写らない。指で露光調整する場所を指定しても駄目だった。仕方ないので、暗目に露光補正をして撮影した。

Swift Sportの走行距離が51000kmに。

レアなケースだとは思うのだが、なんかがっかりして、他のアプリを探した。いくつか試したのだが、どれも似たようなもので、総合的にはHedgeCamの前に使っていたFootej Cameraが一番良かった(だから、結構長く使っていた)。なお、Footejだけは、ME(マニュアル露光)モードにしたら、なぜか調整なしでうまく写った。ただ、条件によっていちいち設定を変えるのは面倒だし、失敗の確率が増える。スマフォはメモに使うので、何も考えずに撮影したいではないか。なお、車のスモールライトを点ければどのアプリでもうまく写ったのだが、それにしても、アプリの性能が低いのは気に入らない。

それで、ふと、プリインの純正カメラアプリはどうかと思った。どうせ同じだろうと、全然期待してなかったのだが、他に試すものがなかったので、本当にダメ元で試した。すると、信じられないことに、普通に距離表示部分を焦点(とAE)の位置に指定したら、見事に写った。

全く意外なことだが、メーカー製だから、そのスマフォのカメラの特性や機能に合わせてあるのかも知れない。確かに、(IP電話でない)電話のような、スマフォのハードに密着したアプリには非純正のものはないから、カメラもそういうところがあるのだろう。

だから、プリインアプリでちょっと使った感じがイマイチだからといって、必ずしもゴミアプリとは限らないことがあるので、考えを改める必要があるようだ。

 

PS. なぜ写りが悪いのか、画像のEXIF情報を調べてみたところ、撮影時のISO感度が関係しているようだ。FootejでMEモードの場合を除き、どれもシャッター速度と絞りは大体同じ(1/10s, F2.2程度)なのだが、ISO感度が違う。良く写っているものは400程度だが、駄目なものは1500くらいになっている。だから飛んでしまうのだろう。

測光がうまくいっていないのだろうか? ただ、シャッター速度と絞りはちゃんとしているので、どうも解せない。画面が全体的に暗い(= 輝度の平均値が小さい)場合は撮影感度を上げるようにするが、シャッター速度と絞りへ/からの影響を考慮していないのかも知れない。デフォルトの測光モードが、部分的な飛びは許容して、全体が見えることを優先するのならそれで正しいが、露光調整する位置を自分で指定しても、点測光モードにしても駄目というのは頂けない。

想像だが、この辺りはカメラデバイスのモード設定次第なのだが、非純正のアプリではうまくできないのかも知れない。あるいは、フリーのアプリのバグや未完成な部分なのかも知れない。

  •   0
  •   0

(続・良く見掛ける人たちの続き) 主に通勤の時に。

  • ヤンキーっぽいお姉さん: (前に書いたかも) コンビニで数人で談笑しながら煙草を吸っている(もちろん立ってw)。小柄・小顔で可愛い雰囲気(髪はプリンじゃなくて、ちゃんとしたボブw)もあるが、ズボンは「ドンキに行きます」的な運動着(スウェットではなくナイロン素材。オーバーパンツ?)で、前席側面の窓にカーテンの付いた大き目のワンボックス(アルファードかヴォクシーかエスティマ?)に乗っている。煙草さえ吸わなければ、随分いいのに・・・
  • 小型ワンボックス(フリード): おじさん。僕とほとんど同じ道を走る。結構飛ばすし運転が荒いが、いつも最後に僕に追いつかれる。学習しないのだろうか?w ちなみに、この車はアマチュア無線の周波数帯の一つがナンバーなので判別できる。
  • バリバリのインテグラ?: 甲州街道を思い出させるナンバー。若者なのに意外にも運転はまとも(大人しい)なので、偉い。ただし、排気音がうるさいから、近くは走りたくないw
    • 全くの余談: ホンダのスポーツ車は、シンプル(20年くらい前のEKという奴?)な頃のインテグラやシビックが良かった(そこらのtype Rを通勤の時に良く見る)。今のシビックは余りにもゴテゴテしていて、見ると、「何かの罰ゲーム?」って感じで、本当に笑ってしまう。
  • 県外ナンバーのビートル: 前にも書いた。結構近所に住んでいる感じ。
  • 赤のスーパーカー(前にも書いた。偽物?): あれを見ると、スーパーカーなんてかっこ良くなくて、全然うらやましくなくなる。造形がガンダム的で(好きな方、ごめんなさい)流麗じゃないからだろうか?
    • → 調べたら、今は「いかにも」な形のスーパーカーは余りないようで、もしかしたら、地元メーカー イケヤフォーミュラのIF-02RDS(実は今知った)なのかも知れない。ただ、見たのはそれがナンバーを取る前(少なくとも、前の稿を書いた2015年)からなので、違うと思う。いずれにしても、良く見るのは、そういうアクの強い形の車だ。
  • ナンバーが"660"のS660(数台): もちろん、数字に意味や制限はないから何を付けてもいいのだが、僕にはわざわざその番号を付ける意味が理解できない。だって、見ればS660だと分かるのに、ナンバーもそれでは重複していて無駄ではないか。660という数が好きなのなら分かるが・・・ あっ、それは、シャネルとかの、マークがでかでかと出ているバッグを持つ人と同じような気持ちなのかw
  • ナンバー(希望ナンバーでない)が"8940"の車: 滅多に見ないが、3回くらい見た。おそらく同じ車両ではないか。今はもう薬師丸ひろ子のファンではないが、ちょっと(いや、結構w)うらやましい。が、どうせ持ち主は何の意識もしていないに違いない。そこがまた悔しいw
  • アホスバル(レガシーB4?): 何がアホかというと、たまに居るのだが、本物のナンバーの下に海外(ヨーロッパ)のナンバーを重ねて付けていたのだ(→ 参考)。そんなにナンバーが好きなのだろうか。そもそもスバルは日本車だが・・・ しかも、僕らに、本物のナンバーは見えないことにして欲しいのか? まったく注文が多い奴だw それだけでも笑えるのだが、更に笑えるのは、近頃ヨーロッパのナンバーを外したことだ。ようやく馬鹿さに気付いたのか。脇に細長い跡(汚れか固定用両面テープ)が残っていたのも無様だった。後ろのナンバーは自分では外せないので、誰かに馬鹿にされたとかで余程外したかったのだろう(→ こうしていたのかも: 元ページ)。STiだったと思うが、やっぱり運転は荒くて危ない。近頃見ないがどうしたか・・・
  • 元カルト宗教団体の元被告に似た自転車の女性: 無罪になった時の顔を見るまでは、「そっくりだ」(ただし、近頃の手配写真には似ていない)と思って、その名前で呼んでいたのだが、近影は随分変わっていたので当惑した。
  • 自転車の中年女性: 結構長距離を走っている(僕とほとんど同じ経路を走っている)。今では珍しく、ちゃんとしたバックミラー付き。朝夕どちらも見る。
  • 黄色い自転車のお婆さん: 趣味が合う?w 単に安かっただけ?
  • 郵便の大型トラック(同じ車両ではない): 公的な車なのに、意外に運転が荒い。以前、派手な事故を起こしていた。公的な車といえば、この辺りの中規模会社の路線バスの運転はひどい。例えば、片側2車線で左車線が渋滞している時、右車線から左折(左車線に入るのでなく、左車線の切れ目を通り抜けて左の道に折れる)するのを見たことがある。あと、黄・赤信号で停まらないのは当たり前だ。タクシーもそうだが、プロとして見本を見せるつもりは毛頭ないようだ。
  • 助手席に大きな犬(ハイジのみたいな感じ)を乗せた若い女性: 滅多に見ないが、朝も夕も見た。時々、にこやかに犬に話し掛けながら運転している。どういう人(仕事)なのだろうか。ペットショップ勤務? もしかして、保育所のように犬を預けてから出勤?? もしかしたら、猫と通勤している人も居るのかも知れないが、見えないだけだろうか? さすがに、膝に乗せているのは見たことがないw
  • OLっぽい人(数人)。この辺りでは珍しいが、皆無ではない。付近のお役所的な職場や大企業の工場に勤めているようだ。なんとも場違いな雰囲気なので、目を引きつけられる。夕方、徒歩で帰宅する人(同じ人)も見る。
  • 自動車ディーラーの女性(数人): (スーパーで) 事務の人だろうか。制服に高級ブランドのロゴが入っている。タイトな(色っぽい)制服やコツコツとした靴音に惹かれてしまう。でも、そこで買うことはないだろうw
  • 銀行の女性(数人): 朝、たまに掃除している。窓口の人だろうが、田舎のせいか、マイナス金利なんて関係なさそうな、のどかな雰囲気。上記のOLやディーラーの人たちとは正反対。思わず信用してしまいそうだが、罠だろうw
  • 平安(弥生?)時代的な丸顔の女の子: 以前は毎朝のように見ていたのに、卒業したのか、近頃は見ない。高校の同級生に似ていた。

こうして振り返ると、時間が経つと見なくなる人も居て、田舎も変わらないようで実際には変わっていることを実感するし、残念に思うこともある(そうは言っても、特に知り合いになる手段がある訳ではないので、どうにもならないが)。まあ、毎日の退屈な通勤で(もちろん、自分の車の運転は楽しいけど)、「ああ、あのおっちゃん、また無駄に飛ばしているよ。馬鹿だなあ・・・」→「はい、追いついた」とか「いつものヤンキーお姉さん。。。」とか「あ、犬の人だ! 久し振りだなあ」とか思って楽しめるのはいい。

 

PS. 読み返してみると、僕は車が好きと思っていたけど、実際には、ほとんど車の名前を知らないことが分かった。要は、自分が好きなの以外は"don't care"なのだw

  •   0
  •   2

昔、「カーナビのTVを映らなくする方法」を書いたが、近頃「いいね!」して下さった方が居たので、関心のある方は居るようだ。それで、先日、更に完璧を目指した話を書く。

フロントガラスに貼ってあるTVのフィルムアンテナ(4枚)を剥がして捨てた。それだけで充分だったのだが、アンテナとケーブルを接続していたコネクタ(カプラ?)がぶらぶらして目障りだったので、コネクタのちょっと手前でケーブルを切断して、ケーブルはトリムの中に押し込んで、すっきりさせた。

これで完全にTVは映らなくなった。「TVを受信できる設備」がない状態(さすがに、アンテナを付けていないものを受信設備だと強弁することはないだろう)だから、いつNHKが確認に来ても(実際には、「確認しろ」と言ってもなぜかしないが)、胸を張って見せらせる。「(B-CASカードをどこかに隠していて、)観る時に挿すんでしょ」と疑われる心配もない。

フィルムアンテナを剥がしたあとに糊が残ったが、昔使って仕舞っておいたシール剥がし剤(「ディゾルビット」、オレンジ油系)を使ったら、綺麗に落ちた。塗って2分くらい置くといいようだ。その後、爪で擦って糊を取り除いた。スクレーパーを使うと良さそうだった。

なお、窓ガラスには赤外線カットフィルムが貼ってあるので、シール剥がし剤の影響で曇ったりしないか心配だったが、今のところ大丈夫だ。

それから、将来、車を手放す時に、再度アンテナを配線し直さないとカーナビのTVが映らないのが問題になる可能性があるが、車もナビももう新しくないので、それで査定価格が下がることはないと考えた。あのナビはもう地図が更新できないので、ちゃんと使いたい人は新しい製品に交換するだろうし、そうでない人は「あればいい」だろうから、大丈夫だろう。

 

PS. NHKのやり方が悪どいので、僕は、(法ではそうでないが、無料で観られる)民放を観る気も起こらないし(元々観る気はないけど)、カーナビだってTVなしのがあればそれにしたいし、全部TV付きだったら、いっそのことスマフォのナビでもいいかとも思うし、TVが観られるスマフォの類も買わないし、(今は滅多に売ってないが)TV付きPCディスプレイだって買わない。仮に、動画ストリーミングサービスを観るにしたって(観ないけど)、ディスプレイにTVは買わない。

つまり、彼らのせいで、彼ら以外の企業が迷惑(収入減、機会損失)を被っているのだ。TVを観なくてもいい人はまだ少ないだろうが、これからどんどん増えるのではないだろうか。すると、そういう、見えない被害の額はどんどん増えるだろう。そういうところから、NHKや国に(スクランブルにするように)圧力が掛けられないものだろうか。

  •   0
  •   3

去年の秋頃に頼んだ、カーナビの地図更新。更新できるはずなので、最新版の地図(毎年秋に出ると聞いていた)が出たら連絡してくれるとのことだった。が、ずっと連絡がなく、12月頃に催促したのだが、更新が遅れているとのことで、メーカーから連絡が来たら知らせるから待つように言われた。

そうこうしているうちに、年末に、地図の更新料金(3万円程度)と同じくらいの値段のスマフォを買った。確かにカーナビの地図は古い(2015年に更新したのが最後)が、だからといって、すごく困ったことがある訳ではないので、「まあ、更新しなくてもいいか」という考えもちらほらして来た。それに、全然連絡がないから、きっと向こうは忘れている(実は、これで2回目)から、このまま放置しておこうと思い掛けていた。

と思いきや、先週の金曜だったか、ようやくディーラーから電話があった。どうしてかIP電話に掛けて来たのだが、いつもアプリを起動していないために出られなかったので留守電になっていて、内容は録音してくれなかったのだが、ピンと来た。ようやく地図が発売されたのだろうと。止めようかとは思っていたのだが、「折角だから更新するか」と、次の日にディーラーに電話をしてみた。

すると、担当のおじさんは予想外なことを言った。古いせいか、僕の機種の更新はできない(地図の作成が終った)とのことだった。今となっては、最初にできると言っていたし、できないのが分かるのにこんなに時間が掛かるのはおかしいと思うのだが、その時は全然怒る気にならず、笑って「そうでしたかー。まあ、仕方ないですね」とか言って済ませた。やっぱり、「更新しなくてもいいか」の気持ちが強く、「願ったり叶ったり」だったのだろう。それに、怒っても最新の地図が出てくる訳でもないしね。

とはいえ、話自体は理不尽で、いつもの僕ならムッとして文句の一つも言いそうなところなのだが、そうならなかったのは、やっぱりおじさんの人徳とか不思議なパワー(一種の現実歪曲フィールド?w)のおかげなのかも知れない。長年、自動車ディーラーをやっていれば、いろいろなことがあるだろうから、その経験で人をギリギリ怒らせない技術を身に付けたのではないだろうか。実際、そのディーラーには時々「ん?」とか「え?」とか思うことはあるが、基本的には誠実で、任せておけば(概ね)安心で、ものすごくひどいことをされたことなどなく、大抵は終始いい気分でいられるので、おじさん(その店のトップ)の人徳なのだろう。

その逆に、会社には、いつも僕をブチ切れさせる上司が居るのだが、彼におじさんの爪の垢でも煎じて飲ませたいくらいだ。いや、そんなことをして、(僕を怒らせない術を身に付けられて)今よりもっといい加減になられても困るから、止めておこうw

 

PS. おじさんのおかげで、スマフォの通話のテストもできた。ボイスレコーダーアプリではマイクの感度がすごく悪かったので、故障しているのかと思っていたのだが、電話では全く問題なかった。普通の電話とIP電話、どちらも大丈夫だった。

想像するに、マイクは電話専用で口を近付けて話すから、感度が低いものを使っているのではないか。ただ、スピーカーフォンの場合は困らないのかという疑問はある。その場合、ファームウェアやドライバのバグが考えられる。が、まあ、スピーカーフォンもボイスレコーダーも滅多に使わないから問題ないw

  •   0
  •   0

(べつに吉幾三のファンとかじゃないのだが(特定の歌は好きだけど)、この投稿を練っていた時に思い付いたのが、この題である)

ちょっと大げさだけど、もう一週間くらい前に感じる月曜の大雪。まあ、何年か前と似たようなものだが、やっぱり、車の運転には肝を冷やした。

僕は雪には黒歴史がある。既に書いたかも知れないが、大学生の時には、車を運転していて、カーブで何の気なしにローギヤに入れて気付いたら、180°くらいスピンしてたり、十年くらい前の暮れには札幌で滑って転んで足首を折り、クリスマスと年末年始を病院で過ごすという、すばらしいエクスペリエンス(それにしても意識高い言葉だw)を与えられたw

だから、降雪時や路面凍結時には、車の運転(徒歩も同じ)には人一倍気を遣う(本当に怖い)。事故を起こさないのはもちろん、坂を登れなくなったりして、無闇にホイールスピンするだけといった醜態をさらしたくない(それに、寒い思いもしたくない!)のだ(ここは、(自分の思い込みが物理法則に勝ると思い込んでいた)若造の頃から成長したと実感する)。

前置きはここまでにして本題を書くと、去年装着したオールシーズンタイヤ(グッドイヤー Vector 4Seasons Hybrid(以下、Vector))について書こうと思う。大雪になった月曜の帰路、初めての雪だから書きたいと思いつつ、仕事と雪道の運転で疲れてできなかったのだが、naokiさんに促されて重い腰(指)を上げた。

結論を書くと、他人にVectorを強く推めることはできない。が、僕は、他にもっといい製品が出ない限り、今後も愛用するだろう。

勧めない理由は、「安心感」がないからだ。率直に言って、運転は結構怖かった。が、それは必ずしも、Vectorが駄目だとか雪に弱いとか、ノーマルと同じだということを意味する訳ではない。

事実は、月曜の夜は、ヒヤヒヤしながら帰宅した。でも、それは、その前のスタッドレス(ブリジストン ブリザック)の時と大差ない気がする。数値を測定して比較できないので、ブリザックとVectorでどちらが安心(安全)かは示せないが、「ブリザックの方が(1.5倍ですら)安心できた」ということはない。とは言え、ブリザックとVectorが同レベルだとも言えない(事実、テストコースではスタッドレスの方が成績が良いのは確かだ)。例えば、Vectorは雪国の方も使っているようだが、僕はあれでスキー場に行けるとは思えない(もちろん、僕はスキーはしないから、スタッドレスでも行きたくないが)。

という訳で、気分の問題が大きいような感じだし、事故でも起こらないと、いや、起こらないことでしか証明できない・起こっても証明できない(というのは、同時に同じ人が同じ道を別のタイヤで運転することはできないので: これってシュレーディンガーの猫みたいな話?)から、他人には勧める気は起きないのだ。

以下、月曜の運転で気付いたことを書く(naokiさんへのメールからの転載+α)。

発進時は、ちょっとパワーを掛けると(1速は全然駄目。2速発進が必須)タイヤが空転するし、空転しなくても車体が左右に振れて、ESP(横滑り防止装置)が効くこともあった。停まる時も、下り坂(全然急でない)で停まる時にABSが掛かって変な音がしたことがあった。それぞれ安全装置が働いているからいいのかも知れないが、やっぱり不安だった。あと、登り坂(これも、余り急でない)では、いつタイヤが空転して登れなくなるかと不安だった。タイヤがどこまで大丈夫か示してくれないからだが、結局自分の経験不足なのだろうと、今は思う。

そういう意味では、氷上や雪上での運転講習を受けるのは有効だと思った。丁度、インプレスウォッチにそういう記事があった。それを読んで、ちょっとおもしろいことに気付いた。スタッドレスに対する筆者の本音(実感)が透けて見えたのだ。(提灯記事だろうから、)「スタッドレスタイヤはすごい!」、「『止まらない』『怖い』と思うことはまったくなかった。」と言いつつも、更に読み進めると、「少しでもアクセル操作やハンドリング、コースの読みを間違えるとグリップが失われ、簡単にクルンと180度回転してしまう。」、「グリップ力を発揮。まったく滑らない……ということではないのだが」(太字は僕)とあった。最後の太字に尽きる。

条件はあるにしろ、全然滑らないということではないのなら、安心(= 大抵のことでは怖いと思うことがない)とは言えないのではないか? 少なくとも、僕は安心ではない。「だからVectorもスタッドレスも同じだ」と言うつもりはないが、結局は、いつどこで何があるか分からないのだから、慎重に運転するしかない訳で、僕としては、「(栃木では大雪はまれなのに、そのために年に2回もタイヤ交換するなんて無駄だから)Vectorでいいや」ってことになる。一方、VIPのような人は、「ほんの数%でも(=「万が一」に備えて)安全性や可用性が向上するのであれば、スタッドレスにする価値は充分ある」と思うのだろう。

最後に、ああいう状況で毎日運転されて(それ以外に、雪下ろしとか雪かきとかもされて)、大きな事故も起こさずにいる雪国の方は本当にすごいと思う。これは皮肉とかでなくて、僕の本音だ。

  •   0
  •   0

日曜日に久し振りにドライブに出た。例によって行き先は迷った。最初(8月頃)は、福島の下郷町のなかやま花の郷公園や大内ダム辺りやいつもの上三依水生植物園に涼みにとか、茨城の十王ダムに走りに行こうと考えていた。が、うだうだしているうちに入院もしたら冬になってしまい、福島はもう雪のようだったし、植物園も終わりっぽいので、春以降に延ばした。十王ダムは大丈夫だっただろうが、どうもインパクトに欠ける気がしたので、地図で全く別の場所を探した。

群馬の南部を見ていたら、三名湖が目に入った。埼玉に南下すると、間瀬湖や神流湖や浦山ダムや彩の国ふれあい牧場が良さそうだった。埼玉だったら、ずっと行けずにいる、茶ラーメンのまぁちゃん拉麺にも行けそうな気がした。

検討したら、まず、三名湖はちょっとしょぼそうなのと駐車場がなさそうだったので、ふれあい牧場は近くの道が細そうだったので、それぞれ却下した。他のダムはどこ(で)も良い気がしたのだが、Googleの口コミで評判のいい、浦山ダムにした。片道160kmくらいで結構遠そうだった。まぁちゃん拉麺は、そこから50km以上あったので、寄るのは無理そうだった。

8:20頃出発した。いい天気だった。途中で掛かった「青い夜の今ここで」(小泉今日子)と「青い珊瑚礁」がすごく良かった。

余談: アルバム"Today's girl" (1985)では、「青い夜の−」の次は"The stardust memory"で、その並びが大好きだ。だから、車内でも、「青い夜の−」が終わったら、脳内で"The stardust-"のイントロが掛かり、実際に掛かるのを期待してしまった。でも、シャフル再生だったので、そうは行かなかった。

1時間くらいで波志江PAに着いた。運悪く、観光バスのジジイ(バッジを着けた集団)でトイレが満員だった。それだけなら仕方ないが、彼らは田舎者で一列に並ばず、我が物顔で大声でしゃべりながらうろうろして、無法地帯を作り上げてしまっていた。ものすごく嫌な気分になったので、外の仮設トイレに行った。少なかったが、空いていて良かった。

お腹が空いていたが、売店もバスの集団で混んでいて雰囲気が悪かった(やっぱり、レジの列が乱れていた)ので、パスした。バスの客の中にもまともな人は居たのだが、99%は常識のない田舎者だった。戦後70年経っても、まだまだ田舎にはマナーが浸透しないようだ。外に小さいポニーテール(「雀頭」)の可愛い人が居ると思ったら、バスのガイドさんだった。コートを着ていたので分からなかった。

天気がいいせいで車内は暑く、少し眠くなった。

10:30頃、寄居のファミマに着いた。隣の軽トラは極薄タイヤだった(普通のの1/3くらいだったので、扁平率30くらい??)。趣味だからいいけど、意味あるのか? 田んぼや畑では逆効果な気がする。

11:30頃、秩父市山田の7-11に着いた。空腹だった。この先は混んでいる感じで、あと10kmくらいだったが、疲れて弱気になり、引き返そうか迷った。が、とりあえず、ご飯にした。7-11は中に食べるところがないので、車内で食べた。ローソンのように席を作れば便利なのに、なぜ、そうしないのだろうか。少し高い牛めしは、たれが濃いばかりで全然おいしくなかった。

それにしても暑かった。特に厚い靴下が。そして眠かった。

田舎らしく、店から家が見えるのに(距離は100-200mくらいだったか)車(Z)で来る人が居た。そんなの却って面倒だと思うが、(母もやっているし、)田舎の習慣なのだろう。

12:45頃、ダムに到着した。7-11からは意外に早かった。食べて休んだのが良かった。

天気が良く、空が綺麗だった。ダムの上を歩いていたら、頭の中でクイーンの"We are the champions"が流た。が、妙にリアルというか音が悪いと思ったら、そのうちにナレーションになって、ラジオ(NACK5)であることが分かった。スキー場みたいで、雰囲気が台無しだ。家に帰って、碌に観もしないのに、とりあえずテレビを点ける感覚だろうか。

帰ろうとして駐車場で支度をしていたら、良くあるパターンの夫婦を見た。旦那と奥さんの違いが大きい。旦那は老けていて「いかにもおじさん」だったが、奥さんはまだ若い感じだった。実際には同じくらいの歳なのだろう。これも田舎に多い気がする。

帰る前に、ダムの奥まで少し走ってみた。というのは、ダムに上る道のカーブや勾配が気持ち良かったからだ。ただ、その先はまあまあだった。引き返す時に脇の細道(旧道?)に入ったら、細いうえに砂利道で車が汚れるのが嫌だったし、岩すらありそうだったので、怖気づいてバックで戻った。

ダムから少し走ったところ(小鹿野町)に行列のすごい食堂(カツ丼屋)があった。ダムに行く時から行列ができていて、帰って来ても行列は続いて居た。みんな物好きだと思った。

余談: リンク先を見ると、「カツ丼」とは言っても、ご飯にカツが載っているだけで卵とじではないようだ。読むと、たれをくぐらせてあるらしい。(ソースカツ丼もたまにはいいけど、)僕にしてみればそんなのは邪道で、カツ丼の風上にも置けないものだw 良く、並んでまで食べると思う。

14:45頃、長瀞のファミマに着いた。途中が渋滞していたので裏道を通ったら、細いところはあったものの、結構気持ち良かった。

帰りは東北道の羽生まで一般道で行こうと思っていたのだが、長瀞から花園ICまでが混んでいて結構疲れ、その辺りの7-11で調べたら、あと100kmくらいあってくじけたので、往路と同じ関越道・北関東道で帰ることにして、花園ICまで戻った(地図左下側の、右上に2mmくらい突き出た部分)。関越道の下りは空いていた。

7-11の駐車場に、ボロボロ(ボディは凹み、汚れていた)の180SXを載せたキャリアカーが来た。どこかから引き取って来たのだろう。二人が、ボンネットを開けて中を見ていた。

18時頃、家に着いた。かなり疲れていたようで、翌朝、マップランプを消し忘れていたことに気付いた(運良く、バッテリーは無事だった)。

高速も一般道も無駄に飛ばす人が多かった(例: やたらに左右に移って追い越す。その際にウインカーを点けないことも多い。前が赤信号で詰まっているのに加速する)。薄暗くてもライトを点けない人も多かった。日本はモラルがないとか当たり前のことをしない人が多い。みんなやっているからなのか、無精なのか、鈍感なのか、そういう民族なのか。。。

北関東道で馬鹿なプリウスが居た。若干遅い車についてのんびり走っていたら、僕を追い越してすぐ前に割り込んだ。それからそいつも前に合わせて遅く走っていたので、全く無意味だ。昔のアメ車みたいなセンスのないテールランプがすごく目障りだったし、車間距離が狭くなってとてもムカついたので、少ししてから追い越した。

疲れのせいか、僕も危ないことをしてしまった。関越道から北関東道に入る時、ちゃんと左後ろを見て右車線から左車線に入ったつもりだったのに、入ってからミラーを見たら、真後ろに車が居て驚いた。僕のミスか、急加速して来たのか? 今までにもそういうことが何度かあったので、僕のミスだった気がする。どうも左は見えにくい。ただ、暗いんだから、ライトを点けてくれていれば、分かったとは思う。

昼間は暖かいせいか、行きも帰りも、まだバイクが多かった。いつものように、車はとても調子良かった。

ダムで写真を撮っているうちにカメラの電池が切れてしまったので、iPhoneに換えた。どうも、今の電池は持ちが悪い。しかし、帰って来たらフルの表示だった。それでも、それなりに充電はされたから、訳が分からない。。。 Amazonで買った訳ではないのだが、やっぱり偽物のような気がする。

iPhoneは、寒くて指が乾いているとタッチID(指紋認証)が効かない。その日だけでなく、近頃いつでもそうで、パスコードを押さなくてはならないので結構面倒だ。一度、認証に使う指が駄目だった後で、速くパスコード画面を出そうと別の指で押したら、なぜか認証が通ったことがあった。これも訳が分からない。

 

約10時間、約360km
IXY Digital 3000ISとiPhone 6sにて撮影

  •   0
  •   0

今日、naokiさんと遊んだ。彼の休みが決まるタイミングの都合で、打診されたのが昨日で、会うのは今日だったという、我ながらものすごいノリの良さだw

こちらの仕事が終わるのに合わせて夕方に来て下さって、お互いの車に乗り合うという、まさに学生な遊びをした。

今日はいろいろ得るものがあった。まず、彼の車、コペン(初代)がすごく楽しかった。コンパクトなボディは扱いやすいし、ターボの音と加速感は独特で、癖になりそうだ(先日試乗した新型スイフトスポーツはダウンサイジングターボなので、ここまで気持ち良くはないのだろう)。あれだったら、軽だって充分許せると思った。僕の車と同様、それほどスピードを出さなくても充分に楽しいのも、良かった。

次に、僕の車の最高さが確認できたのがうれしかったw naokiさんはしきりに褒めて下さったし、助手席に乗っているだけで楽しい車なんて、なかなかないと思う。

それから、夕食の煮干しラーメンがおいしかった。手近なところで見つけて初めて行ったのだが、なかなか良かった。満腹になった。

  •   0
  •   2