Archive for the ‘車’ Category

お客さんの所で打ち合わせ。お客さんはいろいろ要望を言って来たので、また宿題が増えた。「肉を切らせて作戦」も完勝ではなかった。それは仕方ないのだが、移動に疲れた。暑い中を2時間以上も、小さい車(良くあるファミリーカー)に、定員いっぱい押し込められて行ったのだ。ああいう車の「定員5人」は、詐欺に近いな。帰宅する時に乗った自分の車が、天国のようだった。

(8/7 7:06 若干加筆)

  •   1
  •   0

ドライブに行った先で木の下に車を停めておいたら、帰る時にびっくりした。車に焦げ茶色の点々が沢山付いていたのだ。どうやら、桜の樹液が垂れたらしい。車に乗ったら、雨のようにポタポタという音が聞こえた。そんなに垂れるものなのか。

それからもう、昼ご飯そっちのけで塗装のことが心配でならなかった(それでも、蕎麦はちゃんと食べたが)。部屋に着いて、涼しくなってから洗車しようと思っていても、居ても立ってもいられず、さっき、バケツと雑巾で落して来た。運良く、塗装は大丈夫なようで、軽いものは水で拭くだけで、頑固なものは湿らせてちょっと待ってから拭いたら、落ちた。

昔、実家でも、松の木で似たような目に遭った(毛虫の糞が落ちて来た)ので、今日も何となく嫌な気分がしたのだが、その予感は当っていた。今後はもっと注意しよう。

さて、ちょっとしたら洗車場に行って、全体を洗って来よう。

  •   0
  •   0

21578km、特に問題なし。ブレーキパッドは長持ちしているな。リアカメラが下向き気味だったので見てもらったが、細かい調整はできないとのことなので、諦めた。特に不自由していないので。

オイルと一緒にフィルタを交換してもらおうとしたのだが、フィルタは次回で良いとのこと。このディーラーは1万kmでの交換を推奨しているようだ。オイルは、(安くなるのと工賃が無料になるので)20L分を前払いしていたのだが、もう、残りが5.5Lになっていた。次回は追加かな。

オイル交換後のエンジンの調子は変わらずだった。僕がやや低調なせいか、元々エンジンの調子がいいということか。

点検の間に代車を貸してもらい、ホームセンターと昼食に。代車(ワゴンR?)は、新車なのにエアコンとブレーキの効きが悪かった。軽だからか。それでも、停止状態からの加速は普通のスイフトよりも良かった。アイドリングストップはエアコンも停まるので、暑い日は嫌だ。室温が上がると自動的にエンジンが掛かるが、何となく危ない気がした。

昼食に食べた、デニーズの天然真鯵茶漬が結構おいしかった。「茶漬」ではあるが、だし汁を掛けない方がおいしい。

点検は約1時間で終わった。約6500円。帰り際に、専務さんからキーホルダーに付くLEDライトをもらった。こういう細かい気配りが、お客を繋ぎ留めることもあるのではないか。来年は車検だ。

 

帰り、空は曇っていたが、ちょっと走りたくなったので、鹿沼市(粟野)と日光市(足尾)の境の粕尾峠まで軽く流した。民家が多かったのと、途中から道が細くなって慎重に走ったので、格別のおもしろさは無かったが、走ること自体は楽しめた。

道は川沿いの谷を走り、周りは山だった。窓を開けて走ると気持ちが良さそうだが、天気が悪かったので開けずに走った。ところどころに咲いていた、道端のあじさいが綺麗だった。峠の手前で大雨になったので、引き返して来た。粕尾峠は道が狭いので、元々越えるつもりは無かったのだが、走っているうちに、峠を越えて足尾まで抜けるのもおもしろそうな気がして来たのだ。

途中で掛かった、森高千里の「青春」が、時代を感じさせて良かった(このPVはセルフカバーなので、森高の歳を感じさせるw それにしても安っぽいビデオだ)。例えば、「欲しかったパソコンを買う」とか、「スキーに行く」とか、「プリプリ」(バンド)とか。この曲の出た1990年は、Windows 95の前だが、みんなパソコン買って何したんだっけ?? パソ通か。まだwebは無かったなぁ。そして、世の中はバブルのまっただ中だったな。

鹿沼は曇りと大雨が入り混じっていたが、宇都宮は良く晴れている。そろそろ梅雨明けか。

 

Screenshot_2014-07-20-14-35-06_サイズ変更

ディーラー→粕尾峠→自宅: 約77km、約3時間。

  •   0
  •   0

前にちょっと書いたように、肌の赤外線に対する感度がlog(対数)だからではないだろうか。写真フィルムの露光量と濃度の関係は、logだ。そして、もし、フィルムと肌が似たような原理で光に反応するなら、肌の赤外線に対する感度がlogと考えるのは妥当ということになる。

その場合、赤外線の透過率を半分にしても、肌への影響は大して減らない。曲線がlog10ならば、1/10にしてようやく半分になる。

だから、貼付後に測定した値、減衰率約30~40%では、全然効果がないのだ。減衰率は少なくとも、90%(=透過率が1/10 → ジリジリ感半分)、完璧を目指すなら、99%(=透過率が1/100 → ジリジリ感1/4)は必要なのだろう。

 

という訳で、8万円は無駄だったという結論になる。。。

  •   0
  •   0

今回は、道中の記録をEvernoteにメモしていたので、その中から主な物を載せます。脈絡は無いです。

初日(6/13)

  • 首都高で都心を北から西に抜ける時、蓮田SA(埼玉)から港北PA(神奈川)までの約80kmの間、PAなどがなく、トイレに困る。前回も今回も困った。
  • 途中の首都高でスズキのキザシが運ばれているのを見た。珍しかった。
  • SWIFT Sportの走行距離が、海老名辺りで2万kmを超えた。
  • 暑くてだるくてスピードが出せなかった。
  • 足柄SAで、わさびカレーというのが珍しかったので、昼食にした。カレーはまあまあ(大したこと無い)だが、わさびは辛く、(わさびが)半分位残った。
  • 由比PA: 風が強かった。富士山は見えなかった。潮のにおいが臭かった。
  • 高速道路の運転は単調で退屈だが、本線に合流する時にフル(ではなく、2/3程度か)パワーで加速することだけはおもしろい。加速度では捕まらないからね。

二日目(6/14)

  • 前日の昼と寝る前にコーヒーやお茶を飲み過ぎたせいか、夜は良く眠れなかった。なぜか、EL0の音楽がずっと頭の中で鳴っていた。
  • 運転中に、Back to the futureのテーマ曲が掛かると、気分が大変高揚する。
  • うなぎ屋に行く前に寄った葦毛(いもう)湿原(豊橋市)は、大したことなかった。まず、狭い(湿原までの道の方が長かった)。そして、時期が悪かったのか、あやめが少し咲いていた程度だった。
  • かねはち(うなぎ屋): 豊橋から、えらくゆっくり(60km/hくらい)の車について行った。店が空いていたので、去年と同じテーブルに座った。食べ終わったら、満席になっていた。
  • 前回と同じく、帰りに第二東名を通った。こっちの方が好きだ。
  • 途中で富士山の下半分が見えた。上半分は雲に隠れていた。
  • 慣れているせいか、東北道は走りやすかった。
  • 湖西市は辺鄙で夕食に苦労したので、次回は浜松に泊まろう。
  • そして、次回は特上のうな重に挑戦する。そのためには、朝食を食べ過ぎないことが重要だ。
  •   0
  •   2

一言で言うと、「ビミョウ」。。。

今朝は日が射していたので効果を確かめたのだが、ジリジリ感は少なくなったとは言え、無くなってはいなかった。やっぱり、日除けには敵わないな。

そして、フロントガラスの真正面に気泡なのか水泡なのか、ブツブツが何個かあって若干見にくい。これは、時間が経てば無くなるようなことが書いてあったので、もう少し様子を見てみる。

まあ、8万円の価値は無かったというのが、正直なところだ。

  •   0
  •   0

フィルム施工、TVアンテナ貼り換えと洗車で約78,000円。アンテナ(1.8万円)が高く付いた。運悪く、今日・明日・明後日と天気が悪いので、効果の確認は後日になりそうだ。フィルムの接着剤のにおいが獣系で臭い(数日で消えるとのこと)。事前に聞いてなかったのだが、車検や点検のシールを弱粘着シールで貼る必要があるそうで、ショップでもらえるらしいが、点検などの度に行くのが面倒だ。もう縁を切ろうとしていたのに。。。

気になる透過率は以下のとおりで、車検(下限=70%)には問題ないはず(だが、何となく、後々問題が起こりそうな気がしないでもない)。

  • フロントガラス: 79%
  • フロントドアガラス: 72%

フロントガラスは見ても分からないが、ドアガラスは、少し暗くなったように感じた。

PS. 今回使わなかった、TVアンテナのケーブルが2組、手元に残った(フィルムアンテナとケーブルがセットだったため)。こんな物、売れないしなあ。。。

PS2. やっぱり、SWIFTとSWIFT Sportは全然違う。Sportの方が、断然加速がいい。車体がとても軽く感じる。

PS3. フィルムの効果を光学的に調べてみた : (赤外線を出す)リモコンの光をデジカメで撮影して、弱まっているかを調べた。

フィルムなし

IMG_20140525_140804-1a

フィルムあり

IMG_20140525_140724-1a

意外に弱くならないので結構がっかりしたが、それなりに(半分程度?)弱まっていることは分かった。(14:26)

数値で比較してみようと、レタッチソフトで光の中心付近の画素のRGB値を求め、明度(RGBの最大値)と輝度(YUV色空間のY)を調べてみた。

フィルムなし:

R: 255, G: 244, B: 255 → 明度= 255、輝度= 249

フィルムあり:

R: 164, G: 120, B: 195 → 明度= 195、輝度= 142

明度と輝度の減衰率:

  • 明度の比= 0.77 → 明度の減衰率= 23%
  • 輝度の比= 0.57 → 輝度の減衰率= 43%

うーむ。適切なのは明度なのか輝度なのか。この場合、視覚ではなく、肌の感じやすさ(=光の強度)で考えるべきだから、明度の方が近そうだ。

とすると、減衰率は23%となって、少ないな。ただ、フィルムなしの画像は、RやBが飽和している可能性もあるので、実際にはもう少し減衰しているのかも知れない。(15:14)

フィルム(IR-90HD)の情報を見ると、赤外線カット率は90%だが日射透過率は70%なので、減衰率は23%で大体合っているようだ。(15:28)

明度よりも、RGBの平均値の方が適切な気がしたので、計算してみる。

  • フィルムなし: 平均値= 251
  • フィルムあり: 平均値= 160

平均値の比= 0.64 → 減衰率= 36%

カタログ上の日射の減衰率30%に結構近い。まあ、いずれにしても、3割前後、ジリジリ感が減ることが期待できそうだ。3割で8万円はちと高い気がするが、まあ仕方ない。(15:39)

PS4. 「もしや」と思って、普通の少し暗いガラス(オーディオラックの扉)を通してリモコンの光を見てみたが、フィルタのようには暗くなっていなかった。一応、「赤外線カット」はされていたんだと、安心した。(16:31)

  •   0
  •   0

車を、ウインドウフィルムの貼付作業に預けて来た。意外にも、ショップの駐車場は預ける車で溢れ返っていた。結構繁盛しているようだ。

代車は、偶然にも僕のと同じ年式で最新型で普通のSWIFT。元々ちょっと興味があったので、丁度良かった。乗ってみると、AT(CVT)の特性が良くないのか、加速が大変良くない。アクセルを結構踏んでも、スピードが出ない。シフトチェンジ操作が無いから楽ではあるが、あれで「キビキビ走る」という評判があるのは何なのだろうと思った。

でも、街中で結構SWIFTで飛ばしている人も居るから、そういう人は、アクセルをかなりラフに扱っているのではないだろうか。

(16:57, 5/25 12時 年式が違っていたので訂正)

  •   0
  •   0

朝、会社の新しいPCに、死蔵していたコンパクトキーボードを繋げたところ、チャタリング(同じ文字が複数回入力される現象)が頻発したので、諦めた。長時間使わなかったせいか、元々バグがあったのか。それでなくても、打鍵音がうるさくて職場では憚られるので、諦めざるを得なかった。

帰り、家の近くでナビがハング。電源を切った後は、電源が入らなくなってしまった。もし、明日もダメなら、日曜に、フィルムを貼ってもらった車を引き取った後にディーラー直行だ。何ともタイミングが悪いな。。。

まあ、それでも、新PCのセットアップはうまく行って、Macよりずっと使いやすくなったし、仕事もそれなりに捗ったから、引き分けだな。

ナビは回復していた。不思議だ。どこかに行く途中で再発したら嫌だなあ。(7/24 8時)

  •   1
  •   0

車のウインドウフィルムの施工に関連して、理不尽なことが起こった。フィルムを貼る時に、TVのフィルムアンテナを剥がす必要があり、それは再度貼ることができないそうなので、昨夜、メールで代わりのアンテナを注文した。だが、そのアンテナが一式で1.8万円と高い。TVは全く見ないし、すっかり忘れていたのだが、NHKと契約しない条件に反するので、今日の昼にキャンセルした。

ところが、である。ショップは、キャンセルできないと言うのだ。ショップが言うことには、それはショップの規則ではなく、部品屋がそう言っているのだと。知らなかったよ! 生鮮食品や受注生産品やソフトのような物以外で、キャンセルできない物があるなんて。しかも、注文して数時間なのに。ショップは、車の純正部品はほとんどそうだと言う。

ショップは余り責められないとは思うのだが、こんな理不尽なことは耐えられない。明日、消費生活センターに電話することに決めた。

消費生活センターに電話したのだが、結論としては、法的には問題ないので、先方と交渉するしかないとのこと。注文してから短時間でも、キャンセルできないことがあるとのこと。また、訪問販売でないので、クーリングオフは適用されない。まあ、そういうことなら仕方ないので、諦めよう。そして、今後あのショップAは使わないことにする。でも、電話して、ちょっとすっきりはした。担当の方は地元のおじさん的な人で、最初は「大丈夫かな?」と思ったが、説明すれば分かってくれたし、明るい応対に元気付けられた。(5/17 10:43)

 

行くぞ いつまでも
泣いていちゃミジメね
ひとりになるたびに 素敵になるよ
白いガードレール飛び越え
道の人混みにウィンク 踊りだそう

(森高千里: "GET SMILE" 作詞: 伊秩弘将)
森高、すごく元気だなー。

PS. 今日は、暑いながらも結構調子良くプログラミングを進めていた。ところが、この件があってから、すっかりやる気を失ってしまい、「続きは月曜」ということにしてしまった。(23:07)

  •   0
  •   2