Archive for the ‘車’ Category

挨拶程度で話したことはないのだが、お隣のご主人は、ドラえもんののび太のような、いかにも人が良さそうで押しが弱そうで、冒険などしなさそうな方だ。奥さん(こちらも挨拶程度)は微妙にキツそうな感じなので、きっと、尻に敷かれているのだろうと想像していた。

でも、先日、そんな安直な想像を覆すことが勃発した。彼はずっと、古い白のワンボックスに乗っていたのだが、突然、コンパクトカーに換えたのである。それだけなら何でもないのだが、色が問題なのだ。

僕の想像の彼だったら、白やグレーなど、当たり障りのない色を選ぶはずなのだが、全くそうでなく、遊び心満載の色なのだ。最初は代車かなと思っていたが、そうではなく、本当に乗り換えたようだ。

おかげで、僕が密かに持っていた、「こういう色の車にはマトモな人は乗らない/どこに行っても、まず居ない」という「自虐的優越感」のようなものが崩れてしまい、うちの駐車場がカラフルで楽しい状態になった。なんと言うか、一種の巣窟だ。

今までは、僕の車だけがアクセントになって、一種の安定感をもたらしていたのだが、鮮やかな車が増えたために、なんとなく不安定な感じになった気がする。

それから、彼の好みが僕に近いのにも驚いた。もしかしたら、他にも興味や趣味が近いのかも知れない。でも、さすがに、同じ車でなくて良かった。もしそうだったら、楽しいを通り越して、おかしい状態になってしまうw

それにしても、彼はどうやって奥さんや子ども(絶対に、「えー?! そんなのおかしいから嫌ー!」とか言われそうだ)を説き伏せたのか、いつか偶然飲み屋などで会ったら、興味や趣味の話共々、是非聞いてみたい(まあ、そんな機会はまずないだろうがw)。

  •   0
  •   3

1. 「マーチ改」っていうと怒られるだろうなw

先日、出勤の時に、バカに随分思い切った改造(幅を広げて3ナンバーにした?他)をしたマーチ(良く見るモデル)が前に居たのだが、近くで見たら、ルノーのクリオ スポールとかいう、初めて見る車だった。もしかして、ベースは同じ?(な訳ないか: でも、近頃のはベースを共用しているようなので、もしかしたらそうかも知れない) 見るからにすごかったのだが、運転はとてもまともだった。音もそれ程うるさくなかったので、感心した。

今調べたら、後席の部分を潰してV6エンジンを載せている、かなりスパルタンな車のようだ。写真に撮れば良かったな。

(12/3 5:15 追記) スパルタンといえば、ルノーの昔の車に、これと似たようにすごいの(サンク ターボ)があったのを思い出した。それから、映画"TAXi"でもすごいプジョーが出てきたし、フランス人は、こういうちょっと無理な改造が好きなのかも知れない。僕も、一見普通の車をすごくするのは好きだけど、さすがにこれはやり過ぎ感があるw

2. アポーめ!

昨日だったか、CrashPlanの初期バックアップがようやく終わった。以前、終わったと書いたのだが、正確には終わっていなかった。200個くらいのファイルがバックアップできずに滞留していた。それで、Code42(CrashPlanの会社)のサポートに問い合わせたら、駄目なファイルの調べ方を教えてくれた。駄目だったファイルは、Windowsの時にダウンロードしたらしいMacOS Xのアプリ(iosconsole)だった。削除しようとしたのだが、どうしても消せない(おそらく、HDDをWindows PCに繋いで、Windowsのコマンドプロンプトでやれば消せるのだろうが、そんな面倒は嫌だ)ので、バックアップ対象から除外したら、めでたく100%になった。

全くAppleのすることはおかしい。と言うのは正しくなくて、きっと、LinuxのNTFSドライバが対応していないのが悪いのだろう。でも、たかがアプリごときが普通に消せないような領域を作るなんて、やっぱりおかしいと思う。

それから、Code42のサポートは予想外に良かった。返事が来るのは少し遅かったが、メールの対応が丁寧で、回答がとても適切だったので、1回で解決した。あそこまで気持ちいいサポートは久しぶりだった。BackblazeやMSやAppleとは偉い違いだ。

3. アポーめ! (2)

iPhone 6sにバッテリの問題があるようなので、判定サイトで調べたのだが、以下のようなメッセージが出て、問題ないのか、入れたシリアル番号が間違っているのか、今一つ分からない。大体、バッテリを交換したかどうかも確かでない(「いずれか」と書いてあるのは、そういうことだろう)ってのは、おかしくないか?? さすがは腐った林檎の集団だ。

20161202-iphone-6s-batt_v1

もしかして、判定サイト自体が詐欺で(ニュースもハッキングされていて)、iPhoneのシリアル番号を集めているってことはないよね?

気になったので、US用でやったら分かった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-12-02_21-07-47_v1

僕のは無関係(=問題ない)のようだ。”affected range”を「対象範囲」と訳したのか。確かに誤訳ではないが、なんかズレてる気がする。もっと分かりやすく書けばいいのに。

4. 無駄な一日。

昨夜だったか今朝だったか、仕事で作ったプログラム(今ひとつ問題が多い)を画期的にシンプルにする名案が浮かんだので、今日さっそく実装したのだが、ほとんど作り終わって動作確認をしている時に、大きな落とし穴が見つかって、今日の作業がほとんど無駄になった。オリジナルを作った当時は、その落とし穴を回避するために「名案」を採用せずに、ちょっと回りくどいことをしていたのだ。

そういうことは、当時のメモに書いてあったのだろうが、書いたことを忘れたり、調べるのを厭って、自分のアイデアを素早く作り込んでいい気分に浸ろうとしたがために、この有様である。。。(でも、今気付いて良かった。リリースしてから発覚したら、お客さんに文句を言われるし、更新が手間なのだ。そして、昨日の版(ちゃんと動く)は残っているから、時間と手間以外のロスは全くないのも、幸いだ。)

5.D&Mめ!

たった4年で、早くもヘッドフォン(DENON AH-D5000)に寿命が来た。というのは大げさで、耳に当てるパッドが駄目になった。どういうきっかけだったか、今朝見たら表皮がボロボロになっているのに気付いた。近頃、ほとんど毎朝、こめかみに黒いゴミのような物がくっついていたのは、パッドのかけらだったのだ。メーカーのサイトを検索しても何も出て来ないし、Amazonでも純正の物が出ないということは、もう交換部品は売っていないのだろう。

img_3163_4142168298_v1

AH-D5000のイヤーパッドがボロボロに

まったく、こういうところにメーカー(D&M)の不真面目さが現れるというものだ。普通の家電だって製造終了後8年間程度は部品を保持するものなのに、4年で何もなしとは。安物だったら仕方ないけど、数万円もしたものなのだ。その点、(僕の嫌いな)ソニーのスタジオモニター用ヘッドフォン(確かwataruさんが買われたもの)だったら、長年売られているし、消耗品もちゃんと売っているのだろうなと思い、次回はそういうことも考慮しようと思った。

裁縫の腕があれば、パッドを布でくるむのだが、結構難しそうだ。それで、純正でないパッド(純正より薄いと書かれている。1300円程度)を注文しようか迷っている。まだ何も問題のない本体を買い換えるなんてのは無駄もいいところなので、何も迷いようはないのだけど。まあ、他に何か「名案」が浮かんでくるかも知れないしねw

6. 21世紀

先日、ポップ音楽に混じって、ビートルズの日本公演(1966)の番組(中学の頃にTVから録音した)の締めのナレーションが掛かったのだが、それに苦笑した。大竹しのぶのポエム(これもお宝級なのだがw)の後で、「21世紀の小学校では、モーツァルトなどではなくビートルズの”Please please me”が流れているだろう」とか言っていた。さて、今はどうなんだろう? ビートルズどころでなく、宇多田とかが流れてそうだが。

7. 予告編?

Haruさんとのコメントのやりとりで思った・思い出した音楽のこととか、芸術に向かう態度が許せない(芸術を舐めている)人たちのこととか、会社の馬鹿な連中のこととか、アパートの駐車場が楽しいことになっていることとかを書きたいが、書くとまずそうなこと(後ろの2つ)もあるし、以前から溜めているネタもあるし、気が向いたら書こう。

(12/3 4:53, 5:15 修正・加筆・追記, 6:22 ソニーのヘッドフォンの話を追記, 6:28 ヘッドフォンの写真を追加, 9:46 わずかに追加・変更)

  •   0
  •   3

昨日・今日で、スタッドレスタイヤへに入れ替え、オイルとバッテリーを交換した。

いつも12月に入るとタイヤ屋が混むので、昨日にしたのだが、木曜日に予想外の雪が降ったため、開店直後に行ったにもかかわらず待ちとなり、店内は満席だった。ただ、家族連れが多かったので、実際にはそれ程待たなくて済み、全部で1時間くらいで終わった。でも、なんでタイヤ屋にわざわざ子どもとか奥さんを連れてくるのか、小一時間問い詰めたい。待っている間も電話がひっきりなしに鳴っていて、なかなか慌ただしそうだった。

順番が来たら、本当にすぐに終わった。20分も掛からなかったか。なかなかすごい。工賃は1500円だった。来年から値上げするそうで、理由に「材料費が上がった」とか書いてあったが、工賃に材料って関係あるのだろうか? まあ、別にいいけど。

前回同様、ノーマルタイヤが寿命で、少しヒビ割れもしていたので、交換を促された。春に替える予定だ。今は、純正(ポテンザ RE050A)ともう一つの候補(ポテンザ RE003)を考えていて、近くなったら値段を聞いて、安いほうにしようと思っている。本当は、ポテンザなんてすごいの(4本で10万円を超える)でなくて、もっと安いの(S.driveやECOPIA PZ-X)でいいと思っているのだが、口コミを読むと、滑るとか(PZ-X)心配になることが書いてあるので、躊躇した。(11/29 5:02 追記) また、S.driveはサイズがなくなってしまったので、選択肢はポテンザ2種だけしかない(いかにも変なのは除く)。

タイヤサイズを少し大きく(幅+1cm)すれば、選択肢が増えて手頃な値段でまともなのがあるのだが、今度はホイールが割れることがあったとか、やっぱり心配させることが書いてあるので、仕方なく、純正のサイズを考えている。

今は、情報が多いのはいいが、本当に確かなものを選択するのは難しい。妥当な値段ですべてのリスクをなくすことはできないから、ある程度のリスクは取ってもいいが、その期待値(確率×損害の大きさ)が分からない。ディーラーに聞いてみるのはいいと思うが、扱っている(安くなる)タイヤはグッドイヤーだけで適当な物がないので、今ひとつ聞きづらい。まあ、あと数か月あるので、少し考えよう。

オイル交換も昨日したかったのだが、眠かったので今日に延ばした。いつものディーラーは、タイヤ交換の人が多いせいか、いつもと違って結構混んでいた。専務さんが外で忙しそうにしていた。とはいえ、中は空いていたし、電話も余り掛かって来ず、のどかな雰囲気で、昨日のタイヤ屋とは偉い違いだった。

着くなり、ものすごくうるさい(暴走族並み)車が居ると思ったら、フェラーリだった。あれで保安基準を満たしているのかと思う。あんなにうるさかったら、いくら速くても全く魅力がない。ドライバーは(若者が着るような、ワッペンが縫い付けられた)カラフルな革ジャケットのジジイだった。どこかの社長らしいが(田舎なので、全部筒抜けなのだw)、店内をうろうろして落ち着きがなく、ズボンは灰色のスウェットだった。車は1500万円くらいしたようだが(田舎なので、以下同)、もっと他にお金を掛けた方がいいのでは?

大体、フェラーリをスズキに持って行くってのが信じられない。ピアノだったら、スタインウェイをヤマハに見てもらうようなものだ。普通は「まともに扱えるの?」って思うだろうに。あのディーラーと懇意なのかも知れないし、中古なのかも知れないが、何を期待しているのか。一方、そんなのもまとめて引き受ける、あの店の懐の深さには、感心する。

もう一個ディスる: フェラーリがうるさいと感じたのは、単に音量が大きかったからだけではないと、今思う。アイドリングのエンジン音に全く品位がなく、農業用機械のように、ガサツだった。V12だかなんだか知らないが、あれはないと思った。だから一瞬聞いただけで嫌な感じがしたのだ。回せば官能的になるのだとしても、普段はあれでいいと思っているのか? フェラーリのエンジニアの感性を疑う。単に整備不良なのかも知れないけれど。。。(17:29)

この件、ネットに上がっているであろうエンジン音を、周波数分析とかしたら、何か分かるかも知れないな。結構おもしろそうだ。レクサスの高いのは、音もチューニングしたとか言ってるので、比べてみたい。(17:39)

試乗車のバレーノが停まっていたのだが、後ろが意外にかっこ良かった。最初は「あれ、こんないいのあったっけ?」と思ったくらいだ。でも、万が一、今乗り換えるとしたら、イグニスの方がいい。ただ、デザインはものすごく酷く、あのままでは乗る気がしない。

(先日の朝、エンジンがなかなか掛からなかった)バッテリーは、やはり交換する必要があるとのことで、そうしてもらった。あと、オイルフィルタも交換時期と思っていたのだが、出掛ける前に再確認したら次回で良かった。それから、ナビの地図の更新もしようと思っていたのだが、(秋に連絡すると言っていた)ディーラーから連絡がなかったのと、実際には全然困っていないので、延期した。

作業は1時間くらいで終わった。オイル会員を更新したので、全部で約3万円になったが、予算とぴったりだった。うち、バッテリーは約1.3万円だった。ディーラーにしてはそれ程高くなかった。もちろん、自分で替えればもっと安いだろうし、高性能なのを選べるのは分かっていたが、寒くて面倒、各種設定・メモリーが消える、外したのをまた店に持って行く必要がある、ショートさせたら危ない、純正で十分満足しているなどという、さまざまな考慮の結果、ディーラーにした。

(18:54追記) ちょっと前から気になっていたのだが、誕生月のオイル半額クーポンが届かなかったので聞いてみたら、数年前に終わりにしたそうだ。さすがに苦しいらしい。

洗車待ちをしているうちに、タメ口のオヤジが来訪して車検の打ち合わせをしていた。きっと僕より若いのだろうが、何でああいう態度が取れるのか分からない。

洗車が終わったら丁度昼食の時間になったので、いつものデニーズに向かった。途中で「あの」キザシが前に居た。すごく珍しい(でも、今までに3-4回見た)。ドライバーはスズキマニアなのか? ちなみに、キザシは車体を見てもそれと分からず、名前を読まないと気づかない。

img_0510_2048522048_v1_1a

キザシ!

食事は鶏ときりたんぽの鍋にした。サラダセットとドリンクバーで2千円くらいで、意外に高く付いた。でも、デニーズはメニューが充実しているのでいい。

待っていると、店員に挨拶も返事もしないオバさん連中が来た。まあ、そういう人は多いのだろう。

食べたら暑くなった。鶏肉はまあまあだったが、きりたんぽがおいしかった。前にも居たショートボブ(イメージは昔の小泉今日子? というか、老けて見えるのだから、「今の小泉」の方が適切か。いずれにしても、なかなかいい感じのお姉さんなのは確かだ)の店員さんが居た。今日は前よりも老けた感じだった。疲れか? 一方で、小顔の若い子はアニメ的な能天気な声を出していて、平和な田舎を感じさせてくれた。

帰宅する道では、日曜のせいか、ちょこまかと左右に動く(しかも、ウインカーも出さない)雑魚(プリウスだのアクアだの)が多かった。妙なことに、霊柩車を2台も見た。今日はそういう日なのか?

(11/28 20:06 昔の小泉の画像へのリンクを、当初思い浮かべていた1986年のものに変更 ← 30年も前なのかっ!)

 

PS. (別の稿にすべきだが、面倒なので追記) タイヤについて。今はS.driveの在庫があれば、それにしようと思っている。理由は、オーディオと同じで、スペックばかり追っても無駄と考えることと、今付けているのはスタッドレスなのだが、それで何も問題を感じないことである。

一般道で乗るのだから、サーキットのように限界を極めるなんてことは不可能だし、リスクが高過ぎるし、それが楽しいとは思わないし、そもそも僕にそんな技術はないから、性能の高いタイヤなんて無駄なのだ。オーディオで、そんなにビットレートの高くないMP3が判別できないのと同じことだ。そして、いくら(ポテンザに比べて)安いタイヤだって、(グリップやハンドリングが)スタッドレスよりひどいことはまずありえないだろう。だから、何も問題は起こらないはずだ。

なので、S.driveにしようと思っている。ちなみに、「滑る」という口コミのPZ-Xは、さすがに遠慮する。(11/30 21:07)

  •   0
  •   1

今朝、Haru maro goroさんのブログの音楽の話を読んで元気が出たので、(Linux移行やGMBの改良が一段落したこともあって、)今日はドライブに行くと決めた。

余談: 実はずっと彼女のブログの更新を待ちわびていたのだが、RSSリーダーに更新の通知が出ていなかったので、きっと忙しいのだろうなと思って見に行かなかったのだが、昨夜か今朝に見てみたら、実は何件も投稿があったのだ。要は、Windows時代から使っていたものの、信頼性がないという札付きのQuiteRSSが駄目だったのだ。それで、QuiteRSSは即刻クビにして、新しいのを探している。

行き先は、もう1-2か月くらい前から候補にしていた、白河だ。白河の関所辺りにある、白河関の森公園を散歩し、街中の小山(友月山)を歩き、余裕があれば、とら食堂で白河ラーメンを食べ、更に余裕があれば、猫啼温泉を見物する(看板の写真を撮る程度)という案だ。

出発は7:30頃だったのだが、ガソリンを入れたので、実際のスタートは8時くらいになった。

9:40頃、公園に到着した。すごく楽だった。

道は、高根沢町までは、頻繁に左右の車線に移動する、スポーティーカーの馬鹿が2台いて目障りだった。片方はS660だったか。あと、途中に狸か猫かそれぞれか(どちらも狸柄だった)、轢かれた2匹が残されていて可哀想だった。

でも、高根沢を過ぎた辺りから快適になり、時間が経つのが速く、全然疲れなかった。ただ、やっぱり眠気は出た。那珂川町辺りの気温は7℃だったが、日射しが強くて車内は暑かった。

道端の木になっている(「沢山なっている」(「満載」とか「大漁」みたいな)状態を表す言葉が出て来ない・・・ → 「鈴なり」か。でも、僕は使わない言葉だ)柿が、とてものどかで良かった。何袋も収穫している人が結構いた。そんな柿の写真を撮りたかったのだが、結局、良いタイミングがなくて撮れなかった。

途中、猫が2匹、喧嘩したのかじゃれ合ったのか、道端に飛び出して来たので、少し慌てた。でも、道には出て来なかったので、轢かずに済んだ。賢い猫だ。

高根沢を過ぎた辺りでは"Stand by me"が、山道に入ってからは「渚のシンデレラ」が良かった。前者は、「(小規模だけど)いかにも旅行」という感じだったからだろう。とは言っても、それは僕の中でのイメージなので、分からないかも知れない。後者は、リゾートのお気楽な気分が気に入った。その頃は、道ががらがらで前後に誰もおらず、運転がとても楽で楽しくて、α波が出まくりだった気がする。

公園も暑かった。気温は11°C。早くも空腹になった。駐車場はガラガラで、風は少し強かった。さっそく散歩を始め、10:30頃、入口に戻って来た。すごくいい気分だった。木漏れ日や、時々漂って来る木の匂いが良かった。公園は良く整備されていた。

余り意識していなかったのだが、紅葉が良かった。山全体が紅いという訳ではなかったが、ぽつぽつと紅や黄色の木があって、それがとても綺麗だった。僕はその程度で十分な気がした。余りにも綺麗になり過ぎると、人が多く来てうるさくなってしまうし、飽きるだろうから。

公園の売店に「小峰シロ」なる萌えキャラグッズのコーナーがあった。それ以外にも公園にゆるキャラの像も立っていたし、いろいろ頑張っているとは思う。でも、僕はそういうのは本質的でないと思うので、評価しない。

あと、なぜか「なんだんべ」という栃木のお土産(お菓子)もあった。隣の県だからか。「なんだんべ」って言葉は、確かに馴染みの気がするが、若い人は使わないだろう。

お腹が空いたので、地元産のりんごジュースを飲んだ。甘くておいしかった。でも、結構甘いので、大瓶を買って連続して飲む程ではないと思った。代わりに、地産の豚(白河高原清流豚)を使ったレトルトのカレーがあったので、2種類(中辛とトマト)買って来た。あと、なぜか、公園の片隅に相撲道場があった。

お腹が空いたので、10:50頃、とら食堂に向かった。が、11:10に着いたというのに、既に満車だった。まあ、そんな予感はしていたのだが。。。狭くはない駐車場だったが、ちょっと見た感じでは一台も停めるスペースがなかったので、素直に通過した。すごい人気だ。あれでは、仮に停められたとしても、いつラーメンにありつけるか分かったものではなかっただろう。まあ、きっと、地元の人は行かない、「有名な店」なんだろうと思った。

仕方なく、コンビニでサンドイッチを食べて、猫啼温泉に行ってみることにした。ファミマのベーコンレタストマトサンドイッチはおいしそうだったのだが、古かったようで、パンが乾いていて駄目だった。あと、家族連れが多くて、レジで妙に長い間待った。まあ、それは仕方ない。

猫啼温泉は結構遠かった(白河から30kmくらいか)のだが、残念なことに、看板の写真一枚撮れなかった。温泉(川の向こうにあったようだ)に行く道が細くて曲がりにくく、一つの旅館だけでやっているようなので、見物客がうろうろできる雰囲気ではなかったのだ。

そんなこんなで12時過ぎに帰路に着いた。久しぶりにラーメンが食べたかったので、以前から目を付けていた大田原の味噌ラーメン屋に行くことにした。帰路も道が空いていて気持ち良かった。トムトムクラブの曲("Wordy rappinghood")で眠気が倍増した。そして暑かった。冷房が要った。

途中、黒羽刑務所の横を通過したのだが、所の公開が行われていた。中学の同級生のOくんが勤めていると同窓会で聞いたが、彼も居たのかな?

14:15頃、大田原のラーメン屋(味噌屋麺吉)に着いた。遅い時間なので、さすがに空いていた。とても空腹だった。北海道辛味噌野菜ラーメンに炙りチャーシュー1枚を頼んだ。約1000円。

が、空いているのに出てくるのが遅かった。10分は待ったか。あそこはダメかも知れない(今考えると、10分なら駄目という程は長くない。おそらく、ものすごくお腹が空いていたせいで、30分くらいに感じたのだと思う。ちなみに、「ダメかも知れない」は、リアルタイムでDropbox Paperに書いたのを載せた)。野菜が多くて良かったが、全体的にはまあまあだった。スープが濃くておいしかったが、おそらくというか当然、工場から送られて来たスープなのだろう。まあ、チェーン店なのを知っていて行ったのだから、文句は言えない。言えるのは、それならせめて速く出して欲しかったということだ。

14:50頃、店を出た。自宅まで約40kmなのだが、疲れや眠さで結構辛かった。行きとはえらい違いだ。でも、道は、時々軽く煽られるけど、全体的には長閑でいい感じだった。ただ、コンビニでトイレに行く度に(飲み切らない)飲み物や食べ物が増えるのが理不尽だった。トイレで鏡を見たら、なぜか髪の毛がぼさぼさで、嫌だった。

17時頃、無事帰宅した。キーボードを打つのが重く感じられるほど疲れた。

約9時間、217km。写真を70枚も撮った。

screenshot_2016-11-13-16-45-45_4278664893_v2

家(左下)→東→北→白河→東→(猫啼温泉)→南西→大田原→南西→家

不思議なのは、ちょっと白河に行っただけだったのに、何でこんなに時間が掛かったんだろうということだ。楽しかったからいいけど、どこかで居眠りでもしていたのかと思う程だ。確かにトイレは多かったし、うたた寝もしたが、何時間も費やす程ではないだろう。竜宮城に行っていたのか、あるいは、車のスピードが光速に近くなって、時間の進みがおかしくなったのだろうか?w (実際には、猫啼温泉が結構遠かったのと、光速高速を使わなかったのが効いたのではないか。)

車の走行距離は4万kmを超えたが、実に調子良く走っていた。帰りの山道では、まさに水を得た魚のようだった。行きはのどかに走ったのだが、帰りはなぜか「スイッチが入ってしまった」区間があった。

でも、実は、全く問題がない訳でもなく、先週の月曜の朝にエンジンが掛からなくて、ひやっとした。バッテリーが寿命のようだ。早く交換したいのだけど、その後は問題ないのと、届くはずの誕生月のクーポン(オイル半額)を待っていて、まだ交換していない。

IXY Digital 3000IS(ラーメンはiPhone 6s)で撮影

 

PS. 先日、白河高原清流豚のレトルトカレーを食べたのだが、トマト味も中辛もイマイチだった。ルーはおいしかったのだが、肝心の肉が堅く、味も特になくて駄目だった。まるで、子供の頃食べた牛肉大和煮の缶詰、あるいは、給食の鯨肉のような食感と味だった。いや、そっちのほうが良かったかも知れない。一体、試食したのだろうか? 地域のうりにするなら、もう少し真面目に作って欲しい。(2016/11/30 20:12)

  •   1
  •   4

僕にとって、車の左側は鬼門だ。

昨日の出勤時、いつも寄るコンビニの駐車場に入ろうとしたら、突然、「ドンッ」だったか、大きな音がした。びっくりして左のミラーを見たら、どうも、縁石に擦ったようだった。瞬間的だったので良く見えなかったが、後ろの部品が外れたような雰囲気だったので、すごくまずい気分になった。

駐車場に停めて確認したら、幸い、外れているような箇所はなく、ホイールとタイヤが擦れていた程度だった。が、会社で良く見たら、ホイールの傷は結構深く、ボディー下部のスポイラーにも長い擦りキズが付いていたので、ショックを受けた。それで、昨日は朝から「人生終わったよ・・・」みたいな暗澹たる気分で居た。

ちょっと見ただけでは分からないけど、そのままにしておくのは気分的に嫌だし、直すにしても高そう(スポイラーが5万円くらい?)だから、どうしたらいいか考えていたが、まとまらなかった。でも、帰路に、ディーラーに、直すならいくらくらい掛かるかとか、安く直す方法はないかとか聞いてみれば、いい方法が見つかるかも知れないと思って、少し気が楽になった。気軽に相談できるディーラーで良かったと思う。

それに、相手がいる訳ではないし、ドアが凹んだとか傷ついたとかじゃないから目立たないし、スポイラーのおかげで金属部分へのダメージはなかっただろうから、錆びる心配はないから塗装は不要だろうし、タイヤもパンクしなかった(後で空気が抜けるかも知れないが、近いうちに交換予定だったので問題ない)ことを考えると、ついていたと思う。

思えば、前のVITAでは紀伊半島で縁石に擦ってパンクさせたし、その前のシルビアでも、電柱の支持ワイヤーにミラーを擦ったり駐車場の柱にバンパーを擦ったり、今の車を買ったばかりの頃に左折時に縁石にホイールを擦ったり、その他にも左折で出るときにたまに後輪を段差から落としたりと、昔から左には滅法弱い。自覚があるのでいつも注意しているのだが、時々やってしまう。まったく、見えないところは怖い。

そして、近頃はLinux移行に夢中になっていて寝不足で疲れていたのと、風邪でぼーっとしていたのが悪かったのだろう。あと、近頃は運転に慢心があったようにも思う。ただ、それにしても、なぜあんな広い入口で擦ったのか、いまだに分からない。傷は結構長い(前ドアの中央下部から後輪まで)ので、随分手前から曲がってしまったたように思えるが、そんな失敗をするものだろうか? 何とも不思議だ。

いずれにしても、やっぱりハインリッヒの法則は成り立っているのだろうから、重大事故が起こらないように注意しないといけないと思う。最終的には自動運転車なのかな。

PS. 昨夜は、こんな時には、ポールに"Hey Jude"を歌ってもらいたいなあと思った。

PS2. ディーラーに見てもらったら、予想通り、スポイラーが擦れているだけでボディ(金属部分)には問題ないから、(僕が我慢できれば)修理の必要はないとのことだった(交換には5万円前後掛かるようだ)。まあ、良かった。それから、別件だが、ハンドルを深く切ると異音(軽い「ギー」という音)がすることがあるのも見てもらったのだが、再現せず、特に異常もないので、様子を見ることになった(エアバックの配線の摺動部分ではないかということだった)。しかし、なんと、ディーラーから出ようとする時に出た。が、面倒だったので、まあ「様子見」とする。

そのディーラーは、いつものように、行くとホッとした。そして、丁度、無料点検キャンペーンで点検してもらい、去年同様、シクラメンの鉢をもらった。へえ、あれからもう1年近いのか。早いものだな。(10/10 20:31)

  •   0
  •   0

昨日スマフォスタンドを用意したので、さっそく通勤路でYahoo!カーナビを試してみた。

結論を先に書くと、以下である。

Yahoo!カーナビは実用に耐えない。

もちろん、僕の個人的な感想なので、便利に使っている方は何も問題ないし、それをけなすつもりもない。

試した条件は以下である。

  • ナビアプリを動かしたスマフォ: Nexus 4
  • ネットワーク: BluetoothでiPhone 6sでテザリング (プロバイダ=OCN mobile ONE)
  • 経路: 通勤路 (往路, 1時間弱)

以下に、使って気付いた点を書く。

  • 室内ではGPSの位置が取れなかった。長時間電源を切っていたせいかも知れない。
  • かなり電池を食う(電池消費率は後述)。
  • 画面の輝度をかなり明るくしないと外光と釣り合わないのも、電池を食う一因か。
  • ナビアプリを動かしているとNexus 4が熱くなる感じ。
  • 画面は今使っているカーナビ(サンヨー=パナ製)より見やすく、ナビ自体の使い勝手は悪くないが、細かい点がいろいろ良くない。
    • iPhoneを離して一旦Bluetooth接続が切れると、自動では再接続しない(→ 地図や交通情報が取れなくなる)ので、面倒。(これはAndroidの問題なのかも知れない)
    • 駐車中でも画面は明るいままなので、何となく嫌な感じ。
    • 経路の探索時に出発地点を指定する必要があるのは面倒。カーナビは「ここ」がデフォルトだが、それができないようだ。
    • 更に、経路の探索後(案内開始前)に現在位置が変わると、それに文句を言われたのも、おかしな気がした。
  • リルートは自動で行われて、問題なかった。
  • 通信データ量は多くなかった(1時間弱で40MB弱)。
  • iPhoneでのBluetoothでのテザリングは、ほとんど電池を食わない感じ(電池消費率は後述)。
  • スタンドは、意外なほど問題なかった。ダッシュボード上面の曲面にもうまくフィットしていたし、スマフォが動いたり外れたりすることもなかった。

2016-08-29 08.31.10-1_サイズ変更-1a

問題の電池消費率は、以下のとおり。

  • Nexus 4: 22%/h
  • iPhone 6s: - (使用前後で電池残量が変わらず)

僕は普通のカーナビに慣れ切っているため、駐車のたびにスマフォの電源(画面)をoff/onしたり、Bluetoothを接続し直したり、経路を調べる時に現在の位置を指定するといった、余計な手間が耐えられないのだ。更に、熱で壊れたり盗難されるのを防ぐために、車を離れる時にスマフォを取り外す必要があるのも面倒だ。電池を食い過ぎる問題については、ケーブルで車につなげば問題はないのだが、接続するのは煩雑だし、22%/hというのはかなり非常識に感じるレベルで、本質的にするべきでない使い方だと思う。

だから、もし、スマフォのナビアプリがこれ以上進歩しないのであれば、次の車でも普通のカーナビを付けると思う。とても高いけど、使い勝手の点で、その価値はある。

そして、ちょっと苦労して加工したスタンドは、もう使われることはなさそうだ。まあ、それに備えて激安のにしたので問題はないし、カーナビが壊れた時には使えるだろう。

それにしても、実際に試してみるのは重要だということを実感した。頭の中で考えるだけでは分からないことが、いろいろ分かった。それだけでも250円の元は取れただろうw

(8/30 5:52, 7:50 一部加筆・修正)

PS. ちょっと思ったのだが、CarPlayやAndroid Autoだと、ナビアプリの多くの欠点がうまく解消するかも知れない。

  • 画面の輝度: スマフォの画面は使わないので、問題ない。
  • Bluetoothの再接続: ケーブル接続なので切れることはない。ただ、持ち運び時にケーブルの着脱の手間はある。
  • 駐車中でも画面は明るいまま: 車の画面を使うので、おそらく、スマフォの画面は暗くなっているだろう。
  • 経路の探索時に出発地点を指定する・経路の探索後(案内開始前)に現在位置が変わると文句: 一応カーナビなので、おそらく問題ないだろう。
  • スマフォが熱くなる・電池を食い過ぎる: スマフォのGPSも画面も使わないので(GPSについては推測)、電池使用率が下がり、熱くならない可能性がある。ただ、現時点では、車側の機能は余り使っていないため、スマフォの処理が重くなって、電池使用率は余り下がらず、相変わらず熱くなるのかも知れない(実際、Android Autoは電池を食わない訳ではないようだ)。
  • 熱で壊れたり盗難防止のための着脱: 必要なので、解決されない。スマフォを見えないところに置くにしても、熱の問題はある。

しかし、そもそもCarPlayやAndroid Autoは車載ナビ(あるいはその機能縮小版)を前提としているから、決して安くはならない。。。

(8/30 5:37)

  •   0
  •   1

日曜大工(DIY)の第3弾。

先日、naokiさんからYahoo!ナビが結構賢いらしいことを聞いて、今のカーナビ(サンヨー=パナ製)に少々不満を感じていたので、「これはちょっと試してみよう」という気分になった。それで、ナビを動かすスマフォはiPhone 6sでもNexus 4でも良いのだが、何らかの方法で車に固定するので、車から降りる時に取り外す必要がなく(実際には熱や盗難の問題があるので外すべきだが)、振動や衝撃で転げ落ちても(精神的)ダメージの少ないNexusを使うことにした。それから、「ちょっと試す」程度なので、もし駄目でも金銭的ダメージが少ないように、できるだけ安い手段を考えた。

そうして、Nexusをできるだけ安いスマフォスタンドかホルダーで車に固定して、Bluetooth(Wi-Fiでもいいが、こっちの方が電池は食わなそうだ)でiPhoneとテザリングして地図などの情報を取得する方法にした。そしてAmazonを丹念に探したら、激安のスマフォスタンドが見つかった。お値段はなんと、送料込みで250円だった。これなら駄目でも全く問題ない気分だったので、注文した。

それがさっき届いていたので、Nexusを装着してみると、、、まあ、さすがに値段相応で頼りない。一見問題ないのだが、カバーを付けたNexusと切れ込みの厚さが合わない関係で、底面が浮いてしまうのである。あと、切れ込みが垂直なので、Nexusも垂直になってしまう。斜めに挟むこともできるが、更に底面が浮いてしまう。ただ、なぜか、全体のサイズはNexusとぴったりで、水平に置くには最適だった。

切れ込みの厚さが合わない問題は、Nexusのカバーを外すと解決するのかも知れないが、念のため衝撃に備えたいので、それはせずにスタンドを加工することにした。ゴム製なので加工は容易だ。それで、切り込みになっている部分の片方を斜めに3°くらい切ってみた(写真6枚目の凹部の右辺)。目分量ではあったが、それなりにうまく行き、Nexusが斜めに立つようになり、底面も浮かなくなった。更に、(文章で書くのが難しいが、)斜めに切った反対側の最下部のイボのような突起を抉って(写真6枚目の凹部の左下)、Nexusのカバーの縁の凸部が嵌るようにして、安定性を高めた。

気になるのは、斜めに立てているのでブレーキ時にNexusが前につんのめらないかと、材質が普通の合成ゴムなので、ダッシュボード上で滑らないかである。そこら辺を含めて、明日の通勤や次回のドライブ時に確認してみたい。まあ、滑ったら滑ったで、両面テープとかゲル状の粘着シートで固定することも可能だし、そもそも、今のところはYahoo!ナビを常用するつもりではないから、問題はない。

PS. 考えたら、Nexusが前につんのめるのは、急ブレーキでなく、急加速した時か追突された場合であることが分かった。だから、滅多なことでは起こらないだろう。(17:07)

  •   0
  •   0

単なる好奇心で(ゲーム感覚で)先日から始めた、カーナビの「エコドライブ診断」。この一週間の評価の履歴を見てみた。

20160826-eco-drive-1

Aが一番多いから全体的には悪くないと思うが、Cが2個ある。日によって特に運転の仕方を変えたつもりはないのだが、たまたま道が空いていて、加速しやすかったとかスピードを出しやすかったとかだろうか。あるいは、週の後半は疲れて気合いを入れずに運転しているのか?w

  •   0
  •   0

今回の帰省での収穫で、先に書いた件以外を、ジャンルはごちゃまぜだが、まとめて書く。

1. 実家で「発見」したピアニスト

8/13の夜、YouTubeでクラシック音楽を聴いていたら、今まで知らなかった・聴こうとしていなかったピアニストが結構いいのに気付いた。(()内は公開またはアップロード年)

ワイセンベルクは、なんとなく堅苦しくて難しそうなので、聴かず嫌いしていたのだが、聴いてみたらすごく良かった! 今まで好きだった人(ブロンフマンなど)とはちょっと違うタイプだから、新しい発見だった。この人はいわゆる正統派なのだろうか。

あと、演奏と同時にその箇所の楽譜(2台ピアノ版)が表示されていたので、読むのが苦手で、演奏している場所が分からなくなることが多かったのだが(追い付いても、音が多過ぎて理解できないのだが)、とても参考になった。機関銃のような箇所の譜面(1小節がやけに長い)には笑った。あと、転調するところで、♮が山のように出て来た後に♯だの♭が山ほど出て来るのには、どうしてもついて行けない。MIDI楽器じゃないんだから、そんなに瞬間的に頭を切り替えられないという気分だ。

MacIsaacは、ブロンフマン的演奏で親しみやすかった。これの最中、特にクライマックスで音が頻繁に切れて、OCNにイライラした。iPhoneで見た時にスペルを"MoclSaac"と読んでいて、今日検索しても出て来なかったので、少し慌てた。老眼で、小さい文字は読みにくいし、Iとlの判別は難しい。

ルプーも、どういう訳か(グルダと混同していた?)聴かず嫌いしていた人で、聴いてみたら良かった。母の居るところで聴いていたのだが、母でも、さすがにラフマニノフとモーツァルトの区別は付くようで、こっちを掛けたら、冒頭で「綺麗だね」と言っていた。やっぱり、ラフマニノフは音が多過ぎるよなw 関係ないけど、指揮者(Sándor Végh)がキダ・タローに似ていた。母が「日本人も居るね」と言ってたのは、彼のことだったか?w

という訳で、まだまだ世の中には聴くべき演奏が溢れていると実感した。とりあえず、上の人たちのアルバムを買ってみたいと思う。

2. 妹や父母のアルバムでの発見

実家にあった妹のアルバムは、僕と期間が重複しているのだが、初めて見る写真が結構あった。例えば、昔の家で撮った写真で、彼女のアルバムにしかないものがあったり、通っていた小学校の教室の写真は、僕のにはなかった。小学校は随分前に廃校になったので、そういう写真は貴重だ。

父母のアルバム(結婚直後のもの)は、子どもの頃に少し見せてもらっただけなので、当然ながら初めて見る写真ばかりだった。当時のJR(国鉄)宇都宮駅の写真があったのだが、建物の外壁に掲示されている駅名が「うつのみや」と平仮名で書いてあったのだが、昭和30年代でも公共の表示に(漢字でなく)平仮名を使っていたことが、意外だった。

だから、妹や母は(PCなどがなくて見られないから、)デジタル化は必要ないと言っていたのだが、個人的にデジタル化しようと思って、借りてきた。

3. 戦争や政治などの話で母と話し込んだのだが。。。

母と今の政権に対する怒りをぶつけ合った。そして、震災で発生した放射能汚染物質を道路の下に埋め込んで全国にばらまく計画は、どうしてか、余り知られてないことが分かった。新聞を読んで、日々TV漬けになっている母ですら知らないのだから、やっぱり、情報統制あるいは自主規制(あるいは「忖度」)があると実感した。

4. 車の走行距離が4万kmを越えた。

8/14のドライブの後に寄った僕の家から、実家に戻る途中でだった。丁度信号で停まったので撮れた。1年でほぼ1万km走っている計算だ。

IMG_0321_サイズ変更

 

(8/16 11:15 わずかに補足)

  •   0
  •   1

数か月前に、あるお店から無料入場券をもらったので、いつか行こうと思っていたのだが、開花がまだだったり、気分が乗らなかったり、天気が良過ぎ(暑過ぎ)たりして、機会がなかった。それで、帰省中の今日、実家に居ても暇なので行ってみることにした。

実は、行くつもりではあったのだが、朝食を食べたら眠くなって二度寝したら、「別に行かなくてもいいか」と思い出して寝ていたら、母に叩き起こされた(ということはなくて、声を掛けられた)。それでも、「行くのは止めた」と言おうと思いもしたのだが、なぜか、急に「まあ行ってみるか」という気になって、急いで支度をした。

紆余曲折の末、7時頃出た。出発してすぐに小雨が降り出したが、道は空いていて走りやすかった。起きたばかりだったので、いつもより慎重に運転した。龍王峡ラインの料金所のお爺さんが寝ぼけていたのか、50円のお釣りなのに100円くれた。手触りで気付き、発進した直後だったので停まって返した。

8:30頃着いた。山道(もみじライン)に入った頃からだったが、霧だ。気温は17℃で、外は半袖では寒かった。昨日からではあるが、冷えたせいか、お腹が少し痛い。

IMG_0315_サイズ変更

ゆりパーク入口から

IMG_0314_サイズ変更-1

それからどうするか考えたのだが、天気予報は雨で、ユリや景色は期待薄だから、入園せずに家に帰ってゴロゴロすることにした(それで、これを書いている)。無料券の人が結構居たようだ。そして、休みのせいか、この天気にも関わらず意外に人が来る。売店でもみじラインの通行券を買った。100円引きで510円になった。

9時頃、帰路に就いた。休みのせいか、車が多かった。法事なのかお盆で親戚が集まっているのか、5台くらいが連なって路駐しているところがあった。7-11のトイレは行列ができていたが、ファミマは大丈夫だった。

途中の県道(塩原-矢板: 経路図右上の斜めの直線)が空いていて、前も後ろも車が居なくて気持ち良かった。国道4号は混んでいたので、すぐに県道に逸れた。11時頃の気温は26℃で、雲が多かったが晴れていて暑かった。

11:45頃、帰宅した。室内は30.2℃で暑かった。無料券はもったいないし、ユリは観たいが、おそらく、もう行くことはない気がする。日光・鬼怒川付近を通過するのに有料道路を避けるのが面倒で、もみじラインの通行料が高い(610円)ので。

2016-08-14 02.39.49_サイズ変更

左下から時計回り

136km、約4:15。
iPhone 6sで撮影。

PS. ガソリンのメーカーを変えたので燃費を測ってみたが、約12.5km/Lと、以前と変わらない感じだった。カードの入会特典で、プレミアムガソリンが110円/L程度になった。

  •   0
  •   1