Archive for the ‘高血圧?’ Category

前回から約2.5か月(測り始めてから約半年)。思惑・期待通り、血圧は落ち着いてきて、直近の2週間の平均血圧(朝)は144/99(mmHg)だった。もちろん、(血圧では)医者に行っていないから薬も飲んでいない。自覚症状も、動悸や頭痛はまだあるものの、軽くなって来た。

ただ、数値的には、前回も146/102(mmHg)で余り変わっていない。が、グラフは、前回と比べると結構違う。特に下は低くなった。上は、前回は中間値は150mmHgのように見えるが、今回は140mmHgのように見える。形状も、前回は「これから上がるよ!」的な雰囲気だったのに、今回は下がる気配すら感じさせる。実際、130mmHg台も結構出ているし、病院や健康診断の時(昼間)に測っても130mmHg台なので、(去年の200mmHgは何だったのかと)逆に驚く。

ストレスや疲れが少なくなって来たのか(本人としては、前者は依然多い気がするがw)、あるいは、血圧計を換えたせいかも知れない。

当初はパナの血圧計を使っていたのだが、どうも、測定値の安定性に欠けている(日や測定のたびの変化が激しい)ようだったので、定番のオムロンに換えてみた(良く分からないのだが、医療機器ではテルモの方が定番そうなのに製品の売れ行き・評判や充実度を見るとそうでもないのは、家庭用だからなのか、テルモがすごく感じるのはアマの思い込みで、プロ用は本当の定番があるのか)。

買う時、オムロンのでも同じだった時のがっかり感を減らすために、3500円くらいの安いのにした。そのため、カフは普通のタイプで、巻きやすさに心配はあったが、使ってみたら全然問題なかった。逆に、普通の(柔らかい)カフの方がフィットしやすいから巻きやすい。もしかすると、パナのは、カフの硬さが値の不安定さに関係していたのかも知れない。そういう点は、やはり、実績の違いが効いているのかも知れない。

オムロンのは、期待通り値は安定していた。1回に3回測っているのだが、前日とほとんど変わらない値が出たり、3回の変化が同様だったりすることがあって驚く(これは、パナでは絶対になかったことだ)。特に下の安定性には感心している。

ただ、グラフを見ると、換える(5/28)前後で形状に大きな違いはない(ただし、下の値は低くなった)ので、全般的な測定精度としては、パナでも大きな問題はなかったのかも知れない。この辺りは、それぞれの測定値を詳しく分析(標準偏差やフーリエ変換?)すると分かることがあるのかも知れないが、まあ面倒だw

これで安心するつもりはないから測定は続けるが、まあ、つくづくあの医師は駄目な奴だったと思う。そもそも、「高血圧は数十年経つと違いが出て来る」とか言いながら、たった1か月しか経過を見ずに、動脈硬化などの検査を何もせず(健康診断の時にオプションで測ってもらったら全く正常だったので、安心した)、死ぬまで飲む薬を出すのは、一体どういう論理かと思う(いや、実際には彼に「論理」はなく、惰性しかないのだろう)。

数十年使い続ける・効果を見る薬だったら、現状に急性の問題がないのであれば、数か月とか1年くらい掛けて観察して必要性を検討して然るべきだし、薬を遅らせることに何のリスクもないということは、素人の僕にだって分かる(医学的な話ではなく、論理的な話。彼の話が医学的に正しいと想定して考えると、こういう結論になる)。自分で矛盾に気付いていないのか、(良く居る人のように、)気付いていても知らん顔しているのだろう。余程金が欲しいのか、テキトーとかヤブとか不勉強なのだと思う。

そして、世の中には、医師に言われるがままに通院し続け、(効果があるのかどうかも不明な)薬を飲み続ける人が多い(母もそうだ)。それだけならまだしも、「薬が多くて困る」とすら言っている。そんなに嫌なのなら、減らせないか考えたり、本当に飲む必要があるのか(その薬でその「病気」は完治するのかとか、飲むリスクと飲まないリスクはどちらが大きいかとか)考えればいいと思うのだが、本人にはそのつもりは全くない。単に文句を言っているだけだ。

どうも、自分のことなのに自分で責任を取りたくなくて、人任せにしたいようだ。そういう人は病気以外でも(例: 生命保険、資産運用)多いが、本当にそれでいいのかなと思う。一見、何も考えなくていいから楽だが、結果的に自分が苦しくなっても医師などは何も責任を取ってくれない(単に、薬を増やしたり変えたり他を紹介するだけ)のだが、それでいいのだろうか。どちらがいいかは別として、僕だったら、自分でどうするかは(プロの意見は聞くにしても)自分で考えて決めたいと思う。人の言いなりなんて、おもしろくないじゃん!

  •   0
  •   0

血圧を測り始めてから早くも2か月。思わぬ展開になった。

まず、今通っている医者は駄目なことが分かった。確かに親切ではあるのだが、大切なところがずさんだ。最初にピロリ菌の除菌を依頼した時、全く診察せずに、いきなり内視鏡検査をすることになった時からそんな予感はしていたのだが、全般的に事前の説明が足りないので、どうも信頼できなくなった。

ピロリ菌については、除菌処置後、約3か月間、(それまで胃酸を弱めていたピロリ菌がいなくなった結果、胃酸が強まるため)胃酸を抑える薬を処方され続けている。いつまでかは聞いてはいないが、死ぬまで飲むことになるのかも知れない。そういうことだったら、事前に除菌のリスクとかデメリットの説明をして、どうするか考えさせて欲しかった。

高血圧については、先月の再診時に、それまでの平均値(150/100程度)を見て、早くも降圧剤を処方された。もう少し様子を見て欲しかったし、血液や動脈硬化などの検査もしてから方針を決めるべきではないかと思ったが、何もせずに決めた(専門外だからか)。そして、こっちも死ぬまで薬を飲むのだろうが、やっぱり、それについての明確な説明はなかった。

どちらも医師には常識なのだろうし、世間の常識なのかも知れないが、(僕がその「常識」を知っているかどうかは彼は知らないはずだから)一応、説明すべきだと思う。いつもは親切なのに、こういうことを教えてくれないのは、やはり、定常的な収入を確保したい気持ちがあって後ろめたいのか。そういうのを忖度しろってことか?

胃酸を抑える薬については、飲み続けても、対症療法的な効果以外に(胃酸を出す器官の性質が変わって)胃酸の分泌が減ることはないだろうから、飲むのは止めることにした。それで炎症がひどくなって「何か」になったら、仕方ない。

血圧は、一週間薬を飲んでも下がらなかったし、ずっと飲み続けるのは嫌なので、止めてみることにした。すると、ばらつきはあるものの、最初(上は160を超えていた)よりずっと下がり、最近の2週間の朝の平均値は146/102(mmHg)だった。当時は疲れやストレスがひどく、更に測定に慣れていなかったために高かったのではないか。

血圧の変化 (3/1-): 3/10の夜から服薬、3/16の夜から服薬中止

とはいえ、今でも決して低くはない。それで、調べてみたら、「高血圧治療ガイドライン2014」では、上は「I度高血圧」(140-159/90-99)、下は「II度―」(160-179/100-109)に相当し(下はギリギリI度になる可能性・期待はある)、I度高血圧は「低リスク」とのことだ。「低リスクの場合は治療は要らない」という意味ではないと思うが、僕だったら、「死ぬまで薬」よりも小さいリスクを取りたい。それに、降圧剤にも副作用はあるから、飲むことのリスクがない訳ではない。

他に、一般的な指針ではないが、「薬物治療は180/110mmHg以上」という、独自の調査に基づく見解もあった。それ以外にも、いかにも民間療法とかTV・週刊誌的情報で怪しいのだが、偶然にも上と同じ「上は180、下は110まで大丈夫」や「上は年齢プラス90を大幅に超えた状態が続かなければ大丈夫」(大意)という説もあった。他に、(うつ病の薬と同様に)製薬会社の差金で高血圧の基準が引き下げ続けられているという説もある。

以上の情報から検討した結果、ガイドラインだけを採ったとしても「低リスク」と明記されていることから、降圧剤を飲むのは止めることにした。ただし、血圧の測定は継続し、更に上がるようなら診てもらうことにした。

なお、上記のように、今の医者はずさんで漫然と投薬し続ける傾向があるので、(スタッフは親切でいいのだが)もう行かないことにした。次に行くなら、患者の顔は余り見ないしガキも多くて混んでいるけど、余り薬に頼らない医院(そういうところに、医師が患者にとって最良は何か考えているとか、最新の情報を収集しているかとか、その人の経歴が効いて来るのだろうか)にしようと思っている。

  •   0
  •   0

血圧計を買ってから約10日。最初は上が200近くて驚いたのだが、段々、正しい測定方法ができるようになって来たのか、今週からは、129/91といったまともな値も出るようになった。

ただ、依然として高い。朝の値は、大体150/100程度だ。夜は低く出るようで、135/95程度だ。朝が高いのと、常に下が高いのが気になる。また、頭痛は毎日ある(特に、午後や夜に出る)が、先週よりはマシになった。

それで、医師に相談することにした。調べたところ、候補はいくつかあった。

  1. 近くの内科
  2. ピロリ菌を診てもらっているところ (名前は内科ではないが、実際にはやっている)
  3. ちょっと遠いが、血圧関係が専門らしい内科

1は小児科もやっている(そっちがメインかも)ので、ガキが多くてうるさいし(=アホな親が多い)、混んでいるから余計な風邪などをうつされそうなのと、医師がこちらの顔をほとんど見ず、ディスプレイばかり見ているので、却下した。その人の経歴は結構ちゃんとしているのだが、余り信頼できない感じだ。ただ、薬漬けではないし、スタッフが親切なところは評価できる。

2は、前にも書いたとおり、医師や看護師さんや事務の方がとても親切で、丁寧に話を聞いてくれるので、なかなかいい。ガキは滅多に居ないし、予約もできる。しかも、暖房が効きまくっていて、室内が熱帯のように暖かいw

3は、行ったことがないので不安が大きい。いろいろ検査されて(それ自体はいいけど)、「やはり血圧が高いので、薬出しますね」のパターンになったら嫌だ。あと、高齢者が多そうで、待たされそうな気がする。

結局、消去法ではないが、2にすることにした。ここは、ピロリ菌の関係で定期的に行くので(それは想定外だったのだが)、その点でも丁度いい。

それで、今日行って来た。予想通り、丁寧に対応してくれた。血圧を測ったらやっぱり高かった(156/86くらい)のだが、歩いて行ってドキドキしているせいもあるかもと、少し間をおきながら4回くらい測ってくれた。血圧計は機械の自動式じゃなくて、昔ながらの全くの手動(手で空気を入れて、聴診器で聴く)の水銀のやつで測っていたので、それが精度がいいか悪いかは分からないが、暖かみとかやる気を感じた。手動だから、少しでも面倒だと思ったら、何回も測らないだろうし。

医師も、いきなり薬を出すことはせず、次回の診察まで毎朝の血圧を測定・記録することにして、その状況で考えることになった。

という訳で、今後はどうなるかってところである。

 

(2/11 15:40追記) 暇だったので、朝測定分のグラフを描いてみた。ストレスが減ったのか測定方法に慣れたのか、上は順調に下がっている。この調子で下がる(実際には「本来の値に戻る」)といいが、下はなかなか頑固な感じだ。

血圧の変化 (2018/1/31-2/11)

(2/11 16:03追記) ちょっと思ったのだが、数値の羅列の「記録ノート」なんかより、上のようなグラフを見せた方が、医師には分かりやすい気がする。が、そこは、「仮想的なデジタルディバイド」というのか、こっちは(電卓くらいしか使えない)一般人と思われていて、こんなグラフが描けるなんて思われても居ないし、彼の観点(何を見たいのか)も分からないから、なかなか言い出しにくい。それに、こっちの処理での誤りの有無は医師には分からないから、それで診断してもらうのは、責任の問題が生じるのかも知れない。まあ、ノートを見せながら、気が向いたら、スマフォで「こんなグラフなんですが」とか言えばいいのかな?

 

PS. 今は、血圧は朝と夜に3回ずつ測っている。趣味で、Excel(実際にはLibreOffice)の関数で、3回のうちで上がもっとも低い値を表示するのを作った(下に例)。血圧を"上/下"のように書くようにしたので、そこから「上」の値を分離して集計する処理が難しかった。単に、Excelの機能が腐っているせいなのだが。

なお、今までは左腕で測っていたのだが、今日の医院も含めて、多くは右腕で測るので、次回から右で測ろうと思っている。

(20:53追記) 医者からもらった血圧の記録ノートを見たら、書く内容がちょっと想定外で、朝晩2回ずつの測定値と、2週間ごとの平均値(朝晩別)が要る。そこで、結構苦労して、それらの値(3回の測定のうち、最良の2回と2週間ごとの朝晩別の平均値)も出すようにしてみた。苦労はしたものの、データにしておくと、こうやって使い回しができるから便利だ。

ただ、それをやっていて、つくづく、Excelは先見性がないうえに一貫性も拡張性もない(要は、センスがないゴミプログラム)ことを実感した。まだ何か「バージョンアップ」と称することをするようだけど、もっと本質的なことを改良すればいいのに。全く頭が悪い人たちだこと。まあ、僕もスプレッドシートじゃなくて、別の形態にすればいいんだが・・・

それにしても、そこまで詳細に書く人が(手で、延々と2週間分の血圧を平均する気になるだろうか?)、一体日本に何人くらい居るのかちょっと気になる。全部几帳面に書く人ほど血圧が高いのかも知れないなw

PS2. 不思議なのは、夜、お酒を飲んだ後は血圧が低いことが多いことだ(上の例で、上が120台の時は飲んでいた)。アルコールの影響で血管が拡張するのかも知れない。あと、大抵脈拍が高いのも不思議だ。寒いせいだろうか。

  •   1
  •   2