Archive for the ‘日記’ Category

(以下は、僕の想像・フィクションである。ここに、ドラマの最後に出るような注意書きが来るであろう。)

 

いろいろ居るだろうが、「こういう奴は人間として終わっている」と思うケースを書く。

社員に責任やリスクを押し付けて、自分は被害者面する人。

ある会社に、今問題になっているブラック企業のように、お役所から指摘があった。きっと、辞めた社員が通報したのだろう。それが初めてでないので、厳しい内容だったようだ。

偉い人は、それでビビったようで、「(初めて指摘された時に、付け焼き刃的に、あるいは、泥縄式に決めた)規則を社員がきちんと守らなかったから、こういうことになったのだ」とかいうふうに、半ば逆ギレのようになっていた。しかも、一度でなく、何度もそんな言動をしていた。

なるほどと思った。阿呆は、こういう言動をしても、なーんにもおかしいと思わないのだなと。

まず、(怠惰で守らないのと異なり)好きで規則を守らない社員は、余り居ない。特に、好きでタダ働きする人はまず居ない。「守れない」のだ。その原因がどこにあるのか、きちんと調べて・考えて、解決すべきではないか。経営者の仕事は、ただ偉そうにしているだけじゃなくて、そういうことじゃないのか。

更に、その規則が守られていない状況をずっと看過して来て、(法を守っていないのに気付かない振りをして、)その結果、利益を得ていたのは、自分じゃなかったか。それなのに、問題が発覚したら、その利益を生み出して来た社員たちに責任を押し付けたのだ。それに気付かないのは大変オメデタイ方だから、次の言葉を無料で進呈したい。

無料の昼食なんてものはない。

その人は、「何かあったら、直接相談に来い」などとも言っていたが、そんなのは、他人の気持ちが分からない人が良く言う言葉だ。それが容易にできる(た)ことなら、通報される事態にはならなかっただろう。トップに気軽に相談できる社員が、どれくらい居るか。そして、上に書いたように、平気で被害者面するトップに、どんな相談ができるというのだろうか。

という訳で、かなりの社会経験がありそうに見える人でも、実際には、裸の王様とか井の中の蛙になっていて、箸にも棒にもかからない場合がありそうだ。でも、それでずっと通って来たのだから、幸運な人と言えるのかも知れない。ただ、果たしてそれがいつまで続くのか。

PS. 実は、この話に関連して、これより先に書こうと思っていた話がある。「自主的ブラック労働」という題だ。日本中に蔓延していそうだ。近いうちに書こうと思う。

  •   1
  •   0

先日、スーパーからの帰り道、子どもの頃大好きだった小熊のぬいぐるみのことを突然思い出した。途中に居た、お母さんに連れられた子どもが熊のぬいぐるみを持っていたからかも知れない。そして、あのぬいぐるみがどうなったのか、気になった。確か、妹の物だったので、取り合いをしたかも知れない。そんなふうに手荒に扱った関係で、段々壊れてしまったのが、子どもながらにも可哀想だった(実際には、自分で壊したんだけれど)。それが、引っ越しのせいか、いつからか居なくなってしまったのが、寂しかった。

写真を探したら、運良く写っていた。全体的に茶色い熊だと思っていたが、実際には白い部分が多かったようだ。その頃の写真はほとんど白黒なのだが、どうしてか、これは珍しくカラーで良かった。

1967年、妹と。(顔はぼかした)

熊で連想したのか、部屋に帰ってから、この歌が頭の中で流れた(いかん! 今、イントロを聴いただけで涙が出そうになる)。。。

子どもの頃のことを思い出すと、なぜか、寂しく悲しくなるのは、歳のせいだろうか。

  •   1
  •   4

以前から気になっていたのだが、Vivaldi(Linux版)で、フォーム(文字入力欄)に入力をする際、日本語入力のモード反映が遅れるのか、1文字目がおかしくなる。

具体的には、日本語入力(ローマ字入力)がONなのに、最初の1文字だけアルファベット(半角)で入る。例えば、「あいうえお」と入れたのに、「aいうえお」になる。

最初の文字がおかしいのを見て、反射的に日本語入力切り替え(全/半)キーを押すと、(それまでONだったので)逆にOFFになってしまって、全部打ち込み直しになる。それで、文字を入れる時は、日本語入力の状態アイコンを慎重に確認し続ける必要があって、入力のスピードが落ちるし、大体毎回打ち込み直しさせられるのにも、イライラしていた。

それが、先日、ダメモトで検索してみたら、関連しそうなページを見つけた。リンク先の「アドレスのオートコンプリートを無効に」である。書いてある現象がほとんど同じだったので、試しにオートコンプリートをOFFにしてみたら、まだ2日間程度ではあるが、問題が起こっていない。

なお、これはLinux版だけの問題なのか、他の版(Windowsなど)でも起こるのかは不明だ(確か、Windowsでは起こっていなかった気がする)。ちなみに、僕の環境は以下である。

  • OS: Linux Mint 18
  • 日本語入力環境: Fcitx+Mozc
  • Vivaldi: 1.6.689.46

また、Chromeでも同様の現象があると聞いたことがあるが、上の情報が見つかる前に、スペルチェックをOFFにすると直るという情報が出て来た(Vivaldiにはスペルチェック機能はない)。また、もしアドレスのオートコンプリートがあるなら、それも効くのかも知れない。

PS. 題に追加したように、これは効果がないのかも知れない。以前よりはいい感じだが、やっぱり、1文字目や2文字目がおかしいことがある。まあ、諦めずに試行錯誤しよう。。。(1/11 21:28)

  •   0
  •   0

GMBでアルバムアートの検索をするプラグインPicture finderは、USのYahoo!でしか動かない。Googleなどを選択しても、結果が何も出ない。

APIが変わったのだろうと思ったが、実際に調べたら、確かにGoogleの検索結果のフォーマットは変わっていた。それで、とりあえず、Googleで検索できるようにした。

新しいフォーマット(構造化されたデータのようだ)に合わせて、fetch_cover.pmを修正した。まだまだPerlは良く分からない(し、分かりたくもない)が、既存のソースから類推してやってみたら、出来た。参考までに、主要な変更点を載せようと思ったのだが、良く考えると、日本のユーザーはとても少ないだろうし、分かる方は既にやっているだろうから、止める(もし欲しい方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。無保証にて差し上げます)。

日本のYahoo!にも対応したかったが、面倒だし、中で使っているのはGoogleなので、止めた。他のサイト(例: last.fmやAmazon)にも対応したかったが、やっぱり面倒なので、とりあえず、Googleだけで満足することにする。

ただ、そのGoogleにしたって、彼らの心変わりによって、いつか変更が要るようになるのだろうな。でも、出力がHTMLである限りは大丈夫だ。でも、それもそのうち変わる気がする。。。

  •   0
  •   0

実家から持って来た古い物のうち、次にどれについて書くか(あるいは、書かずに仕舞うか捨てるか)考えていて気付いたのだが、僕は、ここに書くことで、日常のことや(捨ててしまうような)物を「成仏」させられると思っているようだ。

いいのか悪いのか分からないが、そう思っている。それは、ブログの副題にあるように、忘れることにつながっているのだろう。

  •   1
  •   1

(個人用プログラムで公開する予定がないので、それについて書いてもあまり意味がないかも知れないが、デジカメ画像の取り扱いにまつわる問題や、それへの対処方法のヒントとして書く)

数か月前からの懸案だった、デジカメからLinuxへの画像取り込みプログラムの「1万枚問題」への対応ができた。これで概ね完成だ。

問題への対処として、カメラ内の親ディレクトリ名もカメラ識別記号の生成要素にすることにした。そのため、カメラ内の親ディレクトリが変わると、画像ファイル名に追加される識別記号も変わる(はずである)。

例(".JPG"の前の10桁の数字が識別記号):

  • カメラA内の、親ディレクトリが"DCIM/147CANON/"の画像ファイル名: "IMG_1234_1234567890.JPG"
  • カメラA内の、親ディレクトリが"DCIM/148CANON/"の画像ファイル名: "IMG_3456_9876543210.JPG"
  • カメラB内の、親ディレクトリが"DCIM/100APPLE/"の画像ファイル名: "IMG_0039_0918273645.JPG"

内部的には、カメラや画像の識別記号が2種類に増えた。一つは、以前から使っていた、カメラの型名やSNなどから生成される値。もう一つは、上記の、親ディレクトリ名も含めて生成される値である。前者は、取り込み済み画像ファイル一覧の中でカメラごとにファイル名を保存するために使用し(ファイル名は、親ディレクトリ別に保存するようにした)、後者は、各種のカメラから取り込んだ画像ファイル(カメラ間・カメラ内でファイル名が重複する可能性がある)を区別するために使用する。

それから、以下の便利な機能も追加した。

  • 画像の保存ディレクトリを、(以前は手動でやっていたが、)自動的に3か月ごとに区切る。(例: "2017/2017_01-03/2017_01_08"の太字の部分) こうすることで、年直下のディレクトリ数が減って、すっきりする(月ごとでもいいが、以前に合わせて3か月ごとにした)。
  • 新しく取り込んだファイルの判別が容易になるように、特定のディレクトリ(例: "New")に、取り込んだファイルへのシンボリックリンクを作る。取り込んだファイルの後処理(例: タグ付けやコメントの記載)が終わったら、そのシンボリックリンクを削除すれば、「新しい」という情報を簡単にクリアできる。
  •   0
  •   0

驚かせてごめんなさい。37年前の話です。(実家からの発掘品シリーズ)

確か、中3の冬だったと思う。ポールがウイングスで来日するというので、ウイングスは好きだったが、(当時は、一応「まじめな」生徒だったし、お金もなかったし、遠くて面倒だったので)コンサートに行きはしなかったけど、(TV放映を期待して、)結構楽しみにしていた。それが、来たらすぐに捕まってしまったので、何ともがっかりした。そのことは、中学校のノート(毎日のことを書いて学校に出す物)に書いた。(今で言う中二病のまっただ中だったので、)「警察は何で大麻くらいで捕まえたのだ」という主旨だったが、担任の先生に「大人の論理」で諌められた覚えがある。

まあ、今となっては、日々さまざまな有名人がいろいろな薬物で捕まっていて、感覚が麻痺してはいるが、それにしても、仕事なのに大麻を持って来るなんてのは、日本を舐めている(少なくとも、日本の規則を調べもしないというところが、アホとしかいいようがない)としか言いようがない。

この件は後日、スネークマンショーのネタにもなり、みんなの笑い物に成り下がった。ポールはポールで、"Frozen Jap"という、タイトルからして嫌な歌(曲調も「西洋からみた日本」的)を作り、(ウイングスは解散しちゃったのか、)ソロアルバム"McCartney II"に入れた。やっぱり、彼は(今は知らないが)日本を見下していたのだと思う。僕は、それでも、とりあえず、そのレコードを予約して買った。そうしたら、幻の来日コンサートのパンフが特典として付いていた(それは今も捨てていないはずだが、出すのが面倒だから、他人のリンクにした)。

そして、その年の12月に、ジョンは殺されてしまった。全く関係ない事件だが、大麻でヘマするような軽い人と、狂信的なファンに殺されてしまう、本当に神がかりな人。中高生には大きな違いであった。。。

(でも、今は、作者の経歴や思想は音楽とは切り離して考えることにしているので、例え作者がどんなに軽かろうとアフォであろうと、曲が良ければいいので、ポールの歌は好きだ。)

余談:

  • お金がなかったとはいえ、当時のチケットの価格(コンサートの広告も一緒に保存していた)は、S席でも4500円(4万5千円じゃない)だった。随分安い気がするのは、年月の経過のせいか歳のせいか? まあ、安くても、果たしてチケットが取れたかという問題もあるが。
  • 更に、逮捕の記事を読むと、空港のロビーで待っていたファンの数はたった30人(300人じゃない)だったようで、拍子抜けする。当時のポールは、今ほどグレイトじゃなかったのだろう(確かに、僕の記憶もそうだ)。逆に、今がグレイトに扱われ過ぎている気すらする。
  • 記事を読むと、「大量の大麻」、「計219グラム」とあるので、その量がどのくらいの悪さなのかは分からないが、入れておいてうっかり出し忘れたとか、ちょっとした出来心ではなかったようだ。
  • ジョンが殺された時、僕は中学生だった記憶があるのだが、実際には高1だったようだ。どうしてだろうか。それとも、ポールの時も既に高校生だったのか。記憶が曖昧だ・・・
  • 保存していた新聞を見ると、今と比べて文字がすごく細かい(面積比で1/3くらい?)のに驚く。当時の高齢者は大変だったのではないか。虫眼鏡を使う人が多かったのは、そのせいか。(1/9 5:59)
  •   1
  •   2

先日実家から持ってきた物を整理しつつスキャンしていたのだが、ネタにしたいものがいくつかあった。今日はその作業でとても疲れたので、とりあえず、手軽そうな物をひとつ。

中3と高1の時の学習雑誌(学研の中3・高1コース)に、無料適性診断のようなものがあったようで、昔からアンケートとか診断テストなどが好きだった僕は、それを受けていた。が、その結果を見ると、何とも言えない気分になる。以下に結果を載せる。

文字がカタカナだけというのが、時代を感じさせる。昔は、コンピューターといえばカタカナだったな。でも、中学後半とか高校くらいからは漢字も出るようになったと思う。

それはいいとして、内容に一貫性がなく、結論も(結果的に)全く外れているのがおかしい。

まず、中3では、興味は「自然の風物を愛し、親しむ気持ちを持っています。それを大切に育てることが、あなたの将来に大変役立つと思います。」(カタカナを漢字かな混じり文に変換。以下同)とある一方で、適性職業は「中学 高校教師」、学部は「文教育学関係学部」と出ている。理科(地学?)の先生という解釈も可能だが、興味から職業への飛躍があるように思える。

次に、高1では、興味は「物事を研究したり、考えたりすることを進んでしようとする気持ちを持っています。それをますます伸ばすことが、あなたの将来に大変役立ちます。」とあり、結構当たっているので感心するのだが、適性職業は「会社員 総務」、学部は「法学関係学部」となっていて、ものすごいギャップがある。総務の仕事に探究心は役立つのだろうか? 僕には理解できない。確か、当時、これを見た時は将来が灰色になったような気がして、結構ショックを受けたような気がする。が、これは「なかったこと」にして好きな道に進み、今に至っている。

もし、これを真に受けていたら一体どうなっていたか、想像するのも恐ろしい。そして、今はコンピューターは随分発達しているけど、やっぱり、機械の診断なんかより自分を信じた方がいいと思う。

(実際、コンピューターは人間が作っているのだから、間違いやいい加減な処理を行っている可能性はゼロとは言えない。)

でも、それは、(無駄に年月を費やさないためには、)何の知識も経験もなく、努力もせず、ただやりたいとか好きだからとかで選んでいい訳ではなく、ある程度、自分で調べたり試してみたりして決めるべきだ。

(1/8 5:27, 8:44, 9:15 追加・修正)

  •   2
  •   1

(別稿から転記・若干修正)

Deccaの上記のMP3の曲間フェード問題について、年末にAmazonに問い合わせたのだが、予想どおり、「再現しない」という回答が来た。何度も再確認だの環境の情報を連絡させられて、さまざまな情報を連絡したが、先方は全然分からない様子だった。今は、大晦日に送ったメールへの回答がまだ来ないので、(あてにせずに)待っている。

音楽やオーディオに関する「常識的な」知識や経験があれば、問い合わせの文章を読めばピンと来るだろうし、そうでなくても、波形を見れば、問題は再生側にないことが分かるはずだ(苦労して波形を捏造してまでクレームをつける意味は全くないし、そんなことをしたら、こっちが捕まる)。そして、CDと比較したりメーカーに確認したりするべきだが、それすらもしていないという。

こちらでは、Amazonと同じ条件でも問題が起こることを証明しようとして、環境や手順を聞いたのだが、それすらも連絡して来ない(「教えていいか担当に確認する」とのこと)。そもそも、「再現しない」と言うなら、「どういう環境で」再現しなかったかを伝えるべきだと思うのだが・・・

論理的な思考ができず、扱っているものに関する基本的な知識もない人たちが、ダウンロード販売(あるいは、問題の確認)を担当しているようだ。それから、サポート窓口と確認の担当部署が別なのも、解決を遅くしている原因のようだ。窓口(素人)が理解できないことは、担当に正確に伝えられないのだろう(だったらそのまま転送すればいいと思うのだが、僕の勤務先のある方と同様、自分が分からないことは、どう転送していいのか分からないようだ)。まあ、一言で言って、Amazonはダメだ(でも、レコチョクよりはマシだろう)。

ようやく回答が来た。問い合わせてから約17日目にして、やっと問題が理解された。ものすごく遅い。そして、回答は予想どおり、「音源が正しいため、差し替え不可能」とのこと。あんな、音楽としておかしいものを配布して平気な顔をしているDeccaは、とんでもないレーベルだと思う。一方、Amazonは返金に応じるとのことなので、希望した。そして、こういう腐ったMP3の見分け方も質問した。もちろん、そんなものに解はないのだが、やっぱり、言わなきゃ気が済まないよ。

そして、今後は、CDが手に入らない時だけMP3を買うことにする。(2017/1/11 22:20)

  •   1
  •   0

正月の帰省中にYouTubeで発見した彼のCDをAmazonに注文したら(約2千円だった)、昨日届いたので、その晩にさっそく聴いた。

モーツァルト: ピアノ協奏曲 22番:

なかなか良かった。まず、ピアノもオケも音がいい(オーディオ的な意味ではない。例: 心地いい)。乗りもいい。演奏がダイナミックな(強弱の幅が広い)のもいい。カデンツァが聞き慣れないものだったが、大きな問題ではなかった。

実は、この曲はイントロが大げさに感じるので、あまり好きではないのだが、それでも新鮮に飽きずに聴けたのは、彼の音が良かったからだと思う。

モーツァルト: ピアノ協奏曲 25番:

気のせいか、YouTubeのビデオと雰囲気が違う気がする。が、こちらもいい。冒頭やその後繰り返される同じフレーズの休符に、わずかに雑音(衣擦れのような音)がある。大きく振った腕を戻す音かと想像しているが、わざと残したのだろうか。

(特に第1楽章の)ピアノが少し硬めで、ちょっと珍しい感じだった。これは、ビデオで「現代的」と感じたところかも知れない。第3楽章は、なんとなく急いでいる感じで、残念だった。もう少し遅目だといいのだが。

全体を聴いた感じでは、やっぱり、CDはビデオとテイクが違うように感じた。僕はビデオ版の方が良かったと思うが、それは、単に再生機器(スマフォとオーディオ)の違いによるものだろうか? あるいは、演奏を観ながらだと印象が変わるのだろうか? もう一度PCでビデオを観ればいいが、ドキュメンタリーのため、ちょっと冗長なので、今は止めておく。

いずれにしても、彼にはこれからも期待できそうだ。

余談:

これと同時に、ピリスのモーツァルトを大量にHMVに注文したのだが、それはまだ発送の連絡すら来ない。安かったから仕方ないとは思っているが・・・

それから、今まではMP3があればそれにしていたのだが、例の曲間フェード問題が解決していないので、当面はCDにすることにした。経緯と現状を次の稿に書く。

(8:14 MP3の曲間フェード問題を別稿に転記, 8:38 若干修正)

  •   0
  •   0