Archive for the ‘Android’ Category

昨日スマフォスタンドを用意したので、さっそく通勤路でYahoo!カーナビを試してみた。

結論を先に書くと、以下である。

Yahoo!カーナビは実用に耐えない。

もちろん、僕の個人的な感想なので、便利に使っている方は何も問題ないし、それをけなすつもりもない。

試した条件は以下である。

  • ナビアプリを動かしたスマフォ: Nexus 4
  • ネットワーク: BluetoothでiPhone 6sでテザリング (プロバイダ=OCN mobile ONE)
  • 経路: 通勤路 (往路, 1時間弱)

以下に、使って気付いた点を書く。

  • 室内ではGPSの位置が取れなかった。長時間電源を切っていたせいかも知れない。
  • かなり電池を食う(電池消費率は後述)。
  • 画面の輝度をかなり明るくしないと外光と釣り合わないのも、電池を食う一因か。
  • ナビアプリを動かしているとNexus 4が熱くなる感じ。
  • 画面は今使っているカーナビ(サンヨー=パナ製)より見やすく、ナビ自体の使い勝手は悪くないが、細かい点がいろいろ良くない。
    • iPhoneを離して一旦Bluetooth接続が切れると、自動では再接続しない(→ 地図や交通情報が取れなくなる)ので、面倒。(これはAndroidの問題なのかも知れない)
    • 駐車中でも画面は明るいままなので、何となく嫌な感じ。
    • 経路の探索時に出発地点を指定する必要があるのは面倒。カーナビは「ここ」がデフォルトだが、それができないようだ。
    • 更に、経路の探索後(案内開始前)に現在位置が変わると、それに文句を言われたのも、おかしな気がした。
  • リルートは自動で行われて、問題なかった。
  • 通信データ量は多くなかった(1時間弱で40MB弱)。
  • iPhoneでのBluetoothでのテザリングは、ほとんど電池を食わない感じ(電池消費率は後述)。
  • スタンドは、意外なほど問題なかった。ダッシュボード上面の曲面にもうまくフィットしていたし、スマフォが動いたり外れたりすることもなかった。

2016-08-29 08.31.10-1_サイズ変更-1a

問題の電池消費率は、以下のとおり。

  • Nexus 4: 22%/h
  • iPhone 6s: - (使用前後で電池残量が変わらず)

僕は普通のカーナビに慣れ切っているため、駐車のたびにスマフォの電源(画面)をoff/onしたり、Bluetoothを接続し直したり、経路を調べる時に現在の位置を指定するといった、余計な手間が耐えられないのだ。更に、熱で壊れたり盗難されるのを防ぐために、車を離れる時にスマフォを取り外す必要があるのも面倒だ。電池を食い過ぎる問題については、ケーブルで車につなげば問題はないのだが、接続するのは煩雑だし、22%/hというのはかなり非常識に感じるレベルで、本質的にするべきでない使い方だと思う。

だから、もし、スマフォのナビアプリがこれ以上進歩しないのであれば、次の車でも普通のカーナビを付けると思う。とても高いけど、使い勝手の点で、その価値はある。

そして、ちょっと苦労して加工したスタンドは、もう使われることはなさそうだ。まあ、それに備えて激安のにしたので問題はないし、カーナビが壊れた時には使えるだろう。

それにしても、実際に試してみるのは重要だということを実感した。頭の中で考えるだけでは分からないことが、いろいろ分かった。それだけでも250円の元は取れただろうw

(8/30 5:52, 7:50 一部加筆・修正)

PS. ちょっと思ったのだが、CarPlayやAndroid Autoだと、ナビアプリの多くの欠点がうまく解消するかも知れない。

  • 画面の輝度: スマフォの画面は使わないので、問題ない。
  • Bluetoothの再接続: ケーブル接続なので切れることはない。ただ、持ち運び時にケーブルの着脱の手間はある。
  • 駐車中でも画面は明るいまま: 車の画面を使うので、おそらく、スマフォの画面は暗くなっているだろう。
  • 経路の探索時に出発地点を指定する・経路の探索後(案内開始前)に現在位置が変わると文句: 一応カーナビなので、おそらく問題ないだろう。
  • スマフォが熱くなる・電池を食い過ぎる: スマフォのGPSも画面も使わないので(GPSについては推測)、電池使用率が下がり、熱くならない可能性がある。ただ、現時点では、車側の機能は余り使っていないため、スマフォの処理が重くなって、電池使用率は余り下がらず、相変わらず熱くなるのかも知れない(実際、Android Autoは電池を食わない訳ではないようだ)。
  • 熱で壊れたり盗難防止のための着脱: 必要なので、解決されない。スマフォを見えないところに置くにしても、熱の問題はある。

しかし、そもそもCarPlayやAndroid Autoは車載ナビ(あるいはその機能縮小版)を前提としているから、決して安くはならない。。。

(8/30 5:37)

  •   0
  •   1

日曜大工(DIY)の第3弾。

先日、naokiさんからYahoo!ナビが結構賢いらしいことを聞いて、今のカーナビ(サンヨー=パナ製)に少々不満を感じていたので、「これはちょっと試してみよう」という気分になった。それで、ナビを動かすスマフォはiPhone 6sでもNexus 4でも良いのだが、何らかの方法で車に固定するので、車から降りる時に取り外す必要がなく(実際には熱や盗難の問題があるので外すべきだが)、振動や衝撃で転げ落ちても(精神的)ダメージの少ないNexusを使うことにした。それから、「ちょっと試す」程度なので、もし駄目でも金銭的ダメージが少ないように、できるだけ安い手段を考えた。

そうして、Nexusをできるだけ安いスマフォスタンドかホルダーで車に固定して、Bluetooth(Wi-Fiでもいいが、こっちの方が電池は食わなそうだ)でiPhoneとテザリングして地図などの情報を取得する方法にした。そしてAmazonを丹念に探したら、激安のスマフォスタンドが見つかった。お値段はなんと、送料込みで250円だった。これなら駄目でも全く問題ない気分だったので、注文した。

それがさっき届いていたので、Nexusを装着してみると、、、まあ、さすがに値段相応で頼りない。一見問題ないのだが、カバーを付けたNexusと切れ込みの厚さが合わない関係で、底面が浮いてしまうのである。あと、切れ込みが垂直なので、Nexusも垂直になってしまう。斜めに挟むこともできるが、更に底面が浮いてしまう。ただ、なぜか、全体のサイズはNexusとぴったりで、水平に置くには最適だった。

切れ込みの厚さが合わない問題は、Nexusのカバーを外すと解決するのかも知れないが、念のため衝撃に備えたいので、それはせずにスタンドを加工することにした。ゴム製なので加工は容易だ。それで、切り込みになっている部分の片方を斜めに3°くらい切ってみた(写真6枚目の凹部の右辺)。目分量ではあったが、それなりにうまく行き、Nexusが斜めに立つようになり、底面も浮かなくなった。更に、(文章で書くのが難しいが、)斜めに切った反対側の最下部のイボのような突起を抉って(写真6枚目の凹部の左下)、Nexusのカバーの縁の凸部が嵌るようにして、安定性を高めた。

気になるのは、斜めに立てているのでブレーキ時にNexusが前につんのめらないかと、材質が普通の合成ゴムなので、ダッシュボード上で滑らないかである。そこら辺を含めて、明日の通勤や次回のドライブ時に確認してみたい。まあ、滑ったら滑ったで、両面テープとかゲル状の粘着シートで固定することも可能だし、そもそも、今のところはYahoo!ナビを常用するつもりではないから、問題はない。

PS. 考えたら、Nexusが前につんのめるのは、急ブレーキでなく、急加速した時か追突された場合であることが分かった。だから、滅多なことでは起こらないだろう。(17:07)

  •   0
  •   0

久しぶりに、姪、妹、母と夕食。結構話が弾んだ。

姪については、(本人はここを読んでないと思うので書くが、)常々、いい加減な奴だと思ってムカついていた(「近頃の若いものは」みたいなノリか)のだが、話をしてみると、近頃はいろいろなことを学んでいるようだ。

例えば、健康の話(「ちゃんとした食事をしましょう」みたいな)の説教をされ掛かった。(準備が必要らしく、)次回は本格的にその話をしてくれるとのこと。。。この件に関しては、全く反論できないw

あと、近頃、大きな企業の社員になれたようだ。成り行きを聞くと、どうも話がうま過ぎるのだが、騙されているのでないなら(研修がちゃんとあったり、オフィスもちゃんとしているようなので、大丈夫だと思う)、全く運のいい奴だと思う。彼女は昔からそういうところがあるのが、不思議だ。

まあ、なんだかんだ言っても、だらだらと無為に過ごしてばかりいた訳ではなく、努力も社会経験もして、大人になったんだろうな。

PS. 彼女のスマフォ(Android)に、「電池にウイルスが感染」の詐欺警告が出ていて、やっぱりAndoridは嫌だなあと思った(これはChromeに関係しているようだ)。ただ、それに引っ掛からなかったのは偉い。一応、僕の使っているセキュリティソフト(5台まで使用可能で、余っていたので)を使うための情報を教えた。

PS2. 本文では彼女を褒めているように読めるが、今改めて考えると、僕は彼女をかってはいない。細かいことは書かないが、彼女が目指すところは僕から見ればレベルも質も低い。百歩譲ってそれでいいとしても、そこを目指して努力しているふしが感じられない。本人はいろいろやっているつもりで、確かにやってはいるのだが、本質的でないのだ。

例えて言えば、プログラマーになりたいと言っていながら、ゲームばっかりやっていたり、プログラムを作るソフトで何かを作ってプログラミングした気分になるとか、まともに情報工学を勉強しないとか、いいプログラムの中身を調べることなどせず、自分のプログラムを作ろうともせず、世に出そうともしないようなものだ。

まあ、でも、僕は口を出さずに見ているだけである。僕だって、口を出されるのがすごく嫌だったし、自分で経験しないと分からないから。(8/21 7:06)

  •   1
  •   1

4月に行ったのだが、また、上三依水生植物園(それにしても、このページ、一昔前の雰囲気全開で、とても懐かしいw 昨日のかるめ焼き会社のとはえらい違いだ)へ行って来た。ニッコウキスゲが見頃とのことなので、行きたくなったのだ。ただ、例によって、熱っぽかったりだるかったりで、行くか止めるか迷った。でも、外出は気晴らしになりそうだから、あまり山道を攻めないことにして、軽く行くことにした。

8時頃出て、9時過ぎに大笹牧場に着いた。いい天気だ。風は涼しいが、日射しが強い。少し向こうで、山羊の鳴き声がした。途中、日光からキスゲ平まで、前に遅いワンボックスが居た。まあ、図太い神経とかマイペースで行けるのには、ちょっと憧れる。反対車線は、カーブに命を賭けるバイクが多かった。コーナリングのフォームがものすごく決まっている人が何人か居て、とても見事ではあったが、今後がちょっと心配だ。

牧場からR121へ行く道は、あらかじめ想像していたのと違っていたが、ナビのお蔭で問題なく行けた。途中まで、そのちょっと北の、湯西川からR121に行く道を通っていると思っていたのだ。

10:15頃、植物園に到着した。意外に駐車場は空いている。残念ながら、ニッコウキスゲはピークを過ぎていたようだ(まあ、キスゲ平で天然のを見れば良かったのかも知れない)。(満開ではなかったが)睡蓮の花が特に綺麗だった。日射しや暑さのせいか、ユリの花はしょぼくれていた。水の中には魚が居たが、どれも足音で逃げてしまった。蛙の姿は見なかった。熱心に写真を撮る、若い男性2人組が居た。他にも撮影熱心な高齢の方が数人居た。

11:30頃見終り、隣の蕎麦屋で昼食にしたかったが、やっぱり閉っていたので、営業を止めたのだろう。残念だ。気温は25°Cだが、暑い。帰路へ。植物園のよりも、塩原辺りの道端のアジサイの方が綺麗だった。

昼食は帰ってからと思っていたのだが、途中で、以前行った矢板市の韃靼蕎麦屋を思い出して、行ってみることにした。ただ、韃靼蕎麦は汁が熱いイメージなので、更に暑くなりそうなのが気になったが、たまには食べたいので、行ってみた。

塩原からずっと、直線は速いがカーブで遅いバイクが前に居た。矢板辺りで日光方面に曲がって行った。

12:45頃、蕎麦屋(寿庵)に着いた。店の前にバイクがずらっと停まっていて、満員かと心配したが、彼らは外のテーブルに座っていたので、中は空いていて大丈夫だった。

バイクの人たちは、気の良さそうな、少し年長の、日焼けした若者だった。県内から来たようだ。

案の定、お茶すら熱い。山菜蕎麦が食べたかったのだが、そういうヤワなのはないようなので、舞茸天ざる(韃靼蕎麦)の大盛りを頼んだ。約1200円。待っている間に段々混んで来た。室内に天ぷらの臭いがこもっているのは、ちょっと嫌だった。でも、ここは落ち着くからいい。

食べたら、前回同様、韃靼蕎麦のイメージにしては滑らかだ。蕎麦が少し緑色っぽかった。汁は熱いのと冷たいのが付いていた。舞茸の天ぷらは、かなりボリュームがあった。

帰りに投票をして、14:30頃帰宅した。座り過ぎか、尻と太ももが少し痛い。外や車内はすごく暑かったが、室内は意外に涼しい。投票所の発券補助の子が初々しくて可愛かった。高校生が職業体験とかでやっているのかも知れない。帰宅しても、まだ、身体が天ぷら臭い。

今日は、森高の「わかりました」 (1992; リンク先は歌のみ当時の森高。演奏は他人で画像はセルフカバー)が良かった。96枚も写真を撮ったのだが、デジカメの電池の減りが速くなった気がする。もう7年くらい使っているから、電池の寿命が近いのかも知れない。カメラ自体は、いつもどおり、たまに焦点がどうしても合わなかったり、ものすごく綺麗に撮れたり、色が飛んだりしていた。車の調子はいつものように良かったが、シートの腰のサポートが、なんとなく弱って来た感じだ。へたったのだろうか。

軽く行くはずだったが、約6時間、168km。
IXY Digital 3000IS(蕎麦屋はiPhone 6s)で撮影。

PS. 今回は、昔使っていたNexus 4 (SIMなし)の「GPSロガー」というアプリで経路を記録した。電池消費は約3%/hでそれ程悪くなく、もちろん経路はちゃんと記録されているし、iPhoneの電池が減らないメリットがあるので、次回からはこれを使おうかと思う。ただ、iPhoneの電池を、そこまで後生大事に守る必要はあるのかという気もする。。。

(7/11 7:02 写真のキャプションを追加・修正)

  •   0
  •   1

昨日から今日に掛けて、iPhone 6sの放電特性を測ってみた(実は、偶然、去年の今頃にも、iPhone 4SとNexux 4の特性を測っていた。連休なので、スマフォを使わない時間が取れたのだろう)。すると、おもしろい結果になった。

放電特性2 (2015-11)

(縦軸は電池残量(%)、横軸は経過時間。アイドル状態・Wi-Fi onで、室内に放置して測定)

減り方の傾き自体はiPhone 4Sより急だが、しばらく100%が続くので、全体としてはiPhone 4Sに近い感じだ。

Nexusとの差は、約24時間経過時に約6%程度とそれ程大きい訳ではないが、何となく電池の持ちに余裕が感じられるので、好ましい。

ちなみに、各機種の傾き(電池消費率)と推定待ち受け可能は以下の通り。

  • iPhone 4S: 0.67%/時間、151時間
  • Nexus 4: 1.2%/時間、83時間
  • iPhone 6s: 0.78%/時間、127時間

iPhone 6sの仕様では「最大10日間」なので、約半分か。

PS. 残量がしばらく100%が続くのは、その間電気を使っていない訳ではないので、最初は電池残量が100%を超えているということなのか。宇宙戦艦ヤマトの波動砲の「エネルギー充填 120%」を思い出した。まあ、実際には、残量測定回路なりプログラムの較正が正しくないのだろう。

  •   0
  •   1

iPhone 6sと防水ケースとu-nextのSIMが届いた。4Sよりも更にマニュアルが簡素になり、ほとんど読むところがなくなった。マニュアル好きの僕としては、ちょっと物足りない。そして、普通の人は最初にどうしていいか分からず、途方に暮れたりしないのだろうかと、余計な心配をしている。

OCNの交換SIMは「不在」になってしまったので、明日受け取る。それまで電話は使えないが、目論見どおり、u-nextの(激安)SIMでiPhoneをアクティベートできた(もちろん、契約は不要)。これなら、粗悪品だったり互換性で問題があることがある、アクティベート専用SIMを買うより確実でいい。

IMG_2461_サイズ変更

1時間半くらい掛かって、とりあえず使える状態にした。老眼にはPCのディスプレイとスマフォのディスプレイの往復は辛い。壁紙はもちろん優作だ。

IMG_2468_サイズ変更

(左: iPhone 6s, 右: Nexus 4)

素のiPhoneは薄過ぎて持ちにくい。まあ、実際には防水ケースに入れるから問題ないが。

設定と並行して、防水ケース(Merit)の漏水チェックもした。説明書の指示のとおり、30分間水に漬けても漏水はなかった。通常はこんなに水に濡らすことはないから、まあ大丈夫だろう。ちょっと気になったのは、Thunderboltのカバーの開閉が堅いことだ。毎日開閉するので、使っているうちに緩くなったりしないだろうか。まあ、仮に緩くなっても、下側まで濡れることもないから、大丈夫だろう。

IMG_2466_サイズ変更

本当のSIMは明日来るので、まだケースには入れない。

Nexus 4は、明日いっぱいの命となった。

君の生まれの不幸を呪うがいい。君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ…

PS. iPhoneのCPUは、TSMCでなくSamsungだった。まあ、仕方ない。。。(11/18 0:23)

ファイル 2015-11-18 0 20 32-1_サイズ変更

  •   0
  •   2

OCNの「2週間」は1日だった。今日の昼頃にNexusが圏外になった。これって既視感がある。確か、auからOCNの音声SIMに切り替えた時だったか。まあ、早い分にはありがたいが、やっぱり、「適切な見積り」ってのも品質の一つだと思う。

あとは、明日SIMが届いて受け取れれば大成功なのだが、そうは問屋が卸すだろうか(ヤマトじゃないようなので、明後日になりそうな気がする)。

ちなみに、u-nextのSIMはポスト投函なので、明後日か。

PS. 圏外になるのを見越して、スマフォを会社のWi-Fiに登録して、自宅と会社ではIP電話が使えるようにした。本当の(携帯の)電話が圏外の場合にはIP電話に転送されるので、遠出しない限り問題はないだろう。

PS2. 悪知恵が浮かんだ。Nexusで使っていたmicro SIMはもう使えないのだから、nanoサイズにカットしてアクティベートに使う手がある! 失敗して駄目になったって、どっちにしろ何も損しないのだ。なんでこんなことに気付かなかったんだろう。→ でも、失敗してSIMが砕けてOCNに文句言われるのも嫌だから、控えよう。

  •   0
  •   1

いつものように大げさだが、今日、ついに決心した。iPhoneに戻る。

前にも書いたように、Androidのセキュリティに不安が増大しているのと、Nexus 4が時々勝手に再起動するのだ。もう信用できなくなった。長く使っていたように感じるが、実はまだ2年しか使っていない。あと1年くらい使って元を取りたいのだが、仕方ない。

来週の金曜辺りに6sのSIMフリー機を注文する。一番安い16GBのでも、AppleCare+に入ると10万円を超える、実に高い買い物だ。それが果たして何年使えるか(サポートされるか)疑問だが、日常生活に欠かせないので仕方ない。

MVNOなので、端末を変える手続きは不要なのだが、SIMのサイズをnanoに変える必要がある。その時に電話が通じない期間ができるようなので、事故処理が終わってからにする予定だ。

PS. そうこうしているうちに、またもやすごいのが見つかった。もうお仕舞いだ。早く脱出したい! (11/9 19:15)

  •   0
  •   1

予想通り、Android M(マシュマロの綴りなんて知らない!)はNexus 4に来なかった。でも、今朝「システムアップデート」が来た。Windows updateに相当するものだろう。これが来る間はNexus 4のセキュリティが最低限確保されることを期待して、iPhoneやWindows phoneに移行するのは保留することにした。

  •   0
  •   1

最新の機能に興味はないし、写真は撮れればいいし、ビデオは撮らず観もせず、音楽も滅多に聴かず、ゲームもしないので、ガラケー(もう絶滅しつつあるが)でも構わないし、古くたって遅くたっていいのだが、以下のような理由で、仕方なく「最新の」「iPhone」にせざるを得ない。

用途

  • スケジュール・住所録: PCと共有するので、CalDAV対応が必須 → ガラケーは不可。
  • Evernote → ガラケーは不可。
  • ブラウザ・メール → ガラケーは不可。
  • 電話: 滅多に使わないから使えればいいが、辺鄙なところでも使える必要はある。(→ キャリアはドコモがいい。)

その他

  • 最新のセキュリティ対策が長期(少なくとも2年間)に渡って必要 → Android(特にNexus以外)や型落ちのiPhoneは不可。
  • セキュリティの維持に手間を掛けたくない。→ メーカー純正環境が良い。
  • OSが訳もなく電池を浪費するのは嫌 → Androidは不可。
  • 電池が長持ちすること。→ ガラケーがいい。
  • 複数台は持ちたくない。→ ガラケー+スマフォは不可。

という訳で、消去法で最新のiPhoneしか残らない。

あ、将来的にはUbuntu Touchもあり??

  •   1
  •   1