Archive for the ‘オーディオ’ Category

オーディオ装置が、いまだかつてない程いい音を出していて、大変喜ばしい。

音の記憶というのは曖昧だが、昔に比べて低音も高音もちゃんと出ているのは確実だし、中・高生や大学生の頃は、今ほど曲の細部まで聞こえなかったと思う。何度も書いているように、ここ数年、それまで聞こえなかった音が聞こえ出しているのだ。

もちろん、音源のデジタル化やグライコによる補正の効果は大きいだろうし、スピーカーを内向きにして真正面かつ近距離で聞いているせいもあるだろう。ただ、ハード的な要因以外に、経験によるものもあるような気がしてならない。

音楽を何十年も聴いて来たことで、音を聞き分ける能力が高まったような気がするのだ。それを「進化」と呼ぶのは少し大げさだが、耳(と脳)が変わったのではないだろうか。

だから、今でも、ずっと昔から聴いている「聞き古した曲」を聴いて、「あ、こんな音も入ってたんだ」と、新たな音を発見するのが楽しみだ。

PS. 発見は、いいことばかりではない。馴染みの曲の音質が悪かったり、音作りがずさんだったりすることに気付いて、「あれ、こんなだったのか」とがっかりすることもある。でも、それも含めて「その曲」なのだ。(11/8 8:24)

PS2. 昔聞こえなかった音が聞こえるのは、おそらく、耳が未発達だったのに加えて、先入観で聴いていたためではないかと思う。「この曲のここはこういうフレーズ・音だ」と、自分の好みや希望に合わせて脳内で音を加えたり・削除したりしていたのではないだろうか。それはそれでちょっとクリエイティブな気もするが、まあそう単純なものではないだろう。(11/8 8:30)

PS3. 近頃印象が変わった対照的な例:

  • Wings "London town": 曲によっては(例: "Cafe on the left bank")低音がブーミーなことが分かった。船の上でレコーディングした関係か、ポールのベースを聞かせたいのか。
  • Every little thing "Every Best Single+3": 以前感じていたほど低音がブーミーでないことが分かった。グライコの補正で特性が平坦に近くなった効果だろう。

(11/8 12:46)

  •   0
  •   2

先日より片付けたくてしょうがなかった、デジパックと鞘入りCDを、一部を除いて始末した。

やり方は、野蛮人のように原始的だ。

デジパックは、CDトレイを引っぺがして、ジャケットにあたる紙の部分を平らにし、二つ折りにする。トレイを剥がす時に、紙の内側のトレイの接着部分の印刷が剥がれることが多いが、ジャケット(しかも内側)を見て悦に入ることはまずないので、気にしないことにした。

IMG_2425_サイズ変更

鞘入りCDは、鞘(箱)の上下の接着部分にカッターで切り込みを入れて剥がして開き、二つ折りにする。作りが良いのか、カッターの刃が入りにくい場合があった。特に、ワーナーの森高のCDはそうだった。そういうのは刃が逸れて箱が切れてしまったが、やっぱり気にしないことにした。

IMG_2422_サイズ変更

昨夜と今朝、合わせて約24組を処理し、本棚に並んだCDが結構減った。

処分前(10/17):

IMG_2375-1_サイズ変更

処分後:

IMG_2423_サイズ変更

あとは、プラケースが特殊(ロゴ・色付き)なもの(捨て難い)、特殊なデジパック・紙ジャケット(畳んでも薄くなりそうにない)、ボックス物が残っているが、それらは無理かも知れないな。

ほとんどの紙ジャケットCDはそのままでも薄いことに気付いたので、10組をそのまま仕舞った。(10/29 7時)

  •   0
  •   0

3か月しか経ってないのに、早くもガリった(=つまみを動かしたら、小さくガリっという音が出た)。何度か動かしたら直ったが、ちょっとがっかりした。この先大丈夫か、ちょっと心配だ。

原因といえば、あまり動かしていないからかも知れない。毎日、朝電源を入れた後と寝る前に電源を切る前くらいしか動かしていない。

買う前から、ボリュームの後ろ側の見た目がちゃちかったので、大丈夫かと心配していたが、当たってしまったのかも知れない。まだ修理に出すつもりはないが、これは保証の対象なのだろうか? そうだ、延長保証に入っているから、対象でなくても大丈夫かも知れない。

(10/27 5:08 題に型名を記載)

  •   0
  •   0

暇だが、少し頭痛がするので、予定していた「MusicBeeの使い方」の更新は止めて、本棚の配置換えでもしようと思った。特に不便ではないのだが、グライコ・アンプと小物ケースの位置を交換すれば、落ち着きがいいような気がしたのだ。→ ものの数分で終わった。

IMG_2369_サイズ変更-1

多少落ち着きは良くなったのだが、それを見ていたら、更に思い付いてしまった。PCの上にグライコとアンプを載せれば、更にスペースが空きそうだ(サイズは丁度いい)。PCからのノイズがわずかに入るかも知れないが、まあ聞こえるレベルではないだろう。あと、オーディオ特性の調整の時にグライコの操作が大変だ(ほとんどはMIDIでできるが)。

少しだけ迷って、実行した。本棚が一段空き、CD類が一段下がったので、安定感が増したように見える。

IMG_2375_サイズ変更

IMG_2374_サイズ変更-1

オーディオの配線がモロに見えたり、テーブルタップやUSBケーブルが少し収まりが悪いが、あとは大丈夫そうだ。これならアンプが近いから、音量調整が楽だ。そして、PCとグライコの距離が縮まったので、短い光ケーブルが使えるようになった。

なお、グライコの熱がアンプに伝わらないかの問題だが、熱くなるのはグライコの左側(写真の奥側)で、今アンプを載せている所の反対側なので、問題はない。

IMG_2378-1_サイズ変更

現在の机周り

10/19の朝、この場所はスペース的にはいいのだが、グライコの調整が面倒そうなので、机の右脇に載せてみた。

IMG_2407_サイズ変更

が、余りにも見た目が悪い。ケーブルがだらだらしている。しかも、机が狭くなり、マウス操作が窮屈になった。更に、リモコンの置場がなくなった。

それで、横幅が足りなさそうだったので躊躇していたのだが、試しにサブディスプレイの下に置いてみた。

IMG_2411_サイズ変更

幅は、はみ出てはいるものの、まあ大丈夫だった。こっちの方が断然いい。ただ、グライコからアンプにつなぐケーブルの長さが足りなくなったので、仕方なく延長した。

IMG_2415_サイズ変更-1a

この違和感のなさ、我ながら素晴らしい出来だ。これなら、いくらでもグライコが調整できるよ(したくないけど)。(10/19 20:33)

  •   0
  •   1

暇だし天気がいいので、JR宇都宮駅の辺りに散歩することにした。空気は涼しく、風は気持ちいいのだが、日射しはまだ強くて暑かった。

noirさんの投稿を見てどんぐりが見たくなり、途中の公園を歩きながら探したら、あった。どんぐりには、丸いくぬぎと細長い椎の2種類(実はもっと?)あるのだが、両方見つかった。実家の周りには椎のしかなくて、子どもの頃はいつも残念に思っていた。くぬぎの実で、一個だけ、まだ緑色のが落ちていて珍しかった(写真参照)。

駅の周りには、観光客や地元の人が結構居た。家の周りと違って、若い人が多く、雰囲気が違っていた。餃子の店には行列ができていた。なぜか、隣り合った2軒のうち、片方にしか行列ができていなかった。詳しくないのだが、評判の店なのだろうか。

駅の少し西には、田川が北から南に流れており、宮の橋という橋が掛かっている。実は、今日初めて歩いて渡った気がする。田川の川べりの遊歩道の手すりの柱に、先日の大雨で流れてきたと思われるごみ(草)が大量に引っ掛かっていた(写真に小さく写っている)。そこから少し西に歩いて、少し南下した後で駅に戻った。

駅の西側には、何となく雰囲気が良さそうな飲み屋が数軒あったのだが、店のある密度が低いし、家から歩いて往復するのは大変なので、実際に行くかどうかは疑問だ。そもそも一人で外で飲む習慣がない。

お腹が空いたので、吉野家で昼食にした。以前からずっと、「普通のカレー」が食べたかったのだが、吉野家にあるか分からず、しかも、店の前にメニューがなかったので、webで調べたらあった。まったくスマフォは便利だ。ベジカレーというのに目が行ったのだが、肉が載っていないようなので、牛カレー(中辛、大盛り)+サラダにした。750円。もし、ベジカレーに肉が載せられるなら、それにしたかった。

吉野家に、5-6人の男子高校生が居た。元気で騒がしかったが、羽目を外すほどではなかったので、許せた。そのうち、誰かが「※の妹」とか言ってスマフォを見せていたので、思わず見たら(今考えると、見るのは失礼だったのかも知れない…)、まるでプリクラのようにのっぺりした顔で原型(色の問題?)を留めておらず、ある意味すごいと思った。あれの何がいいのだろうか。どうやったらああいう風に撮れるのか不思議だ。そういうアプリがあるのだろうか。それを見た他の人が、「アヒル?」、「趣味悪い」などと言ってけなしていたので、知らない本人が可哀想になった。彼らが帰るのとほぼ同時に、吉野家は閑散とした。

それから、特にあてもなく駅前のヨドバシカメラにも寄ったのだが、前回(春の連休)と同様、閑散としていた。連休のせいか。全く買いたい物がないのは、幸せの証拠か。ピュアオーディオコーナーで再生されていた音はひどいものだった。騒音も多いし、あそこで試聴しても意味はないだろう。大体、今どんな構成で音を出しているかの表示すらなく、そのコーナーの存在意義がない。ブラインドテストでもしろというのかw そもそも、その近くに重低音が無駄に大きい、ホームシアターコーナーがあるのが論外だ。ただ、馬鹿高い電源ケーブルやテーブルタップやスピーカーケーブルなどのマニア向けのパーツがあったのは、「オーディオ店」としての努力は評価できる。ただ、そういう物を使っても音質が向上することはまずないことは分かっているので、買うことはないだろうし、僕は「まともな店」とは思わない。

ヨドバシの自作パソコンコーナーは駄目だ。CPU(Intel Core iシリーズ)もHDD(WDのグリーンはブルーに統合された)も一世代古かったし、置いてあるキーボード(特にメカニカルやコンパクトタイプ)の種類も少ない。もっと商品を勉強して欲しい。それでも、ケーブルなどのちょっとしたパーツを買うにはいいだろう。あ、無線LAN(150Mbps)のアダプタが750円くらいで、信じられないくらい安くて、必要もないのに買いたくなったw でも、Amazonではもっと安いのかも知れない。

ヨドバシで、おじさんが、駐車料金をタダにしたいらしく、「何か買うものないか?」のような電話をしていたが、本末転倒で思う壺だと思った。

帰路、小川にや鯉が居た。鯉は丸々と太って大きかった。意外に水に栄養が多いのだろうか。

約7.5km、約3.5時間。
Nexus 4で撮影。

(18:34 加筆・修正、22:47 吉野家の高校生の話を追記)

  •   0
  •   3

先月から約1か月間、グライコ(DEQ2496)の内蔵DAQを試していたのだが、結論を出した。: 問題ない。

  • 構成が、(PCとスピーカーと)グライコと小さなアンプだけになり、とてもシンプル・コンパクトで良い。
  • 音質は、数値的には、ひずみが多くクロストークが悪いはずだが、全く違いが分からない。(前に書いたとおり)スピーカーを内向きにし、グライコの補正量を最低限にしたせいか、却って音が良く感じる。
  • 電源を切る時に、グライコとアンプをPCに連動させて切るとスピーカーから小さい雑音(グライコに起因)が出るので、電源が切れる前に手でアンプのスイッチを切っているが、電源をon/offするのは余り頻繁でないので、それほど手間ではない。
  • グライコからは補正なしの音も出ていて、それをヘッドフォンで聴けるので、ヘッドフォンで聴く時にDACの入力を切り替える(グライコなしの音にする)手間がなくなって、便利になった。

という訳で、既に配置換えは済んでいるので、光分配器を外し、外付けDAC(UD-501)を箱に仕舞うことにした。それまで何もなければ、年末か来春に売る予定だ。

IMG_1935_サイズ変更-1

(今年5月の本棚)

IMG_2289-2_サイズ変更

(DACを仕舞った後。本棚は半分以上空)

PS. グライコのクロストークが高域で悪化するのは、代理店・メーカーによれば、仕様とのことだった。

  •   0
  •   0

(音に関することだから、「聞こえてしまった」と書くのが正しい。)

先日、スピーカーを内向きにし、グライコの補正量を最低限にしたためだろう(グライコのDACを使うようにしたのは関係ないと思うが)、音がとても直接的に聞こえるようになった。

それは大変いいことなのだが、今まで何度も書いてきた、「今まで聞こえなかった音が聞こえた」レベルではなく、現代の録音方式の限界に気付かされてしまって、本当に喜ばしいのか疑問になる程だ。

その限界とは、ハイレゾ云々ではなく、音の広がりだ。音が直接的に聞こえるせいで、ボーカルや各楽器(パート)の音に広がりやゆらぎが感じられないのだ。各パートの音が、決まった位置から点のように聞こえてくる。

その理由は、現代のほとんどの曲は、マルチマイクといって、各パートが複数のマイクで個別に録音されてから、ステレオにミックスされるためだ。要するに、複数のモノラルの音を適当に左右に振り分けてステレオにしているのだ。各パートは基本的にモノラルなので、左右に広がるはずがない。何本かの積み木を左右に並べるようなものだ。積み木と積み木の間は隙間であって何もないし、位置が動くこともない。エフェクトを掛ければ広がるが、人工的なので分かる。

ポップスだけではない。クラシックだってマルチマイクだから同じことだ。音に広がりがあるように感じるのは、残響を収録した音を混ぜているからだろう。ただし、ピアノなどのシンプルな構成の器楽曲では、ワンポイントマイク(左右一組のマイク)で収録して自然な広がりで収録されている可能性はある。

この問題はどうしようもない。ハイレゾにしようが全く関係ない。現代の音楽の構成や制作手順を変えない限り、解決できない。もし、マルチマイクを止めるとすれば、録音する時には全員が同じ場所に集まって演奏しなければならないし、例えそうしても、各パートの音量のバランスを取るのが非常に難しいだろう。それに、誰かが間違ったら、もう一回最初からやり直しだ(切り貼りしたら、音の広がりが食い違ってしまうから)。非常に時間とお金が掛かるだろうから、現実的ではない。

という訳で、悲しいことに、現代の(録音された)音楽はほとんどが不自然な音であることに気付いてしまった。とは言え、音楽は音の良し悪しでなく、曲や演奏の良し悪しの方が重要だから、聴く価値がない訳ではない。

(9/19 9:14 加筆)

PS. その点、生演奏はベストなのだが、以下のような欠点がある。

  • 常にいい演奏が聴ける訳ではない。
  • もう居ない/存在しないアーティストの演奏は聴けない。
  • いつも音のいい席(中央付近)に座れる訳ではない。
  • クラシックでは他人の咳などがうるさく、ポップスでは音が大き過ぎる。
  • そもそもポップスでは、マルチマイクから作られたステレオの音をスピーカーから聴かされる。

(9/19 9:16)

  •   1
  •   1

旧アンプ(Marantz PM-17SA)をオークションで手放した。のだが、今回もいくつかトラブルがあった。

まず、落札者が連絡して来なかった。前回も似たようなことがあった。オークションには魑魅魍魎が多いようだ。次点の人からも連絡がなく、折角いい値段だったのだが、諦めて再出品した。

2回目はなかなか入札がなくて、締め切りまで気を揉んだのだが、何とか希望していた値段(約35000円)で落札された。最初より7千円くらい安いが、欲張ってはいけない。今度の落札者はちゃんと連絡してくたのでほっとした。当たり前のことなのだが。

無事入金してもらったので発送したのだが、今度は運送業者の人が大きさを小さく見積もって、想定より料金が安くなってしまった。普通ならありがたいのだが、預かった送料を返金しなくてはならなくなるので、逆に迷惑だ。「もっと大きいはずです」とも言えず、落札者に返金する連絡をした。

これで、この夏のTODOはすべて終わった(正確には、返金が済むまでは終わりではないが、まあ大丈夫だろう)。暑くて長い夏だった気がする。

PS. 結構精神的に疲れたので、今は、オークションは懲り懲りだ。が、冬にはDACを手放す予定だ。

PS2. 同時に出品した「ストップ!! ひばりくん!」の単行本(2組持っていたので片方を手放すことにした)は、2回出品したが売れなかった。アクセス数は1桁だった。もう大昔の作品だし、今の流行とは全然違うからかな。ちょっと寂しい。。。

  •   0
  •   1

前回の仮説は、出力のXLRコネクタ直前のコンデンサ(100pF)を通して左右の音が漏れるというものだった。今回はその一部を実証した。

コンデンサはGNDに接続されているので、それを通して左右の音漏れが生じるなら、GNDの電位も変動するはずである。そこで、GNDの電位の変動を測定してみた。

構成:

PC (WaveGeneで右チャネルに-3dBの音を生成) → DEQ2496 → (左出力のGND → +, ケース左側のネジ → GND) → PC (WaveSpectraでスペクトラムを観察)

結果:

  • 生成した音=1kHz → 1kHzに約-111dBの山
  • 生成した音=20kHz → 20kHzに約-109dBの山

本当にわずかではあるが、GNDに音が漏れていることが確認できた。これは、GNDの電位が変動することを示している。また、漏れは高域で大きくなることが分かった。

ただし、コンデンサは沢山あるし、配線の浮遊容量の影響も考えられるし、電源電圧の変動が影響している可能性もあるので、高域でのクロストークの悪化の原因が例のコンデンサなのかは、まだ確定できない。

代理店に問い合わせたところ、メーカーから「仕様の範囲内」との回答が来たとのこと。原因は分からないが、まあ諦めよう。実用上は全く問題ないのだから。(9/3 19:12)

  •   0
  •   0

前回はもろくも崩れたのだが、昨夜から今朝にかけて、いろいろ考えたり試したりして推測した。

原因は、出力のXLRコネクタ直前のコンデンサ(100pF)ではないか。

DEQ-XLR-conn

容量が小さいしGNDにつながっているので、関係ないと思っていたのだが、これしかなさそうだ。

最初はフラットケーブルを疑ったのだが、その浮遊容量は、長さを10cmとすれば約5pFである。20kHzでのインピーダンスは約1.5MΩだ。

実際に5pFを左右チャネルの間に入れてクロストークを測れば、影響が分かるのだが、コンデンサが手元にないので抵抗で試した。すると、1MΩでも影響はなかった。よって、原因はフラットケーブルではない。

更に抵抗を小さくしていって、20kHzでのクロストーク(約-70dB)と同等の影響が出始める抵抗値を調べたところ、450kΩ程度であることが分かった。これを20kHzでのインピーダンスとすれば、容量は約18pFとなる。

そのくらいのコンデンサは回路中にない。が、上に述べたXLRコネクタ直前のコンデンサ(100pF)が、GNDにつながっているために影響が少なくなっているのではないだろうかと考えた。

これが正しいことを確認するには、改造(コンデンサの除去)が必要だが、それはしたくないので、「とりあえずの仮説」としておく。

PS. それにしても、このコンデンサは何のためにあるのだろうか。

  •   0
  •   0