Archive for the ‘PC・技術’ Category

今日は、ハード技術者とソフト技術者の認識の違いに驚いた。ハード技術者の指定で購入した評価ボードが、スペック的には良かったのに、今回の目的にはまったく役立たずだったのである。両者の間には深い谷があるようだ。どっちが悪いとかではなく、事前に十分な すり合わせが必要だと思った。

あと、自分では結構ハードウェアを知っているつもりだったが、知らないことが多いことが分かった。例えば、シリアルポートのコネクタ(に見える物)が実はCANのコネクタだったりしたことは、教えてもらうまで気付かなかった。また、BSP(ボードサポートパッケージ)やPSP(プラットフォーム-)がなければ、電源ON直後のシステム初期化なんて簡単にはできない。ましてや、OSのブートなんて。。。まだまだ学ぶべきことは多いな。でも、本当はこういうところがおもしろいんだよねー。

  •   0
  •   1

プログラミング歴は長いが、ソケットは面倒で、つい避けてしまうなあ。sockaddr_inとかなんとか似たような名前の型が多いし、bindとかlistenとかacceptとか、決まった手順を踏むのが面倒臭い。

  •   0
  •   0

MacBook Proの標準のキーボードに、Delete, Home, Endなどのキーが軒並みない。"Delete"と書かれたキーはあるが、実際にはBack Spaceだ。この3つのキーなくして、プログラミングは効率化できない! 僕はこの、信じられない日々を送っている。

仕方ないから、手元に余っているUSBキーボードでも繋いてみるかな。その場合、アップルキーは出るのだろうか?

アップルキーはAltキーで出たが、一部のキー配置がおかしかったり、どうにも使い勝手が悪かったので、あきらめて持って帰って来た。(夜)

  •   0
  •   0

先週は長距離ドライブをしたので、今週末はずっと寝ていた。それでも、土曜には床屋に行ってさっぱりした。しかし、この地元の床屋、お客が少ないのに早く仕上げて(普通は1時間くらい掛かるのに、30分で終わる)ちょっと雑(例: あごの下が切り傷だらけ)なので、次回は別のところを探そうと思っている。かといって、乱立している「1000円の床屋」にも行きたくないので、選択肢がなかなか少ない。

良くないと言えば、今通っている地元の歯科も良くない。奥歯の詰め物が取れて、それだけを直してくれればいいと、最初に書かされる紙に丸を付けたのに、余計な所を直されて、2か月位通っている。次回はキャンセルして、強制終了しよう。

田舎は閉じているせいか、こういう「生活の質」というのが低いのかも知れない。

話は変わって、近頃は暑いのを理由にして、散歩していない。涼しい朝にすればいいのだが。。。

あと、先日「忘れてた!」に書いたRubyの件は、Cで書くことにした。Cは機能が少ないので面倒だが、Rubyよりも簡単にできる処理(例: バイナリデータの処理)もある。今は、必要な機能を調べたり実現性を検証するため、簡単に書いているので、かなりスラスラ書けている。

最後に、キーボードが寿命のようだ。押しても反応しないことがある。前の会社で使っていた、スペアに替えるかな。

と思いきや、スペアに替えたら、キーに反応しない。元のキーボードもダメだ。USBコンバータ経由では動くので、PS/2ポートが壊れてしまったようだ。前から調子悪いとは思っていたが・・・ 仕方ないので、USB経由でスペアを使うことにした(USBコンバータは、前のPCとは相性が悪かったが、今のPCとは大丈夫そうだ)。スペアは、元のよりキーが若干軽い。(22:25)

PS. バックアップは、あと104GB、10日とちょっと。車が来る頃には終わりそうだな。(23:14)

  •   0
  •   1

「1分前」の時刻を求めるのに苦労した。うるう秒やうるう日がなければ簡単だったのに。。。力技で何とかしたが、来週、見直したい。

  •   1
  •   0

RubyにはGC(ガベージコレクション)があるってことを。GCがあるってことは、時々処理が停まるからリアルタイム処理には向かないのだ。それを忘れて全部Rubyで実装しようとしていたのだから、危ないところだった。早く気付いて良かった。

さて、どうするか? リアルタイム処理はCで書くか、GCでの速度低下が少ないと言われているmrubyで挑戦してみるか。

PS. mrubyも、リアルタイム処理用には作られていないようなので、Cで書くしかないかな。。。
PS2. Luaを試してみるか?

  •   0
  •   0