Archive for the ‘PC・技術’ Category

セットアップはなかなか面倒で、いろいろ苦情が出たのも分かる。

  • 箱が開きにくい、箱から取り出しにくい。
  • 楽天IDが必要。
  • 最初のアップデートに時間が掛かる、しかも手順が多い。
  • 「設定・同期」アイコンの感度が大変悪い(全然効かない)。
  • ソフトキーボードの操作性が少々悪い。

大体、30分~1時間くらい掛かった。

Ubuntuに接続したところ、ユーザ領域らしきパーティションがマウントされた。

さて、Linuxに入るにはどうすれば・・・w

さすがに、pingすら通らない。

お、こんな情報が見つかった。

素晴らしい! telnetでログインできたよ。(6:24)

と思いきや、余計なことをやって、元の木阿弥w

  •   0
  •   0

最初の曲"Mustapha"の冒頭の音量が小さくて聴きにくいと思っていたが、これはダイナミックレンジが広いせいだと気付いた。このアルバムではそういう曲がいくつかある。旧盤ではそんなことはなかったから、リマスタリングの時にダイナミックレンジを広げたのかも知れない。

そして、「ダイナミックレンジが広い」というのは、いいことだと思っていたが、そうとも限らないことに気付いた。

(技術的なことなので、「音楽」カテゴリにはしなかった)

補足解説(12/2早朝):

  • 音楽の「ダイナミックレンジ」とは: 音量の小さい部分と大きい部分の音量の差。本で例えれば、小さいフォントと大きいフォントのサイズの差。
  • 音楽で、ダイナミックレンジが広いと良くないこと: 大抵の再生環境では、音量の小さい箇所では手でボリュームを上げ、大きい箇所では下げることになり、煩雑。
  •   0
  •   0

昔から疑問に思っていました。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/T7he30zk4qYy/72e2fb40677e5fd1800d5bec0d5d66bd?ul=3XdE1xr7.xOzkh6xVCPToQ.SiLvVXH.
fEfrltk6e.pvGOd6nDsrLdGiYNNihSD5Te1V18r5nmuLv.Tym5LK8kKWbqPA_8oeO22VQtkIDOp_TbCwe3
音楽にネタ切れはくるのか? 数学的に検証(動画): http://rss.rssad.jp/rss/artclk/T7he30zk4qYy/72e2fb40677e5fd1800d5bec0d5d66bd?ul=3XdE1xr7.xOzkh6xVCPToQ.SiLvVXH.
fEfrltk6e.pvGOd6nDsrLdGiYNNihSD5Te1V18r5nmuLv.Tym5LK8kKWbqPA_8oeO22VQtkIDOp_TbCwe3

(2013/7/30: 長いURLを改行)

  •   0
  •   0

昔の会社の先輩Sさんから、kobo touchを頂いた(楽天がばらまいているようだ)。無論、これで電子書籍を読むつもりはなくw、(Linuxを動かして、)ブログのサーバーにしようと思っている。今は、一緒に頂いたチョコレートをおいしく食べて満足して、パッケージを開封していない。

追って、体験記を載せる予定。はまってきたら、ブログのカテゴリも追加しよう。

  •   0
  •   0

ピアノの音を美しく再生するのは、難しいものだ。

  •   0
  •   0

ちょっと高かったけど、玄関の電燈用に、人感センサスイッチを買ってみた。

ランプシェードが付けられなくなったので、不恰好ではあるが、なかなか便利だ。今まで、夜に出掛けたり帰宅した時には、スイッチを入り切りする手間があったのが省けた。特に、夜に出掛ける時は、暗闇の中をリビングから玄関まで歩くのを(何かにぶつかったりつまづいたりしそうで)、危険に感じていたので、それが解消されるはずだ。

ちなみに、人感センサ付き電球もあるが、大抵は明るさセンサも付いており、少し明るい(何lxとか書いてあるが、実際に点くのか点かないのか分からない!)と点かないのは不便だと思って、明るさセンサの付いてない、これにした。

  •   0
  •   0

新しいiMacは、薄さ5mm(最薄部)だそうだ。デスクトップマシンを、何のためにそんなに薄くするのだろうか? 厚さ20cmを5cmにするなら、価値はあるが。見栄えのため? 単にコストがかさむだけのような気がする。

  •   0
  •   0

気のせいか、音がリアルに聞こえる。特に、バスドラムやベースなどの低音が。そして、シンバルなどの高音も。それらを、大き目の音で聴きたくなる。聴き疲れしない音だからだろうか。リアルに聞こえるのは、大き目で聴いているせいかも知れない。

残念なのは、お隣への配慮からスピーカーでは大音量で聴けないので、エアコンを点けるとリアルな音も雑音にかき消されてしまうことだ。でも、ヘッドフォンならなかなか良い。ただ、大音量・長時間は耳に悪いので、注意している。この耳(突発性難聴の過去あり)、一体いつまで持つことだろうか。。。

「いつまで持つ」という話になると、眼(網膜剥離の過去)や歯(補修箇所が多い)や脳も気になるが、それは音の話題とは明らかに違う。だが、それぞれ大事に使って、長持ちさせたいものだ。(※じゃがさんのエントリにインスパイアされました)

PS. 不思議なもので、このDACでは、ピアノやオーケストラの音は余りリアルに聞こえない。特に、ピアノの音に艶がなく、くすんで聞こえる。なぜだ? ポップス向けなのか? CDの問題か? (5:57)

DACの電源プラグの極性を逆にしたら、少し改善したような気がする。不思議なものだ。(6:56)

  •   0
  •   0

さっき、Luxman DA-200が届いた(写真中段)。ずっしりと重い、それだけで満足。そして、添付の電源ケーブルが図太い(直径1cm位)のに驚いた。さすがピュアオーディオメーカー製だ。肝心の音は、周波数レンジが広い。特に低域が充実している。また、音が生き生きとしている。そして、音源の音質の良し悪しがはっきり区別できる。(全部、「ような気がする」)

CARAT-TOPAZ Signatureで問題だった、サンプリング周波数切り替え時のノイズはない。良かった。

最初、USB接続が失敗(ドライバーのインストールに失敗)して慌てたが、ハブを経由していたためのようだ。一旦直結で接続したら、うまく行った。

あと、アンプの上に置いてはいけない(熱で水晶の発振周波数が変動するためか)と指示されているので、追って置き方を工夫しよう。

アンプの下の棚を整理して置いた。ポリの小物入れの上というのが、ぐにゃぐにゃしていてちょっと気に入らない。あ、余ってる棚板を入れればいいのか。後でやってみよう。(11/28朝)

PS. ハブ経由だと認識されない問題は、再発した。とりあえず、PCと直結することにする。(11/28 19:42)

PS2. なんか、ヘッドフォンで聴く音がすごい。重低音が聞こえる。高音も。まともな電源が搭載されている効果だと思いたい。(11/28 22:43)

  •   0
  •   0

クリスマスには1月早いが、またまた偶然、欲しいDACが1万円安くなっていたので、注文してしまった。その店は、前回ヘッドフォンを買ったところだ。なかなか縁があるな。

注文したDACは、LuxmanのDA-200だ。かなり高価ではあるが、Made in Japanで、いい部品を使っていて、電源はACアダプタではなく、ヘッドフォンアンプ内蔵で、結構重量があるので決めた。売り切れていなければ、着くのは来週の中頃だろうか。どんな音が出て来るのか、とっても楽しみだ!

  •   0
  •   0