Archive for the ‘PC・技術’ Category

気付いたら、椅子(プラス giroflex 68)を買ってからほぼ1年経っていた。壊れたりもせず、基本的には問題なく使えているのだが、買った直後に貼った、脚の角のトゲ(写真赤丸内の小さい出っ張り)を覆うクッション(隙間テープ)が剥がれて来て、無意識に足をぶつけた時に痛い目に遭うようになった。それで、補修することにした。

IMG_2870_サイズ変更-1a

giroflex 68の痛い出っ張り

粘着(両面)テープで貼るのではまた剥がれると思い、エアキャップでくるんで紐で縛ろうかと思ったのだが、面倒なうえに見栄えが悪いので止めた。次に、挟んで固定するようなクッションはないかとホームセンターに行ったのだが、そんな都合のいいものなどある訳もなく、次善の策として、ゴムやスポンジなどのクッション材を強力な接着剤で貼ることを考えたのだが、脚の一部の材質がポリプロピレンとかだと付かない場合があることに気付いて選ぶのが面倒になったのと、売り場に「強力接着タイプ」と書かれたフェルトシートがあったので、これに賭けてみることにした。

実は、最初のクッションは今年の4月に剥がれて両面テープで貼り直したのだが、その粘着剤を落とすのが大変だった。窓に貼った断熱シートに添付されていたテープなのだが、根性がない癖にネチネチと鬱陶しい、性格の悪い奴だった。家にシール剥がし剤や有機溶剤などがある訳もなく、台所の除菌用アルコールは全く効果がなく、車用の洗剤を使ってみたが、粘りは完全には取れなかった。

雑巾で力を入れて拭って大体落ちたところで、フェルトシートを3×6cmに切って貼った。もう少し横を長くした方が剥がれにくそうな気がしたが、枚数を取れない感じだったので、シート1枚から6枚取れる、そのサイズにした。が、シートは2枚入っていたので、もっと長くしても良かったかも知れない(きちんと考えれば最適なサイズが分かったはずだが、脚は5本なのにシートは2枚と複雑で、面倒なので適当にやったw)。

さて、これはいつまでもつことやら。。。

  •   0
  •   1

先日、標準アプリ以外のプッシュ対応のメーラーを使うことで、さくらのメールサーバからリアルタイム受信ができることが分かった。それで、いくつか比較してどれを使うかを検討した。調べた限りでは、ある程度有名でプッシュ対応のメーラーは、以下の3つがあった。

  • Spark
  • Outlook
  • myMail

それらを、消費電力と使い勝手で評価した。消費電力は、Wi-Fi時とそうでない時(LTEや3G)で異なる(Wi-Fiでない場合に増える)ので、(Wi-Fi不使用の)会社に居る間の値を測定した。比較のため、標準アプリも評価した。設定したメールアカウントは5個だった。なお、どれもIMAPのプッシュ関係の設定変更は不可能なので、それで消費電力を調整することもできないようだ。

以下に、評価結果を書く。

Spark: △

  • 消費電力: 2.2%/h
  • 使い勝手: イマイチ
    • 受信時にバイブが振動しない(=着信音が鳴らない)ことがある。
    • ちょっと個性が強い。
    • 余計な機能(「いいね」の送信ボタンとか)が多い感じ。: 設定で変えられるかも知れないが。
    • バックグラウンド更新を停めても、通知を受ける。

※バイブが振動しないことがあるのでは、ちょっと使えないと思った。

Outlook: ○

  • 消費電力: 2.0%/h
  • 使い勝手: 悪くない
    • 受信通知が少し遅い(Spark+1分程度)。
    • 予定表機能はメールと統合されたサービス専用のようで(IMAPで予定にアクセスするのだろうか?)、iPhoneの予定は開けないし、CalDAVサーバには繋がらない。
    • 連絡先ボタンを押してもiPhoneの連絡先が開けない(ただし、メールの宛先としては参照可能)
    • しっくり来る。あまり設定を変えなくても使いやすい。
    • DMのようなのが選別されて、目につかなくなるのがうれしい(優先フォルダ機能)。
    • バックグラウンド更新を停めても、通知を受ける。

※画面下部に並ぶボタンが使えない物が多いのが嫌だが、メーラーとしては問題ない。意外にも評判がいいだけあって、なかなかいいと思う。

myMail: ×

  • 消費電力: (未測定)
  • 使い勝手: 駄目
    • 受信通知が遅いことがある(Outlookと同等)。
    • アカウント設定が楽な感じ。
    • アカウントごとに受信をon/offできるのは良い。
    • 署名など、細かい設定が多くて面倒。
    • フィルタがある。
    • 統合フォルダがない。

※統合フォルダ機能がないのでは話にならないので、評価を中止した。

標準アプリ: △

  • 消費電力: 1.8%/h
  • 使い勝手: 駄目
    • 最低限の機能しかない。
    • プッシュ受信できないサーバがほとんどなのがイタい。

※「おまけ」みたいな物(実際、おまけなのだが)。おまけだったらアンインストールできるようにして欲しいし、最高(だか芸術だか知らないが)とうたう物にこんなゴミを載せて胸を張らないで欲しい。唯一の取り柄は、消費電力が少ない(Outlookより約1割低い)だが、プッシュ設定できるアカウントが少ない(5個中1個)のだから当たり前なのかも知れない。

結論は、リアルタイム(プッシュ)受信が必要ならOutlook、低消費電力を重視するなら標準アプリである。それで、やっぱりリアルタイムの方がいいので、Outlookに乗り換えてみて、電池の消費が激しくて嫌になったら、標準に戻すことにした。

Outlookのリスクは、Microsoftの意向次第で、有料になったり廃止されたりする可能性があることだ。まあ、その時はまた考えることにしよう。

Outlookを試していたら、問題が見つかった。さくらのアカウントでメール送信すると、Outlookで送信エラーになってしまうのだ。Yahoo!での送信は問題ないので、さくらと相性が悪いようだ。設定を変更してみても直らず、それ以上変えられる項目がなく、現時点では解決する見込みがないので、仕方なく標準アプリに戻した。あと、携帯からのメールのSubjectが日本語の場合、化ける(MIMEがデコードされない)という問題もあった。やっぱり、Microsoftもヘボいなあ・・・ (2016/8/14 14:23)

 

PS. この評価と前後して、さくらにプッシュ受信のサポートについて問い合わせたところ、公式にはサポートしていないとのことだった(実際、仕様一覧には載ってない)。そして、サーバのリソース(メモリなど)消費量が増えるため(これは確かにそうで、アプリがサーバにずっと接続しているので、サーバのプロセスが動いたままになる)、できれば連続して使って欲しくないとのことだった。また、環境によって使えたりそうでなかったりするとも書いていた。プッシュはいろいろな問題をはらんでいるようだ。

(日頃、全く問題が起こらないので、)さくらのサポートを使ったのは初めての気がするが、こういう明快な回答がもらえて、良い印象を受けた。同じ回答内容でも、(会社によっては)待ち時間の長さや表現が良くなくて、随分印象が違うように感じる。良くあるのは、(今回の話題には関係ないが)バカのひとつ覚えのように、まず再起動とか再インストールとか再設定をやらせるパターンだ。なんというのか、誠意とか技術的知識の有無とか論理的思考の持ち主かどうかが関係しているのかも知れない。

  •   0
  •   1

iPhone 6sの防水ケースをLIFEPROOFにしてから、いつの間にか半年経っていた。買った時は、その前に使っていた最低最悪のMeritのように、(最近のはコストダウンしているだろうから)Lightningコネクタの蓋が壊れてしまうのではないかと、ちょっと心配していたのだが、(当たり前のことだが)壊れずにいる。

LIFEPROOFのおかげで、雨の中でも気兼ねなく取り出して操作できるし、かがんだ拍子に胸ポケットから落ちてしまったことが何度かあったが、全く問題は起こっていない。

やっぱり、ちゃんとしているものはいいのだ。

 

(題は、naokiさんにインスパイアされましたw)

  •   0
  •   0

先週から、「さくらのメールボックス」というメールサービスを試し始めた。いろいろ試して概ね問題がないことが分かったので、Yahoo!メールやGmailから移行することにした。一番の心配は、以前のように、送信メールが国内携帯キャリアのおせっかいなスパム判定に引っ掛からないかだったのだが、3大キャリアを使っている、家族やおじさんや友人にテストメールを送って試させてもらって問題なかったから、大丈夫そうだ。結局、スパム判定回避にはSPFの設定で充分なことが分かった。(余談: この過程で、久し振りにおじさんや友人と連絡が取れたのは良かった。)

今までに見つかったただ一つの欠点は、(さくらはIMAP対応なのだが、)iPhoneではリアルタイム受信できない(「プッシュ」にならない)ということだ(Thunderbirdでももちろんできない)。以前にも書いた気がするが、何かの特殊な仕様なのだろう(この仕様にはGoogle派(Thunderbirdはこちら)とApple派(Yahoo!はこちら)があるようだ)。通常はリアルタイムでなくてもいいのだが、防災情報などのように、なるべく早く受け取りたい情報はあるし、人と待ち合わせする時も、何かあったらすぐに連絡を受け取りたい。おそらく、現代ではLINEなどを使うのが一般的なのだろうが、嫌いなので使わない(そもそも、そういうのから脱却したいのだから)。

それで、当面の妥協案として、リアルタイム受信したいアドレスは、さくらからYahoo!(「プッシュ」になる)に転送することにした。付き合いのある方や各種サイトにはさくらのアドレスを連絡・登録しておいて、受信はYahoo!を経由するのだ。ただ、そもそも、Yahoo!などから脱却するために始めたにも関わらず、最後でYahoo!に頼るのは心苦しいのだが、まあ、いつでもすぐに脱却できるようになったのだから、目的は達せられたと考える。 (リアルタイム受信は諦めた: 理由は下記PS4を参照のこと。8/7 11:21)

iPhoneでリアルタイム受信をする方法が分かった。標準のでなく、別のメーラーを使えばいいのだ。たまたま、別件(メールの振り分け機能がないか)でSparkとOutlookを試したら、どちらもさくらからのプッシュ受信ができることが分かった。それで、Sparkを試してみることにした。要は、iPhoneの標準メーラーの出来が悪いということだ。常々感じているのだが、Appleって、一般的な評判ほど良くない。特にソフトにはひどいものが多いと思う。(8/7 21:03)

(ここでAppleをディスります) Apple製品は、どれも上から目線なのが気に入らない。世の中の標準や一般的な仕様を顧みずに、「自分たちが作る物が標準だ、最高の物だ」って言い張って偉そうな顔している。「そんなの、標準に対応できないだけのゴミだ!」と僕は思う。なのに、信者連中がありがたがってホイホイ買うから、Appleがつけあがるのだ。お前ら、今まで何回、ケーブルだのコネクタだのを買い直したか覚えてるか? 今度はイヤホンも買い直しだね。うれしい?w (8/7 21:24, 8/8 3:37 リンク追加)

あと、スパム対策として、用途(例: 知人、買い物)によって複数のアドレスを使い分けることにした。さくらは複数のアドレスを作れるので、それが容易だ。今までも何となくそうしていたが、今後はより厳密に運用したい。ただ、使い分けたところで、すべてのサイトに対して別々のアドレスを作れる訳ではないから、効果は限定的だ。が、まあ仕方ない。

それから、サブドメインが分かると、名前を適当に生成してメールを送る業者もありそうなので、それを防ぐため、このブログに記載するアドレスは(Yahoo!が使える間は)Yahoo!のままにしておく。ただ、これにしたって、DNSを検索すれば、メールを受け取るドメイン名はいくらでも出て来るのだから、それほど実効性はないのかも知れないし、そもそも、アドレスを教えたり登録した先から漏れる可能性だってある。が、まあ、何もしないよりはいいだろう。全く、セキュリティは奥が深い。いかに悪いことを思い付けるかにかかっている。

PS. これから各サイトの登録変更をするのだが、暑くて全くやる気が出ない(出ないので、これを書いている)・・・まあ、今日明日にYahoo!メールがなくなる訳ではないからいいかw

PS2. ふと気付いたのだが、さくら自体の連絡先はさくらにはできない。設定は可能だろうが、もしメールサービスを停めたら、連絡が取れなくなってしまうからだ。だから、ここでもYahoo!に頼るしかないようだ。世の中はなかなか難しい。。。(18:55)

PS3. 買い物や銀行などの各種サイトの変更が大体終わった。約40サイトで延べ3時間くらい掛かった。山ほどの「確認メール」が来た。セキュリティが無駄に厳しい某銀行は、設定した覚えのない、新たな種類のパスワードが追加されていて、焦ったり手こずったりした。。。あと、webでは変更できないところや、なぜかログインできないところなどが約4サイトあって、次回使う時に「何とか」することにした。(21:23)

PS3. Vectorは、ログイン時に画像認証も併用しているのだが、それが、ひらがなで、外国人はログインできるのかと思った。まあ、英語版のページがないのなら同じことか。でも、なんか妙な感じ。僕ならそうはしないだろう。(22時)

PS4. 使っているうちに、リアルタイム受信のために転送すると、返信する時に差出人を元々の宛先に自分で直さないといけない(Thunderbird, iPhone共に)から面倒なことが分かったので、リアルタイム受信は諦めることにした。(8/7 11:19)

  •   0
  •   1

突然ですが、皆さんは、次の2つの写真のどちらが好ましいでしょうか。異なるデジカメで撮影されたもので、画素数を揃えています。

20160804-iw-f23

#1

 

20160804-iw-h24-1

#2

僕は、「どちらがものすごくいい」とは言えないのですが、どちらかと言えば#1の方が好ましいです。クリックして大きくして見ると、画質は#2の方がいいようですが、「ぱっと見」は#1と思います。

では、次の2枚はどうでしょう。

20160804-iw-33-1

#3

 

20160804-iw-d01

#4

これは即座に#4ではないでしょうか。色は少し悪いですが、#3はピンボケですからね。

 

 

 

では、答え(事実)を書きます。

それぞれは、現代と20年前のコンデジで撮影されたものです。Impress Watchの記事で比較されています(原画像も載っています)。画像とカメラの対応は、以下のとおりです。

  • #1, #4: 20年前 (Canon PowerShot 600)
  • #2, #3: 現代 (Canon PowerShot G7 X Mark II)

僕の目が悪いのでしょうか。。。違う気がします。技術の進歩よりも、もっと大切なことがあるのではないかと思います。

#3がピンボケなのは、カメラマンが下手なのか目が悪いのか(記事では現代のをベタ褒めですが)、急いでいて見落としたのか分かりませんが、「最新の高いカメラなんだろっ!」と言いたくなります。そんな物に、20Mピクセル、7MBも費やす必要があるのだろうかと思います。僕に言わせれば、まったくの無駄です。

(毎度、大変くどいですが)これと同じことが、ハイレゾ音楽(メディア)や4K・8Kテレビにも言えるのではないでしょうか。

という訳で、技術が進歩したからと言って、必ずしも中身も良くなっている訳ではないということを感じました。まあ、人間が使うのだから、最後はそこ(人の腕とかセンスとか心)に依存するということでしょうか。

 

(21:31 リンクにしても説明は見えないので、元記事をリンクにした)

PS. #1と#2を見ていて気付いたのだが、どちらかが左右反転しているようだ。猫の顔の模様が逆になっている(#1の鼻の、向かって右横の白い筋が分かりやすいし、#1の左腕の模様でも分かる)。うーん、このカメラマンはいろいろと・・・「あ、察し」ってやつ?w (21:29)

  •   0
  •   0

かなり前から、CDなどのブックレットなどに買った日を記入している(柄や紙質の関係で書けない場合は、ポストイットに書いて貼っている)。大学の友人Wがそんなことをしているのを見てなるほどと思ったので、それから何年か後に始めた記憶がある。まあ、一般的には些細な情報なのだが、後で見ると、「へえ」と思うことがあるし、聴きながら、「いつ頃の曲だっけ」は良くあるが、たまに「いつ頃買ったんだっけ?」と思って見ることもある(近頃は、ブックレットを押入れ収納ケースの中に積み重ねて収納しているので、それは困難になってしまったが)。

ところが、先日、CDからの脱却を決意したので、ダウンロード購入の曲には当然ブックレットなどがないから書く場所もなく、どうやって購入日を記録するか考えていた。もちろん、曲のファイルのタイムスタンプを見れば分かるが、コピーや変換した時に変わってしまう可能性があるので、万全ではない。

それで、少し考えて、ファイルと同じディレクトリに購入日などを記録したテキストファイルを置くという案にし掛けたのだが、それもちょっと面倒なので、曲のファイルのカスタムタグ(名前は"Purchased"にした)に、以下のような書式で購入日と購入元を記録することにした。

年/月/日 (購入元)

例: 2016/8/2 (OTOTOY)

ただ、実際の運用を考えると、ダウンロード購入を頻繁にするようになったら、購入日の設定(記録)を忘れてしまいそうだ。どうにかして自動的に設定できるようにしてみたい気がする。

(以下は、MusicBeeの使い方の話題となる。)

MusicBeeのカスタムタグを曲のファイル内に保存する方法

MusicBeeでは、カスタムタグを定義するのは簡単だ(「設定」→「タグ(1)」の「カスタムタグ」)。ただ、普通にそうしただけでは、タグの情報はMusicBeeのデータベースにしか記録されないので、MusicBeeが使えなくなった場合に失われてしまう。それで、音楽ファイル内に記録する方法を考えた。

問題は、音楽ファイルにはMP3やFLACなど、いろいろな種類があるので、それぞれに対応した記録方法にする必要があることだ。幸い、MusicBeeはそれを容易にする手段を提供している。カスタムタグの定義機能だ。

(以下、MusicBee 2.5の場合)

上で開いた設定ウインドウの、「カスタムタグ」の領域の右下の「新しいタグを定義する」ボタンを押すと、新しい(ファイル内に記録する)カスタムタグを定義することができる。そのウインドウの「識別子」は、そのタグのMusicBee内での名前で、その右の5つの欄には、各ファイル形式(MP3, FLAC・OGG, WV・MPC, AAC・M4A, WMA)でのタグ名を書く。

カスタムタグのタグ名は、基本的には任意の文字列でいいようだ。ただし、MP3では大文字にするのが一般的なようだ。また、WMAでは希望するタグ名の前に"WM/"を付ける必要があるようだ。実際には付けなくてもいいのかも知れないが、付けないと、外部のタグ表示プログラムでは表示されなかった。

細かい話: MP3では、カスタムタグはTXXXタグを使って記述するのが一般的なようだが、MusicBeeは自動的にそうするので、意識しなくて良い。

なお、WAVフォーマットのファイルにはカスタムタグは付けられなさそうだ(WAVに使えるタグはとても限られているので)。

※タグの仕様や内容については、それぞれのファイル形式の仕様を熟知していないので、あくまでも、実際のファイルやプログラムの動作からの推測である。

次は購入日("Purchased")のカスタムタグを定義した例である。

mb-custom-tag-def

基本的には、「識別子」の欄に定義したいカスタムタグの名前を記入すると、右側の各欄が自動的に記入されるので、WMAのところにだけ"WM/"を前に付けて「保存」ボタンを押せば良い。

次に、定義したカスタムタグをMusicBeeから操作(表示・設定)できるようにする。設定の「タグ(1)」の「カスタムタグ」の一覧をスクロールし、未使用のタグを探す(私は「カスタム 7」="Custom7"を使った)。その「表示名」の欄に、MusicBeeでそのタグを表示する際の名前を入れる(タグ名と同じ"Purchased"としたが、「購入日」でも良い)。次に、その右のプルダウンメニューで、先ほど定義したカスタムタグ名を選択する(ここも"Purchased"となる)。

mb-custom-tag-assign

これで「保存」ボタンを押すと、MusicBeeに反映される(この後、ライブラリ内の各ファイルをスキャンする処理がバックグラウンドで実行される)。

音楽ファイルへのカスタムタグ(この場合は購入日)の設定(記録)方法は、以下の手順である。

  1. 設定したい曲を選択し、右クリック→「編集」を選択する。
  2. 「タグ(2)」のタブを選択すると、上で定義したカスタムタグの欄(この場合は"Purchased")があるので、そこにタグに設定する値(この場合は購入日と購入元)を書きこんで、「保存」ボタンを押せば、設定される。

mb-custom-tag-set

設定したタグの表示は、通常と同様に、曲一覧の画面のフィールド名の行を右クリックし、「表示するフィールドのカスタマイズ...」を選択し、先ほど定義したカスタムタグ(ここでは"Purchased")を表示するように設定すれば良い。

mb-custom-tag-show

カスタムタグが本当にファイルに記録されているかは、他のタグ表示プログラムで見ればよい。TagScannerでは、"Advanced"のタブに表示される。Mp3tagでは、ファイルを右クリックして「タグを編集」を選択すると、表示される。

TagScannerでの表示例:

mb-custom-tag-tag-scanner-2

カスタムタグの記録は、曲のファイルをバイナリエディタでダンプしても確認できる。ただし、WMAだけは容易には文字列が見つからない。文字列がUnicode (UTF-16LE)で格納されているためである。

MP3のダンプ例(上とは別の曲、TXXXタグが使われている):

mb-custom-tag-dump-mp3

WMAのダンプ例(MP3と同じ曲、UTF-16LEで記述されている):

mb-custom-tag-dump-wma

(8/2 5:57 WMAのタグの内容について修正、ダンプ例を追加、段落の構成を少し修正、タグについての補足を記載、細かい補足を追加; 8/2 6:07 ファイルに記録する書式と例を追加、若干修正; 8/2 19:06 わずかに加筆)

  •   0
  •   0

気付いたら、長らく目障りだった「タダだからWin10にしろ」のアイコンが、無くなっていた。でも、ちょっと気になっていることがある。ほとぼりが冷めた頃に、

期間限定 Windows 10 アップグレード **off キャンペーン

が始まるのではないかと。今度は無料ではなく、割り引きで(爆) しかも、時間をおいて何度も繰り返されるのではないかと。単なる笑い話ならいいけど。。。

  •   0
  •   1

結構前に書いた気がするが、まだまだ見掛けるので、再びディスりたくなった。

(7/31 6:51 実例へのリンクを追加, 8:36 Disclaimer追加, 18:26 微修正, 8/6 18:42 広告ブロックのサイトへのリンクを追加, 8/6 20:29 メールアドレス2回入力のサイトへのリンクを追加)

PS. 某女史の会見ビデオを見たら、実際には「ありまーーす」とは言ってないことが分かりました。謹んで訂正します。何分にもTVがないので、読んだことしかないのですw (18:32)

PS2. 上に挙げた中で、アフィリエイト・広告の件、メールアドレスの2回入力の件、「責任は取らない」件については、更に言いたいことがあるので、あとで(いつか)詳しく書きたい。(7/31 21:19)

  •   0
  •   0

Yahoo! (US)のネット部門が買収の運びとなったので、そろそろ、Yahoo!メール (日本)からの脱却を検討しないといけない気分になっている。

会社が全部買収されればこんな心配はないのだが、ネット部門だけなので、Yahoo!という会社は(買収されなかったカス部門が)別に存在するから、ネット部門では"Yahoo!"という名前が使えなくなる可能性がある。すると、ドメイン名もということになる。ドメイン名が使えなくなったら、メールアドレスも強制的に変更だ。日本のYahoo!だって、親会社の社名が変わってしまったら、そのままってのも難しい気がする。

まあ、現実には、お金を払ってドメイン名を継続する気はするが、お金はないらしいし、今はいろいろ信じられないことは起こるから、どうだろう。数年は大丈夫と思うが、決まったら、半年とか1年で変更させられるような気がする。

という訳で、乗り換えを検討しているのだが、

  1. 自分のサーバは、以前試したように、携帯に送信すると(ドメイン名が有名じゃないから)ハネられる
  2. 光や携帯のプロバイダは(大嫌いだから)変える可能性があるので、そこのメールは使えない。
  3. Googleなんて、(使ってはいるけど)嫌。
  4. 有名な(安全とみなされている)ドメインを使える、ずっと継続しそうなメールサービス(有料でも可)があれば。。。

ってことになるのだが、今時、単なるメールサービスなんて皆無だろう。あっても、いつ終わるか分からない。でもまあ、ダメ元で検索はしてみたい。それが駄目なら、自分のサーバで携帯にハネられない方法を調べてみよう。

少し調査・検討したところ、メールサービスとしては、さくらインターネットやお名前.comのがあることが分かった。

お名前.comのは独自ドメインを使うサービスで、独自ドメインは携帯キャリアのスパム判定に弱そうなので、今回は対象外とした。また、さくらは今も使っているので安心感がある(お名前.comも使ってはいるが、商売があこぎな感じがする)し、シェアは高いので、そうそう潰れることもなさそうだ。

それで、さくらを使うか、自分のサーバで構築するか検討したのだが、自分のサーバでは、jpドメインが要りそう(それでも無駄かも知れない)なのと、各種の認証システム(SPFやDKIM)に対応しないとスパム扱いされる可能性があるため、立ち上げと管理が結構な手間になりそうだと思った。

それで、さくらのサービス(さくらのメールボックス)を試すことにした。料金は1029円/年と安い。2週間はお試し期間で無料なので、駄目なら止められるのも気楽でいい。そして、ここには書かないが、とても楽しいサブドメイン名が取れたのも、試用を後押しした。(7/28 6:06)

朝早速試したら、母と一人の妹には届いたのだが、もう一人の妹には届かなかった。ドメイン制限をきつくしているのではないかと思う。ドメインを追加してもらおうか、検討中だ。基本的には、IMAP対応でiPhoneとThunderbirdでリアルタイムに受信できるので、なかなか良い感じではある。(7/28 19:11)

届かないほうの妹に設定追加を頼んだら、制限はしていないとのことだったので、キャリア(docomo)のサーバではねられていると考え、いろいろ調べて、まずはSPFを設定してみることにした。さくらでは設定できないと思い込んでいて、自分のドメインを使うしかないかと思っていたのだが、更によく調べたら、さくらでも設定できた。そして、みごと送信に成功した。docomo携帯の迷惑メール判定には、SPFだけで効果があるようだ。意外に簡単だった。あとは、その他のことをいろいろ確認して、順次移行して行こう。(7/28 21:51)

結局、昔、自分のサーバから送信して携帯にハネられていたのは、ドメイン名が有名じゃないからではなくて、SPFの設定をしてなかったからのようだ。(7/29 5:09)

  •   0
  •   2

(暇な時のCuRAZYネタ: 元記事)

これを見ただけで、猫が飼いたくなったw

20160724-curazy-cat

(リンクで充分なんだが、可愛いのでキャプチャした)

他にも(これも可愛いw)こういう写真はあるようだが、どうしたら写るのか、結構不思議だ。あ、もしかして、「猿にタイプライターを与えておくと、シェイクスピアの作品を書く可能性がある」ってやつの一部が実現したのか。じゃあ、そのうち、猫が「吾輩は猫である」を書く日も来そうだなw

PS. 他に、元記事の5番なんてのもおいしい。

  •   0
  •   1