Archive for the ‘PC・技術’ Category

珍しく1週間空いた。年度末で仕事が超忙しかった訳ではなくw、ひたすらJACKの調整(耳が痛くなる原因の究明と、そうならない設定・方法を探す)をしていた。毎晩夜更しで寝不足だ。それで疲れ果てて、昨日は、「もう飽きたし、(内蔵サウンドカードやJACKを使うことに意味はなく、普通の女の子に戻りたいに音楽を聴きたいから)止めようかという気になっていた。

ただ、それでも諦めないのが僕のしつこいところだ。折角買ったサウンドカードが無駄になるのが癪だというセコさもある。それで、昨日、もしJACKが音を悪くする(僕の耳に痛い)なら、PulseAudio(JACKでない、Linuxの普通のサウンド・システム)で使ってみようかと思った(正確には、「もしPulseAudioで耳が痛くならないなら、JACKが原因であることが分かる」ということ)。

ただ、PulseAudioだと使えるイコライザがほとんどなくて不便なのだが、調べたら、JACKで使っているもの(LADSPAプラグイン)を使う手があることが分かった。ただ、それをちゃんとやるのは面倒なので、まずは、手軽に使えるイコライザ(pulseaudio-equalizer)を今までのグライコの設定に近くして聴いてみることにした。

意外なことに、勘で目分量で設定したのにも関わらず、数回でかなり近くできた。ただ、左右別の設定ができないようなので、右だけ下げる箇所(80Hz付近)は一旦諦めた。

聴いてみると、JACKの時と同様に、耳が塞がるようになってそのうち痛くなそうな感じがすることがあったが、(JACKの場合は1分以内に痛くなることが多いのに、)2時間近く経っても決定的に痛く(聴くのが「嫌」としか言いようがなくなる)はならなかった。それで、PulseAudioでは問題が起こらなそうなことが分かり、更に、JACKと共通に使っているサウンドカードやDACにも問題がなさそうなことが分かった。

pulseaudio-equalizerについて少し調べたら、内部では、Steve HarrisのMultiband Eq (mbeq)というLADSPAプラグインを使っており、それはJACKでも使えるので、実際にJACKに入れて同じ特性にして、耳がどうなるか試すことにした。もし問題なければ、耳痛の原因は、ほぼ、JACKで使っていたイコライザ(Calf Jack Hostの5バンドイコライザなど)ということになる。

約2時間経過したが、PulseAudioの時と全く同様に、そのうち痛くなりそうな感じなのだが、決定的に痛くはなっていない。もう少し様子を見る必要はあるが、JACKは問題ではない可能性が高い。まあ、それはそうで、そんな基本的なモジュールが原因で音がおかしくなったら、みんな文句を言うし、使われないだろう。

だったらイコライザが悪いということになるのだが、それにしたって、みんな使っているのに耳が痛くなるほどいい加減なものばかり(1個だけじゃなく、複数が駄目だった)というのは信じがたい。個人(体質)的なものなのだろうか?

一方、元のグライコ(DEQ2496)では問題なかったから、やっぱりソフトがどこかいい加減なのかも知れない。まあ、DEQ2496でもPEQで補正し過ぎると痛くなったので、イコライザの性質や特性ということなのだろうか。

とはいえ、今やっているのは「補正し過ぎ」とは言えない程度の軽い補正だから、性質や特性としたら、ほとんどのイコライザは「使えない」ものなのだろうか? もしそうだとしたら、そんないい加減ものに大切な音を任せていいのか?!という話になる・・・

(22:11) 仕事じゃないので、上記の重要(で難しい)な問題は一旦置いておいてw、mbeqとJACKは概ね問題なさそうだった。ただ、元々の補正からずれているという欠点がある。下図のように概ねいい感じなのだが、超低域や右チャネルの80Hzが駄目だ。超低域は、mbeqの仕様で最低の帯域(50Hz)がLowshelfフィルタになってしまっているためだ。これが普通のに切り替えられれば良かったのに・・・ あと、どうしてか、歪みが多いという問題もある。低域で多く、多いところでは約0.6%(-45dB)もある。

まあ、特性は大体合っているし(そもそも、ズレの大きい50Hz以下なんて、僕のスピーカーではほとんど出ない帯域だ)、歪みだって聴いて分からないから大きな問題はないのだが、欲深い僕は、もうちょっと良くしたくなった。

既に書いたように、耳に優しいイコライザはほとんどないのだが、Calf Jack Hostの30バンドイコライザ(EQ30)は、mbeqと同様に(PEQでなく)グライコなので、もしかしたら耳が痛くならないかも知れないと思って試してみた。PEQに慣れるとグライコの設定は逆に面倒だ。特にこれはバンド数が多く、しかも、左右別でコピー機能なんでないので、それらを一個ずつ設定するのはなかなかの苦痛だった。見た目は壮観で格好いいけど、僕はもう中二じゃないのでw

余談: 「中二」と書いて思い出した。僕はその頃、本当にグライコ(PEQではダメだった)が欲しくてたまらなかった。画像のような、ずらっと並ぶのが欲しかったが、ものすごく高くて、全く無理だった。それで、数バンドのを作ろうかとか思ったが、それすらも高かったし、意味がなさそうだったので止めた気がする。あと、同様にスペアナも欲しかったが、やっぱり手に入らなかった。それが、今では、PCでタダで実現できるんだから、是非当時の僕に教えてあげたい。でも、教えても、逆に悔しがるだけかw

特性を見ると、ガタガタでいかにも音が悪そうだったのだが、聴いてみると、意外に悪くなかった。そして、耳の痛みに関してはmbeqと同等だったので、これを試すことにした。また、見た目に反して歪みも問題なかった。こっちは高域で大きくなるのだが、最高でも0.006%(-85dB)程度で、100倍良くなった。

周波数特性がガタガタな理由については良くは分からないが、平滑化をしていないためだと思う。その音が問題ないのは、このグラフは周波数領域で、それを聴く訳ではなく、人間が聴く時間領域に変換すれば滑らかになるのだと思う。実際、時間領域で大変滑らかな正弦波は、周波数領域では鋭い縦線になり、見た目では鋭い音になりそうだが、そんなことはない。

なお、EQ30のフィルタはバタワース型にした。チェビシェフ型は周波数特性が更にガタガタ(櫛型になっている)なので、さすがに問題ありそうだからやめた。

EQ30の欠点は、CPU負荷が常時約20%と高いことだ。こんなに帯域(30バンド×2= 60バンド)が多ければ、処理量も増えるだろう。ただ、それでも、PC全体では90%程度がアイドル時間になっているので、大きな問題はなさそうだ。

音に関しては、約4時間聴いているが、試聴に使っているRushのアルバムではキツい点もあったものの、それでもmbeqと同等だし、普通のビートルズのアルバムでは、耳痛については全く問題ない。これで決着すればありがたいのだが・・・ ← 今ココ

もしこれがOKなら、あとで、(とても面倒なのだが、)スピーカーの音を測定して微調整したい。ビートルズの曲でベースが不自然に強い箇所があったので、グライコの調整が要るようだ。元の特性で、超低域を持ち上げている(実際には、その手前で下げたのを戻しているだけ)のが余り良くなくて、もう少し控える方がいいのかも知れない。あるいは、単に部屋の共振周波数に合っているために、どうしても下げられない音だったのかも知れない。

そして、頑張ってEQ30を設定したものの、mbeqが最適(しかも、何十個でなく、たった数個の設定でほとんどの条件を満たすうえに、見た目も美しいwのは、すごくスマートじゃないか)な気がして来たが、実測値を見て考えよう。

(つづく)

 

PS. 以下、前回から今までに試したことを列挙する(特に記載のない限り、耳痛に対して効果はなかった)。

  • 別のイコライザにしてみる。 → 以下を試したが、どれも耳痛が起こった。
    • EQ4Q Stereo, Triple band parametric with shelves
  • (単音でなく、)ピンクノイズでイコライザの周波数特性を測って、問題の有無を調べる。 → 特に問題はなかった。
  • DeEsserというフィルタで、高音が強い時だけ下げることを試した。
  • JACKの設定をデフォルトにしてみた。
  • 音楽再生アプリ(gmusicbrowser, GMB)からPulseAudioを経由せずに、直接ALSAからJACKに入れてみた。
  • サウンドカードのデバイス名の指定を変えてみた。
  • GMBの出力をGstreamer(音楽再生・処理モジュール)でなくmplayerにしてみた。 → 有意の差はなかった。
  • 構成図を描いて状況を整理し、耳痛の原因となるすべての可能性を再検討した。
    • PCのオーディオ関係の構成図 (上: JACK, 下: 従来)

  • 消去法により、以下が耳痛の原因である可能性が高そうだった。
    • JACKで使っているイコライザ: 何らかの原因により、6kHz辺りの音が異常(混変調ひずみ?)になっている。
    • サウンドカードのドライバ: (今考えると、別のドライバを使っているであろう、元のグライコでも耳が痛くなったので、無関係だろう)
  • RMAAというソフトで混変調ひずみ率を測ろうとしたが、Windowsアプリのためか、うまく動かなかった。その後、一般的な「混変調ひずみ率」は特定の周波数2個しか使わないので、今回は意味がない可能性が高いことに気付いた。
  • 超高域(>=10kHzなど)を更に下げてみたが、元のグライコ(DEQ2496)では下げていないにも関わらず問題はなかったので、無関係なことに気付いた。
  • 再度、6kHz辺りを下げてみた。 → やっぱり、効果がある感じだった。
  • JACKのバッファサイズを減らしてみた。
  • ピンクノイズで元のグライコの周波数特性を測った。 → 補正している帯域以外は概ね平坦で、特に変わった点(例: 6kHz付近の定常的な上昇)はなかった。
  • DACの入力オーバーでのひずみを検討したが、理論上、起こらないことが分かった。そもそも、通常時のレベルメーターの目視で最大レベルが-3dBを超えることがないのにも関わらず耳が痛くなるので、無関係なことが分かった。
  • ディザーを入れていないための量子化ひずみを疑い、JACKに設定してみたが、特に改善はなかった。そもそも、ディザーは量子化ビット数を減らす時に、微小音で起こるものなので、今は関係ないことが分かった。
  • クラシック音楽では耳の痛みは全く起こらないので、違いを調べたが、(予想どおり)ポップ音楽は高音成分がかなり多いことが分かったので、再度DeEsserを試したが、イコライザとの違いは感じられなかった。
  • 元のグライコに戻したら、やっぱり、耳痛は起こらなくなった。
  • DACのロールオフ特性を"Slow"にしてみた。ただ、元のグライコでは、同じDACで音を出しているにも関わらず、PC側をJACKにした場合だけ耳が痛くなったので、これも関係ないことが分かった。
  • 再度、ピンクノイズやホワイトノイズで、元のグライコとJACKのイコライザの特性を比較した。 → 大きな違いはなかった。
  • PulseAudioを使うことや、新しいサウンドカードを諦めて元のグライコに戻ることも選択肢に入れることにした。
  • PulseAudioを調べたら、意外にいろいろな機能があるので、JACKでなくても必要条件(特に、2つの出力(スピーカーとヘッドフォン)に対してイコライザの有無を独立に設定できる)が満たせるかも知れないことが分かった。
  • (JACKでなく)PulseAudioを使った時に耳痛がどうなるかを試したところ、大丈夫そうだった。

PS2. 耳痛に関する進捗は今ひとつなのだが、それ以外はかなり進歩した。JACKを使うにはqjackctlというアプリを使うのが定番なのだが、僕にはすごく使いにくいので、自分で代わりのプログラムを作って、qjackctlを使わずに済むようにした。

その結果、JACKのモジュール間の接続(仮想的な配線)をCarla(このシリーズには似たような名前の同様な機能のソフトがいくつかあるが、Carlaはイコライザなどのモジュールの追加もできるのが良い)で行うことができるようになり、とても便利になった。また、接続が変わったら自動的に保存し、あとで復帰できるようにするプログラムも作ったが、Carlaの機能を使えば不要なのかも知れない。

Carlaのパッチベイ (配線状態)

更に、今までは、スリープとスリープからの復帰時にいろいろな処理をしていたが、qjackctlを止めたおかげか、何もしなくて済む(復帰後に何もしなくても、ちゃんと音が出る)ようになった。

PS3. イコライザを確認する時に聴いたのは、Rushの"Power Windows" (1985)や"Hold Your Fire" (1987)が多かった。高域が強いようで、駄目な時はすぐに「来る」のだ。どちらも大好きなアルバムだが、何度も聴いたうえに痛い目にも遭っているのでちょっと良くない・・・ こんなオーディオマニアのような聴き方から早く脱却したいものだw

  •   0
  •   0

グライコ(DEQ2496)を使わず、PCのJACKの(ソフトの)イコライザで音質を補正した時に起こる耳の痛みが解決したかも知れない。

今のところの原因は、特定の周波数(6.2kHz付近)の音が僕の耳を攻撃していたことのようだ。

前回の対処の、超高域(>=16kHz)を下げるのは、やっぱり駄目な感じだった。その辺りの特性を微調整しても駄目だったので、耳の痛くなる周波数を探して、下げてみることにした。

最初は、良く言われている、4kHz辺りを試したが、どうも効果がないようだった。それで、耳が痛くなりやすかった曲(例: 戸川純 "Joe le Taxi")を掛けたり、周波数を変えながら正弦波を出して、耳の感じを探った。なかなか分からなかったのだが、半ば勘で6.2kHz辺りとして、そこを3dB下げてみた(Q=5)。

耳が痛くなる辺り(6.2kHz)を下げてみた(赤, DACは通さずに測定)。 (黒はオリジナル(グライコ= DEQ2496))

なお、前回原因と考えた、超高域(>=16kHz)は無関係のようなので、カットしないことにした。もちろん聴こえないからどっちでもいいのだが、例え意味がなくても「(とりあえずスピーカーからは)原音再生」が理想なのでw、そのまま出すことにした。それに、フィルタ(信号処理)は少ないに越したことはないから、そのままでいいならその方がいい。

悪くない感じで、まだ2時間くらいしか聴いていないが、(若干兆候はあるものの)まだ耳は痛くなっていない。これが解かどうかは分からないが、もしそうだとしたら、この辺りの音は、僕の苦手な音(例: 黒板を引っ掻いた音、発泡スチロールをこすった音)なのかも知れない。当然、そういう音には個人差があるので、これは僕だけの設定になる。

不思議なのは、グライコ(DEQ2496)から音を出した時には耳が痛まないことだ。もう、「相性」と言うしかないのか。その正体として考えられることはもう余りないのだが、混変調ひずみ特性あるいはマスキングのようなものが関係あるのかも知れない。

サウンドカードは特定の帯域に混変調ひずみが出やすく、グライコはそうでない、あるいはその逆(例:グライコ固有の特性のために、複数の音が出た時に問題の周波数が出にくくなる)なのだろうか。そして、これは、測定用の信号(単音)では起こらないから、グラフを見ても分からず、音楽を再生した時だけ出てくるのかも知れない。

だから、良く言われる、「数値に出ない音」ってのはこういうことがあるのかも知れない。とはいえ、それは、即座に「ケーブルの構造や材質で音が変わる」のようなことが正しいことは全く意味しない(良くこじつける人が居るが、大きな問題だ)。ここで言っているのは、測定困難なだけで、物理量としては定義可能な特性に音が影響されているということで、測定できない(あるいは、理論上、無関係とか存在しない)「何か」(例: 声掛け、「波動」)に音が影響されるということではない。

もちろん、まだ解決したとは決まっていないので、あくまでも現時点での推測だ(そういうのを考えるのが楽しいので、未確定にも関わらず書いている)。

そして、超高域を出しているにも関わらず(現時点で)大丈夫ということは、少なくともそこは原因でなかったということだ。だから、「聴こえない音」は、やっぱり、耳から脳には伝わらず、脳には何も影響を及ぼさないことになる。つまり、ハイレゾは僕には無意味ということになり、多くの中高年にも意味がない(益も害もないし、違いを知ることもできない)だろう。もちろん、趣味なので買うのは自由ですがw

 

現在のCalf JACK Hostのイコライザ

 

PS. JACKだと、今回のように、DACを通す必要のない特性の測定は、(本物のケーブルを接続しなくても)パッチベイで出力と入力を接続するだけで測れるようになるので、すごく便利だ。そういう点では、JACKにした価値は大いにあった。

パッチベイ (仮想的な接続状態)

PS2. 6kHzの謎を調べたくて検索していたら、アマチュア無線用の短波帯トランシーバの音がいいとかいう記述があって、「はぁ?!」と思ってちょっと読んだら驚いた。今のは光デジタル音声入力(オーディオ用と同じ!)があるそうで、更に調べたら、光デジタル出力、USB、LAN、シリアルポート、更にはディスプレイ端子まで付いており、しかもDSP内蔵だそうで、パソコン以上だ。そんな最新兵器に昔ながらの大きなM型アンテナ端子が付いているのは、何ともおもしろい。でも、僕だったら、PCのスロットに挿す、トランシーバーカードがいいな。ソフトでいくらでも機能を追加・変更できるような。既にあるかも知れないが。 (21:21)

PS3. 耳管の共振周波数は9-10kHzというのを読んで、6.2kHzの代わりに9.5kHzを落としてみたが、どうも駄目だった。イヤフォンなどで耳を塞いだ場合は6-7kHzになるようだが、今回は開放しているので関係なさそうだ。いずれにしても、耳管の共振周波数と不快な音の周波数が同じ必然性はない。謎は深い。(23:16)

  •   0
  •   0

先日から気になっていた、グライコ(DEQ2496)の代わりにJACKの(ソフトの)イコライザで音質を補正した時に耳が痛くなる問題。いろいろ試したのだが、なかなか原因が分からず、対処できずにいた。それで、いろいろ検索したところ、耳が痛くなるのは、高域(4kHz以上)が強いことが原因という話が多かった。それで、イコライザでその辺りを下げてみたのだが、やっぱり効果がなかった。

さらに、90Hz付近のPEQのQ(山や谷の急峻さ)の設定がいい加減なためかと、帯域幅からQを求める方法を見つけて調整したのだが駄目だった。そんなこんなで第8案までやったのだが駄目で、残ったのは、今まで耳が痛くならなかったグライコの特性を測定して、それにJACKの特性を合わせることだった。ただ、そもそも今のグライコの特性はJACKのに近似させて作ったので、それに合わせる意味はないと思った。(2/22 17:56追記: 調べたら、JACKに近似させたあと、グライコ側で微調整していた。)

ただ、それまでの手がことごとく駄目だったので、もしかしたら、グライコとJACKの特性が微妙に違っていて、それが耳に痛い周波数帯の可能性がありそうだったので、改めて測定してみた。すると、以前は見落としていたことに気付いた。超高域である。グライコ(グラフの赤線)は約16kHz以上が落ちているのだ。一方、JACK(ベージュ色)は「そこまで律儀にやらなくても、誰も文句言わないよ」と言いたいほど、限界(約20kHz)まで綺麗に伸び、ストンと落ちている("JACK"とは書いたが、実際にはサウンドカードの仕事だ)。

右チャネルの特性比較 (DEQ=DEQ2496, JACK=Calf Jack Host。見やすいようにレベルをずらした)

何年も使っていたのだが、グライコ(のDAC)が意外にも超高域をカットしていることに初めて気付いた。間違ってそういう設定にしたのか、そういう仕様なのか、回路がしょぼいのか、経年劣化したのか分からないが、とにかく出ていない。(2/22 11:07追記: これはグライコDEQ2496の仕様の可能性がある。PS2を参照のこと。)

僕はそんな高い音は聴こえないから、出ていても関係ないとは思ったのだが、周波数特性の違いはその程度なので(その他に位相特性もあるのだが、未知数である)、試しにイコライザで落としてみた。まだ余り聴いてないが、前よりはましな感じがする(が、まだ耳が痛い気もするので、下げる量が足りないのかも知れない)。

もしこれで効果があったら(= 耳の痛みの原因は超高音)、僕はそういう超高音を音としては認識できないが、感じてはいるということだ。ということは、良く言われる、「ハイレゾの音は、聴こえなくても(可聴帯域外でも)身体で感じる」という説が正しいことになる。ただ、僕のような者にとってはハイレゾなんて苦痛でしかなさそうだがw

素人考え: 「身体で感じる」と言っても、実際には耳で感じていると思うのだが、脳ではそれが音とは認識されないということなのではないか。ただ、何らかの「感じ」がする(結局は脳の神経の電流になるのか)ので、聴こえないはずのハイレゾの違いが分かったり、(僕とは逆に)ハイレゾが心地よく感じる人が居るのだろう。

それから、サウンドカードやスピーカーの性能がすごいのに驚いた。無駄にいいと言ってもいいくらいだw いずれにしても、音(再生の忠実度)が良過ぎて駄目なことがあるなんて、全く信じられない。

という訳で、今日はいろいろと認めたくないことがあった。

 

(2/22 13:39追記) 「謎が解けた!」と思ったのだが、ちょっと腑に落ちないことがあるのに気付いた。前回JACKを試した時も、音を出すのにグライコをのDACを使っていたなら、やはり超高域がカットされていたはずだから、耳は痛くならなかったはずだ。オンボードのDACを使えばあり得るが、ちょっと考えにくい。あれから何か構成を変えたのだろうか? あるいは、グライコで処理した音をDACで出す時だけカットされる(=グライコがバイパスモードで、DACだけ使っている時はカットされない)のか? (← 実際に測ったら、バイパスモードでもカットされていた) この問題はなかなか奥が深そうだ。

(2/22 16:38追記) もう意地になって、耳が痛くないグライコの特性をJACKに移して(自分のをコピーw)みた。

右チャネルの特性比較 (黒=DEQ2496, 赤=Calf Jack Host)

これなら「何も文句はない!」はずなのだが、それでも何となく耳が痛くなりそうな気配がするのだから不思議だし、気に入らない。「DACで音が変わる」ってやつだろうか・・・ やっぱり認めたくないものだ。むーん。

もしかして、イコライザ・フィルタの位相特性の問題なのだろうか? 確かに、グライコの時も、グライコやPEQを多用したら耳が痛くなった。だとすれば厄介だ。けど、いろいろなフィルタを探して試せば、中にはいいのがあるかも知れない。純然たるデジタルのシステムだけど、アナログ的な音作りは要るようだ・・・

(2/22 16:58追記) JACKにコピーした特性の位相を調べてみたのたが、基本的には問題ない。

右チャネルの位相特性の比較 (黒=DEQ2496, 赤=Calf Jack Host)

JACK(赤)で超高域(16kHz以上)の位相がおかしいのは、フィルタ(LPF)を掛けているためで、仕方ない。この辺りは振幅が小さくなっているので、影響は少ないはずだ。それにしても、DEQ2496のLPFはすばらしく素直で感心する。やはり、本物だけのことはあるのだろうか? これはDACチップ(AKM製)内蔵フィルタの特性なのだろうか? 正直言って見くびっていたのだが、すごいと思う。

と書いたものの、実はAKMも最後の方は位相が乱れており、JACKの線の下に隠れているだけだ。本当にすごいのは、今のサウンドカード(TIあるいはASUSのフィルタ)だ。グラフは載せないが、超高域カットをしない場合、最後まで全く破綻せず、-60°までしかずれてない。「素性がいいDAC」というのは、こういうことなのかも知れない。

ただ、それで耳が痛くなったらしょうがないのだがw

(2/22 18:20追記) まだ余り時間は経ってないが、今度は大丈夫な気がする。確かにちょっとキツい感じはするが、疲れとか風邪で調子が悪いせいかも知れない。しばらく様子を見よう。やっぱり、超高域はカットするしかないのだろうか? もちろん聴こえないし痛いからそれでいいんだけど、なんか損した気分だw

(2/24 10:08追記) 位相と振幅が最適なフィルタを探したところ、意外にも、中低域の調整に使っているCalf Jack HostのPEQ(5バンドイコライザ)のHighshelfフィルタが良かった。なるべくグライコ(DEQ2496)に近い特性になるように設定を調整した(→ 目標値: -25dB@19.25k, Q: 0.85になった)。以下に位相と振幅特性の比較を示す。Highshelf(緑)では今までのCalfのLPF(赤)の20kHz辺りからの位相の乱れがなくなった。振幅も、グライコよりわずかに傾きが小さい程度である。こちらの方が19kHz辺りまでが小さ目なので、僕には好ましい気がする。また、処理モジュールが1個で済むのも好都合だ。

高域の位相特性の比較 (黒: DEQ2496, 赤: Calf LPF, 緑: Calf Highshelf)

高域の振幅特性の比較 (黒: DEQ2496, 赤: Calf LPF, 緑: Calf Highshelf)

聴いた感じは、今までに比べて「耳触り」が良く、くつろげる気がするが、今はクラシックを掛けているせいかも知れないし、昨日より体調がいいせいかも知れないし、気のせいかも知れない。 → 残念ながら耳が痛くなった。傾きが小さいせいだろうか?

いずれにしても、デジタルでもアナログのように音を変える要素はあって、音作り(または調整)の作業が必要なことを痛感した。僕の目指していた原音再生とは異なるが、聴き疲れするのでは元も子もないので、仕方ないのだろう。

 

PS. 帯域幅からQを求める方法(式)は、「音響とか / Sound and Acoustics」が参考になった。今度はいつ使うか分からないが、ちょっと知識が増えた。参考のために、肝となる式を書いておく。

オクターブバンドの帯域通過・除去フィルタの中心周波数: fc,
下限周波数: fl, 上限周波数: fh (それぞれ、-3(または+3)dBとなる周波数),
Q値: Q
の時、以下の式が成り立つ。

fc= sqrt(fl * fh)
Q= fc/(fh - fl)

これにより、グライコのPEQのfcと帯域幅(「xオクターブ」)が分かれば、fcと帯域幅からfhとflを求めることで、Qが求められる。

PS2. グライコ(DEQ2496)の仕様を見てみたら、超高域の低下の原因が分かったかも知れない。仕様では、

周波数帯域: 10Hzから35kHz(-1dB)@ 96kHz Sampling Rate

となっている。充分広いように見えるので、「ふーん」と通り過ぎそうだが、良く見ると、上限の35kHzが曲者の気がする。これが、サンプリング周波数が44KHzの場合には比例して下がるとしたら、

35/(96/2)*44/2= 16kHz

になり、上の測定結果のとおりではないだろうか? 口コミで読んだ記憶がないので、今まで誰もこれに気付かなかったのか、みんな知っていてそんなもんだと思っていたのか、内蔵DACを使う人は少ないのか。まあ、何でもいい。僕にはありがたい仕様ではあったw

なお、同じ仕様書でGEQやPEQなどの帯域は"20Hz - 20kHz"となっているので、デジタル出力を使う場合には超高域の低下は問題なさそうだ。が、ハイレゾ指向の人には向かなそうだ。

いずれにしても、ずっと気付かなかった仕様の不備(というか、気付かなかったことが不備)ではあるが、僕には怪現象の原因が分かったことの方がうれしいw (2/22 11:05)

  •   0
  •   0

昨夜、サウンドカード(ASUS Essence STX II、以下、"Essence")が届き、早速PCに取り付けて動作確認を行ったところ、アナログ入出力とデジタル(光)出力のすべてで問題なかった。ただ、OSの設定をしてから時間が経っていたために、いくつか思わぬトラブルがあった。

  • LANインタフェースの名前が変わり、一時、ネットに接続できなくなった。
    • サウンドカードを付けたために、LANインタフェースの番号が変わったため。
  • OS(Linux)がスリープしなくなった。
    • 上記と同じく、LANインタフェースの番号が変わったため、スリープ中にLANなどから不意に復帰されないように設定するプログラム(自作)が、LANのデバイスがないためにエラーになって、スリープ処理が中断していた。
    • 暫定対応したが、デバイス番号を決め打ちにするのでなく、もっと柔軟にしたい。

一番気になっていた電源on/off時の雑音は見事に出なかった。少しは出るだろうと思っていたが、全然出ない。出力にリレーが入っているせいだろう。期待以上だ。これで、アンプをonにしたままPCを停める(スリープにする)というずぼらができるから、ちゃんと使えればすごく楽になりそうだ。

周波数特性も雑音レベルも素晴らしく、日常で使うのに何も問題ない。

周波数特性は約10Hz-22kHzで平坦(-0.5dB程度)、雑音レベルは-120dB程度だった(サンプリング周波数は44.1kHz)。なお、雑音特性のグラフの上部の赤線はフルスケール参照用のホワイトノイズ(-3dB)である。

その他、動作確認の時に気付いたことは以下の通りである。

  • 前もって知っていたが、出力をラインとヘッドフォンで切り替える時に雑音が出る。ただ、このカードにはヘッドフォンは繋がないので、問題ない。
  • このカードはオペアンプが交換でき、交換用工具(ラジオペンチのようなもの)が付いているのは知っていたが、交換用オペアンプ一式(1個はMUSES 8820、他の2個の型番は見えない)まで付いているのは意外だった。もちろん、僕は意味(価値)を感じないので、交換しない。
  • デジタル出力は同軸・光だが、光は棒状のアダプタを同軸ジャックに挿入して使う。そのアダプタの突き出し量が結構大きいため、ぶつけてアダプタが折れるリスクが高いので、光接続で使うのは実用的でない。ただ、このカードはアナログ出力を目的に買ったので、大きな問題ではない。
  • ASUSのサイトの記述だと、光アダプタはそのように書いてない(「S/PDIFアダプタ」のようにしか書いてない)ので、買うまで、期待する物が添付されているか不明だった。

という訳で、Essenceは期待以上の良い製品だった。そして、電源on/offの雑音が出ないのに気を良くして、予定を早めて外部グライコ(DEQ2496)から乗り換えたくなり、今朝の早朝から、Jack(Linuxのサウンド出力方式の一種)で使えるようにし始めた。デフォルトのPulseAudioではまともなイコライザを通せないためである。

Jackを使えるようにしたのは随分前のことで、その時も試行錯誤していたうえにずっと使っていなかったので、どうすれば使えるようになるのか思い出せず、当時書いたメモ・ブログやプログラムを調べて、ようやく分かった。

なんとかJackで音が出るようになったのだが、何となく耳が痛い(前回もそうだった)ので、今、それを何とかしている。原因は良く分からないのだが、どうも、Jackを良く理解していないために、同じ信号を異なる経路で重複して同じ出力端子に接続していたからのように思う。その間違いを修正してからは、痛くなくなったように思う(もう少し様子を見る)。

Jackの画面 (下左: パッチベイ、下右: イコライザ)

PulseAudioと違って、Jackは各(仮想)機器間を自由に(仮想的に)配線できるので、例えば、今回買ったEssenceのライン出力にはイコライザを通した音を出し、オンボードのライン出力には(ヘッドフォン用に)そのままの音を出すということが容易にできる。ただ、デバイスやイコライザがいくつもあるので、上図のパッチベイのように、配線がごちゃごちゃになるし、各デバイスを配線できるようにするための手順も結構ある。また、スリープ(サスペンド)に対応させるのも、面倒だ。

また、Jackはどうもこなれてない感じで、ちょっと設定や操作を失敗すると音が出なくなったり、最悪の場合OSがハングするので、慣れるまでは神経を遣う。あと、Jackは出力デバイスのサンプリングレートを指定するのだが、指定以外のサンプリングレートの音がどうなるのか気になるところだ(面倒だし怖いので、まだ試していないw)。 → 44.1kHzの設定に対して、16, 32kHzが問題なく再生できた。指定した値に自動でリサンプルするようだ。リサンプルせずにそのまま通せばいいと思うが、とりあえずはいい。

最後に、これだけすごい特性のサウンドカードではあるのだが、(今は耳の痛みはなくなったので、)搭載しているDACチップPCM1792Aのおかげで音が良くなったとか、悪くなったとか変わったとは思わない(何となく音に迫力が出た気がするのは、再生音量が大きいためかプラシボ効果だろう)。それはもちろん予想通りのことだ。DACは、単に、デジタル信号をアナログ信号に変換する「ケーブル」のようなものであるべきなのだから、それで音が変わってはいけないので、ごく当たり前のことである。例えば、水や空気に味や匂いがあったら耐えられないようなものだ。が、それが分かってないメーカーやマニアは多い。

PS. まだ少し耳が痛む。ただ、これは今のサウンドカードを入れる前からJackでは起こっていたので、サウンドカードによる音の変化(劣化)ではなく、Jackのイコライザの設定がグライコと違うためだと思う。実際、PEQではパラメタが違うもの(グライコでは幅(oct.)だがJackではQ)があり、換算方法が分からないので適当に設定しているのだが、それが関係していそうだ。もう少し調整が要る。 (2/21 6:40)

  •   0
  •   0

このところ、仕事や会社でストレスや疲れが溜まったので、DAC(正確にはサウンドカード)を注文した。別に、今の音に何も不満はなく、DACを換えたところで音が変わるとは思っていないのだが、新しい遊びをしたくなったのだ。つい先日まではスマフォで遊んでいたのに、我ながら、賞味期限が短いようだw まあ、スマフォに飽きた訳ではないが、あれは生活の道具なので、一旦落ち着いたら、それ以上することはないのだ。

DACを買うのは、元はといえば、先日整理した本棚にぽつんと載っているグライコを何とかしたいと思ったところから始まった。もし、PCのソフトで音質の補正処理をするなら、DACを追加すればグライコが不要になるのだ。

それで、何を買うか考えた。基本は遊びだし、DACで音は変わらない(と信じている)ので、余り高いのを買ってもしょうもないので、概ね2万円以下で探した。条件は、電源on/off時の雑音がないこと、音質がいい(特に、雑音が少ない(=SN比が大きい))こと、外付けDACの場合は光接続ができるもの、PC内蔵DACの場合はLinuxで動くものだ。

最初は、どうしても光接続にしたかったので外付けDACだけを探したのだが、どうも、目ぼしいものが少なかったので、PC内蔵(サウンドカード)も含めて探した。いろいろな製品があったのだが、最終的な候補は以下の4つになった。

  • ASUS ESSENCE STX II (サウンドカード)
  • Yudios YD-19232K
  • オーディオテクニカ AT-HA26D
  • Topping D3

それらを以下の観点で評価した(太字は重視した点)。

  • DACチップの素性
  • 電源on/off時のノイズ
  • コンパクトさ
  • 特性(スペック)
  • 使い勝手
  • 欠点の少なさ
  • その他 (その製品の特色など)

最初の「DACチップの素性」というのは、(DACチップ自体で音は大きく変わらないと思うので、)音やスペックではなくて、メーカーや製品の思想とかスタンスをチェックした。そういうもので音は変わらないだろうが、趣味で使うので、自分で嫌なものは使いたくないのだ。

上は、正確には、今使っているアンプのメーカー、SAYAのサイトのコラムにDACの比較が載っていて、候補が使っているDACの評価を読んで、ある問題(下記のオートミュート)に気付いてチェックしようと思った。

すると、あくまでも個人的な感想だが、ESS社とそのチップ(ここではES9018)は、どうもいい加減で誠実でないという結論になった。何が問題かというと、以下の2点である。

1. ビット数の表記

ESS社がES9018のことを"Reference 32-bit Audio DAC"と、32ビットをうたっているのは明らかに誇張である。実際には、(資料に書いてあるように、)ダイナミックレンジが135dBだから22ビット程度である。仮にビット数がダイナミックレンジだけで測れないと仮定しても、25ビットすらないことは確実だろう。

一方、比較した他社(TI, Cirrus Logic)はそんなことはしていない。例えば、TIのPCM1792Aは、ちゃんと、"24 ビット 192kHz サンプリング アドバンスト・セグメント・オーディオ・ステレオ DAC"と書いている(実は、PCM1792Aのダイナミックレンジも132dB(22ビット程度)なので、それだって実現できていないが、差は2ビット程度なので、ESSの10ビットの差に比べればまだ誠実だ)。

実際には、22ビット(135dB)ものダイナミックレンジなんて家庭では無駄なので、全く実害はないのだが、企業の姿勢としては良くないし、嫌いだ。そして、そういうDACを採用して、高々と、32ビットの高音質などとでっち上げる多くの機器メーカーも嫌いだ。

社名は書かないが、「32Bit幅のダイナミックレンジを持つことで、原音に忠実に明瞭な音楽を再現します。」と書いてあるDACがある。その文章の前半は、僕から見れば、全くの嘘だと思う。確かに、32ビットのデータは入力できるけど、DACチップ単体ですら再生できない(=それを使った製品だって無理)のだから、「32ビットのダイナミックレンジ」は持っていない。実際、その製品のダイナミックレンジは32ビットの192または186dBなんて全然ない。ひょっとして「幅」にそういう意味を持たせているのか? 例えば、「32ビット幅の(データ入力ができるので、実際には32ビットではないが、それなりに広大な)ダイナミックレンジを持つ」とかかな。良く分からんが、正確な技術用語で書いて欲しいねw

2. オートミュート機能

ES9018のデータシート(入手にはNDAが要るが、流出している)を読むと(正確には、最初は上記SAYAのコラムで知った)、オートミュート機能というものがある。データシートの記述が詳細でないので正確には理解できていないが、概ね、「すごく小さな信号が連続して入力された場合、出力の音量を0にする」機能だ。もう、これだけで「結構です! じゃあまた」って感じだ。

そもそも、携帯機器やテレビとかじゃないので、もともと雑音は少ないはずだから、小さな信号を無音にする必要はないし、オーディオの思想(理想)から言って、そんなことをしてはいけない。僕に言わせればごまかしだ。もちろん、デフォルト設定はものすごく小さいレベル(-104dB:データシートの表記が分かりにくいので間違っているかも)なので、聴いても何も違いは分からないだろう(が、出力のアナログ回路の出来が悪いと、ミュート時とそうでない時の雑音量が大きく違って分かるかも知れない)。

が、この機能は自分でダイナミックレンジを狭めている訳で、104dBだと、(ビット数にすれば)17ビット程度になってしまう。20ビットもないが、それで本当にいいのだろうか?? 自己矛盾や欺瞞ではないか? 小さい音を無音にし、ミュート状態の信号で制御することで出力のアナログ回路の雑音が減らせるだろうから、SNの数値は上がるのだろうが、実際にはズルをしているのだ(以前問題になった、ヨーロッパ車の排ガスのチートと似たようなものだ)。

なお、PCM1792Aにも同様の機能はあるのだが、無音にするのは最下位ビット(正確には、値が0か-1の場合)だけだし、デフォルトでoffだから、ずっとまともだ。

長くなったが、そんな訳で、ESS社とそのチップとそれを使うメーカーは、僕は信用できなくなった(あくまでも私の考え・意見です。昔、YouTubeのピアノ演奏に対するコメントを書いたら、エゴサーチしたのか、公開している演奏なのに営業妨害のように言われたことがあるので(この件への意見は、いつか書きたい)、今回も、この件で却下した機器メーカーの社名は出しません)。

2番目の「電源on/off時のノイズ」は、今のグライコの欠点で、PCの電源のon/off前にアンプの電源を切る(切らないとスピーカーから雑音が出るので)のが面倒なので、できればそれが不要なものを選びたいということだ。

選考過程のさまざまな紆余曲折は省略して結論を書くと、注文したのは、ESSENCE STX IIである。ヨドバシで約2万円だった。もっと安いところもあるが、初期不良期間が長い方が安心なので、ヨドバシにした。それにポイント還元があるので、実質的には2千円未満の差しかない。

PC内蔵型は雑音が多い可能性があるし、いつかOSの対応がなくなって使えなくなる可能性があって心配はあるのだが、次点のAT-HA26DのDACチップはAKMのAK4396(グライコに載っているAK4393の次品種)で今と代わり映えがしないので、素性の良いPCM1792Aを使うASUSのにした。DACチップ以外に、PC内蔵ならとてもコンパクトになるのは、大きなポイントだった。

なお、雑音については、光接続に比べれば確かに多いだろうが、普通は聴こえるほどすごくはならないと予想(期待)している。実際、昔使っていたMAYA 44XTeもSE-150PCIも、雑音は聴こえなかった。それはそうで、雑音が聴こえるほどひどいカードは売れないだろうし、口コミで分かる。

DACについては、僕はずっと試行錯誤というか右往左往している(PS3を参照)。どういう訳か何台も買っては手放しているが、今は、大昔にデスクトップPC(Pentium 4)を買った時の形態(内蔵サウンドカード)に戻ってしまった。次はどう変わるのだろうか?

という訳で、実物が手に入る前から存分に遊べた感じだw

 

PS. 誠実さという点では、SAYAはかなりまともだと思う。(考えに誤りがある場合もあるかも知れないが、)印象や流行の単語や名ばかりの高性能でごまかすことなく、実質(実際の性能や使い勝手)を重視して製品作りをしている。実は、今回も、そこのUIA5100というDAC内蔵アンプがとても欲しかったのだが、遊びで買うには余りにも高い(約14万円)ので、見送った。次の製品に期待したい。

PS2. 別な誠実さでは、問い合わせへの対応もさまざまだった。あるイギリスの大学の名前みたいなメーカーや台湾メーカーを扱う代理店は、問い合わせへの回答がなかった。また、そのイギリスのメーカーのサイトは、見栄えはいいけど、重いし質問の経過表示ができるはずなのにできなくて、論外だった。事前購入の問い合わせ窓口のない中国メーカーもあった。逆に、夜中とか明け方に回答を送ってくる、不思議な熱心(?)さのメーカーもあった。

PS3. 私のDAC遍歴

  1. オンキョー SE-150PCI (サウンドカード, 2005-2011): 音が出なくなったり、ノイズが入ったりすることがあり、ひどいサポートにブチ切れて止めた。
  2. Styleaudio CARAT-TOPAZ Signature (外付け, 2011-2012): サンプリング周波数が切り替わる時に雑音がするのが気に入らなくなった。
  3. Luxman DA-200 (外付け, 2012-2013): 高かったのに電源ノイズが入るので止めた。
  4. TEAC UD-501-SP (外付け, 2013-2015): 特に問題はなかったが、大きな外付けDACの意味を感じなくなったので止めた。
  5. Behringer DEQ2496の内蔵DAC (外付け, 2015-2018): 特に問題はないが、遊びたくなったのと、更にコンパクトにしたくなったので、止める予定。
  •   0
  •   3

不思議なことに、忙しくて疲れているけど暇もあって、そういう時には余計なこと(主に、身体を動かす作業のようなこと)をしたくなってしまう。今週は、ぼーっと本棚を眺めていたら、(PCに取り込んでいるので)絶対に掛けないCDやDVDなど(ボックスや紙ジャケなどでケースを捨てられないもの)が並んでいるのは、どうしても無駄・無意味で、放置しておくのは「負け」な気がした。それで、ちょっと考えた後、そういう類を箱に詰めてクローゼット送りにした。本棚は1段空いた。

その後、(CDはPCで聴けるけど、)DVDやBDはPCに取り込んでいないから、仕舞うと観られなくなることに気づいたが、今はビデオはほとんど観ないし(実際、前回DVDなどを観たのはいつだったか覚えてない)、長い映像作品を観ること自体が面倒(集中できないし、音楽より拘束度合いが大きくて疲れる)なので、観たくなったら出せばいいと割り切った。

それに、大抵のものはYouTubeなどで観られるし、後で気が変わっていろいろな作品が観たくなったら、(物理メディアを再生するのでなく)Amazonなどの配信サービスに入ればいいだろうとも思う。そういう点では、僕には4KどころかHDだって要らない感じだw

数日後、更に眺めていたら、絶対に掛けないであろうCDなどが詰め込まれたCDファイル(ケースを捨てたCDなどのメディアを入れている)がずらっと並んでいるのも、無意味な気がした。それで、思い切って、(クローゼットをちょっと整理して、)CDファイルもクローゼット送りにした(その時、すっかり忘れていたのだが、使っていないディスプレイ(妹から回収したナナオ S170)がクローゼットの中にあることに気付いた。これも何とかしたい)。本棚が更に1段空いて、スカスカになった。大変気持ちいい。

が、これを見ていると、この空間をどうやって埋めるか(いや、そんな必要はないのだが)とか、逆に、この本棚すら不要なのではと思い始めるし、下から2番目の棚にぽつんと置いてあるグライコだって(PCで処理するようにして)排除したい気もし出すし、クローゼットに仕舞ってある大量のCDなどやブックレットだって処分したくなって来るから、何か少しおかしい(「過整理症候群」?w)かも知れない気がするが、まあ、気分が良くておもしろければ、そんなことはどうだっていいw

「おかしい」という点では、さっき、昔の写真を追加して思ったのだが、その頃の方がずっとおかしかったのではないかと思う。。。 ちなみに、当時は、この本棚の他にCDラックがあり、それがほとんど埋まっていた

まあ、「フルの本棚」のなんてのは昭和の価値観では良かったのだと思う。が、今は時代が代わり、僕もそれに追いついていると言えるのかも知れない。

 

PS. さっき、病院に歩きながら思った。これから(次の世紀?)は、いかに物を持たないか=「物を持ったら負け」の時代ではないかと。特に、家とか車とか大きな物は所持しない。持つなら、なるべく仮想的・電子的な物にして、地球のエントロピーをなるべく増やさない(実は物理法則に反するので、逆にエネルギーを使う)生き方ではないかと。これを突き詰めると、前にも書いた、生き物(少なくとも人間)の居ない、無機的な地球になる。

そう思うのは、極論だが、だいたい、日頃さんざん便利な暮らしをしていて、「自然を大切に」とか「絶滅種を守ろう」云々はあり得ず、全くの欺瞞だと思うからだ。そう言うのであれば、原始時代の生活をしてから言って欲しい。それだって、自然を破壊しながらの生活だと思うけどね。

そもそも、多大なる労力で保護した「自然」なるものは本当に自然なのか、全く疑問だ。その代わりに別の自然は破壊されていないか?

  •   0
  •   0

たまに、ウォズ(アップルの創業者の片割れ)が何か話したとか記事に出ることがある。でも、僕はほとんど興味を持たず、中身を読むことは少ない。「また何か言ってるな」程度だ。でも、もし、ドク(「バック・トゥー・ザ・フューチャー」でタイムマシンを作った人)が何か話したという記事が出たら(出ることはないのだが)、それはもう、じっくり読むだろう。

客観的に見れば、どちらも優れた技術者・科学者なのだが、僕からすると、ドクは尊敬の対象だが、ウォズは「なんか面倒な人」とか「胡散臭い人」という印象で、尊敬できない。

その違いを考えてみると、まずは一貫性の有無のように思える。ドクの言動は必ず一本筋が通っていて、滅多に外すことはない。ウォズも一般的にはそういうイメージだろうが、実際は違うと思う。近頃の発言だけでも右往左往している気がする。「じゃあ、結局なんなんですか?」と聞きたいことが多い。昔だって特にポリシーがあった訳ではなく、「おもしろいから・思い付いたからAppleコンピュータを作った(それが意外にうまく行っちゃった)」という印象だ。まあ、それは言い過ぎで、彼の功績は大いなるものではあるが、やっぱり、余り好きではない。

もう一つ、細かいことだが、ウォズは自分を「僕」と呼ぶが、ドクはそうではない(確か、「私」だったか。ただ、僕は文章や字幕を読んだだけなので、「僕」と「私」の違いがあるのかは不明だ。でも、二人の雰囲気はかなり違っていて、ウォズはいかにも「僕」と言いそうだし、ドクはそうでない)。そして、実際には僕も自分を「僕」と呼ぶので、ウォズのことをとやかく言えないのだが、同属嫌悪のようなものがあるのかもしれないw

そしてone more thing.: 今思い付いたのだが、これは大きい。ウォズが昔稼いだお金で隠居みたいに安穏と何もせずに暮らしているのが、一番気に入らない。だから、「口だけじゃなくて、何かおもしろい物でも作れば?」と言いたくなる。ドクだったら、常に何かを考え、作っていることだろう。僕もそうありたい。

今回の結論は、「太った豚より、痩せたソクラテス」のようだ。

  •   0
  •   1

今朝から、ヘッドフォンのボリュームを大きくすると、右から少し雑音(ラジオのような「ザー」っという音)がするようになった。ヘッドフォンを繋いでいる、グライコ(DEQ2496)のAUX出力(のコンデンサ?)が劣化したのか、壊れ掛けているようだ。

早速、対処策を考えた。いろいろな案が出たのだが、PCのオーディオ出力のサラウンド用リアスピーカー端子につないだら音が出たので、とりあえず、そこにボリュームを介して繋ぐことにした。グライコに繋いだ時より少し音が小さい気がするので、もし駄目なら、別の手(例: 外部にヘッドフォンアンプを繋ぐ)を考えよう。

ヘッドフォンを繋ぐのは、(サラウンド用でなく、)通常の出力(ライン端子)でもヘッドフォン出力でも良かった(全部、同じ音量だった)のだが、ヘッドフォン出力だと、PCの前面にいつもケーブルが繋がっていて見苦しいし、足をぶつけてプラグを折る可能性が高いので止めた。一方、サラウンド用端子なら、ヘッドフォンを繋いだまま、ライン出力を別の用途(例: 特性測定用信号出力)にも使えるので、採用した。

このPCを組み立てる時は、ヘッドフォン出力なんて使わないと思って配線してなかったので、音量を確認する時に接続したのだが、基板に繋ぐケーブルがストレージベイの奥(背面)でとぐろになって固定されていて伸ばせなかったのだが、そんなことは忘れているから結構苦労した。しかも、お約束で、いつの間にか左手の甲を切っていたw

なぜ雑音が出るようになったかだが、AUX出力はヘッドフォンのような低インピーダンスの負荷は想定していないから常に過負荷(AUXが繋がる機器の入力インピーダンスは50kΩ程度なのに対してヘッドフォンは数十Ωなので、計算上は約千倍)になっていたせいなのか、単に寿命が来た(今年で4年目)のではないかと思う。

過負荷について考えてみた: 使われているオペアンプ、4580の仕様書(TIと日本無線のもの)にはヘッドフォンアンプにも使えるように書いてあるので、実際には問題ないのかも知れないし、回路構成をヘッドフォン向けにしてないから駄目なのかも知れない。

いずれにしても、オペアンプではなく、コンデンサが駄目になったのではないかと思う。電源のコンデンサかと思ったが、いくつかのオペアンプに共通になっている(もちろん左右共通でもある)のでそうではなく、信号線に並列に繋がっているものやオペアンプのフィードバックに並列になっているものが怪しい。ただ、容量は数十〜百pFなので、そういう小さいの(セラミックかマイラ?)が壊れるものだろうか?

良く考えると、コンデンサの故障は耐圧を超えた場合に起こることが多いのだが、回路を設計する時点で、そこに掛かる可能性のある電圧(=電源電圧)以上のものを使っているはずだから、いくら大音量で再生しても超えることはないはずだ。また、高負荷の場合には電流が増大するのだが、電流とコンデンサの故障は無関係なはずだ(直列接続なら関係ありそうだが、それにしても、電源電圧は大幅に超えない)。とすると、たまたまその部品の質が悪くて早く劣化しただけなのかも知れない。

もし前者(過負荷)なら、PCのライン用出力にヘッドフォンを繋いでいたら、いつか壊れるだろう。その点、サラウンド用出力はまず本来の目的に使うあてがないから、壊れても大丈夫だ。

もし後者(寿命)なら、グライコ自体の寿命が近いということなので、そのうちにスピーカーの音にも雑音が入ったり出なくなったりする可能性がある(補正処理自体はプロセッサ(DSP)で行っているのでまだ大丈夫だろうが、音にするのにグライコの内蔵DACを使っているので、そのアナログ回路が壊れる可能性がある)。その時は、以下のように、外部のグライコを使わないようにすることを考えている。

  • (以前試した、)JACKのグライコソフト(実際にはPEQ)を使って、PCで音質を補正する。
  • 補正した音は、PCの光出力から外部のDAC(新規購入)に繋ぎ、出力をアンプに入れてスピーカーから出す。
  • ヘッドフォンは、とりあえずは(今と同様に)PCに繋ぐ。音量が不足するなら、ヘッドフォンアンプやヘッドフォンアンプ付きDACを買う。

※スピーカーは補正するけど、ヘッドフォンは補正しないので、1つの筐体に2系統の独立したDACが入ったもの(例: 「ヘッドフォン専用DAC内蔵DAC」)があると丁度いいのだが、そんな都合がいいのはあるのだろうか?

まあ、あと数年は大丈夫と思っているが、早く壊れても、それはそれでおもしろいのでいいかもw (なんて書くと本当に壊れたりするので危ない・・・)

  •   0
  •   0

さっきから、Arie Vardiという人のK. 488 (1988?)を聴いている。最初は素直な感じで悪くなかったのだが、段々、気に入らなくなってきた。1楽章のイントロは良かったのだが、その後はちょっと慌ただしい感じでもったいない。深みも少ない。実は、忘れていたのだが、この演奏は以前聴いていたようで、thumbs upしていたのだが、取り消した。逆に、downにしたいくらいだ。

僕は、この曲の2楽章終盤の寂しいピアノが好きなのだが、この人のはちょっとおかしく、サーカスみたいに(ラフマニノフのピアノ協奏曲 第3番 第2楽章後半にそんな箇所がある)なって、場違いで台無しになっていた。。。 3楽章だって、もう少し流麗に弾いてほしい。曲に負けているよ。(今気付いたが、この人、弾き振りしている。ピアニストの弾き振りは大抵失敗するんだよね。止めときゃいいのに・・・)

と、がっかりすることも多いのだから、K. 488だったら愛聴のポリーニのにしておけばいいのに、僕はなぜ、新しい演奏を探すのだろうか。良くは分からないが、変化とか「もっといいもの」を求めているのだろう。まったく、自分で弾け(き)もしないのに贅沢(高望み)もいいところだ!w

でも、今は、GPMのおかげで、この程度ならいくらでも贅沢できるのだから、本当にありがたいことだ。

  •   0
  •   0

何かのついで(何だったか忘れたw)にクローゼットの中の貴重品箱の中を見たら、もうずっと使っていない、昔の通帳やキャッシュカードが沢山あったので、整理することにした。すると、雑多な「思い出の品々」に混じって、思わぬ物が出て来た。 トラベラーズチェック(TC)だ。

発掘したTCとドル紙幣など (右上はUSの切手、右下はTCの控え)

20年以上前(1994年)にUSに遊びに行った時に買ったものの残りだ。意外に多くて、200ドル分もある。他に、現金も10ドルちょっとあった。

そういえば、どうしてか、以前にも調べた(今日のように見つけたが、「あとで整理しよう」と思ったまま忘却したのだろうw)気がするが、TCを換金できる場所はほとんどないようだ。そもそも販売が終わっているし、海外でも使えるところは少ないようだ。まあ、今は仮想通貨の時代だしw、TCなんてクレジットカードに比べて使い勝手が悪く※、時代遅れもいいところだが、もうほとんど使えないということを知った時はちょっと驚いた。当時は、「AMEXのTCなら(絶対)大丈夫だ」という定説だったのだが・・・

※当時でもクレジットカードで充分だったのだが、なぜか、TCも持って行った。理由は忘れたが、カードをなくした時の予備だったのか? あるいは、ちょっとした現金を持つよりは安全ということだったか。

TCは現金(通貨)ではなく、商品券のようなものなので、発行者や取り扱い者が「やーめた」と言えば終わりなのだ。記載された額に変化はないけど(意外にも、今でも価値は下がってない)、消費期限はあった。「じゃあ、仮想通貨もそうかもね」、と、今ふと思った。

なお、検索したところ、わずかながら、今でもTCを換金できそうな店(トラベレックスなど)があるようなので、都内や大宮辺りに行ったついでにさっさと換金したい。お金には思い出はないので。

ちなみに、その貴重品箱はすっかり片付いてしまい、今は実印などハンコ3本だけがぽつんと入っているだけだ(実際には、ほとんどを「あとで整理」という箱に移しただけだがw)。ハンコも、いつか不要になって欲しいが、いつになるかなあ・・・

 

PS. 海外のお金といえば、ソ連に行った時(1989年)のルーブル紙幣や硬貨もあった。TCじゃなくて本物の通貨だけど、消費(賞味)期限が過ぎてしまったのだろうか?? (2/5 21:09 写真を追加)

PS2. あ、ドクのアタッシュケースに入れてもらおうか?w

  •   0
  •   0