Archive for the ‘音楽’ Category

昔習っていたピアノ教室の発表会に行って来た。おそらく、もう10年以上行ってなかったのだが、なぜか今年は行こうと思った。なんで行く気になったのかすっかり忘れていたのだが、日記を調べたら分かった。

ある朝、ふと先生のピアノ演奏(先生が1980年代に作られた、すごく好きな曲がある)が聴きたくなって聴いたのだが、その日帰宅したら、発表会の案内が届いていたのだ。いつもは、頂いても「まあいいか」と思って行かないのだが、今年は、その不思議な巡り合わせに、思わず行く気になった。

いつの間にかその日になり、行くことになった。ただ、やっぱり、いざとなると、だるくて出掛けるのが面倒になった。が、行きの新幹線はえきネットで予約済みなので、止めたら無駄になるし、せっかく先生にも行くと連絡したのだから、頑張って出掛けた。

天気が良かったので、駅まで歩いた。気候は丁度いい感じだったが、かなり歩いたので、暑くなった。今日はカメラを忘れた。が、演奏中は撮影できないから、スマフォで充分だ。

新幹線の指定席はガラガラだった。後ろには、同じ駅から乗ったドイツ人らしい初老の夫婦が座っていた。時間が微妙だったので、昼食は駅で買ったアップルパイとトマトジュースにした。車内に飲める水がないので、食べた後に口がゆすげないのが辛かった。

新幹線の後は半蔵門線に乗るのだが、半蔵門線が東京駅を通っていたのは、すっかり忘れていた。と思っていたら、実際には、大手町まで歩くのだった。昔は頻繁に使っていたのに、すっかり忘れていた! しかも、地理感覚が全然なくなっていて、迷ったりして随分遠く感じた。某証券会社のビル横の地下鉄の入口が懐かしかった。

都内は、若くて化粧も服もばっちりで綺麗(に見える)女性が多かった。半蔵門線は懐かしくて落ち着く。西の方(田園都市線)は混雑がすごいようだが、地下鉄区間は結構好きだった。

そんなこんなで、会場の最寄り駅の住吉に着いた。東京-大手町で迷ったせいで開演に遅れるだろうと思ってたら、思っていたより30分遅かったので、大丈夫だった。時間があったので、昔住んでいた辺りの川沿いを散歩したら、丁度いい時間に会場に着いた。あの川沿いの遊歩道は気持ちがいいのだが、今日は天気が良かったので、最高だった。

最初の曲は、先生作のお話付きの組曲だった。初めて聞くけど、なぜか親しみ深くてすっと入ってくる、先生らしい曲だった。子どもでもいい演奏の人が居た。そして、先生の演奏(伴奏)はやっぱりいい。

その曲は小さい子どもたちが演奏したので、弾きながら会場を見回したりする子も居た。それで間違えないのだから、すごいと思う。

例によって、騒がしい客が多かった。アホガキとそれを抑えないいい加減な親が多いのと、オバさんがうるさい。しゃべったり、物を落としたり、紙やビニルをいじったり、カメラのシャッター音を出したり、演奏中に入って来たり。まあ、今回はコンサートじゃないから、仕方ない。。。 けどね、「お前ら、一体何のために来てるの?」と聞きたかった。

ピアノは珍しくべヒシュタインだった。ホールが小さいせいか席の場所のせいか、音がぼやけた感じで、良くなかった。それでも、不思議なことに、慣れるのか、時間が経つとそれ程気にならなくなって、いい音にすら思えるようになった。こういうことは何度もあるのだが、脳が補正するのだろうか。ただ、女性の香水が臭いのも嫌だったが、これは補正できなかったw

その後も演奏は続き、たまに結構いい子が居た。演奏される曲自体は、どれも良かった。ただ、ガキがうるさくてとにかくイライラした。演奏中に小さいホール内を歩かれると、足音がうるさい・・・ その後しばらくは、トイレに行きたいのと空腹をこらえていたw

後半になり、先生の演奏(連弾の低音側)を聴いたら、なぜか涙が出そうになった。やっぱりすごい。懐かしい演奏で、ゆったりとした低音に包まれる感じが良かった。

僕が辞めた頃には小学生で小さかった子が、随分大きくなって大人(高校生?)になっていたので、ほうと思った。

他に、鋭い音のキレがいい男子や、外見に似合わずロマンティックな曲を綺麗に弾き切った男子が居た。二人とも中学生辺りだろうが、将来が楽しみだ。

そして、終盤に大人の生徒さんが弾いた「悲愴」(第1楽章)がすごく良かった。もちろん完璧ではなかったのだが、すごく乗れて、聴いていて気持ち良かった。曲がいいせいもあるのだろう。ベートーヴェンはそれ程聴かないのだが、生演奏はパワフルで気持ちいいものだ。残りの楽章も、その方の演奏を聴いてみたいと思った。

ずっと前からの生徒さんは、いつものように上がっていたのが残念だ。あと、その方の好みは僕とは大分違うので、乗り切れないものはあった。

うるさいガキに殺意を覚えつつも、発表会は終わった。近頃は調子が悪かった訳ではないが、仕事などの疲れやストレスが溜まっていたので、なんか元気が出て楽しい気分になった。やっぱり生のピアノはいいと思う。そして、いい曲はいい! (文字にすると当たり前ですが、分かる方には分かる、かな?)

帰りの新幹線は、今日もギリギリだった。駅が広いうえに混んでいるので、指定席を買う時に、10分くらい先のでは足りないようだ。ホームに行く時に迷ったせいで、飲み物すら買えなかった。が、車内販売が来たので、なんとかアイスコーヒーとパウンドケーキが食べられた。

宇都宮に着く頃には、iPhoneの電池残量は20%台になった。たった1日でこれでは使い物にならない。次は、絶対に電池が大きいAndroidにしよう! セキュリティの不安はあるが、もうAppleにはうんざりだ! 駅の吉野家で、久しぶりに牛丼を食べた。駅員さんが来ていて、珍しかった。外は涼しそうだったので、帰りも歩いた。

帰宅して、さっそく「悲愴」 (O’Conor, 1990)を聴いたのだが、生には負ける感じだった。

地下鉄にのったせいか、地下のホールに居たせいか、高速に移動したせいか、なぜかDropbox Paperの同期が駄目になってしまった。どうしても直らなかったが、一旦ログオフしたら直った。

発表会で思ったのは、音楽は残酷だということだ。自分の遊びや趣味でやるならいいけど、ちゃんとやるのであれば、いくら技術があってもセンスがなければ、どうしようもないのだ。いくら練習したって駄目だ。練習が不要なのではなく、練習では身に付かないことがあると思う。(センスのない人は音楽をやる意味がないとは言わない。音楽をすることで得るものは大きいから、無駄ではない。でも、目指す方向を間違えると、大変なことになると思う。)

そして、子どもの中にはセンス(素質)がある人が居るはずだが、まだ自分が何なのか、何をしたいのか分からないだろうし、逆に大人になってから(何かの拍子に自分の能力に気付いて)始めたとしても、遅過ぎて技術を磨くのが困難だ。だから、すごい演奏家(天才?)が生まれるには、ある種の運が要るのだろう。

あと、発表会を聴いていて、(遊んでいる時は元気一杯なんだろうに)元気がない、大人しい演奏をする子どもがほとんどなのが気になった。子供らしくというか、本能で弾く子がもっと居たっていいと思うのだけど、みんな「いい子」になってしまっている気がした。そういうところが、やっぱり「日本」なのかも知れない。

行く前は面倒な気がしたし、いろいろ思うところはあったが、行ってみたら結構楽しかった。そして、生演奏のパワーを感じられるのはいい。来年とかその次とか、また行ってみたい気がする。

iPhone 6sで撮影

 

PS. 今ちょっと思ったのだが、仮にも「悲愴」と名付けられた曲を聴いて「気持ちいい」と感じるのは、普通なのかそうでないのか(別に、普通じゃなくて、いや、普通じゃないほうがいいけど)。まあ、いくつかある盛り上がりの爽快感には賛同される方が多いだろうが、僕の場合、最初の重苦しい和音ですら、綺麗に決まっていたら、「ずどーんと沈んで気持ちいいねぇ」などと感じるのだ。

更に書くと、あの出だしは重い和音が繋がっているのだと思うが、そのつなげ方が見事で、前の音が弱くなって消えかかりつつも次に音が出る様子が目に見えるくらいで、しかも、テンポが遅過ぎず早過ぎず絶妙だったら、本当に言うことがない。

こういうところは、僕が曲を「理解」しようとしないことの現れだろうと思っている。どんな背景の曲だって、聴いて乗れればいいのだ。ベートーヴェンがこの曲をどんな気持ちで作ったのか知らない(調べてもいない)し、この題が彼の真意とは関係なく他人が付けたものの可能性もあるから、こういうスタンスもありではないか。

更に思い付いたのだが、あの出だしは"A hard day's night"のイントロに通じるものがありそうだ(あったらおもしろい)。全然違う音だろうし、作曲者(ジョンらしい)が「悲愴」にインスパイアされたとも思えないのだが。。。 (4/24 20:04)

  •   1
  •   1

「諦めが肝心」というけど、諦めないことにも価値がある。ということは、自分の気持ち次第でどっちでもいいのか? まあ、先のことは分からないし、並列に実行できる訳じゃないから、どっちにしたって、最後に自分が良いと思えばいいのだろう。

去年のお盆に実家で聴いた、ワイセンベルクのラフマニノフのピアノ協奏曲 3番 (プレートル指揮、1968年)が良かったので買いたかったのだが、CDは廃盤になったようで、新品は売っていなかった。あるのはカラヤンとの演奏だけだった。1度ヤフオクに出ていたのだが、落札できなかった。その後は全然出て来ず、ずっと入手できずにいたので、代わりに、YouTubeのを聴いていた。

近頃は諦め掛けていたのだが、ある日、毎日チェックしているHMVの新譜案内で、彼のRCAでの全集がその日の安売りになっているのを発見した。「もしかしたら」と思って中身を見たら、見事にあの演奏が入っていた! 7枚組なのだが、値段は2500円程度と安く、1枚分の値段と考えても妥当だった。それで、残りの6枚が無駄になりそうなのが嫌だったのだが、少し考えて、(近頃イライラすることや嫌なことが多いせいもあり、ストレス解消を兼ねて、)注文した。ローソンのポイントを使って、2300円程度になった。1枚400円以下で、全く安い。こんなに安くては演奏者が可哀想だ。が、もう亡くなっているからいいかw

それを木曜に受け取って、その日に聴いた。まあ、YouTubeと同じ演奏なので、それ程の感動はなかったのだが、やっぱり良かった。テンポは速目だが、速過ぎはしない。しかも、ただ速いだけでなく、緩急の幅が広く、溜めるところは溜めているのがいい。そして、スラーの音の伸び(伸び方、伸ばし方)が好きだ。あと、当たり前だが、YouTubeのより音質が良いのも良かった。

その後、もったいないので、ボックスに入っている他のアルバムを、(音飛びなどのチェックを兼ねて)興味のあるものから聴いてみた。ショパンのソナタ 3番は、聴き慣れたポリーニとは大分雰囲気が違っていて、独特だった。ドビュッシーも変わっていた。「ゴリウォーグのケークウォーク」は激しい感じで、普通じゃないのが良かった。それから、ラフマニノフのピアノソロ曲は苦手なのだが、前奏曲 ト短調 (Op.23 No.5)は力強く、これなら聴ける感じだった。

あとは、プロコフィエフ、スクリャービン、バルトーク、ハイドンと、苦手どころ(後ろほど苦手)が残っているのだが、いつか聴きたい。。。

PS. PCに取り込む時、7枚中5枚くらいの曲情報が全く取れなかった。Audexという取り込みプログラムなら取れたのだが、CDの取り込み速度が遅すぎるので諦め、いつものsoundKonverterを使い、情報を手入力(ブックレットを見て打ち込んだりDiscogsからコピー・ペースト)した。

PS2. 「ワイセンベルク」で検索したら、興味深いページがあった。僕は、彼の演奏は「クリスタル」とは思わない(言ってみれば、「ダイナマイト」ではないかと思う)けど、「ヤクザの親分を好きになってしまったの」のくだりは、(ヤクザだけにダイナマイトも合うから)「なるほど、彼はそういう人だったのか・・・」と思わされ、(順序は逆なのだが、)彼の尋常でない演奏に納得が行くような気がした。

ちょっと考えて、大胆さと繊細さを兼ね備えるという点では、「ニトログリセリン」のほうが合いそうだ。彼には、ぞんざいに接すると吹き飛ばされてしまうような危険性があると思う。

それから、そのページの前半の、「一音一音が真剣勝負」辺りには全く同感だ。まさに、クラシックは真剣勝負としか言いようがない。

  •   0
  •   1

例のDeccaの一件で失くなって(削除して)しまったので、「手元にあるべき」との思いで買った因縁の一枚。そして(そのせいか)、いざ聴いてみると、曲に余り思い入れがないことが分かった。嫌いではないが好きでもない。ラフマニノフやモーツァルトのピアノ協奏曲のように、何度も聴きたいとは思わなかった。これも、僕の苦手な曲だったのかも知れない(ここは、Haruさんのご判定を賜りたいところだ^^)。

だが、指揮者の違いは明確に感じられた。前に持っていたのはメータだが、かなり派手めだったようだ。今回のプレヴィン(オケはLondon Symphony Orchestra)は、逆に、落ち着いている感じだ。悪く言えば華がない(全然、「スター・ウォーズ」に聞こえなかった)。だが、聴き込めばこっちの方がいいのではないかと思う。彼のアルバムはほとんど持っていないのだが、しっとりとした、あるいは、正統的な曲づくりをするというイメージどおりだと思う。

HMVの「本日の特価」で約580円になっているのを見付けて、(Amazonではもっと高かったので、)かなり安く感じたので、買う気になった。更にポイント利用で約420円になった。それも、ローソン受け取りで送料無料になって、本当にそれだけで買えたので、随分得した気分だ。

40年以上も前の録音だが、オーディオ的な音質は良かった。まあ、ビートルズなんて、1960年代なのに全くいい音なのだから、当たり前のことなのだろう。

  •   0
  •   0

今日は、新作の広告を見掛けた数人のラフマニノフのピアノ協奏曲をYouTubeで聴いた。すると、自分でも「本当に?」と思うような感想が浮かんで来た。

まず、ブニアティシヴィリ(Buniatishvili)の2番(2015)。イントロが弱々しく、重さもなく、信念が感じられなかった。3番の2楽章(2011)は、コクがなかった。

アムラン(Marc-André Hamelin)の3番(2011)は普通だった。ただ、これは本人でないという書き込みもあったから、何とも言えない。「パガニーニ」(2011)は、音はいいけど、良くあるパターンで、惹かれるものは余りなかった。

ニコラーエワの2番(1951)は、(特にイントロに)重みが感じられた。オケもいい感じだ。(オーディオ的な)音質は悪いけど、全く問題ない。

僕が疑問に思ったのは、音を聴いただけで、本当に「信念」や「重さ」が感じられるのか、感じられるとしたら、それは(物理量では)何かということと、演奏の「コク」とはなんだろうかということだ。それから、「普通」の演奏で悪いのかとも思った(個人的には、はっきりと、駄目だと思うが)。

何度か聴くと分かるのかも知れないが、今はちょっと調子が悪いし、気に入らないものは余り聴きたくないので、いつか思い出したら聴き直してみたい。

PS. ニコラーエワだけは、今聴き直しても、いい感じなのは確かだ。リンクの確認なので、ちょっとで止めるつもりが、聴き入ってしまう。

  •   1
  •   0

「無人島に1個だけ持っていくなら何を」とか、「無人島に持って行きたいCDは」とかいう、良くあるアンケートのようなものがある。

午後からずっとモーツァルトを聴いていた僕としては、とりあえず、「モーツァルトのピアノ協奏曲全集(CDボックス)」になるが、1枚だけなら、K. 488(それも、ポリーニとベームの)だろうと思った。が、よく考えると、そもそも、無人島に電気はないだろうから、CDなんて持って行っても全く無意味だということに気付いた。それに、「1個だけ」持っていくのだから、仮に電気があってもCDの板だけじゃ再生すらできない。

そうなると、「K. 488の楽譜かなあ」という気分になった。もちろん弾けないけど、まず、読んで楽しめそうだし、時間はたっぷりありそうだから、何度も読むうちに、いつか脳内で演奏できるようになるのではないかと思ったのだ。

とにかく、モーツァルトは人類の宝だ。と、勝手に盛り上がっている今日この頃。

PS. もう一つの答えを思いついた。グランドピアノだw 大きさや重さの制限がなければね。(でも、その時は、年に1回は調律師さんに来てもらいたいな)

PS2. その後、K. 488の変わり種をいろいろ聴きまくってしまった。それで、印象的だった(乗れた)演奏を紹介したい。

Jun Asai (2014, 2台ピアノ版。リンク先は第1楽章。残りもあり)

  • ピアノだけなので、曲の良さがストレートに伝わって来る。
  • 演奏もかなりいい感じだが、もう少しパワーがあってもいいかも。
  • 2ndの人の方がうまい?
  • なんで移動用の台を付けたまま?
  • この人のラフマニノフのピアノ協奏曲第3番 (2015)は全然駄目だった。最初の数十秒で止(と)めた。

Walter Abt (2016, ギター版, 第2楽章のみ)

  • ギターも実にいい!

Bach Dancing & Dynamite Society of Wisconsin (2014, バッハ時代的な小編成)

  • 楽器が少ないから、それぞれの音がクリアに聴こえて綺麗。
  • そして、乗れる!
  • ピアノパートを時々自分好みに変えているのが惜しい。あと、ピアノはそれ程うまくない。
  • なぜか、音量がとても小さい。

上記は終わりまで聴いた。それ以外にも沢山聴いたが、大体、最初の数十秒〜1分で止(と)めた。(20:45)

おまけ:

Kaori Nakamura (2014, オケとのリハ, 第1楽章のみ)

  • リハにしてはちゃんと弾けている。
  • リハなんて見る機会がないので、その場に居るみたいで楽しい。
  • このオケの音は結構良い。結構好きだ。
  • そんなにひどくないのに、thumbs up(↑)がなくてthumbs down(↓)が5ってのは、なぜ? 裏側なんて見たくないってこと?

(20:59)

  •   0
  •   1

近頃は、彼女の名前の日本語表記は、「マリア・ジョアン・ピレシュ」が正しいことになったようだ。決まったのなら、なるべく正しい名前で呼びたいが、慣れもあって、なかなか難しい。年配の方が、周波数を"Hz"でなく、「サイクル」と呼ぶ気持ちが分かった。

それはともかく、正月にYouTubeで彼女のピアノ協奏曲を聴いてから、結構好きになってしまったようで、気付いたらCDボックスを3種も買っていた。初めてモーツァルトのピアノソナタ全集を聴いた時は好きじゃなかったのに、偉い変わりようだ。そして、昨夜、それら(ジルベルシュテインと菓子折り、いや、カシオーリも含めて)が一気に届いた。

今回買ったのは以下である。3組目(HMVでキャンセルされたもの)は、通常のアルバムが5組、セットになっていた。

  1. モーツァルト: ピアノ協奏曲集 (1978, エラート)
  2. モーツァルト: ピアノソナタ集 (1989-1991, DG)
  3. DGでの協奏曲全集 (1993-2012, DG)
    • ショパン: ピアノ協奏曲 第1, 2番 (1998, 1994)
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第14番, 第26番 「戴冠式」 (1993)
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第17, 21番 (1995)
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第23番、シューマン:ピアノ協奏曲 (2007, 2000)
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第27, 20番 (2012)

左から: DG盤 (協奏曲)、DG盤 (ソナタ)、エラート盤

取り込みながら何曲か聴いたので、その感想を書こうと思ったのだが、PCに取り込んだだけで疲れてしまったので、後にする。さすがに、3組16枚を取り込むのは疲れる。約6時間掛かった。途中に昼食や散歩の時間があったから正味4.5時間くらいだが、一仕事だった。

それというのも、それぞれのCDが高速に取り込めて、CD情報が正確にCDDBに入っていればいいのだが、全然そうでないからだ。取り込みに30分くらい掛かるものがあるから時間が掛かるし、情報が間違っていたり不足していることがほとんどなので、1枚・1曲ごとに修正が必要だ。

そういう手間があるし、収納もかさばるので、MP3(ダウンロード版)にしたかったのだが、例のデッカ事件があったので止めた。要は、ダウンロード版をマスタリングする人が音楽を分かってない(ことがある)からだ。今回のDGはデッカ事件の張本人のユニバーサルグループだし、エラートだって、ワーナーグループだから期待できない(実際、ここもジャズとクラシックの制作が同じ"Warner Classic & Jazz"だ。西洋でも、こういう十把一絡げ的な扱いが許されるのか!?)。

次に、今日聴いた曲を列挙する。

  1. モーツァルト ピアノ協奏曲 第20番 (1978)
  2. モーツァルト ピアノ協奏曲 第27番 (1978)
  3. モーツァルト ピアノ協奏曲 第23番 (1978)
  4. モーツァルト ピアノ協奏曲 第21番 (1978)
  5. モーツァルト ピアノ協奏曲 第26番 (1978)
  6. (ショパン ピアノ協奏曲 第2番 (1994))

僕は、モーツァルトは、選べるのなら、短調のピアノ協奏曲から聴く。その次は27番だ。そこらへんを聴けば、その人が分かるような気がするのだ。それで気に入ったら、23番を聴く。だから、今日もまず、20, 24番を聴きたかった。が、なぜか、彼女は24番のアルバムを出していない。苦手なのか嫌いなのか。

実は、モーツァルトの21番辺りで感覚が麻痺してしまったので、ショパンで気分を変えようと思ったのだが、疲れ果てていたようで、前奏部でピアノが出る前に止(や)めてしまった。

一言感想を書けば、今日聴いた、彼女が若い頃のモーツァルトは素晴らしい。「最高に好き」とは言えないけど、かなりいい。「馴染み」と言える。ゼルキンや内田と比較し得ると思う。ただ、23番だけは、やっぱりポリーニとベームのが最高だ。

あと一つ。彼女の音はパラパラしているようだ。あえて滑らかにし過ぎず、すごく短い無音を入れているようだ。基本的には小気味良いし、切り過ぎてブチブチしている訳ではないから、大抵はいいと思うのだが、モーツァルトの23番(特に第3楽章)には(僕のイメージ的には)ちょっと合わない気がした。ただ、今考えると、意識的にそうして切っているのだから、かなり技術力が高いのだろうと思う。

最後になるが、モーツァルトの20番の第2楽章の冒頭は、凄過ぎて寒気がした。そして、中盤でなぜか涙が出た。単なる疲れのせいかも知れないが、今までそんなことはなかったので、全く不思議だった。ただ、次以降はもうない気がする。

(21:07 わずかに修正)

 

PS. そんなわけで、本来今日やろうとしていたことは何一つできず、すべて延期した。。。(18:35)

PS2. ピアノ協奏曲の印象についてであるが、外れることは多いものの、前奏を聴くと、ピアノの演奏も大体その方向になっていて、全体の印象を想像できることがある。だから、最初の1-2分で、ピアノが出る前でも、「これはすごい!」とか思うことがある。でも、聴き進めると、段々アラみたいなのが出てくることがある。そのアラが少ないのが、本当に凄い演奏なのだろう。

そういう意味では、全体の進め方を決める指揮者は重要なのだろうし、ソリストもその指揮者の意見とぶつかり合いながら、自分の表現をしようとしているのだろう。アラは、それがうまく行かなかった時なのかも知れない。(21:24)

  •   0
  •   3

「展覧会の絵」

ジルベルシュテイン(ジルベルシュタイン)はこの曲を2回録音しているようで、これは新しい方だ。最初のはDGで1990年代だったが、これはマイナーなレーベルである。

昨日届いたのを、その夜に聴いた。今は2回目である。最初はラフマニノフのピアノソロ曲(「6つの楽興の時」)なのだが、やっぱり苦手だ。でも、演奏としては悪くない感じだ。この曲、確か他の演奏者でも持っていた気がしたが、調べたらポンティの演奏で別の曲だった。

最初は、正統派でいい感じだと思った。感情を抑えた感じで、激し過ぎないようだ。熱くなり過ぎるよりはいいとは思うのだが、そのために、最初の「プロムナード」から「小人」に移る時に、期待するもの(劇的な変化)がなくて、ちょっと拍子抜けした。でも、ピアノの音はいい。

2回目に聴くと、リヒテルのような緊迫感を感じさせないのが、物足りない原因だと感じた。「迫力に欠ける」というのか。それは、音に重みがないからではないか。迫力は、最後の曲辺りでようやく感じられる程度だ。音は綺麗なのだが・・・ 残念だ。

彼女は、ライブ(ラフマニノフのピアノ協奏曲。1994年頃のNHK TV)はとても良かったのだが、CDはそうでもなかった(やっぱり何か物足りなくて、大好きな演奏にはなっていない)から、録音は苦手なのかも知れない。

カシオーリ

このアルバムを買った目的の「トッカータとフーガ」は、原曲がパイプオルガンなので、それをピアノでどう弾くのか、興味があった。聴くと、やっぱり、ピアノだと音がシンプルになるので、最初はちょっと(あの印象的な出だしは特に)物足りない感じだったが、聴き進めるにつれて馴染んで来て、スケールを感じさせて、なかなかいい感じだった。

断然ピアノ好きの僕としては、ピアノはオルガンと違い、音ごとに強弱が付けられて、ダンパーペダルで音を減衰させながら伸ばしたり、響かせたりすることができるので、この曲でもそれが好ましく聞こえる。

が、以降は、知らない曲が多いせいか、段々飽きてくる。それでも、バッハのコラールは美しいし(平均律などに、似たような雰囲気の曲があるようだ)、時々おもしろい曲が入っているのがいい。ベートーヴェンの「トルコ行進曲」や、ファリャの「火祭の踊り」とか。初めてのような、聴いたことあるような。

最後のプロコフィエフの「悪魔的暗示」は、すごいような、あっさりしているような、妙な感じだった。何となく物足りない。。。でも、音は綺麗だった。

「トッカータとフーガ」を試聴したくてYouTubeを探したがなかったので、このアルバムの曲ではないが、彼のモーツァルトの曲(K. 333と466)を聴いたのだが、音が柔らか過ぎたり、演奏の細かいところ(演奏者が変えるフレーズ)が好みと違っていた。特に、K. 333は冒頭から駄目だった。

購入の経緯

先日、ジルベルシュテインのことを思い出して、「くるみ割り人形」のアルバムを探していたら、「展覧会の絵」も見つかったので、欲しい物リストに入れておき、他のアルバムと一緒に注文したのだが、海外からの発送のため、他より遅れて昨日届いた。それでも、予定より数日早く届いたので良かった。

そして、近頃、Haruさんにカシオーリのこのアルバムをご紹介頂いた。その中の、ピアノ版の「トッカータとフーガ」がおもしろそうだったので、欲しい物リストに入れておいた。それから、彼の顔は僕にちょっと似ているので(自分ではそれほどでもないと思うのだが、10年(20年?)くらい前に、おじが、ハリーポッターの少年と僕が良く似ていると言っていて、その少年とカシオーリが似ているので、きっと似ているのだと思う)、ちょっと親近感が湧いていた。その後、結構前にHMVに注文していた、ピリスのボックス数組のうち1組が「廃盤」(そのボックスはHMVの方が随分安かったのだが、数量限定だったのか?)のためにキャンセルとなったので、Amazonに注文し直すのと一緒に注文したのが、昨夜届いた。

  •   1
  •   1

近頃、妹と音楽に関係してメールをやり取りしていたのだが、今日、ひょんなことからとんでもないことを知ってしまった。彼女とは、音楽に向かう姿勢(あるいは指向というのか)が、全く・根本的に違うのである。

彼女のメールに書かれていたことを読んで、かなり困惑した。「こういう風に音楽を捉える人も居るのか。しかも(妹)が・・・」という感じだった。それへの返事をどう書くか、あるいは、書かないで済ませるか、迷っている。

僕の意見をそのまま返信したら、とんでもないことになりそうだ。一方、彼女はここは読んでいないだろうから、ここに考えをまとめるのはいい考えだと思うのだが、彼女の考えには宗教が絡んでいるので、いつものように貶すことは適切でない。ならば、非公開の日記に書いておけばいいのではあるが、どうしても自分の考えを述べたいので、可能な範囲でここに書いてみる。

僕と妹の、音楽に関する相違:

  • 妹: 信仰のない音楽は無価値
  • 僕: 音楽は信仰(宗教)とは独立。美しい音楽はそれだけで尊い。

音楽史は全く詳しくないが、かなり昔は、音楽(ここでは西洋音楽)と宗教(ここではキリスト教)は密接に関係していたのだろう。発端は宗教だったのかも知れない。だから、その頃の音楽や教会用の音楽については、宗教的な背景を理解して演奏する必要があることは分かる。が、信仰心がない演奏に「価値がない」と言い切られたら、かなり頭に来る。

例えば、(想像だが)モーツァルトのレクイエムなんて、彼女にとっては全くの無価値・無意味な曲・演奏に聞こえるのだろう。あるいは、無宗教の人や他の宗教の人が演奏するその頃の曲は、価値がないのか。

断じて違う。

確かに、その宗教を信仰していない人の演奏は、信仰している人に比べて良くない可能性はある。それは、「日本人は西洋音楽を理解していない」と言われるのと同じことではある。が、決して価値がないとは言えない。それは音楽や演奏者を侮辱することだと思う。「下手」や「嫌い」は許されるが、「無価値」は許せない。

そもそも、演奏者の信仰心は演奏を聴いて分かるのだろうか? そうじゃないと思う。「いい演奏がいい」のであって、信仰心は関係ないと思う。この考えを進めたら、CDに演奏者の宗教歴などを書かなくちゃいけないくなるのではないか。結構恐ろしい。

今気付いたが、僕と彼女の「音楽」に求めるものとか定義が異なるのだろう。彼女は芸術としての音楽を求めているのではなく、教会で使う「道具」を求めているのだろう。だから、相容れなくて当たり前なのだ。

言うまでもなく、音楽は芸術なので、特定の宗教に依存せず、単体で存在し、それ自体で評価されるものだと思う。誰が聴いたって分かるものなのだ。教会用音楽だって同じだ。音楽として良いものも良くないものもあるはずだ。芸術家は、いい曲を作ろうと努力し、いい演奏をしようと努力している。その根源に宗教がある人は居るだろうし、そうでなく、音楽自体を信じている人も居るはずだ。

書いていたら、また頭に来てしまった。。。返事は出さない方が良さそうだ。

  •   3
  •   0

CDファイルや"Dream police"と一緒に注文したアルバムが、昼に届いていた。

早速聴くが、先に入っているラフマニノフの交響的舞曲は苦手なので、「くるみ割り人形」からにした。何となく音が少ない(編曲のせい?)感じで簡素だし、期待よりパワーが弱い感じだ。音は綺麗(ちょっと硬めではある)だけど、「さらりとした梅酒」のように、余りにもサラっとしていて、アルゲリッチに期待する「アク」がない。が、チョーヤの梅酒が添加物を使用していないのと同様、純度の高い模範的演奏ではある。物足りないのは、録音が今一つのせいかも知れない。

以前気になって、それを聴くためにこのアルバムを買ったとも言える、「花のワルツ」の特徴的なフレーズは余り滑らかでないし、盛り上がりにも欠ける。それもあって、全体的には、先日YouTubeで観たジルベルシュテインとのライブ(上のリンク先参照)の方が、熱気とか汗を感じられて良かった(実際には、果たしてこの曲に汗が合っているのかという問題はある)。それでも退屈はせず、一気に聴けた。ジルベルシュテインとのに比べて短く感じたのは、そつのない演奏だからなのだろう。

編曲者と第2ピアノのエコノム(Nicolas Economou)は、若そうなのに、既に1993年に亡くなっていた。

2015年発売だが、外装はやけに古く(10年くらい前の物のように)見えた。セロハンの質のせいか。が、PCへの取り込みは速かった。原盤はDG(ドイツ・グラモフォン)だが、日本盤はデッカ事件のユニバーサルだった。そして、ジャズとクラシックを同じ部門(「ユニバーサル クラシック&ジャズ」)で制作しているのは、なんか、「和食も中華も似たようなものでしょ」と馬鹿にされたような気分だ。

あと、DGすらユニバーサルが扱っているのなら、DGのMP3も期待出来なさそうだ。ダウンロード販売サイトはあるけど、実際にはどうなのだろうか。

PS. 交響的舞曲(第1ピアノはエコノム)はなかなかパワフルで音が鋭く、聴き応えがある。CDにはこちらが先に入っているし、実際にはメインなのかも知れないな。ただ、残念ながら、長く感じる。(17:04)

  •   0
  •   0

先日、どうしてだったか、ふいに懐かしくなって欲しくなり、注文したのが昨夜届いた。一緒に他のCDやCDファイルなどを注文した。本来はCDファイルが欲しかった(デッカ事件のせいで、MP3の購入を止めてCDに戻らざるを得なくなり、これからもCDファイルが必要になりそうなので、今まで使っていたバッファローの120枚入りを2個買った。あと10年はもつだろうか?)のだと思うが、Amazonの合わせ買いの対象なので、欲しかったCDをいろいろ買った。まんまと策略に引っ掛かってしまった。

昨夜は疲れ果てていたので早く寝てしまったのだが、さっき目が覚めたので、聴くことにした。ジャケットを見ると、「さすがの猿飛」のスパイナー高校の2人(リンク先画像の数字が名前)を思い出す(が、実際には全く異なっている)。このアルバムと「さすがの―」は同じ頃に出たと思っていたが、後者が少し後だったようだ。曲目を見ると、ボーナストラックが3曲も入っていた。意外に取り込みが速かった。取り込み速度は盤質と関係あるのか、気になるところだ。

全然関係ないが、BDドライブのトレイが1-2年前から開きにくい(2-3回ボタンを押さないと駄目)のは、何が悪いのだろうか。壊れる前兆だとしたら、妹の(処分する)PCから外して持って来るのがいいかも知れない。が、外すのは面倒だし、確かATA接続だったから使えない気もする(マザーボードにATA端子はあるが、調子が悪い)。

聴くと、最初の"Dream police"はやっぱり懐かしい。が、なぜか、イントロのギターが記憶と少し違う感じだ。例えば、こっちは音を切り気味にしているが、記憶では伸ばし気味だった気がする。シングルと違うテイクなのか、今まで(コンピレーション盤に入っているものを)ちゃんと聴いていなかったのか。→ 今、元々持っていたのを聴いたら、同じ感じだった。

なぜか、少し音量が小さい。再生ゲインがアルバムモードだからか。→ 聴きやすい音量で何曲か聴いたら耳が少し痛くなったので、実際には小さくはないようだ。起き抜けで耳が本調子でないのか、ヘッドフォンで聴いているせいか。あと、何となく、音が平板的な(ダイナミックレンジが狭い)感じだ。

"Voices"や"I know what I want"も懐かしい。が、他の曲は、やっぱりすっかり忘れていた。

このレコードは、中学生の頃、確か同じ剣道部のKくんに借りた。カセットにダビングする時、A面最後の"Gonna raise hell"が長くてうまく収まらず、苦労したのを思い出した。今はそんな苦労が全くないのは便利だと思うが、何となく、情緒が失われた気もする。当時のアルバムはA/B面の区切れを意識していたものが結構あったので、アーティストや制作者の「考慮」が失われてしまっていると思う(まあ、例えばA/B面を別のアルバムやプレイリストとして登録すれば、それを復活させるのも可能ではある)。

 

PS. Amazonの宅急便のラベルの文字はかなり小さいので、高齢の作業者には厳しそうだ。

(さて、また寝るか・・・)

  •   0
  •   3