Archive for the ‘音楽’ Category

2月にAmazon(だったか、webのニュースか?)で偶然見つけて、彼のファンという訳ではないのだが、彼の曲はとても好きだし、その好きな曲がいっぱい入っているので注文した。2700円。最初は500円高い初回限定盤を注文したのだが、特典CDの内容を調べたら全然興味が湧かなかったので通常盤にしたのが、今日届いた。それで、今改めて値段を調べたら、通常盤でも高い気がして来た。さすが国内盤だ。

さっき聴き始めたのだが、最初の曲(「熱き心に」)のイントロを聴いた時は「いい!」と思った。のだが、彼の歌声が出てきたら、がっかりした。小林旭のに比べて、何か甘くてぼんやりしていて、熱い心が感じられないのだ。確かに彼の音(ナイアガラ・サウンド)は甘いもんなあ。ジェフ・リン系なのか? あと、もしかしたら、演奏(カラオケ)はオリジナルと同じものを使っているのかも知れない。(→ ダイジェスト)

「怪盗ルビイ」も、やっぱり、ちょっとがっかり。当然ながら、小泉今日子と違って、声に派手さがない。まあ、少し先の「探偵物語」、「星空のリビエラ」、「風立ちぬ」を楽しみにするか。

探偵物語」は、何とも眠い歌声だ。何となく、「透明な水の底」からではなく、泥水の中から聞こえてくるような雰囲気だ。作者の表現なんだから、これが正しいんだろうけど・・・僕はやっぱり、透明感のある薬師丸ひろ子の歌が好きだ。

「すこしだけ やさしく」も同様。やさしい歌い方だとは思うが、軟弱な感じだ。「星空のリビエラ」は、歌が英語のせいか、他ほど悪く感じない。慣れて来たのか、「風立ちぬ」は、それほど違和感がない。ライブ収録のせいもあるのか。

まあ、なんだかんだ言っても、おもしろいアルバムだし、聴き込んだら気に入るかも知れないから、買った価値はある。が、彼の他のアルバムを買うきっかけにはならないだろうなあ・・・

PS. まだ海外のCDDBに登録されてなくて、手でタイトル・曲名などやジャケット写真を入れた。

  •   0
  •   2

一昨日届いたCD(オンデマンド製造とのことで、実際にはCD-R)。Amazonでは発行は"2015"と書いてあったので、最新盤かと思っていたのだが、実際には2006年だった。CD-Rでの再発が去年なのだろう。まあ、いずれにしても、彼(ドミンゲス)のアルバムは何でも聴きたいので、古くたって構わない。

聴いてみたら、まあ、いつもの彼らしいギターと、初めて聞くマホ・ランソンの歌で、全く違和感がない「ラテン音楽」で良かった。ちなみに、彼のギターのアルバムは、これで17枚、延べ261曲だ。なかなかすごいライブラリだ。

PS. 相変わらず、タイトルも曲名も全く意味が分からないし、調べる気もないが、これでいいのだ。

  •   0
  •   1

Amazonで定期的なCD探しをしていて、今回はファンホ・ドミンゲスとマホ・ランソンの"Berretín"を見つけたのだが、ついでにこの本を見つけてしまった。でも、どうして見つけたのだろうか。いつものように、ふいに「バブル」を思い付いて検索したのだったか。この本の関連で、「バブルの肖像」というのが出てきたので、それも注文してしまった。

本2冊(中古)とCD、それぞれ2千円くらいだったので、合わせて6千円くらいになった。ちょっと高い気もしたが、バブルがからんでいるので良しとしたw

今日この本とCDが届いて、早速CDを聴きながらぱらぱら見た。気付いたことは、バブル期のピークを1985から1989年とすれば、その頃僕は(都会でなく)地方の大学に籠って(サークル活動でなく)バイクやパソコンなどにうつつを抜かしていたので、(本に書かれている)ほとんどのことはTVや雑誌でしか知らず、それなりに気にしつつも、どこか別世界のことのように思っていたということだ。まあ、それでも流行に敏感な同級生は僅かに居たので、雰囲気は感じていた気がする。

そう言えば、就職に苦労しなかったのは、今にして思えばバブルのおかげだった気がする。そして、入社直後に同期全員で合宿した研修期間に、(今にして思えば)バブルをちょっとだけ体験した気がする。それが記憶に残っているのかも知れない。

音楽については、この本に書かれているような、当時はやっていたアーティスト(例: ティファニー、ハート、デビー・ギブソン、ブライアン・アダムス)はほとんど好きではなく、既に「過去」になっていた音楽(例: ビートルズ、ポリス、YMO)が好きだったことに改めて気付いた。もちろん"MTV"は好きだったが、局が違う(確かTVKだったか)のでなかなかTVに映らなかったり、深夜だったりしたので、それ程頻繁に観ていなかった。そもそも、前に書いたように、当時の音楽が余り好きでなかったせいもある。

僕はどうも流行を追わない(追いつけない?)ところがあって、森高なんてその頃が良かったのに、後から(1990年代末期)好きになったというのは、もったいないと思う。

この本は予想外に真面目に作られていて、資料としておもしろいのだが、まあ、それ程根を詰めて読むものでもないだろう。というより、読んでも何となく物足りない気がしてしまう。というのは、バブル期を文字情報にすれば、それはもちろんいろいろあるのだが、そうでない、あの頃(上に書いたように、僕は実際にはバブル終焉後の「余熱」しか体験していないのだが)の、みんなでまじめに馬鹿をやっていたような、熱気とかちょっとした狂気が伝わってこないからだ。そういう点では、昔ビデオで観た「バブルへGO!!」は良かった。また観たくなった。

PS. 文字が小さくて、眼鏡を外して本を眼に近づけないと駄目なのが悲しかった。。。

("80'S"という表記は正しくないのだが、題なのでそのまま記載した)

  •   0
  •   1

昨日、ジョージ・マーティンが亡くなった。時代を感じる。彼は偉大だったと思う。冥福を祈る。

が、少し前からその息子がビートルズの作品をいじり出したのは、これの伏線だったのかと思うと、素直には祈れない。もちろん、職業は自由だし、本人は有能なのかも知れないが、偉大な人の子どもが、同じレコード会社(レーベル)で、父親と同じアーティストの作品に携わるのって、ちょっと不自然ではないか? 音楽(芸術)は世襲じゃないと思っていたのだが、芸術というより、金儲けや政治の世界のような生臭さを感じて、あるいは、ビートルズを私物化されたような気がして、興醒めしてしまった。。。

素直な本音としては、「ガキは知ったかぶりして出しゃばって来るな!」だ。

PS. 昨日から、彼(ジョージ)が間奏でピアノを弾いている"In my life"を聴こうと思っているのだが、そんな訳で、まだ聴いていない。

  •   0
  •   2

歌詞は分からないのだが、この曲を聴くと、文字通り救われた気分になる。時々、寝ていて脳内でリピートする。

調べたら、意外なことに、ジョン・ディーコンの曲だった。フレディーのかと思っていた。フレディーが、死期が近くなった時の諦念を綴ったものだと思い込んでいたのだ。いつもながら、思い込みが激しい。

  •   0
  •   2

2013年に取り上げたが、このアルバムは好きだ。映画自体はそれほど観たくならないが、このアルバムは良く聴く。

それにしても、もう32年も前の作品とは! たぶん、8年後も「40年も前だったのか!」と思うような気がする。でも、18年後はどうだろう。。。

  •   0
  •   1

今朝、何となく聴きたくなって、Eaglesの"Hotel California"と"The long run"を聴いた。ついでに、「そういえば、どういう経歴だったっけ? "The long run"てどういう評価なんだろうか?」ってWikipediaでEaglesを調べた。「へえ、バンドの仲が良くなかったのかぁ。気付かなかったけど、80年代は解散(休止)してたんだなぁ」と思った。時間が来たので、"The long run"の最初の曲(同名)の途中で、出勤した。

そして、会社でニュースを見たら、グレン・フライが亡くなったという知らせがあって、びっくりした。バンドとして好きだったので、特に彼のファンだった訳ではないが、一応、グループ末期やソロをリアルタイムで聴いていた者としては寂しい。まだ60代でも寿命なのかも知れないな。比べちゃいけないけど、僕にとっては、デビッド・ボウイよりも残念な感じだ。

今は、ちょっとした追悼に、"The long run"を最初から聴いている。

  •   2
  •   0

昨日から、暇つぶしに、昔(主にバブル期)のTV CMをYouTubeで観ていた。YouTubeのリコメンドは大した(恐ろしい)もので、最初は全く別のビデオ(Duncan's Divasが演奏した、Katy Meluaの"Nine million bicycles")を観ただけなのに、なぜか、バブル期のCMのビデオが何本も出てきた。

「おお、そういうのがあったか!」と、懐かしくて楽しく観た。ただ、続けて観ると飽きるので、昨日は1本(30分)で止めた。が、今日も暇だったので、検索して観た。懐かしい物・人や感心することがいっぱいだった。

更に、いろいろなことに気付いた。

他人のビデオをコピーして使っている人が居る。二人のビデオで、複数のCMが同じ順番だった。どっちがコピーしているのかは分からないが、もっとまじめにやって欲しい。とは言っても、そもそも違法コピーなのだから、まじめになりようはないか。

あと、音量くらい揃えればいいのに。

そして、他人のをコピーしている人は、どちらも、変なセールスのサイトやメーリングリストを立ち上げていて、どうやら、「バブル期のように儲けたければ、こっちにどうぞ」というふうにやっているようだった。

そういうのに引っかかる単純な人が居るのか分からないが、未だにバブル的な、単刀直入にいかがわしい商売をする人が居るんだなあと思った。

PS. そもそもの、Katy Meluaの曲は歌声がとても綺麗で、ちょっと興味が出たのだが、アルバムを買うとがっかりしそうなので止めた。

  •   0
  •   3

19時頃、実家から帰宅。やっぱり自分の家が一番だ。なじみの机とPCに向かって椅子に座ると、ほっとする。ちょっと疲れた。。。

母の行動にはいつもイライラするのだが、いつものことだし、もう直りようがないので、ここには書かない。

紅白は安っぽいどんちゃん騒ぎばかりで下らなかったので、松田聖子は少し聴きたかったが、途中で寝た。どうしてああいう色遣い・音遣いをするのか、全く理解できない。そして、長過ぎる。その前の番組(しあわせニュース2015「おおみそか」)に、可愛いセクシー女優と昔のアイドルに似た女性が出ていて、一瞬まだやっているのかと思ったが、どちらも別人だった。前者は元AKBの篠田麻里子、後者はNHKのアナウンサー(片山千恵子)だった(()内は今検索して調べた)。

実家で暇つぶしに「探偵物語」(TVドラマの方)を観た。DVDボックスを買った時に全部観たのだが、すっかり忘れていた。基本的にはコメディだが、続けて観るのは疲れるので、1枚くらいしか観なかった。ああいうおもしろい番組は、今はいろいろな制約があって、できないのだろうな。。。

今日はなぜか、7時頃まで寝続ていた。いつも早朝に目が覚めるのだが、実家だと少しは違うのだろうか。

帰宅して、早速、ポップスを聴く。最初はシャフルにしていたのだが、ふと聴きたくなって、Queenの"The game"にした。実家のTVを見聞きさせられ続けた耳には、とても音が自然でいい。そして、落ち着く。

それから年代順に聴くことにして、次は"Hot space"、今は"The works"。

PS. ファンの方は読んでいないと思うので書くが、紅白で、F山某の時は苦笑した。何あの人? 母ですら「自分に酔ってる感じだね。」と言っていた。自分に酔ってもいいけど、フレディーと紙一重で駄目な方って感じだ。それでも、多くのファンが居るのだから、僕らには計り知れない、何かしらいいところがあるのだろう。(21:50, 22:43, 1/3 8:46 若干修正)

  •   2
  •   3

スマフォのカレンダーのフェッチの実験(半ば飽きつつも続けている)をしながら、待ち時間に松田聖子のベスト"Bible"を聴いている。初期の曲(「青い珊瑚礁」、「風は秋色」、「チェリーブラッサム」、「夏の扉」などなど)は乗りが良くて、とても楽しい。が、当時は何十年も経ってからナツメロ(あるいはクラシック)として聴くなんて、考えてもいなかった。これって、もっと年配の人が美空ひばりとかを聴くのと同じ状況じゃないだろうか。

とてもシュールだと思った。

PS. 今の人で、上の曲が分かる人はどのくらいいるのだろうか? 30代の人だって、生まれる前後の曲ばかりだが、さすがに有名だから分かるか。

  •   0
  •   2