Archive for the ‘音楽’ Category

(暇なので、ふと思い出したことを書く)

小中学生の頃、学研の学習雑誌(「学習」と「科学」など)を購読していた。その関係で、販売店のオジさんが良く来て、いろいろな物を売りつけて行った。例えば、以下のような物だ。

  • 英語学習用テープ類 (いわゆる"LL")
  • 自分で勉強するための教材 (原始的なタッチパネルのような仕組みで、感圧板を教材のページの下に挿しこんで、ペンで選択肢を押すと、○×がランプで表示されて分かるようになっていた)
  • 百科事典、図鑑

それらは結構高かっただろうが、親はせっせと買い与えてくれた。

LL教材は、僕の悪知恵で買ってもらった。小学生の頃はテープレコーダーなど持っていなかったのだが、ある時、いとこにビートルズのテープと一緒に古いのをもらった。そのレコーダーは、まあ使えたのだが、何とかして新しい物にしようと思い、「英語」に着目した。いとこからそんなことを聞いたからなのだが、「英語の勉強をするためにテープレコーダーが要る」ということにして、買ってもらおうと思ったのだ。ただ、単にテープレコーダーを買ってもらうのは難しそうだったので、テープレコーダーもセットになったLLの教材を買ってもらった。

一応英語の勉強はしたが、そういう教材(時間をおいて、何種類か与えられた)はテープばかり多くて、最初の数本しか使ったことがなかった。そもそも、LLでは発音の練習はできても(実際には無理だと思うが)、聞き取りの練習はできない(テキストを見ながら聴けば、一応できるが)。会話の練習だってできない。今となっては、余り役に立たない教材だった。

それでも、音楽やオーディオの趣味に入るのに大変役に立った。そのレコーダーで、もらったビートルズのテープを何度も聴いたし、自作のスピーカーをつなげて、(当時の)いい音で聴けるようにした。それから、もらったテープの音量が小さかったので、アンプを作ったり、ラジオをつなげてFMを録音したし、モノラルのレコーダーをステレオにする方法はないかを考えたりして、電子回路やオーディオ(当時流行していた)への入口になった。

だから、表面上の目的(英語)は達成しなかったものの、今の自分の多くの部分は、そのLL教材で始まったと言えるのではないだろうか。

百科事典は、特に欲しくはなかったのだが、母が学研のオジさんの口車に乗って買ってしまった。納入された日、買うことを知らなかった父が帰って来て、本棚(セットだった)にずらっと並んだ(20冊くらいあったか)事典を見て怒っていた。当たり前だ。中学生の頃だったか。

でも、その事典は結構役に立った。もちろん、日頃分からないことを調べられたし、暇潰しにもなった。それで、テープを頻繁に聴いて興味が出ていたビートルズの項目を調べてみたら、あったのだ。ただ、事典なので詳しくは書いてなかった。物足りなかったので、事典に添付の質問カードに、「(どんなレコードがあるのかなど)もう少し詳しく教えて下さい」というようなことを書いて送った。

半分当てにしていなかったのだが、少しして、ちゃんと回答が来た。回答の文章は忘れてしまったが、何かの本のディスコグラフィーのコピーが添付されていた(今では良くないことだが、当時は普通だったし、もう時効だ)。

それには、ビートルズだけでなく各メンバーのソロの作品も載っていた。ビートルズのは、イギリス盤だけでなくUS盤や日本盤も載っていたのではなかったか。

それを見てからだ。ビートルズの全作品を揃えたくなったのは。ビートルズマニアの誕生である。

(12:37 一部修正)

  •   0
  •   3

最後に残った"1"のDVDを観た。以下、観ながら書いたメモをそのまま。

"Love me do"は後から作った感じ。無理に作らなくてもいいのに。 オフショットの貴重さ程度。"From me to you"はイントロが欠けているのが残念。曲間の曲目紹介が陳腐でいちいち鬱陶しい。初期はみんなスーツにネクタイで、きちんとしている。ライブ演奏の収録で、音と映像は合っているのだが、音にライブ感がないのが不思議。

"I feel fine"辺りからPVらしくなってくる。"Eight days a week"のカラーはなかなかリアル。映像はかなり綺麗。"Help!"の最後の方は雪が多過ぎて、なんかコメディみたいだ。この頃のPVは工夫がなくて退屈。曲に合わせて口パク・演奏のフリ。

"Paperback writer"や"Penny lane"はちゃんとしたPVという感じ。

"Hello, goodbye"の最後のフラダンスは謎。"Lady madonna"は録音風景がかっこいい。"Hey Jude"は口パクじゃなくていい。千秋みたいな女性。

"Get back"のみんなは、数年前の若さが全くない。そもそもまだ20代なのに。"Come together"は手抜きアニメ。全く不要。スキップした。"Let it be"と"The long and winding road"のポールは寂しい。。。

全般的には"DVD+"の方が見応えがあった。だから、"1+"を買って正解だった。

  •   0
  •   1

通常の"1" (2015)に添付の映像ディスク(僕はDVD版にした)の他に、"1+"で追加されているディスクは、「ボーナスディスク」でなく"DVD+"と呼ばれているので、ここでもそう呼ぶ。

通常DVDの映像は見慣れていると思ったし、同じ曲が入っているCDを聴いたばかりなので、DVD+から観はじめた。

全般的には、当然のごとく、貴重な映像ばかりなのが良かった。中には、CDとは異なる音(テイク)の入ったビデオもあった。画質もとても良かった。以下、観ながら書いた感想を。

初期のビデオは口パク・演奏のフリ(見れば音を出してないのが分かる)。後期もそうだろうが。

"Baby it's you"のように、PVでない、写真やビデオをつなぎあわせたものもある。特に、"Words of love"の作りはひどい。画や音を作っている。

「エドサリバンショー」の"Please please me"は随分テンポが速い。"I feel fine"の適当ぶりはなかなかいい。というか、オフショットに曲を付けただけ。本当に当時作った? (冊子を調べれば分かるが、目が痛くなるので面倒)

"Day tripper"の2番目は何もかも適当だ。「いかにも当時のPV」って感じ。数少ない彼らの映像としての価値はあるか。

"Paperback writer"は、あの"Revolver"のバックカバー写真の感じで演奏している。貴重だ。

"Strawberry fields forever"のビデオは、サイケで訳が分からなくて好きだ。"Within you, without you/Tomorrow never knows"は作りが安直過ぎで価値がない。音楽プレーヤーのビジュアリゼーション並みだ。"Hello, goodbye" (Ver.2)は、ビデオとしてすごく良い。が、最後のフラダンス(?)で台無しに。。。志村けんの「バカ殿」の乗りに近い?

"Hey, bulldog"は曲がかっこよくて好きだ。"Hey Jude", "Revolution" (Ver. 2), "Don't let me down" (looftop)は映像も音も貴重だ。"Get back"は映像が貴重。

"Free as a bird"や"Real love"の頃はジョージが生きていたんだなあと、しみじみする。

曲間の映像(ビデオテープのカバー風)は「いかにもありそう」で、もっと普通に自然に作って欲しかった。例:

Beatles 1+-1

PS. BD版にするか少し迷ったが、結果的にはDVDで充分だった。そもそも、当時の映像がHDレベルじゃないのだから。大画面で観る人にはBDの方がいいのかも知れないが。

PS2. "Hello, goodbye"の最後のダンスはやっぱりフラダンスだったようで、曲の最後で"Hela heba helloa"(ハワイのあいさつ言葉)と歌っているからだそうだ。僕は今まで、"Hello, hello hello"と思っていた。情けない。(11/15 21:34)

  •   0
  •   2

ビートルズの音楽ビデオが観たくて、DVD 2枚付きの"1+"を予約していたのが、今日届いた。疲れているので、ビデオは後回しにしてCDを聴いている。

まだ7曲目だが、リミックスらしく、わずかに違いを感じる曲がある。でも、音楽の違いとしてはその程度だ。リミックスはジョージ・マーティンの息子のガイルズがやったのだが、音楽の制作も政治家と一緒で世襲制なのかと思ってしまう。

それにしても、この赤と水色のジャケットは目に悪い。机の上に置いておくだけで目がチカチカするので、早々に本棚に仕舞った。ジャケットには結構なページ数の冊子も付いているのだが、やはり刺激的な色遣いなので、読めるかどうか・・・

まあ、なんだかんだ言っても、あとでビデオを観るのが楽しみだ。彼らのビデオは、とても画質の悪い海賊版しか持っていなかったから。

PS. Amazonは最後までこのアルバム(エディション)を"1"と表記していて、一抹の不安があったのだが、届いたものはちゃんと"1+"だった。

  •   0
  •   1

ポップスの曲の音場は、安直な作りが多い。例えば以下のようなものだ。

  • ドラムの各楽器、特にシンバル、が左右に振り分けられている。: 一体どこで聴いている想定だ。ドラムの真正面?
  • ピアノも左右に振り分けられている。: ピアニストの後ろや前に居る?
  • 目立たせたい所で、楽器の音が左右に動く、あるいは、人工的に左右に広がる。

いまだに古臭い「ステレオ感」で演出しようとしているのだろうか。それで聴く人が喜ぶのだろうか。

とは言え、現代のマルチモノの録音・制作環境では、これ以上どうすることもできないのは事実なので仕方ないが、そんなんだったら、モノラルとか、初期のビートルズのように「左右泣き別れステレオ」の方がいいと思う。

  •   0
  •   0

森高の"Get smile"。よく詞の一部を思い出す。特に、冒頭の

ディスコの前、気取ったブランド。ダサイ奴ら

は、今時のかっこ良くもない外車だのスポーティーな車だのSUVだのワンボックスだのにイキがって乗っていたり、人を煽ったりするのを見ると、このフレーズが頭に浮かぶ。

なんて、今日は特にそんな人や車を見た訳ではなく、ムカついてもいないが、曲が掛かったので書きたくなった。

PS. うわっ、PVの森高、若い。イメージより若くて素直そうで、悪ぶった雰囲気がない。彼女が爆発的に売れ出す少し前だったのかな。

  •   0
  •   1

MusicBeeで"If I fell"が掛かったら、なぜか、このベスト盤のことを思い出して聴きたくなった。LPを持ってはいるが、ベスト盤なのでPCに取り込んでいないから、滅多に作らないプレイリストを作った。

このアルバムは、当時中学生だった僕が、おそらく最初に自分のお金で買ったビートルズだった。2枚組で3600円くらいだったか。それまでは、いとこにもらったテープ(NHK FMで放送された、"1962-1966"と"1967-1970"の抜粋)を繰り返し聴いていた。ある時、新聞広告を見て、「ビートルズの新しいレコードだ!」と思って買うことにした。能書きがすごかった(ジョージ・マーティンがどうのこうのとか、日米共同選曲とか)ので、発売まで大変待ち遠しかった記憶がある。透明な下敷きの中に、広告を切り抜いて入れていたくらいだ。

もちろん、既にビートルズは解散していたから、内容は既発の曲の寄せ集めだったのだが、そういうことは子どもには良く理解できず、とにかくビートルズの新しいレコード(アルバム)が出ると思ったのだ。

市街地にあったスーパーあるいはショッピングモール(今でいうイオン)に30分くらい掛けて自転車で行って、その中のレコード屋で買った。予約はしていなかった(そういう概念を知らなかった)と思うが、予約特典をもらった。ポスター(白黒で四人の顔が並んでいる)とペンダント(アップルレコードのリンゴの形、薄い銀色の金属製)だったと思う。どうしてか、レコード屋のお姉さん(おばさんだったかも)がペンダントを首に掛けてくれた。もちろん恥ずかしかった。

もちろん、その後しばらくはビートルズのレコードはこれしかなかったから、何度も聴いた。「擦り切れる程」だったかも知れない。その後で、オリジナルアルバムの収集を始め、これを買った店を始めとするいろいろなレコード店に足繁く通った。

プレイリストを作るにあたっては、当時の音を再現すべく、今では2009年のステレオリマスターに押されてほとんど聞かなくなっている、(LPから収録したと言われる)"Millennium remaster"のステレオ版を中心に使った。ただし、"The long and winding road"だけは、ミックス違い(後述)であることを期待して、"1967-1970"のを使った。→ 聴いてみると、スクラッチノイズやレコード内周でのひずみの増加が無く、音が綺麗過ぎるので、当時を思い出すにはちょっと物足りない。贅沢な悩みだ。

最後に、ちょっと長くなるが、プレイリストの曲目を列挙する。

  1. Yesterday
  2. I'll follow the sun
  3. I need you
  4. Girl
  5. In my life
  6. Words of love
  7. Here, there and everywhere
  8. Something
  9. And I love her
  10. If I fell
  11. I'll be back
  12. Tell me what you see
  13. Yes it is
  14. Michelle
  15. It's only love
  16. You're going to lose that girl
  17. Every little thing
  18. For no one
  19. She's leaving home
  20. The long and winding road
  21. This boy
  22. Norwegian wood
  23. You've got to hide your love away
  24. I will
  25. P. S. I love you

(20:02 曲目を追記)

PS. Wikipediaによれば、収録曲の"The long and winding road"は通常とはミックスが違うバージョンが入っているという。また、海賊盤の注文ページでは、各国盤でいろいろな違いがあったそうだ。そういうことを知るとちょっと欲しくなってしまうのだが、まあ、止めておこう。

  •   0
  •   1

今朝、思いがけなく、とてもうれしいことがあった。その時、MusicBeeのシャフルで演奏している曲が「ストップ!! ひばりくん! 音楽編」の一曲で、とても良かったので、アルバムを通して聴いた。

うれしかったことはひばりくんとは全く関係ないけど、その時の気分と曲の雰囲気が合っていた。まあ、年甲斐もない青春症候群だ。ひばりくん以外には、Bostonが合いそうだ(今聴いている)。

  • ボストン - トピック

    ボストン - トピック

    ボストンは、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。 イギリス産のハードロックやプログレッシブ・ロックな…

  •   0
  •   0

昨日、嫌いなHMVをチェックしていたら、ELOが"Jeff Lynne's ELO"として、突然新アルバム("Alone in the universe")を出すことを知って驚いた。試聴しようとYouTubeを探したら、一曲、"When I was a boy"というのが上がっていた。早速聴いたが、ジェフ節全開で大変な甘さだ。でも、今回は2012年の再演ベスト盤と違って、彼のバンドになったことが明記されているので、それでいい。

それで、まだ輸入盤が出ていないのだが、出たら(AmazonかHMVの安い方で)注文するつもりだ。まあ、同窓会のようなものだ。「日本盤だけのボーナストラック」なんて、どうせゴミなので不要だ。

  •   0
  •   0

寂しい秋。

今は、松田聖子の曲よりは、ラフマニノフのピアノ協奏曲2・3番やモーツァルトのレクイエムがいい。

  •   0
  •   2