Archive for the ‘音楽’ Category

昨夜、いつものようにラフマニノフのピアノ協奏曲(もちろん、2, 3番)を聴きたくなったのだが、目新しいものが聴きたくなったのか、いつものブロンフマンではなく、死蔵している演奏を試してみた。

ジルベルシュテインの2番(1991)は、やっぱり駄目だった。なんか線が細いのだ。彼女は好きで、TVで放送されたライブ(1994, 1997)はかなり良かったのだが、スタジオ収録では好みの演奏がない。途中で、(死蔵しているものではないが、)ルガンスキーの3番と2番(2003, 2005)にした。彼はいつも良く感じるので、全部聴いた。

もちろん、作曲者やアシュケナージやアルゲリッチやグリモーや小山のはパスした。ガブリーロフの2番(1991)も聴いた気がするが、途中で止めた。

次に、リシッツアの2番(2012)を試したが、やっぱり駄目だった。以前読んだ音抜き疑惑のせいもあるが、なんか、自己主張が強過ぎて鼻につく感じだ。YouTubeのピアノソロ(オケなし)は良かったので、指揮者と充分に合わせてないのではないか? それで、アンスネスの2番(2005)に代えた。

彼の演奏は、買った当初は全然気に入らなかったのだが、どうしてか、昨夜はなかなかダイナミックかつシャープな感じで良かった。オケ(パッパーノ指揮、ベルリンフィル)もシャープだ。オケの音の入れ方がちょっと変わっていて、普通は聞こえない音が聞こえた。

今朝、引き続き彼の3番(2010)を聴いたが、(今となっては)問題なく、結構良かった。ルガンスキーに近い感じがした。弾き方の癖は強目だが、リシッツアのようには嫌味でない。指揮者は同じだが、収録年とオケ(ロンドン響)が違うせいか、音の入り方は普通だった。

アンスネスはルガンスキーと同じ頃に活躍した(今もそうだろうが)ので、きっと歳も近いのだろう。今となっては中堅なのだろうが、僕の中ではジャケット写真のような「若手(のイケメン)」のイメージがある。近頃(といっても、もう10年近く前のようだが)では、フレイがその位置に居るのだろうか。

演奏は、聴く時の状態やそれまでの経過によって印象が変わるのだろう。変わらないものもあるが、変わるものも多い。

  •   0
  •   0

先日、ちょっと出張した。出張の楽しみと言えば、人(まあ、着目するのはほとんど女性だがw)を観察するとか、夜の飲み会や、宿での音楽(演奏)選びだろう。それに加えて、今回は新しい楽しいことがあった。以下、そういうことや思ったことを書いてみる。

行きの新幹線で、前の席のサラリーマンが、タブレットで「日経新聞」(紙で出版されたものをスキャンしたようなフォーマット)を読んでいたが、全然便利じゃないだろうと思った。昔から全く進歩がない。あんなのだったら、webの方がずっといい。まあ、日経を読む時点で「察し」なのか。

初日の仕事の後、宿に戻って飲み会の時間を待つ間聴いた、ギーゼキングとカラヤンのK.488 (1951)は、どことなく透明でなくて好みでなかった。ギーゼキングは初めてかも知れないが、想像どおり癖がある感じだ。聴いていたら、一緒に行く人が部屋に呼びに来てくれたので、再生を停める方法が分からず慌てた。

今聴くと、カラヤンらしくなく、オケがルーズな感じがする。ピアノがそれに合わせてしまっているのも、気に入らなかったのかも知れない。

飲み会の後、部屋に戻ってから、ラローチャのK.488 (1991)を聴いた。やっぱりいい感じだった。が、酔っていたのですぐに寝入ってしまい、気付いたら午前3時頃で、演奏はとうの昔に終わっていた。

翌朝、朝食前に、彼女のモーツァルト ピアノ協奏曲 21番 (1987)を聴いたのだが、今ひとつだった。彼女には波があるのかも知れない。この前後にも数人の演奏を聴いた。どういう訳か、結局、ラフマニノフ ピアノ協奏曲 3番になり、それも何人か(トリフォノフ、フェドロヴァ、ブニアティシヴィリ、アルゲリッチ、マツーエフ、ベルマン)を試しに聴いたがどれも満足できず、最後はBehzod Abduraimov (ベフゾド・アブドゥライモフ)という人の演奏(2016)を聴いた。新人らしいピアニストはすごく頑張っているのだが、残念ながら熟練不足な感じだった(今聴くと、それほど悪くないけど)。指揮はゲルギエフで、いつものように振り方(外見)が独特だった。あの妙な感じは結構好きだ。

余談: iPhoneでも、Googleにログインしていれば、YouTubeの再生履歴に表示できることが分かって、上のような文章がかなり正確に書けるようになった。個人情報収集の問題はあるだろうが、便利だ。

そのせいか、その日は朝からラフマニノフのピアノ協奏曲 2番が脳内で無限ループしていて、早く帰って好みの演奏を聴きたかった。

仕事は展示会での説明(補助)だったのだが、社員が多くて特に声も掛からず暇だったので、場内をぶらぶらしていたら、販売コーナーに出店されている方と話が弾んだ。その方は、自分で製作した、写真やイラスト・絵を表に出した包みボタンを販売していた。僕は、もちろん手芸やボタンには興味はないのだが、ある作品の色使いが綺麗だったのでちょっと見ていたら、話しかけられたのだ。

その方は、昔つくばに住んでいたが、雰囲気が嫌いで、今は埼玉に住んでいて、バイトで通っているとのこと。そして、茨城に住むなら南の方がいいと言っていた。いろいろな話がおもしろかったので、何か買ってもいいとは思ったのだが、買っても死蔵するだけで、それでは全く意味がないので、「申し訳ないけど今日は買えません」と言って、別れた。いつか、何かの機会があれば、頼みたいと思う(読まれている方で、ご興味のある方には、店名やURLをお教えします)。30分くらい話していたかも知れない。

その後もぶらぶら見ていたら、2つのブースで留学生から声を掛けられて、話し込んだ。最初の人は通り掛かって目が合っただけで話し掛けて来た。興味はなかったのだが、僕の分野にも少し関係があったので、質問したり話を聞いたりするうちに、段々おもしろく感じてきた。15分くらいは話しただろうか。

2番目は、題がおもしろそうだったので見ていたら、声を掛けられた。実際には、題からの想像とは異なる内容ではあったのだが、話を聞くうちに、おもしろくなって来た。こっちも15分くらいは話した気がする。その方は、京都の社寺が好きだそうで、まだ行ってないから是非行きたいと言っていた。

どちらも中国系の人だったと思う。普通の日本人だったら、ちょっと見ていた程度で話し掛けては来ないだろうし、素人に長々と説明なんてしてくれないだろうから(あ、ボタン屋さんはそうでもなかったか)、熱意とかやる気とか開放的な性格を感じた。もちろん全員ではないだろうが、平均的には高いのではないか。それは欧米にも通じるのではないだろうか。そういうところが、日本が追い抜かれてしまった原因ではないかと感じた。僕は、それらの国は好きじゃないけど、すべての国民(なんて知らないから)が嫌いという訳ではないし、たとえ嫌いだとしても、見習うべき点はあるように思う。少なくとも、目を閉じていまだに「日本はすごい」、「*国はレベルが低い」とか言って自己満足しているだけでは駄目だ。

つつがなく仕事が終わり、宇都宮駅に着いて、いつものように吉野家に行き、黒カレー(大盛り+半熟卵、けんちん汁・サラダセット)を試した。結構香りが良かった。750円。

部屋に戻ったら22時近かった。さっそく、ブロンフマンのラフマニノフ ピアノ協奏曲 2番 (1992)を聴いた。家のオーディオは音質はすごくいいけど、iPhoneだって、音楽(演奏)を楽しむ点では全く問題ないことを再確認した。音楽は音質じゃないんだよね!

 

PS. 今回の演奏選びで消費したデータ量は、約1GBだった。結構多い。1泊1GBとすると、いくら繰り越しがあっても、4泊程度で容量を使い果たしてしまう。僕はそんなに長い出張はしないだろうが、YouTubeの音だけを聴けるアプリを作ってくれると助かるのだが・・・

もしかして、自分のサーバに、YouTubeのビデオから音を抜き出して再送信するプログラムを作ればできるのだろうか? YouTube互換のクライアントを作るのが厄介そうだし、YouTubeも不正利用に目を光らせていそうだから、いろいろ難しいだろうが、そこがクリアできれば何とかなりそうな気がしてきた。そういうサイトは既にありそうな気がするが、訴えられていそうな気もする。(14:24)

PS2. 全くの別件だが、webショップのあるクラシックアルバムの見出しに、「深い内省と慈愛に満ちた」とあったのには笑った。さすがにそれは、オーディオの「演奏者の息遣いが聞こえる」と同じ類の眉唾だろうと思う。演奏者の性格なんて、演奏からは分からないと思う。そして、僕は、そういう個人の背景の類は気にしないことにしている。性格のいい人が、必ずいい演奏をする訳ではない、というか、性格が演奏に現れるとは思っていない。曲にしても同様だと思う。

かなり横道に逸れるが、上の論理を突き詰めると、「音楽(芸術)とは何か」という疑問にぶち当たる気がする。別の言葉で言えば、「AIの演奏(作品)は芸術か」だ。

今まで僕は、芸術は人間がするから芸術であって、機械が作るものは違うと思っていた。でも、近頃は、それは怪しいような気がしている。というのは、バッハやモーツァルトのようにかなり昔に死んでしまった人は、本当に人間だったのか怪しいと言えなくもない(まあ、そんなことはないが)し、上に書いたように、その人の背景や性格を無視したら、すごくいい演奏をする機械と何が違うのかということになる。

人間には機械と違って創造性やオリジナリティがあるとは思うのだが、近頃のAIの発達を見ると、それもずっと人間だけができるものとも思えなくなって来ている。

例えば、演奏技術はもちろん、作品の「理解」に関しても、膨大な情報を駆使できるAIが勝つのではないだろうか?

なんてことは、追伸の追伸に書き切れるものではないのだが、ちょっと前から思っていることなので書きたくなった。

そして、僕は古い人間なので、上のようなことを自分で書いて悲しくなってしまう。仮に機械に負けたとしたって、人間の演奏が聴きたい。(15:21)

  •   2
  •   1

ショパンのピアノ協奏曲 第2番は、ラローチャの演奏(1972)が好きだ。彼女の演奏は、他に、余り聴かないが、モーツァルトのピアノ協奏曲集(1991-1997)も持っている。一方、毎日(ダメモトで: とはいえ、今まで何度も掘り出し物を見つけているので、結構有用だ)チェックしているHMVのwebに、たまたま、「ラローチャのラフマニノフ」と書かれているのが目に入り、彼女のラフマニノフは余り想像できなかったけど、興味が湧いたので開いたら、大好きなこの曲の演奏で、更に興味が出た(一緒に入っているのはハチャトゥリアンで、まったく知らないし、余り好みでなさそうだが、問題ない)。しかも、値段が850円と安かった(Amazonでは2千円以上)ので、試しにYouTubeで聴いてみた。

かなり遅目だが、ゆったりしていて悪くはない。が、ちょっとまどろっこしい感じがするので、買うかどうか迷うところだった。ただ、なぜか、キーシン(1993)のよりはずっといい印象だ。勝手な想像だが、このくらいのテンポはHaruさんはお好きだろうと思った。

遅いけれど嫌になるほどでもないので聴き進めると、カデンツァがマエストロチック(ふと浮かんだ、ありそうでない言葉。「巨匠的」というのだろうか、悪く言うと、「うまそうに」)で、そういう弾き方は、わざとらしく嫌味になる危険性をはらんでいるのだが、辛うじてやり過ぎになっていないのがいい。バランスの取り方がうまいのだろう。

全体的な印象は、彼女らしく美麗・ロマンティックな感じで、好きなショパンの協奏曲に通じるものがある。オケ(プレヴィン、LSO)はとても滑らかで落ち着いていて、(遅いのを除けば、)いい。ただ、勢いとか加速度の好きな第3楽章はもう少し速いと良かった。でも、ピアノの音(音の出し方)はかなりいい(好みだ)。そして、終盤はなかなか迫力が出て来たので、買うことにした。

速さに興味があったので、演奏時間をブロンフマン(1992年のアルバム)と比べてみたら、意外なことに全部で2分程度(約5%)長いだけだった(ただ、2004年のライブよりは4分以上長かった)。気分的には、1割以上、2割くらいは遅いと感じたが、(僕にとっての)最適なテンポはすごく狭い範囲にあるのだろう。(5/12 10:14追記)ただ、2回目に聴いたら、彼女の演奏は、速さの変化が結構大きいことが分かった(何となく、彼女らしい気がするし、ブロンフマンとは違うところだ)。その関係で、全体を平均するとそれほど遅くなっていないのかもしれない。

注文しようとHMVの「欲しい物」を開いたら、以前登録したまま忘れていた、リリー・クラウスのモーツァルトのピアノ協奏曲全集があったので、やっぱりYouTubeで試聴してみた。いろいろあって、23, 20, 24番のどれから聴くか迷ったが、まずは、ピアノ協奏曲 第20番(1966)を聴く。オケ(スティーヴン・サイモン、Vienna Festival Orchestra)は最初はわずかに違和感があったが、すぐに慣れて結構いい。ただ、少し速目だ。ピアノはうまいと思うが、ちょっと速過ぎて、この曲の重みが感じられなくて、もったいない。

それで、途中からピアノ協奏曲 第23番(1966)に移ってみたのだが、残念ながら、これも速かった。オケは良く、ピアノも悪くないのだが。この曲はゆったりと伸びやかに弾いて欲しいのに、せっかちに感じられてしまって、もったいない。。。あと、第1楽章の一部(後半だったか)で音を切っていたのが嫌だった。更に、第2楽章は冒頭から嫌だったので、止めた。

そんな訳で、ラローチャだけを注文した(ポイントを使って、約800円になった)。一度聴いてしまったので、届くのを待つ楽しみはないが、まあ、発売は来月下旬だから、新たな気分で聴けるかも知れない。

 

PS. 別件だが、首を長くして待っているフェドロヴァの新アルバムはまだ出ていない。ちなみに、メーカーのサイトは、結構前から「工事中」になったままだ。。。

彼女はツアーなどで忙しいのかも知れないけど、ちょっと無責任だ。自分が出した作品なんだし、みんな待っているのに、放置している気持ちが理解できない。もっとケアしてもいいんじゃないか。 YouTubeに上がっているのと同じなんだったら、「出るまではこれを聴いていて欲しい」と書くとか。結構がっかりしている。そのうち怒りに変わる気がする。(5/12 7:52, 9:50)

PS2. 2回目にラローチャの演奏を聴いた後、YouTubeのリコメンドを見ていたら、まだ聴いたことのないワイセンベルクのこの曲の演奏があった。1960年代のフランスのTVでのライブだそうで、聴いてみた。もちろん、彼女とは全然違う。一粒一粒がはっきり見える音、ある意味、バッハのようにきっちりと角ばった音、でも、角張り過ぎてはいない、が独特でいい。そして、やっぱり僕はこのテンポ(約42分)が好きだ。彼はブロンフマン同様に、テンポを揺らさず、豪快に一気に弾き切るタイプだ。運動部のような、「男のラフマニノフ」? 僕は、この曲は、その方が乗れる。(5/12 11:17)

  •   0
  •   0

昨日だったか、ちょっと変わった音楽の聴き方を見つけた。

僕は、大抵は、以下のいずれかの聴き方をしている。

  • 聴きたいアルバム(似たようなカテゴリのもの)を何枚か連続して
  • 全ポップスをシャフルして
  • 聴きたいアーティスト(ポップス)のアルバムを発表年順に延々と
  • 聴きたい作曲者(クラシック)の特定のカテゴリの曲(例: ピアノ協奏曲)のアルバムを延々と

ところが、昨日、音楽プレーヤープログラム(gmusicbrowser)のウインドウを見たら、ポップスの全アルバムが、アーティストが入り混じって発表年順に表示されているのに気付いた。そういう設定にしているのだから当たり前なのだが、いつもはポップスを選んだら、すぐに聴きたいアーティストを選択するので、そういう表示を見るのは新鮮だった。そして、1980年前後を見ると、実に興味深かった。

意外なアルバムが同じ頃出ていたことに気付いたり、リアルタイムで買ったアルバム(もちろん、CDは後で買った)と、後で(社会人になってから初めて)買ったアルバムが混じっているのを見ると妙に感慨深い。そして、個人的に「最高の年」と思っている1979年を見ると、本当にすごいアルバムばかりで感激する。今、モザイクモードという表示を見つけたので、それで1979年頃のを載せてみる。

1979年のアルバムたち

1979年のアルバムは、最上段右から3番目の"Back to the egg"から始まっている。以下、大好きなアルバムやヒットしたアルバムが何枚もある: "Candy-O", "Discovery", "Dream police", "Get the Knack", "Head games", "London calling", "The long run", "Reggatta de Blanc", "The wall"などなど。図には載っていないが、1979年の最後は、あの"Solid state survivor"だ。こんなに何枚もすごいアルバムが出た年って、他にあるだろうかと思う(まあ、僕の好みにうまくマッチしただけのことなのだろうけど)。

余談だが、この頃は、John Lennonは「主夫業」をしていて、半ば引退していると考えていて、当時はビートルズの中では一番好きだったけど、何も期待していなかった。それが、次の年におもむろに新作を出してすぐに(僕がそのレコードを受け取る前に)死んでしまうことなど全然分からなかったかと思うと、不思議な感じがする(もちろん、分かる訳などないが)。

それから、市販のアルバムに混じって、自作のカセットのジャケットがあるのもおもしろい。中学生の頃、FMを録音したりレコードをダビングしたりして、盛んに作っていたのを思い出す。ただ、その「マイブーム」も、どうしてか、この年をピークに終焉を迎えた感じだ。おそらく、高校に入って、音楽の好みが合う人が余り居なかったとか、勉強が忙しかったとか、別の趣味を始めたからなどではないか。

それで、今日の午前中辺りまでは、聴きたい年のポップスのアルバムを延々と聴いていた。1979, 1980, ..., 1985年などと。そして、こういう聴き方は、PCならではだと思う。CDやレコードだと、メディアを探して取り替えるのが面倒で途中で嫌になりそうだし、携帯音楽プレーヤーでもできるだろうけど、操作が煩雑そうだ。

PS. 上に書いた、「意外なアルバムが同じ頃出ていたことに気付いた」で特におもしろかったのは、1984年だった。

玉石混交というのか、The cars, Toto, Queenといった大御所の中に原田知世が居るのだ。あと、当時、Queenは聴いていなかった(中学の頃は聴いていた)ので、好きで良く聴いていた"Heartbeat cityや"Isolation"と、"The works"が同じ年に出ていたというのは意外だった。完全に興味がシフトしていたことが分かる。

  •   0
  •   0

昔習っていたピアノ教室の発表会に行って来た。おそらく、もう10年以上行ってなかったのだが、なぜか今年は行こうと思った。なんで行く気になったのかすっかり忘れていたのだが、日記を調べたら分かった。

ある朝、ふと先生のピアノ演奏(先生が1980年代に作られた、すごく好きな曲がある)が聴きたくなって聴いたのだが、その日帰宅したら、発表会の案内が届いていたのだ。いつもは、頂いても「まあいいか」と思って行かないのだが、今年は、その不思議な巡り合わせに、思わず行く気になった。

いつの間にかその日になり、行くことになった。ただ、やっぱり、いざとなると、だるくて出掛けるのが面倒になった。が、行きの新幹線はえきネットで予約済みなので、止めたら無駄になるし、せっかく先生にも行くと連絡したのだから、頑張って出掛けた。

天気が良かったので、駅まで歩いた。気候は丁度いい感じだったが、かなり歩いたので、暑くなった。今日はカメラを忘れた。が、演奏中は撮影できないから、スマフォで充分だ。

新幹線の指定席はガラガラだった。後ろには、同じ駅から乗ったドイツ人らしい初老の夫婦が座っていた。時間が微妙だったので、昼食は駅で買ったアップルパイとトマトジュースにした。車内に飲める水がないので、食べた後に口がゆすげないのが辛かった。

新幹線の後は半蔵門線に乗るのだが、半蔵門線が東京駅を通っていたのは、すっかり忘れていた。と思っていたら、実際には、大手町まで歩くのだった。昔は頻繁に使っていたのに、すっかり忘れていた! しかも、地理感覚が全然なくなっていて、迷ったりして随分遠く感じた。某証券会社のビル横の地下鉄の入口が懐かしかった。

都内は、若くて化粧も服もばっちりで綺麗(に見える)女性が多かった。半蔵門線は懐かしくて落ち着く。西の方(田園都市線)は混雑がすごいようだが、地下鉄区間は結構好きだった。

そんなこんなで、会場の最寄り駅の住吉に着いた。東京-大手町で迷ったせいで開演に遅れるだろうと思ってたら、思っていたより30分遅かったので、大丈夫だった。時間があったので、昔住んでいた辺りの川沿いを散歩したら、丁度いい時間に会場に着いた。あの川沿いの遊歩道は気持ちがいいのだが、今日は天気が良かったので、最高だった。

最初の曲は、先生作のお話付きの組曲だった。初めて聞くけど、なぜか親しみ深くてすっと入ってくる、先生らしい曲だった。子どもでもいい演奏の人が居た。そして、先生の演奏(伴奏)はやっぱりいい。

その曲は小さい子どもたちが演奏したので、弾きながら会場を見回したりする子も居た。それで間違えないのだから、すごいと思う。

例によって、騒がしい客が多かった。アホガキとそれを抑えないいい加減な親が多いのと、オバさんがうるさい。しゃべったり、物を落としたり、紙やビニルをいじったり、カメラのシャッター音を出したり、演奏中に入って来たり。まあ、今回はコンサートじゃないから、仕方ない。。。 けどね、「お前ら、一体何のために来てるの?」と聞きたかった。

ピアノは珍しくべヒシュタインだった。ホールが小さいせいか席の場所のせいか、音がぼやけた感じで、良くなかった。それでも、不思議なことに、慣れるのか、時間が経つとそれ程気にならなくなって、いい音にすら思えるようになった。こういうことは何度もあるのだが、脳が補正するのだろうか。ただ、女性の香水が臭いのも嫌だったが、これは補正できなかったw

その後も演奏は続き、たまに結構いい子が居た。演奏される曲自体は、どれも良かった。ただ、ガキがうるさくてとにかくイライラした。演奏中に小さいホール内を歩かれると、足音がうるさい・・・ その後しばらくは、トイレに行きたいのと空腹をこらえていたw

後半になり、先生の演奏(連弾の低音側)を聴いたら、なぜか涙が出そうになった。やっぱりすごい。懐かしい演奏で、ゆったりとした低音に包まれる感じが良かった。

僕が辞めた頃には小学生で小さかった子が、随分大きくなって大人(高校生?)になっていたので、ほうと思った。

他に、鋭い音のキレがいい男子や、外見に似合わずロマンティックな曲を綺麗に弾き切った男子が居た。二人とも中学生辺りだろうが、将来が楽しみだ。

そして、終盤に大人の生徒さんが弾いた「悲愴」(第1楽章)がすごく良かった。もちろん完璧ではなかったのだが、すごく乗れて、聴いていて気持ち良かった。曲がいいせいもあるのだろう。ベートーヴェンはそれ程聴かないのだが、生演奏はパワフルで気持ちいいものだ。残りの楽章も、その方の演奏を聴いてみたいと思った。

ずっと前からの生徒さんは、いつものように上がっていたのが残念だ。あと、その方の好みは僕とは大分違うので、乗り切れないものはあった。

うるさいガキに殺意を覚えつつも、発表会は終わった。近頃は調子が悪かった訳ではないが、仕事などの疲れやストレスが溜まっていたので、なんか元気が出て楽しい気分になった。やっぱり生のピアノはいいと思う。そして、いい曲はいい! (文字にすると当たり前ですが、分かる方には分かる、かな?)

帰りの新幹線は、今日もギリギリだった。駅が広いうえに混んでいるので、指定席を買う時に、10分くらい先のでは足りないようだ。ホームに行く時に迷ったせいで、飲み物すら買えなかった。が、車内販売が来たので、なんとかアイスコーヒーとパウンドケーキが食べられた。

宇都宮に着く頃には、iPhoneの電池残量は20%台になった。たった1日でこれでは使い物にならない。次は、絶対に電池が大きいAndroidにしよう! セキュリティの不安はあるが、もうAppleにはうんざりだ! 駅の吉野家で、久しぶりに牛丼を食べた。駅員さんが来ていて、珍しかった。外は涼しそうだったので、帰りも歩いた。

帰宅して、さっそく「悲愴」 (O’Conor, 1990)を聴いたのだが、生には負ける感じだった。

地下鉄にのったせいか、地下のホールに居たせいか、高速に移動したせいか、なぜかDropbox Paperの同期が駄目になってしまった。どうしても直らなかったが、一旦ログオフしたら直った。

発表会で思ったのは、音楽は残酷だということだ。自分の遊びや趣味でやるならいいけど、ちゃんとやるのであれば、いくら技術があってもセンスがなければ、どうしようもないのだ。いくら練習したって駄目だ。練習が不要なのではなく、練習では身に付かないことがあると思う。(センスのない人は音楽をやる意味がないとは言わない。音楽をすることで得るものは大きいから、無駄ではない。でも、目指す方向を間違えると、大変なことになると思う。)

そして、子どもの中にはセンス(素質)がある人が居るはずだが、まだ自分が何なのか、何をしたいのか分からないだろうし、逆に大人になってから(何かの拍子に自分の能力に気付いて)始めたとしても、遅過ぎて技術を磨くのが困難だ。だから、すごい演奏家(天才?)が生まれるには、ある種の運が要るのだろう。

あと、発表会を聴いていて、(遊んでいる時は元気一杯なんだろうに)元気がない、大人しい演奏をする子どもがほとんどなのが気になった。子供らしくというか、本能で弾く子がもっと居たっていいと思うのだけど、みんな「いい子」になってしまっている気がした。そういうところが、やっぱり「日本」なのかも知れない。

行く前は面倒な気がしたし、いろいろ思うところはあったが、行ってみたら結構楽しかった。そして、生演奏のパワーを感じられるのはいい。来年とかその次とか、また行ってみたい気がする。

iPhone 6sで撮影

 

PS. 今ちょっと思ったのだが、仮にも「悲愴」と名付けられた曲を聴いて「気持ちいい」と感じるのは、普通なのかそうでないのか(別に、普通じゃなくて、いや、普通じゃないほうがいいけど)。まあ、いくつかある盛り上がりの爽快感には賛同される方が多いだろうが、僕の場合、最初の重苦しい和音ですら、綺麗に決まっていたら、「ずどーんと沈んで気持ちいいねぇ」などと感じるのだ。

更に書くと、あの出だしは重い和音が繋がっているのだと思うが、そのつなげ方が見事で、前の音が弱くなって消えかかりつつも次に音が出る様子が目に見えるくらいで、しかも、テンポが遅過ぎず早過ぎず絶妙だったら、本当に言うことがない。

こういうところは、僕が曲を「理解」しようとしないことの現れだろうと思っている。どんな背景の曲だって、聴いて乗れればいいのだ。ベートーヴェンがこの曲をどんな気持ちで作ったのか知らない(調べてもいない)し、この題が彼の真意とは関係なく他人が付けたものの可能性もあるから、こういうスタンスもありではないか。

更に思い付いたのだが、あの出だしは"A hard day's night"のイントロに通じるものがありそうだ(あったらおもしろい)。全然違う音だろうし、作曲者(ジョンらしい)が「悲愴」にインスパイアされたとも思えないのだが。。。 (4/24 20:04)

  •   1
  •   2

「諦めが肝心」というけど、諦めないことにも価値がある。ということは、自分の気持ち次第でどっちでもいいのか? まあ、先のことは分からないし、並列に実行できる訳じゃないから、どっちにしたって、最後に自分が良いと思えばいいのだろう。

去年のお盆に実家で聴いた、ワイセンベルクのラフマニノフのピアノ協奏曲 3番 (プレートル指揮、1968年)が良かったので買いたかったのだが、CDは廃盤になったようで、新品は売っていなかった。あるのはカラヤンとの演奏だけだった。1度ヤフオクに出ていたのだが、落札できなかった。その後は全然出て来ず、ずっと入手できずにいたので、代わりに、YouTubeのを聴いていた。

近頃は諦め掛けていたのだが、ある日、毎日チェックしているHMVの新譜案内で、彼のRCAでの全集がその日の安売りになっているのを発見した。「もしかしたら」と思って中身を見たら、見事にあの演奏が入っていた! 7枚組なのだが、値段は2500円程度と安く、1枚分の値段と考えても妥当だった。それで、残りの6枚が無駄になりそうなのが嫌だったのだが、少し考えて、(近頃イライラすることや嫌なことが多いせいもあり、ストレス解消を兼ねて、)注文した。ローソンのポイントを使って、2300円程度になった。1枚400円以下で、全く安い。こんなに安くては演奏者が可哀想だ。が、もう亡くなっているからいいかw

それを木曜に受け取って、その日に聴いた。まあ、YouTubeと同じ演奏なので、それ程の感動はなかったのだが、やっぱり良かった。テンポは速目だが、速過ぎはしない。しかも、ただ速いだけでなく、緩急の幅が広く、溜めるところは溜めているのがいい。そして、スラーの音の伸び(伸び方、伸ばし方)が好きだ。あと、当たり前だが、YouTubeのより音質が良いのも良かった。

その後、もったいないので、ボックスに入っている他のアルバムを、(音飛びなどのチェックを兼ねて)興味のあるものから聴いてみた。ショパンのソナタ 3番は、聴き慣れたポリーニとは大分雰囲気が違っていて、独特だった。ドビュッシーも変わっていた。「ゴリウォーグのケークウォーク」は激しい感じで、普通じゃないのが良かった。それから、ラフマニノフのピアノソロ曲は苦手なのだが、前奏曲 ト短調 (Op.23 No.5)は力強く、これなら聴ける感じだった。

あとは、プロコフィエフ、スクリャービン、バルトーク、ハイドンと、苦手どころ(後ろほど苦手)が残っているのだが、いつか聴きたい。。。

PS. PCに取り込む時、7枚中5枚くらいの曲情報が全く取れなかった。Audexという取り込みプログラムなら取れたのだが、CDの取り込み速度が遅すぎるので諦め、いつものsoundKonverterを使い、情報を手入力(ブックレットを見て打ち込んだりDiscogsからコピー・ペースト)した。

PS2. 「ワイセンベルク」で検索したら、興味深いページがあった。僕は、彼の演奏は「クリスタル」とは思わない(言ってみれば、「ダイナマイト」ではないかと思う)けど、「ヤクザの親分を好きになってしまったの」のくだりは、(ヤクザだけにダイナマイトも合うから)「なるほど、彼はそういう人だったのか・・・」と思わされ、(順序は逆なのだが、)彼の尋常でない演奏に納得が行くような気がした。

ちょっと考えて、大胆さと繊細さを兼ね備えるという点では、「ニトログリセリン」のほうが合いそうだ。彼には、ぞんざいに接すると吹き飛ばされてしまうような危険性があると思う。

それから、そのページの前半の、「一音一音が真剣勝負」辺りには全く同感だ。まさに、クラシックは真剣勝負としか言いようがない。

  •   0
  •   1

例のDeccaの一件で失くなって(削除して)しまったので、「手元にあるべき」との思いで買った因縁の一枚。そして(そのせいか)、いざ聴いてみると、曲に余り思い入れがないことが分かった。嫌いではないが好きでもない。ラフマニノフやモーツァルトのピアノ協奏曲のように、何度も聴きたいとは思わなかった。これも、僕の苦手な曲だったのかも知れない(ここは、Haruさんのご判定を賜りたいところだ^^)。

だが、指揮者の違いは明確に感じられた。前に持っていたのはメータだが、かなり派手めだったようだ。今回のプレヴィン(オケはLondon Symphony Orchestra)は、逆に、落ち着いている感じだ。悪く言えば華がない(全然、「スター・ウォーズ」に聞こえなかった)。だが、聴き込めばこっちの方がいいのではないかと思う。彼のアルバムはほとんど持っていないのだが、しっとりとした、あるいは、正統的な曲づくりをするというイメージどおりだと思う。

HMVの「本日の特価」で約580円になっているのを見付けて、(Amazonではもっと高かったので、)かなり安く感じたので、買う気になった。更にポイント利用で約420円になった。それも、ローソン受け取りで送料無料になって、本当にそれだけで買えたので、随分得した気分だ。

40年以上も前の録音だが、オーディオ的な音質は良かった。まあ、ビートルズなんて、1960年代なのに全くいい音なのだから、当たり前のことなのだろう。

  •   0
  •   0

今日は、新作の広告を見掛けた数人のラフマニノフのピアノ協奏曲をYouTubeで聴いた。すると、自分でも「本当に?」と思うような感想が浮かんで来た。

まず、ブニアティシヴィリ(Buniatishvili)の2番(2015)。イントロが弱々しく、重さもなく、信念が感じられなかった。3番の2楽章(2011)は、コクがなかった。

アムラン(Marc-André Hamelin)の3番(2011)は普通だった。ただ、これは本人でないという書き込みもあったから、何とも言えない。「パガニーニ」(2011)は、音はいいけど、良くあるパターンで、惹かれるものは余りなかった。

ニコラーエワの2番(1951)は、(特にイントロに)重みが感じられた。オケもいい感じだ。(オーディオ的な)音質は悪いけど、全く問題ない。

僕が疑問に思ったのは、音を聴いただけで、本当に「信念」や「重さ」が感じられるのか、感じられるとしたら、それは(物理量では)何かということと、演奏の「コク」とはなんだろうかということだ。それから、「普通」の演奏で悪いのかとも思った(個人的には、はっきりと、駄目だと思うが)。

何度か聴くと分かるのかも知れないが、今はちょっと調子が悪いし、気に入らないものは余り聴きたくないので、いつか思い出したら聴き直してみたい。

PS. ニコラーエワだけは、今聴き直しても、いい感じなのは確かだ。リンクの確認なので、ちょっとで止めるつもりが、聴き入ってしまう。

  •   1
  •   0

「無人島に1個だけ持っていくなら何を」とか、「無人島に持って行きたいCDは」とかいう、良くあるアンケートのようなものがある。

午後からずっとモーツァルトを聴いていた僕としては、とりあえず、「モーツァルトのピアノ協奏曲全集(CDボックス)」になるが、1枚だけなら、K. 488(それも、ポリーニとベームの)だろうと思った。が、よく考えると、そもそも、無人島に電気はないだろうから、CDなんて持って行っても全く無意味だということに気付いた。それに、「1個だけ」持っていくのだから、仮に電気があってもCDの板だけじゃ再生すらできない。

そうなると、「K. 488の楽譜かなあ」という気分になった。もちろん弾けないけど、まず、読んで楽しめそうだし、時間はたっぷりありそうだから、何度も読むうちに、いつか脳内で演奏できるようになるのではないかと思ったのだ。

とにかく、モーツァルトは人類の宝だ。と、勝手に盛り上がっている今日この頃。

PS. もう一つの答えを思いついた。グランドピアノだw 大きさや重さの制限がなければね。(でも、その時は、年に1回は調律師さんに来てもらいたいな)

PS2. その後、K. 488の変わり種をいろいろ聴きまくってしまった。それで、印象的だった(乗れた)演奏を紹介したい。

Jun Asai (2014, 2台ピアノ版。リンク先は第1楽章。残りもあり)

  • ピアノだけなので、曲の良さがストレートに伝わって来る。
  • 演奏もかなりいい感じだが、もう少しパワーがあってもいいかも。
  • 2ndの人の方がうまい?
  • なんで移動用の台を付けたまま?
  • この人のラフマニノフのピアノ協奏曲第3番 (2015)は全然駄目だった。最初の数十秒で止(と)めた。

Walter Abt (2016, ギター版, 第2楽章のみ)

  • ギターも実にいい!

Bach Dancing & Dynamite Society of Wisconsin (2014, バッハ時代的な小編成)

  • 楽器が少ないから、それぞれの音がクリアに聴こえて綺麗。
  • そして、乗れる!
  • ピアノパートを時々自分好みに変えているのが惜しい。あと、ピアノはそれ程うまくない。
  • なぜか、音量がとても小さい。

上記は終わりまで聴いた。それ以外にも沢山聴いたが、大体、最初の数十秒〜1分で止(と)めた。(20:45)

おまけ:

Kaori Nakamura (2014, オケとのリハ, 第1楽章のみ)

  • リハにしてはちゃんと弾けている。
  • リハなんて見る機会がないので、その場に居るみたいで楽しい。
  • このオケの音は結構良い。結構好きだ。
  • そんなにひどくないのに、thumbs up(↑)がなくてthumbs down(↓)が5ってのは、なぜ? 裏側なんて見たくないってこと?

(20:59)

  •   0
  •   1

近頃は、彼女の名前の日本語表記は、「マリア・ジョアン・ピレシュ」が正しいことになったようだ。決まったのなら、なるべく正しい名前で呼びたいが、慣れもあって、なかなか難しい。年配の方が、周波数を"Hz"でなく、「サイクル」と呼ぶ気持ちが分かった。

それはともかく、正月にYouTubeで彼女のピアノ協奏曲を聴いてから、結構好きになってしまったようで、気付いたらCDボックスを3種も買っていた。初めてモーツァルトのピアノソナタ全集を聴いた時は好きじゃなかったのに、偉い変わりようだ。そして、昨夜、それら(ジルベルシュテインと菓子折り、いや、カシオーリも含めて)が一気に届いた。

今回買ったのは以下である。3組目(HMVでキャンセルされたもの)は、通常のアルバムが5組、セットになっていた。

  1. モーツァルト: ピアノ協奏曲集 (1978, エラート)
  2. モーツァルト: ピアノソナタ集 (1989-1991, DG)
  3. DGでの協奏曲全集 (1993-2012, DG)
    • ショパン: ピアノ協奏曲 第1, 2番 (1998, 1994)
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第14番, 第26番 「戴冠式」 (1993)
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第17, 21番 (1995)
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第23番、シューマン:ピアノ協奏曲 (2007, 2000)
    • モーツァルト: ピアノ協奏曲 第27, 20番 (2012)

左から: DG盤 (協奏曲)、DG盤 (ソナタ)、エラート盤

取り込みながら何曲か聴いたので、その感想を書こうと思ったのだが、PCに取り込んだだけで疲れてしまったので、後にする。さすがに、3組16枚を取り込むのは疲れる。約6時間掛かった。途中に昼食や散歩の時間があったから正味4.5時間くらいだが、一仕事だった。

それというのも、それぞれのCDが高速に取り込めて、CD情報が正確にCDDBに入っていればいいのだが、全然そうでないからだ。取り込みに30分くらい掛かるものがあるから時間が掛かるし、情報が間違っていたり不足していることがほとんどなので、1枚・1曲ごとに修正が必要だ。

そういう手間があるし、収納もかさばるので、MP3(ダウンロード版)にしたかったのだが、例のデッカ事件があったので止めた。要は、ダウンロード版をマスタリングする人が音楽を分かってない(ことがある)からだ。今回のDGはデッカ事件の張本人のユニバーサルグループだし、エラートだって、ワーナーグループだから期待できない(実際、ここもジャズとクラシックの制作が同じ"Warner Classic & Jazz"だ。西洋でも、こういう十把一絡げ的な扱いが許されるのか!?)。

次に、今日聴いた曲を列挙する。

  1. モーツァルト ピアノ協奏曲 第20番 (1978)
  2. モーツァルト ピアノ協奏曲 第27番 (1978)
  3. モーツァルト ピアノ協奏曲 第23番 (1978)
  4. モーツァルト ピアノ協奏曲 第21番 (1978)
  5. モーツァルト ピアノ協奏曲 第26番 (1978)
  6. (ショパン ピアノ協奏曲 第2番 (1994))

僕は、モーツァルトは、選べるのなら、短調のピアノ協奏曲から聴く。その次は27番だ。そこらへんを聴けば、その人が分かるような気がするのだ。それで気に入ったら、23番を聴く。だから、今日もまず、20, 24番を聴きたかった。が、なぜか、彼女は24番のアルバムを出していない。苦手なのか嫌いなのか。

実は、モーツァルトの21番辺りで感覚が麻痺してしまったので、ショパンで気分を変えようと思ったのだが、疲れ果てていたようで、前奏部でピアノが出る前に止(や)めてしまった。

一言感想を書けば、今日聴いた、彼女が若い頃のモーツァルトは素晴らしい。「最高に好き」とは言えないけど、かなりいい。「馴染み」と言える。ゼルキンや内田と比較し得ると思う。ただ、23番だけは、やっぱりポリーニとベームのが最高だ。

あと一つ。彼女の音はパラパラしているようだ。あえて滑らかにし過ぎず、すごく短い無音を入れているようだ。基本的には小気味良いし、切り過ぎてブチブチしている訳ではないから、大抵はいいと思うのだが、モーツァルトの23番(特に第3楽章)には(僕のイメージ的には)ちょっと合わない気がした。ただ、今考えると、意識的にそうして切っているのだから、かなり技術力が高いのだろうと思う。

最後になるが、モーツァルトの20番の第2楽章の冒頭は、凄過ぎて寒気がした。そして、中盤でなぜか涙が出た。単なる疲れのせいかも知れないが、今までそんなことはなかったので、全く不思議だった。ただ、次以降はもうない気がする。

(21:07 わずかに修正)

 

PS. そんなわけで、本来今日やろうとしていたことは何一つできず、すべて延期した。。。(18:35)

PS2. ピアノ協奏曲の印象についてであるが、外れることは多いものの、前奏を聴くと、ピアノの演奏も大体その方向になっていて、全体の印象を想像できることがある。だから、最初の1-2分で、ピアノが出る前でも、「これはすごい!」とか思うことがある。でも、聴き進めると、段々アラみたいなのが出てくることがある。そのアラが少ないのが、本当に凄い演奏なのだろう。

そういう意味では、全体の進め方を決める指揮者は重要なのだろうし、ソリストもその指揮者の意見とぶつかり合いながら、自分の表現をしようとしているのだろう。アラは、それがうまく行かなかった時なのかも知れない。(21:24)

  •   0
  •   3