Archive for the ‘音楽’ Category

昨夜帰宅したら、覚えのないAmazonからの荷物が届いていた。が、すぐに思い出した。妹が誕生日のプレゼントに送ってくれたCDだった。

余談: 本当は、リヒテルのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の入っているCDをお願いしたのだが、それにこの曲も入っていたので、(僕がこの曲も好きなのだろうと)気を利かせてくれて、それぞれが入った別々の2枚を頼んでくれたようで、その片方が届いたのだ。

出だしのオケ(カラヤン指揮、ウイーンフィル)がいい。リヒテルのピアノもいい。音に風格とか重さがあって、しかも綺麗だ。やっぱり、カラヤンとリヒテルの組み合わせのせいだろうか。まだ届かないラフマニノフの期待も高まる。

実は、(妹には内緒だが、)僕は冒頭のピアノがどうしてもコミカルに聴こえてしまう(好きな方には申し訳ないです)ので、この曲は余り好きでないのだが、これはちゃんと聴けた。冒頭さえクリアすれば、あとはいいと思う。が、今聴くと、第1楽章はちょっと長い気がする。まあ、これは作曲者の問題で、リヒテルには関係ない。

演奏には関係ないけど、冒頭のピアノがコミカルに聴こえる件について書きたい。昨夜寝る時に、その理由を考えたのだが、余りにも「いかにも巨匠的」だからだと思う。別の言い方をするなら、大衆受けを狙い過ぎたというのか。実際にはそれ程難しくない(弾けないので本当のところは分かりません)のに、すごそうに聞こえるからではないか。

それから、昔観たTVドラマ(確か、「少女に何が起ったか」)で、辰巳琢郎(今日調べるまで風間杜夫と思い込んでいた)が、コンサートでこの曲を弾いているシーンがあったのだが、それが「いかにも」(おそらく、音と演技が合っていなかったとか、和音で平行移動する腕の動きが何か変だった)で、コミカルに感じたせいもあると思う(実はDVDを持っているので、観れば確認できるのだが、ビデオは余り好きじゃないので、しない)。

そして、検索していて気付いたのだが、僕がピアノを好きになったきっかけは、このドラマにもあった気がする。小泉今日子が石立鉄男に「薄汚えシンデレラ!」と呼ばれたり、賀来千香子(あの頃は新人だった彼女も、もう50代半ばなのか・・・)たちにいじめられながらも、くじけずにピアノを熱心に練習したり、最初の頃は、北海道の寒村で紙の鍵盤で練習していたとか、かなり強烈だった。最後の方に出て来たベートーヴェンの「熱情」はこれで知った気がするが、パワフルな曲で印象深かった。他にも、このドラマで知った曲はあるように思う。原因は他にもいろいろあるが、一つはやっぱりこれだろう。

なお、古い録音だけど音は良かった。ダイナミックレンジが大きくて、小さい音は音量を上げないと聞こえにくいくらいだ(「聞こえにくくて、なんで音がいいのだ?」という本質的な話はあるが、非圧縮原理主義者とか理系人間とかオーディオマニア的にはそうなのである)。

演奏とは関係ないことが多くなったが、ちょっと前(Haruさんに教えて頂いた時)までは余り親しみを感じていなかったリヒテルが、好きになって来た。

  •   0
  •   1

前回は6月だった。今日は、年代物ではあったが、生きのいいのが頂けて、新たなパワーが付いた気がする。僕の、「コンサート三昧シリーズ <復活>」 No. 4である。今日は、上野でバッハのコンサートを聴いた。

小林道夫 チェンバロ演奏会
J. S. バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BVW 988 (全曲)
東京文化会館 (小ホール)

帰って来て、僕にはご飯よりも音楽の方が重要なことを再確認した。いつものように大げさに書くが、ご飯は食べられるけど音楽のない人生なんて、無意味だ。だったら、飢えても音楽を聴きながら死んだ方がいい。

全体的には良かった。大体の曲で乗れた。彼は、難しいであろう曲を実に事も無げに弾いていた。最後の方の一曲(第29変奏だったか)だけを除いて、実に冷静に弾いていた。そういうところが職人的だった。それは芸術的でないという意味ではない。昔かたぎの職人さんのようなイメージだ。大工さんが、ちょっとした家具をちゃちゃっと作る(けど、僕らにはできない)みたいな。

前半と後半の終わりの方で、少しミスタッチがあったのが、ちょっと残念だったし、あれ程の経験の方なのに意外だった(でも、僕の聴き違いかも知れない)。

何曲か、解釈に違和感があるところはあった。まあ、僕はグールドに毒されているので、仕方ない。逆に、そんな僕がほとんどの曲で違和感を感じなかったのが、意外だ。グールドも、実はそんなに異端じゃないのかも知れない。あるいは、「いいものはいい」のか。

後半の後半は、短い音が滑らかに素早く上下するフレーズが綺麗だった。が、ミスが少し増えて、わずかに荒れた感じもあった。あと、好きでない音(ポロポロした音。チェンバロは切り替えられるようだ)を使っているところがあった。

全体を通して、聴こえないスラーが感じられたのが、うれしかった。チェンバロはピアノよりも音が伸びないのだが、弾き方で、「ここは繋げてるんだな」と分かった。あと、込み入っているであろう楽譜の主旋律なり副旋律が「見えた」(気がした)のもうれしかった。

職人的な演奏を聴きながら、ちょっと深いことを思った。「彼は何のために演奏しているのか」と。彼だけでなく、音楽家は何のために演奏するのか、ちょっと知りたくなった。

想像するに、音楽やその作曲家や演奏するのが好き、自分の曲への理解や表現を人に聴いてもらいたい、人に何かを感じてもらいたいという気持ちがあるのだろうが、それだけでは続かないような気がする。

例えば、彼は、この演奏会を何十年も、毎年続けているのだ(実は、僕は20年以上前の今頃に、彼のこの曲の演奏会を聴いたことがある。その時の話は、覚えていたら後で書きたい)。同じ曲を愚直に毎年弾き続けるのは、一体どういう気持ちなのか知りたい。まあ、一言で言えば「ライフワーク」とかいう言葉になるのだろうが、もっと深い考えが知りたい。

そして、僕も、何のために音楽を聴くのか、ちょっと分からなくなった。例えば、普通に好きな曲を聴くのではなく、同じ曲を何人もの演奏者で何度も聴き比べて好みの演奏を探す(調べたら、ゴールドベルクは9種類も持っていた)なんて、どこからそれをやる気が出るのか、自分でも不思議だ。まあ、僕は自分が聴きたいように聴くだけなので、理由はどうでもいいのだが。

話は変わって、帰りの新幹線で読んだパンフレットに、興味深く、すごく同感なことが書いてあった。繰り返すフレーズの装飾についてだ。以下に、題と僕の理解した要旨を書く。

小林道夫 「飾れない話」 バッハの曲の繰り返しに、(オリジナルじゃなくて)自分なりの(勝手な)装飾を付けるのは、果たしていいのか悪いのか。

れんとの注釈: 繰り返しについて: バッハの頃の曲は、同じフレーズの繰り返しが出てくることが多い。それで、繰り返しの部分を2回目に弾く時は、ちょっと変えることが多い。装飾したりするのはその例。

そして、ある演奏家のCDを聴いたら繰り返しが鬱陶しくなったそうで、なるほどと思った。僕がいろいろなゴールドベルクのアルバムを聴いて、(グールドのようにカットせず)律儀に繰り返す演奏が苦手なのは、半分はそのせいかも知れない(残りの半分は、「同じフレーズはちょっと退屈」)。今は、それらが本当に装飾していたかいなかったか分からないのだが、そういうこともあった気がする。

今日の演奏会では、彼は、繰り返し部分は淡々と同じように弾いていた。それは飽きる面はあるのだが、自己主張が鬱陶しいのよりはいいと思う。実際、今日は繰り返すのを聴いてもそれ程嫌ではなかった。ただ、僕はグールドの演奏が好きなので、やっぱり、次のフレーズや曲にスパっと行かないで延々と繰り返されると、足を引っ掛けられたような気分になることは多々あった。でも、グールドが異端なので、僕が「普通」じゃないのだ。それに、繰り返してくれると、一回目に聞き逃した所がまた聴けるというメリットがあった。

以下、枝葉末節的な四方山話と写真を。

  • 出る前、早目に食べた昼食がこってりしていたせいか、少し気持ちが悪くなり、天気がいいから駅まで歩くつもりだったが、バスで行った。
  • 出る直前まで、上野で降りることを忘れていた(東京まで乗る気分だった)。
  • 珍しく、新幹線が遅れていた。信号故障だったそうだ。券売機がいくつか動いてなかったのも、そのせいだったのかも知れない。約50分遅れとか言っていて、それを待ってたら間に合わない気がしたので、折角指定席を予約して買ったのだが、早く来たのの自由席に乗った。
  • 結構混んでいたが、運良く座れた。先頭車のせいか、席が少なかった。でも、席の間が広い気がした。
  • 通路の向こうの列は看護師のお嬢さんたちのようだ。綺麗にしていて、結婚式に出るようだ。でも、窓際の人が、オジさんのように、靴を脱いで足を前の席の後ろの網の下の角に載せていたのには、結構がっかりした。もったいないね。
  • 車内で段々、頭の中でゴールドベルクが流れ出して来た。
  • 上野は人が多かった。駅から出たら煙草臭かったのが、残念だった(ホールにも喫煙所があったせいか、今も何となく臭くて嫌だ)。日射しが強く、外は暑かった。
  • ホールで待っている時、いざという時なのに、頭の中にモーツァルトのピアノ協奏曲(20番?)が流れて来た。一体何なんだ。。。
  • ホールは意外に狭い。前回もこのホールだったはずだが、全く覚えていない。
  • 席はホールのほぼ中央、チェンバロの正面で、音としては良かったが、チェンバロの音自体が小さいので、もう少し前の方が良かったかも知れない。
  • 後ろでしゃべっていたお爺さんは、変なマニアだった。行った場所の記録のために切符を2枚買うとか、折り目の付いてないパンフが欲しいとか。全く理解できないが、マニアは歳には関係ないようだ。
  • 前の席の人は来なかったらしく、空いていたので、ステージが良く見えた。
  • 斜め前ともっと前の席に、議員の高市氏に似た感じの女性が居た。どちらもショートカットだった。
  • 演奏中、咳や大きな物を倒したり落とす音、紙をいじる音がうるさかった。結構頻繁だった。咳は仕方ないとして、物は落とさないように床に置けばいいのに。パンフなんて、演奏中に見たって何の意味もない(「その分、聴け!」と言いたい)のが分からないのか。
  • アンコールは、平均律のどれかの前奏曲だったか。静かな落ち着く感じの曲だったが、その場で曲名が分からず、メロディーも忘れるという情けなさ・・・
  • チェンバロの蓋に手元が写っていたので、手が交差したり左右に跳躍したりする技が堪能できた。前回は席が前の方だったせいか、見えなかったと思う。
  • チェンバロの2段の鍵盤の上段は引き出し量が可変で、前後に動かせる。どういう仕組みなんだろうか。
  • 実は苦手なチェンバロだけど、それほど(高音が)うるさくなかった。低音も意外に出ていた。オーディオマニア的に表現するなら、「解像感の高い音」だったw ただ、音量は小さかった。
  • 使用されたチェンバロはBlanchetの1730年モデルでWilliam Dowd-Parisの1982年製らしい。(これは僕が要約して書いたので、正しくないかも知れない)
  • 6月に聴いた久元祐子は譜めくりの時に音を途切らせていたが、やっぱりあれは駄目だったと思う。今日の小林はそんなことは全くなかった。そういうふうに譜面を準備していたのだと思う。久元は、途切らせるくらいなら、譜めくりを頼むべきだったと思う。
  • 終了後、サイン会をしていたようで、行列ができていた。意外にマメな人だな。
  • 彼の演奏会・演奏はこれで3回目だ。2回はこの曲、もう一曲は、16年前、モーツァルトのピアノ協奏曲24番だった。弾き振りをしていた。感想は今一つだった覚えがある(何となく、指揮もするのが大変そうだった。当時のパンフには「木管が良かった」と書き込んであった)。近頃はやってないようだが、彼のモーツァルトのピアノ協奏曲も聴いてみたい。
  • この演奏会は、内田光子の「代わり」ではあったが、充分楽しめた。来年は、大御所のモーツァルトやラフマニノフを聴きたい。でも、そのためには、今から情報収集が要るのだろうな。いや、前半のはもう遅いのかも知れない。。。
  • 帰りの新幹線は、適当に近い時刻のを買ったら、数分前にホームに着いて、なかなかギリギリだった。
  • 前に席がない席で珍しかったし、脚が伸ばせた。レア感がいいが、テーブルなどがないので、ちょっと不便な気はした(肘掛けに、ほんの申し訳程度のテーブルはあった)。
  • 帰りは駅から歩いて、18時頃帰宅した。暑い。なぜか、右膝が少し痛んだ。
  • 暑いので、オリオンビールを飲むことにした。軽いという点ではバドもいいが、なんとなくオリオンの方が好きな感じだ。
  • 今日は救急車を3台も見た。1台はホールに来ていた。
  • いつも、事前に注意しても何か忘れ物をするのだが、今日はSuicaを忘れた。でも余り使う機会がなかったので問題ない。

iPhone 6sで撮影

(12/24 7:47 正確さを増すため、わずかに加筆)

  •   0
  •   2

(3度のご飯より音楽が大好きなHaruさんに対抗する訳じゃないですが) 僕も、好きな音楽を聴いていられれば、ご飯は食べなくてもいいくらいだ。とは言え、実際にはお腹が空くから、白米(のご飯)は食べるとしても、おかずには充分なる。

モーツァルトなんて超最高だし、ラフマニノフも最高だし、ビートルズも最高だ。あとはクイーンもELOもいい。ここら辺を延々と、本物の生で聴けるのであれば、ご飯だってなくていい。そして、好きな曲の真髄を理解した頃にミイラになるのが、最高かも知れない。(最後は余り笑えないな・・・)

  •   2
  •   0

先日から、MuninというソフトでPCの状態監視をしている。CPUやHDDの使用率や温度、NWの使用状況など、いろいろな情報がグラフで見られる。うまく設定すればSSDやHDDの劣化も検出できそうだし、警報のメールも出せるので、便利そうだ。

昨夜、その中のCPU温度のグラフを眺めていて、ちょっとしたことに気付いた。

4つあるCPUコアのうち、番号の若いコアの温度が高いのだ。図中の赤丸で示した"Avg."(平均温度)が、最初のコア(Core 0)は最後のコア(Core 3)より8℃も高い。CPUの温度は、稼働率が高い(忙しい)と上がるから、Core 0ばかりが頻繁に使われているようだ。

どうも、Linuxは、何かをしようとする時は、最初のコアから順に使おうとして、最初のが空いてなければ次(温度を見ると、Core 1でなく2のようだ)に当たるようだ。そもそも、Linux自体も最初のコアだけで動いているのだろう。だから、最初のコアは休みが少ない状態になって、平均温度が高目なのだろう。

なんか不公平な気がした。CPUは感情を持たないし疲労もしないが、やっぱり、4人居たら平等に仕事させるべきじゃないか。「最初の」って言ったって、他より高速でも機能が豊富な訳ではなく、上下に並んでいる訳でもなく、平面に並んでいる同じ物の単なる通し番号なのだから。学校だったら、名簿の順番が最初だってだけで、先生からいつも指されるようなものだ。会社なら、偉い人に近いっていうだけでいろいろ頼まれて、残業ばかりの人のようだ。

特定のコアを使い過ぎて寿命が縮まることはないとは思うが、物理的な素子なので、微妙な差はあるかも知れない。実際、温度が高いとコンデンサの劣化が進む現象はある。そして、コアが1個壊れたら、CPU全体が使えなくなりそうな気がする。

Windowsはどうだったか知らないが、Linuxはもう少し工夫してもいいと思った。僕が作っているのなら、「ちょっとおもしろそうだから」の乗りでやってみると思う。

余談:

昔、仕事で、平等に使わないと寿命が縮まる素子を使っていて、嫌というほど均等に使用する処理を工夫した経験があるので、こういうことにはちょっとうるさい。その名残りで、日常生活でもいろいろな物の使用の均等化に余念がない。

例えば、洗濯した衣類やタオルなどは、下に仕舞って後で使うようにして、同じ物を頻繁に使わないとか、服や靴も順番に着る・履くとかである。お札も、新しく引き出して来たものは後で財布に入れるとか(でも、これは全く意味がない気がしたw)。

でも、本質的に均等化できないものもある。例えば、キーボードのキー、マウスのボタン、ディスプレイの表示(画面内の位置と表示内容)、良く聴く曲などだw

あ、今はピアノは弾かないけれど、やっぱり、良く使うキー(鍵盤の個々の部分)はあるのだろうか(残念ながら、僕はそこまで弾き込まなかった)。それがあるなら、良く使われる音もあるのだろうが、どうだろう。作曲家によるのか、調によるのか。音は、モーツァルトよりはラフマニノフのほうが幅広く均等に使いそうだ。でも、ラフマニノフは音が多いし強い音も多いので、ピアノの劣化が激しいかも知れない。調だって、良く使われるものはあるだろう。文学だって、良く使われる単語はありそうだ。

音や単語は摩耗しないから壊れる心配はないが、「使い古された」とか「ワンパターン」などと批評されることになるのかも知れない。と、脱線が甚だしいのは、脳の摩耗によるものか?

  •   0
  •   1

1. 「マーチ改」っていうと怒られるだろうなw

先日、出勤の時に、バカに随分思い切った改造(幅を広げて3ナンバーにした?他)をしたマーチ(良く見るモデル)が前に居たのだが、近くで見たら、ルノーのクリオ スポールとかいう、初めて見る車だった。もしかして、ベースは同じ?(な訳ないか: でも、近頃のはベースを共用しているようなので、もしかしたらそうかも知れない) 見るからにすごかったのだが、運転はとてもまともだった。音もそれ程うるさくなかったので、感心した。

今調べたら、後席の部分を潰してV6エンジンを載せている、かなりスパルタンな車のようだ。写真に撮れば良かったな。

(12/3 5:15 追記) スパルタンといえば、ルノーの昔の車に、これと似たようにすごいの(サンク ターボ)があったのを思い出した。それから、映画"TAXi"でもすごいプジョーが出てきたし、フランス人は、こういうちょっと無理な改造が好きなのかも知れない。僕も、一見普通の車をすごくするのは好きだけど、さすがにこれはやり過ぎ感があるw

2. アポーめ!

昨日だったか、CrashPlanの初期バックアップがようやく終わった。以前、終わったと書いたのだが、正確には終わっていなかった。200個くらいのファイルがバックアップできずに滞留していた。それで、Code42(CrashPlanの会社)のサポートに問い合わせたら、駄目なファイルの調べ方を教えてくれた。駄目だったファイルは、Windowsの時にダウンロードしたらしいMacOS Xのアプリ(iosconsole)だった。削除しようとしたのだが、どうしても消せない(おそらく、HDDをWindows PCに繋いで、Windowsのコマンドプロンプトでやれば消せるのだろうが、そんな面倒は嫌だ)ので、バックアップ対象から除外したら、めでたく100%になった。

全くAppleのすることはおかしい。と言うのは正しくなくて、きっと、LinuxのNTFSドライバが対応していないのが悪いのだろう。でも、たかがアプリごときが普通に消せないような領域を作るなんて、やっぱりおかしいと思う。

それから、Code42のサポートは予想外に良かった。返事が来るのは少し遅かったが、メールの対応が丁寧で、回答がとても適切だったので、1回で解決した。あそこまで気持ちいいサポートは久しぶりだった。BackblazeやMSやAppleとは偉い違いだ。

3. アポーめ! (2)

iPhone 6sにバッテリの問題があるようなので、判定サイトで調べたのだが、以下のようなメッセージが出て、問題ないのか、入れたシリアル番号が間違っているのか、今一つ分からない。大体、バッテリを交換したかどうかも確かでない(「いずれか」と書いてあるのは、そういうことだろう)ってのは、おかしくないか?? さすがは腐った林檎の集団だ。

20161202-iphone-6s-batt_v1

もしかして、判定サイト自体が詐欺で(ニュースもハッキングされていて)、iPhoneのシリアル番号を集めているってことはないよね?

気になったので、US用でやったら分かった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-12-02_21-07-47_v1

僕のは無関係(=問題ない)のようだ。”affected range”を「対象範囲」と訳したのか。確かに誤訳ではないが、なんかズレてる気がする。もっと分かりやすく書けばいいのに。

4. 無駄な一日。

昨夜だったか今朝だったか、仕事で作ったプログラム(今ひとつ問題が多い)を画期的にシンプルにする名案が浮かんだので、今日さっそく実装したのだが、ほとんど作り終わって動作確認をしている時に、大きな落とし穴が見つかって、今日の作業がほとんど無駄になった。オリジナルを作った当時は、その落とし穴を回避するために「名案」を採用せずに、ちょっと回りくどいことをしていたのだ。

そういうことは、当時のメモに書いてあったのだろうが、書いたことを忘れたり、調べるのを厭って、自分のアイデアを素早く作り込んでいい気分に浸ろうとしたがために、この有様である。。。(でも、今気付いて良かった。リリースしてから発覚したら、お客さんに文句を言われるし、更新が手間なのだ。そして、昨日の版(ちゃんと動く)は残っているから、時間と手間以外のロスは全くないのも、幸いだ。)

5.D&Mめ!

たった4年で、早くもヘッドフォン(DENON AH-D5000)に寿命が来た。というのは大げさで、耳に当てるパッドが駄目になった。どういうきっかけだったか、今朝見たら表皮がボロボロになっているのに気付いた。近頃、ほとんど毎朝、こめかみに黒いゴミのような物がくっついていたのは、パッドのかけらだったのだ。メーカーのサイトを検索しても何も出て来ないし、Amazonでも純正の物が出ないということは、もう交換部品は売っていないのだろう。

img_3163_4142168298_v1

AH-D5000のイヤーパッドがボロボロに

まったく、こういうところにメーカー(D&M)の不真面目さが現れるというものだ。普通の家電だって製造終了後8年間程度は部品を保持するものなのに、4年で何もなしとは。安物だったら仕方ないけど、数万円もしたものなのだ。その点、(僕の嫌いな)ソニーのスタジオモニター用ヘッドフォン(確かwataruさんが買われたもの)だったら、長年売られているし、消耗品もちゃんと売っているのだろうなと思い、次回はそういうことも考慮しようと思った。

裁縫の腕があれば、パッドを布でくるむのだが、結構難しそうだ。それで、純正でないパッド(純正より薄いと書かれている。1300円程度)を注文しようか迷っている。まだ何も問題のない本体を買い換えるなんてのは無駄もいいところなので、何も迷いようはないのだけど。まあ、他に何か「名案」が浮かんでくるかも知れないしねw

6. 21世紀

先日、ポップ音楽に混じって、ビートルズの日本公演(1966)の番組(中学の頃にTVから録音した)の締めのナレーションが掛かったのだが、それに苦笑した。大竹しのぶのポエム(これもお宝級なのだがw)の後で、「21世紀の小学校では、モーツァルトなどではなくビートルズの”Please please me”が流れているだろう」とか言っていた。さて、今はどうなんだろう? ビートルズどころでなく、宇多田とかが流れてそうだが。

7. 予告編?

Haruさんとのコメントのやりとりで思った・思い出した音楽のこととか、芸術に向かう態度が許せない(芸術を舐めている)人たちのこととか、会社の馬鹿な連中のこととか、アパートの駐車場が楽しいことになっていることとかを書きたいが、書くとまずそうなこと(後ろの2つ)もあるし、以前から溜めているネタもあるし、気が向いたら書こう。

(12/3 4:53, 5:15 修正・加筆・追記, 6:22 ソニーのヘッドフォンの話を追記, 6:28 ヘッドフォンの写真を追加, 9:46 わずかに追加・変更)

  •   0
  •   3

Haruさんのブログを見て、彼女の演奏を聴いたら、妙にこれを聴きたくなった。実は、この曲(第2番も)はどこかわざとらしいので、大好きではないのだが、どこか良くて、時々聴きたくなる。わざとらしいのは、作者の若さが出ているせいだろうか。

今は大好きじゃないけど、クラシック音楽を聴き始めた頃に流行っていたのもあって、その頃は良く聴いていた。ショパンコンクールの番組なんかを熱心に観たのを思い出す。今となっては、最後がこれらの協奏曲なので、余り興味をひかないが。。。

ピアノはマルガリット (1974: リンク先は第2楽章のみ)。何種類かを比べたのだが、最初に買った彼女(2番はラローチャ)のCDが一番気に入っている。

出勤時間になったので1番の途中で家を出たら、会社で続きが聴きたくなり、帰宅が待ち遠しかったので、脳内で演奏していた。帰宅して続きを聴けたのだが、その次の2番が思っていたより良くて、得した気分になった。ピアノの演奏(ラローチャ)も音もいいし、オーケストレーションも1番よりいい。でも、ショパンコンクールでは1番の方が多く弾かれるそうだ。あと、なぜか音質もいい気がした。まあ、それは気のせいだろう。(21:01, 21:50)

  •   0
  •   1

今月の頭に、あるサイトで、彼女が新作(僕が大好きなラフマニノフのピアノ協奏曲第3番が入っている!)が出たと書いていたので、それから毎日Amazon(日本もUSも)やHMVを見ているのだが、出る気配がない。

オンラインでも出ると書いてあったので、レコチョクも見ているが、やっぱりない。iTunes Storeにはあるのかも知れないと思って見たが、ないようだ(それにしてもひどいwebだ。もろ手抜きで、Appleの本質が見抜ける)。eClassicalにもmusic.jpにもない。

6月に行ったコンサートで魅了されてからというもの、彼女のこの曲(しかも近頃の)が是非聴きたいと思っていたので、首を長くして待っている。

ただ、これを書いていて気付いたのは、もう何か月も待っている気分なのだが、実際には3週間も経っていないのだ。海外のペースはもっとゆっくりなのだろうから、年内に出てオンタイムなくらいなのだろう。実際、レコード会社(今はなんと呼べば適切?)のページにも、発売日が書いてないくらいだ。

 

PS. ジャケット写真では随分老けたように見えるのだが、まだ若いのにどうしてだろうか。彼女のページのとはえらい違いだし、2014年のとはまるで別人だ。写りが悪いだけと思いたい。ただ、コンサートで見た時より随分痩せているので、疲れているのかも知れない。

PS2. Amazonで彼女を検索すると、なぜか、リシッツァも一緒に出てくる。雰囲気は似てるのかも知れないが、別人だし、演奏も全然違うんだけどな・・・

PS3. 「ゴドーを待ちながら」は、大昔、(中二病的な乗りで)ずっと観たいと思っていたが、観たことがない。探したら、1998年に買った戯曲も持っていたが、読み切った覚えはないから、もう観ることもないだろう。その頃に「不動を待ちながら」を観たのだが、どうも中に入っていけず、今ひとつな感想だった。おそらく、原作(ベケットの方)を読んでおらず、デビルマンだけをイメージしていたせいだったのだろう。が、まあ、このチケットでは仕方ない気がした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-18_07-09-02

パンフを調べたら、「不動」を観たのは1996年のマントルプリンシアターのだった。その頃のパンフが懐かしくて、ちょっと見入ってしまった。あの頃はいろいろ観に行ったものだ。小さいのも有名な人のも。でも、平も仲代も蟹江も今は居ない。。。

  •   1
  •   1

良くあることだが、今日は、何人かの人たちにsilver hammerしたくなった。題も概要も日付も名前も書いてない資料を配って平気な顔をしている人、そういう資料を平気で配らせる人、いつもだらだらと何事も引き延ばし、最後は時間がなくなってこっちを慌てさせ、とりあえず謝れば何でも解決すると思っている、「うすのろ」としか言いようのない人、「何か意見はありますか」と聞きはするが、実際には意見を求めてはおらず、何か言ったら逆に説教して来る人(要は、アリバイを作りたいだけ)、立場を考えれば、自分の不行き届きがすべての原因なのに、こっちにも問題はあったように言って、偉そうな顔をする人(偉いのに被害者意識)。

ま、世の中にはそういう輩の方が多いってのは分かっているので、そういうのの迷惑をなるべく被らないように、日々努力(先回り、念押し、馬鹿は無視、忍耐、諦め、などなど)するしかない。のではあるが、ちょっとMaxwellになりたい気はする。さっそく銀を集めて・・・ あ、銀だけじゃ柔らかいから、プラチナも要るかな? でも、高いから鉄でいいかな。(嘘)

参照: オリジナルアルバムの曲がYouTubeにないので、一番ましな、アンソロジーのこれを。

「その後」は、これになるのだろうか?w

 

PS. 今気付いたのだが、この曲で使っているのは、斧でなくハンマーなんだな。間抜けなことに、何十年もずーーーっと、斧をイメージしていたよ。(11/14 23:35)

  •   0
  •   0

僕にとって、車の左側は鬼門だ。

昨日の出勤時、いつも寄るコンビニの駐車場に入ろうとしたら、突然、「ドンッ」だったか、大きな音がした。びっくりして左のミラーを見たら、どうも、縁石に擦ったようだった。瞬間的だったので良く見えなかったが、後ろの部品が外れたような雰囲気だったので、すごくまずい気分になった。

駐車場に停めて確認したら、幸い、外れているような箇所はなく、ホイールとタイヤが擦れていた程度だった。が、会社で良く見たら、ホイールの傷は結構深く、ボディー下部のスポイラーにも長い擦りキズが付いていたので、ショックを受けた。それで、昨日は朝から「人生終わったよ・・・」みたいな暗澹たる気分で居た。

ちょっと見ただけでは分からないけど、そのままにしておくのは気分的に嫌だし、直すにしても高そう(スポイラーが5万円くらい?)だから、どうしたらいいか考えていたが、まとまらなかった。でも、帰路に、ディーラーに、直すならいくらくらい掛かるかとか、安く直す方法はないかとか聞いてみれば、いい方法が見つかるかも知れないと思って、少し気が楽になった。気軽に相談できるディーラーで良かったと思う。

それに、相手がいる訳ではないし、ドアが凹んだとか傷ついたとかじゃないから目立たないし、スポイラーのおかげで金属部分へのダメージはなかっただろうから、錆びる心配はないから塗装は不要だろうし、タイヤもパンクしなかった(後で空気が抜けるかも知れないが、近いうちに交換予定だったので問題ない)ことを考えると、ついていたと思う。

思えば、前のVITAでは紀伊半島で縁石に擦ってパンクさせたし、その前のシルビアでも、電柱の支持ワイヤーにミラーを擦ったり駐車場の柱にバンパーを擦ったり、今の車を買ったばかりの頃に左折時に縁石にホイールを擦ったり、その他にも左折で出るときにたまに後輪を段差から落としたりと、昔から左には滅法弱い。自覚があるのでいつも注意しているのだが、時々やってしまう。まったく、見えないところは怖い。

そして、近頃はLinux移行に夢中になっていて寝不足で疲れていたのと、風邪でぼーっとしていたのが悪かったのだろう。あと、近頃は運転に慢心があったようにも思う。ただ、それにしても、なぜあんな広い入口で擦ったのか、いまだに分からない。傷は結構長い(前ドアの中央下部から後輪まで)ので、随分手前から曲がってしまったたように思えるが、そんな失敗をするものだろうか? 何とも不思議だ。

いずれにしても、やっぱりハインリッヒの法則は成り立っているのだろうから、重大事故が起こらないように注意しないといけないと思う。最終的には自動運転車なのかな。

PS. 昨夜は、こんな時には、ポールに"Hey Jude"を歌ってもらいたいなあと思った。

PS2. ディーラーに見てもらったら、予想通り、スポイラーが擦れているだけでボディ(金属部分)には問題ないから、(僕が我慢できれば)修理の必要はないとのことだった(交換には5万円前後掛かるようだ)。まあ、良かった。それから、別件だが、ハンドルを深く切ると異音(軽い「ギー」という音)がすることがあるのも見てもらったのだが、再現せず、特に異常もないので、様子を見ることになった(エアバックの配線の摺動部分ではないかということだった)。しかし、なんと、ディーラーから出ようとする時に出た。が、面倒だったので、まあ「様子見」とする。

そのディーラーは、いつものように、行くとホッとした。そして、丁度、無料点検キャンペーンで点検してもらい、去年同様、シクラメンの鉢をもらった。へえ、あれからもう1年近いのか。早いものだな。(10/10 20:31)

  •   0
  •   0

YouTubeを観ていたら(もう、何を観ていたのか忘れてしまった)、ラフPC3(長くて打つのが面倒なので、略記する。正式な曲名はタイトルどおり)のカデンツァ(ロックでいうと、ギターソロに相当する部分。でも、基本的にアドリブではない)の、優れた演奏のベスト14を集めたビデオを見つけた(最初は何かの映画。本編は3'07"辺りから)。なぜベスト10や15じゃないのか、ちょっと不思議ではあったが、興味深く聴いた。

もちろん、このメンバーや順位はそのビデオの制作者の個人的な好みなのだが、僕の知っているピアニストが結構入っていたので、(順位は僕の意見とは違うが)うれしかった。ビデオへのコメントにいろいろな意見(「やっぱり***がいい」など)が書かれていて、おもしろかった。以下に、順位と僕のコメントを書く。

  1. アシュケナージ: 端正で美しく、そつがない。1位なのが納得できる。若い頃は好きだったが、今となっては、冒険心がない感じでちょっと物足りないから、聴くことは少ない。
  2. アルゲリッチ: かなりきらびやかで激しい。やっぱり若い頃は好きだったが、今は余り好きではなく、聴くことが少ない。
  3. ラフマニノフ: いい感じ。さすが作者だ。昔は嫌いだったが、今は許せる。でも、聴く気は起こらない。
  4. ホロヴィッツ: 確かにすごい。「魔術」のような雰囲気。だが、好みではない。歳のせいか、ミスが多い。
  5. ルガンスキー: 初めて聴いたが、とても滑らかで、かなりいい感じ。
  6. Rafael Orozco: 結構いい。が、連打の時の音の切り方が嫌い。もう少しつなげて欲しい。(初めて聴いた)
  7. クライバーン: 雰囲気が例のアルバニアの若者(Tashko)に似ている(もちろん、実際は逆なのだが)。かなり激しい。音の切り方が嫌。雑な感じ。(初めて聴いた)
  8. Yuja Wang: きらびやか。好みでない。(恰好を)肉感的にしているのが、損な気がする。
  9. マツーエフ: やっぱり好みでない。時々音のバランスが変(オーディオ的な問題?)。
  10. Olga Kern: 昔YouTubeのビデオを観て気に入ったのだが、いいけど、今となってはなんかちょっと違う。でも、(オーディオ的でなく)ピアノの音がいい。
  11. ブロンフマン: もちろん、僕の最高。それなのに、なぜ、こんなに順位が低いのか!
  12. Khatia Buniatishivili: ミスが多い。(初めて聴いた)
  13. ヴォロドス: 余り好きではない。
  14. ジルベルシュタイン: 頑張って弾いているのがいい。昔TVで観て好きだったのに、今は余り活動していないようで、寂しい限りだ。

この中で、ルガンスキーはなかなかいい感じで、アルバムを持っていなかったので、さっそく買うことにした。もちろんダウンロード購入にした。Amazonやレコチョクにあった。iTunesにもあったが、有名な曲(PC2や3)はアルバム単位でしか売らないという、セコい商売をしていた。

それで、Amazonは嫌いになって来ていることもあって、(嫌いな楽天系ではあるが)レコチョクにしようと思ったのだが、クーポンがあることを思い出してAmazonで買った。3曲だと450円のところが、クーポンで250円になった。クラシックは、演奏時間が長く、少ない曲数で完結するのに、1曲(ファイル)の値段はポップスのシングルと変わらないようなので、割安感がある。

早速聴いてみた。演奏は期待どおりでいいのだが、何となく音が悪い。こもった感じだ。MP3(VBR)の247kbpsだから問題はないはずだが。Amazonだから音が悪いということは有り得ないし、気のせいだろうか。

続いてPC2も買おうと思うが、もうAmazonのクーポンはないので、レコチョクにする予定だ。ちなみに、実家で発見したピアニストたちは、ダウンロード販売がないのでCDにする予定だが、ちょっと面倒だ。しかも、CDでもビデオと同じ編成のがなかったり、新人のためにCD自体がまだなかったりする(MacIsaac)ので、一筋縄では行かない。

レコチョクでPC2を買ったのだが、使い勝手が最悪だった。カートがないから、1曲ずつ購入手続きをする必要があって面倒だし、楽天で決済したせいなのか、決済が終わるたびにページが空白になって、元(曲のページ)に戻れない。しかも、楽天お得意の「メルマガ強制」だし。社内で英語で会話するなんて下らないことに力を入れるより、日本人が使いやすいショッピングページのあり方を少しでも勉強して欲しい。今後は、なるべくAmazonで買おう。ちなみに、楽天ポイントも溜まっていたので、3曲で450円のところが301円になった。なお、まだ聴いていない。(17:52)

ルガンスキーのラフPC2もかなり良い。大好きなブロンフマンとは違うのだが、それでいて、とてもしっくり来る。冒険は少な目だが、物足りなくはない。パワーで押し切るタイプではなく、洗練・流麗系なのだが、迫力不足ではない。不思議な魅力を持った人だ。PC3は2回続けて聴いたし、これもそうだろうと思う。なお、音はなぜか悪くない(AAC 320kbps)。まあ、気のせいだろう。きっと。(18:48)

  •   0
  •   0