Archive for the ‘アルバム’ Category

2004年に入手して以来、10年以上愛用して来たキーボード(FILCO FKB-89J)が、いよいよ調子悪くなってきた(時々、勝手にリセットする、たまに調子の悪いキーがある)ので、本格的に壊れる前に交換した。

今度は、同じFILCOのMajestouch BLACK (FKBN91M/NFB2, 日本語91キー、Cherry 茶軸)というのにした。約1万円だが、クレジットカードのポイントで2千円を充当したので、約8千円で済んだ。

IMG_2428_サイズ変更

(FILCO Majestouch BLACK)

実は、2008年に同様の製品(FILCO ZERO, FKBN91Z/NB)を買ったのだが、気に入らなかったので使わずに放置していたら接点が駄目になって、チャタリングするようになってしまったので、再挑戦である。本当はFKB-89Jがいいのだが、もう売っていないのだから仕方ない。あと、再びFKBN91Zを買うことも考えられたが、買ったばかりの時にチャタリングの不具合があったし、キートップの印刷が剥がれ易くて見苦しかったので、印刷が側面にあるこちらにした。

なぜかまたAmazonプライムのトライアル会員になれたので、昨夜注文してさっき届いた。

早速、キー割り当てを会社のPCと同じFKB-89Jもどき(CapsLock → Ctrl, Ctrl → Home, WIN → End)にして試しに打ってみると、想像よりタッチが軽く、打鍵音も静かなのが残念。キーはスコスコと押せて、いかにもタイプがはかどりそうな、今風の雰囲気だ(スマート過ぎて、実は余り好きではない)。本当にメカニカルなのだろうかと思うくらいだ。まあ、会社のキーボードなんて、メカニカルですらないのだから、これで充分だ。あと、キーの間隔が微妙に狭い気がするが、気のせいだろう。

会社と同じキー配置なので、これからは、家でも会社でも全く違和感なくタイプができるのがうれしい。

IMG_2431_サイズ変更

(FKB-89Jとの比較)

PS. 上の写真を見て気付いたのだが、本体の幅はほとんど同じなのに、今度のはカーソルなどが「ちゃんとした」位置にあるし、スペースキーの幅も広い。どうやって吸収したのだろう? キー間隔が少し狭い気がするのは本当だったのかも知れない。

実は、本体のサイズは新しい方が幅広だった。遠近法に騙されていた。そして、キーピッチを実際に測ったら、どちらも19mmだった。新しい方は、キーの頭がわずかに小さいから狭く感じたのかも知れない。(22:30)

IMG_2433_サイズ変更

  •   0
  •   1

先日より片付けたくてしょうがなかった、デジパックと鞘入りCDを、一部を除いて始末した。

やり方は、野蛮人のように原始的だ。

デジパックは、CDトレイを引っぺがして、ジャケットにあたる紙の部分を平らにし、二つ折りにする。トレイを剥がす時に、紙の内側のトレイの接着部分の印刷が剥がれることが多いが、ジャケット(しかも内側)を見て悦に入ることはまずないので、気にしないことにした。

IMG_2425_サイズ変更

鞘入りCDは、鞘(箱)の上下の接着部分にカッターで切り込みを入れて剥がして開き、二つ折りにする。作りが良いのか、カッターの刃が入りにくい場合があった。特に、ワーナーの森高のCDはそうだった。そういうのは刃が逸れて箱が切れてしまったが、やっぱり気にしないことにした。

IMG_2422_サイズ変更

昨夜と今朝、合わせて約24組を処理し、本棚に並んだCDが結構減った。

処分前(10/17):

IMG_2375-1_サイズ変更

処分後:

IMG_2423_サイズ変更

あとは、プラケースが特殊(ロゴ・色付き)なもの(捨て難い)、特殊なデジパック・紙ジャケット(畳んでも薄くなりそうにない)、ボックス物が残っているが、それらは無理かも知れないな。

ほとんどの紙ジャケットCDはそのままでも薄いことに気付いたので、10組をそのまま仕舞った。(10/29 7時)

  •   0
  •   0

昨夜、jと前の会社近くのお店Rで飲んだ。そこのたまちゃんに会いたくて、会社を休んで行った(その店は、夜は平日しかやっていない。それで、本来は午後だけ休めば充分だったのだが、嫌な客の一件でだるくて一日休みにした)。Yさんも誘ったのだが、平日は都合が悪いとのことで残念だった。

お店に入ると、たまちゃんもマスターも顔を覚えていてくれたので、とても嬉しかった。たまちゃんは相変わらず可愛いかった。そして、懐かしいメニュー! いろいろ食べたくなった(実際食べた)。その店オリジナルのサラダとパスタ(ボリュームたっぷり)が特においしかった。久し振りの神の河ロック。更にバーボン(フォアローゼズ ロック)も飲んだ。もう一杯バーボンを飲もうと思ったのだが、アイスティーで一休みしたら、酔いが回って飲めなくなった。今もまだ、喉の奥にバーボンの匂いが残っている気がする。

以前と違って、金曜の夜だというのに空いていた。周りに新しい店ができたせいだろうか。

IMG_20151023_191957-1_サイズ変更

jの思い付きで、たまちゃんの知り合いを紹介してもらうことになった。山形の色白な人だそうだが、どうしてか、来年になりそうだ(酔っていたので、すぐでない理由が良く思い出せない)。

jと話していておもしろかったのは、お互いこの先どのくらい生きるだろうかという話になって、

j: あと40年しか
僕: あと40年

と、捉え方が正反対だったことだ。性格が出ているのだろうか。

(Nexus 4で撮影)

PS. 今日、体重を測ったら2kgも増えていた。食べ過ぎか。。。

(19:22 若干補足)

  •   0
  •   5

いろいろな現実逃避(婚活にまつわることとか掃除をしたくないとか)をするため、今日も早朝ドライブした。毎週遠方だと疲れるし、ネタも切れたので、近場の古峰ヶ原(鹿沼市)まで行ってきた。

6:30頃出たらとても空いていたので、気持ち良く走れて1時間くらいで古峯神社に着いた。ここまでは標高が高くないせいか、紅葉は余り見られなかった。町の最後のコンビニを知らずに通り過ぎたら、途中にトイレが無くて難儀した。

そこから粕尾峠方面へ抜けた。山道には人や自転車が結構多かったが、車はまだ少なかった。結構紅葉していて綺麗だった。途中にある登山口(おそらく方塞山)で一休みした。湿原があったり、朝靄が立ち込めていたり、青空に朝日が強烈だったりして、とても雰囲気が良かった。

8時を過ぎると、対向車が増えてきた。粕尾峠は半分(鹿沼市側)しか通らなかったのだが、道が細くて楽しむどころではなかった。結構な数のバイクが登って行ったが、果たして楽めただろうか。峠を下りて少し行ったところ(中粕尾)の休憩所のトイレが故障で使えず、困った。

町に向かう道路の脇で、やけにジャージの子を見ると思ったら、中学校の古紙回収のようだった。軽トラに山ほど古紙を載せた上に男子生徒が2人乗っていたのは、ちょっと危険だと思った。まあ、田舎では違和感のない光景ではあるが、いまだにやっているとは意外だ。落ちて怪我しても、訴訟とかにはならないのだろうな。のどかでいい。

町に下りたら、日射しが強く、暑くなって来た。

帰りに、ディーラーに寄ってオイル交換してもらった。キャンペーンの無料点検では問題ないとのことだった。タイヤもまだ大丈夫そうだが、いつまで持つか(手触りでは、スリップサインまで2-3mmくらいあった)。オイル交換のおかげか、エンジンの調子が更に良くなった気がした。いつもどおり洗車もしてもらって、大変ありがたい。ただ、作業を待つ間に、誕生月(来月)にはオイル半額のクーポンがもらえることを思い出して、ちょっと損した気分になった。でもまあ、本来は9月に交換すべきだったので、これ以上延ばさない方がいいから良しとした。約32600km。

10:30頃帰宅した。早く出ると帰るのも早い。早いから、残念ながら、掃除をする時間はたっぷりある。帰ったら、昨日からの軽い頭痛が再発した。

116km、約3:40。
IXY Digital 3000ISで撮影。

  •   0
  •   0

暇だが、少し頭痛がするので、予定していた「MusicBeeの使い方」の更新は止めて、本棚の配置換えでもしようと思った。特に不便ではないのだが、グライコ・アンプと小物ケースの位置を交換すれば、落ち着きがいいような気がしたのだ。→ ものの数分で終わった。

IMG_2369_サイズ変更-1

多少落ち着きは良くなったのだが、それを見ていたら、更に思い付いてしまった。PCの上にグライコとアンプを載せれば、更にスペースが空きそうだ(サイズは丁度いい)。PCからのノイズがわずかに入るかも知れないが、まあ聞こえるレベルではないだろう。あと、オーディオ特性の調整の時にグライコの操作が大変だ(ほとんどはMIDIでできるが)。

少しだけ迷って、実行した。本棚が一段空き、CD類が一段下がったので、安定感が増したように見える。

IMG_2375_サイズ変更

IMG_2374_サイズ変更-1

オーディオの配線がモロに見えたり、テーブルタップやUSBケーブルが少し収まりが悪いが、あとは大丈夫そうだ。これならアンプが近いから、音量調整が楽だ。そして、PCとグライコの距離が縮まったので、短い光ケーブルが使えるようになった。

なお、グライコの熱がアンプに伝わらないかの問題だが、熱くなるのはグライコの左側(写真の奥側)で、今アンプを載せている所の反対側なので、問題はない。

IMG_2378-1_サイズ変更

現在の机周り

10/19の朝、この場所はスペース的にはいいのだが、グライコの調整が面倒そうなので、机の右脇に載せてみた。

IMG_2407_サイズ変更

が、余りにも見た目が悪い。ケーブルがだらだらしている。しかも、机が狭くなり、マウス操作が窮屈になった。更に、リモコンの置場がなくなった。

それで、横幅が足りなさそうだったので躊躇していたのだが、試しにサブディスプレイの下に置いてみた。

IMG_2411_サイズ変更

幅は、はみ出てはいるものの、まあ大丈夫だった。こっちの方が断然いい。ただ、グライコからアンプにつなぐケーブルの長さが足りなくなったので、仕方なく延長した。

IMG_2415_サイズ変更-1a

この違和感のなさ、我ながら素晴らしい出来だ。これなら、いくらでもグライコが調整できるよ(したくないけど)。(10/19 20:33)

  •   0
  •   1

部屋に籠っていると気分が淀んでロクなことを考えないので、先週に引き続き、福島に走りに行った。今回は、東北道の白河中央スマートICから猪苗代湖の西と磐梯山・安達太良山の北を通り抜けて、二本松ICから東北道で帰って来た。

混雑を避けるため6:30頃出たのが良かったようで、道の駅 ばんだいまでの道はほとんど空いていて、8:46頃着いた。白河から道の駅までの間の山道はとても気持ち良かった。山の紅葉も綺麗だった。ただ、途中から前にマナーの悪いアルファードが現れた。そいつは前のバイクにぴったりくっ付いていたうえに、トンネルでもライトを点けなかった。先入観は良くないが、あの手の車にはロクなのが居ない。

少しお腹が空いたので、家から持って来たおにぎりを食べた。おにぎりは少しパサパサしていたが、缶のコーンスープがおいしかった。

駐車場に居たら、僕のと同型の銀のSWIFT Sportが来た。同年代か少し若い、おとなしそうな男の人だった。気のせいか、僕の車の写真を撮っていたようだ。それにしても、SWIFT Sportは良く見るな。

10時頃、桧原湖の辺りに着いた。混むと思っていたが、それ程でもなかった。磐梯山は紅葉がとても綺麗だった。ただ、登山口に路上駐車が多かった。交通整理員(立っているだけで、まともに誘導していなかった)が居る傍で停めて登る準備をしている阿呆すら居た。山登りするなら、道路でのマナーも守ってほしい。山でだけ「いい人」じゃおかしい。そして、駐車場がいっぱいというのは出るのが遅過ぎたのだから、登山は諦めるべきだ。

日差しが強くて暑かった。それから、昨夜からだが、左耳の調子が少し悪かった。

途中の山道で、S2000がコースアウトして、路肩の斜面で斜めになっていた。左カーブで左側に落ちるってのは、よそ見だろうか? 木に衝突せず、落ち葉が柔らかかったからか、本人は怪我もなく、バツが悪そうに立って警察官の聴取を待っていた。僕もああならないようにしなければ。。。

桧原湖からは帰路とし、11:20に安達太良SAに着いた。混む時間帯になったのか、反対方向(二本松ICから磐梯山方面)はかなり車が連なっていた。途中の山道では、特に高齢者の駐車マナーが悪かった。写真でも撮るのか、傍若無人に道端に停めるのだ。そして、老人だから乗り降りが遅く、長時間ドアを開けたままにする。しかも、近くに駐車場があっても路駐するのはいかがなものか。

安達太良SAで昼食にした。ラーメンは余りおいしそうでなく、野菜炒め定食がなかったので、酵母牛ステーキ丼にした。1400円くらいだった。米沢牛はとても高かった(4千~6千円くらい)ので、食べなかった(今気付いたが、そもそも、安達太良は福島であって、山形じゃないじゃないかっ! うっかり食べなくて良かった。: 17:22)。丼はおいしかったが、たれの味が少し濃かった。喉が渇いていたので、キリン フリーがおいしかった。

食べたら、なぜか少し頭痛がして来た。走り過ぎか。

帰りの高速で、どういう訳か、大型トラックが急に左に車線変更して左右に大きく揺れたので、倒れるかと思って怖かった。それほど風が強い訳ではなかったので、もしかすると、随分長い間小型車と並走していて、なかなか左車線に戻れず、後ろに車がつながってしまったから、その嫌がらせだったのかも知れない。プロなら、もっとうまくやって欲しいよ。怖かったので、フルパワーの2/3くらいの加速で追い抜いて来た。

13:40頃、家に着いた。気が紛れてとても良かった。やはり暑い。

今日は、観光客の交通マナーの悪さが目に付いた。一方、車はとても調子良く、4000rpmくらいで走るのが気持ち良かった。ただ、カーブの手前などでブレーキやシフトチェンジする時に、若干挙動を乱すことがあった。車のおかげで何とかなっているが、もっと丁寧にしたい。そろそろタイヤが減って来ているかも知れない。窓が虫の死骸で汚れたが、掃除が面倒だ。来週辺り、オイル交換だ。

約7時間、379km。
IXY Digital 3000ISで撮影。

(17:28 若干加筆・修正)

PS. SAのポスターで見たのだが、圏央道の埼玉の未通区間(菖蒲の辺り)が、10/31に開通するそうだ。これで東名に抜けるのがかなり便利になりそうだ。会社のKさんに教えてあげよう。

PS2. もう、身体、特に脚が痛い。前回以上に脚を踏ん張って運転したのだろうか。(20時)

  •   0
  •   2

僕の名刺入れは20年以上使っている物だが、全く傷んでおらず、まだまだ使える。

これは、最初の会社の最初の職場で、当時一緒に働いていた派遣のKさんが、海外旅行(おそらくカナダ)のお土産にくれたものだ。カナダ製で、野生のエルク(wild elk)の革でできていて、肌色だ。ただ、外側は、年季が入ってこげ茶色になっている部分が多い。

一緒に同じ素材の小銭入れも頂いたのだが、使い方が荒かったせいか、数年で駄目になってしまった。まあ、名刺入れは常にズボンのポケットに入れたり、間違って洗濯したりしないから、傷まないのだろう。

当時は余り名刺を使う機会がなかったので、「折角もらったけど…」と思っていたのだが、その数年後に職場が変わって、名刺を頻繁にやりとりすることになり、随分役に立った。

それにしても、とても丈夫だ。丈夫だが、堅すぎずしなやかなので手触りがいいから、気に入っている。本当にいい物を頂いた。これなら定年まで使えるのではないか。

ちなみにKさんは、その後しばらくして辞めてしまった。理由は忘れてしまったが、「折角作業手順を教えたのに!」と、当時は苛立った覚えがある。今はどうしているだろうか。

  •   0
  •   2

秋になってようやく天気が良くなって、走りたい気分になって来たので、久し振りに純粋な走りに出掛けた。塩原から福島の南会津に抜けて、西の方にぐるっと回り、白河から東北道で帰って来たのだが、とにかく気持ちが良かった。

那須辺りが紅葉の見ごろというニュースがあったので、道が混んでいるかも知れないと思ったが、朝早ければ空いているだろうと7時少し前に出発したのが良かったようで、渋滞は全くなかった。途中、遅い車が数台居たが、追い越したりあおったりせず、ひたすら我慢した。ただ、後ろを見て、自分が遅いと思ったら抜かせる気配りをしてもいいのではないかと思う。

R121の塩原の先に、ものすごく気持ちいいところがあった。その後で、少しの間、同じ型・色のSWIFT Sportと2台で連なって走った。その車は、外から見る限り、かなり手を入れているようだった。あおっては来なかったが、ずっとついて来られるのは嫌だと思っていたら、R121がR352と分岐するところで、R121を会津田島方面に甲高い排気音で北上して行った。この辺りまでの紅葉はまだだった。

その後のR352・401は、工事で数分間待たされる箇所が若干多かったが、それ以外は概ね快適だった。

9:30頃、道の駅 きらら289をとりあえずの終点とした。変わった名前だ。お米の銘柄と国道の番号を合わせたのか。空は曇って来て、肌寒かった。気温は14℃だった。

お腹が空いたので、「ずんだLOOK」と甘酒(ノン・アルコール)でおやつにした。ずんだLOOKは甘いだけで、特に変わった味や香りはなかった。甘酒はおいしかった。以前も飲んだ味だ。寒かったので、ホットのがあると良かった。ここも紅葉はまだだった。さすがに福島のナンバーが多かった。

帰路はR121を南下する方が距離が短いようだったのだが、往路と重複するのが嫌で、白河から高速で帰ることにした。白河への道(R289)も空いていて、途中の山道がとても気持ち良かった。あ、途中の看板に書いてあった"Welcome to the Aizu"が嘆かわしかった。ペンキで"the"を消してあげたい。高速はいつものように単調で、運転が楽なだけが取り柄だ。

高速を走っていてお腹が空いたので、ラーメンを食べたかったのだが、丁度昼時で上河内SAの食堂は満員で座れず、諦めた。野菜炒め定食もおいしそうだったので、残念だった。日差しが強く、暑かった。

家には13時頃着いた。やはり暑い。

車の調子はすこぶる良い。エンジンはとても良く回り、良く曲がり・停まる。山道ではアドレナリン(ドーパミン?)が過剰に出るので、意識して抑えないとちょっと危険だ。累計走行距離は約32000kmになった。

約6時間, 286km。
IXY Digital 3000ISで撮影。

(17:11, 10/5 7:43 加筆・修正)

  •   0
  •   4

痔じゃなくて、新しい椅子(giroflex 68)との相性の問題である。長時間座ると尻が痛むので、慣れるのを待ったり、手持ちのテンピュールや新しいクッションを敷いてみたりしたのだが、いずれも効果がなかった。

それで、痛む原因は、最初に推測したとおり尻が前にずれるためだと考え、ずれを防止しようと、火曜日に100円ショップで台所マットの滑り止めシートを買って来て、座面に敷いてみた。実は、前の椅子の座面が滑り止めシートのような素材のメッシュだったので、そのおかげで尻がずれず、痛まなかったのではないかと思ったのだ。

IMG_2306_サイズ変更

ベージュ色のしかなかったので目立つが、効果があったら黒いのを探すつもりでいた。

それから約5日間経過したが、効果はあった。背のリクライニングを最大にしない限り、座っていて尻が痛むことはほとんどなくなった。

良かった。これで、新しい椅子を使い続けることができる。明日辺り、ホームセンターで黒いシートを買って来よう。

  •   0
  •   3

暇だし天気がいいので、JR宇都宮駅の辺りに散歩することにした。空気は涼しく、風は気持ちいいのだが、日射しはまだ強くて暑かった。

noirさんの投稿を見てどんぐりが見たくなり、途中の公園を歩きながら探したら、あった。どんぐりには、丸いくぬぎと細長い椎の2種類(実はもっと?)あるのだが、両方見つかった。実家の周りには椎のしかなくて、子どもの頃はいつも残念に思っていた。くぬぎの実で、一個だけ、まだ緑色のが落ちていて珍しかった(写真参照)。

駅の周りには、観光客や地元の人が結構居た。家の周りと違って、若い人が多く、雰囲気が違っていた。餃子の店には行列ができていた。なぜか、隣り合った2軒のうち、片方にしか行列ができていなかった。詳しくないのだが、評判の店なのだろうか。

駅の少し西には、田川が北から南に流れており、宮の橋という橋が掛かっている。実は、今日初めて歩いて渡った気がする。田川の川べりの遊歩道の手すりの柱に、先日の大雨で流れてきたと思われるごみ(草)が大量に引っ掛かっていた(写真に小さく写っている)。そこから少し西に歩いて、少し南下した後で駅に戻った。

駅の西側には、何となく雰囲気が良さそうな飲み屋が数軒あったのだが、店のある密度が低いし、家から歩いて往復するのは大変なので、実際に行くかどうかは疑問だ。そもそも一人で外で飲む習慣がない。

お腹が空いたので、吉野家で昼食にした。以前からずっと、「普通のカレー」が食べたかったのだが、吉野家にあるか分からず、しかも、店の前にメニューがなかったので、webで調べたらあった。まったくスマフォは便利だ。ベジカレーというのに目が行ったのだが、肉が載っていないようなので、牛カレー(中辛、大盛り)+サラダにした。750円。もし、ベジカレーに肉が載せられるなら、それにしたかった。

吉野家に、5-6人の男子高校生が居た。元気で騒がしかったが、羽目を外すほどではなかったので、許せた。そのうち、誰かが「※の妹」とか言ってスマフォを見せていたので、思わず見たら(今考えると、見るのは失礼だったのかも知れない…)、まるでプリクラのようにのっぺりした顔で原型(色の問題?)を留めておらず、ある意味すごいと思った。あれの何がいいのだろうか。どうやったらああいう風に撮れるのか不思議だ。そういうアプリがあるのだろうか。それを見た他の人が、「アヒル?」、「趣味悪い」などと言ってけなしていたので、知らない本人が可哀想になった。彼らが帰るのとほぼ同時に、吉野家は閑散とした。

それから、特にあてもなく駅前のヨドバシカメラにも寄ったのだが、前回(春の連休)と同様、閑散としていた。連休のせいか。全く買いたい物がないのは、幸せの証拠か。ピュアオーディオコーナーで再生されていた音はひどいものだった。騒音も多いし、あそこで試聴しても意味はないだろう。大体、今どんな構成で音を出しているかの表示すらなく、そのコーナーの存在意義がない。ブラインドテストでもしろというのかw そもそも、その近くに重低音が無駄に大きい、ホームシアターコーナーがあるのが論外だ。ただ、馬鹿高い電源ケーブルやテーブルタップやスピーカーケーブルなどのマニア向けのパーツがあったのは、「オーディオ店」としての努力は評価できる。ただ、そういう物を使っても音質が向上することはまずないことは分かっているので、買うことはないだろうし、僕は「まともな店」とは思わない。

ヨドバシの自作パソコンコーナーは駄目だ。CPU(Intel Core iシリーズ)もHDD(WDのグリーンはブルーに統合された)も一世代古かったし、置いてあるキーボード(特にメカニカルやコンパクトタイプ)の種類も少ない。もっと商品を勉強して欲しい。それでも、ケーブルなどのちょっとしたパーツを買うにはいいだろう。あ、無線LAN(150Mbps)のアダプタが750円くらいで、信じられないくらい安くて、必要もないのに買いたくなったw でも、Amazonではもっと安いのかも知れない。

ヨドバシで、おじさんが、駐車料金をタダにしたいらしく、「何か買うものないか?」のような電話をしていたが、本末転倒で思う壺だと思った。

帰路、小川にや鯉が居た。鯉は丸々と太って大きかった。意外に水に栄養が多いのだろうか。

約7.5km、約3.5時間。
Nexus 4で撮影。

(18:34 加筆・修正、22:47 吉野家の高校生の話を追記)

  •   0
  •   3