Archive for the ‘アルバム’ Category

先日、流しの水切り籠の下に置くトレイを水が流れる物に交換したのだが、水が流れず失敗した。それで、なおきさんのご助言で一旦あきらめたのだが、悪い癖が出て悪あがきをした。― 別のトレイを買ったのだ。今度は傾きがありそうな、リッチェルのにした。店には無かったので、Amazonで注文した。実物を見ずに直感で注文したので、ちょっと不安はあった。

昨日届いて早速試したら、うまく行った。水が少ない箇所では水滴になって溜まってしまうが、少なくとも、前のアスベルのよりは水が流れる。これで安心して眠れそうだw やっぱり、ギミックは重要だ。

ちなみに、傾きはアスベルの倍くらいありそうだ。それと、材質や表面の処理(アスベルはザラザラだが、これはツルツル)も関係して、水が流れやすいのかも知れない。

それにしても、一体、トレイごときにどれだけお金を掛けてるんだか。本来は、籠とセットで1000円くらいで買える物なのに、トレイだけで2000円も掛けたよ。

PS. 「ギミックは重要」と書いたが、あくまでもシンプルなものに限る。複雑なものや凝り過ぎたものは嫌だ。(10:13)

  •   0
  •   1

お盆後半は今日だけ天気が良いという予報だったので、ドライブに出た。最初は高峰高原に行こうと思っていたのだが、地図を見たら、その近くの万座ハイウェイが楽しそうだったので、万座温泉と白根山の辺りを目指すことにした。

当初は、関越の渋川伊香保まで乗り、そこから中之条、長野原を経由しようと思っていた。しかし、進むにつれて関越の高崎から先が少々渋滞していることが分かったので、経路を変更して、上信越道を碓氷軽井沢まで乗り、そこから軽井沢を抜けて鬼押ハイウェイを通って万座ハイウェイに抜けることにした。

失敗だった。。。軽井沢も鬼押ハイウェイも車が多く、ドライブが楽しいなんてことはほとんど無かった。しかも、鬼押ハイウェイにはなぜか白バイがうじゃうじゃしていて、全く気が抜けなかった。ただ、途中で休んだ店(軽井沢レイクサイドショップ)では気温が22℃で、パラソルの下に座っていると、風がとても気持ち良かった(でも、風が吹かないと蒸していた)。

軽井沢は「いかにもリゾート」だ。空気は涼しくて緑が多く、木漏れ日の道路などはいい感じだった。が、人や車が多過ぎて、あれで本当にくつろげるのかと思った。物価も高かった。リゾートには合わなそうな、世知辛い人が多そうな感じだった。例えば、セブン-イレブンの駐車場が満車で、1台出て空いたから入れようと思ってバックしていたら、横からすっと入られてしまったのだ。結構悔しかったし、危なかった。そういう輩でも軽井沢なんだなw

軽井沢の手前の電光掲示板に「万座ハイウェイ 全面通行止め」と出ていたのだが、AndroidのFirefoxでJARTICのページがうまく表示されず、また、検索してもそういう情報が出てこなかったので、何かの間違いか、期間が後なのではないだろうかと思って、そのまま進んだ。しかし、着いたらやっぱり通行止めだった。土砂崩れしているようだ。バイクの人たちが、途方に暮れていた。でも、バイクは邪魔にならないように停めて欲しい。

そこから高峰高原に行くこともできたのだが、そっちも混んでそうなことを想像したら力尽きて、帰ることにした。途中で、少し前から話題の八ツ場ダムの辺りに寄って、昼食を食べた。全然知らずに通り掛かっただけなのだが、気付いたらダムの地だった。冷たい蕎麦が食べたかったのだが、その辺りは蕎麦は名産ではないようだったので、「八ツ場タンメンセット」にした。1200円。けんちん汁にラーメンが入っている感じなのだが、麺もスープもイマイチだった。食べたらすっかり暑くなってしまった。店内はFMラジオが騒々しかった。建物は綺麗だが、一種の場末といった感じだ。

帰り道も行きと同様トイレが近く、コンビニに寄ったので、ペットボトルの飲み物が溜まってしまった。前立腺肥大なのではないかと、ちょっと心配している。

それはともかくとして、今回は思い付きで行動して調査不足だったために、不完全燃焼になってしまった。まあ、それでも車、特にエンジンは完全燃焼してたようだったから、良しとする。それにしても、あのエンジンを全開にできる日は来るのだろうか?

往復約387km、9時間。
Nexus 4で撮影(IXYも持って行ったのだが、暑くてぼーっとしていて、使うのを忘れた)。

  •   0
  •   1

新しいPWM対応のファン(LEPA BOL.QUIET LPBOL12P)が届いたので、早速交換した。

IMG_0849_サイズ変更

選ぶに当っては、音の静かさと最大風量が大きいことを重視した。相反する条件なので、なかなかいい物が無かったのだが、たまたまこれが見つかった。もう一つ、山洋電気のファンも良かったのだが、金属製で重量が重く、CPUのマウントに余計な力が加わるかも知れないので、止めた。

動作させてみたところ、通常時は全く音が聞こえず、これを選んで正解だった。ただ、何となく風が弱く、CPUがちゃんと冷えるのか、若干心配ではある。まあ、CPU温度は(ファンが停まっていた時に比べて)ちゃんと下がっている(約35-40℃)ので、問題無さそうだ。

欠点は、写真を見て分かるように、LEDが光って派手なことと、羽根も本体もプラスティック(ポリカーボネート?)で、若干ちゃちなことだが、どちらも、通常は見えないので良しとする。

PS. 風が弱く感じる原因は、静圧という、風を送り出す力が弱いからかも知れない。山洋のファンは、これの約3倍ある。でも、現実にCPUは冷えているので、問題はないと考えよう。(8/10 16:29)

  •   0
  •   0

天気予報は悪かったが、やっぱりすき焼きが食べたかったので、出掛けた。米沢駅前の、食房 杵という店だ。食べる気は満々だったのだが、高速はとにかく眠かった。気温は25℃くらいで涼しかったのだが、車内は蒸していたので、クーラーは欠かせなかった。途中でお腹が空いて、バナナや饅頭を食べたら、お腹が一杯になってしまった。那須高原SAの駐車場で、偶然、黄色のSWIFT Sportが並んだ。写真を撮りたかったが、トイレから帰って来たら居なくなっていた。

休憩を多く取ったせいか、予定より1時間遅れの、12:30頃着いた。駐車場は満車に近く、店内も結構客が多かった。一通りメニューを見た後で、米沢牛すき焼きを頼んだ。だが、前回に比べて、肉が少々水っぽく、若干硬いような気がして、まあまあだった。コストダウンしてしまったのかも知れない。でも、ご飯がものすごくおいしかったので、良しとする。お米は「どまんなか」を使っているそうだ。お腹は一杯になった。2000円。食べ終わったら、客が全然居なくなった。ピーク時間に行ったようだ。

涼しいせいか、車の調子は絶好調だった。それでも、無茶にスピードを出したりせず、法定速度前後で大人しく走って帰って来た。スピードを出さなくてもイライラせず、満足感が味わえるようになったなんて、我ながら随分進歩したと思う。

帰りは福島と栃木の県境を越える山道を走ろうかとも思ったが、雨が降り出して来たので止めた。帰路も大変眠く、一瞬意識が無くなることが何度かあって、怖かった。帰り道、栃木県内は大雨が降っていた。でも、今は止んでいる。

今回、不思議なことが二つあった。一つは、行きに米沢の近くで、ナビの残距離が数十km増えたこと。自然に直ったが、何だったんだろう。もう一つは、経路の地図画像(画面キャプチャ)が異常に暗くなったこと。画面キャプチャなのだから、露出とかはないはずなのだが、どうしてだろう? 画面が暗い状態でキャプチャしたからだろうか?

往復約428km、9時間。
Nexus 4で撮影。

  •   0
  •   1

以前から、CPUファンが回らないのに気付いていたのだが、CPU温度が低いせいだと思っていた。しかし、この暑さでもCPUファンが回っていないことに気付き、ファンが壊れているという結論になった。

そこで、暫定的に、手持ちの12cmファン(Enermaxの電源におまけで付いていたもの)に交換した。このファンはPWMに対応していないので、常時フルスピードで回るのだが、それでも音が聞こえないくらい静かだ。でも、そのうちPWM対応のファンを買って交換するつもりだ。

IMG_0845_サイズ変更

さすがに、ファンが回るとCPUの温度が10℃くらい下がる(45→36℃)。

ちなみに、壊れたファンはScythe SY1225SL12LM-P。約3年で壊れた訳だが、1日8時間動作として寿命は9000時間に及ばずといったところで、かなり短い。危うく同じものを買うところだった。。。

ファンを交換したら、なぜか、EverntGhost(リモコン用ソフト)が休止状態からの復帰後に異常終了するようになってしまった。全く訳が分からない。(8/8 19:30)

  •   0
  •   0

jが送ってくれた、奄美大島のお土産、「れんと」。懐かしい味だ。焼酎だけあってアルコールっぽいのだが、これは味や匂いが若干特徴的だ。音響熟成のせいなのか、原料の配合や醸造・蒸留過程によるものなのか。

IMG_0842_サイズ変更

クラシック音楽を聴かせて熟成させたというが、どんな曲なんだろう。僕としては、やっぱりモーツァルトのピアノ協奏曲にして欲しい。

グラスに氷を入れ過ぎて、ちょっと飲みにくい。ちなみに、今の冷蔵庫で氷を作ったのは、初めてのような気がする。水を入れ過ぎて、氷が割りにくかった。冷凍庫はもちろん空である。

関係ないが、暑い。冷房は効いていて、27.5℃なのにだ。身体が火照っているのか、壁からの輻射熱があるのかも知れない。

Thank you, j.

  •   0
  •   4

天気予報では降らないようだったので、ドライブに行きたくなった。ちょっと前に花之江の郷(栃木市都賀町)のwebを見たら、山百合や桔梗が咲いているというので、観に行った。前回もそうだったのだが、ここの看板が保護色になっているせいか、どこで入っていいのか分からず、通り過ぎてしまった(でも、ピンクとかに比べれば好ましいと思う)。

花菖蒲の時期が終わったせいか、閑散としていて、静かで良かった。ユリや桔梗は多くはなかったが、ニッコウキスゲが沢山咲いていた。やっぱり、あの色が好きだ。ニッコウキスゲは絶滅危惧種かと思い込んでいたが、いろいろな所で見るので、そうでもないようだ。蓮も少し咲いていて、綺麗だった。

蓮の池のほとりで、道を塞いで撮影の講習会か何かをやっている団体が居た。全く分かってないなあと思った。人に迷惑を掛けずに撮影するのが、最初でしょう。それから、気味の悪いカカシがあった。遠くから見ると、首吊り死体のようで不気味だった(白河フラワーワールドの人形と似ているな)。そして、帰る時に車の変わり果てた姿を見て驚いたのは、前の投稿の通り。樹液が固着して塗装が剥げたりしないか、本当に心配だった。

帰りに、栃木市の蕎庵 秀明で昼食を食べた。11:30に開くのだが、それより早く着いてしまい、(エンジンを止めて)車内で待った。禁煙なのがいい。暑いので、辛み大根おろし蕎麦を頼んだ。辛み大根は余り辛くなかった。蕎麦自体はまあまあだった。車の塗装を心配していたせいか、大盛りにするのを忘れた。でも、アスパラの天麩羅(これがとてもおいしかった)やノン・アルコール・ビールや蕎麦アイスも頼んだので、お腹は一杯になった。全部で1700円くらいだった。今度は3種盛りを食べたい。人が少ない時は雰囲気が大変いいのだが、正午近くなると、混んで騒がしくなるのが残念だった。仕方ないことだが。

往復約77km、約4.5時間。
IXY Digital 3000ISで撮影。

(17:35, 7/22 10:57 加筆)

  •   0
  •   3

ナナオから、CX241が届いた。電話での回答どおり、ファンが付いてなかったので、安心した。そして、深みのある黒は貸出機(CX240)と一緒だ。

IMG_0760_サイズ変更-1

しかし、当然ながら、今まで使っていたSX2462Wとは若干色が違う。sRGBモードだと、少し青みがかって見える。CALモードだとそんなことはないが、輝度が調整できない。

当分は、いろいろ試してみる感じだ。

このディスプレイはHDMI接続に対応しているので、前もって注文して週末に届く予定のケーブルでHDMI接続にし、サブディスプレイをDVI接続に変える。サブディスプレイは、今まではアナログRGBだった。それにしては、かなりシャープで綺麗ではあったが。

HDMIケーブルが到着したので、接続を変更した。予想通り、表示画質などに変化は無かった。サブモニタにも変化が無かったのが、結構意外だ。マザーボードとディスプレイのアナログ回路がしっかりしていたのだろうか。(7/19 11:53)

PS. 「画像 in 画像」、今度こそやろうと思っていたのですが、いざとなると面倒だし、小○方さんの真似はおもしろくないので止めましたw >> JSさん

  •   0
  •   1

このところかなり暑く、エアコンが、僕がいつも居る部屋(便宜上、「洋間」とする)の隣にあるせいか、日中はなかなか涼しくならないので、サーキュレーターとして扇風機を買った。信じられないことに、自分で扇風機を買うのは生まれて初めてだ(サーキュレーターは一度買ったが、うるさいので手放した)。風が身体に当るのが嫌いなので、学生時代は暑いのをひたすら我慢し(我ながら、良く耐えたと思う)、その後はエアコンに頼って居た。

風が身体に当たること以外に、うるさいのも嫌なので、買う時には大変迷った。運転音が表示してある物がなかなかないのだ。今回買った東芝F-LR8には表示があり、最弱で20dB程度と、静かそうだった。もう一機種(確か、「カモメファン」とかいう物)にも表示があり、やはり静かそうだったが、DCモーターを使っているなどして値段が通常の物の2倍以上し、1万円を超えていたため、東芝のにした。何でも値ごろ感は重要だと思う(趣味の物は除く)。最安の店を探して、約6300円だった。

IMG_0751_サイズ変更-1

昨夜届き、早速使っている。効果はある。エアコンのある部屋と洋間の気温差が、ほとんどなくなった。差は0.5℃未満で、温度計の誤差程度である。音は、最弱や「弱」なら、ほとんど聞こえない(エアコンの風の方がうるさい)。「中」では少しうるさい。なので、いつもは「弱」で使っている。設置の時、風が身体に当らないように調整するのが、若干大変だった。

いやあ、扇風機も意外に進歩したものだ(特に運転音)。そして、冬も役に立てばいいと思う。

PS. 更に、部屋を区切る引き戸が外せることが分かり(今まではネジを調整しないと無理だと思っていた)、外したら風通しが大変良くなり、開放感も出て満足している。が、もしかしたら、扇風機は不要だったかも知れない。(7/16 7:54)

  •   0
  •   1

10年前の今日の今頃、gooでブログを始めた。おそらく、jと飲んだ後に(飲んでいる時に話題に出たのに触発されて)勢いで作ったのだと思う。今は5年以上過去のエントリは非公開にしているのですが、特別に、最初のエントリのスナップショットをお見せします。

first-blog-1

概要を書くと、以下のようなものだ。

  • アルバム代わりにするために作った。
  • その日、アニメ「さすがの猿飛」のDVDボックスが届いた(値段は忘れたが、高かった)。

最初は自分のアルバムにしたかったようだ。なので、他の、読んでくれる方との交流は余り期待していなかったようだ。それが、gooに若干の不満があって、次の日exciteに移ったことで、変わったのだ。

gooやexicteのコメントは取り込んでいないので、いつだったかは分からないが(別のコピーを探せば分かるが、そこまではしない)、ある方(Rさんとする)がコメントを書いてくれて、その方のブログ(大分間が開いているようだが、今もある!)に行ったことや、「猫」などで検索したことがきっかけで、当時からのブログ仲間ができたように思う。

残念なことに、理由は良く分からないが、Rさんには嫌われたようなので、今は付き合いがない。他の仲間もブログを止めたり休んだりして、減ってしまった。一人、kick outした人も居た。彼は学生時代からの友人なので、相変わらず友達付き合いをしているのだが、このブログのことが話に出ないのが、ちょっと不自然ではある。そして、もう許してもいいのだが、こちらからは言い出せない。そういう性格なので。。。

それはともかくとして、もう、ブログは終わりつつあるメディアだ(でも、紙に書く文芸に比べれば、ずっと先はあるだろう、と思ったが、そうでも無いな)。それでも、僕は続けるつもりだ。この先どういう方向に行くか全く考えはなく、相変わらず、その時思ったことや気が向いたことを書いて行くだけのような気がするが、読んでコメントして下さったり、「いいね」/「そうね」を押して下さる方が居る限り、続けたいと思う。もし、ブログを超える新しいメディアが出来たら、乗り換えるかも知れない。それは、少なくとも、SNSとは違う、何かは分からない物だ。

という訳で、これからも、どうぞよろしくお願いします。

  •   1
  •   1