Archive for the ‘アルバム’ Category

近頃、ちょっと思い立って、子どもの頃のアルバムのデジタル化を進めている。デジタル化した後で捨ててしまうつもりは毛頭ないが、そうしておけば、それ以上劣化しないとか、手軽に見られるとか、災害があっても残る可能性があるからだと思う(明確な理由は分からない。単に気が向いた程度だろう)。

実際、写真は劣化するようで、幼稚園の頃の一枚の表面に白い粉が付いていたので、埃だと思って拭いたら、画像が粉になって取れて、(白黒なので)コントラストが薄くなってしまった。それ以外の写真は概ね問題ない(といっても、自然な劣化や汚れはある)が、やっぱりいつかは駄目になるものだと思った。

意外なのは、写真の角を留めるフィルム製の三角形のシールが、まだまともに機能している(フィルムが破れておらず弾性を保っているし、剥がれてもいない)ことだ。50年前後も持っているのだ。昔の物は品質が良かったのだろう。逆に、「フエルアルバム」(と類似品)は良くないと思った。表面のフィルムはまだいいとしても、台紙の糊が良くない。写真が剥がれにくくなり、剥がすと写真の紙も少し剥がれてしまうのだ。

近頃は、アルバムを送ると、ページ全体をスキャンして、そこから写真を一枚ずつ切り出してくれるサービスがあるので、とても楽だ。いろいろな観点で業者を比較して、お試しサービスを使ってみて、今日、スキャンしてもらう物の準備をして、発送した。今回は、スマイル・シェアリングという会社にした。写真10枚までのお試しコースが無料でやってもらえるので、安心できた。

送ったアルバムは、全部で5冊になった。その中で、生まれた直後から幼稚園の頃までの写真が入っている、「寿」という金色の字が貼られたアルバムは、僕には鬼門だ。小学生の頃、それを見ていたら、涙が出てしまった。今日もやっぱり駄目だった。。。

小学生の頃は、以前書いたように、生活の環境がかなり変わってしまったので、「昔に戻りたい/昔は良かったのに」という気持ちだったと思う。今日も、そういう気持ちもあるにはあるが、それよりも、親、特に母の喜びや苦労が少し分かったような気がして、泣けてしまった。

僕は、いつも偉そうなことを言ったり書いたりしてはいるが、母たちは初めての子育てで大変だったんだろうと思った。それには感謝するしかない。まったくずるい。。。

IMG_2736-1a_サイズ変更

にじ (4歳の頃 (1968/7))

PS. 母は昔は几帳面だったようで、アルバムのほとんどの写真の脇には撮影した日付が書いてある。今はデジカメだから日付なんて勝手に記録されるが、あの頃の写真の日付が分かるのは、ありがたいと思った。

  •   0
  •   1

「連休の締めはやっぱりドライブだろう」と思い、昨日から行先を考えていた。最初は、「久しぶりに米沢にすき焼きを食べに行こう」と思ったのだが、暑いのと、ちょっと遠いのと、帰りの高速が混みそうなので、少し近い、福島の下郷から羽鳥湖へ一般道で往復するつもりでいた。

でも、寝ながら、「一般道で羽鳥湖に行っても、いつものようにただ走るだけでは面白くないし、疲れるだけかなあ」と思い、やっぱりすき焼きにした。ただ、いつも行っている新杵屋は、前回ちょっと質が落ちた気がしたので、別のところを探してみた。地図を見ていたら、丁度、「米沢牛亭ぐっど」という店が出ていたので候補にした。他にもちょっと調べて、「まるぶん」と「鷹山公」を候補にした。調べると、ぐっどは未経産牛を使っているので、肉が柔らかいそうだ。それで、最初にぐっどに行き、混んでいたら、まるぶん、鷹山公、新杵屋の順に試すことにした。

それから、7時頃になって急に、近頃のドライブで道ばたに咲いていた藤の花が綺麗だったので、帰りに藤も観ようと思って調べたのだが、米沢付近には名所がないようなので、米沢に比較的近い伊達市(福島県)の二野袋公園に寄ることにした。

いつものように7:30頃出発した。道は空いてて気持ち良く、天気も良かった。9時頃、鏡石PAに着いた。いつものように、段々眠くなって来た。道ばたの藤が綺麗だった。風がとても強い。気温は19°Cと涼しいが、日射しが強いので車内は暑い。この頃に掛かった、Pink Floydの"Money"が良かった。

10:40頃、いつも寄っている刈安ステーションに着いた。ここまで来ると、「あと少し」という感じでほっとするのだ。すごくいい天気。気温は16℃で、外はとても涼しい。

ここで、前回同様、ナビがちょっとおかしくなった。刈安ステーションに入った時は残距離が9kmだったのに、出たら30kmに増えたのだ。すごい謎だ。そういえば、出発直後も、いつものスマートインターチェンジから東北道に入るルートを出さず、ずっと入口を修正せずに頑固だった。ナビの学習がおかしくなったのか。

11時頃、お店に到着した。丁度、開店時刻だ。駐車場は空いていた。お腹も空いていた。お客はまだ僕一人だけだった。高い単品(4千~7千円)にするか、安い定食にするか迷ったが、(単品だったら中途半端なものでなく、高級なものを食べたい気がするが、今はそこまでの気分ではないので、)すき焼き定食とキリンフリーにした。サラダは食べられるか分からなかったので、止めた。約2500円。コーヒーが一杯無料だった。始めに出てきたお茶は、やけに甘かった。

涼しかったので、すき焼きで丁度いいと思っていたが、食べたら暑くなった。味はまあまあだった。新杵屋の方が肉が柔らかいかも知れない。煮すぎて硬くなっているのかも知れない(厨房で煮たのが、固形燃料のコンロで熱せられていた)。これでは、未経産牛の意味がない気がした。単品のすき焼きでないと真価は分からないのかも知れない。だけど、安い定食だからといって、煮過ぎたら硬くなるってことが分からない/気にしないようじゃ、論外なのではないか? 穿った見方をすれば、あえて硬くして肉質を誤魔化しているとも考えられる。(→ 食べログに定食の感想あり。また、未経産牛も普通とのことで、がっかり。)

店内には、杉田二郎、ばんばひろふみ、西村和彦、「堺正章の元妻」他のサインがあった。みんな、ちょっと微妙だw ハンバーグ定食を頼む、奇特な客が来た。もちろん自由だけど。

11:40頃、藤を観に出発した。店の滞在時間は40分程度と短かった。

行きも帰りも国道13号はのどかだった。制限速度が律儀に50km/hなのが、挑戦者(?)の栃木(広い道は結構60km/hになっているし、80km/hの道さえある)とは違う気がした。二野袋公園までは意外に遠く、50kmくらいあったのが結構辛かった。

走っていたら、すき焼きの後味が悪かったのが残念だ。割り下もイマイチだったようだ。次回は別の店に挑戦しよう。この頃に掛かった、Wingsの"Listen to what the man said"が良かった。森高の"Get smile"も良かった。公園の辺りは粟野という地区らしいのだが、実家のある市にも粟野という地区(ガッツ石松の出身地)があるので、親近感が湧いた。

13時頃、二野袋公園に到着したのだが、一見してしょぼい雰囲気が漂っていた。駐車スペースの奥行は狭かったが、僕の車は短いので、ギリギリ縦に停められた。ガラガラなのでその必要はなかったし、その先は畑で通過する車もないから、はみ出ても良かったのだがw 残念ながら、藤は少ない上に終わり掛けだったので、15分くらい観れば充分で、帰ることにした。

帰りもやっぱりナビが変で、最寄りのインターチェンジ(国見か福島飯坂)に向かわず、しばらく一般道(4号)を南下するルートになった。あの辺りには何かあるのだろうか?

帰路は、すごく眠くなった。しかも、エアコンが壊れているかと思うほど、暑かった。でも、安積PAで日蔭のベンチに座って休んでいたら、風がとても涼しくて気持ち良かった。ただ、喫煙所の手前からタバコに火を点ける輩が居たのが嫌だった。子どもじゃないんだから、喫煙所までの数mくらいは我慢しようよ。やっぱり駄目だねえ、日本は。。。

矢板の辺りから車が増えたが、まだ渋滞はしなかった。連休なので、(往復共に)いろいろな駄目車が居た。大体、追い越し車線から左に入るのが早過ぎる。あと、後ろから迫って来て煽っているようだから、避けて後についていくと遅くなるとか、前を見ずに無駄に速く走るとか、左右に車線変更しまくりで命が要らなそうなバイクの連中とか。それから、法的にはヘルメット不要な3輪車で、本当にヘルメットを被らずに高速を走っていたおじさんは、すごい。命が惜しくないのか。まさか、あれを危険だと思っていないのか。子どもじゃ(以下略)。

東北道を降りてからの道は米沢同様のどかで、「宇都宮もいいじゃん」と思った。この辺りでは、松田聖子の「チェリーブラッサム」が良かった(今も聴き返して乗っている)。数日前に入れたばかりのガソリンがもうなくなったので、明日からのために入れたら、燃費は18.8km/lだった。多少の誤差はあるだろうが、なかなかすごい。

17時頃、帰宅した。暑かったのは、シャツが厚手だったからか、熱っぽい(近頃ずっと、体温が37℃辺り)せいだったのかも知れない。暑いので、今夜は「薄いビール」ハイネケンを飲んでいる。

どうしてか、僕は山形、特に米沢、が好きなのだが、米沢は東北道を降りてからが長い(約30km)のが辛い。でも、東北中央自動車道(福島-米沢)が13号の脇に建設中のようなので、開通すればかなり楽になりそうだ。→ 調べたら、来年度に開通するようだ。今日見た感じではあと5年くらいかかりそうだったが。。。

(「ちょっと」という題なのに、長時間のドライブだったせいか、文章が長くなってしまった)

約460km、約9時間。
IXY Digital 3000ISとiPhone 6s(ナビ画面、ぐっど、郵便局、安積PA)で撮影。

(5/9 4:36, 5:36, 6:40, 7:18 若干加筆・修正, 5/9 19:53 食べログへのリンクを追加)

  •   0
  •   2

本来、今日は雑事をするつもりだったのだが、なぜか、昨夜母に「(今日は)ドライブする」と言ったので、天気もいいし、明日の仕事の憂さを紛らわすのにもいいかと思って、茨城県の適当な所を探した。最初は、ちょっと前に目を付けた、ふれあいの里公園(境町)を考えていたのだが、何となく面白みに欠けていそうだったので、笠間市のここにした。

7時頃出て、8:30頃着いた。道は結構空いていて、時々遅い車は居たものの、気持ち良く休まずに行けた。いい天気だ。

公園には、手前の小山の上に愛宕神社、駐車場、奥に休憩所、更に奥の丘の上にロッジがある。駐車場は空いていた。日射しが強過ぎたせいか、見晴らしはそれ程良くなかった。神社の参道は、風が涼しくて気持ち良かった。桜の木が多いようだが、既に散っていた(落ちた花びらは残っていた)。つつじが綺麗だった。椿の花がまだ少し咲いていた。

9:30頃、帰路に就いた。車内は暑くなっていた。帰りも、遅い車が時々居たものの、気持ち良く走れた。田植えの時期だ。

12時頃帰宅した。暑かったけど、気持ち良かった。行きは森高の「青春」が、帰りはQueenの"Play the game"が良かった。途中でガソリンを入れたのだが、何度か遠出をしたせいか、燃費は14.7km/lと良かった。母は軽自動車なのに、10km/lくらいだそうなので、どういう訳か完全に勝っている。まあ、母は「燃費ってどうやって計算するの?」とか言っているので、実際には母の車はもっといいのかも知れない。

約4.7時間、約136km。
IXY Digital 3000ISで撮影。

  •   0
  •   0

暇なので山吹でも観ようかと、結構前から目を付けていた、越生の山吹の里歴史公園に行くことにした。実際には、何となくだるいし(ちなみに、昨日は同窓会の余韻?で一日ぐったりしていた)、連休で混みそうだから、直前まで行くかどうか迷っていた。でも、天気は良さそうだし、上りは混まない気がしたので、行くことにした。

7:30頃出る予定だったが、また洗濯をしていたので、8時頃出た。予想どおり、道は空いていて、9時頃、菖蒲PAに着いた。この辺りから暑くなって来た。高速は車が多かったが、渋滞はなさそうな感じだった。ちなみに、東北道の下り線はかなり混んでいた。

売店のレジのお姉さんがカードケースにnanacoを入れていたので、使えるのかと思って聞いたら使えないというフェイントがあった。あれは実はwaonだったのか?

途中に、子どもの頃から気になっていた町を通過した。小学校のスポーツ少年団の剣道部が全国大会に出るのに日本武道館に行った(僕は見学だった)のだが、入場の時に掲示する、プラカードに書かれた校名の文字が違っているという珍事があった。どうしてかというと、今日通過した、別な町の始めの数文字が僕の小学校の名前と読みが同じだったからのようだ。だけど、学校名をカナだけで送ったのだろうか。今思うと何ともずさんで、あり得ない気がする。

10時頃着いた。看板などの目印がなく、分かりにくかった。駐車場も、入口が狭くて入りにくく、停める所も少なく、やる気のなさが伝わって来た。「山吹の 歴史公園」という割には、それらしいものは水車小屋(フェイク)と説明板くらいしかなかった。前の道が渋滞していたのだが、この先の五大尊つつじ公園に行く車だったようだ。

「満開の山吹」を想像していたのだが、残念ながら、もう終わり掛けていた。つつじもだ。埼玉は暖かいからかも知れない。

山に登る坂が急で息が切れた。登ってみると、上には特に何もなく、結構がっかりした。。。でも、風が涼しくて気持ち良かった。

11時頃、帰路に就いた。昼食にまぁちゃん拉麺(鶴ヶ島市)で茶ラーメンを食べようと思っていたのだが、暑いので止めた。

東北道の下りは渋滞していたので、圏央道で幸手まで行ってから一般道(国道4号バイパス)にしたのだが、こっちも混んでいた。バイパスでない国道4号も混んでいた。仕方ないので、渡良瀬遊水地の西辺を北上して、栃木市経由にした。が、こっちも混んでいた。やっぱり、連休はどこに行くのも混むのだ。

それでも、藤岡の先からは空いてきた。が、栃木市辺りですごく遅い車がいてイライラしたので、横に逸れた。14時頃、鹿沼市のデニーズで昼食にした。冷麺風カッペリーニとかいう涼しそうな麺と小さいカルビ丼と、サラダ・ドリンクのセットにした。疲れていたせいか、nanacoを使わずに現金で払ってしまった。約1500円。料理を待っている時に窓から外を見たら、信号待ちの女子高校生が数人居て、母校の制服が懐かしかった。でも、黒い冬服で暑そうだった。

16:30頃、帰宅した。暑かった。混んでいたので疲れた。連休のせいか、マナーの悪い車も結構居た。でも、僕も、片側3車線の道で信号の手前で左車線から右折レーンに入ってしまった。今日はSWIFT Sportを3台以上見た。いつものように、僕の車は快調だった。行きに掛かった、"The long and winding road"が良かった。この曲は近頃好きになって来た。それから、毎度おなじみELOの"Confusion"も良かった。この曲は中学生の時から好きだ。

約275km、約8.5時間。
IXY Digital 3000ISで撮影。
TraceMyTrackで経路を記録。
  •   0
  •   0

天気予報が「雨のち曇り」とかで余り良くなかったので、行くか迷ったのだが、とりあえず、GPSロガーアプリ(TraceMyTrack)の最終的な評価をしたかったので、行くことにした。場所も、水仙(水上、那須など)、山吹(生越)、まぁちゃんラーメン(埼玉)で迷ったのだが、どこもピンと来ず、落ち着く気がしたので、上三依水生植物園にした。ここには何度も行っているのだが、調べたらほぼ2年ぶりのようだ。

7:30頃出るつもりだったのだが、着替えをする時に、シャツの残り(明日からの分)がないことに気付いて洗濯を始めたので、出たのは8時頃だった。

9時ちょっと過ぎに道の駅 那須塩原に着いた。国道4号は少し混んでいたが、途中で逸れた県道は空いていた。途中で少し雨が降ったが、曇りになっていた。小腹が空いたので、地元のクッキー(コンビニがないので、こういうものがせいぜいだった)と缶コーヒーにした。残念ながら、クッキーは湿気た味がした。温かいコーヒーにしたせいか、エアコンを点けても暑かった。あと、標高のせいか、耳がおかしくなった。

10時頃、到着した。塩原の辺りに遅い車が居たが、途中から道がガラガラになって気持ち良かった。駐車場もガラガラだった。空は晴れ、涼しい空気が気持ち良かった。

まだ時季ではなかったようで、花は少なかった。でも、人が少なくて、静かで良かった。池にはウシガエル(と思う)が何匹も居て、ゲロゲロ鳴いていた。ただ、近づくと隠れてしまう。ところで、蛙は水中でも鳴けるのか?

今回は、水仙や水芭蕉などの白い花が良かった。あと、カタクリも綺麗だった。もちろん、黄色い花もいろいろ咲いていて、良かった。

11時ちょっと前に見終わった。お腹が空いたので、隣の蕎麦屋で昼食にしようと思っていたのだが、まだ営業期間外のようで、閉っていたのが残念だった。さっきのクッキーを食べて我慢して、帰路に就いた。国道121号線は、藤原辺りまでは前に全然車が居なくて、すごく快適だった。いつものように、車はすこぶる快調だった。

13:30頃、帰宅した。途中でスーパーに寄ったのだが、渋滞した道路に出た時に、列が思いの外進まず、僕の車が自転車の通る部分も塞いだために、一人の自転車の方を長く待たせてしまって、大変申し訳なかった。でも、歩道を走れば抜けられたと思うのだが、気長な方だったのだろうか。

雨のち曇りの予報だったが、とても暑い。でも、室温は22.7℃、気温は19.2℃で、暑くない温度だ。確かに、落ち着いたら涼しくなった。

約5.5時間、146km。
IXY Digital 3000ISとiPhone 6s(牛とクッキー)で撮影。

TraceMyTrackは、経路の記録は申し分なく、電池消費率は3.6%/時で、少ないとは言えないが、他のアプリ(5%/時前後がザラ)に比べて悪くない。記録間隔は3分/点だった。ここが不思議なところで、設定では"10-20分"にしてあるのに、なぜか3分間隔になる。5分以上でいろいろ試したが、設定を変えても変わらない。そして、3分間隔でGPSを動かしたら電池消費が激しいはずなのに(他のアプリは、5分間隔で5%/時前後)、そうでもない(今回に限らず、ずっとそうだった)。TraceMyTrackに何か秘密があるのか、バグなのか。今後も使い続けたいので、バグだとしても、ずっと直さないで欲しい。

あ、もしかして、GPSの位置取得間隔が長くても、電気を食うのだろうか? 長いと、一旦GPSを停め、次回に再度起動するから、電気を食ってしまうのかも知れない。うーん、余計なことを思い付いてしまったかも。。。

myTracksで2分間隔(3分はなし)で試したら、電池消費率は5.6%/時で駄目だった。なので、TraceMyTrackに決定だ。なお、Photo Log Mapというアプリも試したのだが、出発と終了の2点しか記録しなかったのに電池を約5%/時も食っていたので、全く話にならなかった。それにしても、3分間隔でGPSを記録するのがいいのか、TraceMyTrackに省電力の秘密があるのか、ちょっと気になる。(4/25 19:30)

その後、TraceMyTrackが更新されて改悪されてしまった。経路の記録条件がカスタマイズできなくなり、電池消費が増えてしまった。1時間程度の散歩をプロファイル3で記録した場合、電池消費率は7.7%/時にもなった。次回、最も消費しないプロファイル5や4を試してみるが、余り期待できない気がする。全く残念だ。(7/17 9:03)

PS. 蛙は、ウシガエルではないようだ。調べても良く分からないのだが、ヒキガエルかツチガエルの可能性が高い。(17:46)

PS2. TraceMyTrackで記録が3分間隔になる件を開発者に問い合わせたところ、古いiOS(7,8)のための対処(work around)によるものだとのこと。夏頃に更新版が出るらしい。そうすると、LogLocationsがiOS9でちゃんと動かなくなったのも、iOSを更新したせいかも知れない。また、2つの記録間隔設定は、想像通り、移動速度によって2つの間で変化させているとのこと。(4/29 17:01)

(19:05 加筆・修正, 4/25 6:46 誤字修正, 7/17 9:03 TraceMyTrackについて更新)

  •   0
  •   1

昨夜、執念で見つけたGPSロガーアプリTraceMyTrackを試しに、古河総合公園へ行った。天気予報は雨だったが、アプリを試すだけでもいいと思って行くことにした。他にはデニーズ佐野店(和食が食べられる)という案もあったのだが、蕎麦やてんぷらには期待できないし、早くドライブに出たかったので却下した。あと、茶ラーメンが食べられる、埼玉のまぁちゃんラーメンにも行きたいのだが、雨と強風の予報なので止めた。

7:30頃出た。道はとても空いていて、8:40頃着いた。雨は途中でちょっと降った程度だったが、風が強かった。園内は広々としていて、花も結構咲いていて気持ち良かった。小川には鴨が居た。

帰路は風がとても強くなり、雨も降ったり止んだりしていた。途中で掛かった、森高の「休みの午後」が良かった。落ち着いた曲だが、途中からノリが良くなるのが好きだ(このビデオの森高が可愛いいので、2回観てしまった。1995年か。。。)。道の駅 二宮に寄ったのだが、前回同様、なぜか駐車場が混んでいた。道の真ん中の安全地帯(斜線の部分)に停めている車も数台居て、民度の低さを思い知った(これについては、後で、思うところを書きたい)。そこで昼ご飯にタンメンを食べた。小さな蒲鉾を除いて、色がほとんどベージュ一色で寂しかったが、味はまあまあだった。風と湿気で髪がボサボサになってしまった。12:30頃、帰宅した。

TraceMyTrackについてだが、往路では、「大きな位置変化」で記録する設定にしたのだが、LogLocationsと同様、全然位置が記録されておらず、がっかりした。それで、GPSを使う設定にしたところ、電池消費が激しかった(8.2%/時)ので、記録間隔を長くした(元は1分と10分)。それでも電池消費が激しかったので設定を確認したら、記録間隔が変わっていなかった。2つの"Save"ボタンを押す必要があったようだ。帰路では、再度、6分と15分にした。この二つの違いは良く分からないが、静止状態の時は後者になるのではないかと思っている。

結局、電池消費率は、他のいくつかのアプリと同様、約4.7%/時だった。記録間隔が同じなら、(駄目なアプリでない限り、)大体同じ消費率のようだ。このアプリは記録間隔が幅広く調整できるので、次回は8分と15分にして試してみたい。

約140km, 約6時間。
iPhone 6sで撮影。

(14:39 少し加筆)

  •   0
  •   0

いつもの蕎麦屋からの帰り道、向こうの方から子どもの声らしきものが聞こえると思っていたら、茶トラの猫が生垣の隙間から顔を出して、しきりにニャーニャー鳴いていた。いい天気なので、気持ち良くなったのかも知れない。

親しくなりたかったのだが、「どうせ、近づいたら逃げるんだろう」と諦めていたら、陽気のせいで開放的になったのか人懐こいのか、逃げずにこっちに歩いて来た。触ることすらできた。

久しぶりだったので、5分くらい撫でていた。陽光で暖まった毛皮の手触りが良かった。身体はスリムだった。毛並は良かったが、野良なので少し汚れている箇所があった。頻繁に動く(僕の周りを回りながら、脚に身体を擦り付けて来た)ので、残念ながら顔は撮れなかった。

道端にはタンポポや菜の花が咲いていたし、桜もまだ残っていた。

(iPhone 6sで撮影)

  •   0
  •   1

今日の暇つぶしは、画像検索をしていた。最初は「車 チューニング 馬鹿」とか「ヤバイ 車」とかで「DQNども!」と喜んでいたのだが、話し方がちょっと鬱陶しい人が居るので「うざい」で検索してみたら、おもしろい結果が得られた。

うざい

右上と左下が傑作だ。一目でどうしてか分かった人はすごいと思う(分かったら下へ)。

 

Googleは画像内の文字を認識しているのか、単にページ内のキャプションを読んでいるのか? 後者にしたって、「おそうざい」はいいとして、「殺ちゅう剤」が「うざい」になるのには感心する。ちゃんと漢字が読めるようだ。

  •   0
  •   1

近頃、出掛けるのが(それどころか、何をするのも)億劫ではあるのだが、春になったので、そろそろドライブに行きたくなった。先週、タイヤをノーマルに入れ替えたので、山道を走りたくなって、去年の年末に行った花貫ダムに再び行ってみた。ただ、なぜか、黄色い車を横に倒して(立てて)停めている(というか、車が横転している)夢を見たので、ちょっと不吉だったのだが、気を付ければ大丈夫だと思った。

今日のもう一つの目的は、以前から決着が付かない、iPhoneのGPSロガーアプリの評価だ。今日はGeographicaを試した。

7時頃出た。道はガラガラではないが、車が少ないので走りやすかった。8時頃、道の駅 馬頭に着いた。トイレの天井付近に燕が巣を作っていて、鳴き声が聞こえた。この頃から、車内が暑くなって来た。

ここで既に、Geographicaが意外に電池を食うことが分かった。通勤の時は5%/時以下だったのに、今日は7%/時くらい食っている。駄目な予感がするが、今日は通して使ってみることにした。

途中に思わぬ落とし穴があった。前回は「R461は最高」と書いたのだが、なぜか、途中がかなり狭くなっていた。ここは結構前に諦めて引き返したところだ。ほんの数kmなのだが、嫌なものは嫌だ。それで、引き返して県道22号に迂回した(経路の、盲腸のような箇所)。前回はどうしたのか記憶がないのだが、前回の経路を見ると、意図したのかどうかは不明だが、県道22号を通っていたようだ。今回はルートをナビ任せにしたので、細道に行ってしまったようだ。

国道461号が気持ちいいのは、常陸太田市の里美から高萩市までの区間だ。今日も気持ち良く走れたが、結構頑張ってもバイクには敵わなかった(頑張り過ぎると悪夢が現実になってしまうので、程々にした)。

10時頃、着いた。今日は駐車場が空いていて、ちゃんと停められた。大型バイクのおじさん(60代?)がくつろいで居た(2枚目の写真に写っている)。少しして、大きなバイクがもう一台来た。同年代だからなのか、二人で話し込んでいた。もしかしたら、一緒に走っていたのかも知れない。

帰路は、行くときに見つけた、ダムの近くから南下する広域農道を通ってみたのだが、道が広くて走りやすかった。次回はこっちを通りたい。前に居たプリウスとエクストレイルがかなりスピードを出していたが、僕はR461で満足していたし、頑張ると危険なスピードになる上に、抜くのは不可能そうだったので、気楽に走った。

12時頃、道の駅 もてぎに寄ったのだが、なぜか駐車場が満車だったので、近くのセブン・イレブンに寄った。

往路も帰路も、道端の桜、桃?(実際には桃色の桜かも)はもちろん、菜の花、水仙、たんぽぽ、山吹?などの黄色い花が綺麗だった。他にチューリップも。交通安全週間なので、平地はのんびり走った。それでも全然イライラしない。さすがに、前に遅すぎる車が居る時は別だが。

途中の交差点で、僕の左にAMG、右にBMWのMが並んだ。AMGは意外におとなしい運転で、好感が持てた。Mは右折したので、分からない。僕はもちろん、BTTF(1だったか3だったか)のようにアクセルを吹かして煽ったり、バックで急発進したりはしなかったw

13:30頃帰宅した。気持ち良かったが、久しぶりだったせいか少し疲れた。太腿とふくらはぎがちょっと痛い。あと、毎年のことだが、タイヤを入れ替えた後は走行音が大きく聞こえていたのだが、慣れたのか、帰って来る頃には気にならなくなった。帰路で掛かった"Bohemian rhapsody"のノリが良かった。帰ってからもう一回聴いた。

なお、Geographicaの電池消費率は6.8%/時と、かなり大きかった。これでは使い物にならない。それで、次回以降のドライブで、myTracks(100m, 5分間隔で記録)、FieldAccess 2、僕の来た道を試すことにした。ところで、Geographicaにとてもがっかりして速攻でアプリを削除してしまったので、GPXファイルをエクスポートするのを忘れ、経路が分かりにくい画像しか残っていないのは失敗した。

215km、約6.5時間。
IXY Digital 3000ISとiPhone 6s(燕)で撮影。

  •   0
  •   0

昨夜、久しぶりに大学時代の友人AとTと飲んだ。調べたら、1年ぶりだった。前回と同様、彼らとの心理的な距離感は縮まらなかった。まあ、仕方ないのだろう。

ちょっと嫌だったのは、何となく自己顕示欲あるいは勝ち組意識が強い(と感じる)Tが、「(いいことが多いから)パートナーを持つべきだ」とかしきりに言っていたことだ。それは、まあ間違っていないだろうが、単なる自慢に聞こえる。金持ちが「お金は持つべきですよ」と言うのと五十歩百歩で、鼻白む。それに、一人で生きることを選んでいるのだから、それをいかにも普通でないとか可哀想とかいう目で見るのは偏見だ。

それから、お互いに酔っていたせいか、僕の言ったことの意味が変に誤解され、何度真意を説明しても理解されず、腹立たしかったこともある。話でも文章でも、意図を理解してくれない相手というのは結構居る。その人と背景が違うからなのかも知れない。

そういうちょっとした反感もあったが、全体的には楽しかった。18時頃から飲み始めて、いつの間にか23時を過ぎていた。驚いたことに、代金は一人一万円以上になった。酔っていたせいもあるが、会計の紙に、(合計額を3で割った額が)"13000"と書いてあったので、一人1300円かと思ってしまった。別に高くてもいいけど、それほどまで価値のある店とは思えなかった。

今回はホテルが意外に良かった。五反田のアリエッタという所に泊まったのだが、最初はいろいろな欠点が目について、「これはダメだ」と思っていた。が、時間が経つにつれていろいろ分かって、結構いい印象になった。

  • バスタオルがなかった。 → 分かりづらいところ(棚の上)にあった。
  • 部屋にお茶などのティーバックがなかった。 → 自販機コーナーに給茶機(無料)があった(ただ、味はそれ程良くない)。
  • シャワーの水栓はサーモスタット付きで、(良くある、HとCの独立水栓でないので)温度調整が簡単で良かった。
  • 朝食はパンと飲み物だけのように書いてあったが、実際にはサラダもあった。しかも、食べる場所(ロビー)は混んでなかった。
  • 珍しく、床がちゃんとしたフローリング(単独の細い板が並べられている)だった。

ただ、なぜか時計はなかった。でも、いつもホテルのは使わず、自分で目覚ましを持って行くので、問題なかった。

二日酔いはしなかったが、昼近くまで胸やけがした。東京駅のホームの階段の手前で、転んだのか、顔から出血している女性が居て、駅員に介抱されていた。新幹線では、行きも帰りも空いていたのに、なぜか隣が埋まって居た。「2人掛けの通路側(D席)」を選択すると、こうなってしまうのだろうか。次回はC席(3人掛けの通路側)にしてみようか。

宇都宮駅に着いたらお腹が空いたので、吉野家に行った。でも、食べたかったベジカレーは終わっていたので、トマト牛鍋の大盛りにした。結構おいしかったが、トマトは付け足し的で、余り意味がない感じだ。満腹になった。珍しく、バスの時間が丁度良かった。バスの運転手は、挨拶をしない無愛想な人だった。

人が多くて賑やかな都内は刺激的で、たまに行くのは楽しい。が、基本的には、宇都宮のような人の少ない街の方が、落ち着いて好きだ。

iPhone 6sで撮影。
Movesで経路を記録。

PS. その他の雑記 (19:37)

  • 行きの新幹線で、テクニクス("Technichs")のショルダーバッグの人が居た。いつの物だろうか?
  • 同じく、行きの新幹線の窓から以前住んでいた戸田公園の建物が見えて、懐かしかった。
  • 恵比寿で、ウコンを飲む若い女性。
  • 行き帰りの道端に、水仙や梅が咲いていた。春は近い感じだ。
  •   0
  •   1

久しぶりにドライブをした。今回は、少し前に地図で見た、つくば市の「豊郷ゆかりの森」に行ってから、筑波山を軽く走って帰って来ることにした。

朝8時頃出た。昨日の雨のせいか、しばらく霧が出ていた。道は空いていて気持ち良かった。9時頃、道の駅しもつまで小休止したのだが、隣のS660のオヤジ(といっても僕と同年代か)が車の横で煙草を吸っていたので、車内まで臭くなってしまった。携帯灰皿を持っているだけまともだが、喫煙所があるんだから、そこで吸って欲しい。

9:40頃、豊郷ゆかりの森に着いた。が、とてもしょぼい。山奥ではないのに、道路は細く、駐車場は舗装されてなくて泥になっていて、案内板を見てもトイレの場所がはっきりせず、不親切だった。少しうろうろしたが、トイレの場所が全く分からない(マークが全くなかった)ので、速攻で筑波山へ行くことにした。

パープルラインという道で登ろうと、あらかじめ地図で調べた「茨城県立中央青年の家」に向かったのだが、青年の家から先が細いダートになっていた。。。ナビで見ると、パープルライン(らしき道)まで数百mなので、途中まで頑張ったのだが、砂利すらなくなって土(泥)の道になっていたので、立ち往生するのが嫌で諦めた。11時頃だった。

(補足: この地図を見たら、誰だって、パープルライン(県道236号)へは青年の家の前を通って行くと思うでしょう。ところが、ストリートビューを見ると愕然とします。実際には、その西の大志戸の辺りで東に曲がって、ホテルいやしの里の横から入るのです。最初に見ておけば良かったです。。。)

引き返して、本来のパープルラインの入口に向かったのだが、トンネルが出来ていて、入口(の下)を通過してしまった。。。トンネルを抜けたところに、筑波山方面(=パープルライン?)に行ける道があったのだが、途中からとても細くなっていたので、引き返した。この迷走は、経路図の下側右端辺りの、線がぐちゃぐちゃになっている所だ。

「もう帰るか」と諦め気分で引き返して、さっきのトンネルを抜けたら、なんと標識があって、ようやく本当のパープルラインの入口に行けた。暴走族対策で、入ってしばらくはカーブに凸凹が付いていたので、「仕方ないな」と思った。が、そのうちになくなったので、まあ気分良く走れた。前にプジョーのカブリオレが居たので、「まあ」が適当だ。それでも、3速でエンジンを軽快に回せたので、それなりに楽しかった。もちろん、煽ったり追い越したりはしなかった。

そのうちに、後ろにロードスターらしい車が2台連なった。対向車線には、「すごい車」が何台か、すごい音とスピードで走って来た。そんなに空いてないのに、楽しかっただろうか。

「パープルライン」というのは、道路に掘られた溝でディープパープルの"Highway star"が流れるのにちなんでいる。なんてことは全くないし、「パープルタウン」が流れてくる訳でもないw 僕も由来を知りたい。

筑波山中腹の交差点で石岡方面に曲がるつもりだったのだが、北の方に行く道に入ってしまった。あそこは複雑で良く分からない。5叉路になっているのだろうか。間違って入った道は、学生の頃バイクで何度か走った事があるのだが、狭くてカーブがきつい。しかも、Uターン禁止なので引き返せなかった。

帰路は日射しが強くて暑くなったので、冷房を入れた。風も強かった。途中の踏み切りを渡ったら、少し離れた所にパトカーが居た。よくある作り物だと思ったが、本物で中に人が居た。今日に限って、「一時停止は面倒だなあ。こんな田舎なんだから、どうせ来ないよ」と思ったのだが、ちゃんと停まって良かった。休憩したコンビニで車を見たら、ダートではスピードを落としていたのだが、やっぱり少し汚れていた。。。まあ、春までは我慢だ。

13:45頃帰宅した。昨日と違って、室内はとても爽やかだった。17.9℃(外: 15.5℃)。いろいろ思わぬことがあったが、(概ね)空いた道をのん気に走るのは気分が良かった。それから、高速を使わなかったので、ほとんど眠くならなかった。

182km、約6時間
IXY Digital 3000IS, iPhone 6s(案内板)で撮影

PS. 今回はMovesで経路を記録した。PCでもGPX(経路データ)を取得できることが分かって便利なのだが、電池消費率が5.4%/hで結構大きい。次回はRyoteiを試してみよう。

  •   0
  •   2

昨夜、naokiさんと、前回行って気に入ったSというベルギービールの店で。駅の目の前なのにとても静かで、穴場的な店だ。前回気に入ったRさんは辞めてしまっていて、残念ながら復帰はしていなかった。でも、ベルギービールのことを熱心に勉強されていたので、いつか戻ってきてくれないだろうか。

新幹線は自由席に座れるか心配だったが、問題なかった。10分くらい前から並べば大丈夫なようだ。大宮には30分くらいで着いた。とても速くて楽だ。

Ryoteiで経路を記録していたのだが、新幹線はちゃんと250km/hくらい出していて、感心した。Nexusの時は、東海道新幹線では記録できなかったのだが、iPhoneは大丈夫なようだ。アプリの作りによるのかも知れない。ただ、Ryoteiはちょっと電気を食う気がする。概算で5%/hだった。次はMovesを試すことにする。

2016-02-14 12.54.06_サイズ変更

暖かくてぼーっとしていたせいか、いくつか間抜けなことをした。まず、行きの大宮駅の新幹線の改札で、切符を取らずに出て(宇都宮駅は新幹線の改札から直接出られるせいもある)、親切な方が追いかけて持って来てくれるまで全然気付かなかった。ありがたかった。

昨年末から新年に掛けて味わった人間不信・ムカつきの話や、会社での苦役の話、最低な店の話、「この子可愛いね」など、いろいろな話をして楽しかった。そして、「やっぱりスイフトスポーツはいいね!」という結論になって、うれしかった。

料理はとてもおいしく、いろいろなビールを飲んだ。中でも、バリスタというコーヒー味のビールは不思議だった。コーヒーは全く使っておらず、焙煎だけで味を出しているそうだ。コーヒー味は濃すぎず、いい感じだった。あのお店は、ワインのように「こういう感じの」と頼むと、ちゃんとそういうのを出してくれるのがいい。かなりまじめなベルギービールの店なのに、気さくなところもいい。

2016-02-13 19.04.03_サイズ変更

お店のマスターは僕と同い年、奥さんは一つ上だそうで、結構意外だった。まあ、50代ならお店を構えていても不思議はないか。奥さんに"Back to the future"のことを話したら懐かしがっていたので、うれしくなってしまった。奥さんは、何となく、中学校の近くの文房具店に居たおばさんに似ている気がする。

昨夜は、食材がなくなったとのことで、いつもより早く21時頃閉店になった。でも、充分に酔った。飲んだ量は前回ほどではなかったが、どれもアルコール度数が高かったせいだろう。

デジカメを持って行って、取り出しもしたのに、やっぱり記念撮影するのを忘れた。デジカメの前に開いているマイクの穴を、塗装が剥げたと思い込んで、naokiさんにそうじゃないと教えてもらって笑った。更に、前回貯まったポイントでもらったビールすら、テーブルに置き忘れていた。酔っていたせいはあるが、閉店が早かったので、動揺したこともあるのだろう。

帰りの大宮駅では、新幹線の切符をクレジットカードで買おうとしたのだが、なぜか使えなかった。その時は理由が分からなかったのだが、酔っていたので、「カードに対応してないのだろう。まあいいや」と思って現金で買った。ところが、今朝、カードを失くしてないか財布を確認した時に、理由が分かった。入れたのはETCカードだったのだ。入れた時の色(水色っぽかった)は、普通のカードの色(緑っぽい)じゃなかったのを思い出した。

大宮駅の新幹線ホームはがらんとしていた。車内もガラガラで、大変気持ち良かった。駅に着いたら雨が降っていたので、タクシーで帰って来た。酔っていたせいか、あっという間に着いた。

今朝はやっぱり二日酔いで、頭が痛かった。寝ながら、脳内で、「さすがの猿飛」の劇伴曲がリピートで掛かっていた。6時頃、空腹で起きた。朝食のローソンの豚汁がおいしかった。

(iPhone 6sで撮影)

  •   0
  •   3

昨夜、芥川賞を受賞した本谷有希子を、昔劇を観て凄さに惹かれた俳優かなと思ったのだが、年代的にあり得ないと思っていた。その名前を今朝思い出した。南谷朝子だ。「谷」だけが同じだった。今も現役だが、シンガーソングライターを中心にやっているようだし、雰囲気も昔とは違っていたので、ちょっと残念だった。

そりゃあそうだ。劇を観たのは1990年代前半で、今から20年以上も前なのだから。彼女を最初に観たのは「ハムレット」(グローブ座カンパニー, ストルマーレ演出, 1995年)で、最後にノルウェーだかの王子フォーティンブラス※役でちょっと登場しただけなのだが、その印象が強烈だった。

hamlet-1995-1

※記憶ではノルウェーだかの王子だったのだが、パンフレットを調べたら、フォーティンブラスだった。でも、やっぱり違う気がする。。。→ 分かった! 「ノルウェーの王子=フォーティンブラス」だったのだ。一件落着。

ニュースで本谷有希子の言動を読んで、かなりぶっ飛んでいるのとストイックそうなので、興味が湧いたのだが、今から彼女の劇を観に行っても超満員だろうし(そもそも観に行くのが物理的に大変だ)、受賞作を買うのだって今更な感がある。そして、どちらも人の目にはミーハーに写る。それがちょっと癪だ。

PS. とは言え、別に本屋で買う訳じゃないんだから、受賞作を買うのは恥ずかしくないな。近頃新しいことに飢えていたので、いいかも知れない。問題は、すぐには手に入らないかも知れないことだ。ああ、でも、本当は、本を読むより、久し振りに凄い劇が観たい気分だ! (20:25)

PS2. ちょっと調べたら、「グローブ座カンパニー」はWikipediaに載ってないし、足繁く通った東京(パナソニック)グローブ座はジャニーズの運営になってるし、浦島太郎状態w でも、グローブ座カンパニーの座長をしていた上杉祥三は今もかなり活躍しているようなので、すごい人だったということが分かった。(21:33)

(20:38,41,21:18 一部訂正・加筆、画像追加)

  •   0
  •   2

以前、100円ショップの醤油さしのキャップをアンプのボリュームつまみにしたが、今日も同じ系統のことをした。

IMG_2523_サイズ変更

お好み焼き屋で良く見るような、ソース入れです。これを何に使ったでしょう?

 

 

 

 

答え: シャンプー入れです。

 

僕は、石鹸シャンプーを使っていて、いつも(といっても年に1回程度)詰め替え用を買っているのだが、その容器の蓋が取れてしまったのだ。以前もそんなことがあったのを思い出したが、蓋が嵌りにくくて実に使いにくい。それで思い付いた。100円ショップに容器がいくらでも売ってそうだと。

それで、今日行ってみたのだが、残念ながら容量が200ml程度の小さいものしかなかった。僕のシャンプー(の詰め替え)は400ml程度だから、それでは余ってしまうのだ。容量が大きい物もあったのだが、ポンプ式で、何となくシャンプーを適量出せない気がしたので、止めた。そもそも、そういうのは壊れやすそうな気もしたのだ。

諦めて、別の店(アンプのつまみを買った店)に行ったのだが、やはり、小さい物しかなった。が、前回同様、別の棚を見ていて、ふとひらめいてしまったのだ。それが、上のソース入れである。穴の径はそれほど大きくないから、シャンプーが出過ぎないような気がしたし、蓋の径が大きいから、詰め替えを入れるのも楽そうだった。更に、色が好みだったw

実際に、古い容器からの入れ替えはとても楽だった。シャンプーが適量出せるかは、追って確認したい。懸念としては、キャップを連結しているプラスティックがすぐに折れたりしないかだ。もしそうだったとしても、まあ108円なので、諦めはつく。

  •   0
  •   1

2016-猫後ろ姿-PiuLento-1

昨年は本ブログをご覧頂き、ありがとうございました。いつもの方々はもちろん、MusicBee関係で来て下さる方が増えて、張り合いがあります。今年も、日々思ったことやドライブ・PC/スマフォ・音楽・オーディオ関連、そして、いろいろな実験のメモを書いていきたいと思います。まとまりのないブログですが、おもしろそうなところをお読み頂ければ幸いです。

昨年(実際には2015年の年末に書いているのですが)を振り返ると、9割は良い年だったのですが、車をぶつけられて文字通り凹んだり、年末に人間関係の問題がいろいろあって、今は少々不調です。まあ、世の中うまくばかりは行かないということでしょう。嫌なことはなるべく早く忘れたいです。

ところで、昨年の年頭のご挨拶を振り返ると、

今年の目標は、毎年すっかり忘れるので、立てません。まあ、強いて言えば、事故を起こさず、怪我をせず、病気にならずに、余りブチ切れずに過ごすことでしょうか。これって「無病息災」? 我ながら年寄りじみて来ました(笑)。

とあります。事故は起きましたが、起こした訳ではなかったですし、怪我はせず大きな病気にもならなかったのが良かったです。が、結構ブチ切れました。これは仕方ないですね。。。

今年もまあ、目標など立てずに、日々あるがままに過ごします。でも、なるべく楽しく過ごしたいです。欲張りかも知れませんが。

以下、余談です。

  • さんざん迷ったのですが、中学の友達のMFくんとYIくんに年賀状を出すのは止めました。いくら親しかったからといって、子どもの頃数年しか付き合ってないのに、何十年も経っていきなり出したら、もらった相手は困惑するのではないかと思ったのです。出すとすれば、同窓会などで再会して、その後何度か会うようになってからでしょう。
  • 上の黒猫のイラスト(2015年分に使わなかったフリー素材)は気に入っているのですが、紙の年賀状は別の猫のイラストにしました。さすがに、「尻を向けた猫」は目上の方には失礼だと思ったので。
  • 紙の年賀状の印刷を2015年分と同じ会社(イロドリ)に頼んだら、その時のポイントが1000点以上(ボーナスポイントかも)あったので、24枚で1800円くらいでできました。作業もかなり速くて、とてもいい会社です。
  •   0
  •   4

しばらく山を走ってなかったので、先日、宇都宮北部と今市の間の山間部を周回するのを計画したのだが、もう少したっぷり走りたかったので、矢板市にある県民の森まで延長した。ついでに、GPSロガーアプリのLogLocationsとMovesの消費電力と経路記録を比較した。一応、LogLocationsに決めたのだが、まだMovesも気になっていたので、実際のドライブでどのくらい違うか確かめたのだ。

7時頃出発した。道は空いているのだが、遅い車が多かった。まあ、仕方ない。 途中で寄ったコンビニで、加温したお茶が「予約」されていて、ほうじ茶が買えなかった。予約ってなんなんだろう? 何かの催しで沢山必要だったのか。仕方ないので、コーヒーにした。

8:30頃、 県民の森に着いた。さっきのコンビニからは空いていて、気持ち良かった。山らしく、雪がちらほらしていた。季節外れだからだろう、閑散としていた。

下りも当然空いていて、やっぱり気持ち良かった。今回は下りの方がうまく走れた。道に慣れたからだろうか。宇都宮北部と今市の間の山間部はまあまあだったが、距離が短くて物足りない気はした。10:30頃帰宅した。

約115km、約3.5時間。
IXY Digital 3000ISで撮影。

さて、LogLocationsとMovesの比較だが、記録された経路の忠実度については、ある程度の距離を走れば、LogLocationsはMovesに遜色ないことが分かった。もちろん、記録間隔※が長いので細かいところは飛んでしまうが、大きな問題ではない。

消費電力は、LogLocationsの圧勝だ。同時に動かしていたので推定値(全体の電池消費率をそれぞれのアプリの使用率で按分した)だが、以下のように、LogLocationsはMovesの約1/2.6となった。

  • LogLocations: 1.6%/時
  • Moves: 4.3%/時

なので、やはり今後はLogLocationsを使うことにする。また、LogLocationsの記録終了後にアプリを終了させれば、記録終了後も電力を食う問題は起こらないことを確認した。(→ 追加情報あり。12/22 7:26)

※位置記録の間隔は以下のとおりだった。ドライブで6分間隔なら、問題ないと思う。

  • LogLocations: 6分/点
  • Moves: 2.5分/点

この間隔の違い(約1:2.4)は、消費電力にそのまま反映されているようだ。GPSは電気を食うんだな。

  •   1
  •   0

GPSロガーアプリの評価も大詰めで、今回はLogLocationsの設定に問題ないことの確認に走った。

候補地はいくつかあった。

  1. 米沢 (すき焼き)
  2. 佐野のデニーズ (和食)
  3. 宇都宮北部から今市の山道を周回
  4. まぁちゃん拉麺 (埼玉、「茶ラーメン」)

1と3は、寝不足で危険だから止めた。

2は、デニーズのページを調べたら、「天ぷらと蕎麦、和食に特化」と書いてあって、がっかりした。天ぷらと蕎麦じゃ、普通の蕎麦屋とかでいいと思ったのだ。

4は、ちょっと遠いし、駐車場があるか心配だったので、またの機会にした。

という訳で、更に地図を調べて、実家のある鹿沼市に目をやったら、突然、高校の同級生Mくんの住んでいたFという地名(粟野の地域内にある)を思い出したので、おもしろい物は全くないのだが、そこに行ってみることにした。それから、以前会社のKさんが妹さんたちと行ったと話していたので、どこかの道の駅に行こうと思い、適当な距離のところを探したら、道の駅しもつけがあったので、そこにした。

8:20頃出発した。ナビに道の駅しもつけが入ってなくて、設定に手間取った。

Mくんの住んでいたF地区はもちろん、お家が郵便局だったOくんや、同じ部の学年が一つ上で、とても可愛かったNさんの住んでいた地区も通過して、みんな今は何しているのだろうかと思った。

9:43頃、道の駅しもつけに着いた。小腹が空いたので、たい焼きを買った。150円。作り置きで皮がへにゃへにゃで、論外だった。朝だから混雑してる訳じゃないのに、何でそうやって手を抜くのだろうか。この時間から作り置きしたら、混む頃には全く駄目になるんじゃないか?

10:40頃、帰宅した。道は大体空いていて、まあまあ楽しかったが、寝不足だったので、ちょっと疲れた。

約75km、約2時間。
iPhone 6sで撮影。

  •   0
  •   2

GPSロガーアプリ評価のドライブ、先週はちょっと走り過ぎて風邪が悪化したので、短距離にした(実は、昨夜、Ryoteiを試したくてどうしようもなくて1時間程走ったのだが)。

最初は佐野のデニーズを考えた。和食を始めたらしいので。ただ、1.5時間も掛けて行く価値があるか少し疑問になったので、次に地図を見て、草木湖(群馬県)を考えたのだが、ちょっと遠そうなので、茨城県を探した。すると、県立自然公園(東茨城郡城里町)というのが目に留まった。が、ストリートビューで見たらそこまでの道がやけに細かったので、止めた。それから、水戸市森林公園が目に入ったが、何となくメジャーそうで家族連れが多そうだったので、止めた。それから、同じく水戸の豚斬りらーめんに行きたかったのだが、今日はそれ程肉が食べたくなかったのと、駐車場が狭そうな気がしたので、止めた。最終的に、県立自然公園付近の藤井川ダムに行くことにした。別にダムが好きな訳ではないが、湖があって駐車場がありそうだから、良く目的地にするのだ。

8時頃出た。行きは、全般的には前回同様のどかに走れた。が、意識してなかったのだが、途中にツインリンクもてぎがあって、今日は催し物があったらしく、入口の手前が渋滞していた。それでも1.5時間くらいで着いた。天気が良く、青空が気持ち良かった。ただ、写真の空は少し綺麗過ぎるように思う。

ダムはまあ、特にこれといったことはなかった。ダムの上の道は細かったうえに車が通るので、歩くのは止めた。近くにホロルの湯という施設があったので、休憩に寄った。老人たちが、温泉が開く(10時らしい)のを待っていた。場内の遊歩道を歩いてみたのだが、誰かの別荘のらしき門の柵の向こうに、紅葉がとても綺麗な木があった。

帰りは、高齢者らしい軽ワゴンと農作業の軽トラに次々と行く手を阻まれて、ちょっとイライラした。路肩が広い所で避けてくれれば、お互いに気持ちいいと思うのだが、そんな義務はないから仕方ない。 ただ、軽トラはこっちが走っているのに横から出てきて遅かったから、大変ムカついた。老人で距離感覚がないのか、とても厚かましい人なんだろうな。ツインリンクもてぎを避けるためにちょっと遠回りしたので、1:45くらい掛かった。12時ころ帰宅した。

約113km、約4時間。
iPhone 6sで撮影。

(18:20 若干修正・加筆)

PS. 今日はGPSアプリの評価用ドライブだったので、それほど写真を撮ることもないと思って、デジカメ(IXY Digital 3000IS)は持たずに行き、iPhone 6sで撮影したのだが、デジカメの方が画質が良いように感じる。Nexus 4よりはいいけど、特に発色の自然さや露出の柔軟性がデジカメに負けている印象だ。(18:30)

  •   0
  •   1

GPSロガーアプリはLogLocationsに決めたはずなのだが、やっぱり記録点数が少なくて、特に短距離の時に経路表示がしょぼいのが嫌だった。そこで、昨夜と今日、もう2つ試してみた。有料(500円)のRyotei(昨夜)と「移動履歴」(今日)だ。

どちらも経路表示に関しては申し分なかったのだが、消費電力が問題になった。

以下に、それぞれとLogLocationsの電力消費率と推定使用可能時間を書く。また、前回の分と合わせた電力消費のグラフも載せる。

  • Ryotei: 3.9%/時、26時間
  • 移動履歴: 5.3%/時、19時間
  • LogLocations: 2.9%/時、35時間

放電特性-GPS-ドライブ2

「移動履歴」は、消費電力が多過ぎて(「僕の来た道」より多い)問題外だった。Ryoteiはなかなか微妙なところだが、推定使用可能時間が24時間を超えているので、まあ実用になるのではないか。そして、グラフには出ていないが、室内での静止時にほとんど電気を食わなかったから、もう少し伸びる可能性がある。

更に、経路表示が素晴らしい。記録点数が多いため、経路がちゃんと道路の形になっているし、色で速度(または標高)が分かるようになっている。

これを見てしまうと、LogLocationsのしょぼさには「うーん、ちょっと…」となる。いくら電気を食わなくても、どこを走ったか良く分からないようでは意味がない。そこで、次回以降はRyoteiを使ってみることにした。もし、電気を食い過ぎて実用にならないなら、LogLocationsに戻ればいいのだ。

ところが、である。今日(12/7)、試しにRyoteiを通勤時と会社で使ってみたら散々な結果になった。通勤路での記録は2点(開始と終了)だけだったし、会社ではほぼ静止状態だったのに電力消費率が(「移動履歴」と同等の)5%/時(推定使用可能時間: 約20時間)だった。バックグラウンドで動くアプリを減らしたりして試したのだが、ほとんど効果がなかった。

放電特性-GPS-ドライブ+会社

どうしてこうなったのかは分からないが、Ryoteiは動作が不安定なのかも知れない。これでは安心して使えないので、振り出しに戻ってLogLocationsを使うことにした。

(12/7 6:29 一部に加筆、12/7 19:47 会社での結果を追記)

  •   0
  •   0

iPhoneの防水ケースの背面に丸い窓が付いていて、Appleのロゴが見えるようになっている。Apple好きな人には当然なのだろうが、そうではない僕には理解できない。僕にしてみれば、シャネルのロゴが胸に大きく書かれたTシャツを着て歩くくらい嫌らしく感じる。そこで、隠すことにした。

隠すには黒い紙を窓の内側に貼れば良さそうだったが、適当な紙が手元に無かったので、CDファイルの背の紙を切り取って使った。

大変すっきりした。

PS. 似たようなシートがあった。キャリアのロゴを隠したい人が多いのか。(12/7 6:27)

(16:08 題を変更)

  •   0
  •   2