Archive for the ‘人’ Category

死期が近くなった頃、彼はこう言ったという。

"You can do anything with my legacy, but never make me boring."
(僕の遺す物をどうしてもいいけど、僕を退屈にはしないでくれ。)

いいね!

僕も、「僕のコードや文章をどう使ってもいいけど、埃を被らせることだけはしないでくれ」と言いたい。

(2/23 0時: 大幅加筆)

  •   0
  •   0

勤続20-30年くらいの方、2人が独立するので、昨夜、送別会があった。今の会社には、勤続年数が20年を超える人が多い。僕なんて、10年前後で会社を変わって来たので、素直にすごいと思う。労働条件はそれほど良いとは思えないが、悪くはない。そこらへんの匙加減が難しいところで、社長のバランス感覚に、改めて感心した。あとは、仕事の内容がおもしろいから、続けていられるのかもしれないな。

僕は4月で勤続1年。先のことなど考えていないが、定年(65歳?)まで働くとしても、あと20年はない訳で、このまま今の会社で定年を迎えるのも、大いに有り得ることだと思った。それまで、会社が続くように頑張ろう。

  •   0
  •   1

上の部屋の住人の足音や物音がうるさく、以前、管理人に電話したのだが、余り改善しない。それで、二度目の電話をしようと思っているのだが、電話をしようとする時(休日の昼間)に限って出掛けているようで、静かなのだ。静かなのはいいが、管理人に電話をする気がなくなる。そのため、もう3週間くらい電話するのを延期している。今日も延期だ。

  •   0
  •   0

大昔、関わり合いのあった人の名を、Facebookで見た。いや、検索した訳ではなく(本当に)、友達I君のコメントの中にその人への返信があったのだ。ところが、その人のコメントは見えず。不思議に思って検索しても、出ず。更に、I君の友達リストを見ると、一箇所、空白の部分があった。

その人にブロックされているようだ。だが、奥の手がある。別のアカウントでI君の友達リストを見たら、居た! 何とも不思議な気分だ。ずっと忘れようとしているのに、ひょっこり現れるとは。今は横浜に住んでいるようだ。写真は小さいうえにボケていて、顔が良く見えない。まあ、そのくらいの方が、あきらめようもあるというものだが。

PS. ああ、今になってドキドキ・フラフラして来た。。。早く寝よう。(23:28)

  •   0
  •   1

第三者の判定に依らなければ、「どちらが正しいか」の結論なんて出ない。ましてや、片方が「問題は存在しない」などと言って、判定することに同意しないようでは、客観的な答えなんて出ない。

「戦略的互恵関係」なるものの定義が一体何なのか分からないが、そんな不明確な関係が長続きする訳もなかったし、お互いのいいように解釈していて、その歪みが溜まっていたのかも知れないな。

言いたいのは、日本は「領土問題はない」などときれいごとを言わずに、竹島も尖閣も北方領土も、どんどん国際司法裁判所に提訴して、正しいと思っている主張をすればいいということだ。そこで負けたら、きっぱりとあきらめる。第三者には、それが正当に写ったということなのだから、素直に従うべきだ。

最後に、石原都知事。大変余計なことをした。国の拙速極まりない対応を引き出してしまい、今の状況を作り出した張本人だ。

  •   0
  •   1