Archive for the ‘人’ Category

毎朝、その日の昼食を買いに立ち寄るコンビニに、Oさんという女性が居る。30代前半だろうか。ショートボブで細面で、なかなか好みだ。イメージとしては松雪泰子か。僕はセブンイレブンが好きなのだが、彼女が居るから、セブンイレブンでなくその店に行くと言っても過言ではない。いつものことながら、なかなか話すことができないのが残念である。

PS. 松雪泰子のサイトは、右クリックを禁止していたりFlashが大きかったりと、少々邪悪なのが残念だ。

  •   0
  •   1

今日は近くの小学校の入学式だったらしく、出勤の時に、何組ものご両親がスーツを着て子どもと歩いているのを見た。なかなか微笑ましいものだ。一方で、Nさんは今日を最後に会社を辞めるとのことだった。最後までNさんとSさんの区別が付かなかった(どちらがS2000に乗っているのか)が、明日からはできるだろう。

S2000はあった。なので、乗っているのはSさんということになるが、良く考えると、Sさんという人は居なくて、実はUさんではないかという気がしてきたので、話は振り出しに戻ったw (4/11 19時)

  •   0
  •   0

祖父のことは大嫌いだったが、今日の命日は覚えている。というのも、僕が社会人になった年の新人研修中に亡くなったから、記憶に焼き付いているのだ。

一方、父の命日は月までしか覚えていない。父のことも大嫌いだったし、亡くなる前も後もいろいろ大変な思いをさせられ、葬儀も一悶着あって大変だったから、記憶から消したいのだ。

祖父の葬儀には研修を休んで出た訳だが、忌引で決められた日数を休めるかと思いきや、1泊したかしなかったかで、とんぼ返りさせられた記憶がある。その時の研修の教官の厳しい(セコい)態度は、今でも覚えている。

近頃、縁起でもないが、ちょくちょく母の葬儀のことを考えてしまう。「なかなか大変そうだ」という、嫌な気持ちしかない。その後は、墓の管理など様々な雑事が回ってくるかと思うと、母には長生きしてもらうしかないという気持ちだ。

それにしても、墓とは何のためにあるのか分からない。「死してまで、未来の子孫に管理責任を押し付ける、嫌なもの」、というイメージしかない。自分がこの世に居た記録、という意味なのだろうか。それであれば、僕は不要だ。僕は、僕の作った物が一時でも世の中に残ることで十分だ。そもそも、嫌いだった祖父母や父と同じ墓に入るなんて、絶対に嫌なことだ。

なので、僕の死後は、僕の家の墓は無縁墓地として処分して欲しい。だれか親戚が引き継いでくれるなら話は別だが、そんな奇特な人はいないだろう。

  •   1
  •   0

死期が近くなった頃、彼はこう言ったという。

"You can do anything with my legacy, but never make me boring."
(僕の遺す物をどうしてもいいけど、僕を退屈にはしないでくれ。)

いいね!

僕も、「僕のコードや文章をどう使ってもいいけど、埃を被らせることだけはしないでくれ」と言いたい。

(2/23 0時: 大幅加筆)

  •   0
  •   0

勤続20-30年くらいの方、2人が独立するので、昨夜、送別会があった。今の会社には、勤続年数が20年を超える人が多い。僕なんて、10年前後で会社を変わって来たので、素直にすごいと思う。労働条件はそれほど良いとは思えないが、悪くはない。そこらへんの匙加減が難しいところで、社長のバランス感覚に、改めて感心した。あとは、仕事の内容がおもしろいから、続けていられるのかもしれないな。

僕は4月で勤続1年。先のことなど考えていないが、定年(65歳?)まで働くとしても、あと20年はない訳で、このまま今の会社で定年を迎えるのも、大いに有り得ることだと思った。それまで、会社が続くように頑張ろう。

  •   0
  •   1

上の部屋の住人の足音や物音がうるさく、以前、管理人に電話したのだが、余り改善しない。それで、二度目の電話をしようと思っているのだが、電話をしようとする時(休日の昼間)に限って出掛けているようで、静かなのだ。静かなのはいいが、管理人に電話をする気がなくなる。そのため、もう3週間くらい電話するのを延期している。今日も延期だ。

  •   0
  •   0

大昔、関わり合いのあった人の名を、Facebookで見た。いや、検索した訳ではなく(本当に)、友達I君のコメントの中にその人への返信があったのだ。ところが、その人のコメントは見えず。不思議に思って検索しても、出ず。更に、I君の友達リストを見ると、一箇所、空白の部分があった。

その人にブロックされているようだ。だが、奥の手がある。別のアカウントでI君の友達リストを見たら、居た! 何とも不思議な気分だ。ずっと忘れようとしているのに、ひょっこり現れるとは。今は横浜に住んでいるようだ。写真は小さいうえにボケていて、顔が良く見えない。まあ、そのくらいの方が、あきらめようもあるというものだが。

PS. ああ、今になってドキドキ・フラフラして来た。。。早く寝よう。(23:28)

  •   0
  •   1