Archive for the ‘ストレス’ Category

昨日、ようやく、秋頃からずっと苦労して来た仕事(これが高血圧の原因では?)が峠を越え、お客さんに見せたら褒めて頂き、ほっとした気分で帰宅したら、郵便受けにこんなものが入っていて、一気に気分が悪くなった。

NHKからの契約の催促

TVなどの有無を申告させるのだろうかと思い、それと一緒に名前や住所などの個人情報を出す義務なんてあるのかなどと思って嫌々ながら開けたら、それ以上にひどくて、ほとんど無条件の契約の催促だった。紙には、「NHKの放送を受信できる受信機をお持ちで」とはあるが、封筒の文言からは、返送(=契約)しないと大変なことになるような印象を受ける。これでは、TVを持っていなくて何も知らない人(まあ、余り居ないだろうが)や弱気の人はうっかり契約してしまうだろう。最高裁のお墨付きを得て、強気になったのか。

笑わせる(というか怒り心頭だ)のは、その紙に書かれていた、以下のような文言だ。

NHKからの契約の催促の紙より

誰も頼んでいない、「豊かで多様な番組」や「放送文化」(たまに実家で目に入る、愚にも付かない鬱陶しいだけの番組が、「豊か」さや「文化」の一部とは片腹痛い。そもそも、公共放送には多様性なんて不要で、ニュースの類で充分だ)だのは推し進めるけど、観ない・観たくない人が不利益を被らず、気分を悪くしないためのケアを一切行わないのは、強欲な利権の権化としか言いようがない。下らない番組のための開発は民間でやればいいし、「公共」放送に良心は不要なのか。

僕は「NHKの放送を受信できる受信機」を持っていないので、こうしてネタにするための写真を撮ってすぐゴミ箱に放り込んだ。ゴミからの紙はゴミ箱がお似合いだ。今度来たら、郵便ポストに入れて「返送」しようかw 何か書けとは書いてないからな。

そして、3/1を過ぎたら徴収員が来るのだろう。また気分が悪くなるな・・・ 本当に、なんとかして欲しい。

PS. その時のために、どう対応するかを考えてしまう。例えば、「早く帰らないと警察に電話しますよ」と言って本当に110番するとか、危ない人(狂人や脳味噌のない人やラリっている人。例: 「NHK?、ここはNHKじゃないよー」)を装うとか。あとは、玄関のチャイムが鳴って、「出る」と言ってから10分くらい放置するとか。それはそれでおもしろいが、準備して来なかったら無駄になるなw

PS2. 彼らの無能さは、この時期にこんな一斉展開をすることからも分かる。これから引越しシーズンで、契約してもすぐ転出したり転入して来るから、そういうのが落ち着く4月以降の方が得策でないだろうか。どっちにしても国内が多いから、関係ないのか。でも、これから引っ越す人は、住所変更手続きが面倒だから契約する気にはならないだろう。僕は払ってないから、別になんだっていいけど(でも、税金は入っている?)。

あっ! 引越す前(しかも年度内)に契約をもぎとって荒稼ぎして、自分たち(支所)の成績を上げて夏のボーナスをせしめる魂胆か。なるほどゴミだ。

  •   1
  •   0

会社が、(嫌々ながら)ストレスチェックなるものをやるとのことなので、早速やってみた。少し大げさに付けたところはあるが、概ね正直にやったのだが、結果を見て吹いた。なんと、

ストレス度がMAX (N段階の最高の値)

だったのだ。普通は自分の予想より低く出てがっかりするものだが(実際、最初にその値を見た時、一番軽いのかと思った)、今回は胸のすく思いだw

まあ、会社自体、「法で決まっているから、とりあえず形だけやるけど、何かあっても自分で解決してね」ってスタンスなので(担当のアフォが本当にみんなの前で言っていた)、まあ、ストレスは溜まるよね・・・

 

PS. そんなこんなで、今日は別件でイライラして頭が痛いので、無伴奏チェロ (ビルスマ, 1992)を聴いて落ち着こうとしている。が、書かなくていいことだが、この曲はビールのようなもので、最初の曲の出だしが一番癒やされるが、あとは惰性かな・・・ バッハ様、すみませんw

  •   0
  •   0

昔からのやり方が全部悪いとは言わないが、何の工夫もせず、「こうするように教えられたから」、「みんなこうやってるから」と、旧態依然の売り方をしている、やる気も能もない営業は無駄だから辞めた方がいい。

保険の営業(セールスレディとか言うのか)の話である。

就職直後の何もわかっていない時に、昼休みに時々職場に来ていたオバさんに勧められるままに生命保険に入った。「若いうちに入った方が安上がりだ」とか「将来、家族ができた時に安心ですよ」とか何とか言われて。その頃は利率のいいものもあったので、全部が無駄だったとは言わないが、定期付き終身保険なんて無駄もいいところだ(計算したら、満期直前までは掛け金を払うほど「損」になっていた)と数年前に気付いて解約し、生命共済に入った。

その前後から、時々、ポストにその保険会社のチラシが入るようになった。もちろん、ゴミ箱に直行である。それだけなら普通だが、ムカついたのは、いかにもこっちの生活や将来を案ずるような文面にも関わらず、思い出した頃にしか入っていないことだ。しかも、いろいろ書かせるアンケート(「カモネギ」の種だ)も多い。担当のやる気のなさや「いいとこどり」の気持ちしか伝わって来ず、見るだけで嫌な思いになった。

そして、数日前の昼間、そいつと思われる人から電話が掛かって来た。いつもは知らない番号には出ないのだが、たまたま、部屋の契約更新の件で不動産会社からのを待っていたので出てしまった。

単なる電話ではあるのだが、その保険の営業だと気付いたら、すごく嫌な気分になった。そもそも、普通の人が働いている時間帯に掛けて来るって、一体どういう神経かと思う(もちろん、夜でも休みの日でもまったく歓迎しないが)。暇人だとでも思っているのか。しかも、僕の名前すら満足に読めなかったから(今は端末に何でも出るだろう。それすら事前に調べてなかったということだ)、怒りは爆発した。

どうせ、内容は、数年後にようやく満期になる(利率のいい=彼らの損になる)保険の「切り替え」を勧めることだと思う。年金か終身保険か。こっちにはなるべくお金を渡さずに甘い汁を吸い続けようという魂胆はお見通しだ。すかさず、着信拒否に登録した。栄えある最初の人だw

馬鹿らしい。生命保険会社のああいう無駄な連中は一体何人いることか。身近な例では、毎朝、通勤時に水商売のようにセンスが悪くて派手な格好の女性が大挙して歩いていると思ったら、保険の営業所に向かっていた。そういう輩とそれをサポートする人(事務)は全部、僕らの払う保険料で養われているのだ。加入者のうち、どのくらいがそれを理解しているだろうか。

そういう営業でも、まじめだったり工夫したり努力したりしていればまだ許せるが、上に書いたようなテキトーな連中、保険料にたかる輩は本当に迷惑だから、消えて欲しい。

(1/13 0:17 わずかに文字を修正)

  •   0
  •   0

ある会社のトップが、経費がかさむ一方でけしからんとか言っていたそうだ。その人の言い分では、その原因は社員の無駄遣いにあるそうだ。

だけどさ、会社のお金を一手に仕切って、全部にハンコを押していたのは、そのトップなのだが・・・ ハンコを押した責任はないとでも言うのか。無駄遣いがあったと言うなら、後で言わずに、その都度厳密に確認して却下していれば良かったと思うのだが、何か違うのか。社員に騙されたとでも言うのか。

仮に、その都度見抜けなかったとしても、今まで何度もあった決算の時に具体的な数字を挙げて、「今期は※円の経費が掛かっていたが、*の支出が多過ぎたので、来期は●%削減しよう」とか、全然言って来なかったのはなぜだ? 放置の責任はないのか?

全く理解できない話だと思った。加齢で脳が劣化して、異次元の論理をでっち上げるようになったのかも知れない。。。

いずれにしても、トップなのに被害者面して説教するなんて、まったく情けない。聞いた話でもうんざりだ!

 

PS. お題目のように「コスト削減」とは言うけど、具体的な数値を出さずに「各自の努力」に任せても、まず達成できない。効果的な制御には正確な測定が必要なのだ。例えば、1億円を削減する必要があるのに、それを知らされない社員は、やみくもに節約すればいいと思って、電話を掛けないようにしたり鉛筆やノートを使わないように努力したって、何の効果もないということだ。そんなのは逆効果だ。

多分、一番効果的なのは、そのジジイの報酬を減らすことだろうなw

  •   0
  •   2

僕は常にメーラーのInbox(受信箱)を空にしておく。下は会社のThunderbirdのキャプチャ(一部)だ。家でも同様だ。Inboxに何か残っていると目障りでしょうがない(それはそれで、精神的に問題ないのかという話はあるがw)。

常に空のInbox

仕事では、読んだら(必要なら返信して)既読のフォルダに移す。返信は基本的にその日のうち(概ね数時間以内)にし、すぐに返答ができないメールは、要返答のフォルダに移して、忘れないようにしている。当然、要返答フォルダも、なるべく早く空にしようとしている。更に、読む必要のないメール(自動送信や下らない連絡の類)は、Subjectなどで判定して自動で既読に移すように設定している。

なんてのは、以前何かのwebで読んだ手法(「Inboxを常に空にする」とか言ったか → 「インボックスゼロ」だった: 12/27 5:23)を踏襲しているだけだが、そんなことすら知らず・できない人が多くて困る。しないだけで、ちゃんと仕事しているならいいが、返信の必要なメールを放置する輩が多くて、いつもイライラする。そういう人のInboxには千通くらいずらっと並んでいる。故意に返信しない気はなくても、何に返信すべきか分からなくなってしまうのだろう。ちなみに、PCのデスクトップもアイコンだらけでぐちゃぐちゃで壁紙なんて見えないし、本物の机もジュラ紀の化石が発掘できそうになっているw 何とも思わないんだろうね。

そういう人だって天才のように仕事ができればいいが、実際にはそうでなくて、本当に脳味噌の足りない猿以下のアホだと思うのは、何度僕にブチ切れられても直そうとしないことだ。猿だって学習するのに、そいつにはそんな能力はないようだ。いつも、いろいろ言い訳して謝る(振りをする)が、そんな暇があったら改善して欲しい!

 

PS. 更に潔癖症な人への小技: PC(Thunderbird)では見たくないが、スマフォでは引き続き見たい(表示させたい)メールがある場合。更に、スマフォ(iPhone)でもInboxを空にしたい(見たくないメールがある)場合:

  1. ThunderbirdのInboxのプロパティで、既読を示すタグ(例: 「読んだ」)を付けたものは表示しないようにする。
  2. PCで隠してスマフォでは表示させたいメールに、上記の「読んだ」タグを付ける。
  3. [オプション] 任意の場所(例: ローカルフォルダ)に、Inbox中の後で「読んだ」タグの付いたメールだけを表示する検索フォルダ(例: 「一時保管」)を作る。: Edit(編集)→Find(検索)→Search Messages...(メッセージの検索)で条件を指定後、"Save as Search Folder"(検索フォルダとして保存)する。
  4. [iPhoneでのオプション] iPhoneでもInboxを空にしたい(見たくないメールがある)場合、引き続き見たいメールにフラグを付け、フィルタで「未開封」と「フラグ付き」を有効にし、フィルタを有効にする(iPhoneのメーラーではメールのフォルダへの移動が面倒なのと、ローカルの既読フォルダに移動するとPCで見えなくなってしまうので、タグを付けて区別したいが、ないのでフラグを付ける。なお、移動の手間を惜しまず、既読フォルダをサーバ(IMAP)に作るなら、移動しても問題ない)。

↓ 結果

  • Inbox以外のフォルダを表示後、再度Inboxを表示させると、「読んだ」タグを付けたメールは表示されなくなっているが、スマフォでは引き続き表示される。
  • [オプションを実行した場合] 「一時保管」フォルダを開くと、「読んだ」タグを付けて非表示にしたメールが見える(このフォルダの存在は忘れがちなので、まめにチェックして、既読フォルダに移動する必要がある)。
  • [iPhoneでのオプションを実行した場合] Inboxでは未読でフラグ付きのメールだけが表示される。

(2017/12/28 6:08)

PS2. 上記の「Inboxを常に空にする」手法は、少なくとも5年以上前に「Google流のメール整理術」とか言って紹介されていた気がする。当時からGoogleには反感(やっかみ?)を持っていたがw、これほどシンプルで有効な方法は思い付かなかったので、便利に使っている。やっぱり、Googleのようなところ(しかも欧米)にはそれなりに頭のいい(合理的な)人が多いのだろう。(2017/12/28 5:12)

  •   0
  •   0

会社での話。

珍しくプログラミングに熱中していたら、ジジイと親しい事務の年寄りがやって来て、いきなり「動員」を掛けられた。ある行事の参加者が少ないから出ろだと。「ほう、うちの会社も動員を掛けるほどの大会社になったか・・・」と、溜息が出た。

そんな行事があること自体が寝耳に水だったので聞いたら、「メール見たでしょ」とかほざきやがった。そんなメールは記憶にないのでメーラーを見たら、そいつが来る15分くらい前に送信されたのが来ていた。もう少しで「はぁ?!」と怒鳴るところだった。

ちなみに、そいつにメールを送っても、すぐ返事なんて来ない。先日は、メールで質問した件が何週間経っても全然回答がないから聞いたら、「朝礼で言った」とか抜かしていたから、呆れ果てた。まあ、全くの情弱というか頭の腐った老人で、なーーんにも分からないのだろう。

上司は、一旦は「出なくてもいい」と言って、他の人を探そうとしてくれたのだが、結局誰も居なかったので、周りの数人と出ることになった。

それにしても、誰でも頭数が揃っていればいい行事って何だよ。そんなに大切な行事なら、本来出るべき人の予定を押さえたり調整すべきだろう。

嫌々出て「行事」を眺めていたら、どうにも絵空事、数十年前の出来の悪いテレビのコントとか学芸会とか国会中継のようで、薄ら笑いとげんなり感と怒りの混じった不思議な感情が込み上げてきた。

いい歳した大人(しかも、単価の高い、偉い連中。司会まで居た)が何人も揃って空虚な言葉を発して、みんなそれに感心したとか納得したような雰囲気を醸し出していたから、もう、何とも言えない。

その行事は、会社を改善することをこれから始めますということだけ(挨拶だけで中身は何もなし)が目的だったのだが、その空虚さと「改善」がまったく結びつかないのも片腹痛かった。極めつけは、挨拶をした一人が、「年末で大変お忙しい中のご参加、ありがとうございました」とかほざいていたことだ。

分かってるならやるな!

「お前らが居なくなるのが一番の改善だろう!」と、今は言いたい。いわゆる、「事件は会議室で起きているんじゃない」、「偉い人にはそれがわからんのです」ってやつか。

なるほど。暇を持て余して禄でもないことをする(他人にさせる)お偉いさんが多いから、利益が出ずにいつもコストを下げろと言われているのだろう。こっちは、そんな奴らを遊ばせるために仕事をしているんじゃないのだが。本当に、馬鹿につける薬はない。それどころか、馬鹿が集まると、自己完結してしまってものすごい破壊力になる(例: 内閣や国会)から、恐ろしい。。。

(眠たかったけど、これだけは寝る前に書きたかった。書いたら目が冴えてしまったw)

PS. 北の国の会議もこんな感じなのだろうか。いや、日本もこうではないか・・・

  •   0
  •   0

(寝る前の一言)

スーパーで、ガキと旦那の放し飼いは止めて欲しい! 邪魔でしょうがない。

  •   0
  •   0

手術後の深夜から退院までの話、その2。いよいよ、怒りの日(夜)などについて。

お世話になった病院は、医師の腕、充実した設備(特に手術室)、スタッフが親切などの点で、かなりいい感じだったのだが、それを帳消しにする大きな問題があった。

患者のレベルが低過ぎるのだ。田舎者ばかりだったのだ。

とても不思議だったのだが、立地のせいなのか、この病院の患者は(悪い意味での)田舎者、しかも、高齢者が多かった。田舎だって、まともな人や若者は居るはずなのだが、外来でも病棟でもほとんど見なかった。別の病院に掛かっているのだろうかと思う。そして、先日、母と話していて思ったのだが、他の病院はルールに厳しい(予想)ので、自ずと田舎者を遠ざけてしまうのかも知れない。

なお、ここで言う「田舎者」は、居住地で区別しているのでなく、行動で区別している。だから、都会に住んでいたって、後述する行動をするのであれば、「田舎者」だ。別の言葉で言えば、「(30年以上前の)典型的な日本人」かも知れない。僕は80年代もバブル期も好きだけど、そういうのは大嫌いだ。

まず、田舎者の以下のようなことが嫌だ。

  • 「自分だけは特別」:自分さえ良ければ、他人が迷惑を被っても知ったことではない。そして、どういう訳か、(どこかの有力者であるかのように)自分だけは特別扱いされて当然のように思っている輩が多い。
  • マナーがない。ルールを守らない。: 知らないのか知っていて無視するのかは不明だが、どちらしても迷惑だ。まるで、今が30年前であるかのようなことを平気でする。
    • 例: 病室で携帯電話をマナーモードにしない(例: 最大音量の着メロ)どころか、平気で通話する。
  • [特に男] 偉そうに振る舞う。: どういう判別をしているのかは分からないが(おそらく、見た目の年齢が自分より上か下か)、自分より下と見た人には、ぞんざいだったり、偉そうに振る舞う。何かしてもらっても、お礼を言うことはまずないし、悪いことをしても謝ることはない。
  • ズルい。: 例えば、後でいい訳できるようにしたいのか、自分で決めない(判断しない)。他には、角を立てたくないので、他人に対する意見もしない。
    • 例: AとBのどちらがいいか聞かれても返事をせず、相手が「じゃあ、Aにしましょうか」などと言うのを待つ。そうすれば、結果が思わしくなかった場合、他人に「なんでそんなことにしたの?」と聞かれた時に、「*がそう言ったからだよ」などと答えられ、自分には非がなかったようになるので。
  • 無駄に見栄っ張り。: 上にも通じるが、例えば、何かを選ぶ時に、安い方を選びたいとしても、まずそうは言わない。安い物を選ぶ時は、相手に言わせて、「セコい」というそしりを受けないようにする。もし相手が言ってくれない時は、言うまで曖昧な態度を取る。他には、分からないことを、素直に「分からない」と言わないし、質問することもしない。
  • 過剰な同調圧力・均質化、しきたりへの従属圧力: とにかく、「普通」(=「みんな」がしていること)やしきたりと異なることを避ける。田舎では、個性(=自分の意見)は悪である。あるいは、上にも書いたが、個性を出して失敗して、他人に影でなじられるのが嫌なこともあるのだろう。その反面、「自分だけ*したい/して欲しい」という隠れた願望が絶対にあるので、厄介この上ない。
  • 自分に規範がない。: 上にも関連するが、「みんな」がしていることが「正しい」ことになり、自分がどう思っていようが(何も考えていないのかも知れないが)、その時の周囲の大勢の行動が規範となる。昔の「赤信号、みんなで渡れば怖くない」の世界だ。だから、一旦、その場の誰か(特にボス的な人)が常識的なルールを破れば、その場は無法地帯となる。今の日本でも、まだこういう人は多いようで、逮捕されても「みんなやってるからやった」とか弁解する人が居るが・・・
  • 明らかな裏表: 表面上は親しそうに振る舞ったり何かを褒めても、影では平気で悪口を言う。
    • 例: 表: 「いい色の車だねえ」 → 裏: 「あそこの息子、黄色い車なんて頭おかしいんじゃない?」
  • [特にオバさん] だらしない。: 自分だけでなく、周りを巻き込んで、ごく当たり前の常識的な行動ですら、「気取っている」などのレッテルを貼って影で攻撃するので、そこでは、「オバさん行動」が正義となってしまう。そんなに堕落したいのだろうか。

全く無意味で下らなく、全然生産的でなく、何の将来もない。それらは僕が実家の地区に住みたくない原因でもある。

次に、今回の入院で見た、田舎者の悪行を列挙する。

  • ベッドで電話。マナーモードも知らない(ふりの)ようだ。
  • TVやDVDは、イヤホンを使わずに、音を外に出して観る。
  • 病室で騒ぐ。女性の病室が朝からうるさくて、とてもイライラした。話し方も品がなくて、女を捨てたゴリラたちかと思った。一人「ボス」がいると、他の人もうるさくなって、たちが悪い。
  • 患者の家族が廊下で延々としゃべっていてうるさかった。しかも、こっちのベッドが見えるところに立っているから鬱陶しかった。
  • 看護師さんに割ったコップの掃除をさせておきながら、自分はのうのうと電話をするジジイが居た。そんなに重要人物なのかと思った。そして、どんな重要案件があったのか?w
  • あるガキ(40代)のDQN家族は、ナースコールで「(紙を貼るような)テープないですか?」と、当たり前のように聞いていた。ここはホテルだったっけ? 全く呆れ果てた。それに親切に対応する看護師さんもどうかと思うが・・・

頭に来るのは、看護師さんたちがルール違反を見ても全然注意せず、当たり前のことのように看過していたことだ。スタッフも田舎者だから、病院も「それなり」になっているのだろうか。

最後に、退院日前の「怒りの夜」のことを書く。

僕のベッドには、位置の関係で、廊下の非常口の照明の光が届くのだが、それがが眩しくて眠れなかった。更に、隣のジジイが消灯後(午前3時頃にも!)にTVを点けたので、カーテン越しだけど、画面の明かり(しかも、明るさが変わる)が眩しく、ベッドの両側が眩しい状態で、どちらを向いても寝付けなかった。助かったのは、ジジイは夜はイヤフォンを使っていたことだった(だから、ルールを知らないのでなく、故意に破っているのだろう)。更に、どうしてか、そのジジイはベッドを頻繁に上下させていて、モーター音もうるさかった。

奥のガキ(40代)は、アニメのご鑑賞をしていて、ジジイのTVが聞こえない時にはその音が聞こえてきた。更に、夜中にビニール袋をガサガサさせ、食べ物をポリポリ食べ、独り言なのか携帯なのか、「傷が痛い」だのなんだのと言っていた。そのガキは、苦痛を全部他人(医師や看護師)のせいにしてばかり居た。しかも、直接は言わずに、影で言うだけだ。あれじゃ良くならないと思う。

そして、点滴中の患者がトイレに行くたびに、点滴台のキャスターがキーキーいう(ほぼ全部の台が鳴っていたと思う)のもうるさかった。本当に手入れした方がいい。

最後は、前にも書いたが、頻繁なナースコールの呼び出し音だ。しかも、看護師さんが忙しいので、音がなかなか消えない。

本当に参った。ブチ切れたかったが、そうしても何の得にも解決にもならないし、次の日で退院できるので、ひたすら耐えた。

そして、ようやく迎えた翌朝、K. 488を聴いたらむかつきが減ったので、やっぱりモーツァルトは偉大だと思った。

  •   1
  •   0

今日、偉い奴に、昨日までと来週の入院予定分の休暇願を出したのだが、まったく訳の分からない、「どうした?」だの「今日は(調子は)どうだ?」だか何だか言っていたので、よほど、「『這ってでも出てこい』と言われましたし、みんな調子が悪いけど出て来ているとのことですし、もちろん自分の仕事があるので、出て来ました」と言いたかったよ!

僕が(手術直前まで)体調不良を押して(いるかのように)会社に出れば出るほど、先日僕にパワハラに近い暴言を吐いたクソボケ老人への当てこすりになるから、全く愉快だ。もちろん、無理な時は休むけど、それだって、今度からは文句が言えなくなったはずだ。「ぐうの音も出ない」とはこのことかw

 

PS. 天網恢恢疎にして漏らさず? そのクソ老人は、なんか知らんが自分で怪我して休むという体たらく。あれ、這ってでも出て来るんじゃなかったっけ? 自分は例外なの?? あんたも連休でいいねw まあ、「人を呪わば」なので、これ以上は止めておくが、なんとも胸のすく日であったw (10/16 19:54)

  •   0
  •   2

使わないから、メールでの通知なんて全部解除しているのに、何度も「とっておきのプレイリスト」云々のメールが送られてくる。来るたびに「解除」をクリックしても効き目がないので、今日は、それをジャンク扱いにし、プッシュ通知(こっちは来たことがない)も全部解除した。もし次に来たら退会しよう。システムすらまともに作れない、So-potty-fy(の有料サービス)なんかに入らなくて良かった!

 

PS. さらにイラつくのは、pClouldというクラウドバックアップのソフトを試しに入れたら、時々(忘れた頃に)、「Spotifyの曲をプレゼント」云々の広告のポップアップが出ることだ。pClouldのソフトをアンインストールしても出るので、かなり質が悪い。一体、どっちが悪いのだろうか。次に出たら、Spotifyもアンインストールしよう。

pClouldとSpotifyの件で更にイラつくのは、そのポップアップが出ると目障りなので、反射的に即座に閉じてしまうので、何が原因か調べられていないことだw

(10/14 10:20 Spotifyは無関係だったので、関連する記述を修正し、題を変更: 下記参照)

PS2. pClouldの件、ジャンクメールを見たら、どうもSpotifyは関係ないようで、「クラウドから直接音楽を再生できます」とかいう、陳腐なものだった。件名が"Save great music and listen to it on the spot"で、"Save great music"と最後の"spot"で早合点したようだ。(10/14 10:20)

  •   0
  •   0