Archive for the ‘ストレス’ Category

金曜に姪から誘いのメールをもらって、昨夜、妹の家に行った。どういう訳かは分からないが(たまたま姪が帰省した程度だろう)、夕食をごちそうになった。

そこまではいいのだが、姪の言動にブチ切れる寸前だった。彼女は、無事、いい加減でミーハーでわがままな、僕とは全く相容れない最低な人種に成り下がっていた。

話の端々で、知り合いに有名人の知り合いが居るとか、住んでいる部屋の近くに有名人の住む高級住宅街があるなどどか言っていた。そこまでは、良くある田舎者の話なので、「へえ、良かったね」だが、"so what?"だ。(以前、芸術関係のすごい目標を言っていたが、)自分は何をした・しているとか、これからについてどう考えているとかいう話は全くなかった。

ひとつだけ、子どもの頃に所属していた団体の発表会に出るという話をしていたが、呆れた。笑止だ。「プロなの(を目指している)に、今更何やってんの?」って感じだ。先輩風を吹かせていい気になりたいのか。現役の子どもの出番を減らしてもいいのか?

都会に出て感化されてしまったのか、有名人の名前を言えば、こっちが「へえ、すごいねー」などど感心して、本人がすごくなったと思うとでも思っているのか。高級車を買っただけで、自分まで高級になったと思うアフォと同じレベルか。まあ、あれでは成功しないだろう。万が一成功しても、僕は認めない。

僕の持論は「表現者の性格や生き方と作品は無関係」だが、この場合は、表現物を評価する前に、親族として自分が被害を受けるので、許容できない。

それから、昔あげたPCが調子悪いとか言って来た。頻繁に使っていて、普段からちゃんと手入れしているのだったら分かるが、碌に使わず全く手入れせずにいて、たまたま使いたくなった時に調子が悪くて困るのは自業自得だ。しかも、「*ができない」としか言わない。プログラムの名前もエラーメッセージの文章も調べていない。

以前からそうだったのだが、調子が悪い時に対処してあげても、したいことができたら「終わり」であとはまた放置するので、全然助ける気になれないから、何も教えなかった。「すぐには直らないねぇ(自分で何とかしろ! まあ、できないだろうが)」と言っておいた。ちゃんと使う気がないんだったら、PCなんて捨てればいいのにと思う。会社にもそういういい加減な人が居て、すごくイライラする。

そして、最後がひどかった。自分で僕を呼んだのに、ツタヤに行くだの、友達と会う予定があるだのと、親(妹)経由で言って僕を追い出した。最初に自分で「今日はこういう予定があるから、*時まで」と言ったなら、まだ許せたが。。。これって、今の若者にだって普通とは思えない。妹のしつけが悪かったとは思いたくないが、それもあるのだろうし、成人しているのだから、本人の性格や、今までの生き方が悪かった(例: 周囲の親切を都合良く利用して来た)のが大きいと思う。

もう二度と、(妹だったら別だが)あいつに呼ばれても行かないし、何か頼まれても引き受けないことにした。彼女がそうするように、こっちには「こっちの都合」があるのだから、それを最大限に優先したい。

昨日は、ドライブに行って疲れていたけど、約束していたから行ったのだが、疲労と怒りをお土産にもらって帰宅した。イライラのせいか、頭痛がした。ただ、思い付いてベートーヴェンの「悲愴」(O'Conor)を聴いたら、嫌な気分が発散して、少しイライラが減った。まったく、いい曲・演奏だと思った。

  •   1
  •   0

会社に行く日は、ほぼ毎朝、その日の昼食とおやつを買いにコンビニに寄る。今までは、会社の近くのコンビニに寄っていたのだが、それを止めざるを得なくなってしまった。というのは、何回か書いた、蛇蝎のように嫌な奴が来るようになってしまって、たびたび顔を合わせるようになったのだ。書いても確かめようがないから、どう嫌なのかとかどんな嫌なことをされたかは書かないが、あいつに会うんだったら、蛇や蠍(でも毒虫でも)の方がずっとマシだ。というのは、蛇だのは叩き殺せばもう見ずに済むが、人間はそうは行かないからだ。とにかく、会社の外で、しかも朝から、そんな奴の顔を見たくないのだ。

それで、少し前にコンビニを換えた。地図で調べて、少しだけ通勤路から逸れるけど、それほど遠回りでないところにした。が、そこが腐っていた。品揃えが良くないのはまだ我慢できるが、大体、3回に1回の割合で嫌な思いを(イライラ)するのだ。その原因は、店員の、無恥なオバサンとコミュ障の若者だ。

オバサンは、例えば、知り合い(そのオバサンもそこで仕事しているのだろう)が来たら、後ろで待っているのが分かっていても、長々と喋っていたりするのだ。時間にすれば2分にもならないのだろうけど、こっちは待っているのだから、それを無視するのは論外だろう(アメリカとかの海外だったら良くあることかも知れないが、ここは日本だし!)。一方の若者は、例えば、「いらっしゃいませ」すら言わない。言っているのかも知れないが、口は開いてないし小さくて聞こえない。要は、「田舎のいい加減なコンビニ」って感じだ。

僕は、会計してもらう時は大抵「お願いします」とか言うのだが、上のような目に遭うと、それを言う気などなくなって、無言で恐い顔をしていると思う。前の店も田舎ではあったが、そんなことは全くなく、いつもいい気分で買い物ができた。どちらも同じ大手の系列の店なのだが、オーナーや店員によって随分違ってしまうものだ。

会社の嫌な奴ほどではないが、やっぱり気分が悪いので、今日、別の数店を探し、明日から試そうと思っている。少し遠回りになるが、仕方ない。とにかく、朝から嫌な気分は真っ平御免だ。

6/7の朝に最初の候補を試したところ、思っていたより楽に行けて、駐車場は広くて停めやすく、当たり前のことだが店員はちゃんとしていたし、品揃えも良くて、気分が良かった。しばらく試してみたい。ここも上の2店と同じ系列だ。あの腐った店が特別駄目なのだろう。(6/8 7:25)

  •   1
  •   0

近頃、Dropbox Paper (以下、Paper)に対するイライラが溜まっているのだが、今日は朝からトラブル続きでブチ切れた。

トラブルというのは、iPhoneアプリ(時々ブラウザも)の同期が終わらないのだ。それで、いざメモしようとしても、どうにかして同期を終わらせることに気を取られてしまって、大変煩雑なのだ。しかも、それは大抵数分程度では終わらない。その間は、メモアプリとかエディタに書くしかない。さっきなんて、全然同期が終わらないので、新しく書いた箇所を自分にメールで送ったほどだ。もう、アホかバカかと!

メモしたい時にできないメモサービスなんて、無用の長物だ。

ちょっと考えるだけで、Paperには以下のような欠点がある。今まで「Evernoteよりはマシ」と思って我慢して来たが、もう限界だ。

  • 同期エラーや、同期に長時間掛かることが頻発する。(iPhone, ブラウザ)
  • 画像がペーストできないことが多い(なぜかドロップは可)。
  • テキストのフォーマットが貧弱。例: 2階層目以降の番号リストの先頭が数字にならず、アルファベットになる。
  • 同期が遅い。バックグラウンド更新をonにしていても、開くと全然同期してない。そして、同期エラー。(iPhone)
  • ":"で顔文字一覧が出たり、"(ダブルクォート)が勝手に”など(しかも、方向がいい加減)変わるなど、結構余計なことをする。しかもそれが解除できない。(ブラウザ)
  • エクスポートした時のファイル名が日本語非対応なので、タイトルに英語を入れないと、ファイル名が重複して面倒なことになる。
  • コピーしたテキスト(HTML)に、余計な属性("author=…")が入る。→ ブログにそのままペーストするとセキュリティ的な不安があるので、いつも神経を遣う。
  • コピーしたテキストをNixNote2にペーストすると同期エラーになることが多い。画像が駄目な感じ(問題ないこともある?)。 (ブラウザ)
    • プレインテキストとしてペーストすれば問題は起こらないが、画像はペーストできない。
    • 画像を削除するとエラーは出なくなる。
    • 画像はPaperへのリンクなので、いずれにしても、そのままペーストできない。
  • やっぱり、ブラウザは使いにくい。(特に、Vivaldiの日本語変換モードの遅れにイライラする)

それから、正式サービスになったのに、未だにスマフォ用アプリのしかない(Linuxはともかく、Windows用すらない)っていうのは、会社のやる気のなさや馬鹿さ加減が窺い知れるというものだ。去年、せっかくEvernoteがヘマをしたのに、それを利用することに完全に失敗していて、本当にウスノロな会社だと思う。

調べたら、まだPaperのノートはそれほど多くない(Everenoteから移行したものを含めて75個)ので、戻るのはそれほど大変ではない。それで、今朝から移行方法を検討している。とにかく、Paperは止めたい! いくらうざくても、今となってはEvernoteの方がまともだ。

そして、以前試した時は使い物にならなかった、Linux用Evernote互換ソフトNixNote2が改善されたので、ブラウザでなくネイティブのアプリが使えるから楽だ。NixNote2は、会社ではほとんど問題なく使えている。NixNote2なら、クライアント数の制限にも引っ掛からないないかも知れない。仮に引っ掛かっても、今はお金を払うつもりはある。

とにかく、今夜でも明日でも、即座に移行したい気持ちだ。

 

(2017/5/3 6:23追記) PaperからEvernote(NixNote2)へノートを移行する方法をいくつか試したので、結果を書く。

  • Linuxで
    • ブラウザ(Vivaldi)でコピー → NixNote2にペースト : 画像が含まれているとNixNote2で同期の時にエラーになる。余計な属性(author)が付く。
    • PaperをエクスポートしたwordファイルをLibreOfficeで開いてコピー → NixNote2にペースト : 画像が埋め込みになるが、同期で別のエラーになる。
    • ブラウザ(Vivaldi)のPaperでコピー →ブラウザ(Vivaldi)のEvernoteにペースト : 画像もうまく行くが、NixNote2では日本語が化ける。 → WindowsのEvernoteでフォントをメイリオに直すと文字化けは直るが、同期エラーになる。
    • Evernoteでエクスポートしたファイル(enex)をNixNote2でインポート : NixNote2で同期エラーになる。
  • Windowsで
    • エクスポートしたwordファイルをLibreOfficeで開いてコピー → Evernoteアプリにペースト : 結構まともに入る。フォーマットはWordより良い。大きなノートではLibreOfficeが落ちるか、ペーストできない。→ LibreOfficeのメモリを増やすと直るが、NixNote2で同期の時にエラーになる。
  • iPhoneで
    • Paperアプリでコピー → Evernoteアプリにペースト : フォーマットがイマイチ(背景色が指定される箇所がある。リストの間隔が広い。横線が消える。)。画像はOK。手間が掛かる。時々Evernoteアプリがハングする。

NixNote2の文法チェックが厳しいのか柔軟性が欠けているのか、ほとんどの方法ではNixNote2での同期時にエラーが起こり、意外にもiPhoneのPaperアプリからEvernoteアプリへコピー・ペーストする方法が一番うまく行くので、それでノートを移行している。

さっき、Evernoteへの(再)移行が終わった。途中でEvernoteのアップロード量の制限になったので、「プラス」(1GB/月, 360円/月)に入った。来月以降も継続するかは要検討だ。さすがにiPhoneの電池が減った。こんなに仕事のように使うのは、珍しいことだ。 (5/3 8:38)

 

PS. 僕に会ったことのない方は、きっと、いつもブチ切れている、怖い人だと思われるかと思いますが、それで正しいです。一見、穏やかで人当たり良さそうに見えますが、全然そんなことないですw

  •   0
  •   1

今日は久し振りに(というか、いつものことか)、電話でブチ切れた。iPhoneの初期化をしたので、とある銀行(仮に「アホゾラ銀行」とした)の、スマフォを使ったワンタイムパスワード機能(以下、OTP)が無効になってしまった(本来は、初期化の前に解除すべきだったが、すっかり忘れていた)ので、OTPの解除を依頼しようとした。

この銀行は恐ろしく時代遅れなことに、この類の手続きは電話でしか受け付けていない(別の行はwebで解除できたというのに)。すごく面倒だったのだが、今日の昼に電話した。が、担当の馬鹿さ加減に全く呆れた。

まず、OTPの解除の依頼をし、その理由としてスマートフォンの初期化をしてしまったからと言ったはずだ。すると、担当は、「口座の状況を調べたが、何も問題は起こっていないから、解除はできない」などと言った。

いや、問題がなかったら、わざわざ電話なんかしないよ。それに、何も問題がなくたって、解除の依頼はできるはずじゃないか。(ここで90℃くらいになった。)

どんな問題があったか聞かれたので、webでOTPの解除ができなかったということを説明したのだが、なぜか理解出来ない様子だった。

そもそも、「OTPを解除する前にスマートフォンの初期化をした」と言ったら、「口座のスマートフォンの設定は初期化されていない」などと言った。当たり前だ。それができないから電話してるのだ!

「スマートフォンの初期化」という言葉が理解できないようなので、「機種変と同じことだ」と言ったら、ようやくOTP解除の必要性が分かったようだが、なぜか、「最初にそうは言ってなかったですよね」と、逆ギレしてきた。

だから、最初っから、「スマートフォンを初期化しちゃった」と言ってるのに、それは理解できないから無視したいようだった。(ここで100℃を越えた。)

そんな説明を何度も繰り返したら、「また調べる」とか言って、ようやく、「テレフォンバンキング」の窓口で解除の手続きをする必要があるとか抜かした。

お前はテレフォンバンキングじゃないのかっ! しかも、自分が馬鹿で理解できずにこっちに迷惑を掛けたのに、全然詫びなかった。(ここで200℃を越えた。)

それでテレフォンバンキングに回され、ようやくOTP解除の手続きになったのだが、なぜかプッシュトーンが出なかったので(別の画面を開いていたようだ)、番号も案内せずに「別の電話から掛けろ」と言われて、(またああいう馬鹿が出て来て振り出しに戻りそうなので)「だめだこりゃ」状態になり、口座を解約することにした。

そうしたら、定期を全部解約して普通預金の残高を0円にしてからでないと、解約申し込み用紙は送れないと言われた。それはいいが、OTPの解除をしなくても定期の解約ができるのか聞いたら、「できる」と言った。意外だったのだが、それが分かればあとは適当にやれるので、即座に切った。

ところが、少し経って電話が掛かって来て、「実はOTPの解除が必要だった」と抜かした。やっぱりそうだよね。だって、普通の操作でOTPをスキップできてしまうのなら、設定した意味ないもん。(ここで300℃になった。)

でも、今度はプッシュトーンを出せたので、暗証番号を入力してOTPを解除できた(悠長なことに、その結果は郵送するそうだw)。そして、さっき、定期を全部解約して、残高全部を別の銀行に振り込む手続きをした。

そもそも、キャッシュカードや電話で数字がたった4桁の暗証番号を使っているのに、PCやスマフォではOTPを使うなんて、おかし過ぎる。他行も同様だが、連中は何も分かってない。

まったく、アホ揃いの銀行だ。スマフォどころか日本語すら理解できない奴だの、OTPの本質を理解してない奴とかが居る。こんなところに預けたのは全く迂闊だった。

大体、電話窓口とテレフォンバンキングの担当が違うなんて、どれだけ人件費の無駄をしてるんだろう。そんなことやってるから破綻したんじゃないか。助けてもらったのに、まだ昔の気分で続けているようだ。

この銀行は、みごと僕のブラックリストの栄えある5位に入ったので、それを褒めてあげたくて書いたw

  •   0
  •   2

先日崩壊した爪切り。その後、いろいろ調べたが、これという物がなくてしばらく悩み、最終的には、貝印 Groom! R type005 (HC-1718)にした。Amazonは嫌いだし、2千円以上買わないと送料が掛かるので、ちょっと高いけど、ゆうパケットが使えて受け取りが楽なヨドバシにした(が、そこに大きな落とし穴があった)。約900円で、ポイントを使い850円になった。

最初は、いい加減な設計をする貝印を避けて選ぼうとしたのだが、そうすると、まともな評判の物がほとんどなくなってしまう(切れ味が悪い、すぐに切れなくなる、切り口が駄目、爪が飛ぶ、当たり外れがあるなど)ので、Amazonの製品画像でジョイント部が駄目な(弱い)ものでない(レバーと縦棒を横棒で繫いでいる)ことを確認して決めた。

Amazonで見た製品画像は、以下だった。

貝印 Groom! R type005の製品画像 (Amazon)

でも、届いた物(ジョイント部)は以下だった。。。

Groom! R type005の駄目なジョイント

レバーに光沢がなくて安物に見えるのはどうでもいいけど、ジョイント部が駄目だ。

返品したくなったのだが、これを買ったヨドバシの画像は、パッケージ全体を上から見たものしかなく、ジョイント部を確認できないから、「画像と仕様が違う」と言うことができないので諦めた。それに、この部分は売り文句になっている訳ではなく、設計寿命であろう数年は使えるので、「改良のために予告せず仕様を変更することがあります」の一文で逃げられそうだ。結局、これは、前に使っていたものと同じ、手抜き(あるいは、タイマー付き)の基本設計(参考: 壊れた物のジョイント部)なのだろう。

だから諦めて、壊れるまで使う。十年は無理としても、数年は大丈夫だろう。ただ、今度のはジョイント部分がレバーと一緒で金属(品質表示の記載は「亜鉛ダイカスト」)なので、前の製品のプラスティックと違って減りにくそうで、ちょっと期待できるかもしれない。それから、前の製品の切れ味は気に入っていた(ちゃんと切れていた)ので、そこは期待できそうだ。

それにしても、こんないい加減な製品を平気で出し続ける(コストダウンのためか、仕様を変更する)貝印には、本当にがっかりした。もう絶対に次はない!

(4/27 7:35追記) 初めて使ったら、すごく切り心地がいい。切れ味がいいうえに、スコスコっと切れる。バネの強度などがチューニングされているのだろうか。あと、レバーの素材や造りが重目なのもいい方向に向いているような気がする。これなら、爪を切るのが苦じゃなくなる。この点は良かった。

 

PS. 期待外れの製品を買ってしまった原因の一つは、普通のスーパーなどでは爪切りがなかなか見つからず、品揃えも良くないことだ。どの店でも、店中を歩き回っても見つからなかった。ある店では、店員さんに聞いて、ようやく、付けまつ毛の隣にあったくらいだ。爪切りは何のカテゴリなんだろうかと思う。そして、爪切りを沢山置いてある店は、一体どういうカテゴリの店なんだろうか。世間の関心から外れたような、ちょっと可哀想な物だ。

PS2. 前のもこれも、ジョイント部に細い穴を開けて横棒を通せば、何年でも使えるようになるのだろうが、不器用な僕には全く無理だ。

  •   0
  •   0

今朝、母にメールしたところ、エラーで返って来た。自分の使っているメールドメインだけでなくYahoo!でも同じだったので、母が携帯を交換して、ドメインフィルタでも設定されたのかと思ってSMSで聞いたところ、スパムが来るから困ってドコモショップに対策を頼んで、ドコモからしか届かないように設定し(され)たそうだ。

やっぱりドメインフィルタだったが、思わずイラっと来た。

最初は母にイラついたのだが、その後、ドコモの方が悪いことに気付いた。1990年代(遅くても2000年代)ならいざ知らず、今時、同じキャリアの携帯同士だけでやりとりできる「メール」なんて意味あるのか。そんなのはメールではないだろう。

今時、スパムフィルタなんていくらだってあるのに、そうする気は毛頭ないようで(きっと、誤判定への苦情が嫌なのだろう)、ごく限られたドメインからしか受信しないなんていう、鎖国としか言いようのない(要は「ガラパゴス」か)時代遅れな対応でお茶を濁しているのは、全くの能無しだ。

この腐った仕様のために、どれだけ多くの人が迷惑しているか。例えば、メールマガジンには、必ず「***からの受信指定を追加して下さい」などと書かれている。そんなことをイチイチ書いたりサポートしなくてはならなかったりして、世の中にどれだけの無駄を生み出していることか。それに、戻ってくるメールのエラーメッセージがこの仕様のせいだと分からないから、多くの混乱や誤解を生んでいる。

今日だって、普通のメールを出そうとしただけなのに、何度もメールを送ったりSMSを出したりで、ひどい手間を掛けさせられて、まだ目的が達成できない。はっきり言って、迷惑だ!

こういうのを出し続けても全然問題を感じないような、大企業に居る人たちは、知能指数は高いのだろうし、試験の点数を取る才能や忖度する技能はすごいのだろうが、折角の小利口なオツムの使い方が間違っているとしか思えない。まあ、そういうのは、最終的には「馬鹿」とか「阿呆」に帰着するのだろう。

相互接続性のないメールなんて止めて欲しい! せめて、メールと呼ばずに「ガラパゴスメール」、「ガラメ」にしときな。

  •   1
  •   1

昔から、どうしてか、楽しい(楽な)ことは長くは続かない。個人的なことはもちろん、仕事もそうだ。数年間、いい感じで楽しく(楽だと思って)仕事をしていると、降って湧いたように劇的な変化が訪れて、いつの間にか地獄(苦痛)になってしまう。

僕は今、何回目かの「地獄が来そうだ」という嫌な雰囲気を味わっている。単なる予感ではなくて、もう予兆のようなものが現れているのだ。詳しく書くと会社がばれたりするのでやめておくが、まあ、「(本人は未だに大成功したと信じているのだが、)トップがしくじった」と書いておこう。

所詮、田舎の世間知らずの裸の王様だし、老化のせいか、自分の判断は絶対に正しいと思い込んでいるようなので、どうにもならない。まあ、そのうち「勇退」というパターンになるのではないか。でも、それでも本人は余裕なのだろうから、いいご身分だ。

それに引き換え、こっちは大変だ。そのうち、何をするにもさまざまな事務手続きや「作文」が必要になって、かなりの手間になる(=つまらない)はずだ。まあ、そんなのは前の会社で経験済みだから、やればできるが、嫌なことには変わりないから、今から気分が重い。

そして、長らく(ほとんどの人は最初からずっと)田舎の会社でのんびりして来た他の人たちは、これから大丈夫なのか、結構心配はあるが、さまざまなプレッシャーが降りかかって来るであろう偉い人たちには、「(今までいい加減なことをして来たバチだ、)ざまあみろ!」という思いだ。

  •   1
  •   0

久し振りに、(仕方なく、)「最先端」を標榜する林檎機を使ったのだが、また呆れてしまった。蓋を閉じるとスリープするのすら解除できないのだ。そのためには、非純正のアプリを入れる必要があるらしい。信者一般ユーザーは、メーカーの素晴らしい決定に盲従しろってことか。

アホかバカかと思う。意識高い人たちは痩せ我慢も得意なようで、全く感心する限りだ。あんなの、必要がない限り絶対に使いたくない! タダだって欲しくない。

という訳で、僕はいつものように、「低みの見物」を決めこむのであるw 実際、PCのような道具に主義主張を持ち込むなんて、愚の骨頂だ。

  •   2
  •   0

今でも、8月31日が夏休みの最後の日なのかは分からないが、その日に溜まった宿題を片付けようと焦ったり徹夜したりした人、自分だけでなく、更に親きょうだいを巻き込んだ人は多いのではないだろうか。

僕はどうだっただろう? 小学校低学年の頃は、いろいろ親に手伝ってもらった覚えがあるが、大きくなったらそれ程でもなかった気がする。でも、今回はそんなことを書くつもりはない。これはノスタルジーの稿ではない。僕と同じくらいの、いい歳をした大人についての話である。

ある所のある人は、どうしようもないグウタラだ。机にはさまざまな書類や機器がうず高く積まれており、かなり昔の電話の取り次ぎメモすら、置かれたままになっている。日々、溜まった仕事に追いまくられているのに、偉い人やお客さんから頼まれたことは、まともに考えずに引き受けて絶対に断らない。

しかも、どういう訳か、ほとんどのことは自分でやろうとして部下に回さないから、何もかもが溜まり続ける一方だ。メールへの返事なんて、1週間で来たら早い方で、数か月しても来ないことがほとんどだ。そんなメールなんて、Inboxの下で腐敗してしまって、絶対に日の目は見ない。

ただ、彼は、他人に決められた締め切りだの打ち合わせの期日だけには間に合わせようとする。それで、その日が近くなると頑張る。その時だけは、自分でできないことを部下に頼んで来る。でも、唐突に「*のデータを出してもらえますか」とか言われるので、頼まれた方は、自分の仕事を中断させられた上に、意味不明な作業をしなくてはならないので、全く迷惑としか思えない。もし、前もって、その意図や背景や締め切りなどを知らされれば、もっといい(質とか効率とか説得力とか)作業ができるかも知れないのに。。。

それから、上に書いたような期日のないものは、まず忘却の彼方に葬られる。お客さんからの要望だって例外ではない。結構大切なことなのに、催促されなければ「なかったこと」になる。まだ取引停止のような羽目にはなっていないが、彼が忘却するたびに、わずかにでも会社の信用を失っているのは確実だ。そういうことが積算されたらどうなるか、彼は想像できないのだろう。例えば、たった5%のマイナス(95%)が10回連続すると、信じられないことに、約60%(0.9510)になってしまう(自分で計算して驚いた)。そういうことを認識しないようだと、終わりだ。今終わってないのは、運がいいだけだ。

とにかく、「毎日が夏休みの最後の日状態」の彼には、周り(もしかして、僕だけ?)が迷惑している。今は無料のスケジュール・TODO管理ソフトなんていくらでもあるのに、どうして活用しないのだろうか。それを使うだけで、少なくとも、忘れなくて済むのに。おそらく、それを使おうとするのすら面倒なんだろうな。一体、何のためにスマフォだのパソコンを持っているのだろうか? 全く溜息が出る。

(1/21 6:40 わずかに加筆・修正)

  •   1
  •   0

(別稿から転記・若干修正)

Deccaの上記のMP3の曲間フェード問題について、年末にAmazonに問い合わせたのだが、予想どおり、「再現しない」という回答が来た。何度も再確認だの環境の情報を連絡させられて、さまざまな情報を連絡したが、先方は全然分からない様子だった。今は、大晦日に送ったメールへの回答がまだ来ないので、(あてにせずに)待っている。

音楽やオーディオに関する「常識的な」知識や経験があれば、問い合わせの文章を読めばピンと来るだろうし、そうでなくても、波形を見れば、問題は再生側にないことが分かるはずだ(苦労して波形を捏造してまでクレームをつける意味は全くないし、そんなことをしたら、こっちが捕まる)。そして、CDと比較したりメーカーに確認したりするべきだが、それすらもしていないという。

こちらでは、Amazonと同じ条件でも問題が起こることを証明しようとして、環境や手順を聞いたのだが、それすらも連絡して来ない(「教えていいか担当に確認する」とのこと)。そもそも、「再現しない」と言うなら、「どういう環境で」再現しなかったかを伝えるべきだと思うのだが・・・

論理的な思考ができず、扱っているものに関する基本的な知識もない人たちが、ダウンロード販売(あるいは、問題の確認)を担当しているようだ。それから、サポート窓口と確認の担当部署が別なのも、解決を遅くしている原因のようだ。窓口(素人)が理解できないことは、担当に正確に伝えられないのだろう(だったらそのまま転送すればいいと思うのだが、僕の勤務先のある方と同様、自分が分からないことは、どう転送していいのか分からないようだ)。まあ、一言で言って、Amazonはダメだ(でも、レコチョクよりはマシだろう)。

ようやく回答が来た。問い合わせてから約17日目にして、やっと問題が理解された。ものすごく遅い。そして、回答は予想どおり、「音源が正しいため、差し替え不可能」とのこと。あんな、音楽としておかしいものを配布して平気な顔をしているDeccaは、とんでもないレーベルだと思う。一方、Amazonは返金に応じるとのことなので、希望した。そして、こういう腐ったMP3の見分け方も質問した。もちろん、そんなものに解はないのだが、やっぱり、言わなきゃ気が済まないよ。

そして、今後は、CDが手に入らない時だけMP3を買うことにする。(2017/1/11 22:20)

  •   1
  •   0