Archive for the ‘備忘録’ Category

突然ではあるが、来週、入院・手術することになった(重病ではなく、入院も一週間以内の予定なので、それほどご心配頂くほどではないです)。病名は伏せる。なぜ伏せるかは、僕の自尊心とか見栄っ張りのせいである。でも、ヒントとして、「漱石も苦労し、ある小説の冒頭に書いた病」と書いておく。

全くの余談だが、その小説を読んだ時、随分長引いて痛そうで大変だと思い、「僕はなりたくないな」、「僕には関係ないよな」と思っていたのだが、まさか、何十年かして、我が身に降り掛かるなんて、いくら彼が好きだったとは言え、全然ありがたくなく、全く迷惑な話だw

異変を感じたのは、十日くらい前だったように思う。その時は、疲れとかの一時的なもので、少しすれば治ると思っていたのだが、全然治らなかった。それで、5日くらい前に、見て触ってみたら、結構ひどいありさまになっていた。結構大きく、赤く腫れていて、しこりになっていた。それでも、まあ、「良くある吹き出物だろう」とたかをくくっていた。のだが、月曜の夜に事態は急変した。

その吹き出物が破れ、血だか膿だか分からないものが出て来た。さすがにまずいので、翌日、休んで医者に行った。診断は、最も恐れていた上述の病だった。前もってwebで調べて、その手前かと思っていたのだが、完全に遅かった。

思えば、かなり前(少なくとも15年以上前、未成年の頃からだったかも知れない)からたびたび同様のことがあって、そのたびに、「そのうち治るだろう」と思って放置して(実際、少し経つと症状がなくなっていた)いたのが悪化したのだろう。

なぜ、そんなに再発するのに医者に行かなかったかは、面倒だったせいもあるが、恥ずかしかったのと、やっぱり、「良くある吹き出物」だと思っていた(思おうとしていた)からだと思う。自分のことなので、その気持ちは良く分かるのだが、今となっては大失敗だった。

そんな訳で、軽い処置で済む可能性のあった前段階を越えて、最終形態に達してしまい、手術することになった。火曜に行った医院では対応できないので、今日、紹介された大きな病院に行き、来週手術の予定になった。

今回思い知ったことは、(放置して)自然に治る病気はあるが、ほぼ絶対に治らないものもあるということだ。今はやたらに治療したり薬に頼るのは良くない(自然治癒力に任せる)風潮というか意識の高まりがあるが、そこの見極めは難しいと思う。

(10/13 6:31 結末部の記述をわずかに修正)

 

PS. 以下、2つの病院の感想を書く。

  • 最初の医院は、webの医院紹介を見た瞬間に感じた印象、「何かスノッブ(意識高そう)だな」が当たっていた。確かに、建物は木やしっくいが使われていて、凝っていて感心するのだが、ソファーまで高級な物(でも、座り心地はそれほど良くない)にする必要はあるのか。あと、車(イタリア車・ベンツ)だの料理や台所がどうのこうのなんて、長々と医院のwebに書くことだろうか(別にブログにでも書けばいいのに)。それがその医師の医療に関係するのか? そして、どうやってそんなに儲けているのかと思う。
  • 本業では、緊急でない検査を随時始めるので、患者の待ちが長いのが良くない。ピロリ菌の検査を受けた医院は、検査は別の時間帯にするから、その点でも良いと思う(今回もそこに行きたかったのだが、休みだったのと、専門でないようなので止めた)。
  • また、医師は今ひとつ親身になってくれない感じがした。診断は的確だったのだが、暖かみを感じなかった。例えば、膿の対処をどうしたらいいとか、日常生活で注意することなどの情報を全くくれなかった。単に、病気の説明と、「紹介するところに行って下さい」程度だった。まあ、そのスノッブ医院にはもう行かないから、良しとした。
  • 今日の大きな病院は、建物は古くて綺麗ではないが、まあ、普通の感じだ。雰囲気は、折った足首の金属を抜く時に入院した、千葉の病院に似ている。
  • 案内や受付の人や看護師さんは親切で嬉しかったのだが、医師が偉そうで参った。具体的には、手術の日を聞いたら、「さっき言ったでしょ」みたいな口ぶりだった。こっちは聞いた覚えがないから聞いたのだが、気が動転していて聞き漏らしたのかも知れない。それにしたって、あのいいぐさはないと思った。それでも、楯突いたりブチ切れたりするとこっちが損なので、うまくやり過ごした。その時、看護師さんが心配そうにこっちを見ていたようなのが、その医師の実態を反映していたのかも知れない。
  • こっちは今後も通うので、気が重い。まあ、経験・技術はありそうなのと(自分でも書いているように、性格と仕事の結果は別だしね・・・)、手術は別の医師がやるみたいなので、そっちに期待したい。
  • 今日は、大病院なので待ちが長そうだから、その間にGPMで音楽を聴こうと思っていたのだが、ポリーニのモーツァルトのピアノ協奏曲 第23番で気分を落ち着けようと思って聴き始めて数分で呼ばれて、逆にとても慌てた。

PS2. これで手術・入院は通算4回目である。家族の中で一番多いと思う。あ、赤ん坊の時に入院したのも入れると5回目だ。病院慣れなんて、全然誇らしくないが、BTTFの刑務所おじさんみたいだなw

  •   0
  •   0

ThunderbirdのプラグインLightningで、しばらく手こずった問題があった。ほとんどどこにも書いてなかったので、ここに書いておく。

問題

  • ひとつのCalDAVサーバ上に2つ以上のアカウントを作って、それぞれのカレンダーをLightningに表示させようとしても、最初に登録したもの以外が表示されない。
  • 2つ目のカレンダーを登録してもID・パスワードを聞かれず、左ペインのカレンダー名がグレイアウトされたままになる。

原因

  • Lightningは、デフォルトでは、1つのサーバ上の複数のアカウントをサポートしていないため。(参照)

対処手順

  1. 2つ目のアカウントの購読解除をする(左ペインでカレンダー名を選択→右クリック→「カレンダーを購読解除...」を選択)。
  2. 設定エディタ(ツール→オプション→詳細の右下の「設定エディタ...」)で calendar.network.multirealm を true に設定する。
  3. Thunderbirdを再起動する。
  4. カレンダーのキャッシュをリセットする(左ペインでカレンダー名を選択→右クリック→"Reset Calendar Cache"を選択)。
  5. 2つ目のアカウントを作成する。

2つ目のアカウントのIDとパスワードを聞かれて、入力すると、ちゃんと表示されるようになるはず。

背景

iPhoneのカレンダーは、1つのアカウントに複数のカレンダーがある場合、表示しないようにしているカレンダーのアラームも出てしまう。それを出さないようにするためにアカウントを2つに分けたら、Lightningで2つ目が表示されなかった。

  •   0
  •   0

(以下は誤り。出力をDirectSoundにしないとフェードされない。全く残念。)

MusicBeeで、「停止時に滑らかにフェードアウトする」をonにしていても、再生開始・(一時)停止時にフェードイン・アウトしない問題の原因が分かった。

「対数の音量スケールを使用する」がonの場合には、フェードしないようだ。これをoffにしたら、ちゃんとフェードするようになった。

再生開始・(一時)停止時にフェードしないと「プチッ」という雑音が出ることがあるのがとても嫌で、約2年前からいろいろ試行錯誤し続けて来たが、どれも効果がなく、近頃は自分でプラグインを作って対処しようかと思っていたほどだった。長かった。。。フォーラムに投稿したが、果たしてStevenは直してくれるだろうか?

  •   0
  •   0

思わぬバグに慌てた一日だった。今回のは結構広範囲に影響するので、気が重い。

思えば、去年、それまで動いていたテストプログラムが失敗するようになったのは、このバグによるものだったようだ。いつもと動きが違うのだから、時間を掛けて原因を調べるべきだった。それを、短時間で何とかしようとして小手先の誤魔化し(失敗しないようにテスト条件を変えた)で済ませたのが悪かった。疲れた。

  •   0
  •   0

杞憂だとは思うのですが、ちょっと心配になったので、将来問題になりそうな投稿を非公開にしました。

処理をする時、それぞれにざっと目を通していたら、我ながら「うーむ」という気分でした。。。これからはもう少し自制しようと思うのですが、すぐ忘れそうです。

  •   2
  •   0

今朝、ゴミを出したら、昨日資源回収に出したセーターなどが、「違反」として残されていたので、とても嫌な気分になった。「綿入りは駄目」にチェックがつけられていたが、そんな物は出さなかったので、どうやら毛糸も駄目なようだ。だったら、回収案内のポスターにそう書いておいて欲しかった。

面倒臭い! 市よ、覚えておけ。もう、面倒なリサイクルなど絶対にしないからな!!

  •   0
  •   0

オークションで落札されたパンフレットなどをゆうメールで送ろうとしたところ、中身を聞かれたので答えたら、「冊子でない物は駄目」と言われて一悶着あった。

Webには確かに「冊子」云々と書いてあるが、「送れないもの」(信書、印刷されていないもの)には含まれていないので、送れると思い込んでいたのだ。

今回は見逃してくれるようなことを言われたが、とても気分が悪い。

だったら、本を送る時の緩衝材に広告や新聞紙を丸めて入れたら駄目なのかとか、ビニールの包装は印刷物じゃないから駄目じゃないのかとか、DVDボックスの外箱はどうなのかとか疑問が湧いてくるが、次回からは気を付けよう。というか、次回からはあの人に当らないように、祈ろうw

PS. 次回からは、以下の「その他これに類するもの」と言い張ろう! (20:23)

ゆうメール-1a

PS2. ゆうメールは、昔の「冊子小包」だったのだろう。だから冊子にこだわる訳だ。だったら、名前を変えなければよかったのに。(4/14 4:55)

  •   0
  •   0

先日お客さんに納品したソフト。お客さんが新しいマシンにインストールしたら、エラーで失敗したという連絡があった。

ログを見ると、作ったはずのディレクトリが無くてエラーになっている。すぐには原因が分からなかったのだが、お客さんが「*じゃないですか?」とヒントをくれたことで問題が分かって解決した。今まで何度もインストールしていたのに、問題が発覚しなかったのが不思議だった。おそらく、近頃誤りが混入して、たまたままっさらなマシンで試していなかったからのようだ。

急いでいたせいか、最終確認の手を抜いてしまったのが敗因だった。大抵、「Aなはずだから、Bはやらなくても大丈夫だよね」と思っていると、そうでなくて失敗する。

「インストールも実行も一発で成功」というのが目標だったが、もろくも崩れた。

  •   0
  •   1

"quod erat demonstrandum" (ラテン語: what had to be proved)の略で、「証明終了」だそうだ。恥ずかしながら、今まで何となくそうだと思ってはいたが、何の略かは知らなかった。

近頃は、数学の証明をする機会は全くないなあ。それに、証明するための知識が無くなってしまった。

  •   0
  •   0

誤送信なんて、間抜けのやることだと思っていたのですが、今、皆さんに謝ります。

会社でやっちゃった。メーカーの人に、お客さんに出す予定の資料を送ってしまった。メーラーの設定を甘く見ていて、複数の宛先の一人がアドレス補完で似た名前の人になっていたのに気付かず、送ったつもりの人から「まだ来ない」と言われて、ようやく気付いた。

それで、間違って送った人に、良くある「削除をお願いします」のメールを送ったが、何とも情けない。今までにも1回やったことがあるのだが、それ以外にもやっていたかも知れない。

ハインリッヒの法則だ。

重大な事故が起こる前に、とりあえず、メーラーの設定を変更した。

  •   1
  •   1