Archive for the ‘意見’ Category

居るじゃないですか、気心の知れた少人数の仲間で遊んでいたのに、どこからか大勢引き連れて入って来て我が物顔して、いつの間にかリーダー面する奴。当然、それまで楽しかったのが苦痛になってしまうという(そして、いつの間にか、オリジナルメンバーは居なくなっている)・・・ 要は乗っ取りだ。近年のMicrosoftのLinuxへの接近は、これを予感させて大変「いやー」な感じである。

前の投稿では「全部Linuxでいいじゃん!」と書いたが、それは撤回する。個人的にはLinuxでいいのだが、だからこそ、Microsoftには永遠にWindowsの底なし沼に嵌って居て欲しい。そうでないと、Linuxが汚染されて台無しになると思うのだ。

彼らにはお金もパワー(人数)もあるから、その気になれば何でもできてしまう。最初は「コミュニティへの貢献」とかいう羊の顔をしているが、そのうちに本性を現すだろう。例えば以下が考えられる。

  • Windowsのように質の低い(バグが多い、効率が悪い、肥大化した、美しくない)プログラムの混入
    • 余談: 今のLinuxは充分肥大化して美しくないとは言えるが、バグが少なく効率もいい点で、Windowsよりはマシだ。
  • プロプライエタリな(非公開の、オープンソースでない)モジュールへの依存
    • 例: 最初はそれなしでも大丈夫なのだが、時間が経つと、MSのモジュールなしにはLinuxがまともに使えなくなってしまう事態になる。そうなった時に、奴らはお金をせびりだすのだ。

こうなると、Linuxのメリットの安定性や自由や柔軟性が損なわれ、まさにWindows化してしまう。だからMSはこっちに来なくていいよ。Linuxが少しくらい不便だっていいから、あっち行っててくれ!!

No "MS Linux", "Linux.NET",  or "Linux 365"!

 

PS. でも、乗っ取られて腐ってしまったら、今までの歴史から考えると、誰かが新しいOSを出してくれる気がする("A new hope"や"Return of Linus"?)。Linuxはもう古くて、いろいろぐちゃぐちゃになっているから、それもいいかも知れない。

(5/23 6:59追記) 今が"A new hope"の状態で、そろそろMSが"Strikes back"するとしたら、その次は"Return of Linus"かw

  •   0
  •   0

先日、三島の作品でおもしろそうなのの文庫本を4冊(「不道徳教育講座」、「お嬢さん」、「命売ります」、「美しい星」)、ヨドバシに注文した(ヨドバシに本は売ってないと思ったのでAmazonで探したのだが、実際には売っていた)。最初は、短編集のようなの1冊で揃うと思っていたのだが、意外にそれぞれの分量が多いらしく、冊数が増えた。約2700円だった。そのうち、「美しい星」を除く3冊がさっき届いた。

買うだけで満足してしまい、しばらく置いておこうと思っていたのだが、興味が出て、「不道徳教育講座」の最初の作(「知らない男とでも酒場に行くべし」)をちょっと読んでみたら、とてもおもしろかった。しかも、昭和30年代の世の中について書かれたものなのに、古さをほとんど感じない。今にも通じるものが充分ある。さすがは文豪と言われるだけある。

余談: 本作には三島が未成年の女子とバーに行ったり、彼女たちが飲酒・喫煙するような話も出ているが、今は、そんな昔の作品でも不用意に扱うと炎上しそうで、心配だ。

ただ、文庫の文字は小さくて読むのが大変だったから、いつ読み終わるか(ずっと積まれたままになりそうで)不安になったw 以前もそんなことがあったのに、すっかり忘れていた。

その時も思ったように、「一旦スキャンし(てPCで表示し)た方が読みやすいか。でも、最初から切ってしまうのももったいないなあ・・・」なんてことを考えているうちに、「そういえば、電子書籍で良かったじゃないか!」と気付いた。それなら拡大表示は自在だから、読みやすそうだ。スマフォでだって読める。そして、僕は本を本棚にズラッと並べて悦に入る気はもうなくなり、少なくとも1回読めればいいので、電子書籍で充分なのだ。音楽はGoogleの配信で散々聴いていながら、「本=紙 → スキャン」という固定観念を疑いもせずに注文したのは、全く間抜けだった。

まあ、実際には、(権利を)購入した電子書籍をLinuxで読めるかどうかの問題があるから調べてみたら、Amazon(Kindle)についは、Windows用アプリをWineを使ってLinuxで動かせるようだし、Cloud reader(ブラウザ?)というのもあるらしい。Googleにもサービスがあって、やっぱりブラウザで読めるようだ。

それで、次は使おうと思って、試しに三島のを探してみた。すると、見事になかった(「無事死亡」w)。Googleに「孔雀」というのがあっただけだ(Googleでは有名な作品がいくつか出るが、中国語版らしいので注意)。他の会社もいくつか調べたが、全くなかった。なんともがっかりした。

ちなみに、青空文庫(無料)でももちろんいいのだが、三島に関しては、まだ著作権が切れてないはずなので、探していない。

うーむ。そう言えば、映画「アマデウス」の時も同様だったな。なぜ、出版社はこんなにやる気がないのか。そして、なぜ、群雄割拠のごとく、出版社・サービス会社ごとに扱う作品が別々になっているのだろうか? (後者については詳しく知らないのだが、実際には、音楽同様に同じデータを各社に卸していて、各社が扱うかどうかの違いなのかも知れない。ただ、漫画は出版社ごとに別になっているようで、それではいろいろ読めずに不便なので、例の漫画村問題の原因の一つになったようだ。)

今は、書籍はデジタルで印刷しているのだから、電子書籍用のテキストデータ(挿絵なんてほとんどないだろうし、なくたっていい)は容易に作れそうなものだが、そうでもないのか。仮に文字情報がなくたって、画像だっていいと思う。だから、電子書籍のサービスの運営は別として、データ(配布作品数)を充実させるのには、それほどのコストは掛からないはずだ。

と書くと、大抵、「そうは言っても、それぞれの作品を配布するためにはそれなりの手間が掛かるし、どれだけ売れるか分からない(売れるとは思えない)からペイしない」とか言われそうだが、じゃあ、紙のままで売って倉庫に(実際には、出版社のストレージに)作品を埋もれさせておく方がいいのかと言いたい。それだったら、なるべく手間を掛けずに配布して、とにかく読んでもらうのが出版社の使命じゃないのか? そうすれば、他の作品も読んでみようという人だって出そうじゃないか。

それに、読むのに専用リーダーが要る時点で全く駄目だ。昔の音楽のダウンロード販売と同じで、不便極まりない。「違法コピーガー」とか言ったって、音楽は結局プロテクトを止めて成功したじゃないか(今は配信サービスに負けたが)。

そうやって手を抜いて売り物を増やさず、石頭で客に不便(専用リーダーが要り、出版社・サービス会社ごとに提供作品がバラバラなこと)な思いをさせたら、買う人が増えない・減るのは当たり前だ。それなのに、「活字離れ」、「(違法コピーなどのせいで、)本・漫画が売れない」などと文句を言っているのは、何ともアホなことだと思う。もっと手軽に読めるようにすれば、まだまだ可能性はあるのではないか?

余談: 由緒正しい、歴史あった某出版社は、動画配信はまだしも、馬鹿みたいな浮足立ったお祭り騒ぎに大金を投入せずに、もっと本業に力を入れるべきじゃないか? 全く嘆かわしい。

音楽業界を見習ってもっとやる気出せよ! と言いたい。

 

(などと、まだ、たった数ページの短編を1つしか読んでいないのに、本文を読むのをそっちのけにして2000文字近い駄文を書くのもどうかと思うw ちなみに、ある記事によれば、今は長文は若者に嫌われるそうで、連絡文はなるべく短く(文章は短く、しかも、合計3行以内だったか)しなくちゃいけないそうだが、そんな軽薄な風潮はカスだ)

  •   1
  •   1

ニュースを読んでいたら、どこか(大学?)の偉いジジイが、(書評に関して)「ネットのクチコミなんて、無記名で無責任だから、読む価値も必要も全くない。読むなら、有名な人が新聞の書評欄に書いたものだ」(と学生に言う)などと言っていた。

なんでも、偉い人が記名で書くなら、下手なことを書くと馬鹿にされるから、そうならないようにまともなものが書かれているそうだ。

もう、大草原だ。

ここだって、その「無責任で読む価値の全くない」サイトなんだろう。ある意味正しいからそれでもいいけど、じゃあ、今まで山ほど多くの偉い人が新聞だのTVだので偉そうなことを言って来たが、どれだけ正しかったか?

単に、安直に、「偉い人」が勧める(あまり外れなさそうな)本を選ぶだけじゃないか。そんなのサルでもできる。その挙句に、そのジジイも「偉い人」と持ち上げられているんだろうけど、鏡を見たことがあるのか。実際にはどんな大層なことをしたっていうのか。ノーベル賞でももらったか? せいぜい、良く居る「有識者」だろう。そういう連中が今の惨憺たる日本をこしらえた訳で、それはまあ、大変な成果だと思うよw

僕も、確かに、無記名で書いてあることがいい加減な率は高いから、鵜呑みにしてはいけないと思うが、他山の石にはなるし、(探していることには関係ないかも知れない)何かのヒントが得られる可能性があると思う。まさに玉石混交だ。そういう海の物とも山の物とも知れないものの山から自分の目指すものを探すのは、とても価値のあることだと思う。実際、僕は今までにそういうことが何度もあった。

まあ、良く言われていることだが、(特に若者は、)年寄りの言う、古臭いカビの生えたことなんて、真に受けるなってことだ。自分で考えて確かめることが重要で、そうすれば成功するとは保証できないけど、おもしろいことは確かだ。

(いつも書くように、もちろん、上に書いたことだって真に受ける必要はなく、自分でいいと思ったことをやればいいのだ。)

  •   1
  •   0

音楽教室のレッスンで弾くのを公衆に対する演奏と言うのは、音楽(芸術)音痴の極みだ。レッスンで、本気で全曲(でも1番だけでも)「演奏」する先生が居たら、見てみたい(仮にそうしてもらったら、それは本当に演奏だから、お金を払ってもいい)。

彼らの論理で、演奏に限らず練習(レッスン)でも人前で弾いたらお金が要るのなら、(包括契約にしない場合、)曲の複数の部分を何度も弾いた場合はどういう課金になるのだろうか。1レッスン当たりの曲数(弾いた長さには無関係)で課金するのか。どうも腑に落ちない。ちょっと違うけど、一種の引用と考えれば、許される行為ではないか? 仮に僕が先生か生徒だったら、そういう理不尽なのはどんなに安くても嫌で、お金の掛かる曲は使わないだろう。みんなそう思ったら音楽は廃れる。とにかく、JASRACは目先の金にしか関心のない強欲者の、文化庁はアホの集団だ。

包括契約もひどいもので、誰が何の曲を何回使用したか全く分からないはずだ。その状態で、何(どういう情報)に基づいてお金を分配しているのだろう? 例えば、ある月(年でもいい)に全国で1回しか演奏されなかった曲に、絶対にお金は行かないだろう。だけど、契約(内容は知らないが)では1回数円(1円だって1銭だっていい)は支払われるはずではないだろうか。そのお金はどこに消えるのだろうか? 明らかにしてくれなければ、払う気なんて起こらない。

もしかして、契約に、「使用料が小額の場合は、『音楽文化振興事業』に使用される」とか書いてあるのだろうか? それでもいいけど、包括契約だったら、「いつ何回使用された」という情報すら行かない。そんな管理でいいのだろうか?

彼らの論理で行けば、車で音楽を再生しただけでも、外に音が漏れたら(知らない人たちに聞かせた時点で、個人的に楽しむ範囲を超えるから)課金されるのではないだろうか。大型スクーターの(迷惑な大音量)ステレオはもちろんだ。それが高じて、屋外で使用可能なスピーカー付きステレオの類に一括課金(昔の音楽用CDの二の舞い)されるのではないか。NHKと同じで、権利にたかる魑魅魍魎だ。

NHKは、内容や価値はともかく、自分たちで番組や技術を作って、それを押し売りするが、JASRACは、自分たちでは何も作らず、ダフ屋とかみかじめ料を取る人たちのように、作り手と聞き手にたかり、自分たちの金欲のために両方を潰すから、更に程度が低い。

ただ、ネットで良く見る「街や店内から流行歌が消えて、大ヒットがなくなった(。そしてCDが売れなくなった)」という文句は、実際にはJASRACのせいではなく、店主などがセコいせいだ。ちゃんとお金を払えば流せる(実際、最寄りのスーパーは、結構昔のではあるが、ヒット曲のカラオケを流している)。練習(試奏)でなく、れっきとした本番(商売)に作品を使っているのだから、仕方ないだろう。一方、最初に書いた教室の話を当てはめると、開店前に、店員の居る店内でテストで曲を流しても課金されるという論理になって、それは全くおかしい。それから、今だってTVなどがあるから、ヒット曲は生まれるはずだ。出ないのは、人の好みが多様化したのと、素材が粗悪になり、作り手が金儲け(例: 「握手」、「選挙」)に走ったせいではないか。

それに、好みに合わない、現代の粗雑なヒット曲(らしきもの)を外で延々と聞かされないで済むのは、僕にはとてもありがたいことだw(実際には、ラジオだの有線だので、まだまだ聞かされるが) 出鱈目な人(店主など)が出鱈目な作品に金を払いたくないために演奏されず、出鱈目な人に金が行かない。これは一種の淘汰と言えるから、それはそれでおもしろい。

  •   0
  •   0

松田聖子のベスト("Bible")を聴いていたら、いつもドキドキする"Rock'n Rouge"(1984)が掛かった。「ドキドキ」と言っても、僕にそんな思い出がある訳もなく、以前も書いたのだが、この曲は歌うのが難しい(失敗すると「音痴」になる)箇所があるので、聴くたびに思い出すという意味だ。

そんなことを思いながら ふと検索してみたら、曲を解説しているページがいくつかあった。その中の一つにピアノを弾きながら解説しているビデオがリンクしてあったので、もしかしたら、僕が難しいと思っている箇所についても説明されているかと思って観てみた。が、すぐに止めた。ピアノの音が余りにも汚なくて(うるさくて)、耐えられなかったのだ。

ピアノ教室で良くありそうなパターンだが、生徒が駄目だったら、「そこはこう(バン)じゃなくてこう(ガン)弾くのよ! (何度言ったら分かるの!? キーキー)」とか言いながら、鍵盤を雑に叩いて弾かれる感じ。

そんなことをされたら、「そりゃあ、あなたはプロだから、当然、思ったように指は動くけど、こっちだって、できるならやってるよ(できないから習ってるんだよ)! それに、そんなに速く何回も弾かれたって分からないよ!」と言いたい。 (注: これは実体験に基づいてはおらず、全く僕の空想です。)

百歩譲ってレッスンならいいとしても(全く良くないが)、公開するビデオであんなうるさい雑な音を出してはいけない。思い出のある気に入った曲だろうに、そして、音楽を生業としている人だろうに、自分で観て・聴いて(そもそも弾いた時に)気付かないのではどうしようもない。ただ、ひどいコメントを書くと面倒なことになりそうだし、音は本筋ではないこともあるから、せめてもの意思表示にThumbs downを押して、最初の1分くらいでサヨナラした。

ピアノ教室か何かの先生のようで、理論とかには詳しいのだろうけど、あれでまともな音楽が演奏できるのか・教えられるのかと思った。

「神は細部に宿る」という言葉は余り好きではないが、音楽に関しては全くその通りだと思う。一音たりとも、音を出してから消すまで、雑に扱ってはいけない。そうじゃなきゃ、(芸術としての)音楽ではない。

「そんな堅苦しいこと言わなくても・・・」という意見もあろうが、例えば、小説の印刷などで、「あ」と「ぁ」や「日」と「曰」が混用されていても、「似てるから全然問題ない」と読み流せるかということに近い。

だから僕は、オーディオを可能な限り録音されたとおりに再生できるようにしたいのだ。(というのは後付けの理屈であるw)

 

(そんな論外の人のことをわざわざ書くこともないのだが、ビデオを観て妙にムカついたので、あえて書いた。ただ、また「営業妨害」とか言われたくないので、リンクなどは載せない。適宜検索のこと。でも、実際には架空の話かも知れないので、ご了承のことw)

  •   0
  •   1

(ちゃんとした文章にするのが面倒なので、骨格+αを。おいおい、気が向いたら加筆します) ← 完成 (9:34)

昨日、Sa Chenのラフマニノフやショパンのピアノ協奏曲に感心した。

Chen: ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 (2011)

昨日、この曲(演奏者は不定)が脳内でリピートして、どうしても聴きたくなって、昼休みに探したら(好きな演奏は多いが、知らない人のを聴きたくなることが多い)、彼女のが目に入ったので(ただし、最初は、演奏者の国やジャケットの柄から敬遠しようとした)聴いた。意外にいい。すごくうまい訳でははないが、乗れる。ただ、第1楽章の行進曲風のところ(以前、ここがダサいとか書いているページを見たが、うまく弾くと結構いい感じになる)はいまいちで、腕が追いついていない感じだ。その楽章の最後は何となく音が乱れた感じなので、Thumbs upしたのを取り下げた。

第2楽章は結構いいところがあるが、終わりはわざとらしかった。第3楽章はまあまあで、中盤のオケがいまいちだったが、(この楽章は)全体的には良かった。

Chen: ショパン ピアノ協奏曲 第1, 2番 (2008)

昼に聴いたラフマニノフが結構良かったので、昨夜探して聴いた。

第1番のピアノは音が澄んでいて綺麗で、聴いていて心地良い。誰も出さなかった(目立たせなかった)ような音(・弾き方)が(いい意味で)妙なのだが、決して嫌ではない。彼女の解釈なのだろう。第2楽章の音の出し方(ちょっとした盛り上げ方)もいい感じ。オケ(指揮: Lawrence Foster, Gulbenkian Orch.)は普通に良かった。ラフマニノフも同じオケだった。

第2番は、なぜか低音(弦)がすごかった。ピアノは少しわざとらしかった気がする。第1番の方がいいのか、僕が慣れてしまったのか、疲れてしまったのか。

以前にも書いたが、昔はこの2曲は気に入る演奏がほとんどなかったのに、近頃は、いいと思える(許せる)演奏が多くなった。そのおかげで曲の良さも分かってきた(だから、少し前は「ショパンコンクールなんて、最後がショパンの協奏曲じゃちょっとねえ・・・」とか不遜なことを思っていたが、今はそうでもない)。自分が変わったのか、世の中にはさまざまな演奏・解釈があるということか。

以前はYeol Eum Sonにも感心した。どちらも、僕の嫌いな中韓の人だ。そういう事実を目の当たりにすると、音楽に限らず、もう中韓は馬鹿にできないと思う。そして、どういう訳か、中国には以前より抵抗が少なくなった。

その原因としてまず頭に浮かぶのは、ロケットニュース24の沢井メグの紹介がうまいことだ。彼女の記事は、体当たりで書いているせいなのか、結構おもしろく、気付くと「中韓も意外にいいじゃん」とか思っていて慌てるw 上手なステマなのかも知れないが、押し付けでなく、自分から読んでしまってそう思うのだから、仕方ない。

余談だが、彼女のは、好みではないのに妙に惹かれる。なぜ好みでないかというと、眼鏡が気に入らない。(女性全般に思うことだが、)眼鏡をするとキツく・冷たく見えるからだ。でも、たまに眼鏡なしの顔を見ると、全然キツさがなく、変化が大きくて驚かされる。すっぴんの顔もなかなか味わい深い。可愛いのではなく、大人の美人系なのだろう。それはそれでいいと思うw

それから、歳を取ったせいか、日本の劣化・自滅を実感しているのも大きい。

正しくは、実際には前から今の状態だったので、絶対的には劣化していない。相対的に劣化したのだ。真実から目をそむけ、昔からの成功体験(これは多くの人の犠牲(=偉い人たちのズル)の上に成り立っていた)にすがるだけで本質的に変わろうとせず、外面・体裁はともかく、(本心では)世界標準を無視してガラパゴス(=引きこもり)をやり続けて、「クール」とか「すごい」とか言ってたら、そりゃあ終わるよ・・・

気に入らないものや嫌なものがあるのは当たり前だと思うが、そういうのを馬鹿にして無視するだけでは、いつかは負ける。「兎と亀」や「蟻とキリギリス」、あるいは「裸の王様」に似たようなものか。

 

参考: いいものもある、悪いものもある

  •   0
  •   0

先日聴いてちょっと興味を持った小菅優のページで、彼女のラフマニノフのピアノ協奏曲第2番のライブをNHK-FMでやるというのを知って、NHKはおもてなし(あるいは忖度)の国の政治家や北朝鮮並みの悪の枢軸で、最大の宿敵の一つではあるのだが、彼女のその曲はGPMでは聴けないし、ラジオは受信料を払わなくても聴ける決まりのようだから、ちょっと聴いてみることにした。

非常用のポータブルラジオで聴こうと思っていたのだが、今朝、ラジカセを持っていることに気付いて、そっちの方が音がいいだろうと思って試した。が、PCの雑音(妨害電波)のせいなのか、いくら調整してもほとんど聴こえなかった。ラジオは少しましだったが、やっぱり雑音が入って耳障りだった。それで、最後の手段、「らじるらじる」とかいうネット同時送信サービスを試したら、さすがに雑音は皆無で、音がとてもいいので感心した。

なぜ、らじるらじるが「最後の手段」かというと、それにアクセスしてラジオを聴くということは、最後にも書いたのだが、NHK TVのネット同時配信の「お墨付き」に手を貸すような気がするし、アクセスした記録が保存されて、将来、受信料請求の証拠に使われかねないという危惧があるからだ。僕は、それくらい、彼らを「金のためならなんでもする邪悪な連中」とみなして、嫌悪している。(3/21 7:26)

時間になって番組が始まったのだが、曲の前に長々とした説明があることをすっかり忘れていた。今日も、(第3楽章しか流さないので)たった12分くらいの曲に5分も費やしていたので、結構イライラした。内容はありきたりの話(作曲者や演奏者や曲の話)で、得るものはなかった(そもそも、そういうのは無関係と思っているので)。だったら、本題をもっと長く流して欲しい。例えば、全部で4曲流すとしたら、単純計算して20分も余るではないか。20分追加すれば、この曲は全曲流せそうだ。それにしても、番組の時間は長いのに、この曲も他の曲も小間切れで流しているが、ポップ音楽じゃないんだがな・・・ まがりなりにも"FM"なのに、どうしてこういう馬鹿なことをするようになってしまったのだろうか? あとでTVで流すからその宣伝のつもりなのだろうか。全くの劣化だし、FMの名折れだ。

ようやく演奏が始まった。第一印象は悪くなく、ピアノの音が綺麗だと思いきや、段々、ピアノがちょっと引っ掛かる感じがして来た。そのうち、ちょっと「下手」な感じすらして来た。。。 さすがにオケ(指揮: オラモ、BBC交響楽団)は綺麗だった。折角なので続けて聴いていたのだが、ピアノは見せ場でもちょっと遅くて(良くない遅さ)、余り「見事」ではなかった。スローなところはしっとりしているが、アルペジオはたどたどしく感じられてイマイチだった。要は乗れなかった。

結局、曲自体はいいし、オケもいいので、それを楽しむことにして最後まで聴いたのだが、終盤の音が連射される見せ場もイマイチだった。結局のところ、ピアノ演奏が曲に負けていたのだ。

彼女の弁護をするとすれば、録音のせい(ピアノが遠い感じだった)で印象が悪かったのかも知れない。ライブだから、ちゃんとセッティングできなかった可能性はあるだろう。

結論としては、これ以上彼女の演奏を聴く必要はなさそうだということになった(あくまでも個人の感想です)。

最後に、らじるらじるは、将来のNHK TVのネット同時配信の姿を示している(彼らがこんな風にやろうと思っている)と感じた。ブラウザで、特にプラグインも要らず、ログインなしで聴けるので、TVも同様にして「PCなどを持っている人は(受信設備を持っているので)全員金払え!」という理屈だ。怒りとともにため息が出る。取り越し苦労ならいいのだが・・・

だいたい、今時ラジオとかTVとか本当に必要なのかと思う。FMなんて、今日のような番組だったら、リアルタイムに聴く必要なんてなく、YouTubeの方がずっと便利だ。放送の時刻を待つ必要はなく、検索すれば出てくる無意味な説明を聴く必要もなく、当然、全曲聴けるし、音だっていい。こういう時代遅れの無駄なことのために国民から強制的にお金をむしりとって、最新技術がどうのこうのと言って浪費する団体は早く消えて欲しい。電波だってもったいないから、FMとAM 1波、それにBSと地上波TV 1波ずつを返すべきだ。

 

PS. まあ、「折角の演奏なんだから、余計なことは考えないで楽しめばいいじゃん」とも思うのだが、大好きな曲を平気な顔でブツ切りにされたら、やっぱりムカつくよ。大体、作曲者にも演奏者にも失礼だと思う。そもそも、この曲はイントロが命というところがあるのに、それを省くなんてやっぱりおかしいし、センスがないと思う。

と書いたものの、番組の内容を調べて第3楽章だけしか流さないと知った時に、聴くのを止めれば良かった気がする。要は、八百屋に魚を求めた訳で、こっちが悪かったw

  •   0
  •   0

昨日書いていて思い出した、ある、とてもレベルの低いピアノ教師についてずっと書こうと思っていたことを書く。それは実在のことかも知れないし、僕の脳内で想像しただけの架空のことかも知れない。ピアノでもギターでも絵画でも小説でも何だっていい。そういうのは関係ない。意見の内容だけが本物だ。

以前、大好きな曲をYouTubeで検索して、多くの曲の短評をずらっと書いたことがあった。直感的に感じたことを手短かに書いたので、単刀直入に「駄目」とかいうのも多かったと思う。

投稿の少し後、「駄目」と書かれたであろう一人がDNS業者に苦情を出し、そこからこちらに連絡が来た。最初はこちらの連絡先にメールを出したらしい(なぜか、それは届いていなかった)が、返事がないので(サーバ業者でなく)DNS業者に出したそうだが、こちらはとても慌てた(結構恐怖を感じた)。DNSを停められたらサーバにアクセスできなくなってしまうので、大打撃だ。

そういうことがあったので、長々とした「お知らせ」を書くようにした。

厳しいコメントや本人としては心外なコメント、それから説明が少なくて何が駄目か分からないコメントに苦情(本来は質問が真っ当だろう)を言って来るのは当たり前のことだと思うが、上記のように、最初に取った行動が非常識で、該当部分の削除を要求して来て、その理由が全く論外だったので呆れた、というより、すごく頭に来た。

簡単に書くと、その人はピアノ教室の先生で、教室を探している人が、僕がここに書いたコメントを検索して見つけて読んだら来なくなってしまい、生徒が減るということだった。

笑止。アホか馬鹿かと。

まず、お前は何のために演奏してるんだと言いたい。演奏者・芸術家であれば、赤の他人の意見や感想を聞くのも仕事ではないか? 素人の下らない的外れなコメントなんて聞きたくないし、そんなのに振り回されていたら駄目になってしまうという気持ちは良く分かるが、じゃあ、お前は誰に向けて演奏しているのだ? 的確なコメントや耳触りのいいコメントだけ聞きたいなら、プロとかお友達だけに演奏してろ。

余談だが、その人は、(仮にすごい勇気があって)プロの前で演奏して、偉い人(例: 自分の先生や大学の研究者や大家)から同じようなことを言われたら、どう反応するのだろうか? きっと、「なるほど、そうですね・・・」と全く反論しないのだろうな。ふふふ。

(誹謗や中傷でなく)演奏の感想であれば、例えひどいことを言われたって、そこに自分が気付いていない・知らない何かあるかも知れないし、議論したっていいじゃないか。怒ったっていいけど、都合の悪いコメントを抹殺するなんてありえない(すべてのコメントを無視する方がずっといい)。意見を聞きたくないなら、演奏を公開してはいけない。そのYouTubeはコメントできないようになっていたが、それだったら、自分の教室のページにでも載せればいい。「先生」をしているだけで演奏者ではないのか。自分の演奏の発表でなく、教室の宣伝のためのものなのなら、あらかじめ、そう書いておいて欲しかった。あるいは、個人名でなく教室名で出せばいいのに(ただ、そうであっても、痛い目に遭うことがあるのを知った今はともかく、当時は「この教室は駄目だ」と書いたかも知れないが)。

コメントについてもう少し書くと、演奏は工業製品じゃないので、口コミで良し悪しを判断するものではなく、自分で聴いて判断するものだから、評判を鵜呑みにするのは馬鹿げている。一方、世の中には自分で判断出来ない人は多いが、もし、書かれたコメント(あるいは、thumbs up/down)の多数が「駄目」だったら、それは客観的な評価で、ある意味「事実」なのだから、それを信じられても仕方ない。自分ではいいと思っていたって、そういう世の中なのだから仕方ない。その世界に入ったのは自分なのだから、自分で何とかするしかないのだ。ひどいコメントからだって、どうすればいいかのヒントが得られるかも知れない。一方、もし、その演奏が素晴らしいものだったとしても、コメントできないようにしていたら全く評価されないし、ここのようなところでひっそりと書かれた情報しかなくなってしまうから、営業的な効果は良くないだろう。いずれにしても、もったいない。

更に、気に入らないコメントが見たくないなら、エゴサーチなんてするな! 虫が良過ぎることに気付いた方がいい。

次に、本物の演奏がリンクで紹介されているのに、その演奏への自分の感想でなく他人のコメントを信じ切って来ない子(または来させない親の子、以下同)に将来はないから、(音楽の世界から見れば)全然問題ない。別の言い方をすれば、あなたの演奏を聴いて、自分で良し悪し(自分の好みかどうかでもいい)を判断できない子、コメント不可の状態を見ておかしいと思えない子に将来はないから、問題はない。逆に、僕のコメントに同感・反発して行かない・行く子には将来があるかも知れないし、ないかも知れない。だから、論理的には、コメントには何も影響力はなく(そもそも、ここは何万PV/日もあるようなところじゃない)、問題もない。問題があるのは、あなたの懐だけだ。あなたはお金が欲しいからピアノ教室をしているのであって、音楽のためにではないのだろう。生活のためにはそれだって仕方ないけど、だったら、もっと営業的に賢いことをした方がいい。「臭いものに蓋」では無理だ。

だから、あなたのところに行く生徒が減って、将来的に(演奏や指導技術の良し悪し以前に、教師の考え方の点で)低レベルなピアノ教室が減るのは、音楽のためにはいいことだと思う。(当時、DNSを停められたら困るし、馬鹿に付き合うのは割に合わないからその部分を消したが、)僕は何も悪いことはしていなかったと、今、再確認した。

最後に、芸術をするのなら(普通の仕事だってそうだ)、自分とそれ以外の評価のギャップは当たり前で、それに抗うパワーなり熱意なり崖から飛び降りるような決意が必要ではないだろうか。まさに真剣勝負だ。この人はそういうところから逃げて、ぬくぬくとした安全なところから何か(成功?)しようとしているが、それじゃあ人の心は打てないだろうし、(結果論だが)「駄目」と書かれても仕方ないと思う。

 

PS. ブログ以前から、ずーっと、口コミ(親同士の内緒の情報交換)はあったと思うが、この人はそれも封殺してるのかねえ・・・w

  •   0
  •   0

週3回だか何だか知らないけど、全くどこまで大人を子ども扱いする国なんだろう。政府も役人も、どうせ、本音ではギャンブル依存症なんてどうだっていいけど、(何か訳あって)法案を通したいから、いつものように、素晴らしい頭で下らない知恵を出している。国民は、表面上は従うが、どうせ、さまざまな手を使って骨抜きにするのだろう。

無駄の極致

一体、こんなことを何十年続ければ分かるのか(まあ、無理だろうな)。そんな規制なんてどうだっていい。自己責任でいい。やり過ぎたアホは破産して野垂れ死にすればいい。別にカジノなんてなくたっていい。それができて、一体、どのくらいお金になるのか。それで国債が減ったり赤字解消できるの? 単に、新たな利権だの天下り先が欲しいだけだろう。

全く子どもじみた(というか、子どもより程度が低い)、低レベルな国としかいいようがない。

  •   0
  •   0

不思議なことに、忙しくて疲れているけど暇もあって、そういう時には余計なこと(主に、身体を動かす作業のようなこと)をしたくなってしまう。今週は、ぼーっと本棚を眺めていたら、(PCに取り込んでいるので)絶対に掛けないCDやDVDなど(ボックスや紙ジャケなどでケースを捨てられないもの)が並んでいるのは、どうしても無駄・無意味で、放置しておくのは「負け」な気がした。それで、ちょっと考えた後、そういう類を箱に詰めてクローゼット送りにした。本棚は1段空いた。

その後、(CDはPCで聴けるけど、)DVDやBDはPCに取り込んでいないから、仕舞うと観られなくなることに気づいたが、今はビデオはほとんど観ないし(実際、前回DVDなどを観たのはいつだったか覚えてない)、長い映像作品を観ること自体が面倒(集中できないし、音楽より拘束度合いが大きくて疲れる)なので、観たくなったら出せばいいと割り切った。

それに、大抵のものはYouTubeなどで観られるし、後で気が変わっていろいろな作品が観たくなったら、(物理メディアを再生するのでなく)Amazonなどの配信サービスに入ればいいだろうとも思う。そういう点では、僕には4KどころかHDだって要らない感じだw

数日後、更に眺めていたら、絶対に掛けないであろうCDなどが詰め込まれたCDファイル(ケースを捨てたCDなどのメディアを入れている)がずらっと並んでいるのも、無意味な気がした。それで、思い切って、(クローゼットをちょっと整理して、)CDファイルもクローゼット送りにした(その時、すっかり忘れていたのだが、使っていないディスプレイ(妹から回収したナナオ S170)がクローゼットの中にあることに気付いた。これも何とかしたい)。本棚が更に1段空いて、スカスカになった。大変気持ちいい。

が、これを見ていると、この空間をどうやって埋めるか(いや、そんな必要はないのだが)とか、逆に、この本棚すら不要なのではと思い始めるし、下から2番目の棚にぽつんと置いてあるグライコだって(PCで処理するようにして)排除したい気もし出すし、クローゼットに仕舞ってある大量のCDなどやブックレットだって処分したくなって来るから、何か少しおかしい(「過整理症候群」?w)かも知れない気がするが、まあ、気分が良くておもしろければ、そんなことはどうだっていいw

「おかしい」という点では、さっき、昔の写真を追加して思ったのだが、その頃の方がずっとおかしかったのではないかと思う。。。 ちなみに、当時は、この本棚の他にCDラックがあり、それがほとんど埋まっていた

まあ、「フルの本棚」のなんてのは昭和の価値観では良かったのだと思う。が、今は時代が代わり、僕もそれに追いついていると言えるのかも知れない。

 

PS. さっき、病院に歩きながら思った。これから(次の世紀?)は、いかに物を持たないか=「物を持ったら負け」の時代ではないかと。特に、家とか車とか大きな物は所持しない。持つなら、なるべく仮想的・電子的な物にして、地球のエントロピーをなるべく増やさない(実は物理法則に反するので、逆にエネルギーを使う)生き方ではないかと。これを突き詰めると、前にも書いた、生き物(少なくとも人間)の居ない、無機的な地球になる。

そう思うのは、極論だが、だいたい、日頃さんざん便利な暮らしをしていて、「自然を大切に」とか「絶滅種を守ろう」云々はあり得ず、全くの欺瞞だと思うからだ。そう言うのであれば、原始時代の生活をしてから言って欲しい。それだって、自然を破壊しながらの生活だと思うけどね。

そもそも、多大なる労力で保護した「自然」なるものは本当に自然なのか、全く疑問だ。その代わりに別の自然は破壊されていないか?

  •   0
  •   0