Archive for the ‘意見’ Category

回避はしたようだが、ビットコインが「分裂」しそうになって、一時的に、多くの取引所が、一斉に取引停止する予定を発表した。しかも、終わりは「未定」だった。なんだかなあである。以前も書いたが、仮想通貨といっても、結局、現実の取引所がなければ取り引きできなってしまうではないか。それでいいのだろうか? それで仮想なのか?

あと、今回の騒ぎの発端となった、取引量の増加に伴う処理の遅延は今後もどんどん起こるだろうし、回避しようとして、別の問題も起こるだろう。それでまた、今回のようなことが起こりそうだ。中心になる人なり団体がないので、いくらでも分裂する可能性はあるだろう。その抑止力は、当事者が通貨を持っていて、価値が下がるのを望まないことか。じゃあ、通貨を持っていない(あるいは、巧妙に売り抜ける: 特定の法に縛られないのでインサイダー規制はないのだろう)プロが参入したら、どうなるか・・・

仮想通貨は、特定の権力の支配なり後ろ盾がないのがメリットなのだろうが、それがデメリットでもあることが露呈した気がする。

あと、上と同じことではあるが、マイニングの泥臭さ、あるいは、リソース馬鹿食い問題を看過していいのかと思う。多くの人が、わずかな見返りのために、膨大な計算パワー(= エネルギー)を消費している。これも、将来問題になるのではないか。それから、みんながマイニングに疲れたり飽きてしまったらどうするのか、あるいは、ものすごい方法で独り占めする人が出ないか? それから、マルウェアのように、不正なマイニングソフトが蔓延して、通貨が成り立たなくなることはないのか?

単なるイメージだが、エントロピーの法則から、仮想通貨の取りまとめ(マイニング)に掛かる労力は、将来的には無限大になって、いつか、処理できなくなるのではないのだろうか? (それなら、独り占めは不可能だ)

PS. なぜか、日頃、仮想通貨の騰落のニュースを載せているIT関係のまとめサイトに、今回の分裂騒ぎが載っていなかったが、「察し」か。

(7/23 2:58 少し加筆)

  •   0
  •   0

はじめにお読み下さい

このサイトの筆者は記載内容の著作権を保有しています。閲覧はもちろん無料ですが、日本放送協会と日本音楽著作権協会に対しては有料です。2回目以降の1アクセス(サーバのログ1行を1アクセスとします)ごとに、閲覧料として1万円を頂きます。ログは定期的に確認しております。確認次第、請求致します。支払いたくない場合は、2度とアクセスしないようにして下さい。なお、『この文言を読まなかった・分からなかった。コンピューターが勝手にアクセスした。』という言い逃れは了承しません。

というのをトップに書くとか。マジで書きたい。

 

あ、アクセス元が徴収対象だったらダイアログを出せばいいのか。「はい」をクリックしたら、契約成立だ。いいねえ!

  •   0
  •   0

i-modeは、今となっては、すっかり「前世紀の遺物」になってしまった。一時はすごい勢いで、誰でも使っていたものだが、今では「なければ良かった」とさえ言われている。そういう評(ネットのものだが)を読むたびに、僕は、(自分の)技術的センスは悪くなかったと、再確認する(ISDNでもADSLでもそうだった)。

僕は、i-modeに関連する仕事をしていたことがあったのだが、最初に仕様を見た時、「ドコモは何でこんなクソみたいに面倒なことをする(させる)のか?」と思った。だって、素直にTCP/IPという出来上がっている標準を使えばいいのに、わざわざ劣化した規格を(知ったかぶりして)でっち上げて、お抱えのメーカーに作らせていたのだから。

当時は、ドコモの連中(有名だった女の人ではなくて、技術屋)が、「自分たちの規格」を作りたかったのだろうと想像していた(大企業だとそういうことは多い。金に物を言わせる自己満足の極みだ)。もちろん、当時の携帯電話にTCP/IPはハードルが高かったのは確かだが、不可能ではなかったと思う。ちゃんと調べないといけないが、その前後に、海外の携帯(Nokia?)でTCP/IPが使えるものがあったのではなかったか?

そんな(独りよがりな)独自規格を押し付けるドコモのせいで、知ってのとおり、日本の携帯は(通信方式だけが原因ではないが)「ガラケー」と呼ばれるようになり、世界から取り残されてしまい、無事、iPhoneに市場を奪われてしまった。

調べたら、i-modeの対抗だったのかは分からないが、同時期に、海外では、WAP (1.x)という、i-modeと同じ用途の規格があった(僕は、これもしょうもないと思っていて、i-modeの代わりになるとは思っていなかったのだが、すぐに廃れたので、すっかり忘れていた)。という訳で、ドコモだけが悪者ではなかったようだ。

だから、あの時、ドコモもWAP陣営も、「普通」にTCP/IP(および、その上位層の各種規格)を使う方向に頑張れば良かったのにと思う。誤った「いいアイデア」は、国すら滅ぼす。

 

PS. もちろん、仕事だったので、当時、嫌々ながらも与えられた仕事をし、そのおかげでいろいろな経験を積めて、お金ももらえた。でも、それは局所的なことであって、大局的に見れば、間違った方向だったと思う。仮に、当時の携帯にTCP/IPを載せる仕事が来たなら、最初は「無理です!!」と言い、ものすごく苦しみながらも、やっぱりやって、結局いろいろな経験を積めただろうから、個人のレベルでは同じことだったと思う。

PS2. 他に、最初から筋が悪いと思っていた技術は、IPv6だ。まるで石油のように、「IPアドレスが枯渇する」と言わ続けて数十年(25年?)。今になってようやく、使われ出しそうな気配ではあるが、問題がいろいろ見つかっているようだ。しかも、「無限に使える」と言われていたIPv6のアドレスも、やっぱり有限だと認識されて来たようだ(僕は、最初から、無駄が多いから無限は眉唾だと思っていた)。果たしてどうなるか。

個人的には、まずは、(インターネットの初期から携わっていた企業などに)無駄に広く割り当てられている(→ 参考)アドレスを回収して再配分するとか、一旦全部の割り当てをなしにして、全部を動的に割り当てる方式を作る程度でいいと思うのだが、こういうところにも利権があるのかも知れない・・・

「(アドレスは)有限」という言葉から、仮想通貨のビットコインを思い出した。先日知ったのだが、ビットコインも総量は有限で、新たに生み出すには、「マイニング」(簡単に言えば、みんなで集計すること。これについても、僕は泥臭くてイマイチだと思っている)をしなければならないとのことで、今、一部で盛り上がっている(例: グラボを多数挿したPC)ようだ。

仮想通貨と違って、IPアドレスは新たに「生産」することはできないが、マイニングみたいなことをIPアドレスでも実施すれば(例: 確実に休眠しているアドレスを発見して、通報する)、みんなハッピーになれるかも知れない?? いや、それは、単に、アドレスの追い剥ぎなのか?w

余談: 更に検索していたら、(IPv4アドレスは、各桁で)0から255までしか使ってないから駄目だという要旨のtweetを見て、笑った後でなるほどと思った。可変長アドレスのクラスや方式(クラスVとかIPvV?)を作ればいいではないか! その区別に使うためのブロックは、どこか(例: ソフバンw)から召し上げるのだ。今の技術なら、きっと対応可能だろう(本当? → 可変長の番号付けは、古き良き電話ですら、大昔からやっているのだから、不可能ではないように思う)。

(なんか、こっちの方が本文よりおもしろくなったなw)

PS3. また繰り言になるが、IPv6で思い出した。今から20年近く前だったか、昔の会社で、IPv6対応をどうするかの打ち合わせで、僕は既存のIPv4の資産を生かした案(v4をv6に変換する仕組みを追加する方式だったか。要は手軽にお茶を濁す案)を提案したのだが、応答は「・・・」で聞き入れてもらえず、「ちゃんとした」IPv6対応をすることになってしまった。まあ、上位層の意思を忖度したのか、最初からそういう方向に決まっていたのだろう。

それから別の人たちが頑張ってIPv6対応したのだが、結局は、(今でようやく10%台という状況を見ても分かるように)全然普及せず、無駄な労力だった。やっぱり僕が正しかったのだ。技術者としてはIPv6をやる方が正しかったのだろうが、トータルで見れば間違いだった。

その決定のために、僕の担当していたIPv4製品は過去の物になってしまい、すごくやる気を削がれた。おまけに、その「別の人たち」は、「v6最高!」とかいう意識高そうな言動や、既存の製品との互換性などを無視して好き勝手に作っていたので大変ムカついたものだが、今はどういう顔で何をしているのか、ちょっと見てみたい。やっぱり、自宅でもv6を使っているのだろうか?w

大学の友人Nもv6信奉者で、当時、「v6じゃないと駄目なんだ」とか言っていたが、随分先の話をしていたようだなw

(23:44)

  •   0
  •   1

朝、下野新聞の「住みよさランキング、宇都宮市1位 50万超都市で5年連続」を読み、全然信じられなかった。帰宅して調べたら、大嘘(市の勝手な解釈+Y新聞的な体制べったり記事。AIだって、もっとマシな記事を書くだろう)だったので、がっかりした(というか、「やっぱり、そうだよな・・・」と思った)。

調査を実施した東洋経済のページを読むと、宇都宮市なんて50位にすら入っていなくて、「宇」の字すらない。それで、朝見た記事を良く読んだら、「人口50万人以上の全国28都市中」という勝手な条件を付ければ、(おそらく)1位だったということなのだと気付いた。全く牽強付会そのものだ。政府が良くやることだが、市にも、こういう下らないことで頭を使う小役人が多いのか。期待はしてなかったけど、がっかりだ。

(自己満足な条件で)1位なんて虚勢を張っても、現実には、人口の少ない、「お金のない街」(例: 印西市は約10万人、税収は宇都宮の約1/2.5)に負けているのだ。ということは、住民のために何をすべきか碌に考えず、お金を無駄遣いしているのではないか?

下らない解釈で自己満足してないで、もっと真面目に街作りをして欲しい!

  •   0
  •   0

ストレス解消なのか、今日もディスりが炸裂w

1. 就職しやすいプログラミング言語

先日、上のような記事の見出しを見たが、まったく馬鹿げている。短期的には効果あるだろうけど、そんなの無意味だ。「IT土方」という単語は大嫌いだが、それになりたい学生の皆さんは、是非、そういう言語を習得して、「即戦力になるね」と言って雇ってくれる黒い会社に就職して死の行進に参加して欲しい。

プログラマーにとって、コーディング(プログラミング言語でプログラムを書くこと)なんて、ピアノストが楽譜のとおりに指を動かすくらい当たり前のことだ(とはいえ、僕は後者は諦めたが)。そもそも、プログラミング言語の流行なんてすぐに変わるのだから、特定の言語に特化した人間なんて、使い捨てにされてしまう。だから、知らない言語だって、ちょっと調べて何とかするか(音楽の初見じゃないのだから、これは充分可能)、使わないで済むにはどうしたらいいか(ピアノだったら「それらしく」弾く?)考えて、実際にそうして、「できました」と言って澄ましている程度のことができないといけない。

そんなことより重要なのは、目的とする物に必要な機能は何かとか、それをどういうふうに実現すればいいかとか、どうしたら問題が起こりにくいようにできるかとか、どうやったら動作確認や保守が容易になるかなどを考えることだ。そういう頭がないから「IT土方」に成り下がってしまうのだろう。

とはいえ、今も昔も、日本では自分で考える本物のプログラマーが疎まれることが多い(というのは、プログラマーの「上」に居るらしい、"SE"とかいう奇想天外な作文をする連中の存在価値がなくなるので)ようなので、世の中はうまく行かない。

2. 綺麗なターンテーブル

近頃は、アクリルだのガラスでできたターンテーブルのレコードプレーヤーが喜ばれるようだが、全く笑える。

あんなの飾りです!

そもそも、レコードはプラスチック(樹脂)でできているので、静電気が起こりやすい。静電気はゴミを引き寄せるので、ノイズの原因になる。だから、昔は、金属製のターンテーブルに導電性ゴムのシートを載せていた。

なのに、アクリルなんて、静電気を弱めるどころか、発生させるではないか(静電気でレコードが吸着されていいのか?)。ガラスはまだまし(強めないだろうが、弱めもしない)だが、積極的に使う価値を感じない(「澄んだ音がする」とか言われてそうだ)。

そういうのを作る人も買う人も、レコードやオーディオの本質を理解していない、ニワカだ。せいぜい、ピクチャーレコードを綺麗なターンテーブルに載せて、耳でなく目で音楽を楽しむのが関の山だ。

 

番外編(更につまらない物w):

・ビートルズ "Sgt. Pepper's"のリミックスアルバム

ジョージ・マーティンの息子がまたやってるけど、何か意味あるのかね。そもそも、アルバムは最初に発売されたオリジナルに一番価値がある。許せるのは、せいぜいリマスターまでだ。オリジナルに入らなかった曲(ボーナス・トラックだのデモ・テイクだの)なんて、所詮「予選落ち」だから、別に聴きたくないし、紙ジャケだの帯だの分厚い解説書だの写真集なんて無駄だ。

それで、このアルバムは何が売りなのだろうか。A○Bのように、おびただしい種類があるけど、基本は新しくリミックスしたという1枚だろう。が、リミックスする必要はあったのか? メンバーの誰かがして欲しいと言った? もう、2人しか居ないし、彼らだって、昔のアルバムなんていじりたくないはずだ。では、数多くのファンが、ずっと物足りないと言い続けていた? そんなはずはない。

しかも、オリジナル盤のプロデューサー本人がするのでなくて、息子とは。その息子は、ずっとメンバーと一緒に生活でもして、メンバーの考えが良く分かっている? だったら少しはいいね。

まったくお笑いだ。単に、阿漕なレコード会社がお金が欲しいから発案して、息子が遊んだだけの作品、というか、「リミックスしてみた」程度の物で、YouTubeに出すだけで充分な、全く価値のない1枚(だけどバージョンは多いw)だ。

先日、僕は、(演奏に対して)「無価値」は言い過ぎだと書いたが、ここではあえてそう書いた。というのは、このリミックスにおいては、アーティストは何もしておらず(方向性すら示していない)、技術者が好き勝手に腕を動かしただけで、到底芸術活動の成果とは言えないからだ。むしろ、偉大な作品のマスターを私物化して、勝手にいじって侮辱する、負の価値と言ってもいいくらいだ。書いていると本当に腹立たしくなってくる。 (6/3 11:18)

  •   0
  •   0

時々、アン・プラグドという演奏形態が取り上げられる(クラシックは全部そうだが)。そこから連想して、これからの社会は、「アン・コネクテッド」かなあと、思った。きっと、今までにもこういう意見を言う人は居ただろうけど、僕もそう思う。

昔に戻って、ネットをなるべく使わずに生きる、そこまで行かなくても、何かをする時に、なるべくネットを使わないようにするのだ。

例えば、見積もりや予約は電話・ファクスを使うとか、メールじゃなくて手紙にするとか、通販じゃなくて本物のお店で買うとか、ストリートビューなんて使わず、自分で見に行くとかだ。

そうすることで、人間本来の良さが再発見できそうではないか。あと、今のギスギスした世の中が、少しはマイルドになるかも知れない(まあ、ありきたりの考えという気はするが)。でも、あと数十年経ったら、「まだネットなんて使ってるの?」なんて言われるかも知れない。

今の僕にはとても無理だけど、将来は分からない(かも知れない)。

 

PS. ビールを飲みながらラフマニノフのピアノ協奏曲(3番)を聴いていたせいなのか、「ネット・計算機命」の僕がこんなことを書いたのは、自分でも意外だ。勝手に指が動いたようだw

  •   1
  •   1

よく、技術系のニュースに、「次のiPhoneはこうなる」とか「次のWindows 10のアップデートは・・・」とかあるが、全くつまらない記事だと思う。

非公式情報から予想したって(大抵は海外サイトからのパクリなので、予想すらしていない)、外れることが多いだろうし、そもそも、次の製品を予想して何かいいことがあるのかと思う。

一部の信者は趣味として楽しいかも知れないが、現状に不満のない人にしたってある人にしたって、確定していない情報に一喜一憂させられるだけで、何もいいことがない。メリットがあるのは、その不確かな情報を信じて現行製品からの乗り換えを考えるバカ者が増えるであろうメーカーと、ニュースの出版社だけだろう。

そんなのより、4月1日の嘘記事の方がおもしろいくらいだ。もっと技術の本質を考えて欲しいが、きっと、考えられないのだろう。

そんな提灯記事を書く出版社のニュース(I○mediaだのI○press watch)なんて読みたくないのだが、他にないので仕方ない。

  •   1
  •   0

先日、ちょっと出張した。出張の楽しみと言えば、人(まあ、着目するのはほとんど女性だがw)を観察するとか、夜の飲み会や、宿での音楽(演奏)選びだろう。それに加えて、今回は新しい楽しいことがあった。以下、そういうことや思ったことを書いてみる。

行きの新幹線で、前の席のサラリーマンが、タブレットで「日経新聞」(紙で出版されたものをスキャンしたようなフォーマット)を読んでいたが、全然便利じゃないだろうと思った。昔から全く進歩がない。あんなのだったら、webの方がずっといい。まあ、日経を読む時点で「察し」なのか。

初日の仕事の後、宿に戻って飲み会の時間を待つ間聴いた、ギーゼキングとカラヤンのK.488 (1951)は、どことなく透明でなくて好みでなかった。ギーゼキングは初めてかも知れないが、想像どおり癖がある感じだ。聴いていたら、一緒に行く人が部屋に呼びに来てくれたので、再生を停める方法が分からず慌てた。

今聴くと、カラヤンらしくなく、オケがルーズな感じがする。ピアノがそれに合わせてしまっているのも、気に入らなかったのかも知れない。

飲み会の後、部屋に戻ってから、ラローチャのK.488 (1991)を聴いた。やっぱりいい感じだった。が、酔っていたのですぐに寝入ってしまい、気付いたら午前3時頃で、演奏はとうの昔に終わっていた。

翌朝、朝食前に、彼女のモーツァルト ピアノ協奏曲 21番 (1987)を聴いたのだが、今ひとつだった。彼女には波があるのかも知れない。この前後にも数人の演奏を聴いた。どういう訳か、結局、ラフマニノフ ピアノ協奏曲 3番になり、それも何人か(トリフォノフ、フェドロヴァ、ブニアティシヴィリ、アルゲリッチ、マツーエフ、ベルマン)を試しに聴いたがどれも満足できず、最後はBehzod Abduraimov (ベフゾド・アブドゥライモフ)という人の演奏(2016)を聴いた。新人らしいピアニストはすごく頑張っているのだが、残念ながら熟練不足な感じだった(今聴くと、それほど悪くないけど)。指揮はゲルギエフで、いつものように振り方(外見)が独特だった。あの妙な感じは結構好きだ。

余談: iPhoneでも、Googleにログインしていれば、YouTubeの再生履歴に表示できることが分かって、上のような文章がかなり正確に書けるようになった。個人情報収集の問題はあるだろうが、便利だ。

そのせいか、その日は朝からラフマニノフのピアノ協奏曲 2番が脳内で無限ループしていて、早く帰って好みの演奏を聴きたかった。

仕事は展示会での説明(補助)だったのだが、社員が多くて特に声も掛からず暇だったので、場内をぶらぶらしていたら、販売コーナーに出店されている方と話が弾んだ。その方は、自分で製作した、写真やイラスト・絵を表に出した包みボタンを販売していた。僕は、もちろん手芸やボタンには興味はないのだが、ある作品の色使いが綺麗だったのでちょっと見ていたら、話しかけられたのだ。

その方は、昔つくばに住んでいたが、雰囲気が嫌いで、今は埼玉に住んでいて、バイトで通っているとのこと。そして、茨城に住むなら南の方がいいと言っていた。いろいろな話がおもしろかったので、何か買ってもいいとは思ったのだが、買っても死蔵するだけで、それでは全く意味がないので、「申し訳ないけど今日は買えません」と言って、別れた。いつか、何かの機会があれば、頼みたいと思う(読まれている方で、ご興味のある方には、店名やURLをお教えします)。30分くらい話していたかも知れない。

その後もぶらぶら見ていたら、2つのブースで留学生から声を掛けられて、話し込んだ。最初の人は通り掛かって目が合っただけで話し掛けて来た。興味はなかったのだが、僕の分野にも少し関係があったので、質問したり話を聞いたりするうちに、段々おもしろく感じてきた。15分くらいは話しただろうか。

2番目は、題がおもしろそうだったので見ていたら、声を掛けられた。実際には、題からの想像とは異なる内容ではあったのだが、話を聞くうちに、おもしろくなって来た。こっちも15分くらいは話した気がする。その方は、京都の社寺が好きだそうで、まだ行ってないから是非行きたいと言っていた。

どちらも中国系の人だったと思う。普通の日本人だったら、ちょっと見ていた程度で話し掛けては来ないだろうし、素人に長々と説明なんてしてくれないだろうから(あ、ボタン屋さんはそうでもなかったか)、熱意とかやる気とか開放的な性格を感じた。もちろん全員ではないだろうが、平均的には高いのではないか。それは欧米にも通じるのではないだろうか。そういうところが、日本が追い抜かれてしまった原因ではないかと感じた。僕は、それらの国は好きじゃないけど、すべての国民(なんて知らないから)が嫌いという訳ではないし、たとえ嫌いだとしても、見習うべき点はあるように思う。少なくとも、目を閉じていまだに「日本はすごい」、「*国はレベルが低い」とか言って自己満足しているだけでは駄目だ。

つつがなく仕事が終わり、宇都宮駅に着いて、いつものように吉野家に行き、黒カレー(大盛り+半熟卵、けんちん汁・サラダセット)を試した。結構香りが良かった。750円。

部屋に戻ったら22時近かった。さっそく、ブロンフマンのラフマニノフ ピアノ協奏曲 2番 (1992)を聴いた。家のオーディオは音質はすごくいいけど、iPhoneだって、音楽(演奏)を楽しむ点では全く問題ないことを再確認した。音楽は音質じゃないんだよね!

 

PS. 今回の演奏選びで消費したデータ量は、約1GBだった。結構多い。1泊1GBとすると、いくら繰り越しがあっても、4泊程度で容量を使い果たしてしまう。僕はそんなに長い出張はしないだろうが、YouTubeの音だけを聴けるアプリを作ってくれると助かるのだが・・・

もしかして、自分のサーバに、YouTubeのビデオから音を抜き出して再送信するプログラムを作ればできるのだろうか? YouTube互換のクライアントを作るのが厄介そうだし、YouTubeも不正利用に目を光らせていそうだから、いろいろ難しいだろうが、そこがクリアできれば何とかなりそうな気がしてきた。そういうサイトは既にありそうな気がするが、訴えられていそうな気もする。(14:24)

PS2. 全くの別件だが、webショップのあるクラシックアルバムの見出しに、「深い内省と慈愛に満ちた」とあったのには笑った。さすがにそれは、オーディオの「演奏者の息遣いが聞こえる」と同じ類の眉唾だろうと思う。演奏者の性格なんて、演奏からは分からないと思う。そして、僕は、そういう個人の背景の類は気にしないことにしている。性格のいい人が、必ずいい演奏をする訳ではない、というか、性格が演奏に現れるとは思っていない。曲にしても同様だと思う。

かなり横道に逸れるが、上の論理を突き詰めると、「音楽(芸術)とは何か」という疑問にぶち当たる気がする。別の言葉で言えば、「AIの演奏(作品)は芸術か」だ。

今まで僕は、芸術は人間がするから芸術であって、機械が作るものは違うと思っていた。でも、近頃は、それは怪しいような気がしている。というのは、バッハやモーツァルトのようにかなり昔に死んでしまった人は、本当に人間だったのか怪しいと言えなくもない(まあ、そんなことはないが)し、上に書いたように、その人の背景や性格を無視したら、すごくいい演奏をする機械と何が違うのかということになる。

人間には機械と違って創造性やオリジナリティがあるとは思うのだが、近頃のAIの発達を見ると、それもずっと人間だけができるものとも思えなくなって来ている。

例えば、演奏技術はもちろん、作品の「理解」に関しても、膨大な情報を駆使できるAIが勝つのではないだろうか?

なんてことは、追伸の追伸に書き切れるものではないのだが、ちょっと前から思っていることなので書きたくなった。

そして、僕は古い人間なので、上のようなことを自分で書いて悲しくなってしまう。仮に機械に負けたとしたって、人間の演奏が聴きたい。(15:21)

  •   2
  •   1

今までオーディオでいろいろ遊んで来て実感するのは、

メディアなんて何だっていいんだよ!

ってことだ。これは、動画や写真なども同様だと思う。反論はあると思うが、そういう方に聞いてみたい。

ハイレゾにして、今までつまらないと思っていた演奏が、実は名演奏だったと気付くことがありました?

まあ、昔の演奏をハイレゾのフォーマットにしたって「偽レゾ」になるだけだが、リマスターが近いだろう。上記の発見が1例でもあれば、僕は謹んで意見を変える。もちろんないだろうが。

一番分かりやすいのは、文学だ。電子書籍やPCで、数千dpiの、ものすごく精細で、職人が丹念に作った、美しい字形のフォントで表示したら、普通のフォントで読んだのでは分からなかったことが分かって、すごくいい作品であることが分かるかということだ。全くあり得ない。

(少し早いけど)まとめると、芸術は本質(人間が見たり聞いたりして感じること?)が重要であって、媒体なんてどうでもいいのだ。別の例では、車だって、「いい車」や「高い車」に乗ることなんかより、どこに行くかとか、乗って楽しいかどうかが重要なのだ。まあ、高い車に乗るのが楽しいと思い込んでいる人は多いだろうが。

物(媒体や手段)にこだわるのは、感じようとする気持ちを持たず、本質を分かろうとしない、外見から入るミーハーな人なんだと思う。実際にはそういう人が多いし、企業はそこから儲けようとしているのだが、邪道としか言いようがない。

 

5/12 19:46 追記: 本質が重要で、媒体や手段は何でもいいのだけれど、趣味として行う場合には、どこまでが意味あるのか、僕自身も判断するのが難しい場合がある(そして、つい余計なことをしてしまう)。基本的には、何かやるとして、それが本質を楽しむための必要条件(例: 音楽が、雑音まみれなどでなく、「ちゃんと聞ける」)だったり、やることが目的になっていない(「*にしたからいい」になっていない)のなら、「あり」なのだと思う。

以下に、僕がある程度詳しい分野で、個人的な意見としての、あり/なしの例を書いてみたい。

  • (音楽を楽しむための)オーディオ
    • 雑音のない再生: あり
    • 制作された音をなるべくそのまま再生することへのこだわり: あり
    • アナログ(例: レコード)へのこだわり: なし
    • ハイレゾ: なし
    • ポータブルHi-Fi機器: なし
    • 「プロ仕様」: 概ねなし (本当のプロ用ならいい)
    • 自家用電柱・トランス: なし
    • その他のさまざまなまやかし物: なし
  • 音楽
    • 初回プレスへのこだわり: なし
    • 限定・デラックス盤: なし
    • ボーナストラック・未公開だった曲: 概ねなし (ボツになった曲が多い)
    • さまざまな特典(投票だの握手だのも含む): なし
    • 紙ジャケ・帯: なし
    • リマスター: なし
    • 古楽器(当時の楽器)での演奏: なし? (演奏の仕方まで完全に再現できるのか?)
    • 原典版: あり? (楽譜はオリジナルとして、解釈はどうなのか?)
    • 竹輪のように薄いタイヤ: なし
    • 低い車高: なし
    • 羽: なし
    • 最高速、0-100のたぐい: なし
    • 「ニュル最速」: なし
    • レース仕様: なし
    • 赤いブレーキカバー(○レンボなど): なし
    • ものすごいパワー: なし
    • 軽さ・コンパクトさ: あり
    • その他のさまざまなまやかし物: なし
  • 文学
    • 初版本: なし
    • 初版レプリカ: なし
    • 限定本・サイン本: なし

余談: ピュアオーディオマニアの方にとっておきの音源がある。音楽を再生するなんてまどろっこしいことをせず、是非、テスト信号発生器を使って欲しい。これなら、いい音の録音を探すことなく、いつでも希望するさまざまな音域・音量の音(例: 1Hzとか100kHzとか32ビットとか)が出せるから、ご自分のシステムの性能を確認することが可能だ。この時、再生した音が耳で聞こえない場合に備えて、スペアナなどの測定器も欲しいところだ。ただ、計測器で測定できない音の違いを再現できるシステムの場合は難しいので、ご自分の耳だけで判断して欲しい。

あと、楽器を何台か買って来て、自分で出した音を、ご自分の最高のシステムで録音して再生すれば、それよりいいことはない。別に、音楽が弾けなくたって、いい音が出ればいいではないかw

余談に追加: ちょっと気付いたのだが、自家用トランスを設置する人は、部屋までの送電線やトランスの巻線の素材にはこだわっているのだろうか。やっぱり、OFCとか6N(99.9999%)とか純銀とかの純度・品質の高いものを使うんだよね。じゃないと、屋内の電源ケーブルや信号線だけいいものを使っても、片手落ちだもんね!w (5/13 19:16)

  •   0
  •   0

池田直渡 「週刊モータージャーナル」: 「歴代ロードスターに乗って考える30年の変化」 (2017/5/1)を読んで、なるほどと思った。その部分を引用する(太字は僕):

マツダにはロードスターのための「ライトウェイトスポーツのパッケージ哲学」がある。

  • フロントミッドシップのFR方式
  • 軽量コンパクトなオープンボディ
  • 50:50の前後重量配分
  • 低ヨーイナーシャモーメント
  • アフォーダブル(手ごろな価格)

これは歴代すべてのモデルが守った掟(おきて)である。筆者は最初にこの5カ条を見たときに、無駄のないライトウエイトスポーツの定義に深く感銘を受けたが、今、振り返ると1つ足りない。それは「いかなる速度でも楽しいこと」だろう。

たびたび書いて来たが、僕がSWIFT Sportでゆっくり走っても楽しいと感じるのは、この「いかなる速度でも楽しい」ようにできているからなのだろう。手前味噌だが、本当にいい車だ。

ただ、彼の言う「接地感」と「軽快感」が相反するというのは、分からない。SWIFT Sportには両方備わっているように思うが、客観的にはどうなのだろうか。どちらかと言えば接地感なのだろうか。まあ、乗って楽しいので、どちらでもいいことだが。

彼の論には賛成なのだが、引用部前半のマツダの「哲学」には異論がある。まず、オープンボディは軽量化には反する。軽快感(実際には開放感)は出るだろうが、強度を出すために重くなるから、ライトウェイトスポーツだったらこだわるべきではないと思う。そこにこだわるのは、レジャーカーのカテゴリではないか。

そして、方式や仕様(軽量コンパクトとアフォーダブル以外全部)は、どうだっていいと思う。そういうのを「哲学」と呼ぶのはおかしい。目的と手段を取り違えていて、無駄なこだわりだ。車でもオーディオでもコンピューターでも同じなのだが、特定の方式や技術を組み合わせればいい物になるのではない。もし、それがあり得るのなら、現代はいいもの(実用的な面ではなく、感性的な話)がゴロゴロしているはずだ。そうではなくて、できあがった物(ここでは車)がいいもの(車なら、例えば「乗って楽しい」)になっていればいいと思うし、そこにこだわるべきだと思う。それが哲学であり、難しいことなのだが。

蛇足だが、いくら感性が重要とは言っても、鬼キャンとか仮想アース装置とか水素水みたいな、科学的でない不思議なものはお断りだ。それはまやかしだと思う。

  •   0
  •   0