Archive for the ‘意見’ Category

先週末に、gmusicbrowser (GMB)に、デスクトップウィジェットのアルバムアートを押すと、メインウインドウをアイコンにしたり戻したりする機能を付けた。GMBは、メインウインドウを閉じた時に、タスクトレイに最小化(アイコンにする)できるのだが、タスクトレイアイコンが小さくて押しにくいので、もっと楽に操作したかったのだ。

実装は意外に難航した。普通に最小化したのでなく、タスクトレイに最小化したのを復帰させると、その前より幅が広くなるという問題が解決できなかった。それで、普通に最小化した時にしか復帰できないようにした。

そして、今朝気付いた。実際には、GMBをタスクトレイに最小化しない設定にして(その時は間違って閉じないように注意する必要がある)、普通のアイコン(小さくない)で操作すれば充分だし、その方が操作が一貫している。あるいは、メインウインドウを閉じた時に、タスクトレイでなく普通に最小化するように変更するほうが、ずっと簡単だったような気がする。それに、今気付いたが、この機能では、アルバムアートがない場合は操作できないという欠点がある。

本当の問題は、「タスクトレイアイコンが小さくて押しにくい」というだけのことだったのだから、何か押しやすいものがあれば良かった訳で、それは(既にある)普通のアイコンそのものなので、苦労して新しい機能を作らなくても良かったのだ。

まあ、折角作ったのだから戻さないでおこう。そして、後で、幅が広くなる問題を解決したい。これは、GMBの起動時にも起こることがあるので、何かがおかしいようだ。

そして、物でもソフトでもシステムでも世の中の仕組みでも、安易にいろいろな機能や施策を追加しがちだが、その前に、本当の問題をもっと良く考えた方が、複雑にならず、コストも掛からず、新たな問題も生まれないのだろうと思う。とは言え、安易に見えるけど、実際には、多くの「頭のいい」人たちがいろいろ考えた末におかしくなってしまうことも多々あるので、なかなか難しい。

PS. 世の中の仕組みなどは、実際には、「いろいろ考える」方向が意図的に異なっていて、本当の問題は分かっているけど、根本から解決する気は毛頭なく、「頭のいい」人たちの都合のいいように「解決しようとしている振り」をするように見せて、みんなを欺いていることが多い気がする。

PS2. 本題のGMBだが、昨夜、メインウインドウの閉じるボタンを押した時に、タスクトレイでなくアイコンに最小化することができるように変更した。また、閉じた時の動作設定に、従来の動作(閉じた時にタスクトレイに最小化または終了)に加えて、アイコンに最小化する動作も追加して選択できるようにした。これで、間違って閉じるを押して終了することもないし、ウィジェットでもアイコンでも押せば復帰できるから、操作も統一できた。(1/25 4:47)

設定ウインドウの追加した部分

  •   0
  •   1

近頃、妹と音楽に関係してメールをやり取りしていたのだが、今日、ひょんなことからとんでもないことを知ってしまった。彼女とは、音楽に向かう姿勢(あるいは指向というのか)が、全く・根本的に違うのである。

彼女のメールに書かれていたことを読んで、かなり困惑した。「こういう風に音楽を捉える人も居るのか。しかも(妹)が・・・」という感じだった。それへの返事をどう書くか、あるいは、書かないで済ませるか、迷っている。

僕の意見をそのまま返信したら、とんでもないことになりそうだ。一方、彼女はここは読んでいないだろうから、ここに考えをまとめるのはいい考えだと思うのだが、彼女の考えには宗教が絡んでいるので、いつものように貶すことは適切でない。ならば、非公開の日記に書いておけばいいのではあるが、どうしても自分の考えを述べたいので、可能な範囲でここに書いてみる。

僕と妹の、音楽に関する相違:

  • 妹: 信仰のない音楽は無価値
  • 僕: 音楽は信仰(宗教)とは独立。美しい音楽はそれだけで尊い。

音楽史は全く詳しくないが、かなり昔は、音楽(ここでは西洋音楽)と宗教(ここではキリスト教)は密接に関係していたのだろう。発端は宗教だったのかも知れない。だから、その頃の音楽や教会用の音楽については、宗教的な背景を理解して演奏する必要があることは分かる。が、信仰心がない演奏に「価値がない」と言い切られたら、かなり頭に来る。

例えば、(想像だが)モーツァルトのレクイエムなんて、彼女にとっては全くの無価値・無意味な曲・演奏に聞こえるのだろう。あるいは、無宗教の人や他の宗教の人が演奏するその頃の曲は、価値がないのか。

断じて違う。

確かに、その宗教を信仰していない人の演奏は、信仰している人に比べて良くない可能性はある。それは、「日本人は西洋音楽を理解していない」と言われるのと同じことではある。が、決して価値がないとは言えない。それは音楽や演奏者を侮辱することだと思う。「下手」や「嫌い」は許されるが、「無価値」は許せない。

そもそも、演奏者の信仰心は演奏を聴いて分かるのだろうか? そうじゃないと思う。「いい演奏がいい」のであって、信仰心は関係ないと思う。この考えを進めたら、CDに演奏者の宗教歴などを書かなくちゃいけないくなるのではないか。結構恐ろしい。

今気付いたが、僕と彼女の「音楽」に求めるものとか定義が異なるのだろう。彼女は芸術としての音楽を求めているのではなく、教会で使う「道具」を求めているのだろう。だから、相容れなくて当たり前なのだ。

言うまでもなく、音楽は芸術なので、特定の宗教に依存せず、単体で存在し、それ自体で評価されるものだと思う。誰が聴いたって分かるものなのだ。教会用音楽だって同じだ。音楽として良いものも良くないものもあるはずだ。芸術家は、いい曲を作ろうと努力し、いい演奏をしようと努力している。その根源に宗教がある人は居るだろうし、そうでなく、音楽自体を信じている人も居るはずだ。

書いていたら、また頭に来てしまった。。。返事は出さない方が良さそうだ。

  •   3
  •   0

(楽しくない話題が続くが、たまたま目が覚めて書く気になったので、ご容赦を。

以下は、僕の想像・フィクションである。ここに、ドラマの最後に出るような注意書きが来るであろう。)

日本に「ブラック企業」は多いが、その原因は、経営側だけにあるのではない場合がある気がする。従業員自身が、ひどい環境に忖度とか納得とか我慢してしまって、声を上げなかったり行動を起こさなかったりするのだろう(これは、webで読んだ、近頃有名になっているらしい、デービッド・アトキンソンの文章(「日本の労働生産性は低い」という主旨)にも書いてあったと思う)。その他に、「空気を読む」(他の人に合わせなければ駄目だと思い込んでいる)こともあるだろう。

具体的な例(といっても、想像だが)を書くと、前の投稿に書いた、ひどい経営者の会社の社員は、残業代がまともに払われなくても、トップが自分勝手な言動をしても、(表立っては)文句を言わずに働く。その意識を想像してみると、以下のようなものであろうか。

  • 偉い人に楯突くのは良くない(どうせ無駄だし、怒られたくないし、クビになりたくないし)。
  • 会社が苦しそうだから、我慢しよう。
  • (自分を卑下して)雇ってもらってありがたい。
  • みんな我慢しているから、自分も我慢しよう。
  • 何もしなかった時間があったから、それと残業代を相殺した方がいいのでは?
  • 自分は終わったけど、みんな帰らないから、悪いからもう少し残るか・・・
  • (法令を知らないので、その状況が違法だと知らない: 実はニュースで薄々勘付いてはいるが、自分には関係ないことにしている)。

それで、何も行動せずに居るのだろう。でも、鬱憤の溜まった社員は、(辞めた後に)通報するのかも知れない。日本人の悲しい習性(これは自然のものではなく、「教育」で押し付けられたことだ)だと思う。

仕事は趣味じゃないので、"No pay, no work"だ("No work, no pay"が一般的だが、それは経営者の論理だ。社員を働かせるのは経営や管理職の義務なのに、それが満足にできていないのを棚に上げて、お金を払わないというのは、おかしい)。社員は、労働や時間を会社に提供して対価を得ているのであって、給料がもらえるのは「ありがたいこと」ではない。当たり前のことだ。会社は福祉事業ではない。

会社が苦しいのは経営者の責任だ。なのに、自分たちの正当な残業代を減らして(更に、健康を損なって・損なうリスクを冒して)まで会社の収支を良くする義務なんてないし、それに依存している会社は終わっていると思う。そして、そんなことをしても、喜ぶのは経営者だけだ。どうせ、「会社が苦しい」からという論理で、給料はいつまでも上がらないし、ボーナスだって少ないだろう。その割には、経営者はやりたい放題ではないか? 苦しいという経営者の給料が一体いくらか、公表されているだろうか? 「会社が苦しいから、自分の給料を減らす」という経営者が、果たしてどのくらいいるか。

何もしなかった時間があったって、それは仕事を与えなかった管理職の責任であって、たとえ1分だって、会社に拘束されていた時間に対しては、給料が払われる必要があると思う。ただでさえ、会社の規則は経営側に有利になっているのに、なぜ、それ以上に譲歩してしまうのだろうか。

逆に、自分の仕事に、給料を堂々ともらうだけの自信や誇りを持たない社員は駄目だ。「道楽ですか?」と言いたい。

「(上に)楯突くのは良くない」、「みんな我慢しているから」、「(他の人に)悪いから」は、悪いことばかりじゃないけど、程度問題だ。そんな態度でい続けたから、日本は戦争になってひどい目に遭ったのではないか(そうなってすら、ほとんどの人は表立っては文句を言わなかったが)。

決まりを知らないのは悲しいことだ。学校は一体何を教えて来た(教えるべきだと思っている)のだろうか。。。学校の代替を考えても、労組のない会社では、労働関係の法令や常識など誰も教えてくれない。だから、自分たちの権利も義務も知る由もない。そのために、(悪どい)経営者に搾取されているのだ。

仮に僕がそういう会社に居たとして、残業代が満足に払われないことを知り、そのことで文句を言っても無駄だったとしたら、とりあえず、残業はしない。終業時刻になったら即刻帰る。仕事の予定は、全部定時ベースで組む。定時ベースで間に合わないなら、上司にそう伝える。シンプルだ。それでも我慢することはあるが、最悪ではない。

もっと世の中を良くするには、決まりや世界の常識を知る(知らせる)ことから始めるのがいいのだろうか。でも、誰が教えるのだろうか? 仮に教えても、上に書いたように、自主的に我慢してしまうのでは無駄だから、意識を変えるところから始める必要がありそうだ。それは、言ってみれば、国民性を変えるということで、かなり困難だ。

明るい展望はない。今の国の規制なり摘発(真意がどこにあるにせよ)が真の効果をあげ、今後も継続すればいいが、果たしてどうだろう。だから、本当のことに気付いた人たちは信念を持って行動して、自分の権利や健康を自分で守って行くしかないと思う。

 

(それでは、おやすみなさい)

  •   3
  •   0

(以下は、僕の想像・フィクションである。ここに、ドラマの最後に出るような注意書きが来るであろう。)

 

いろいろ居るだろうが、「こういう奴は人間として終わっている」と思うケースを書く。

社員に責任やリスクを押し付けて、自分は被害者面する人。

ある会社に、今問題になっているブラック企業のように、お役所から指摘があった。きっと、辞めた社員が通報したのだろう。それが初めてでないので、厳しい内容だったようだ。

偉い人は、それでビビったようで、「(初めて指摘された時に、付け焼き刃的に、あるいは、泥縄式に決めた)規則を社員がきちんと守らなかったから、こういうことになったのだ」とかいうふうに、半ば逆ギレのようになっていた。しかも、一度でなく、何度もそんな言動をしていた。

なるほどと思った。阿呆は、こういう言動をしても、なーんにもおかしいと思わないのだなと。

まず、(怠惰で守らないのと異なり)好きで規則を守らない社員は、余り居ない。特に、好きでタダ働きする人はまず居ない。「守れない」のだ。その原因がどこにあるのか、きちんと調べて・考えて、解決すべきではないか。経営者の仕事は、ただ偉そうにしているだけじゃなくて、そういうことじゃないのか。

更に、その規則が守られていない状況をずっと看過して来て、(法を守っていないのに気付かない振りをして、)その結果、利益を得ていたのは、自分じゃなかったか。それなのに、問題が発覚したら、その利益を生み出して来た社員たちに責任を押し付けたのだ。それに気付かないのは大変オメデタイ方だから、次の言葉を無料で進呈したい。

無料の昼食なんてものはない。

その人は、「何かあったら、直接相談に来い」などとも言っていたが、そんなのは、他人の気持ちが分からない人が良く言う言葉だ。それが容易にできる(た)ことなら、通報される事態にはならなかっただろう。トップに気軽に相談できる社員が、どれくらい居るか。そして、上に書いたように、平気で被害者面するトップに、どんな相談ができるというのだろうか。

という訳で、かなりの社会経験がありそうに見える人でも、実際には、裸の王様とか井の中の蛙になっていて、箸にも棒にもかからない場合がありそうだ。でも、それでずっと通って来たのだから、幸運な人と言えるのかも知れない。ただ、果たしてそれがいつまで続くのか。

PS. 実は、この話に関連して、これより先に書こうと思っていた話がある。「自主的ブラック労働」という題だ。日本中に蔓延していそうだ。近いうちに書こうと思う。

  •   1
  •   0

前の投稿の追伸で上のように書いたが、それについて少し書きたくなったので、まとめるのは無理かも知れないが、書いてみる。

何を言いたかったかというと、音楽は、YouTubeなどに投稿して、比較的多くの人の感想を得ることができるが、文章はなかなかそうは行かないということだ。

もちろん、YouTubeだって、投稿しても観られず(聴かれず)コメントが付かないことは多いのかも知れない。が、文章は更に少ないように思う。まず、投稿する場所は、ブログか同人誌的なサイト程度だろう。どちらも、知らない人の目に留まることは少ない。投稿しても、読まれるとは限らない。読まれても、理解されるとは限らない(逆に、理解されないことの方が多い)し、読んで筆者の意図を理解するには時間も労力も知識も要る。

実際には、音楽だって、作者や演奏者の意図を理解するのは難しい。が、最初の一音で、その演奏がいいか悪いか(実際には、多くは、「好きか嫌いか」)分かることだってある。一方、(絵文字・顔文字や写真やイラストなどなしで)文章だけで、最初の一文字(あるいは、ぱっと見)で「すごい!」とか「好き/嫌い」と思われることは皆無だろう(ぱっと見で、「長いから嫌」はあるか)。だから、音楽は文章よりは聴かれてコメントを得る可能性が高いのではないか。

他には、音楽だと、途中までは無意識に聴き流していて、あるところでふと「いい」と思うことは多々あるが、文章だと、途中まで無意識に読み進めて、ある一文で唐突に「おもしろい」と思うことは、まずないだろう。

それから、音楽がすごいのは、国や時代が関係ないことだ。もちろん、国や地域、時代ごとに音楽は違うが、聴くのは全く可能だし、楽しむのにも問題はない。が、文章は全くそうではない。知らない言語の文章は全然読めないし、昔の文章を読むのも困難だ。そういうところが、文章の悔しいところだ。

そして、最初の一文字で「すごい!」と思われる文章はあり得るのかとか、「文章のYouTube」はどういうものなのかとか、国(言語)や時代が関係ない文章はあり得るのかとか、そういうおかしなことを考えている。(草稿: 2016/12/27 22時頃)

最後の段落について今思ったのだが、考えを、言語を使わず、文字で書かず、何か別の、「考えの塊」のような形態で記録して、何らかの方法で読めるようにすれば、可能になる気がする。例えば、物理的にはQRコードとか無線タグのようなものだ。それを見る(スキャンする)と、一瞬で考えが伝わって来るのだ。ただ、果たしてそれが「文章」と呼べるかは疑問だ。が、文章だけでなく、音楽を含むあらゆる表現の手段(メディア)になれるような気がしてきた。

  •   0
  •   0

宇都宮市のLRT問題を少し調べたら、市民の声として、以下のようなものが見つかった。(要旨)

朝は道路が渋滞していて、いつ会社に着くか分からず、早く家を出なければならないから困る。

確かに、その道は橋がある関係で、朝夕は毎日渋滞している。が、永遠に着かない訳ではない。混まない時に比べて30分とか1時間、家を早く出ればいいのだ。ちょっと遠回りすれば、別の道だってある。それが普通なのだから、それを予定に組めばいいだけだ。

その人がLRT賛成派なのかどうかは忘れたが、都会の満員電車に乗って通勤したことがないと思われる。あれに比べれば、あの程度の渋滞なんて天国としか思えない。車だったら、自分好みの冷暖房が効いた車の、ゆとりある席に座って行けるのだ。一方、電車なんてまず座れないし、ゆとりがある立ち位置を確保するのだって難しい。もし遅れたら、何時間でもすし詰めなんてことだってあるのだ。もっと世の中を知って欲しいと思った。

もう一つ。先日、市長のLRTの構想なるものが披露されたそうで、概要程度しか分からないが、それだけで論外だと思った。(下野新聞web版の見出しと本文の冒頭)

宇都宮LRTで朝食、カクテルを・・・佐藤市長が構想披露 運賃は初乗り150円、上限400円程度 帝京大でシンポ

【宇都宮】車両には朝食がとれる専用車両や、仕事帰りはカクテル列車にも-。

苦笑せざるを得ない。「本気(マジ)ですか?」と聞きたい。まあ、本当に朝食を食べる人がいればいいけどね。そもそも、そんな車両を繋いで、ラッシュ時の輸送能力が余ると考えているのだろうか? 余るのだったら、LRTに乗る人は少ないと考えているのではないか。カクテルって、何時間の運行予定かな? (総延長は100kmくらいはあるんだよね?) 彼の本気度とか、常識のレベルが分かる。

それで、僕は基本的に人の経歴にはこだわらない(今とか結果が重要)ことにしているのだが、この人はどういう経歴なのか、すごく興味が出て調べた。そうしたら、市長になる前は政治経験はなかったようだ。1984年から2004年まで延々と、親から継いだ会社の社長をやっていて、それから市長になったようだ。やっぱり、もっと世の中を知って欲しいと思った。

(12/20 7:17 若干加筆)

  •   0
  •   4

よく、政治家などが、「丁寧な説明をして、住民の理解を得たい」とか言うが、それは全くいいことではなく、傲慢な本心の現れだと思う。

「丁寧な説明」が必要になった背景は、反対が多かったからなのだが、それにも関わらず、本人は自分の考えを変える気持ちは毛頭ないので、「説明」をして人の考えを変えるか、「十分説明をした」というアリバイを作って、とにかく自分のやりたいことを進めようとしているのだ。

今、地元の市でもそういう案件があり、市長が(危うく落選しそうになったせいか、)上のようなことを言っているのだが、全く溜息を吐くしかない。他にもっとお金を掛けるところはあるだろうに。。。まあ、あと10-20年もすれば、誰が正しかったかは分かるだろう。でも、その時は、本人も議員も引退して知らん顔(あるいは、「(実施後に)想定外の変化があった」とか言って言い訳する)を決め込むだろうし、実施した役人は指示されたとおりにしただけだとか言って責任を取らないのだろうから、全くいい気なものだ。

(以下、後で地元での具体的な話を書きたい)

ここ宇都宮市には、「都市づくりのために」LRTとかいう簡易電車あるいは路面電車を敷設する計画がある。それが、先日の市長選で意外に多くの反対票が投じられたので、現職が慌てているようだ。それで「丁寧な説明」をしたり、(それが済むまで?)着工を延期したりするようだ。

その計画がいかに無駄かについて書きたいのだが、それには、計画をちゃんと調べる必要があるし、他のローカル鉄道を作った自治体(横浜、名古屋、仙台など)との違いを調べる必要もあるのだが、面倒なので調べていない。

だから、まだ単なる印象しか書けないが、まあ「無駄」としか思えない。たった一本の線路(それも、駅と街外れの工業団地をつなぐだけ)を敷いて、なぜそれで街が発展するのか。将来は網の目にするとかいう壮大な構想はないのか? なぜバスじゃ駄目なのか。確かに公共交通は大切だしエコだが、現実には車中心の地方都市なのだから、道を広げたり橋を増やすなど、道路を良くした方がいいのではないかと思う。

例として具体的なことを書くと、宇都宮は、住宅地の至るところに、行き止まりや車がすれ違えない道がある。すれ違えない道でも交通量が多いので、他人の駐車場が勝手に退避場所に使われている有様だ。ある駐車場は、毎日多くの車が通るものだから、砂利の路面が荒れて凸凹になってしまい、水たまりすらできている。そういうのを市長は知らないのか? 見たことがないのか? 見ても何も感じないのか? 僕にしてみれば、そういうのをコツコツと改善した方が、ずっと住みやすい街になると思う。

ただ、そういう工事にはお金が掛かる。道を広げる時に、1軒の家を動かすのにいくら掛かるか知らないが、仮に1千万円としたら、LRTの予算(約500億円)では、5千軒しか対応できない(宇都宮の世帯数は約22万)。でも、何もしないとか、余計なことをして将来に渡って無駄金を出し続けるよりは、ずっとましなのではないだろうか。(12/8 7:49)

  •   2
  •   0

昨日・今日で、スタッドレスタイヤへに入れ替え、オイルとバッテリーを交換した。

いつも12月に入るとタイヤ屋が混むので、昨日にしたのだが、木曜日に予想外の雪が降ったため、開店直後に行ったにもかかわらず待ちとなり、店内は満席だった。ただ、家族連れが多かったので、実際にはそれ程待たなくて済み、全部で1時間くらいで終わった。でも、なんでタイヤ屋にわざわざ子どもとか奥さんを連れてくるのか、小一時間問い詰めたい。待っている間も電話がひっきりなしに鳴っていて、なかなか慌ただしそうだった。

順番が来たら、本当にすぐに終わった。20分も掛からなかったか。なかなかすごい。工賃は1500円だった。来年から値上げするそうで、理由に「材料費が上がった」とか書いてあったが、工賃に材料って関係あるのだろうか? まあ、別にいいけど。

前回同様、ノーマルタイヤが寿命で、少しヒビ割れもしていたので、交換を促された。春に替える予定だ。今は、純正(ポテンザ RE050A)ともう一つの候補(ポテンザ RE003)を考えていて、近くなったら値段を聞いて、安いほうにしようと思っている。本当は、ポテンザなんてすごいの(4本で10万円を超える)でなくて、もっと安いの(S.driveやECOPIA PZ-X)でいいと思っているのだが、口コミを読むと、滑るとか(PZ-X)心配になることが書いてあるので、躊躇した。(11/29 5:02 追記) また、S.driveはサイズがなくなってしまったので、選択肢はポテンザ2種だけしかない(いかにも変なのは除く)。

タイヤサイズを少し大きく(幅+1cm)すれば、選択肢が増えて手頃な値段でまともなのがあるのだが、今度はホイールが割れることがあったとか、やっぱり心配させることが書いてあるので、仕方なく、純正のサイズを考えている。

今は、情報が多いのはいいが、本当に確かなものを選択するのは難しい。妥当な値段ですべてのリスクをなくすことはできないから、ある程度のリスクは取ってもいいが、その期待値(確率×損害の大きさ)が分からない。ディーラーに聞いてみるのはいいと思うが、扱っている(安くなる)タイヤはグッドイヤーだけで適当な物がないので、今ひとつ聞きづらい。まあ、あと数か月あるので、少し考えよう。

オイル交換も昨日したかったのだが、眠かったので今日に延ばした。いつものディーラーは、タイヤ交換の人が多いせいか、いつもと違って結構混んでいた。専務さんが外で忙しそうにしていた。とはいえ、中は空いていたし、電話も余り掛かって来ず、のどかな雰囲気で、昨日のタイヤ屋とは偉い違いだった。

着くなり、ものすごくうるさい(暴走族並み)車が居ると思ったら、フェラーリだった。あれで保安基準を満たしているのかと思う。あんなにうるさかったら、いくら速くても全く魅力がない。ドライバーは(若者が着るような、ワッペンが縫い付けられた)カラフルな革ジャケットのジジイだった。どこかの社長らしいが(田舎なので、全部筒抜けなのだw)、店内をうろうろして落ち着きがなく、ズボンは灰色のスウェットだった。車は1500万円くらいしたようだが(田舎なので、以下同)、もっと他にお金を掛けた方がいいのでは?

大体、フェラーリをスズキに持って行くってのが信じられない。ピアノだったら、スタインウェイをヤマハに見てもらうようなものだ。普通は「まともに扱えるの?」って思うだろうに。あのディーラーと懇意なのかも知れないし、中古なのかも知れないが、何を期待しているのか。一方、そんなのもまとめて引き受ける、あの店の懐の深さには、感心する。

もう一個ディスる: フェラーリがうるさいと感じたのは、単に音量が大きかったからだけではないと、今思う。アイドリングのエンジン音に全く品位がなく、農業用機械のように、ガサツだった。V12だかなんだか知らないが、あれはないと思った。だから一瞬聞いただけで嫌な感じがしたのだ。回せば官能的になるのだとしても、普段はあれでいいと思っているのか? フェラーリのエンジニアの感性を疑う。単に整備不良なのかも知れないけれど。。。(17:29)

この件、ネットに上がっているであろうエンジン音を、周波数分析とかしたら、何か分かるかも知れないな。結構おもしろそうだ。レクサスの高いのは、音もチューニングしたとか言ってるので、比べてみたい。(17:39)

試乗車のバレーノが停まっていたのだが、後ろが意外にかっこ良かった。最初は「あれ、こんないいのあったっけ?」と思ったくらいだ。でも、万が一、今乗り換えるとしたら、イグニスの方がいい。ただ、デザインはものすごく酷く、あのままでは乗る気がしない。

(先日の朝、エンジンがなかなか掛からなかった)バッテリーは、やはり交換する必要があるとのことで、そうしてもらった。あと、オイルフィルタも交換時期と思っていたのだが、出掛ける前に再確認したら次回で良かった。それから、ナビの地図の更新もしようと思っていたのだが、(秋に連絡すると言っていた)ディーラーから連絡がなかったのと、実際には全然困っていないので、延期した。

作業は1時間くらいで終わった。オイル会員を更新したので、全部で約3万円になったが、予算とぴったりだった。うち、バッテリーは約1.3万円だった。ディーラーにしてはそれ程高くなかった。もちろん、自分で替えればもっと安いだろうし、高性能なのを選べるのは分かっていたが、寒くて面倒、各種設定・メモリーが消える、外したのをまた店に持って行く必要がある、ショートさせたら危ない、純正で十分満足しているなどという、さまざまな考慮の結果、ディーラーにした。

(18:54追記) ちょっと前から気になっていたのだが、誕生月のオイル半額クーポンが届かなかったので聞いてみたら、数年前に終わりにしたそうだ。さすがに苦しいらしい。

洗車待ちをしているうちに、タメ口のオヤジが来訪して車検の打ち合わせをしていた。きっと僕より若いのだろうが、何でああいう態度が取れるのか分からない。

洗車が終わったら丁度昼食の時間になったので、いつものデニーズに向かった。途中で「あの」キザシが前に居た。すごく珍しい(でも、今までに3-4回見た)。ドライバーはスズキマニアなのか? ちなみに、キザシは車体を見てもそれと分からず、名前を読まないと気づかない。

img_0510_2048522048_v1_1a

キザシ!

食事は鶏ときりたんぽの鍋にした。サラダセットとドリンクバーで2千円くらいで、意外に高く付いた。でも、デニーズはメニューが充実しているのでいい。

待っていると、店員に挨拶も返事もしないオバさん連中が来た。まあ、そういう人は多いのだろう。

食べたら暑くなった。鶏肉はまあまあだったが、きりたんぽがおいしかった。前にも居たショートボブ(イメージは昔の小泉今日子? というか、老けて見えるのだから、「今の小泉」の方が適切か。いずれにしても、なかなかいい感じのお姉さんなのは確かだ)の店員さんが居た。今日は前よりも老けた感じだった。疲れか? 一方で、小顔の若い子はアニメ的な能天気な声を出していて、平和な田舎を感じさせてくれた。

帰宅する道では、日曜のせいか、ちょこまかと左右に動く(しかも、ウインカーも出さない)雑魚(プリウスだのアクアだの)が多かった。妙なことに、霊柩車を2台も見た。今日はそういう日なのか?

(11/28 20:06 昔の小泉の画像へのリンクを、当初思い浮かべていた1986年のものに変更 ← 30年も前なのかっ!)

 

PS. (別の稿にすべきだが、面倒なので追記) タイヤについて。今はS.driveの在庫があれば、それにしようと思っている。理由は、オーディオと同じで、スペックばかり追っても無駄と考えることと、今付けているのはスタッドレスなのだが、それで何も問題を感じないことである。

一般道で乗るのだから、サーキットのように限界を極めるなんてことは不可能だし、リスクが高過ぎるし、それが楽しいとは思わないし、そもそも僕にそんな技術はないから、性能の高いタイヤなんて無駄なのだ。オーディオで、そんなにビットレートの高くないMP3が判別できないのと同じことだ。そして、いくら(ポテンザに比べて)安いタイヤだって、(グリップやハンドリングが)スタッドレスよりひどいことはまずありえないだろう。だから、何も問題は起こらないはずだ。

なので、S.driveにしようと思っている。ちなみに、「滑る」という口コミのPZ-Xは、さすがに遠慮する。(11/30 21:07)

  •   0
  •   1

以前からやりたかったのだが、gmusicbrowser(GMB)のレイアウトと使い勝手を改良した。Perlで書かれたGMBのプログラムや、レイアウト設定ファイルを、見様見真似で試行錯誤して、なんとかした。主な変更点は以下のとおりである。

  • メインウインドウ (ベース= "Lists, Library & Context")
    • 現在の再生ゲインのモードを、"--"(off), "T"(トラック), "A"(アルバム)のように表示できるようにした。アイコンでも表示可能なのだが、適当な画像ファイルがなかったので、とりあえず文字にした。この部品は新たに作った。
    • 上記再生ゲインの表示を押すと、off → トラック→ アルバム → offのように順にモードが切り替わるようにした。
    • タイトルなどの文字やアルバムアートを大きくし、パーツの配置を改良した。
    • ボリュームを水平のスライダーにし、音量の値も表示するようにした。ボリュームは実際にはほとんど操作しないのだが、現在の音量が一目で分かるのはいい。
  • デスクトップウィジェット (ベース= "screenlet")
    • 再生位置のバーの右に、再生順序(シャフルなど)、フィルタ(自動プレイリスト)、キューの状態(次の曲の指定の有無、再生中の曲が終わったら停まるなど)、再生ゲインのモードを追加した。これは、メインウインドウに表示されているものと同じである。
    • 再生位置のバーの中に再生位置(時間)を表示するようにした。
    • タイトルなどの文字を大きくし、発表年も表示するようにした。
    • 文字領域の背景を不透明にした。

まだ収まりが悪いところや色がイマイチなところがあって、いろいろ直したいのだが、かなり僕の理想に近くなった。特に、デスクトップウィジェット(MusicBeeのコンパクト/ミニプレーヤーに相当)で再生ゲインのモードが表示・切り替えできるのは、MusicBeeではできなかった(要望しても対応してもらえなかった)ことで、長年の悲願だったから、結構嬉しい。

残念なのは、以下のことはすぐにはできないことだ。どれも、GMBの構造上、設定や小さい変更での対応は困難なようだ。

  • メインウインドウの曲一覧などのフォントが(設定では)変えられない。見難くはないから、とりあえずは問題ないのだが、中国(台湾?)系のフォントのようで、例えば、「福」の偏が「示」になったりしているのがちょっと気になる。
  • (特にデスクトップウィジェットで、)タイトルなどが長い場合に、複数行での表示ができない。

それでも、こうやってプログラムや設定を変えることでかなりのカスタマイズができるところは、完全にMusicBeeを超えている。特に、レイアウトの設定ファイルは独自の言語のようになっているのだが、もしそうでなかったら、こんなに自由なカスタマイズはできなかっただろう。その点は(最初は訳が分からなくて戸惑ったものの)感心している。それで、偶然にせよ、なかなかすごい「原石」を見つけたものだと自画自賛している。

あと、PerlでGUI(GTK)のプログラムが作れるのは、PHPにはできないことなので、すごく羨ましい。それにしても、どうしてPHPではできないのだろうか?

試行錯誤して、なんとか、デスクトップウィジェットでタイトルなどが長い場合に改行できるようにした。GMBがテキスト表示に使っている、GTKのLabelウィジェットのワードラップの機能を使うようにした。これには、設定だけでなくGMB本体の改造が必要だった。

アルバム画像下の曲情報は、以下のようにデスクトップウィジェットのレイアウトファイル(desktop.layout)に記述して表示している。

HBtrk_info= 8Text(font= 'Noto Sans CJK JP Regular 10',
color=black, opacity=1,

width-chars=32, wrap=1, wrap-mode=word,
markup="$title
<span size='xx-small'>\n\n</span>
$artist<span size='xx-small'>\n\n</span>
$album ($year)")

下線部で最大幅とワードラップを指定しているが、これをサポートする機能をGMBに追加した。GTKを良く理解せずに作っているので、最大幅はピクセル数で指定したいができておらず(そのため、文字数によって、右側に微妙に空白ができたり、ウインドウの幅が広がったりする)、文字の大きさや空行(無理に作っている)の高さなど、いろいろ改良・調整したい点はあるが、とりあえず、やりたいことができたので、うれしい。(11/9 23:53)

空行の高さは、タイトルなどの各項目を別のLabelにして、パディングを指定して縦に並べることで解決した。ただ、最後の要素(アルバム)にはパディングを指定しなくても隙間が空くのが謎だ。

また、右側の微妙な空白は、width-charsを指定しなければできないことが分かった。ただ、その場合、max-widthやmaxwidthを指定してもウインドウの幅が広がることがあるのが謎だ。(11/10 6:22)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-10_06-03-57

行間を改良

HBtitle= 8Text0(font= 'Noto Sans CJK JP Regular 12', color=black, opacity=1, \
width-chars=32, wrap=1, wrap-mode=word, \
markup="$title")
:
VBmain = Cover(yalign=0, forceratio=1,hover_delay=1, \
hover_layout_pos=.5w x w,hover_layout=play_controls) \
8HBtb_ind HBtitle 4HBartist HBalbum

思わぬ欠点が見つかった。ウインドウのサイズが広がった後に、行数が少なくなると、下の方が空いて間抜けになってしまう。ちょっと調べたところでは、gtk_widget_set_redraw_on_allocate()で直りそうな感じだが、さてどうだろう? (11/10 19:46)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-10_19-43-56

間抜けな状態

更に試行錯誤したのだが、なかなか広がったウインドウは小さくならない。そこで、次善の策として、アルバムアートと曲情報の部分で余白を吸収するようにしてみたら、今までよりはマシになった。また、どういう訳か、アルバムアートが段々大きくなることがあったので、サイズを厳密に指定した。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-10_22-02-22

余白が目立たないようにした。

HBcover= Cover(minsize=250, maxsize=250, forceratio=1, \
hover_delay=1,hover_layout_pos=.5w x w,\
hover_layout=play_controls)
:
VBmain = _HBcover 8HBtb_ind _VBtrk_info

こういう試行錯誤って、GMBやGTKやPerlをもっとちゃんと勉強すれば効率良くできるのだろうが、趣味なのでそこまでの気力は出ない(もし、PHPでGTKが使えるのなら、俄然やる気が出るのだがw)。逆に、いろいろつまずいたり、回り道・寄り道しながら自分の希望を叶えていくのがおもしろいと思う。そして、仕事じゃないから最短経路をとる必要はなく、こういう遊びがかえって仕事のヒントになることもあると思う。(11/10 22:17)

(Labelウィジェットのワードラップ機能が今ひとつのせいなのか、)改行時に文字列右側にできる無駄な空白が嫌なので、ちょっと頑張ってTextViewウィジェットを使えるようにして、解決した。

ただし、どういう訳かTextViewの背景色を設定することが難しいようなので、とりあえず全体を白にした。それでも、どういう訳か微妙に色が違っていた(TextViewがわずかに黒くなっていた)ので、それに全体を合わせた。が、それでもまだ合わないようだ。あと、上下に広がったウインドウが狭まらないのは相変わらずである。そこら辺は今後の課題としても、かなり良くなったのは確かだ。

あと、TextViewにしたことで、曲名などをマウスで選択してコピーすることができるようになった。これもMusicBeeで叶えてもらえなかった(「ホットキーでできるからいいでしょ」と言われた)ことなので、感慨深いものがある。

ただし、曲名とアーティストとアルバム名をそれぞれ別の要素にしているので、コピーも別々にしかできない。とある理由(TextViewの中では、フォントサイズを容易に変更できない)で別々にしたのだが、できれば何とかしたい。でもまあ、選択・コピーできないよりはずっといいだろう。

ちなみに、デスクトップウィジェットのレイアウトファイル(desktop.layout)でのTextViewの指定は、以下のようになる(タイトル表示の部分)。

HBtitle= 5TextView0(font= 'Noto Sans CJK JP Regular 12', \
color=black, bgcolor=lightgray, minwidth=200, maxwidth=250, \
wrap-mode=word, markup='%t')

(11/11 21:18)

ちょっと苦労したが、曲名とアーティストとアルバム名を同じTextViewに入れられた。insert_with_tags()を使い、TextViewの中でフォントサイズを指定するようにした。これをTextViewのサブクラス"SongInfoView"と名付け、以下のような指定で曲情報が出るようにした(フォント指定は未実装)。

HBsong_info2= 5SongInfoView(font= 'Noto Sans CJK JP Regular', \
color=black, bgcolor=lightgray, minwidth=200, maxwidth=250, \
wrap-mode=word)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-11_23-15-12

全部の曲情報を一度で選択できるようにした。

まったく"The long and winding road"だが、いろいろアイデアが出て楽しい。(11/11 23:22)

選択はできるが、Ctrl-Cではコピーできないというオチがあった。右クリックでメニューを出して"Copy"を選択すれば可能なので、キーを登録すればいいのだろう。やっぱり長い道のりだw (11/11 23:51)

ショートカット(あるはアクセラレーション)は有効にならず、広がったウインドウは、どうしても縮まない。前者は、どうもOSレベルの設定が関係しているようだ。もちろん個人の設定ファイルもあるようだし、「デスクトップ環境」なのだから、その方が筋がとおっているのだが、アプリだけで手軽に対処するのが難しいし、ログインし直さないと試せないので面倒だ。そして、後者は深い謎だ。八方手を尽くしたが、どうにもならなかった。GTKをちゃんと勉強しないと駄目かも知れない。

そして、昨夜からの収穫は、(外見上は)本当に微妙な修正だ。タイトルなどを一度にコピーできるようにした時に、行間が数ピクセル広がってしまったのを直した。なんか、大昔、LaTeX(って知ってる方はいますか?)で資料を書いて、微妙なところを何度も直して(印刷して紙を無駄にして)、最後にできた紙(の内容でなく外見)を見て悦に入っていた頃の雰囲気を感じているのだが、なんとも複雑な気分だ。まあ、僕は賛同していないが、神は細部に宿るのかも知れないし、趣味だからいいよねw

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-12_17-39-53

行間を調整

そして、何度もくどいのだが、(謎はあるものの)こうやって自分でちょっとプログラムを書いて自分好みに自由に改造できるのは、ありがたいし楽しい。ただ音楽を聴けるだけじゃなくて、その道具に手が入れられるようになったのは、常に歯痒かったMusicBee/Windows時代に比べるとすごい進歩だし、結構感激している(酔ってるせいもあるが)。これは、GMBの基本思想が良く、オープンソースにしてくれて、今の実装が悪くない(Perl自体が読みにくく、コメントは少ないけど、まあ酷くはない)ことに加えて、スクリプト言語(Perl)/Linuxベースであることもある(やっぱり、腐り切った窓でC#なんて使ってられない)。そして、こういう機会を与えてくれた、gmusicbrowserの作者のQuentin Sculoには本当に感謝している。いつか、改良・変更部分を整理して提出したいと思っている。(11/12 18:28)

ここからはいつものディスになるのだが、僕がMusicBeeを止め(られ)た原因は、作者の(勝手な)方針について行けなかったということだ。作者本人が個人で作っているのだから、何をしたって自由なんだろうけど、ただ、他人の意見を余り聞かず、ソース公開せずに他人の力をほとんど借りようとせず、Windowsにべったり固執し、全く必要がなくメリットが感じられないことを「改良」して、バージョンアップしたと言って悦に入っているのは、MicrosoftやAppleのように筋が悪いし、もし彼がソフト技術者だったら、「終わっている」と思う(一言で言えば、ガキだ)。途中まではいい方向に進んでいたし、機能的には他を寄せ付けないのに、とても残念である。(11/12 18:42)

試行錯誤の結果、デスクトップウィジェットのサイズ(特に高さ)が行数に応じて縮まるようになった。ごく当たり前に、ウィジェットのresize()メソッドに小さ目のサイズを指定すれば縮んだ。以前にも試したのだが、ウィジェットのnewの中から呼んだのが失敗して、それでresizeは使えないと思い込んでいたのだ。どうも、newが終わらないとうまく動かないメソッドがあるようだ。もちろん、newの中でresizeなんてするのは良くないのだが、GTKやGMBでウィジェットのメソッドの呼び出し順序が良く分かっていないので、newの時に描画する文字列を設定することになって、結果的にresizeもしている。(11/14 22:31)

その後、ワードラップでの改行の高さが若干高く(広く)て下の要素との区切りと見分けが付きにくい場合があったので、微妙に改良した。更に、プレイリストやアルバム中の何曲目を再生しているかを、"3/10"のように表示できるようにした。(11/18 21:52)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-18_21-48-21

微妙な改良

 

※まずいないとは思いますが、もし、日本語が読めてGMBを使っていて、「ここの投稿を参考に改造したいけど、詳細が書いてなくて今ひとつ分からない」という方がいらっしゃっいましたら、可能な範囲でお教えしますので、お知らせ下さい。でも、プログラミングのスキルがあることが前提です(申し訳ないですが、「コピペでなんとかしたい」という方は駄目です)。そして、そういう方は、自分でできてしまうような気がします。(11/10 19:31)

(11/11 10:14 わずかに修正, 11/12 追記)

  •   0
  •   1

(いけ好かないブロガーの題より)

Window10、大規模アップデートの配信が決定。3D性能を大幅強化 (ママ)

近頃は押し売りが流行っているのか。3Dって、そんなに需要があったっけ? 一家に一台、3Dプリンタでもないだろうに。MSはこれから流行らそうとしているのか。あるいは、Windowsを使う「クリエーター」がそんなに居るのか。

なんでだかは分からないが、とにかく本質を見失っている。そして、みんなそういうのに振り回されて、「Windows 10 ***版で***するには/しないには」なんて記事やアプリが増えるのだろう。もちろん、そういうのはLinuxでもあるが、Windowsのは多過ぎるし、変更が頻繁過ぎるし、そもそも変更の必要性が疑問だ。そんなにいつも苦労させられるのなら使わなければいいのにと思うが、他に手軽に使えるOSはMacの以外にないから、どうしようもないのだろう。

そのMacにしても、つまらない改良だか「進歩」だかなんだか知らないが、OSの名前を変えたりファンクションキーなんて取るに足らないものをなくして胸を張っているのは片腹痛い。笑いのネタにすらならない。しかも、エスケープキーまでなくすなんて、全く分かってない。意識高い系の集団が、「僕ら最先端でかっこいいでしょ」って、内輪受けしているだけだ。そして、それをありがたがって使う人たちが沢山居るのが信じられない。

いい加減、下らないテクノロジー遊びは止めろと言いたい。

PS. 元ネタの題は誤っている(正しくは"Windows")のだが、まとめサイトに出ているのはこういう類が多い。まとめサイトでなく、元の掲示板に間違って投稿されているのだろうが、「もっと落ち着けよ!」って言いたい。

(10/29 7:31 若干加筆・修正)

  •   0
  •   0