テキストエディタは、WindowsではNotepad++を使っていたのだが、Linuxにはないので、(いろいろ試した後に残った、)jEditを使っていた。まあ悪くなかったのだが、昨日、Atomが更新されたというニュースを目にして、ちょっと試してみた。以前試した時は、いろいろ不満があったので却下したのだが、しばらく経って改善されたのではと思ったのだ。

実際に使ってみると、結構良かった。僕が必要な機能はほとんど備えている。そして、表示がシンプル(jEditは昔のソフトのせいか、「ゴテゴテ」している)なのは好ましいし、最新のソフトのせいか、細かいところが使いやすそうだ。キー割り当ても、デフォルトでほとんど僕の慣れと同じだから、設定する手間がない。なお、jEditの「ハイパーサーチ」(検索結果を一覧表示して、押すとジャンプできる)と、選択した単語をハイライト表示する機能がなかったが、find-listとhighlight-selectedいうパッケージを追加したら、できた。

細かいことでは、色遣いが落ち着いていて目に優しい。jEditの色設定はいかにも「テキトー」だったので、自分で調整しろということだったのかも知れないが、いろいろな言語ごとにいちいち調整する気は起きなかった。あと、なぜか、同じフォントを使ってもjEditより綺麗なのもいい。

それから、ごく当たり前のことだが、日本語がまともに使えるのは大きい(jEditは、大抵日本語を入力できなかったので、その場合は別のを使っていた)。

今、一番欲しいのは、プログラムのブロックの範囲を左端に表示する機能だ。Atomでも、ブロックを囲む括弧({}など)同士の背景色を変えられるが、ブロックが大きくてウインドウに収まらない場合には見えなくなってしまうので、jEditの方が便利だ(そもそも、そんな大きなブロックは作るべきでないのではあるが、できてしまったものは仕方ない・・・)。

↑ 近い機能として、Atomにはブロックを畳む機能がある。ブロックの一部をクリックしてから行番号の右の空欄にカーソルを置くと、ブロックの最初の行に"V"が表示されるので、それをクリックすると、そのブロックが畳まれる。なお、jEditのブロックの範囲を示す線も、クリックするとそのブロックが畳まれる。

最後に、一番気に入らないことは、Google製であることだ。仕様や使用条件が勝手に変わるかも知れないし、いつ「終了」になるか分かったものではない。でも、その時は、別のいいものが出ていそうだから、まあいいか。

  •   0
  •   0

会社に、とても残念な若者が居る。なんというのか、全然若者らしくない。もちろん、外見は若い。が、行動には大変がっかりさせられる。たった一つのことだけでも、僕は彼に大きな×を付けたくなる。

その一つのこととは、メールの署名欄だ。

昔は、署名欄をプログラミング言語のコメントの書式で書く人が良く居た。例えば、以下のような感じだ。

/*
* バブル株式会社
* 猫鑑賞部 ぴう れんと
* メール: aaa@bbb.ccc
* 電話: XXX-XXXX-XXXX, Fax: YYY-YYYY-YYYY
*/

C言語のコメントだ。他には、Unixのシェルの#を使う人も居た。そういうのは僕もやったことがあるかも知れないが、今となってはイタいだけだ。何の意味もない。自己満足以下だ。署名をコメントにするのなら、本文はその言語のプログラムで書くくらいの気概が欲しい。

彼は、それを今でもやっている。しかも、見ても誰も分からないような(年寄りなら分かるだろうけど)、古代の言語(MS-DOSより古い!)のコメントで。最初に見た時は、若いのになぜそんなことをしているか不思議に思ったのだが、少しして分かった。

別の人(結構年寄り)も、同じ書式で署名を書いていたのだ。想像するに、若い彼が入社直後に、その人にいろいろ教わって、その時に、メールの最後には署名を書くことを教わったのだが、若い彼はどう書いたら分からず、その人のを見てコピペして、今に至っているのではないか。

痛過ぎる! No future!

以下に、どう痛いかを列挙する。

  • メールの書き方も知らない。自分で調べない、考えない。
  • コピペで全部良しとして、オリジナリティも反骨精神もない。
  • 技術者なのに、年寄りが使った署名(古い言語)の意味すら分からない。分かろうともしない。知ってて使ったなら、相当なアナクロだ。
  • 他人のメールを見ても何も感じず、学習もしない。
  • こだわりもセンスもない。

まあ、本業をしっかりしてくれれば何も問題ないけど、どうだろうね(別の部署なので、それは知らないよ)・・・ それにしても、同じ部署の人が彼に(やんわりと)忠告などしないのも、寂しい気がする。ひょっとして、みんな同類なのか?

PS. 僕が彼だったら、先輩がそんなつまらない署名を得意げに書いてたら、(心の中で)鼻で笑って、「へえ、そうなんですかぁ」とか言いつつ、自分は普通にシンプルなのを書くね!

  •   3
  •   0

久し振りのCurazyネタ。「全部○○のせいだ! 10選」の最初の題で唸ってしまった。

子どもがテストで、パイナップルの名前を「パイナッポー」と書いたら、×だったようだ。

確かに「日本語」では「パイナップル」だけど、ネイティブの人はそんな発音はしていないだろう。「オレンジ」だって「レッド」だってそうだ。確かに、それは英語じゃなく国語の授業だが、今時、そういうガラパゴス的、鎖国時代的な「言語」を平然と教えていていいのだろうか? 原語の発音に合わせて、どんどん修正して行くべきでないかと思う。じゃないと、今は小学校ですら英語を教えるのに、英語の時間は"pineapple"(の音)だけど、国語の時は「パイナップル」?と混乱するのではないだろうか。まあ、子どもは、そんな大人の事情には慣れっこだと思うが。

実は、僕も似たような経験がある。高校の英語のテストの長文問題に"Yale university"という単語が出ていて、「エール」か「イェール」かと迷った挙句、発音が近い「イェール大学」と書いたら、減点されてしまった(当時、僕はその有名な大学のことを知らなかったのだと思う。その問題で初めて見て、日本語で何と言うのか分からなかったのだ)。納得行かなかったので先生に聞いたら、「エール大学」が正しいと言われた。が、今調べたら、「イェール大学」でも正しいではないか!

まあ、そんな大昔の数点のことなんてどうだっていいんだけど、その英語の先生は、大学を出たてのとても若い方だったのに、それでもそんな旧態依然としたことをしたので、「やっぱり日本の教育はおかしい!」と憤り、(僕らの仲間みたいに感じていた)その先生にも「先生もかっ!」と、がっかりした。(でも、少し深く考えれば、大学入試では「エール大学」でないと×になる可能性もあるから、先生は結果的に正しかった、あるいは、親心からの減点だったのかも知れない。)

  •   1
  •   0

(2017/3/6 22:06 追記)

その後、僕は大間抜けだったことに気付いた。使っていたブラウザのフォント(Noto Sans CJK JP)の漢字がプロポーショナルじゃなかったのだ(英字がプロポーショナルだから、漢字もそうだと思い込んでいた)。それで、試しにIPA Pゴシックに変えたら、次のように理想的な表示になった。(行間が狭いのは、フォントのせいかブラウザのせいか、CSSのせいか ← フォントのせいのようなので、Noto Sansをベースにしている、源真ゴシックPというのにしてみた。もちろん、僕のPCでしか有効でない。)

 

確かに、昔(概ね1990年代前半まで)はプロポーショナルな日本語フォントは一般的でなかったけど、近年は改善されたということだろう。いろいろ考えたが、今回も事前の検討や確認が不足していた。

なので、以下は余り意味がなくなった。

(3/7 6:31 追記) 特に、美意識を疑うのは、業界の中でも(フォント作りで手を抜いていた)PC関連の一部であって、印刷関連はちゃんとしていたのだろうと思う。


あとで文章を書きますが、とりあえずこれを。

何のことか(何を言いたいか)分かった方は、僕と同類ですw (もし、そのような方がいらっしゃったら、この後に書かれるであろう文章を書いてくださると、大変助かります^^)

[3/4 18:32 本文を追記]

上の左側を見ると分かるが、(日本語の)"、"などには、右側に空白が付いている。一方、右側の(英語の)","などにはない。個人的には、日本語フォントのそういう余計な空白(お節介?)が嫌いだ。が、これはそれ程単純な問題ではない気がするので、少し考えた。

高校生(あるいは中学生?)の頃、タイプライターを買ってもらった時、それに付いていたと思われる、打ち方(タイプでの文章の書き方)の冊子を読んだ。それには、「.や,などの後には空白を入れること」とあった。僕は今でもそれにならっていて、常識のように思っているが、普通の人はどうしているのだろうか? それはともかく、そういう伝統があるので、英語のフォントには余計な空白は付いていないのだろう。

一方、印刷された日本語の文字は等間隔が基本になっている。その経緯を想像すると、大昔使われていた漢文は漢字だけなので、全部等間隔で良かった(複雑な字は大きく書きたいが、見栄えが悪い)。それで、その後に出来た、漢字かな交じりの日本語もそれにならった(日本のお家芸?)のではないだろうか。しかも、当時の縦書きだと、必然的に"、"などの狭い文字の横(おそらく左)には空白が入る。その空白は、実際には存在しないものなので、削除することは、どうしたってできない。

それを(表面だけ)引き継いで、横書きになった今でも、プロポーショナルでない普通のフォントは等間隔になっているのだろう。だから、"、"などの右には(ないものをあると誤解して生じた)空白が入っているのだろう。

ということは(今、上を書いていて気付いたのだが)、実は、あの余白は意図されたものでも必要なものでもなかったのだ。単に、縦書き用と横書き用のフォントを区別しないために生じていたのだ。

もちろん、長い歴史を持つ、組版の伝統はあるのだろうが、やっぱり、そんな余計な空白はなくした方がいいと思う。余談だが、これは、「おもてなし」とか言って余計な世話をし過ぎる日本人の性格が出ているというのは、言い過ぎか?

まあ、実際にそういうちゃんとしたフォントを作ると、(見た目は変わらないにも関わらず)英語のように、"、"などの後に自分で空白を入れる必要が出て来てちょっと面倒になるが、(西洋かぶれの)僕はそれでいいと思う。それに、タイプじゃないんだから、処理システムが自動で入れることだって可能だ。

いや、そもそも、"、"は","じゃないから、というのは、日本語は英語と違って、空白で単語を区切る必要がないので、その後に空白は入れる必要はない気もする。でも、入れないと詰まり過ぎて見にくいかも知れない。結構深い問題の気がする。

だから、naokiさんにならって、","や"."(この場合は半角)を使うのもいいかも知れない。

PS. 今気付いたが、縦書きの場合には、"、"の上の余白も気になって来る。漢字かな交じり文を手書きしていた時代は、上下はプロポーショナルに書いていたから、その余白は、昔はなかったものだろう。でも、今の普通のフォントを縦書き用にしたら、下に出来る。日本の近代のコンピュータ技術の闇(というか、いい加減さ)かも知れない。

PS2. とても些細なことだが、"、"に空白が付いていると、もう一つ良くないことがある。行の最後が"、"の場合、行末の文字の領域に、(両端揃えの場合、)普通の漢字だったら付かない余分な空白が付くことだ(下図参照)。この空白は全く意味がない。

これも、日本語フォントができてから、ずっと看過されてきたようだ。プロもそうしてきたようだから、日本の業界の美意識を疑う。(3/5 6:27)

PS3. 朝、(実際にやるかは別として)自分でフォントを修整する(例: "、"の余白を削る)のはそれ程難しくないと思ったのだが、良く考えたら、ものすごく大きな落とし穴があった。自分のPCで綺麗になっても、他の人が見たら全く関係ないのだ。それでは逆効果だ。改良したフォントを全世界(少なくとも日本中)に広めなければ、目的は達成されない。PDFならフォントを埋め込めばいいし、今はwebフォントとかいうのはあるけど、問題はそれだけじゃないから、実現不可能な話だ。。。(3/6 19:33)

  •   0
  •   0

Impress Watchの「ユーザーの声が届いた? 「ひどいCSV」の象徴、内閣府の「国民の祝日」CSVデータが劇的に改善」を読んで、何がそんなにひどかったのか、リンク先のtwitterを見た。

「プログラマが一斉に罵声を上げる」とあるが、何が悪いのか分からなかった。全く普通の、「良くあるCSV」じゃないかと思った。よくよく見てみると、2016年から2018年の3年分が横に並んでいるのが気に入らないらしい。あと、日付の書式とかそもそもCSVがどうのこうの。そんなことで「ゴミ」かい。

アホかバカかと。プログラマを馬鹿にするなって言いたい。自分たちのレベルの低さ(=意識高さ?)を棚に上げて、何をほざいているという感じだ。

そんなにいろいろ意見があるなら、自分ですごいサービスでも立ち上げればいいじゃないか! 例えば、政府広報やニュースなどを読んで、自動で祝日一覧を更新するとか。今の技術なら全く簡単だろう。でも、祝日が変わることなんて滅多にないので、やる(経済的な)価値は全くないだろう。けど、そういうのを「ちょっと作ってみた」という人が居たら、感心する。そういう人が、「あのCSVはちょっと使いづらいから作った」と書くのなら、納得する。

だいたい、政府にマトモなことを期待しているところからして、最初から寝ぼけているんじゃないか? 口を開けてれば、おいしいものが入ってくるとでも??

PS. 彼らのtweetは、さぞかし、ものすごく有益なものばかりで、目から鱗が落ちまくるのだろうと興味津々だが、まあ、面倒だから見るのは止めておこうw

PS2. ひどいと言えば、元記事の題はひどい。全角スペースに全角の"?"か。インプレスも意識低いな。僕はそっちに罵声を浴びせたい。

  •   1
  •   0

例のDeccaの一件で失くなって(削除して)しまったので、「手元にあるべき」との思いで買った因縁の一枚。そして(そのせいか)、いざ聴いてみると、曲に余り思い入れがないことが分かった。嫌いではないが好きでもない。ラフマニノフやモーツァルトのピアノ協奏曲のように、何度も聴きたいとは思わなかった。これも、僕の苦手な曲だったのかも知れない(ここは、Haruさんのご判定を賜りたいところだ^^)。

だが、指揮者の違いは明確に感じられた。前に持っていたのはメータだが、かなり派手めだったようだ。今回のプレヴィン(オケはLondon Symphony Orchestra)は、逆に、落ち着いている感じだ。悪く言えば華がない(全然、「スター・ウォーズ」に聞こえなかった)。だが、聴き込めばこっちの方がいいのではないかと思う。彼のアルバムはほとんど持っていないのだが、しっとりとした、あるいは、正統的な曲づくりをするというイメージどおりだと思う。

HMVの「本日の特価」で約580円になっているのを見付けて、(Amazonではもっと高かったので、)かなり安く感じたので、買う気になった。更にポイント利用で約420円になった。それも、ローソン受け取りで送料無料になって、本当にそれだけで買えたので、随分得した気分だ。

40年以上も前の録音だが、オーディオ的な音質は良かった。まあ、ビートルズなんて、1960年代なのに全くいい音なのだから、当たり前のことなのだろう。

  •   0
  •   0

懸案だった、サーバのOS更新が無事終わった。更新後に再起動する時は、果たしてちゃんと立ち上がるか、少しドキドキしていた。結構大きいヤマが片付いて、一安心だ。あと4-5年は、こういった作業は不要だろう。

大きな問題はなかったのだが、いくつか気付いた点があったので、書いておく。

  • サーバには、なぜかdo-release-upgrade(OS更新スクリプト)がなかったが、パッケージupdate-manager-coreをインストールするだけで解決した。
  • テスト環境で起こった、do-release-upgradeの実行時に(Python(プログラミング言語)が)エラーになる問題は、なぜか起こらなかった。不思議だ。← 上に書いたように、do-release-upgradeを後からインストールしたからか?
  • なぜか、更新時にaptitude(ちょっと便利なパッケージ管理コマンド)が削除されたので、再度入れた。
  • テスト環境同様、更新後にrunlevel(OSの動作モードのようなもの)が5になっていたので、systemctlコマンドで2相当にしようとしたのだが、runlevelで見ると3になってしまった。でも、プロセス一覧を見ると、余計なものは動いていなかったので良しとした。おそらく、もうrunlevelも/etc/rc*.dの起動スクリプトも意味がないのだろう。だったら削除してほしい。。。
  • 作業で一番時間が掛かったのはバックアップで、圧縮後のサイズが9GBくらいになるせいか、1回80分くらい掛かった。更新自体は、最初は40分、2回目は20分くらいで終わった(それも結構長い気はする)。

そして、やっぱり、何をするにしても、特に、リスクのあることだったら、充分な準備をする価値はあると思った。

(23:47 若干加筆)

 

PS. みんなやっていることかも知れないけど、僕がコマンドライン(ターミナル)で作業をする時は、以下のようにしている。

  1. 実行するコマンドや順序を考えて(あるいは、どこかのページからコピーして)、どこか(例: Dropbox PaperやEvernote)に書く。
  2. それをターミナルにコピー・ペーストして実行する。

コマンドの例(PHPのバージョンを5から7に):
sudo aptitude remove php5
sudo aptitude install php php-cgi php-cli php-curl php-fpm php-gd php-intl php-mysql php-sqlite3 php-ftp php-net-socket php-sockets php-mbstring php-zip php-pdo-mysql php-exif php-apcu

こうすると、後で同じことや同様なことをするのが楽だし、何を実行するかあらかじめ考えるから、間違いが起こる可能性が減る。それに、上のような長大なコマンドだって、タイプミスせずに一発で打てる。更に、何をしたかの記録が残るから、後で何か問題が起こった場合にも、その時実行した処理に問題がなかったかを検討することができる。

また、トラブル対処などで、その場で(アドリブで?)コマンドを実行してしまった場合でも、なるべく、実行したコマンド文字列をコピーして、「**したら動いた」のように残すようにしている。

上のように書くと、「コマンドラインなんて古臭くて面倒だな」と思う人が多いかも知れないが、逆に便利だと思う。もし、GUIで上のPHPの例と同様な作業を記録するとしたら、「*を起動して、*を検索して、*と*と(中略)と*にチェックを入れて、インストールボタンを押す」なんて書くか、スクリーンショットを撮るしかないだろう。

前者の場合、オプションが多いと書くだけでも面倒なうえに、後日再実行しようとしてもコピー・ペーストは無理だから手間が多くなるし、後者の場合、手間に加えて、画像中の文字の検索は無理だから、後で調べるのが困難になるだろう(Evernoteは文字認識するから、検索できるかも知れない)。

  •   0
  •   0

新しい歯科で、右下の奥歯にセラミック(「ジルコニア」とかいうらしい)を被せてもらった。約3万円だった。ずっと削られたままで放置(ポジティブな言葉では「経過観察」とも言えるだろうが)されていたので、何年ぶりかも分からない。→ 調べたら、なんと、丁度3年前からだった。。。

前に書いたように、今の歯科医は、被せることで痛みが緩和する可能性があると言っていたが、当然不安はあった。素人の直感では、被せれば、噛んだ力が歯にダイレクトに加わるから、痛みが増しそうではないか。

でも、前の歯科医は、その「素人の直感」どおりのことをして来て全然効果がなかったのだし、CTで中を診てもらった結果なのだから、ここは彼を信じてみることにした。

そして、さっき昼食を食べたのだが、結果に驚いた。

最初は、びくびくしながら被せた歯で噛んだのだが、印象は悪くなかった。もちろん、噛んだ感じはするし(それは普通か)、少し痛む気もするが、なぜか、痛みの種類が被せる前と違って嫌な感じ(噛むのをためらう感じ)ではなく、痛みの量も少ないのだ。

だから、今のところは成功だ。でも、そんなにすぐに良くなるのはおかしいからプラシボ効果かもしれないし、被せた直後で神経の状態が通常でない可能性もあるので、予断はできない。ただ、これの前触れもあって、前回、被せるために歯を削ってから、噛んだ時の痛みが少なくなっていたから、もしかすると効果があったのかも知れない。いずれにしても、しばらくは様子を見る必要がある。来週、状況をみて調整するとのことなので、仮に結果が思わしくなかったとしても、相談できるから安心だ。

ちなみに、診療は結構丁寧な感じだった。診療時間の長さ自体は前の歯科と変わらなかったが、事前に1時間と案内されていて、必要な時間を掛けるつもりがあることが分かったのは、良かった。それから、パーティションで区切られた個室もどきでなくて、ちゃんとした個室だった。自費の患者はそっちになるのかも知れない。音楽がうるさいのは変わらなかった。個室のスピーカーは音が歪んでいたw 今日は、帰り掛けにK. 545の第2楽章が掛かった。

  •   0
  •   1

髭剃り(パナソニック ES8232)の交換用電池は火曜日に届いていた。しかし、もし交換に失敗して壊したら、次の日に髭が剃れなくなってしまうので、今日まで延期していた(若い頃だったら、そんなリスクなんてもろともせずに実行していたものだがw)。しかし、今日も今日でいろいろ疲れたので、日曜の夜に延期しようと思った。

が、食事の後少ししたら急にやる気が出たので、始めてみた。作業は予想以上に簡単で、約30分で終わった。分解も組み立ても細い+ドライバー(2種類)だけででき、それぞれの部品がスパっと外れた(良くある爪は使われていなかった)ので分解は簡単だったし、防水性の確保が容易な構造(中核部の灰色のケースのパッキンにだけ注意すればいい)になっていたので、結構感心した。

注意すべきことは、電池の極性(黒い帯のある方が+で、この機種では下向きに付ける)を間違えないことと、分解した後に、ヘッドの動く硬さを変えるボタンを動かすと、組み立てた後で動かなってしまうことだ。それで、一度組み直した。

参考にしたページでは、中はかなり汚れているとのことだったが、僕のは結構きれいだった。ネジが少しだけ錆びていたのと、髭のカスが少し付いていた程度だ。この違いは何だろう? 風呂場で使わないとか、余り濡らさないとか、洗ったらよく乾かすとかが重要なのかも知れない。

テスターで新しい電池の電圧を測ったら4V近く出ていたのだが、電源スイッチを押しても動かなかった。充電不足で電流が取れないないのだろう。それで、今は充電待ちだ。これで問題なく動けば、あと数年間は使えそうだ。

1時間くらいで充電がほぼ終わり、無事動いた。しばらくは様子を見よう。(22:44)

近頃は、こうやって古い物の修理ばかりしている。近頃の物は、意外に修理しやすくできているのかも知れないな。

電池を交換の効果はあり、見事に使用可能時間が増えた。交換するまでは1週間で充電だったが、交換後は2週間半(実質13日)使ってもまだ大丈夫だ(残量目盛りは1/3なので、そろそろ充電ではある)。 (3/15 19:42)

 

PS. なくなったと思っていた、マウスの壊れた左ボタンのスイッチが出て来た。タンスの影で心細くしていたのではなく、ドライバーのケースに入っていた。なぜ気にしていたかというと、使うあてがあったのではなく、間違って使わないように、確実に処分したかったのだ。

実はこのスイッチ、今日も行方不明になったのだが、今回は見つかった。作業の時に下に敷いていた新聞紙を捨てる時に、くっついていたのだ。もちろん、おかしくもなく、涙も出そうにならなかったw

  •   0
  •   2

東芝は何を考えているのだろうか。大事な売り物を次々と手放してしまって、消滅するのは時間の問題だと思うが、それでも生き残れる・生き残る意味があると思っているのか。一体、何を売るつもりだろうか。

あそこの偉い人たちは、サザエさんに出てくるような、「いかにも昔の会社員」なんだろうと思う。日々椅子に座って、秘書の出すお茶を飲んで、紙にハンコをついて、夜は接待を受けて/して、休みの日はゴルフをし、定年までつつがなく過ごすといったような・・・

時代は変わったのに、まだ目を覚ませないようだ。「茹でガエル」そのものだ。

  •   4
  •   0