「ロック!!」って言ったり書いたり変なことするだけじゃ、本物じゃないぜ。音楽でロックしてくれ! おじいさんたちw

森高も歌ってるよ「ロックはダメなの ストレートよ」と。 (→ : 岩をも砕く破壊力w)

  •   0
  •   0

HMVで見た、Philippe Giusianoという人のショパンの練習曲(2006)を聴いている。広告のアルバムはなかったので(正確には、そのアルバムでなく、ピアノ協奏曲が聴きたかった)、違うものである。なお、引き合いに出したものの、以下はGiusianoとは関係ない(少しだけ感想を書くと、彼の演奏は悪くないが、ちょっとだけ満足がいかないところがある)。

まったく、曲が綺麗で感心する。以前書いたように、ガラスそのものだ。しかし、透明さや美しさだけでなく、強さやダイナミックさもある(僕は、強音でピアノがうなるような音が好きだ。余談だが、そういう音はベートーヴェンの方が多いように思う。)からすごい。それにしても音が綺麗で、どうしたらこんなに綺麗な音の曲ができるのだろうかと思う。

ベートーヴェンは当時できて来たピアノの能力を発揮させたそうだが、ショパンはベートーヴェンとは全然違うやり方(音)をしていると思う。(多くの曲は知らないが、)いい意味で洗練され過ぎていると言いたい。まったく不純物がなくて、恐ろしくなる。ただ、その純粋さはモーツァルトとは違う。そこが木とガラスの違いのように思う。

ただ、彼の初期のピアノ協奏曲はそうでもなく、どうしても、くすんだ・濁った感じとか野暮ったさに物足りなさを感じてしまって、昔は余り好きでなかったが、近頃はそうでもなく、好きなところが結構あって(例えば、第1番の第2楽章最後の小さい「ピン」という音である。意味は分からないが好きだ)、今回のように結構聴きたい曲になっている。

なお、木工細工と違って、ガラス細工は注意して扱わなければならないし、冷たいから、彼の曲を聴いてほっとすることはできないので、モーツァルトと違って、頻繁に聴きたくなる訳ではない。そういう意味では、ピアノ協奏曲はそこまで行っていないから、他の曲よりも聴きたくなるように思う。

  •   0
  •   0

昨夜、どうもThunderbirdが重いので再起動したら、スケジュールが出なくなってしまって慌てた。それで、アドオンをみてみたら、ほとんど全滅していた。どうも、Thunderbirdのバージョンが大きく上がった(自動更新されたようだ)せいらしい。Firefoxみたいなことをしたのだろうか。何でもいいけど、連絡とかアナウンスはして欲しいし(勝手に更新するのだから、その前にメッセージを出すくらいできるだろう)、それまでのアドオンを使えなくするのは、全くセンスが悪い。

このまま当分駄目だったら、スケジュールはスマフォで見るしかないかと思い掛けたのだが、いろいろ調べて、基本的には駄目になったアドオンを一旦削除してからインストールすれば回復できることが分かった。が、それでもインストールできないものがいくつかあった。スケジュール(Lightning)もそうで、どうしてか、Linuxからパッケージをインストールするか、新しいThunderbirdに対応した開発版を入れるしかなかった。あと、アドレス帳のための追加モジュール(Inverse SOGO connector)も駄目になっていたが、アドオン自体がなくなったようだ。まあ、元からうまく動いていなかったので、仕方ない。こちらは、別のアドオン(CardBook)で何とかはなっている(が、不便だ)。

更に困ったのは、アドオンを再インストールするにしても、駄目になったものも単に「無効」(使っていないと同じ)の状態になっているので、それまで何を使っていたか分からなくなってしまったことだ。それまで使っていなかったアドオンなら入れないけど、使っていたなら入れる必要がある。一つどっちか分からないものがあり、しかもインストールできないので、困った。

無料で使っているから何をされても仕方ないけど、突然こんなことをするのはクズ(無責任)だ。それで、以前も書いたように、過度のThunderbird依存(メール・スケジュール・アドレス)を解消したいという思いを強くした。が、Evernoteと同じで、いいのがないんだよなあ・・・

それにしても、ただでさえユーザーが少ないのに、こんなMSや林檎みたいに勝手なばかりことしていたら、更に減るだろうに。Mozillaは大丈夫なのかねえ・・・

 

PS. 昨日入れたものの使い方(設定方法)が分からなかった、TbSyncという、スケジュールとアドレス帳の同期を行うアドオンの設定の仕方が分かり(ステータスバー右下の"TbSync"を押すと設定が出る: これはちょっと嫌だ)、Lightning(の同期部)とInverse SOGO connectorの代用になりそうなので試してみることにした。こっちはMozillaのように変なことはしなさそうだ(本当に?w)。

  •   0
  •   0

消費税を上げたら、キャッシュレスで支払うと還元するとかいう案がある話を読んだが、馬鹿馬鹿しいにも程がある。期間限定にしたって、返すんだった最初から上げなきゃいいのに。そもそも、増税とまったく関係ないキャッシュレスを結びつけるところに、日本らしいセンスのなさ・頭の悪さ・合理性の欠如が見える。結局、目先の餌で騙そうって魂胆なんだろうな。新聞の1か月無料とか携帯料金の1年間割り引きと同じようなものか。

そして、さっきスーパーでイライラしたことから、悪夢のような光景を想像してしまった。もし、プリペイドカードで還元されるようになったら、多くの人が

毎回千円ずつチャージして払う

のでは?

まったく浅はかとしか言いようがない。何の意味があるのだろうか? 店員だって手間が増えてしょうがない。誰得って感じだ。でも、やる人は多いんだろうな。もう、始まる前からストレスが溜まるよw

 

PS. さっき、小額でチャージする意図を考えたのだが、

  • カードを失くした時・盗まれた時の損失を抑えたい。
  • チャージしてから使うまでの利子を店に得させたくない。

程度だ。

失くした時の話は現金だって一緒じゃないか。(カードを裸で持つ人は論外として、)失くす時は財布ごとだろうから、そっちの方が被害が大きくないか?

利子の話は正しいけど、仮に今、1万円を1年間放置して、いくら利子が付くかねぇ??

はい論破w

  •   0
  •   0

住民税の自動引き落としの手続きで市役所に行った帰りに、昼ご飯を食べようと、久し振りに大きなショッピングモールに寄った。モールまでの道も店内も、全然方向感覚がなかった。走って・歩いていて、そこがどこか分からず、どっちに向かっているのかすら分からなかった。疲れていたのか、ナビに頼りすぎているせいか、方向音痴が悪化したかボケたか。

店内は、なぜか、別世界とか異次元のように感じた。そのせいなのか、お腹はまあまあ空いていたのだが、いろいろな店を見ても特に食べたい気分にならず、いつもの大戸屋にした(いつもここなので他を探したのだが・・・)。いつもおいしそうな物が多いのだが、今日は、麦みそ汁定食とかぼちゃコロッケにした。麦みそ汁も野菜の蒸し物も野菜たっぷりでおいしかった。コロッケは悪くはなかったが、かぼちゃじゃなくて普通のが食べたかった。でも、伝票の金額を見て驚いた。とても満足したのに、たったの1050円とは安すぎだ。

それから随分長く店内をぶらついた。平日のせいもあって、店内はのどかだった。やはり、赤ちゃんを連れたお母さん(帰る頃には、ずらっと並んでいたベビーカーが払底していたので、驚いた)と老人(特に、おじいさんが至るところで座って休んでいた)が多かった。

HMVに入っても、特別おもしろそうな曲やアーティストは見当たらず(せいぜい、昔のドラマの主題歌(ELTなど)のCDの宣伝にひかれた程度。それに、何かあっても「Spotifyで聴けばいい」と思ってしまう。あと、今の日本のグループの名前は、どれもセンスない気がするなぁ・・・)、店員のお姉さんと仲良くなりたい程度だった(なんてことを書くと、「結局そこかよ!」と台無しになってしまうので、書かなかったことにするw)。スタバもタリーズも閑散としていて、Macを広げてドヤっている人などいなかったw (それはもう終わった?)

いつも思うのだが、化粧品店の店員さんは大抵色っぽくて、いつも目をひかれる。それくらい綺麗にしていないと、女性も買いたくならないのかなと思った。前にも書いたが、女性の服を見るのは結構楽しい。断然カラフルだし、形やデザインにも目をひかれる(だから、オバさん用の鼠のような服は論外だ)。それにしても、今の人は体型がすごくて(例: 背が高く、脚も長く、スリム)、まさに新人類とか異国の人とか宇宙人のように思えてしまう。バブルの頃(例: ジュリアナ)の写真を見ると、全然違うのを実感する(まるで他人事のように、「昔の人は頑張ってたよなぁ」なんて思ってしまう・・・)。まあ、本当に何十年も経っているのだから、タイムマシンみたいなもので、新人類と思うのは当然のことなのかも知れない。

意外にこの辺りにもイスラムの人が居るのか、フード(簡易なチャドル?)を被った女性の二人連れが歩いていた。その後、フードコートで何か食べていた。

ぶらついていておもしろかったのは、何も欲しいものがないということだ。上にも書いたように、特別食べたいものすらないほどだ。いろいろな物を見るのは刺激になって楽しいのだが、(題にしたように、)それを買わなくて済むことが更に楽しい。(強がりのように聞こえるだろうが、)欲しいけどお金がないから買えないんじゃなくて、全然欲しくないのだ。おもしろいと思ったものを買わないことで楽しくなり、満足する(買ったことを想像して楽しくなることすらない)逆に、買ってしまって物が増えることが嫌なのだ。このままずっと、欲しいものができなければいいとすら思うし、不自由・不快にならなければ、いくらでも物を減らしたいとも思う。もちろん欲しいものはあるが、お金では買えないもの・形のないものがほとんどだ。

例えば、いくら掛ければ、K. 488を最高に弾けますか??

それに比べれば、「月旅行」だの、有名な楽器や名画を持つ(だけ)なんて、全くちょろいものだ。実際にはできないけどw

その後1時間くらい軽く走って帰宅した。どうにも眠かったので、事故などに注意した。途中で危うく前の会社の前を通りそうになって(方向音痴なのでこうなるw)、横に逸れた。なんだかんだで5時間くらい出て居たので、結構疲れた。身体が痛い。

 

PS. 住民税は意外に高い。国保も高い。どちらも想定外だったw 「ボディブローのように効く」という言葉が合いそうだが、それはそれほど痛くないというイメージがあるが、そんなものではなく、本当に痛い。どうしてそうなったかというと、辞める前には無収入の場合の額を調べたから、どちらも最低額で、「ほう、安い」と思っていたのだが、今年度(と来年度)は、前年度の給与収入の分が数十万円(!)にもなって、それが効いているのだ。

まあ、元々天引きで意識せずに払っていたものだから、突然増えた訳ではない。怪我しても、血が出ているを見るまで痛く感じないのと似たようなものか。あと、良く聞く、一時的に儲かった人が全部使ってしまって、税金が払えなくて困るってのはこういうことなのだと実感した。それに、こんなに高いのは、(今考えている仕事が大成功でもしない限りw、)あと少しの辛抱だろう。

  •   0
  •   0

Spotifyの純正アプリがメモリーリークする件だが、どうしても直らず、自動で再起動する処理を追加したものの、ほぼ毎日再起動する感じで、いつ再起動したらいいか気を遣わされるという腐れ具合がどうにも嫌になくなってしまった。

それで、ダメ元でLinux用Spotifyアプリを検索してみたら、Nuvola(正確には、Nuvola Apps Runtime + Spotify script。以下、Nuvola Spotify)というプレーヤが出て来た。以前も試したことがあるのだが、GPMのプレーヤ同様、webページをアプリにしているだけなので、意味がないから止めた。ただ、今となっては、そういうしょうもないものでも、メモリーリークさえしなければ使う価値はあると思った。実際、検索する前は、(一見それなりに使えそうな)web版Spotifyを自作のミニプレーヤ(minisp)に繋げられないかと考えていたほどなので、もし、Nuvola SpotifyにDbusの機能があれば、純正アプリと同様に繋げられる可能性が高いので、再度試すことにした。

結論としては、機能は期待以上のものだった。Dbus(MPRIS2)に対応しているし、純正アプリが実装していなかった音量取得・設定機能すらある。あと、ウインドウを閉じても終わらないようにできるのがうれしい。更に、少し動かしてみてもメモリーリークする気配はなかった。

それで今日、Nuvola Spotifyをミニプレーヤとリモコンにくっつけてみた。が、いつものように予想外のことがいろいろあって、結構な作業になり、丸一日掛かった。それでも何とか動くようになった。

そして、いくつか問題点や気に入らないことがある。多くは元々のweb版Spotifyの欠点であるのだが・・・

  • Web版Spotifyの問題
    • ジャケットが表示されていると、ウインドウの背景の色が勝手にジャケットの系統の色に設定されて、趣味が悪いだけでなく、ものすごく見難い。しかも、変更できない。
    • プレイリストの曲操作が使いにくい(例: 複数曲の選択ができない)。 → とても不便。
    • 曲のジャンプができないことが多い(曲名をクリックしてジャンプできず、前か次にしか行けないことが多い)。 → とても不便。
    • クレジット(演奏者など)の表示機能がない・・・ → とても不便。ミニプレーヤに追加しようか?
    • プレイリスト(Daily mix)の再生が進んでも、表示が更新されない(現在再生中の曲が見えなくなる)。 → キューを表示すれば、再生中の曲が見える。
    • 純正アプリと同様、頑固に、検索などに日本語が入らない。NuvolaやNuvolaが使っているブラウザの問題なのかも知れない。
  • Nuvola Spotifyの問題
    • 表示をズームできるのはいいのだが、倍率を変えた時の品質が汚くて実用にならない。 → 結局、等倍で使っている。
    • Dbusで来るイベントの内容・タイミングが純正アプリと違う。 → なんとか対応した。
    • 動作が遅い・重い? → 要改善
      • 曲の切り替わり通知タイミングが純正アプリより遅い。そのため、音量正規化の音量設定タイミングが遅れて、一瞬大きな音が出ることがある。: GPMと似たようなもので、ブラウザを使っているから仕方ないのかも。
      • 子プロセス(ValacefSubprocess)が若干重い。
    • 音量の設定が謎
      • 以前も書いた、0..1あるいは%だけど、実態は対数のような感じ。 → 暫定対応したが、要調整(較正)。

こうして書くとさまざまな問題があって、作っている最中にも、何度か「あ”ー面倒臭い、止める!」と放り出して純正に戻したい気にもなったのだが、使用メモリ量に関しては、約6時間で10MB程度しか増えていないので(最初は全然増えていないと思っていたのだが、良く見たら増えていたので、ちょっとがっかりした。僕としては、この程度だって増えて欲しくなかった。時間が経てば解放処理が動いて減ることに期待している)、その点では充分に価値がある。しばらく使ってみて、どっちがいいか決めたい。ただ、今までの経過を見ると、純正アプリは今後も修正・改良される可能性はないので、Nuvola Spotifyに期待(、あるいは自分で改造)する方が良さそうな気はする。

まあ、「根はいい人なんだけど、雑なのよねえ」と言われる人と「美人だけど、素直じゃないし、何もしないのよねえ」と言われる人の選択だろうかw

(10/15 21:54追記) 今日もほとんど一日掛かりっきりで修正・改良し、タイミングずれを改善した。Dbusのイベントの仕様が違うために曲の切り替わりを落としていたのが大きかった。あと、音量の設定もdBから設定値(0..1)への式(結局、10のべき乗のようだ)を導けたと思ったのだが、なぜか期待する音量にならないことがある。どうも、Nuvola Spotifyの音量の式や曲線が違うのか、音量設定処理が不安定なのではないかと思う。仕方なく、純正アプリと同様にPulseAudio側の音量を変えるようにした。

が、そこまでしたにも関わらず、web版Spotifyのひどさに全く我慢できなくなり(あれはゴミとしか言いようがない。本当に使うことを考えていないし、メンテされてない)、純正アプリに戻ろうかと思っている。純正アプリの更新はないと思っていたが、以前出たsnap版とかいうののバージョン番号が更新されていたので、そっちを試している。が、若干の変更・修正はあるものの、やっぱりメモリ・リークは直ってなさそうだ。

賢くて性格は悪くないけど大食いでデブな人と、化粧が濃くて高い服を着ていて目をひくけど、実際にはセンスが悪く、スリムだけど頭も顔も性格も悪い人の、究極の選択かw

(10/16 7:24 若干追加・修正)

 

PS. 測定して比較した訳ではないから証拠はないのだが、どうも、Nuvola Spotifyは音質が悪いように思う。今、純正アプリで聴いていると、普通に「すっ」と聴けて、音は全然悪くないのだが、Nuvolaの時は何となく嫌な感じがしていた(明らかに変ということはない)。Nuvolaのベースはweb(ブラウザ)なので、音を出す仕組みも「それなり」のもの(Widevineというアドオンが関係している?)だろうから、音質(特に時間軸の精度(=ジッター)か?)が劣化しているのかも知れない。 (10/16 16:17)

  •   0
  •   0

ある球技(でも、羽根は球なのか?)の選手が国の宿舎かなんかの自室に女性選手を連れ込んだとかいうニュースを読んで、うらやましくなっさすが強い選手は元気だなあと思ったがw、昔賭博だかで捕まったのに懲りない人だ。でも、なぜか憎めず、つい笑ってしまうのは、昔の知人に似ているからかも知れない。たまたま、最初の会社の知り合いが、同じ競技の部に入っていたのだが、なかなかの遊び人で、たまに遊ぶと僕の知らない世界を垣間見せてもらってw楽しかったので、その種目にはそういう人が集まるのかと思ってしまったが、まあ、単なる偶然だろうw

それにしても、犯罪や薬物をした訳でもなし、そういうことをしたために負け続きだとか怪我したとかじゃないのなら、どうだっていいと思う。そもそも、国の施設でそんなことするとはけしからんと責めるが、抜けだしてホテルに行っても自宅で会っても、どうせ叩くじゃないか。一体、何ができるのだろうか? 大人しく文通チャットでもしてろってことかw さすが日本には聖人君子が多いようで、まったくありがたくない今日この頃。

  •   1
  •   0

先日、ニュースで、某国のグループが音楽配信サービスに不正にアクセスしてチャートの順位を上げている疑惑を読んだ。

それで思い付いた。SNSの友人とかいいねの数を水増しするように、音楽配信サービスの再生数を水増ししてお金を稼ぐことを。

  1. とりあえず、プロダクションとレーベルを作る。
  2. 架空のグループを作り、売れない作曲家や作詞家と売れないアーティストに依頼して曲を揃える。信ぴょう性を上げるため、ビデオをYouTubeにも入れ、SNSのアカウントも作り(ただし、メンバーの詳細は伏せ、顔も出さない)、曲をダウンロード販売するサイトも作る。
  3. 作った曲・アルバムを音楽配信サービスに配信する。
  4. 音楽配信サービスで指定した曲を連続して再生するプログラムを作り、複数のPCやスマフォにインストールする(マイニングマルウェアのように世界中にばらまくと、効率が良い)。
  5. そのプログラムに、でっち上げたグループの曲やアルバムを指定して実行する。

ウマー?w

ある日突然、無名のグループがチャートの上位になったという話題で持ち切りになって、本当に売れるかも知れないな。でも、結局、これは仮想アイドルとかYouTuberの水増しと同じことで、うまく行かないのか?

問題点は、曲を再生するにはサービスの会員になる必要があるから、自分たちだけで入会して水増しするのではコストがペイしないってことだろう。あと、曲は途中で停めずに全部再生しないとお金が減りそうだから、時間も掛かりそうだ(その点は、曲の使用料と月額会費との比が絡むが、きっと、高額をせしめるには時間が全く足らないだろう)。更に、電気代も掛かるな。。。そういう点ではマルウェアで大規模にやるしかない? あとは、無料会員でも聴けるサービスでアカウントを乱造?

(21:51追記) 別件で検索していたら、配信サービスの使用料が分かった。 : "What is the best alternative to Spotify?"のDeeser musicのCONSより:

Doesn't pay artists enough
Deezer pays artists significantly less than other similar services. As of March 2018 it was paying $0.0064 / play, less than Apple Music and Google Play, half as much as Tidal ($0.0125). Not as bad as Spotify or Pandora, but could certainly do better.

上の情報が正しくて、仮にSpotifyの使用料がDeezerと同じとすれば、156回再生してようやく1ドルのようだから、なかなか割に合わない。仮想通貨のマイニングとどっちが儲かるのだろうか・・・

一方、AIが高性能になったら、作曲家も作詞家もアーティストも不要になり、どんどん曲が作れそうだから、コストは節約できそうだ。

もちろん、あくまでも空想です。実行してはいけません。

 

まあ、上の1から3までなら本当の音楽制作で、お金にならなくたって、まじめにやれば、それで充分楽しそうではないか。僕はそっちでいいやw

  •   1
  •   0

昨日、Spotifyの音量正規化がようやく何とかなったと一息ついていたのだが、ふと気付いたら、なぜか空きメモリがほとんどなくなっていた。道理で近頃Spotifyが重いような気がした訳だ。実際、何がメモリを食っているか調べたら、そのSpotifyが10GB以上食っていた(こういうのを「メモリー・リーク」という)。それは重くなるわなあ。。。

まずは、アプリの最大使用メモリ量を数GBに制限したのだが、抜本的な解決方法を考えるために、原因を調べた。ミニプレーヤの関係(Dbusで繋げているため)かと思ったが、結局、アプリ自体が悪いようで、既知の問題("Massive memory leak under Ubuntu 16.04 LTS" (2018/6/14))だった。そして、その投稿へのSpotifyからの回答はなし・・・

仕方ないので、どうにかして解決あるいは緩和できないか調べている。再生したりプレイリストを開くと増えるし、そもそも、何もしなくても増える。今は、アプリの内部情報を消さずにいて溜まっているせいではないかと考えて、起動時のオプションに"--trace-file=/dev/null"を指定して試しているが、半日も経たないうちに使用メモリ量は200MB近く増えて1.3倍になっており、期待できない。

"--trace-file=/dev/null"を指定しないと、起動直後の使用メモリ量が2倍近くになるようなので、指定した方がいいようだ。 (15:10)

(10/13 6時、6:43追記) Spotifyアプリのキャッシュ(~/.cache/spotify)と設定(~/.config/spotify)を削除すると(設定の削除は不要かも知れない)、使用メモリ量の増加速度が小さくなるようだ。1/3くらい(12MB/時)に遅くなった。それでも、メモリー・リークが直った訳ではない。キャッシュのデータ量は10GBにもなっていたので、定期的な削除が要りそうだ。というか、して欲しい・・・ ← 削除しなかったらもっと大きくなるはずだし、自分でも自動削除するようにしていて忘れていた。予想よりデータ量が多かったので、もっと頻繁に削除が要るのかも知れない。

どうしても駄目なら、アプリの使用メモリ量がとても多くなった場合には、長時間アイドル時にアプリを再起動しようかと思っている。以前はミニプレーヤで音量正規化の切替時に再起動していたから(今まで気付かなかったのは、これで頻繁に再起動していたからだろう)、実現するのは簡単だ。が、どうにも気分が悪い。(それに、ミニプレーヤのプログラムがどんどん肥大化するのも嫌だw)

→ つまらない機能を作るのが面倒なので、定期的にSpotifyアプリの使用メモリ量をチェックして、大きくなり過ぎていたらメールで通知するようにした。メールが来たら、自分で再起動すればいい。急激に大きくなる訳ではないから、それで充分だ。何でも作ればいいってもんじゃないw

→ 使用メモリ量の変化を見ていたら、毎日再起動したくなりそうな速さ(数MB/分 → 1GB/日以上)で、そんなに毎日手で再起動するのは面倒なので、自動再起動機能を作った。 まったく手が掛かる奴だw なお、使用メモリ量が多くなってアイドル時に自動再起動する時は、メニューボタンの背景色を変えて分かるようにした。あと、メモリ量のチェックを2段階にして、2番目のしきい値を超えたら即座に再起動するようにした。つい、遊んでしまう。こういうのを「芸は身を滅ぼす」というのだろうかw (19:15)

気になるのは、その問題自体よりSpotifyの対応なり動向だ。他にも問題や変なところが放置されているから、そのうち手に負えなくなって、「Linuxアプリは止めまーす!」とか言い出しそうな気がしている。それはとてもまずい。。。 まあ、その時でもWeb APIは継続するだろうから、それを使って自分でプレーヤーを作るか、他の対応プレーヤーを使うかだろうか。あとは、ミニプレーヤを純正のwebプレーヤーに繋げることができれば、それが一番いい。

でも、それよりも、Spotify自体が終わりになることが一番怖い。その時はどこへ移ろうか? 消去法でAmazonしかない気はするw あとはDeezer(ここは高いからないけど)などの新手のものかな。

  •   0
  •   1

ニュースを読んでいたら、「Googleの追跡から逃れよう」みたいな良くある記事(大抵は徒労なのだがw)があり、そこに、No More Googleという、Googleのサービスの代替手段を人気順に示すサイトが紹介されていて、なかなか参考になった。

特に良かったのは、Authyという2段階認証用のトークン(数字)生成アプリ・サービスだ。Googleの認証アプリの代わりに使えるのはもちろん、PCでも動く(Chromeのアプリ・アドインやWin用アプリがある)から、PCのブラウザでログインする時も、いちいちスマフォ(のアプリ)を開かずに済み、トークンも(目で見て)手入力でなくコピー・ペーストできるようになった。だから、トークンを打ち込んでいる最中に時間切れで変わって慌てることがなくなるw

更に便利なのは、各デバイス間でログイン情報が共有されることだ。Authyのアカウントを作っておけば、PCでもスマフォでも同じようにトークンが生成できる。あと、ログイン情報のバックアップもできるので、スマフォが壊れたり紛失しても大丈夫そうだ(その時は、それ自体が痛いのだがw)。

なお、ログインするサイトの登録は、QRコードを読ませる関係で(PCで文字列をペーストするのも可能だろうが)、スマフォの方が便利だが、上記の共有機能のおかげで、スマフォで登録してPCで使えるから便利だ。

リスクは、Authyからの情報流出(サーバにどの程度のログイン情報が保存されるのだろうか? その情報で偽のログインができるのだろうか?)やサービス終了だが、前者については信じるしかない。後者はいかようにもなるから大丈夫だ。

(20:23追記) 偽ログインの可能性を考えてみる。: Authyのサーバには、少なくともパスワードは入っていないから、すぐはできない。ただ、サイト登録時の情報にはサイト名(例: Evernote)は入っているだろうし、アカウント名(例: メールアドレス)が入っている場合もあるので、安心はできない。サーバに入っているトークン生成用情報から正しいトークンが作れるので、もし、トークン生成用情報とアカウント名が漏れ、その上でパスワードが推測されたら、偽ログインは可能そうだ。そういう意味では、便利さを捨てて、サーバに情報を保存しない方がいいのは確実だ。

サイト登録時のトークン生成用情報(QRコード)にサイト名やアカウント名などを追加しているのはサイト側であり、それは2段階認証の効力を自分で薄めているので、いかがなものかと思う。全く余計なお世話だ!

 

PS. ちなみに、検索は少し前にDuckDuckGoにした。ただ、どうしても期待する情報が出て来ない時はGoogleに切り替えている。他にも、ブラウザ、パスワード管理、メール、DNS、ドライブ、フォト、天気、カレンダー、アドレス帳などは使っていない(または依存していない)。もちろん、Google+は使ってないw 要は、Googleの右上のメニューに出るものは、地図を除いてほとんど使っていない。Chromeも常用していないが、通常のブラウザとは別のアクセスをしたい時に、Firefoxと併せて使っている。まあ、Androidスマフォを使っている時点で「負け」なのは認めるがw

僕は、Googleの個人情報収集や追跡などから逃れるよりも(まず無理だし、彼らのサービス利用料のようなものだから、仕方ない)、彼らへの依存を避けることで、いつ彼らの気が変わっても困らないようにしたいから代替サービスを使っている。他のサービスも同様で、予期せぬサービス終了などのリスクを避けるために、自由に他社に移行可能なサービス(= オープンシステム)を選び、高くなければ有料サービスも使う。OSについても同様で、MSやAppleがどんなにアホなことをしても、「へぇ、なんか大変だね」と、高みの見物をしていたい。

(10/12 7:36 使っていないGoogleのサービスを追加、わずかに加筆)

  •   0
  •   1