密かに大好きな人、サボり先輩。でも、今日、最新作を読んでがっかりしてしまった。彼女はいつもサボっている訳ではなかったのだ。今回はPCをカタカタ打っているではないか。見損なったぞ! 僕は常にサボりたい者だから、彼女は同類と思っていたのに、裏切られた思いだ・・・

でも、さっき少し考えたら、彼女の行動も仕方ないとも思えた。

というのは、基本はサボりたいので、(余程裕福でない限り、)そうできる環境を自分で構築・準備する必要がある。そのためには、会社だったら、ある程度余裕のある「ホワイト企業」に入らなければいけない。そのためには、そこの人事やお偉いさんを誤魔化せる程度の実績や経歴をひねり出していなといけない。そのためには、「ある程度の大学」に、その前は「ある程度の高校に」入る必要があって、ただ日々遊びまくっていても「サボり人生」が送れる訳ではないのだ。そこまで世の中は甘くないのだ。

会社に入ったって、一応、毎日遅刻せずに出勤しなくちゃいけないし、クビにならない程度の仕事をしていないと会社に居続けることができないから、元も子もないだろう。

だから、分かった。彼女も本気で仕事がしたくてPCをカタカタ打っている訳じゃないんだと。あれは「世を忍ぶ仮の姿」で、仕方なくやっているんだとw そういう意味では、昔書いた気がするが、僕の主義である、「どんなに苦労しても、楽な(手を抜く)方法を探す」に通じるものがある。

だから、やっぱり好きだ(爆)

 

PS. 彼女のシャープな顔のクールな雰囲気とかショートカットの髪型とか、ぴしっとしたスーツ姿ももちろん好きだけど、今回の話とは関係ないので触れないでおくw

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. naoki:

    サボり先輩についてそこまで考察してる人って、れんとさんしかいないと思いますw

    •   0
    •   1
  2. れんと:

    ●もう、サボり先輩に関してはサボることができませんw

    •   1
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL