近頃はGDPRの関係で、ウェブページの下の方に(ほとんどは英語で、しかも読みにくい文字で)クッキーがどうのこうのと出ることが多いが、それが結構危ない気がしている。多少詳しい人は、良く読まずに「あ、例のクッキーね。いいよいいよ」とか思って"Accept"とか"OK"のボタンを押しそうだが、もし、その文章がクッキーとは全然関係ない、詐欺的な購入とか契約、あるいは、押すことを契機に個人情報を抽出するような仕組みだったら恐ろしい。

実は僕は、押さないと表示されたままで鬱陶しいし、いろいろなサイトで何度も決まった文章を読むのが面倒なので良く読まずに押していたのだが、近頃危うさに気付いた。

まあ、実際問題として、そんな悪質なサイトに行くだけでも危険なのだが、事前に分からないことは多いから、そのうち「情弱」と呼ばれてしまう被害者が出そうな気がしている。何もしないのと違って、自分で許諾ボタンを押したら言い訳しにくいからね・・・ 例えば、(英語の小さい文字で)「Acceptボタンを押すと、USD1000を支払うことに許諾することになります。その取り消しはできません。」とか書いてあったら怖いよ。言ってみれば、「クッキー詐欺」とか「GDPR詐欺」か?

という訳で、自戒を込めて、条件反射的にボタンを押すのは止めよう。

 

付録: GDPR opt-in(というのかな)のいろいろ

 

PS. 調べていたら、やっぱり、本質を理解せずに、「なんか自分のサイトの下の方に変な英語が出ていて邪魔だぞ」と、出しているのは自分で入れたプラグインにも関わらず、メッセージを邪魔者扱いして、必要かどうかを考えずに、単に消して満足しているサイトがあって、別の意味で危うい気がした。

「消したら問題がなくなると思うなんて、まるでどこぞの政府と同じじゃないか」と思った件については、一言も言及しないでおくw

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL