前の投稿に書いたように、USBオーディオインタフェース(Focusrite Scarlett Solo)の超低域の特性が気になったので、いろいろ測定していたら、突然、お亡くなりになってしまった。

知らないうちに電源が切れた後、もう入らなくなった。USBケーブルを繋ぐと一瞬ランプは点くが、消えてしまう。ケーブルの交換などいろいろ試したが全部駄目だったので、店に連絡した。電源ヒューズのようなものが切れたのだろうか? 本当に、「何もしてないのに壊れた」のだ。

まだ3か月経ってないのだが・・・

いつもの僕なら、たとえ見ても何も分からなさそうでも箱を開けるが、この製品はネジがゴム脚の下に隠されており、剥がすと保証が無効になりそうなので、止めた。「だったら、壊れないようにしろっ!」て言いたいが、開けても手が出せないから仕方ない。

調べたら、機種は違うものの同様に壊れた方が居るようで、C国製で歩留まりが悪いのだろうか? でもまあ、今や「日本国製だからいい!」なんて言ったら情弱の時代だがw

初期ロットでたまたま外れだったのならいいが、交換品もやっぱり駄目になったら送料や手間がかさむので、ちょっと考えるなあ・・・ でも、買い直すよりは送料の方が安いか。保証期間(3年)中に10回くらいまでなら、壊れても大丈夫そうだw ただ、平均2か月で壊れるとすると、ちょっと足りないかも知れないwww

(11/22 19:21) 送料は着払いだったので良かった。ただ、現象が起こらないなどの場合は、着払いで返送されるそうなので心配だ(それを想定して、なるべく小さい箱で送ったw)。あと、「Linuxはサポート対象外」などと言われて、それはもちろん分かっていて、それを想定してサポート依頼を書いたのだが、もしかしたら、「Linuxに繋げたせいで壊れたから、保証対象外」などと言われるのではないかと、ちょっと心配してる。余計なことだった。相手が「分かっている人」ならいいのだが、最初の回答がそうでなかったので、心配になった。

ちなみに、受け取りに来た運送会社の人は、うろ覚えながら購入時に配達に来た方のようで、顔や雰囲気が どことなく最初の会社に居た派遣の方を連想させたせいか、僕にしては珍しく、気安く少し砕けた話し方をしてしまったw

 

PS. いずれにしても、3年保証の店にして良かった。受け取りには難儀したがw

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL