引越しの件だが、思い立つきっかけとなった、最初に目を付けた部屋は残念ながら駄目だった。確かに保証人は要らないものの、その部屋に指定された保証会社は無職は通さないとのことだった。でも、相談に行った不動産屋が、無職でも審査してくれる保証会社が使える部屋をいくつか見付けてくれ、4箇所を内覧して(意外に時間が掛かって、結構疲れた)3つの候補が残り、そのうちの一つがとても気に入った。もう一つも同様に良かった。今回も「防音(静かさ)第一」の観点なので、(今の部屋と違って)ちゃんとした鉄筋コンクリート造(例: 壁もコンクリートで、叩いても太鼓のように「ボンボン」しない。実際、不動産屋もそこはしっかりしていると言っていた)なのはもちろん、最上階なので、少なくとも上からの「ドスドス」はなさそうなことが決め手になった。

ただ、さすがにその場で申し込むほどの勇気はなくて※、店から帰って少し休んだあとで再度一人で偵察に行き(これもなかなか疲れた)、夜には地図やwebで詳細に確認・検討したら、防音はもちろん、コスト(今よりわずかに安い)や便利さの点で、これ以上のものはなかなかなさそうな気がしたので、申し込むことに決めた。そして、気合を入れて引越し準備をして、(予定より早く)一日でも早く引っ越したくなった。とにかく、一刻も早く、この騒々しい部屋から逃れたくなったのだ。もちろん、新しい部屋が静かな保証はないが、壁などの造りを見た限り、ここよりはずっと良さそうだったので、賭けてみることにした。あと、その部屋(物件)は家族には狭いから、クソガキ元気な幼い子が居る確率は少なさそうだという主旨の不動産屋のアドバイスも良かった(まあ、それだってあてにしている訳ではなく、完全に自分の判断・自己責任だと思っているが)。

※想像かつ記事に良く書かれていそうだけど、お金持ちとか事業に成功する人は、こういう時に即決する気がする。が、仮にそうしてもお金持ちになれたり成功したりする訳ではないと思う。逆に、普通の人では無駄な出費をするのがオチだろう。つまり、お金持ちとか成功者の行動というのは結果論とか十分条件であって、必要条件はもっと別なところ(この場合は、いいものを瞬時に見抜く目と、即座に将来を予測して損得の判断ができる頭だろうか)にあるのだと思う。

それで、今朝不動産屋に連絡したら、保証会社の審査にはある書類が必要だとのことで、それを入手することになったのだが、前もって予想して心配していたとおり、電話で依頼して、申し込み書が郵送されて来て、記入して返送するという、手に入るまでに百年くらい掛かりそうな前時代的な手順だったので、すぐに審査開始されないのが嫌だった。そうこうしているうちに成約してしまったら困るではないか(意外にも、この時期でも不動産屋には頻繁に客が来ていたし、担当も「のんびりしているとすぐに決まっちゃうかも知れませんよ」などと言っていた。まあ、それは半ば戦術なのだろう。実際、今日電話したら、先客があるからと、僕の申し込みは夕方になってしまった。まあ、株とかじゃないんだから、そこまで電光石火じゃないんだろうねw)。

そして、(ようやく本題なのだが、)その書類の作成を依頼した時の窓口が、どういう訳か、妙にホワンとしたおっとりとしたしゃべり方で、「は? 郵送とか待てねーんだよ!!」と心の中で叫びつつも、(そういう人は好きなものだからw、)つい許してしまった。その人がたまたまなのかも知れないし、その会社の立地の地域性なのかも知れない。立地という点では、その会社は地方にあるせいか、大きい会社のように電話が繋がるのを何十分も待つとかなくて、一発ですぐに繋がったのは良かった。そこでイライラさせられなかったのが、まず良かったのかも知れないw

なんというか、今時いちいち申し込み書を郵送してなんて手順のところも結構あるんだなあと思い、そして、果たしてそんなペースで今後も生き残れるのかとも思った。特に、あのおっとりとした人なんて・・・w

 

PS. 不動産屋の担当者は、雰囲気が前の前の会社の車好きの若者に似ていた。外見やノリは若者らしく軽くはあるのだが、することはそれなりにちゃんとしているので、やっぱり憎めない。というか、そもそも、彼はまだ何も悪いことをしていないw

PS2. それにしても、今は保証人不要で賃貸が契約できるようになって、随分改善されたと思う(無職が難しいのは、僕だって仕方ないと思う)。不動産屋(実際には家主?)によっては、まだまだ旧態依然のやり方なのかも知れないが、保証人なんて現代の人質制度のようなものだから、早く絶滅して欲しい。

PS3. 雑談ついでに書くが、不動産屋の人と内覧に行く時、「今までで、どこ(街)が一番良かったですか」と聞かれ、少し考えてから、「宇都宮ですかねぇ」などと答えた(消去法でそうなった)のに、我ながら驚いたw 誤解してほしくないのは、「郷土愛」なんてものじゃ全然ないことだ。特に何もない田舎なのだが、それが疲れなくていいのだと思う。車は便利に使えるし、以前も書いたように、都会に比べていろいろ「ゆるい」のも楽でいい(その分民度が低いってことで、イライラもするのだが、平均値では都会よりストレスが少ないと思う。更に、実家辺りのようなド田舎ではないので、それに起因するストレスが皆無なのは本当にいい^^)。

それでも、人に勧めるかと言えばそうでもない。特に若い頃は都会で暮らして、世の中の(厳しい)常識を身に付ける方がいいと思う。

  •   0
  •   1

4件のコメント

  1. jaguarmen_99:

    それこそペット可の物件も選択肢に入るのかなと思っていましたがw。保証会社は使ったことがありません。査定の基準など全く不明、いったいどうなるのでしょうね、こちらも緊張いたします。

    •   1
    •   0
  2. れんと:

    ●なるほど、猫ちゃんは大好きなんですが、ちゃんと世話できないので、全然考えていませんでした。あと、ペット可物件はうるさいという説があって、その点でも候補にはならなかったです。

    審査、僕もドキドキしていますw あと、通るまでは本格的な引越し準備ができないので、もどかしいです。

    •   0
    •   0
  3. j:

    新年おめでとう。なんと、引っ越し。行動力あるね。フラワーパークに行ったときに宇都宮に泊まったけど、いいところだね。朝から餃子でビールを飲んで気持ち悪くなったけど。

    •   0
    •   1
  4. れんと:

    ●お久しぶりです。おめでとう。

    もう、とにかく、うるさいのは我慢ならないのでね。。。 少し前まではパワーがなかったんですが、なぜか、この散歩で急にパワーが出ましたw

    へえ、フラワーパークは懐かしいな^^ 宇都宮からだと結構遠いよね。餃子は駅前のお店で食べたのかな。朝はキツいかもね。僕はスーパーのをたまに食べる程度ですが、意外においしいですw

    •   0
    •   1

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL