(引越しにまつわる話題は多いうえに、力作業が多くてパワーが落ちているので、時系列にしたりまとめようとは思わずに、書きたい・書ける順に順不同に書くことにした)

まあ、「日本や世界は悪い冗談ばっかりだ」とか、「そうでないことの方が少ないのが悪い冗談だ」とか言ってもおもしろくないので、止めておくw

転居したので、市役所で手続きをして来た。そこで唖然としたのは、マイナンバー(カード)の事務がローテクの限りだったことだ。そもそも、市の転居届を出したらマイナンバーも自動で変わるのだろうと思っていたが、念のために聞いたらそうでないらしく、その手続きもした(そういうこともあろうかと、カードも持参した)。しかも、どういう訳か、住所が変わるとマイナンバーカードの電子証明書なるものを発行し直さないといけないらしく、更に、(今まで一度も使ったことのないのだが、)電子証明書や他のいろいろ(僕ですら何だか理解できない)なものの暗証番号(全部で4種類くらいあった)も必要だそうで、紙に書かせられた。

もちろん、こういうこともあろうかと、僕はそれらを全部パスワードマネージャに登録し、スマフォもPCも同期させて最新版が見られるようにしていたので、事無きを得た。て言うか、予想外の時に役に立ったよw

更に、カードの電子証明書を更新したら、その証明書の破棄書だの受領書だのを書かされた。「何それおいしいの?」だよ。役所の人ですら忘れていて、終わってから椅子で整理していたら、呼び掛けられた。担当の方は、「忘れたら怒られるところでした」と言っていて、とんでもなく大変だと思った。

僕のちょっと前の人(若い人)は、その暗証番号の一つが分からなくて、担当の人と一緒に困っていた。何でも、正しいのが分からなかったら、全部を新しく付け直しする処理をすればいいらしい・・・ でも、なぜかその人はすごすごと帰って行ったようだ。家で探すのだろうか?(あるのかねえ・・・) 別の人(ちょっと高齢の人)も、暗証番号と言われて困っていた感じで、初期化したようだが、「次はカードを作らなくてもいいですか」とか聞いていたようだ。もう、役所の人が可哀想でため息しか出ない。

極めつけは、新しい住所が役所の人の手書きでカードのメモ欄(そこはそれに使うことを初めて知った)に記載されていたことだ・・・

マジっすか?

百年前の運転免許じゃないんだよ。まさに、「IT後進国」なのを実感した。この調子じゃ、(理由は知らないし、知りたくもないが)国が勝手に推進して、ポイント還元などの「人参」に釣られて多くの人がカードを作り出したら役所は麻痺するよ。

「このクソシステムを作った連中の顔が見たい」どころか見たくもない。反吐が出るわ。

それから早速住所が更新された国保の保険証を使い、警察署で運転免許の住所変更をして来たが、書くところが本当に少なく、処理も、もう感心するくらいスピーディーだった。いや、それが当たり前なんだがね。

こうして手に入れた「新住所と本人を証明するもの」を使い、怒涛のような数の銀行だのなんだのの住所変更作業をしなくてはならないと思うと、げんなりする・・・

 

PS. 警察署はなんか不思議な雰囲気で、ちょっと好きだ。たまに眼光や雰囲気が鋭い人(そういう係の人なのだろう)が通ったり、交通課の人は逆にフレンドリー(な感じ)だったり(免許の処理をする人も警察官なのか分からないが、そうだとしたら、全く妙だ)、ドラマみたいにおっちゃんの警官とおじさんが椅子で話していたり(今気付いたが、「踊る大捜査線」の長さんが出て来るような光景だった)で、結構雑然としたカオスな感じが好きだ。どうしても「こち亀」(あと、「踊る大捜査線」も)を思い浮かべてしまう。まあ、間違っても「ご厄介」になりたいとは思わないがw

PS2. 「悪い冗談」と言えば、今日市役所に出る時、車のエンジンが掛からなかった。引越しした日は問題なかったのに、突然駄目になった感じだった。少し待って何度か試したらようやく掛かったが、エンジン音がひどく(調子の悪いバイクみたいな感じだったし、1気筒死んでそうな感じでもあった)、いたずらでもされたかと思ってマフラーが詰まってないか見たりしたが、大丈夫だった。

まあ、バッテリーの寿命なのだろう(前回の交換は3年くらい前の冬)が、USの映画で良くありそうだということになっている、「おーい、悪い冗談は止してくれよ」と思ったかもw

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. naoki:

    ダッシュボードで目覚まし時計を鳴らして、絶望しながらクラクションに頭突きするとエンジンが掛かります。

    その後は全力で時計台に向かって走って下さいw

    それにしてもマイナンバーは酷いですね。読んでて恥ずかしくなってきました。

    •   0
    •   1
  2. れんと:

    ●そうでした、僕としたことがすっかり忘れてました^^ やっぱり、ぜんまい式アナログ目覚まし時計を用意しておかなかったのが、そもそもの敗因でした。

    •   0
    •   1

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL