僕は、いつの間にかメンタルが強くなっていたのか? というのは、さっき見た記事「メンタルが強い人が絶対にやらないこと13」がほとんど当てはまったのだ。問題ないかは不明だが、その項目を引用する。

  1. 自分を憐れむことで、時間を無駄にしない
  2. 自分の力を手放さない
  3. 変化をいとわない
  4. 自分がコントロールできないことにこだわらない
  5. あらゆる人を満足させようと考えない
  6. 想定内のリスクを恐れない
  7. 過去について、くよくよ考えない
  8. 同じミスを何度も繰り返さない
  9. 他人の成功に腹を立てない
  10. 一度の失敗であきらめない
  11. ひとりの時間を怖がらない
  12. この世界は自分に何かを与える義務がある、とは考えない
  13. すぐに結果を求めない

(あー、長かったw)

項目だけだと今ひとつ分かりにくいことがあるので、その場合は本文を参照されたい。

僕のコメントとしては、「自分を憐れむことで、−」は意味不明(原文を見れば分かるかも)だが、何となく「過去について、−」や「この世界は自分に−」と似たようなものだと思った。

「過去について、くよくよ考えない」は、実際には、良く昔の嫌なことや自分のしたことを思い出すが、「くよくよ」はしない。「あのクソは絶対に許さん! (でも、僕も別の人にはそう思われているだろう)」、「全く(僕は)アフォだったなぁ・・・」、「よく、今こうしていられるよな(全くの僥倖だ)・・・」とか思うだけだ。

「同じミスを何度も繰り返さない」は、実際には繰り返すがw、そう努めている、「すぐに結果を求めない」も、(すぐに結果が出て欲しいと思ってはいるが)そう努めている、「他人の成功に腹を立てない」は、場合によってはムカついたりディスるけど、最後は「まあ、他人はどうでもいいか」と思う。

「一度の失敗であきらめない」、「ひとりの時間を怖がらない」は、おそらく皆さんご存知の通りで、もう、自分でもくどいと思うほどしつこいし、一人が大好きだ!www

それにしても、昔の僕はほとんど逆(つまり、「メンタルが弱い奴」)だったのだが、いつ、どういう切っ掛けで反転したのだろうか? 実に謎だ。自分のことだけど・だから、興味がある。

 

でも、これは結果論であって、上の項目を実践したからと言って、メンタルが強くなるとは思えない(多分、逆効果だろう)。以前も書いたが、「お金持ちの習慣」と同様だ。それに、そもそも、「メンタルが強い」ほうが「いい」かは不明ではないか。

例えば、作曲家や演奏者が、メンタルの弱さ故に作品や表現に特徴を出していたものが、突然強くなってしまったら、全然駄目になってしまうのではないか。少なくとも、その人の持ち味は全く変わってしまうだろう。

とにかく、メンタルが強くなるのかは別として、自分が「良くなった」と思えるには、おそらく、自分の中で何か吹っ切れるとか、そういうブレークスルーが要るのだと思う。

  •   0
  •   0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL