トイレットペーパーないよ! いくつかの店を見たけど、どこも棚が空なので「ニュースは本当なんだなあ・・・」と思った。僕は、結構前に、総務省だかの理由が不明な「トイレットペーパーを備蓄しましょう」みたいな呼びかけがあったというニュースを真に受けて買っていたので蓄えはあるが、普通の人はかなり困るのではないか? それに、僕だって備えは無限にある訳ではない。メーカーは「充分ある」とか言ってるらしいけど、実際に店にないのでは無意味だ。

おそらく、デマを信じた人が見たらすぐに買い込んでしまうので店からなくなり、ほとんどの店でそうなるために入荷もされずに棚が空になる。それを見た人が血眼になって探し、あれば買い込むので、不足が解消されないのだろう。

マスクも同様だろう。僕は嫌いだからしないし(もし感染したらする)、少しあるから関係ないけど。しかも、政府の、北海道の人には世帯の人数に関係なく3枚ずつ配布するとかいう発表を見て、「これ、(頭)大丈夫か?」と思った。3枚なんて焼け石に水だし、家族だったら、一日も持たないではないか。それ以外にもマスクの再利用とか読むと、「えっ?」となる。そういうのって、戦時中のさつまいもなどの配給と同じ気がする。「欲しがりません勝つまでは」? (体験してないし、調べてもいないので、違うとは思う) だけど、某トップの記者会見の「勝つ」だのなんだのの口調は戦時中を彷彿させたな(済みません、戦争も体験していないので、これも想像です)。脳味噌がなくて、そういうことしか言えないんだろうと思った。

あのぉ、精神力で(あるいは盲滅法※や思い付きで)ウイルスに勝てたら、医者とか学者とか要らないんですが・・・

※今この言葉を使っていいか不明だが、他に思い付かないので使った。

いずれにしても、大丈夫かなあ? まあ、僕はどうだっていいけどね・・・

 

PS. とはいえ、みんな大騒ぎしている(これはまさに「狂騒曲」だ)が、大体あと一か月くらいすればテキトーに収まると、個人的には予想している。もちろん、それなりの被害はあるが。で、数年後に「そんなことがあったね。大変だったよね」となる。

  •   0
  •   0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL