iVideoの交換ルーターが届き、ようやくネットが復旧した。何でもないwebが普通にサクッと表示されるのを見たら、本当に安心した。先日申し込んだ光回線の開通は2週間後の予定なので、それまでなら、腐ったiVideoといえども遅くならずに持つだろう。

激遅前・激遅中・ルーター(SIM)交換後のiVideoの通信速度 (横幅は約一週間)

今回の交換ルーターも初期化されておらず、前の客の使用データ量が見えた。190GBくらいだった。iVideoは、遅いと苦情が来たらwebで使用量を表示する手順を教えているようなので(僕はそういう依頼をされた)、この客も遅くなったのではないか。どういうプランかは分からないが、190GBだと、僕と同じ(300GB/月)か一つ上(900GB/月)ではないか。いずれにしても、その人も上限に達する前に遅くなった可能性が高く、全くひどい話だ。容量詐欺の確信犯・常習犯ではないか。

まあ、そういうクソの話はもうどうでも良くて、今回気付いた(思い知らされた)のは、僕が余りにもネットに依存し切っていることの危険性だ(今問題になっている、ゲーム依存症に似たようなものか?)。光回線なら通常時はまず切れることはないが、災害時にはしばらく途絶える可能性が高い。そして、今回のように数日でなく、いつまでとも分からず延々とネットが使えないとなると、確実に頭がおかしくなる気がした(今回の数日だけでも結構「来た」ので)。

そういうことへの(事前)対処は何があるのか見当も付かない(いや、ありきたりなことは思い付くが、実現・実践可能性は低い気がする)。まあ、そういう場合は日々生きることに精一杯で、ネットがなくても過ぎていくのかも知れない。今のところは、そういう事態にならないことを祈願するしかなさそうだ(オイオイw)。

 

(3/27 9:01 通信速度のグラフを追加)

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL